2017/04/18
2017/04/01
2017/03/23
2017/03/18
2017/03/13
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

展覧会レポート

        

特別展「茶の湯」@東京国立博物館

category - 美術・展覧会レポート
2017/ 04/ 18
                 
東京国立博物館の平成館で行われている
特別展「茶の湯」を見に行ってきました。
会期は4/11~6/4まで。

特別展「茶の湯」

私が行ったのはスタートした最初の週の土曜日の夕方にかけてでした。

それなりに混雑してましたが、まぁこんなものかという感じで
割とのんびりと見れました。
展示数が多いので今回は2時間半ほど費やしてしまいました。


展示期間は8つに区切られていて
会期中に一部展示品の入れ替えがあります。

さらに最終章も近代数寄者が
4つの区分で分かれているので
展示品とともに見たいもののこだわりがある方は
ホームページなどをチェックしたうえで行く方が良いです。

最終章、私は藤田香雪(4/11~4/23)でした。



特別展「茶の湯」 東京国立博物館平成館

早くに配られていておそらく配布終了
(現在は一番上の画像、看板バージョンが配布されている)
だと思われるチラシですが
一番上の「大井戸茶碗」は4/28~ということで見れませんでしたが

真ん中の黒いやつ「油滴天目」と下の「志野茶碗」は
会期中いつ行っても見れます。
3点いずれも国宝の茶碗です。

私は個人的には「志野茶碗」のように
厚みがある粗い目のユニークな形
(ちょっといびつにゆがみがある)が
好みなのですが、「油滴天目」も
じっくり見てみるとすごくたらされている
柄がきれいでいいなと思いました。


さらに個人的な好みで言うと・・・


特別展「茶の湯」 東京国立博物館平成館

上から

「黒楽茶碗 ムキ栗」

「青磁輪花茶碗」

「黒楽茶碗 銘 時雨」


の真ん中と下がもともと好きなんですね。
3点はいずれも重要文化財。

真ん中の青磁の茶碗は
縁に微妙なくびれがほどこされていて
それがすごく可憐で繊細な感じで好きです。
青磁の茶碗は色と艶が女性らしくてそのあたりが好きな理由だと思います。
かなり単純!
でも好きになるってそんなちょっとした感覚的なものですよね。


曜変天目

さて、黒と言えば・・・
「油滴天目」同様、今回気に入ってしまったのが
国宝「曜変天目」です。
(4/11~5/7までの展示)

写真では魅力が伝わりにくいんですが
青の色がとても神秘的で黒をバックに
規律のない図柄とともに非常にきれいに
浮かび上がっていてとても芸術的でした。


今回チラシには「奇跡の開催」と書かれていますが
東京国立博物館では昭和55年に”茶の湯”をテーマにした
大規模な展覧会が行われ、それ以来37年ぶりの
大「茶の湯」展というということだそうです。

訪れている方も、茶道に精通されている方や
若い方、男性のグループなど
とてもバラエティ豊かでした。

古くは日本の高貴な人々の間で親しまれ、
その後町衆にも広く広まっていった茶の湯。

『わび茶』で知られる千利休の書状をはじめ
茶道具以外の展示品もあり
茶の湯の歴史と移り変わりを見ることができます。


20170415_3.jpg

京都にある藪内家(藪内流)の古田織部作
茶室「燕庵」(えんなん)を再現してあります。
こちらは唯一の撮影可能なコーナーです。
最近こういう撮影可能エリアを設けるところが多いですね。


3月に三井記念美術館の
「三井家のおひなさま」でみた
三好の粉引茶碗も展示されていました。



20170415_14.jpg

この日は風が強かったものの気温はとても暖かかった。

東京国立博物館

外を歩いている分には上着もいらないくらい。
しかし、館内でうっかり薄着をしてしまって寒かったです。


バベルの塔展

いよいよ本日18日からは東京都美術館で
「バベルの塔展」が始まります。

いつも展覧会は事前にチケットを購入しているので
こちらもかなり前に手配済です!



上野表慶館

こちらは久しく行っていない東京国立博物館の表慶館。
ブランド物の展覧会をやったりするので
また良い催しがあれば行きたいですね。


            
スポンサーサイト
            
                                  
        

