2017/02/19
2017/02/18
2017/02/18

鹿島アントラーズ

        

今日はACLムアントン戦!

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 28
                 
今日はアウェーでのムアントン・ユナイテッドとの
試合がありますね。


土曜日はリーグの今年初めての試合でホームで負けてしまいました。
気持ちを切り替えて、勝利のために精一杯戦ってほしい。

試合当日スタメン予想でいつも読ませてもらってる茨城新聞。

鹿島、敵地で白星を ACLムアントン戦

スタメンには赤碕、健斗、レアンドロが入りそうですね。
赤崎はベンチにも入っていない状況が続いていたので
こういうときこそ結果を残して欲しい。

記事を読むと相手は攻撃力がありそうなので
赤崎起用は守備でも貢献してくれそう。


さて、時差をすっかり忘れていて今日の試合が
夜の9:30からだと昨日知りました。

やらなくてはいけないことがあるため
ながらみになりますが見る予定です。


この間の鹿島の翌日、ACLのガンバと川崎の試合をみてたんですが
それぞれ、日テレNEWS2と日テレG+でやってたんだけど
日テレNEWS24は見難いなぁと思っていたら
G+にチャンネルを切り替えたとき明らかに画質が悪くて
鹿島もG+で放送してほしいと感じました。


今夜のムアントン戦楽しみです。


            
スポンサーサイト
            
                                  
        

2017リーグ 第1節 FC東京戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 26
                 
■Jリーグ第1節 鹿島アントラーズ 0-1 FC東京
2017年2月25日(土) カシマサッカースタジアム 14:04キックオフ/28,240人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 西 大伍、昌子 源、植田 直通、山本 脩斗
MF 小笠原 満男、レオ シルバ、遠藤 康 、土居 聖真
FW 金崎 夢生、ペドロ ジュニオール


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 町田 浩樹、三竿 雄斗
MF 永木 亮太、レアンドロ、中村 充孝
FW  鈴木優磨、



【交  代】 56分 西 → 雄斗、68分 小笠原 → 永木、76分 遠藤 → 鈴木


ぬぅわぁんと、まさかの黒星発進!
ガスは相性良かったはずなのに。。。

開幕戦渋滞がすごかったらしいですが
この結果と内容で現地へ行かれた方たちお疲れさまでした。

テレビ&地上波観戦もお疲れさまでした。
ストレスが溜まりまくる試合となりましたね。
私もDAZN観戦でしたがドッと疲れたし、ガックリきました_| ̄|○


この間のACL交代させられた伊東は軽い怪我だったようですが
ベンチに入れられなかったんですかね。
ベンチのメンバーは雄斗、充孝ってところになんか期待感持てなかった。
兄の守備力ってあまりないように思うんですが・・・


西の交代はなんでだったんでしょ?
わざわざ西を下げて、山本を右にしてまで
兄を入れた理由が全くわからない。
って思っていたら足の調子が良くなかったようで。
右サイド大丈夫だろうか。


そして、あの時間帯で兄のオウンゴールってツキがないというかんじです。
あの場面は兄だけを責められることではないので
大事な初戦でやっちまったことはかわいそうでもあるのですが。


キーパーはスンテでなく、Jを熟知しているソガで良かったと思う。
後ろからの声かけという意味でもソガに軍配があがるし。



金崎、ペドロのコンビが良くなかったので
ペドロを優磨に早く代えて欲しかった。
なんか攻撃の形が作れなくて得点の匂いがしない。
まだペドロがフィットしてないなら
金崎、優磨で最初から行ってほしかった。
ベンチは充孝の分を金森に回しても良かったのでは?
プレシーズンを見て金森にも過度な期待が出来ないことは承知してますが
昨日のような引いた相手に対してドリブラーは有効なはず。



CKのチャンスが何度もあったのに
全く決まるという気配がないのも悲しかった。


スポーツ紙なんかではよく柴崎が海外移籍したが
それを補って余りある補強とは書いてありますが
やっぱり柴崎の移籍イタイと感じました、ホントに。
柴崎ロスを感じましたわ。


あと、コロコロ転がるたびに笛吹く審判
試合が切れ切れになり集中力がそがれるかんじ。


さて、昨日何よりも思ったのは

よく鹿島の選手たちが、ホームに沢山のサポーターが来てほしいと言ってますが
ならば昨日のような試合はやっちゃいかんよ。

そりゃ試合は生モノだし、相手があることだから
力を出したけど負けた試合もあるでしょう。

でも、昨日の鹿島から戦う気持ちが見えてこなかったよ。
正直何がやりたいんだかわからないし、つまらない試合だった。


私も当初、ゼロックスとガス戦とどっちいこうかなと迷っていて
同行者の都合もありゼロックスにしたのだが
正直ゼロックスにしといて良かったと
昨日行った人には大変申し訳ないがそう思ってしまった。

