FC2ブログ
2018/11/28
2018/01/21
2017/11/25
2017/01/30
2015/06/15
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

ライブレポート

        

BON JOVI 「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE 2018 TOUR」@東京ドーム

category - 音楽・ライブレポート
2018/ 11/ 28
                 
5年ぶりに東京ドームへボン・ジョビの来日公演を見に行ってきました。
これまで単独じゃないものも含め、彼らのライブへは何度足を運んだことか。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




ちょいと余裕をこいてしまい、着いた時には予想通りの混雑で、
屋外のグッズ売り場は長蛇の列。


東京ドーム



あきらめて仕方なく中へ入ると会場内のグッズ売り場は
10~15分待ち程度で購入できるとのこと!
ということで、ツアーパンフを買いました。



■BON JOVI THIS HOUSE IS NOT FOR SALE 2018 TOUR
2018年11月26日(月) 東京ドーム
17:30開場  19:00開演


予定時間ちょうど位に始まったライブ。
海外アーティストのライブというと昔は「いつ、はじまんだよ~」って感じでしたが、
このところはさしたる遅れもなくはじまるので時間が読みやすい。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



今回のライブの演奏曲は下記のとおり。


This House Is Not for Sale
Raise Your Hands
You Give Love A Bad Name
Whole Lot of Leavin’
Lost Highway
Runaway
Roller Coaster
When We Were Us
Born to Be My Baby
It’s My Life
God Bless This Mess
We Don’t Run
Keep the Faith
Bed of Roses
Lay Your Hands on Me
Who Says You Can’t Go Home
I’ll Sleep When I’m Dead
Bad Medicine

アンコール

We Weren’t Born to Follow
Blood On Blood
I’ll Be There For You
Wanted Dead or Alive
Livin’ on a Prayer



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



3曲目では彼らの名が広く知れ渡った初の全米No.1ソング
「You Give Love A Bad Name」というこれまた魂が震え上がる名曲が演奏された。


東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




オールドファンの自分にとってはやはり全盛期80年代の曲が
一番盛り上がります。



そして現在から過去にカウントダウンしていき1983年で止まると
デビューシングル「Runaway」へ。


心憎い演出と懐かしい曲に酔いしれましたが、
これをやるなら是非「She Don't Know Me」もやってほしかった。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



「Born to Be My Baby」の次の「It’s My Life」も異様に盛り上がったが、
若いファン的にはここらあたりから入った人が多いのかな?


よく「It’s My Life」は大ヒット曲と表現されるが、
私としてはすでに全盛期が終わっていた印象がある。
商業的にもシングルやアルバムで1位(ビルボードの)がとれなくなっていた頃だし。


まぁともかく、若いファンをも巻き込み会場内は大興奮状態となっていた。


ボンジョビのファン層は若い世代も多いので、
全盛期からのファンだけでないことで
これだけの動員数を誇れるのでしょうね。



「Bad Medicine」ではステージの両脇に赤十字マークが。


東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




アンコールは長めで、ラストにきてこれまた私の好きな曲が。


地味だけど「Blood On Blood」

「I’ll Be There For You」「Wanted Dead or Alive」と80’sの曲が続きます。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




そして、最後は「Livin’ on a Prayer」で会場は大合唱。
この曲を聞くたびにリッチー・サンボラを思い出してしまう。
やはり全盛期のメンバーでライブが見たかった。


それと「Never Say Goodbye」もやってほしかったなぁ。
あの曲すんごく良くて大好きなんだけど。
ツレの話では前回もやらなかったと言っていたので、
次回はぜひぜひ演奏を!