大エルミタージュ美術館展@森アーツセンターギャラリー

category - 美術・展覧会レポート
2017/ 04/ 01
                 
先日、六本木の森アーツセンターギャラリーで行われている
「大エルミタージュ美術館展」へ行って来ました。


森アーツセンターギャラリー

会期は3月18日~6月18日まで。
私は平日の朝一番で行ってきました。

予想通り平日の朝イチは結構空いていて
じっくりと見て回ることができました。


*******************************************
大エルミタージュ美術館展
*******************************************

ロシアのサンクトペテルブルクにそびえ建つエルミタージュ美術館。
1764年にエカテリーナ2世がドイツなどから
買い集めた美術品がこの美術館の基になっています。

現在では収蔵品は310万点、絵画だけでも1万7千点に及びます。
エカテリーナ2世在位中に購入した作品が数多く含まれています。

ルーブル美術館、メトロポリタン美術館と並び
3大美術館といわれるエルミタージュ美術館のコレクションの中から
オールドマスターを中心に85点が展示されています。

ティツィアーノ、ルーベンス、クラーナハ、レンブラントをはじめ
ルネサンス、バッロク期の名画を見ることができます。



まず入ってすぐに目にするのが、エルミタージュ美術館の
礎となった人物エカテリーナ2世の全身の肖像画があります。


大エルミタージュ美術館展 エカテリーナ

≪戴冠式のローブを着たエカテリーナ2世の肖像≫ 
ウィギリウス・エリクセン 1760年代


服には鷲の紋章を刺繍してあり
左手には宝珠を右手には王笏が握られている。

豪華な衣装を身にまとったエカテリーナは
自信をみなぎらせた表情をし
醸し出している堂々たる風格から
まさに「女帝」という言葉がピッタリだ。
胸元の青もこの人物の格や権威が感じられる。



大エルミタージュ美術館展 ティツィアーノ

≪羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像≫ 
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ 1538年

このモデルを務めた女性はティツィアーノの愛人とも言われています。
ティツィアーノらしく繊細な明暗表現と卓越した筆致による肖像画。
どうやら帽子の部分は書き足した形跡があることがわかっています。

アクセサリーを身に着け、帽子もかぶり、
衣服からも普通に着用していたら正装なのに
片側の肩から胸元が大胆にはだけていてアンバランスで不安定。
この絵からは2面性というものが感じられた。




大エルミタージュ美術館展 クラーナハ

≪林檎の木の下の聖母子≫ ルカス・クラーナハ 1530年頃

口元はやや微笑んでいるように見えて
目元は醒めているような表情のマリア。
首から肩にかけて透明な布が巻かれている。
衣服の発色の良さが印象に残る作品だった。




大エルミタージュ美術館展 盗まれた接吻

≪盗まれた接吻≫ 
ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール 1780年代末

男から頬に接吻を受けながらも
反対側の奥にいる人目を気にしている女性。
このように雄弁に物語が語られているような絵は大好きです。

寓意的な絵画も奥が深くて好きですが
詳細にストーリーを語る絵も
一見しただけで読み取れる事柄だけでなく
さらにその奥に見え隠れする部分に
あれこれ思いを巡らすことも絵画の楽しみのひとつですね。




大エルミタージュ美術館展 レンブラント

≪運命を悟るハマン≫ レンブラント・ファン・レイン 1660年代前半

「エステル記」から。

ハマンはユダヤ人全員を殺害しようと計画したものの
ユダヤの王妃エステルの機転により
逆に王から処刑をいいわたされた。

この絵はハマンが処刑を言い渡され
胸に手を当てて、自らの運命を悟った場面。

「光と影の魔術師」と言われた
レンブラントがハマンが運命を覚悟した様を
静かに描き出しています。



大エルミタージュ美術館展 手袋を持つ男の肖像 ハルス

≪手袋を持つ男の肖像≫ フランス・ハルス 1640年頃

肖像画が得意なハルス。
モデルは不明なものの、手袋をした手を胸にあて表情にも自信を感じられる。
このポーズは、社会的な成功を示しています。



大エルミタージュ美術館展 聖家族

≪聖家族≫ ポンペオ・ジローラモ・バトーニ 1777年


パーヴェル1世が母エカテリーナ2世へ贈った作品。

このマリアは陶器のような白くて滑らかな美肌を持っていて
若くてみずみずしい表情をしています。

息子から母へのプレゼントに選んだというのが
本当によくわかりました。

女帝とはいえど、息子にとっては母親。
愛する母への贈り物にこの主題と
描かれた人物の可憐さはピッタリだなと思いました。



大エルミタージュ美術館展 聖母マリアの少女時代

≪聖母マリアの少女時代≫ フランシスコ・デ・スルバラン 1660年頃


こちらはマリアの少女時代を描いたもの。
幼いながらもそのまなざしはしっかりとした意思を
持っていることを、組まれた手からは敬虔さを
感じ取ることができます。





今回風景画も素晴らしいものがありました。

正確な遠近法で知られる「都市景観図」の画家カナレットの風景画。

そして、私が何よりも感動したのは
ベナルド・ベロットの『ドレスデンのツヴィンガー宮殿』です。
これはまるで写真のような緻密な筆致で
この風景を本当にそのまんま切り取ったようでした。
近くによってじっくりと眺めたのですが
細かい窓の一つ一つも非常に丁寧に描かれていました。

テーマも構図もとても気に入り
何回でも見たくなる素晴らしい作品だった。


大エルミタージュ美術館展 鳥のコンサート

≪鳥のコンサート≫ フランス・スネイデルス 1630~40年代

もうひとつ、大のお気に入りだったのが
『鳥のコンサート』です。

動物画を得意としたスネイデルスの作品。

中央にいるフクロウが指揮者となり
大小沢山の鳥さんたちがそれぞれ鳴いています。

各自が鳴いているだけなのでまとまってなく
指揮者のフクロウはちょっと戸惑いを見せた表情をしている。

テーマと表現のしかたがすごく私好みで
複製画が欲しくなったくらい!





