2018/05/26
2018/05/25
2018/05/19
2018/05/18
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Recent Post

        

「森村誠一の殺意の重奏」 (1978年) 

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 05/ 27
                 
●「森村誠一の殺意の重奏」  1978年5月27日
原作: 森村誠一  『殺意の重奏
脚本: 猪又憲吾、杉本容子
音楽: 鏑木創
監督: 松尾昭典
制作: 東映
出演: 田村正和、多岐川裕美、小池朝雄、成田三樹夫、
天田俊明、長谷川明夫、和崎俊哉、早川絵美ほか



三宅(田村正和)と秋本(長谷川明夫)は
大手商社共生物産に同期で入社したライバル同士だが
秋元が一足先に係長に昇進した。

ある朝、佐野課長(天田俊明)の命令で秋本をアパートに迎えに行った
三宅は秋本の死体を発見した。


秋本の死で三宅は係長に昇進し、友田部長(成田三樹夫)の縁つづきの
同僚のOL弓子(多岐川裕美)と結婚する。







三宅明は共生物産の経理課社員。
同じ課の同僚秋本忠雄に社の用事で連絡することがあったために
夜中の12時を少し回っていたが電話をすることにした。


電話に出た秋本の部屋にはムード音楽が流れていた。
融通がきかない秋本の性格を考慮し明日の出社を待たずして
自宅に電話をかけたのだが、その気遣いは伝わらず秋本は機嫌が悪そうだった。
三宅はその時直感で秋本の部屋には女がいるのではないかと思った。



翌日、祝日の関係などで実質月末日だった。
当然経理課は忙しい一日である。
だが、堅物で知られる秋本は出社時間を過ぎても連絡もないまま出社しなかった。


経理課の課長浅野豊は部下の秋本に経理の重要な仕事を任せっぱなしで
細かい部分は掌握していなかった。
三宅と秋元は同期入社だったが、浅野に重宝がられていた秋本は
三宅よりも早く係長になっていた。


浅野はふとしたことから、三宅に秋本の家まで様子を見に行ってほしいと命じた。
三宅は管理人から鍵を借りて秋本の部屋に入ってみると、秋本は死体となっていた。
死因は青酸化合物による中毒死だった。



秋本は社では堅物で知られていたが、一方で放蕩な一面も噂されていた。
独身の秋本の部屋には長い女の髪の毛が数本落ちていて
死の直前に情交の後が見られたが相手の血液型まではわからなかった。


テレビの上の時刻表の、巻末付録の旅館案内にある
箱根のレークサイドホテルという名前の上に丸印があり
ゴールデンウイークに女と旅行の計画をしていたようだった。
ホテルには、三宅の名前で予約がしてあった。
三宅に心当たりはもちろんなかった。




秋本の死後、会社の金をかなりの額着服していたことが判明し
上司だった浅野も左遷されて、新たに会計士の資格をもつ
篠崎が課長に就任し透明性のある体制へと変えられていった。


そんな中で恩恵を受けたのが三宅だった。
浅野課長時代には、冷や飯を食らわされているような状態だったが
浅野失脚後は重要な仕事も任されて、
秋本が昇任する予定だった、課長補佐昇進も近いと噂されるようになった。



三宅はさらに篠崎課長の遠縁の娘で、同社で働く立花弓子と結婚した。
新婚旅行を決める際、箱根や伊豆方面へいくことをひどく嫌がった。
結局彼女の希望を聞いて北陸へ行った。


弓子は音楽が好きで、オーディオにも凝っていた。
針に誇りが付かないようにレコードに吹きかける
輸入のスプレイまで持っていた。
三宅はその匂いをどこかで嗅いだような気がするが
フランスの新製品で日本にはあまり出回っていない品らしい。