終わってみれば21時半と約二時間半という長丁場でした。


アーティストの日本のファンに満足してもらおうという
意気込みが伝わってくるライブでとても満足して帰ることが出来た。


東京ドーム




帰り道、ツレが


「五年ぶりってことは、1回逃すと五歳年を取るってことだね。」って言葉が
胸に刺さり、やはり行きたいものはチャンスを逃さずに行かねばと決意を新たにしました。






            
スポンサーサイト
            
                                  
        

ボビー・コールドウェル(Bobby Caldwell )@ビルボードライブ東京 

category - 音楽・ライブレポート
2018/ 01/ 21
                 
2018年1月20日(土) 16:30開演
Bobby Caldwell  Billboard LIVE TOKYO



久しぶりに六本木にあるBillboard LIVE TOKYOで行われた
ボビー・コールドウェルのライブに行ってきました。



Bobby Caldwell




いつものように一曲目は「Special To Me」からスタート。




2曲目は私の好きな「Stay With Me」でした。





ここは立地もいいのですが、会場内もあまり広くなく
アーティストが身近に感じられてとても一体感があります。
通常のコンサート会場もいいのですが、程よい空間と
お洒落な雰囲気が好きでお気に入りのスポットのひとつです。


今回は彼の曲の中でも一番好きな「Heart Of Mine」がロングバージョンで演奏されました。






その後はやはり「What You Won't Do for Love」で盛り上がりましたね。




この時代を知っている人はもちろんのこと、リアルタイムで聞いていなかった
若い世代でも魅了されるロマンティックな曲が盛沢山でした。


場内が暗くなった時にはまだ杖をついていたボビーさん。
このあたりはちょと気になるところでしたが
体に気を付けてまた素敵なライブを見せてほしいですね。


SAXの彼も演奏しながら会場内をぐるぐると回ってきてくれ
そのサービス精神に来ていたお客さんたちも大満足の様子。


ここは大人が楽しめるライブスポットで落ち着いていて粋な空間です。
また以前のように行きたいアーティストが来日して
一年に何回か行けるといいなぁ。



今年は行きたいライブは全て行くぞ~っと意気込んでおります。



                         
                                  
        

Huey Lewis & The News @オーチャードホール

category - 音楽・ライブレポート
2017/ 11/ 25
                 
HUEY LEWIS AND THE NEWS -- ALL THE HITS --
2017年11月22日(水) オーチャードホール
18:30開場  19:00開演


今週はオーチャードホールで行われたヒューイ・ルイスのライブへ行ってきました。


ヒューイ・ルイス


一曲目は定番”Heart Of Rock N' Roll”でした。







大ヒットアルバム”Sports”の1曲目でもあり、
オープニングを飾るにふさわしいノリの良さもある。



そして、2曲目は私が彼らの曲の中でも一番好きな”If This Is It”!
これを聞くと元メンバーだったギタリストのChris Hayesを思い出します。
小柄な彼だがこの中で一番ハンサムで大好きだった。





前に来た時にプレイしないことがあってがっかりしたが
今回はいきなりやってくれて大感動♪
個人的には終盤の方がよかったが・・・。




Huey Lewis & The News Japan Tour 2017


そして、”Jacob's Ladder”、”Hip To Be Square”と
ヒット曲が続きます。










その後短いトークがあって”I Know What I Like”へ。







本当にヒットした曲が多い彼ら。
どれをとってもいい曲ばかりでテンションも上がります。


”Do You Believe In Love”、”Doin' It All For My Baby”、
”Perfect World”、”Walking On A Thin Line”と立て続けに演奏。














その後、メンバー紹介があり、アカペラ曲が1曲演奏されました。
アカペラといいながらちょっと楽器の演奏もありましたが。



次は” Back In Time”だったかなぁ。
これはかなり自信ありません。なんか1曲やりました。



その後は、”Heart And Soul”、”I Want A New Drug”。









そして最後は90年代のシングルでトップ10入りまであと少しだった
ノリのいい”Couple Days Off”で会場内の熱気もヒートアップ!