前半と後半で同じテーマを扱ったものがありました。
聖書に出てくる「トビト記」です。

ベルナルド・ストロッツィの『トビトの治癒』では
失明したトビトに息子のトビアが
魚の内臓を使って治療に当たっている場面が描かれていた。


後半のクロード・ロランの『トビアと天使のいる風景』では
描かれている場面が違っていました。
トビアは花嫁に魚の心臓と肝臓を
父には魚の胆のうを使ったとされていました。


また対作品では、ホントホルストの
『陽気なリュート弾き』と『陽気なヴァイオリン弾き』がありました。

バロック絵画の典型的な特徴を持ち合わせた
暗い背景に立体的に浮かび上がる陽気な男女たち。


この他にもその時代好まれたテーマを主題とした作品や
一見なんてことはない風俗画から
その裏に秘められた画家の表現したかったものを
読み取る楽しみがある作品など面白いものが沢山ありました。



開催が決定したときから、すっごく楽しみにしていた
大エルミタージュ美術館展。

混雑もなくあれだけゆっくり鑑賞したのに
僅か1時間半程で見て回れた。

理想的な鑑賞スタイルで満足して帰ってきました。



//////////////////////////////////////////

この日の六本木はとても暖かな気候でした。

六本木ヒルズ

六本木ヒルズに着くと、チューリップの花が沢山咲いてました。

この辺りは始業時間が遅めの会社が多いからか
ラッシュを避けられると思っていたのに
どっこい電車は激混み!
通勤ラッシュに思いっきりぶつかってしまった。


六本木までの僅かな乗車時間でしたが
激混み電車のストレスを癒してくれるような
花と洗練された風景。



六本木ヒルズ 展望

美術館がある52階からの眺め。

鑑賞後はここに座ってしばらく休憩。


森アーツセンターギャラリーは
沢山行く機会がある美術館ではないのだけど
いいものをやるときは私の好みにドンピシャで
本当にいい内容の展覧会をやってくれます。

次はいついくのか未定ですが
これまで見に行ったような極上の展覧会を
やってくれることを期待してます。

                         
                                  
        

大混雑!ミュシャ展@国立新美術館 行かれる方はお早めに

category - 美術・展覧会レポート
2017/ 03/ 23
                 
六本木にある国立新美術館で行われている
「ミュシャ展」へ行ってきました。

ミュシャ展 国立新美術館

この展覧会の会期は3月8日から6月5日まで。

外の看板は青が印象的な
「原故郷のスラヴ民族」です。

ミュシャ展 国立新美術館

国立新美術館では「ミュシャ展」の他にも
「草間彌生展 わが永遠の魂」が行われています。


ミュシャ展 スラブ叙事詩

2Eのミュシャ展の入口前には
今回のみどころである『スラヴ叙事詩』のひとつ
≪東ローマ皇帝として戴冠する
セルビア皇帝ステファン・ドゥシャン≫ 1923年が
実物大のスクリーンとなって飾られています。
大きさは405×480cmという巨大サイズ。


*******************************************
アール・ヌーヴォーを代表するミュシャ
*******************************************

アルフォンス・ミュシャ(1860~1939)は
オーストリア領のモラヴィア(現在のチェコ)生まれ。

ウィーンで働きながら夜は美術学校で学び、
その後パトロンを得て、ミュンヘン美術院を卒業します。


20代後半にはパリに渡り絵を学びます。
なかなかその才能を発揮する機会に恵まれませんでしたが
34歳の時に千載一遇のチャンスが訪れます。

女優のサラ・ベルナール主演の舞台「ジスモンダ」の
ポスターを手がけるということでした。


本当に人生の転機というものは
いつどこで訪れるのかわからない。



ベルナールがポスターの発注をしようとした時期が
年の瀬で多くの画家たちはクリスマス休暇でパリにはいなかった。
そのため飛び込みのような形である印刷所に駆け込む。
そこにはミュシャしかいなかったため
ビッグチャンスを手にしたといわれています。