弓子がかけたレコードにも驚いた。
あの日、秋本の部屋から聞こえてきたものと同じ「ひき潮」という曲だった。


三宅の中にある疑念がわいてきた。
これを調べるために線香をあげにきたという口実で、秋本の実家へ行った。
秋本の荷物は全て残らず実家に引き上げられていて
例のスプレイとひき潮のレコードを探したがそこには見つからなかった。



三宅は秋本が殺されなかったら五月の連休に行く予定だった
箱根~熱海~館山寺と、弓子に行き先を教えずに旅行に連れ出した。

そして、最終日スプレイとレコードの事と証拠に
秋山を殺したのは弓子ではないかと問い詰めた。


しかし、弓子は三宅が秋本を殺したのではないかという。
女性経験がなかった三宅に、自分も純潔だと言っていたが
弓子は秋本と関係があったことは認めたものの
秋本の二重人格がわかってくるにつれて結婚をためらうようになった。
それに堅物で通っている秋本は信用がなくなることを恐れて
社内恋愛を隠しておきたがった。


あの夜、弓子は五月の旅行の打ち合わせのために秋本の部屋にいた。
ひき潮のレコードとスプレイは、その後に弓子に貸してくれていたのだった。
弓子がなぜ三宅を疑ったかというと、時刻表には箱根のホテルしかなく
箱根以降の計画は旅行のスケジュール表を見なければわからない。
しかし、スケジュール表はその後無くなっていた。
三宅が盗んだからだと思ったからだ。

それに加えて、三宅が秋本の部屋で嗅いだスプレイの匂いは
揮発性があって香りが長く残らない。
だから、翌朝部屋に行った時ではなくて
前夜弓子が帰った後に嗅いだはずだと確信していた。
あのスプレイは日本に何人も手にしていなくて
秋本のものも、あの日開封したばかりのものだった。


三宅が弓子に秋本殺しを追及したことで
弓子から思わぬ反撃を受けた三宅。
だが、弓子の表情は変わり三宅に妊娠したことを報告してきた。



実は、秋本が殺されていたという日に、三宅は秋本の部屋に行っていた。

電話で女の気配を感じた三宅は、真面目で通っている秋本が
いったいどんな女を連れ込んでいるのか興味を抑えきれなかった。
一時過ぎに秋本のアパートへ着くと、ドアがわずかに開いていた。
部屋の明かりは消えていて、女がいるのが解せなくなった。
呼んでも返答がなかったので、三宅はそのまま部屋に入ろうとしたとき
秋本の死体に躓いてしまった。


三宅は保身からドアノブと電灯スイッチの指紋を消して立ち去ろうとしたときに
テレビの上の旅行予定表が目に入り持って帰ってきてしまった。
ドアは閉めたときに自動でロックされた。
そして、翌朝課長から命令されて秋本のアパートへ再び行き通報したのだった。



三宅も殺していないというし、弓子も殺していないという。
一体犯人は誰なのか---。




森村誠一らしい同期入社のライバルに対する
嫉妬心が殺人という出来事から生き残った方の口から語られる。
上司に見込まれ自分よりも早く昇進した男が殺され
実はとんでもない額の不正を長きにわたって働いており
冷や飯をくわされていた側が、ライバルが死んだことにより
とんとん拍子に全ての事がうまく回り始めていく。


しかし、幸福の絶頂にいたのも束の間で
妻にライバル殺しの疑惑が生じ始める。
身の保全を一番に考えるサラリーマンとしての本能と
それとは裏腹に真相を解明したくなる抑えられない感情。


ドラマの方は見たことがないのですが
出演者とスタッフを見て長年見たいと思っている作品です。


原作とは設定が一部異なっているようなので
原作通りの終わり方ではないんだろうなきっと。





            
スポンサーサイト
            
                                  
        

