FC2ブログ
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

鹿島アントラーズ

        

2020リーグ第8節 大分トリニータ戦 エヴェラウドがハットトリックで大爆発

category - 鹿島アントラーズ
2020/ 08/ 02
                 
■Jリーグ 第8節 鹿島アントラーズ 4 - 1 大分トリニータ
2020年8月1日(土) 昭和電工ドーム大分 19:03キックオフ/4,225人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 広瀬 陸斗、犬飼 智也、町田 浩樹、永戸 勝也
MF レオ シルバ、三竿 健斗、遠藤 康、和泉 竜司
FW 土居 聖真、エヴェラウド

【控え】
GK 沖 悠哉
DF 関川 郁万
MF 永木 亮太、荒木 遼太郎、白崎 凌兵
FW 伊藤 翔、染野 唯月


【得  点】 15分、40分、55分 エヴェラウド、90+5分 伊藤 翔

【交  代】 84分 遠藤 → 白崎 、88分 レオ → 永木、90+3分 エヴェラウド → 伊藤、90+3分 土居 → 荒木




横浜戦に続いて、またしても4点取って勝ってしまった。
相手が大分で守備が堅いイメージがあったのでこれは意外な結果。
もちろん相手の状況がどうであれすっごく嬉しい!


(といいつつ、早くも夏バテしててかなり疲れて集中力なく流し見だったんで
いろいろ見落としあったりという緩い観戦だったんですけどね



しかも、点を取るべき人エヴェラウドがハットトリックですからね嬉しくないわけがない。
それにあのまま終わるかと思った終了間際に交代で入ってきた選手たちの活躍で
翔にも今季初ゴールが生まれてだんだんにツキが出て来た感じがする。


翔はベテランの風格は醸し出していて口は滑らかでいいんですが、肝心のゴールがなぁと不満に思っていたら
あんなにアッサリと決めてしまうとはね。
でも、決めたときなんか翔らしい取り方だとも思ってしまった。


移籍してきた時、いい意味で予想を裏切ってポンポン点を取ってくれた。
またあのときのような輝きを見せて欲しい。


そうそう、ベテランって言えばソガが久しぶりにスタメン出場。
確かに衰えは見えて来た部分はあるけども、今年のように負けが続き1回勝ったとしても安定しないシチュエーションでは
チームを落ち着かせるために経験豊富なソガの存在が必要となるのはわかる気がする。


遠藤もあれを決めなきゃダメでしょ!ってのを外してがっかりもさせられたが
同じく優勝経験のあるベテラン選手として、また今のチームでゲーム落ち着かせたりアクセントになったりする選手として
活躍してくれているのは嬉しい。


寄せ集め感がある今のチームにとって本当に必要よね。
満男とはタイプの違う二人だけど、それぞれの個性を持ってチームを引っ張ったりまとめてくれたらいいなと。


あと、クラウドファンディングですが最終的に127,310,000円も集まったんですね。
私なんか少額だったけど、100万とか突っ込んでいる人スゴイ!


さて、昨日は終了後にザーゴがベンチにいた沖に何やら声をかけて抱き寄せてましたが
次のカップ戦は沖に出番があるかな?
昨日は荒木も短い時間で点に繋がるいい仕事をしてくれたしリーグに出ていない選手たちが見たいですね。
そして、奈良も一度はベンチに入ったのに昨日もベンチ外。
怪我でないならば彼のプレイもぜひ見たい。



といいつつウイークデーと言うこともあり試合は見れそうにないのだがダイジェストなんかあればチェックしたい。


お次のリーグ戦はリアルタイムでは微妙なところだけどDAZN観戦する予定です。
ここから順位を上げていきましょう!