ミュシャ ジスモンダ

≪ジスモンダ≫ アルフォンス・ミュシャ 1895年

このポスターが好評で無名だったミュシャは一夜にして成功を収めるのです。
以降は6年に渡りサラ・ベルナールのポスターを制作することとなる。



ミュシャが表現する優雅で美しい女性や花などは
とても可憐で一目見ただけで親しみやすさを覚えます。

ミュシャ 四つの花

≪四つの花≫ アルフォンス・ミュシャ 1897年

画像では繋がっていますが、それぞれは独立した作品となっていて
左から「カーネーション」「ユリ」「バラ」「アイリス」となっています。



パリで着実にそのキャリアを歩んでいたミュシャですが
残りの人生をわが民族スラヴのためにささげようと
50歳で故郷のチェコへ帰ることとなります。

自身のルーツでもあるスラヴ民族をテーマにした作品を
ズビロフ城にアトリエを構え1910年から1926(8)年頃にかけて
精力的に制作していきます。

「スラヴ叙事詩」がようやっと完成した頃
時代はすでに移り変わっており
ミュシャの作品は思った程の評価を得られませんでした。

チェコは製作期間中にチェコスロバキア共和国となって
すでに独立を果たしており、近代的国家となった祖国では
若い世代の画家たちが台頭していたのです。


それらの作風は古い世代のミシャの描くものとは異なっていました。
長い制作期間中に時代の流れも
人が求めるモノも大きな変化を遂げていたのです。


その後はモラフスキー・クルムロフ城にて夏季のみ公開されていたものの
ほとんど人の目に触れる機会あありませんでした。



スラヴ叙事詩 プラハ国立美術館

しかし、2012年プラハ国立美術館のヴェレトゥルジュニー宮殿
(見本市宮殿)にて全20点が公開されました。




そして、今回日本でも「スラヴ叙事詩」の全作品が来日して
国立新美術館にて公開されることとなったのです。

「スラヴ叙事詩」の20作品は全てが大型で
一挙に見れるというのは大変貴重な機会なのです。

パリで名前を知られるようになったため”ミュシャ”と表記されていますが
「スラヴ叙事詩」ではチェコ語の発音に基づき”ムハ”と表記されています。



会場に入るとまず「スラヴ叙事詩」がありました。
最初にこれを持ってくるとは意外でした。

全20点とはいえ、一つひとつが大きいですから
展示スペースのほとんどを占拠している状態です。

原故郷のスラヴ民族


「スラヴ叙事詩」1
≪原故郷のスラヴ民族≫ アルフォンス・ミュシャ(ムハ) 1912年


展示場に足を踏み入れると左手に
610×810cmの『スラヴ叙事詩』の第1作目
「原故郷のスラヴ民族」が目に飛び込んできます。


そのデカサだけでもインパクト大なのですが
幻想的な青い背景にちりばめられた星の数々。

手前には後方から迫ってくる他民族から姿を隠すようにした
スラヴ民族の男女がいます。
まるで今にも飛び出しそうな大きな眼には
侵入者への恐怖が見て取れる。
人物の足元には鎌のようなものがある。

背後にいる侵入者たちは大きな叫び声をあげて大勢で
勢いよく攻めてきている様子が伝わってきます。

一見、その背景から神秘的である種美しさも感じるのだが
そこに描かれているスラヴ民族や侵入者たちを
よくよく見てみるとそのテーマからか
寂しさや悲しさ、攻め手から逃れる苦しさを感じる
という風に印象が変化してくる。




イヴァンチツェの兄弟学校
スラヴ叙事詩 イヴァンチツェの兄弟学校

「スラヴ叙事詩」15
≪イヴァンチツェの兄弟学校≫ アルフォンス・ミュシャ(ムハ) 1914年
(上:下部左、下:下部右 いずれも部分)


ミュシャの故郷、イヴァンチツェが舞台。
15世紀にチェコの宗教改革活動を主導した兄弟学校は
16世紀になるとイヴァンチツェに拠点を定めた。
チェコ語に翻訳した聖書を印刷しました。
校庭では聖書の初刷りを確認する人たちが描かれている。

上の画像では、盲目の老人に聖書を読んであげている少年の様子。

イヴァンチツェの兄弟学校 ムハ

この少年は若い頃の画家本人がモデルとなっています。





聖アトス山 ムハ
スラヴ叙事詩 聖アトス山
聖アトス山 ミュシャ

「スラヴ叙事詩」17
≪聖アトス山≫ アルフォンス・ミュシャ(ムハ) 1926年
(上:上部中央、下:上部右、下部左 いずれも部分)

女人禁制といわれる聖アトス山ですが
聖母マリアはこの地で亡くなったと言われているそうです。
この山の周辺には多くの修道院があります。

絵は上部が天上界、下部が地上界を表現しており
上の画像、天上界には4つのスラヴ系の修道院の
模型を持つ天使たちが浮かんでいる。

地上界では巡礼者たちが祈りをささげる様子が描かれています。






スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い ミュシャ
スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い ムハ
スラヴ叙事詩 スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い