「女の銃・父を狂わす継母が憎い!」 (1984年)  夏樹静子 『女の銃』 

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 05/ 26
                 
1980年に「悪女の仮面で」姉妹を演じた酒井和歌子と
浅野温子が夏樹静子原作の「女の銃」で再び共演。
今度は後妻と先妻の娘という設定です。




●「女の銃・父を狂わす継母が憎い!」  1984年5月26日
原作: 夏樹静子    『女の銃
脚本: 安倍徹郎
音楽: 田辺信一
監督: 渡辺祐介
制作: 国際放映
出演: 酒井和歌子、浅野温子、岡田英次、
奥田瑛二、森本レオ、新井康弘、鈴木瑞穂ほか




女の銃 酒井和歌子 浅野温子



瞳(浅野温子)の父英信(岡田英次)が
後妻の奈美子(酒井和歌子)に暴力を振るうようになった。

仲睦まじかった二人が変わっていったのは、
三年前に起きた強盗事件の夜からだった。

その夜、豊永(奥田瑛二)という音楽家が英信の家に強盗に押し入った。
英信は銃で豊永に傷を負わせ、警察に突き出した。


父たちの関係に心を痛めた瞳は、その夜いったい何があったのか
奈美子の過去を洗い始めた。









重村瞳は幼い頃に母を亡くして、会社専務の父英信と後妻の奈美子と
3人で名古屋に暮らしている。
社長は英信の叔父がつとめているが、高齢なので英信が継ぐのは時間の問題だ。
他にも政治家の後援会や団体役員も務めているので、
血筋の良い名士としてしられている。


英信は妻が亡くなった二年後、八歳年下の奈美子と再婚した。
奈美子は英信がひいきにしていたメンバーズクラブのピアニストだった。
音大を卒業後両親が亡くなり、会社員と結婚したが三年足らずで離婚して
ピアノで生計を立てていたところで、互いに再婚同士だった。

奈美子は大柄でプロポーションがよく、バタ臭い容貌をしていて
瞳はほのかな憧れを感じていた。
英信もそんな奈美子を自慢していたようで、パーティーに同伴して
出席する機会が以前よりも多くなった。



そんな英信が三年ほど前から、奈美子に暴力を振るうようになった。
きっかけは、六月初旬の蒸し暑い夜、強盗が家に入ったことからだった。
三人の寝室は二階で、その夜、廊下で奈美子の
「あなた、気を付けて、銃を・・・」という叫び声だった。
その後階下で銃声が鳴り響き、奈美子の悲鳴と夫婦の会話が聞こえてきた。

瞳が下へ降りてみると、リビングのソファに見知らぬ男が足を撃たれてうずくまっていた。
男の前には、銃口を向けて立っていた英信が見えた。


侵入者は豊永という26歳の会社員で、サラ金の返済に追われてきて
金のありそうな家を選んで強盗にはいったらしい。
男は逮捕されて刑務所へ入れられた。


英信は奈美子が銃をと言ったので、猟銃免許を取得していた英信は
銃をとると下へ降りていき、相手が包丁を持って襲ってきたので
とっさに相手の足に向けて発表したので正当防衛が認められた。


仮出獄した豊永が、名城公園で刺殺死体となって発見された。
目撃者の話では、グレーのようなレインコートと、黒っぽいズボンをはいた
中肉中背の男が逃げ出していったということだった。
豊永は殺される前近くの喫茶店にいたが、
山下という男から呼び出し電話があったことがわかった。


豊永が殺された翌日、瞳は思いもかけないところで父をみかけた。
吉川法律事務所の前で、社員の離婚の相談だといっていた。
吉川弁護士は、豊永の担当だった。
瞳は奈津子とも一昨年偶然町でみかけたことを思い出した。
名古屋の病院へ行くといいながら、静岡行きの切符を買っていて
瞳は声をかけずにそのまま帰ってきてしまった。


豊永は静岡刑務所に服役していた。
警察は面会者の中に結婚していた姉の名前を見つけたが
それは別人だったことがわかる。
さらに実家を訪ねていき豊永の上着の中から
たきもと荘という旅館のマッチを見つけいってみた。