            
スポンサーサイト



            
                                  
        

2020リーグ第7節 FC東京戦

category - 鹿島アントラーズ
2020/ 07/ 27
                 
■Jリーグ 第7節 鹿島アントラーズ 2 - 2 FC東京
2020年7月26日(日) カシマサッカースタジアム 18:33キックオフ/3,027人

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 広瀬 陸斗、犬飼 智也、町田 浩樹、永戸 勝也
MF 三竿 健斗、レオ シルバ、ファン アラーノ、遠藤 康
FW エヴェラウド、伊藤 翔

【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 関川 郁万
MF 永木 亮太、土居 聖真、和泉 竜司、白崎 凌兵
FW 染野 唯月


【得  点】 34分 エヴェラウド、75分 土居 聖真

【交  代】 67分 アラーノ → 和泉 、67分 伊藤 → 土居、84分 レオ → 永木



この間最下位から脱出したと思ったらまたしても落ちていた。
だけど、終盤苦戦していたクラウドファンディングはここへきてようやっと1億円達成したんですね。
良かった。
試合結果がこんな感じだし、ある時からガクッと動きが悪くなって心配していただけに安心した。



昨日はその前の湘南戦のやる気のないように見える試合内容からするとよかったかな。
FC東京ペースだった前半で広瀬のクロスをエヴェが決めて先制点は嬉しかった。
エヴェラウドがチームにフィットしてきたのは大きい。
見るたびにゴールの匂いがするようになってきた。
また、広瀬のクロスもお見事でした。


そんな中で、セットプレーから立て続けの失点で現実に引き戻された。
「鹿島のセットプレー」って売りだったのに、いつの間にかそうではなくなってきてしまった。
攻める時には決まらず、守るときにはやられてしまうというイメージがすっかり定着してしまった。


あんなにセットプレーでやられていたら、勝てる試合も勝てなくなってしまうよ!
もう、最近ではセットプレーは毎回やられるんじゃないかと思ってヒヤヒヤしてしまい画面を凝視できない。



今日読んだサッカーマガジンのWeb記事で、守備のセットプレーは練習すればするほど失点してしまうって
一体どんな練習をしているんだろうか。
昨日も前半終了間際にトントンと立て続けに失点ですからね。
本当に頼みますよ。



しかし、後半はこのところの鹿島では珍しく追いつく前から「いけるんじゃないか!」っていう気にさせてくれた。
犬飼ワンちゃんのスルスルあがっていくとこやら、エヴェのバイシクルやら遠藤のおっしいループやらで
かなりアツくなって応援してしまった。   


あやせが負傷でしばらく出てこれないけど次回はどんなメンバーになるんだろうか。
スタメンに伊藤翔ってのが萎えるんだが。
加入当初の輝きはどこへやらで、最後に点を取ったのがいつだかも覚えてないくらい。


インタビュー記事なんかではさすがベテランといったかんじで話してるんだけど
試合でそれを見せて下さいよと思ってしまいますね。


次回は8月ということでポンポンと試合が続きますので体調不良、怪我などないようにして
また気持ちが入り込んでしまうアツイ試合を期待します。








                         
                                  
        

2020リーグ第5節 横浜Fマリノス戦 今シーズンの公式戦初勝利!

category - 鹿島アントラーズ
2020/ 07/ 19
                 
■Jリーグ 第5節 鹿島アントラーズ 4 - 2 横浜Fマリノス
2020年7月18日(土) カシマサッカースタジアム 18:03キックオフ/3,090人

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 広瀬 陸斗、犬飼 智也、町田 浩樹、永戸 勝也
MF 三竿 健斗、レオ シルバ、ファン アラーノ、遠藤 康
FW エヴェラウド、上田 綺世

【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 奈良 竜樹
MF 永木 亮太、土居 聖真、和泉 竜司、白崎 凌兵
FW 伊藤 翔


【得  点】 4分、58分 上田 綺世、67分 エヴェラウド、82分 白崎 凌兵

【交  代】 53分 三竿 → 永木 、71分 アラーノ → 土居、71分 遠藤 → 白崎、80分 上田 → 伊藤、80分 エヴェラウド → 和泉



嬉しい嬉しい今季初勝利!
そしてようやっと最下位からも卒業。
今年公式戦では負けっぱなしだったのに、初めて下した相手が昨季の王者マリノスというのもいい。



昨日は点を取るべき人、あやせとエヴェがキッチリ決めてくれて気持ちが良い勝利でした。
前半開始してまもなくの先制点、その後追いつかれとシーソーゲームのようなスリリングさがあったが
最後途中出場のシラのダメ押しからは勝利を確信。

あれはビューティフルなループでしたが、相手のミスを逃さずに追加点決めたあたりに「鹿島」らしさを感じた。
私は相手からやっぱりしたたかで嫌な存在だって言われる鹿島が好きですね。