「スラヴ叙事詩」18
≪スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い≫
アルフォンス・ミュシャ(ムハ) 1926年 未完成
(上:下部左、下:下部中央、下部右 いずれも部分)


オムラジナ会は1870年代にチェコの青年たちによって結成されたが
20世紀初頭には愛国主義的な活動から弾圧されたのだという。
ミュシャは彼らの精神に共感しテーマに選びました。

真ん中の画像は菩提樹に座るスラヴ民族の自由の女神スラヴィアをバックに
オムラジナ会の若者たちが輪をなして膝立ちしています。

上の写真でハーブを奏でている少女はミュシャの娘ヤロスラヴァ、
下で裸体になっている少年は息子のイジーをモデルとしています。

「スラヴ叙事詩」の中で、この作品のみが未完成となっています。





ロシアの農奴制廃止 ムハ
スラヴ叙事詩 ロシアの農奴制廃止

「スラヴ叙事詩」19
≪ロシアの農奴制廃止≫ アルフォンス・ミュシャ(ムハ) 1914年
(上:下部左、下:下部中央 いずれも部分)

「スラヴ叙事詩」の制作資金を提供した実業家の
チャールズ・R・クレインの意向によって描かれた作品。

連作の中で唯一ロシアが舞台となったものだ。

ロシアでは他のヨーロッパ諸国に遅れて
1861年に農奴制が廃止されました。

モスクワの”赤の広場”で自由を告げられた農民たちが
佇んでいる様子が描かれている。
ようやく支配から解放されたもののまだ実感がわかない。
ロシアの厳しい寒さを背景が、農民たちの戸惑いの面持を
際立たせているように感じる。





スラヴ叙事詩 スラヴ民族の賛歌
ミュシャ スラヴ民族の賛歌

「スラヴ叙事詩」20
≪スラヴ民族の賛歌≫ アルフォンス・ミュシャ(ムハ) 1926年
(上:上部、下:中央部右 いずれも部分)


スラヴ叙事詩最後の作品。

民族自決を求めたスラヴ人たちの闘いを4つの色で表現している。

上の画像に見える赤はフス戦争とスラヴ民族の勢力拡大を
黒い部分はスラヴの敵を描くことによって弾圧の時代を
黄色で描かれた人物たちはスラヴに自由と平和がもたらされたことを
表現している。

画像はありませんが一番右下には青の人物たちがいて
スラヴ神話の時代が描かれていた。



ミュシャ展

「スラヴ叙事詩」の章は一部に限り撮影可能となっています。



今回、どちらかというとスラヴ叙事詩以外のものが目当てでしたが
大作を目の当たりにして意識がかわりました。

ミュシャの自身のルーツに対する真摯な思い、向き合い方が
作品を通じてズンと胸に響いてきたのです。


時代や国も違うのですが、私自身も育ってきた
都心のごく狭いエリアに似たような感情を抱いており
自分の内側にダイレクトに突き刺さるような感覚がありました。



過ぎ去っていった時代への寂しさにも似た感情
時の経過とともに失われたもの、未だに残っているもの
亡くなっていった人々、存命で未だに交流がある人たち
ない人たち・・・・


いろんな思いが自分の中に深く刻み込まれていて
日常生活の中で日々それらを感じています。


自分のルーツを思い返すとき自然と湧き上がってくる感謝の気持ち。
改めて生まれてきた年も、育ってきた場所も
出会った人々も含めすべてが良いタイミングで
何もかもがうまくいっている。

多くの人々や出来事に支えられているからこそ
今の自分があると思うと
故郷への愛というのはより深まってきている。


名声を得たミュシャが晩年、何としても表現したかった
自身のルーツであるスラヴ。
その想いがひしひしと伝わってきて
本当に行って良かったと思いました。



「スラヴ叙事詩」が終わると4つの章に区切られて作品が展示されています。

おすすめは「ミュシャとアール・ヌーヴォー」の章です。
ここに鉛筆画の自画像をはじめ、「四つの花」や
「ジスモンダ」などの舞台用ポスターなどがあります。


「独立のための闘い」ではミュシャの妻をモデルとした
「ヒヤシンス娘」があります。


ミュシャ ヒヤシンス娘

≪ヒヤシンス娘≫ アルフォンス・ミュシャ 1911年


これはミュシャのスラヴ人の妻をモデルとしているため
スラヴの丸い顔立ちやふくよかさが表現されています。

「四つの花」の女性たちはスタイリッシュで洗練されているが
「ヒヤシンス娘」は女性のおおらかさや安定感が
伝わってくるかんじがしました。




//////////////////////////////////////////////
ミュシャ展 混雑状況
//////////////////////////////////////////////