最近ここを訪れていたようで、女性の声で偽名で部屋を予約していて
女性客の後に豊永がやってきたが泊まらずに出て行った。
仲居の話では、その女性のことで興信所の男がやってきており
奈美子のことを調べていたらしい。


強盗事件後に始まった英信の奈美子への激しい暴力と、豊永の刺殺事件。
やはりあの強盗事件は、偶然重村宅を襲ったものではなかったのか---。




これは見たことがあるかないかを覚えていないドラマ。
いずれにしてもキャスティングが魅力的なので、再放送してほしいです。

原作は夏樹静子の短編小説。
それゆえ、し奈美子の心理描写がイマイチ物足りない。
両親を早く無くし、短い結婚生活を送っていた女が
どういう気持ちから重村の後妻になったのか
その後の生活でどんな気持ちの変化があったのか。



ドラマではその辺りがもっと細かく描かれているのかどうかが気になります。




                         
                                  
        

「白い悪魔」 (1958年) @シネマヴェーラ渋谷 

category - 昭和の日本映画
2018/ 05/ 25
                 
シネマヴェーラ渋谷で森雅之が出演している「白い悪魔」と「挽歌」という映画を見てきました。



シネマヴェーラ渋谷



”キネマ洋装店”コラボ企画『美しい女優・美しい衣装』ということで
5月19日(土)から6月15日(金)まで1950~60年代の作品が上映されています。
私が行ったのは初日の5月19日でした。



シネマヴェーラ渋谷は二本立て入れ替えなしですが、
この日は特別上映『街頭』が11時からあり
こちらは入れ替え制で1本立てとなっていました。



私は通常上映の12:45~「白い悪魔」、14:35~「挽歌」の二つだけを見た。
ふたつとも森雅之が出ていて、どちらも原田康子原作の映画化だった。




「白い悪魔」(1958年/日活)は、
森雅之演じる牟田口克介がかつて思いを寄せていた女性の
娘・白戸朝子(野添ひとみ)を養女に迎えたことから話が始まる。


牟田口とその女性は相思相愛でありながらも牟田口が煮え切らないことから
別の男性と結婚し朝子が生まれた。
ところが夫婦は娘を残して死んでしまい朝子は祖父の白戸宗太郎(清水将夫)と
牧場で暮らしていた。


牟田口が久しぶりに友人・木谷(大森義雄)と宗太郎たちのところを訪れたあとまもなく宗太郎は
朝子を育てて欲しいという遺書を残して病死してしまうというもの。


洋装店を経営している牟田口の暮らし向きはよく
朝子は質素な牧場生活から華美な装飾を施す牟田口邸で
お嬢様のような暮らしへと環境が一変した。


牧場でのびやかに育てられた朝子はすぐに牟田口になつき、
血のつながらない親子関係は良好に見えた。


朝子は牟田口家に亡き母の肖像画が飾られていることから、
かつて牟田口が母に思いを寄せていたことがわかる。



一緒に暮らしているうちに二人の間には父と娘ではなく
異性としてへの思いが芽生え始める。
中でも若い朝子の牟田口への態度はあからさまで、
牟田口だけでなく周囲のものも父としてではなく、
男として牟田口を慕っているというのがわかるものだった。


独身の牟田口だが父と娘の関係が脅かされる悩みを木谷に相談する。
木谷は牟田口に親子の関係を続けたいならば
牟田口が結婚するしかないという。
そして、牟田口の洋装店に勤める小沢邦子(渡辺美佐子)との仲を取り持った。


クリスマスの日、朝子は二人で過ごそうと部屋の飾りつけをし
料理を作って牟田口の帰りを待っていた。
だが、帰ってきた牟田口は邦子と結婚することを決めたと言い、
これから邦子と木谷が家に来るという。




いつかこういう日が訪れると思いながらも、失意の朝子は家を飛び出すと、
かねてから自分に思いを寄せていた岡本(小林旭)たちと踊り明かし、
自分も岡本と結婚することを決めてしまう。