~アンコール~


Huey Lewis & The News Japan Tour 2017




Power Of Love






Stuck With You






Workin' for a Livin'







充分過ぎるくらい、楽しんだ一日で
大満足して会場を後にしました。





オーチャードホール クリスマスツリー


早いものでクリスマスまであと1か月。

オーチャードホール入口に飾られていたクリスマスツリー。









                         
                                  
        

GUNS N' ROSES 来日公演は最高のライブだった!

category - 音楽・ライブレポート
2017/ 01/ 30
                 
GUNS N' ROSES JAPAN TOUR 2017  
2017年1月28日(土) 18:00開演
さいたまスーパーアリーナ


GUNS N' ROSES日本公演


土曜日はさいたまスーパーアリーナへ
GUNS N’ ROSESのライブを見に行ってきました。

全盛期からのメンバーが何人か欠けているけど
とっても楽しみにしていました。


さいたまスーパーアリーナ

グッズ売り場が長蛇の列だったため
一旦は開始に間に合わそうと並び列を離れたが
オープニングアクトがいたことに気づき
再びグッズ売り場へ。

グッズは既にTシャツが何種類か売り切れていた。


結局ワールドツアーのプログラムを購入して
中に入ったのは18:30頃でしたが
まだ前座のMAN WITH A MISSIONの演奏中でした。

その後、オープニングアクトの演奏が終わってからが長かった。。。


たまアリ スタジアムバージョン

全く始まる気配を見せず。


さいたまスーパーアリーナ 会場

今回のたまアリはスタジアムバージョンで
ほぼ満員状態だった。

外人が多く来ていたのが印象的だった。

さいたまスーパーアリーナ ライブ

私は500レベルで、結構入るんだろうなとは思っていたけど
予想以上に入っていましたね。

久しぶりの500レベルでしたが
改めてステージまでが遠いなぁ。



ガンズ 来日公演


かなーり待ちようやっと19時34分頃始まった。

久々に見たアクセル・ローズがまんまるになっていてビックリ(*_*)
まぁ大ヒットアルバム「APPETITE FOR DESTRUCTION」から
30年の時が流れてますからね。

若い時のとがっていて狂気を感じたメンバーも
歳を重ねて角が取れていた印象に変化してました。



1曲目はそのアルバムの「IT'S SO EASY」からスタート!

ストーンズとかワルのイメージがあった人たちって
プロ意識がメチャクチャ高いのか
息の永いアーティストが多いんですよね。


今のガンズからもそれを感じた。


ガンズ 来日

スラッシュも戻ってきてくれて本当に嬉しい。

やっぱり全盛期を知っていると、メンバーには
こだわりがありあの時のメンバーでもう一度見たいという
気持ちが強くあるのだ。


アクセル・ローズ

髪の毛が短くなってまんまると肥えた姿に変わっていたけど声はかわらず。
目つきはだいぶ柔らかな印象に変化していましたね。

昔のジャラジャラとしたアクセサリーが懐かしい。

ライブが進行していくにつれ
バンダナを巻いた姿を見て
昔のアクセルが重なって見えた。



ガンズ ヴォーカル

割と早い段階で「Welcome To The Jungle」へ
イントロが流れると会場は盛り上がっていきました。

やっぱりあの曲には興奮させられる!


「You Could Be Mine」は特に好きな曲ではなかったんだが
やっぱり生で聞くといい曲だなと思った。


ガンズ ダフ

今のガンズではダフが一番カッコよかった。
スリムな体型を保っているだけでなく
いい感じで歳を取っていて
年相応のイケメンぶりに惚れ惚れとしてしまった。

あとギターのリチャード・フォータスが
全盛期のメンバーだったギターのイジーに似てた。
リチャード・フォータスのタトゥの入り具合がすごく
タトゥが苦手な私はちょっと引き気味でしたが。。。


ガンズのライブは何度か行ってるんだけど
メンバーの移り変わりはイマイチついていけてない私。


やっぱり「APPETITE FOR DESTRUCTION」が好きなので
ここからいっぱい演奏してくれたのは本当に嬉しかった。


スラッシュが「ゴッドファーザーのテーマ」を弾いたのだが
このドラマティックな曲のあとに名曲「Sweet Child O' Mine」へ
という流れに大興奮!