特に同行者が鹿サポでない場合
結果が出なかった試合、面白くない試合だと
次回以降誘うのがためらわれる。


13年程前にも海外サッカー好きな友人を誘って
カシマまで試合を見に行ったことがあるが
つまらない内容の試合で帰りのバスで
東京まで着く時間の長さを気にされたことがあってとても気を遣った。

負けても残念だったねと割り切れる内容ならまだいいのだが
そうじゃない場合スタに足を運ぶ回数も減ってきてしまう
そういう人もいるだろう。

せめて、気持ちは見せてください。


ありがたい事にすぐにACLがある。

戦うアントラーズを見たいので、スカパー観戦します。
テレビの前で応援するのでそれに応える戦いを期待しています。


                         
                                  
        

2017 ACL 第1節 蔚山現代戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 22
                 
■ACL グループステージ第1節 
鹿島アントラーズ 2-0 蔚山現代FC
2017年2月21日(火) カシマサッカースタジアム 19:00キックオフ/7,860人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF レオ シルバ、永木 亮太、中村 充孝、レアンドロ
FW 金崎 夢生、鈴木優磨


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、町田 浩樹
MF 土居 聖真 、遠藤 康 、小笠原 満男
FW ペドロ ジュニオール


【得  点】 64分 金崎 夢生、82分 鈴木 優磨


【交  代】 64分 レアンドロ → 遠藤、64分 中村 → 土居、86分 伊東 → 西


ゼロックスから6人先発メンバーを変えて臨んだ
ACLの初戦、2TOPが得点してくれ
スンテの大奮闘もあり見事完封勝利という
大変うれしい結果で終えることが出来ました!


連戦が続くので選手をどうやり繰りしてくるんだろうと
楽しみにしてたのですが2列目の充孝とレアンドロの組み合わせ良くなかったですね。

ボールがなかなか落ち着かなくてすんごくバタバタしてました。


後半その2枚を一気に変えようとしたところ
永木のCKから金崎がヘッドで決めて先制。
直後遠藤と土居が投入されました。


レアンドロは思ったよりも鹿島のサッカーに馴染むのが
早い印象を受けていたのですが
まだまだこれからといった感じですね。
前半アディショナルタイムのシュート出来なかった場面では
ガッカリ感がすごかった。
あそこは時間的にも無難にいかず強引に打ってほしかった。


充孝はそろそろ目に見える結果を残してほしい。
過密日程でいないよりは当然いてくれた方が助かるのだが
ACL、リーグともに優勝を狙うチームとしては
彼はファーストチョイスにならないかんじ。
本当に、そろそろ頼みますよ。
時間帯によっては消えてたしなぁ。


案の定、遠藤、土居が入ってから
動きがスムーズになってきたし。
相手に疲労が出てきたこともあるだろうが
ボールの落ち着きどころが出て
安心して見れるようになってきました。


レオも相変わらず攻守に活躍してくれたのだが
昨日はスンテが素晴らしいセービングを見せてくれましたね。
ライン前でギリギリ弾いてくれたときは大興奮しました。

それと身長的にどうかなと思った
ハイボールもパンチングではなく
しっかりキャッチしてくれマイボールに出来る。


ACLでの経験も豊富だから
対戦相手の分析でも力になってくれるし
頼もしいキーパーがやってきて
いい補強ができました。


先発で出た優磨はあまりよくないなぁと思ってたんですが
追加点を挙げてくれて、出れば点を取ってくれる。
ただ、先発で起用され続けるには
もう少し様子見といった印象ももちました。

また、久しぶりに金崎のゴールも見れて良かった。
FWはやっぱりこの人を外せないなと思いました。


伊東も結構良かった、交代は怪我なのかな?
若手がだんだん良くなってきているようなので
伊東、植田ともに今後の活躍を期待してます。


ブリスベンとムアントンが引き分けたことで
まだ1試合ですが鹿島はE組で首位になりました。


今年是が非でも獲得したいアジアのタイトル
難しい初戦を制したことで勢いが出るんじゃないかと期待してます。


次は、ホームでのJリーグ開幕戦ですね。
昨日はホームにもかかわらずピンクユニだったけど
ピンクユニも良いイメージがつきました。
土曜日はさすがに赤ユニでしょうが
初戦楽しみにしているので今から土曜日が待ち遠しいです。



                         
                                  
        

ゼロックス・スーパーカップは鹿島が優勝! 今年最初のタイトルを獲得

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 19
                 
FUJI XEROX SUPER CUP 2017 
鹿島アントラーズ 3-2 浦和レッズ
2017年2月18日(土) 日産スタジアム 13:35キックオフ/48,250人

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 西 大伍、昌子 源、植田 直通、三竿 雄斗
MF 小笠原 満男、レオ シルバ、遠藤 康 、土居 聖真
FW 金崎 夢生、ペドロ ジュニオール


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 町田 浩樹、山本 脩斗
MF 永木 亮太、レアンドロ
FW 鈴木優磨、金森 健志


【得  点】 39分、43分 遠藤 康、90分+3 鈴木 優磨


【交  代】 65分 金崎 → 鈴木、69分 レオ → 永木、82分 雄斗 → 山本

ゼロックススーパーカップ  鹿島優勝

今年初のタイトル獲得!