牟田口と朝子は互いに異性として惚れ合っているのがわかりながらも、
それぞれが愛のない結婚を決断した。
本当にこれで良かったのか?悩む牟田口は初めて惚れた相手と
結婚をする決断を下す。
岡本と旅行に旅立つために船へ乗った朝子に思いを伝えにいく牟田口。



客で溢れる船に乗り込むとひとりでいた朝子をついに見つけ出しプロポーズをする。
朝子は声を出して泣きながらそれを受け入れ、牟田口は朝子を抱きかかえて帰って行く。
戻ってきた岡本はそれを見てあっけにとられる。




森雅之の養女になってからの野添ひとみがすごく魅力的だ。
大きな瞳で華奢な肉体を包むワンピースが素敵。
白黒映画なんだけど、抜群のスタイルでの着こなしっぷりが充分に伝わってくるのだ。


彼女が養父への恋愛感情を隠すこともなくぶつけてくる姿も実に健気でいて大胆。
洋装の勉強のために朝子がひとりで東京へ勉強しにいくことになり
一時同居生活が解消されるのだが、仕事で東京を訪れた牟田口と会うシーンがある。



二人は遊び歩いた後にホテルの同じ部屋に泊まるのだが、歌を歌いながら
天真爛漫そうに洋服を脱いでバスを使う。
その姿をうっかり鏡越しに見てしまった牟田口はもだえ苦しむ。


そして、ホテルのボーイに協力させ仕事で突然出かけなくてはならなくなったと
一芝居打ってその夜、朝子と同じ部屋で休むことから逃げた。


牟田口を養父としてでなくひとりの男として愛してしまった朝子が、
その思いを隠すどころかどんどん大胆にさらけ出していく。
それがまっすぐなだけに、なんとか成就させてやりたいと思った。
最後はハッピーエンドで良い映画でした。


共演は岡田眞澄、稲垣美穂子、草薙幸二郎、下元勉、松下達夫ら。
岡田眞澄、稲垣美穂子、草薙幸二郎はどこに出ていたかわかりませんでした。
下元勉、松下達夫はかろうじてわかった感じ。
さすがに皆さん若い。








シネマヴェーラ渋谷

館内に展示されている映画ポスター。


渡哲也、松原智恵子出演の「燃える大陸」と、
川口浩主演の「セクシー・サイン 好き好き好き」も
今回のコラボで上映予定されている作品です。




シネマヴェーラ渋谷



ひとつの記事に「挽歌」も書こうと思ったのだが長くなってきたので別エントリーで。



                         
                                  
        

「ジョルジュ・ブラック展」@パナソニック汐留ミュージアム

category - 美術・展覧会レポート
2018/ 05/ 19
                 
パナソニック汐留ミュージアムで行われている「ジョルジュ・ブラック展 
絵画から立体への変容-メタモルフォーシス-」へ行ってきました。


「ジョルジュ・ブラック展」@パナソニック汐留ミュージアム



私が行った日は5月18日(金)国際博物館の日ということで
無料で入館することが出来ました。
平日でしたが無料ということもあり小さな美術館は
開館からコンスタントにお客さんが来ていました。