まずこの日うっかりしてたのは3連休の中日ということを忘れていたこと。
ど真ん中の日曜日は3連休の人たちにとっては出かけやすい日だったのだろう。

それと、ミュシャ展が思ったより人気が高かったことに加え
草間彌生展がめちゃくちゃ人気を集めていたということを
知らなかったのも誤算でした。


なんせ美術館の敷地に足を踏み入れる前に見えてきたのは黒山のひとだかり。
ハンパなく人がいる。


国立新美術館


普段美術展を訪れる客だけでなく一般層が多いことは
チケット売り場の行列と客層からわかった。


六本木国立新美術館


ミュシャと草間彌生、どっちの客なんだろう?
雰囲気から草間彌生っぽいが。

草間彌生 わが永遠の魂



カンは当たってチケ売り場は草間彌生が多く
1階の「草間彌生展」の入口にも長ーい列が出来ていた。

安心して2階へ向かうが入場制限こそなかったものの
ミュシャ展もメチャ混んでました。。。

まぁ混んでいれば混んでいるなりの廻り方をすりゃあいい。

ということで2時間ほどで無事ミュシャ展を見終わることが出来た。
グッズも見たかったのだが、こちらも人だかりがすごく
さっと見て帰ってきた。


私が帰る頃にはミュシャ展でも20分待ちの入場制限が設けられていました。


混雑はいやだが、ライトな層や一般層にも興味をもってもらわないと
この業界も潤わないし、テレビなのか雑誌なのかネットなのかわからないが
なんらかのプロモーションによって行ってみようと
足を運んでくれるお客さんは多いほうがいい。


個人的には落ち着いてみたいので
美術館巡りをしなれているお客が多い方が
互いの鑑賞を妨げないよう配慮してくれるので
常識をもったコアな層だけの方がありがたいですが。


それでも、両展覧会の勢いや熱気を感じられたので
前向きに良かったと思っています。




3月8日に始まってから約10日後という
早い時期に訪れたものの
予想外の混雑に面食らってしまったが
無事に見ることが出来てよかった。



去年から楽しみにしていた「ミュシャ展」ですが
こんな感じで楽しんできました。


この調子だとどちらの展覧会も
今後は混んでいく可能性が高そうなので
行く予定がある方はなるべく早い時期に行くほうがいいかと思います。

                         
                                  
        

早熟で早逝フランス・ロマン主義の画家シャセリオー展@国立西洋美術館

category - 美術・展覧会レポート
2017/ 03/ 18
                 
先日、上野にある国立西洋美術館へ
「シャセリオー展」を見に行ってきました。

シャセリオー展

前日までの曇りから一転、晴れて気持ちの良い一日となりました。
上野公園は通らなかったのですが晴天だっただけにちょっと残念。
次回以降花見が出来そうなタイミングで訪れたら
公園をブラブラするのもいいかもしれない。

国立西洋美術館 ロダン

前庭にあるロダンの彫刻「弓をひくヘラクレス」
美術館の中へ入らなくてもロダンの作品を
いくつか見ることができます。


シャセリオー展自画像

チケット売り場前の看板は本人の自画像。


シャセリオー展

中へ入り地下の展示室へ向かいます。


国立西洋美術館

1階から庭を眺めたところ。
まだ午前中とあって日陰は寒く感じたものの
日差しはとても穏やかで気持ちが良い。


国立西洋美術館シャセリオー展

≪カバリュス嬢の肖像≫ テオドール・シャセリオー 1848年

今回のチラシにも使用されていた
「カバリュス嬢の肖像」です。
淡い色彩の背景に華やかな髪飾りとブーケが
まだ若いカバリュス嬢の美しさをより引き立てています。

芯がしっかりしてそうなこの女性は
当時一番美しい女性のひとりとして知られていたそうです。



シャセリオー自画像

≪自画像≫ テオドール・シャセリオー 1835年

こちらが若き日のシャセリオーです。

実はこの展覧会でシャセリオーを初めて知りました。
これまでも彼の作品は目にする機会があったのかもしれませんが
シャセリオーという画家をきちんと認識したのは
去年この展覧会が開催されるということを知ったときだったのです。


彼の師や影響を受けた画家たち、それらの作品も知っていたのに
シャセリオーその人については全く知らなかった。


なんせ今回が日本で初めて本格的に紹介されるというもの。
日本ではなかなかスポットが当たらなかった画家のようで
美術好きでも私と同じような方も沢山いらっしゃるでしょうね。


そこで、自分がシャセリオーの知識を深める意味もこめて
彼の経歴を簡単にご紹介いたします。



*******************************************
19世紀フランス・ロマン主義の画家シャセリオー
*******************************************


テオドール・シャセリオー(1819~1856年)は
カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島のサマナで
フランス人の父とクレオールの地主の娘である母との間に生まれます。


その1、2年後にはパリへ移り、絵に目覚めるのです。
大変早熟な画家だったようで11歳という若さでドミニク・アングルの弟子となります。
アングルからも「この子は絵画界のナポレオンになる」と太鼓判を押されたほど。