昨日はなんというか全体的に忘れていた鹿島らしさが垣間見えて良かったわ~。


スポーツ誌のWeb記事で読んだけど、キックオフ前にエヴェがあやせに
「自分が縦に突破したらファーにいろ」って指示したというのも鹿島らしいじゃないですか。
選手たちが自主的にコミュニケーションを取り合いそれが先制点になった。


今年は新加入のブラジル人選手たちと日本人選手があまり交流していない様子が見えたけど
時間も経ち互いの特徴などが練習や試合を通してわかってきて自主的に要求し合うって見ていて嬉しい光景。



エヴェもJ初ゴールおめでとう!
フィジカルも強そうだしゴールもしたし、彼の得意な形がこれからも活かせれば得点上げたり絡んだりする姿が沢山見れそうだ。
なんだかんだ言ったけどアラーノともども期待してます。


ザーゴ監督も初勝利おめでとう。
連敗の中、プレッシャーもきつかったと思う。
なんかのインタビューで語っていたように、シーズンの終わりには優勝争いに絡んでいることを望みます。


まーとにかく勝ててホッとしたしスッキリした。
昨日スタジアムへ行った方々もお疲れさまでした。
私も見に行きたかったなーと強烈に思ったけど東京人なんでおそらく今年は自粛で見に行けないだろうなぁ。
なので行かれた方々が羨ましかったです。


まだまだこれから過酷な試合が続きますが次も勝ってどんどん順位を上げていきましょう。




                         
                                  
        

2020リーグ第4節 浦和レッズ戦

category - 鹿島アントラーズ
2020/ 07/ 13
                 
■Jリーグ 第4節 鹿島アントラーズ 0 - 1 浦和レッズ
2020年7月12日(日) 埼玉スタジアム2002 19:04キックオフ/3,094人

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 広瀬 陸斗、犬飼 智也、町田 浩樹、永戸 勝也
MF 三竿 健斗、永木 亮太、染野 唯月、和泉 竜司
FW ファン アラーノ、伊藤 翔

【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 杉岡 大暉
MF 遠藤 康、レオ シルバ、荒木 遼太郎、白崎 凌兵
FW 上田 綺世


【得  点】 なし

【交  代】 57分 染野 → 白崎 、67分 永木 → 遠藤、67分 伊藤 → 上田、80分 和泉 → 荒木、80分 永戸 → 杉岡




「あー、やっぱりな」といった感じで早くも負け慣れしてきました!


実は札幌戦も試合の翌日に記事を書いてエントリーしようとしたのですがあまりにもネガティブな印象が強くなってしまい
読んだ方も気持ちが重くなってしまうかしら?と考えて記事を消去してしまいました。


あの時はやる気が見えないまま負けたチームが情けなくて思わず批判的なことを書き連ねてしまったけど
数日たつと「チームが大きく変わった時に結果がついてこないとしてももう少し温かく見守った方がいいのではないか」という気持ちが起こり
札幌戦は書いた記事を消してしまい次の浦和戦で光が見えたら少しでも明るい気持ちで記事を書いた方がいいと思ったんですね。


でも、浦和戦が終わって見れば札幌戦のネガ記事をそのまま公開しちゃっても良かったと思っている。
試合後の感想としては微妙な違いはあれどどちらの時も大して変わりはないから。



今の鹿島は名前こそ鹿島アントラーズだけど中身は全く別物になってしまいましたね。


監督は後半は自分たちの方がゲームを支配していたといってますが、そうは見えなかったんですけどね~。
相手は後半に早い段階で先制したんで、無理に点を取りに行く必要もなかったわけで。



昨日は杉岡が最後の方で出場しましたが、ベンチにも入っていない奈良って怪我なのかしら?
そうでないならマチの代わりに使ってみて欲しいなぁ。
マチってザーゴになる前からもチャンスをもらっていながらも成長が見れなくてどこがいいのかさっぱりわかりません。
それに毎回のようにカード貰ってますよね。


あとはエヴェにアラーノ。
どちらも枠使う助っ人としては物足りないと思っていたのですが、エヴェは左サイドでのいい動きが見られたので少し期待していたんですが
何故か監督はエヴェを外してかみ合わないアラーノを使い続けているのも疑問。