パブロ・ピカソとともにキュビスムの創始者として知られる
ジョルジュ・ブラックが晩年に取り組んだ
”メタモルフォーシス”シリーズを本格的に紹介するという展覧会。



そのため、彼の絵画よりもジュエリーなどに目を奪われました。



展示室にはいるとまず初めにあるのが絵画のコーナー。
現存する最も初期の作品「モンソー公演」と、
幾何学的な静物画が二点ほど。


油彩画、リトグラフ、陶器が終わるといよいよジュエリーへ。

中でもイエローゴールドにホワイトゴールド、ルビーをあしらった
ブローチの美しさと輝きが素敵で心が躍りました。



薄暗い室内には天井からの光線で床に
鳥が飛び去っていく様子が映し出されるという粋な演出もされてました。




「ジョルジュ・ブラック展」@パナソニック汐留ミュージアム


こちらは撮影コーナーです。


鑑賞に要した時間はおよそ30分程、展示室を出た後は
表のロビーにある映像コーナーを見て休んでから帰りました。



この日も暑い1日となりましたが、午前中からお昼過ぎにかけてはまだ過ごしやすい。





汐留

このあたりは空間も広くて過ごしやすく気に入っています。



お昼を食べたあとはそばの広場でくつろぎましたが、
強い日差しが出るまではとても心地よくてリラックスできました。





                         
                                  
        

「銀座クラブママ殺人事件・未亡人探偵みちのく推理旅行」 (1991年) 未亡人探偵シリーズ

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 05/ 18
                 
山城新伍が監督を務めた作品。


高級クラブのママの座をめぐって愛憎うずまくホステスたちの人間模様を描く。
夜の銀座を舞台に、クラブのママとなった未亡人が
親友の死の謎を解きをすることでサスペンス仕立てのドラマとなっている。
アリバイ崩しがみどころのひとつ。




●「銀座クラブママ殺人事件・未亡人探偵みちのく推理旅行・
秋保温泉濡れた死体の謎!?」 1991年5月18日
脚本: 岡田正代
監督: 山城新伍
制作: 沢井プロダクション
出演: 山本陽子、地井武男、結城しのぶ、
稲川淳二、内田あかり、根上淳ほか



銀座クラブママ殺人事件



美保(山本陽子)は、亡夫の友人の画廊を手伝っている。


ある日、美保は親友で銀座のクラブのママをしている
芳枝(内田あかり)から店を預かってほしいと頼まれる。


芳枝は妊娠していて、店の客で製鉄会社社長・浜中(根上淳)らに
知られずに出産したいからだという。



芳枝の頼みを受け入れて美保は店を預かることにした。
ところが、それから間もなくして芳枝の死体が仙台市郊外の温泉で発見された。


警察は自殺と見ていたが、彼女の死に疑問を感じた美保は、
芳枝の身辺を調べ始める。




//////////////////////////////////////////////////



こちら”未亡人探偵第2弾”となっており、そんなシリーズあったかと
資料をひっくり返してみたらありました。




どうやら3作品(?)作られているようですね。
おそらく全て見たと思われますが、全く覚えていませんでした。





第1弾が



●「若き未亡人の推理旅行・若狭路レイプ殺人の謎!
好奇心があばいた不倫妻の濡れたアリバイ」 1989年5月20日
脚本: 岡田正代
監督: 山城新伍
制作: 沢井プロダクション
出演: 山本陽子、松尾嘉代、地井武男、
成瀬正孝、伊佐山ひろ子、根上淳ほか




美保の家の向かいに住む二宮(根上淳)が自宅で殺害された。
二宮の妻・夏江(松尾嘉代)は獣医の林(成瀬正孝)と浮気をしていて、
彼女の高慢さが気に入らない美保はその現場を盗み撮りしていた。


夏江からそのことを聞いた刑事は、撮影した写真の中から、
林の犯行を示す写真を見つけだした。



そして、第3弾が


●「熱海芸者連続殺人事件!未亡人探偵・悪徳マスコミへの復しゅう
阿部定の墓前で謎の心中?」 1992年5月16日
脚本: 岡田正代
監督: 山城新伍
制作: 沢井プロダクション
出演: 山本陽子、芦川よしみ、地井武男、
富士真奈美、鹿内孝、花園ひろみほか



社員旅行で熱海を訪れた美保は、旅館の板前・佐野(鹿内孝)に一目ぼれ。

その夜、美保は宿泊客の出版社社員・戸田(上田耕一)に言い寄られていた
芸者の姫奴(芦川よしみ)を助けた。


翌日、戸田の水死体が発見された。