ドラクロワなどのロマン主義に対抗して、古典主義を継承していたアングルの元で
学んでいたシャセリオーですが、アングルがフランス・アカデミー院長を
務めるためパリを離れるとシャセリオーはロマン主義の潮流の中で
次第にロマン主義へと傾向していきます。


そして、わずか16歳でサロンに最初の絵の出品をしました。
この時は4点が入選し、その才能を高く評価されます。

20歳のシャセリオーは、ローマに旅行した際にアングルと再会するが
シャセリオーがロマン主義に目覚めていった事を面白く思うはずもなく師弟関係は解消されたのです。

その翌年には、サン・メリ教会の礼拝堂の壁画注文を受け2年後に公開されています。


順調に人生を歩んでいるかに見えたシャセリオーですが
25歳の時に父・ブノワがプエルトリコで自殺するという
大変ショッキングな出来事が起こってしまうのです。
若いシャセリオーがどのような苦悩を抱えていたか
想像に難くないですね。



翌年シャセリオーはにアルジェリアを訪れています。
彼がなぜこの地を選んだのか、父の死の影響が
どのように彼の心に影をおとしていたのか
そのあたり個人的に関係がありそうでもっと深く知りたいところです。


アルジェリアを旅したことで、現地の人々や風物を描きエキゾチックな作品にも取り組み始めます。


20代後半には、現在オルセー美術館がある場所に建てられていた
フランス会計検査院の大階段の装飾画も手掛けるのですが
3年後に起きた火災によって大きな損害を受けてしまうことになり
復原されたわずかな断片がルーブル美術館に残されているだけとなっています。



シャセリオーは当時美人で有名な女優のアリス・オジーとの恋愛もあり
彼のミューズ的な存在ともなっています。

アリスはシャセリオーと交際する前に
「私のように美しい女性と付き合うにはあなたはあまりにも醜すぎる」と
言ったというエピソードがあります。
アリス自身はこの発言を否定してますが。

シャセリオーの肖像画は16歳ころのものなので
アリスと出会った頃のシャセリオーの風貌がどのようなものか
知る由もありませんが、この発言が本当なら
アリスがどうしてシャセリオーと付き合う気になったのか
女心の変化も興味があるところです。


この美しく抜群のプロポーションを持つアリスをモデルとした絵では
「泉のほとりで眠るニンフ」という作品があります。
第2章の「ロマン主義へ-文学と演劇」で展示されています。


乾いた樹木と葉が見える暗めの森の前の草むらに
自ら身につけていた着衣でしょうか
淡いサーモンピンクの布の上にアリスがモデルのニンフが横たわり
その裸体を惜しげもなく晒しています。

まろやかな乳房を持つ抜群のプロポーション。
その美貌に自信をもっている表情の若い女性は
両腕を頭の上に組み、まぶたを落とし
全開になったわきの下に腋毛をはやしています。

光はその肢体と手前の彩のある草を照らし
深い森を背景にニンフを穏やかに浮かび上がらせている。

ニンフといいながらも腋毛があるということで
同時代の女性のヌードであることがわかります。


恋多き女アリスとの恋愛関係は数年で終止符を打つことになります。

この頃のシャセリオーは、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを授与されている。


以降、サン・ロック教会の壁画を手掛けたり
パリの万国博覧会に出品したりと
芸術活動を進めていくのですが
もともと体が弱かったのでしょうか
わずか37歳という若さでこの世を去ることになります。




シャセリオーから影響を受けた画家として
ギュスターヴ・モローを挙げていました。

これまで常設展で何度も目にしていたモローの
「牢獄のサロメ」がシャセリオーの連作「オセロ」の中の
『もし私があなたより先に死んだら…』の影響を受けている
ということで展示されていました。

比べてみると「なるほど・・・」という感じで
見慣れていた「牢獄のサロメ」を
新たな視点で楽しむことが出来た。


連作についてはシャセリオーの「オセロ」の他に
ドラクロワの「ハムレット」も展示されていました。




アポロンとダフネ

≪アポロンとダフネ≫ テオドール・シャセリオー 1845年

ギリシア神話の「アポロンとダフネ」
ダフネに恋したアポロンはダフネを追いかけるが
それから逃れたいダフネは神に自分の姿を変えてくれるよう祈る。

神がその願いを聞き入れたとき
ダフネは足元から月桂樹の木となっていくのである。


この絵はまさにその瞬間
ダフネの足が月桂樹と変わっていき
表情までも失われていく。
アポロンはダフネに縋りついて
その変化を嘆いています。


気絶したマゼッパを見つけるコサックの娘

≪気絶したマゼッパを見つけるコサックの娘≫ テオドール・シャセリオー 1851年


アルジェリアを実際に訪れた頃の作品もあった中
こちらは帰国後だいぶ経ってから書かれた作品。

娘の顔立ちと衣装、背景にその影響がみてとれます。
実際シャセリオーは異国の衣装や装飾品などにも
深く興味をもっていたようです。


異国文化に触れたという繋がりで面白かったのは
印象派のオーギュスト・ルノワールの
「ロバに乗ったアラブ人たち」がありました。
この頃、我々が抱く印象派の技法に疑問を抱き始めていたということで
そういうルノアールの心境の変化とともに見るとさらに面白くなります。