この流れがあったから後半アクセルがピアノを弾く
インストロメンタルの曲のあと
「November Rain」へという流れが予測できた。
案の定その通りでした。



海外アーティスト 来日

そしてスタンドにはライトが揺れる。


November Rain

そして「Nightrain」から「Knockin' On Heaven's Door」へ。

アンコールは3曲。

1曲目の「Don't Cry」では、帽子の庇の上に猫(?)が
いくつか乗っかっていてそのおちゃめぶりにファンも反応。

アクセルも笑っていました。
しかし、ホント丸くなったなぁ(体型ではないよ)


最後は予想通り「Paradise City」で締めた。


2017 ガンズ来日

一旦ステージから姿を消して
最後にまた現れてお別れ。

ライブの時間は2時間40分強位。


前座があったし、それが終わってからも
ガンズが登場するまでが長く
開始の時間が遅かったことからも
もっと短い時間を予想していたのだが
たっぷりとやってくれました。



さいたまスーパーアリーナ

そして、ライブ終了後のグッズ売り場も
また混んでいました。
始まる前に買っておいて良かった。

ちなみに購入したパンフ(プログラム)は
2500円で今回の日本ツアーではなく
ワールドツアー仕様でした。


さて、たまアリスタジアムバージョンでのライブということで
帰りもさいたま新都心駅は激混み!

改札を通るまでにながーい列が出来ています。


近くにいた警察官に聞いたところ
新宿までなら北与野駅まで歩いて埼京線に乗った方が
空いていて早いと言われアリーナまで引き返し
北与野へ向かうことにしました。


北与野までは初めて歩いたのですが
初めてでありながらも意外に早く着きました。

しかし、新宿行きを25分位ホームで待つのが
寒くて辛かった。


都会の生活しか慣れていないので
電車ごときで長い時間待つのが堪える。

ようやっと埼京線が来て新宿に着いたのは23時42分頃。
これ、遠くから来ていた人だと帰れない人もいたのかな?
ガンズのライブは楽しかったけど前座はいらんかったな。


しかし、ガンズのライブは最高でした。
本当に行って良かったし楽しかった。






                         
                                  
        

ボズ・スキャッグスの来日公演へ行ってきました オーチャードホール

category - 音楽・ライブレポート
2015/ 06/ 15
                 
2015年6月10日(水) 19:00開演
Boz Scaggs オーチャードホール


約1年半ぶり位にボズ・スキャッグスのライブを観に行ってきました。
今回は渋谷文化村にあるオーチャードホールでした。

やはりボズさんの人気は高くチケットは完売になってました。

もう日本とのお付き合いも長いボズさんなので
ファン歴が長い方がほとんどで昔のヒット曲では
会場がわきましたね。

しかし、あの年齢になっても未だに
新しいアルバムをコンスタントに制作し続けているのは
さすがだなぁと思わされます。

この日は精神的にもショッキングな出来事があった日だったのですが
コンサート会場へ行き美しい音楽を聴いたり
ボズさんの楽しそうに歌っている姿を見ることができ
あの空間で良い波動を受けたことにより
私自身も体の芯からポジティブになることができ
忘れられない記憶に残るライブとなりました。


そして、アンコールは2回。

鳴りやまない拍手にボズさんもとても満足そうでした。



やはりこの曲が聞けて良かった。



何度聞いても飽きないです。



そして、前回見た時もやらなかった記憶があるのだが
「You Can Have Me Anytime」をやってほしかったなぁ。




会場には今後の来日アーティストのポスターが貼ってありました。

20150610_2.jpg
ホール&オーツも来日するんですね!
見たいっっ!!!


20150610.jpg
そして、デフ・レパードまで。
彼らは、ファン時代とその後仕事でも関わることとなり
ファンとして、関係者としてライブへ行っており
昔から好きで非常に思い出のあるバンドです。

再びひとりの洋楽ファンに戻った今
また行ってみたいと思いましたね。