エヴェも怪我したっていうんならしょうがないが、そうでないなら何故今回外したんだろう?
ザーゴの選手起用とか交代とかよくわからない。


しかし、今は満男みたいにチームを勝たせられる絶対的な存在がいないのでうまくいかなくなると歯止めが利かずにコロコロと負け続けてしまいますね。
チームがふがいない時にスイッチを入れてくれる選手がいない。


まぁ、部外者が外からなんやかんや言ったところで何がどうなるわけでもなく、このまま見守るor応援し続けるしかないんですが。


こんなグチをつらつらと書いていた自分が恥ずかしいって思わせてくれる位に調子を上げてくれればいいなぁ。



さて、グチグチと読みづらくてすみませんが、今日はこれから忙しく週の終わり位までは新規投稿できない状態なんでこれで公開しちゃいます。

ちなみにうちのブログでいう新規投稿とはイチから記事を書くという作業の事です。
他は大抵出来上がっている記事の公開だけなので、鹿島やグルメ記事のように
これから記事を作り上げていくというのは今はなかなか手が回らないんですね。



ということで雑文ですいませんが、今度は明るい気持ちで鹿島の事を書けることを願ってこれにておしまいにさせていただきまーす!





                         
                                  
        

2020リーグ第2節 川崎フロンターレ戦

category - 鹿島アントラーズ
2020/ 07/ 05
                 
■Jリーグ 第2節 鹿島アントラーズ 1 - 2 川崎フロンターレ
2020年7月4日(土) 等々力陸上競技場 19:03キックオフ

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 内田 篤人、犬飼 智也、町田 浩樹、永戸 勝也
MF 三竿 健斗、レオ シルバ、ファン アラーノ、和泉 竜司
FW 土居 聖真、エヴェラウド


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 広瀬 陸斗、関川 郁万
MF 永木 亮太、遠藤 康
FW 伊藤 翔、染野 唯月


【得  点】 32分 OWN GOAL

【交  代】 60分 内田 → 広瀬 、60分 土居 → 伊藤、67分 アラーノ → 遠藤、72分 レオ → 永木、72分 和泉 → 染野



待ちに待った鹿島の試合がようやく見れた!

残念ながら連敗となり最下位から抜け出すことは出来ずという結果で終わってしまいましたが…
今回はBS観戦で次回以降はテレビでやらない場合はDAZN観戦します。



今年は現地観戦を増やす予定で私のスケジュール帳には鹿島の試合の日程がメモされておりましたが
コロナ騒ぎでそれも全てオジャン。
3月より入っていたライブも4つが全て中止で6月の半ば位まではプチ引きこもりのような生活を送っていました。



私は感染者数が多い東京人なんで今年はDAZN観戦で終わりそうな気がします。
ということで毎試合パソコンの前から応援の気持ちだけ飛ばそうかと。
本当は1試合位は見に行きたいんですがねー、いろんな事を考えると全試合リモート観戦でしょうね。



あと、先月に鹿島アントラーズのクラウドファンディングに参加しました。
一億円の目標額に対し僅かではありますが少しでも力になれたらいいなと。
今見てみたらあと2500万位で目標額達成ですね!





さて、川崎戦は開始早々の1失点がデカかったですね。
オフサイドと思いますが誤審云々は別として勝てなかったという事実を受け止めたいなと思いました。
これが今の実力なんだと。


ただ川崎が相手ということでもっとコテンパンにやられるかと思っていたので
結果と試合内容に関しては意外に健闘したなと感じた。


川崎は練習試合も複数得点取って勝っているようで好調な様子に警戒をしていたが
蓋を開けてみたら調子が今一つにみえたのでどこまで参考にしたらいいかわからないけど
前半はともかく後半に関しては鹿島のいいカタチがいくつか見られてよかったかなと。



ただエヴェはじめチャンスが来た時にキッチリ決めきる力がないところが強いチームとの大きな差なんでしょうね。
そんな中でも途中出場のルーキー染野唯月はなかなか良かった。
短い時間の中でも見せ場を作ったのであとはゴールと言う結果が伴ってくれば。


あやせと共に頑張ってほしい。
個人的にはエヴェよりもあやせと唯月に期待してます。
それに今日は出てなかったけど好調の荒木や松村もね。



さあ、リーグが再開し水曜日にはまた試合がありますね。
もちろん、DAZN観戦予定です。


公式戦初勝利が見たい!!