またヨーロッパ人が異国文化に触れて刺激を受けるという点では
19世紀のイギリスで誕生したラファエル前派を
代表する画家のひとりであったウィリアム・ホルマン・ハントが
異国を旅した時に描いた絵を見た時と同じ印象を受けました。


そのほか前述した会計検査院の装飾壁画の断片も
終盤に公開されています。


去年までは知ることもなかった画家シャセリオーですが
見に行く価値がありそうだという話になり
行って良かったと思います。

もともとロマン主義自体はあまり興味がなかったので
これを機にもっと深く知っていくのもいいですね。


                         
                                  
        

「三井家のおひなさま」@三井記念美術館とカフェと丸善の陶磁器展

category - 美術・展覧会レポート
2017/ 03/ 13
                 
ひな祭りから1週間後になってしまいましたが
三井記念美術館で行われている
「三井家のおひなさま」展へ行ってきました。

三井記念美術館

開館30分後位に行ったのですが
平日の早い時間でしたが
予想以上に人が来ていました。


三井家のおひなさま

意外と人気があるんですね。


映像コーナーでは、三井家の歩みや
茶の湯など約5~10分程度のものが
3つほど流れていました。


茶の湯では実際にどのように進行していくのかが
再現されていました。


もうひとつの映像、三井家の歴史ですが
今年の正月にエドハクの常設展で見た
三井越後屋の様子も解説されていました。

そちらでも書きましたが
実際に客が商品を手に取り購入することが出来る
「店前売(たなさきうり)」や現金払いについて触れられていて
エドハクと今回の展覧会のシンクロが面白かったです。


今回は特集展示として三井家の別荘であった
「城山荘」の思い出として
約38000坪の別荘地を三井家の人たちが
訪れた貴重な映像や写真の数々があり
改めて当時の三井家の勢いを感じることができた。

また古材を利用して建てられたという
ところにも人間性を感じました。


現在は愛知県に移設された茶室「如庵」も再現されています。
重要文化財である「粉引茶碗」や水差しなど
茶道具も楽しむことができます。



展覧会のメインである「おひなさま」たち。
展示室4から5にかけて展示されています。

大きく豪華なものから、小さくてかわいらしいものまで
いろんな表情をもったお人形や雛道具がありました。


普通の7段飾り置くだけでもうちは一部屋つぶれちゃうのに
それを上回る位の豪華なひな壇に圧倒されました。


おひなさまは私の永遠の憧れなだけに
ひな人形や、雛道具は見ているだけで幸せな気分に浸れた。




次郎左衛門雛

「次郎左衛門雛」

三井鋹子(北三井家十一代高公夫人)の旧蔵品。
二代永德齋製のもので、真ん丸な顔が印象的。


立雛

「立雛」

三井苞子(北三井家十代高棟夫人)の旧蔵品。



これは面白い立っているお雛様。
子どもの頃和紙でお雛様を作ろうとしたことがあって
その時の形とよく似ていたので懐かしくなりました。



展覧会自体は1時間もあれば見れるのですが
今回は10分×2本の映像をみたので
すべて見終わったのは12時頃。



ミュージアムカフェ

本当は同じ階にあるミュージアムカフェで
ランチをとりたかったのですが
メニューが変更になっていました。


いくらと菜の花の桜寿司

前回は豚の角煮定食にしたのですが
今回お目当てだった「ずわい蟹の温寿司」は
「いくらと菜の花の桜寿司」に変わってました。


写真で見ると苦手な生うにがあるので
お雛様を意識した限定メニューの
甘味セットはひかれたのですが・・・
ブラブラ歩きながらお店を探すことになりました。






去年みつけたローストビーフ丼があるお店も
なんとなくやめて直観に従って日本橋方向へ歩いてみることにした。




そして、昼食後は本が読みたくなり丸善へ行きました。
偶然訪れた3階のギャラリーでは
「近現代巨匠陶芸展」が行われていました。

ここでは作品を購入できるようで価格も提示されていたのですが
私の見る目も養われてきたのでしょうか?
これは価値があるなと思った茶碗の
大雑把な値付けが割とあっていてご満悦でした(笑)。


生家がもともとこういうものが好きで
囲まれて暮らしてきたというのもありますが
やはり見続けているうちに
自然とわかるようになってきたのかなと思います。



平日でしたがゆったりと楽しむことが出来良い一日でした。