なんとも大味な試合内容ですが結果が大事です。

リーグ開幕前にさっそくタイトルをゲット。
よいスタートが切れました♪



ゼロックススーパーカップ  鹿島優勝

今年、アビスパ福岡から移籍してきた金森だが
さっそくイジられキャラぶりを爆発(笑
この日は出番がなかったのが残念だが
いつか彼の活躍を見れることを期待。


昨日は鹿島・浦和ともにアウェーユニ着用で
目がチカチカして疲れ目には堪える観戦でした。

ピンクユニどうなの?と思っていたが
まずは最初のお披露目を勝利で飾れたことでホッと一安心。
ただスタジアムによっては生観戦するにはチトきついかもね。


ってことで、かなり目に負担のかかったので
慣れてくるまではなにがなんだかわかんないってな観戦となりました。

ですので近場で見た人やテレビ観戦した人とからすると
勘違い的な感想もあるかもしれません。


まだ山本が水戸との練習試合しか出場しておらず
この日もベンチスタートだったけど
だったら西を左、伊東を右でやってほしかった。
ずーっと出てる雄斗だがなんだか危なっかしかったよ。

山本が終盤に入ってきてから3点目が生まれたことからも
今年もまだまだ彼に負荷がかかりそうな印象をもった。

兄が鹿島の左サイドに慣れるまでにはまだまだ時間がかかりそう。

山本にとっては時間は短かったものの公式戦で出れたことで良い肩慣らしになったのでは。




レオシルバはあちこちに顔をだしていて
その活躍っぷりに改めていい選手だなぁと思いました。
全体的に新加入選手もフィットして戦術の共通認識や
連携が高められると今年はものすごく強い鹿島が見れそうだ。

しかし、カードをもらってしまったりと
そういう意味ではちょっと怖い感じもしました。
本当は満男を下げて永木投入を期待してたのですが
レオが永木に代えられたのもしょうがないですね。
昨日のレフェリングは例によってわけわかんないものだったので
もし退場ってなったら大きな痛手ですから。


ペドロはプレシーズンで見たのと同様
守備面では献身的なプレーをみせたものの
攻撃面ではまだまだで、ここが改善されると
カウンターなんかはもっと面白いものが見れそう。


前半はFWに得点はなかったものの
金崎の動きも良く今シーズンも期待が高まる。

そして、失礼だけど意外だった遠藤の活躍。
あのFKはてっきりレオで行くのかと思いきや
遠藤がいって鮮やかな先制点を決めてくれた。
西川動けなかったもんね。

でも、なぜかあの場面
「得点する!」っていう確信があった。
いやぁ興奮しましたよ。

すぐに2点目も決めて前半で2-0というスコア。
だけど2-0って結構怖い数字なんですよね。


後半のPKについては、よく見えなかったので
正直どうなるのかわからなかったんですけど
どうやら審判が?だったようですね。
この辺りは月曜日にCSの日テレG+で放送されるので
チェックしてみようと思っています。

スンテ止めてくれるかなと思いましたが
興梠にやられちゃいました。


まぁコレはしょうがないとしても
直後の失点は防げたはず。
まだスンテとバックラインの意思疎通がうまくいってないようで
ここは早急に改善してほしいところ。

これ以外にもあやしいところはあったし
守備が不安定だとアグレッシブに攻めてもいけませんからね。

優磨はペドロに代えても良かったんじゃないかと思いましたが
彼が入ってすぐに攻撃的になりましたね。
チームにスイッチが入った感じはさすがです。
優磨の存在感のデカさを感じました。
あのガツガツ、ゴリゴリしたギラギラ感はたまりません!


山本が投入後に生まれた決勝点も
優磨のこうした得点を狙い続ける
ストライカーの嗅覚、センス、僅かなチャンスも見逃さない
ゴールへの執着から産まれたものでした。


モヤモヤとしてた気持ちがスッキリした爽快なゴール。

そして、優磨がゴールしたあとに
カメラマンが大移動して優磨を追っかけていってて
彼の注目度のすごさを間近で見れました。

優磨はあのポーズはせず、サポーターに
ユニフォームを引っ張って「9番」を大アピール・笑


ロスタイムは4分あったけど
ここは危なげなくしのいで
終了のホイッスルがなり、鹿島が勝った。



昨日はスタジアムで各クラブが出店している
料理を楽しもうかと思ったんですが
昼は新横浜で食べてきちゃいました。



日産スタジアム

そして、久しぶりに日産スタジアムへ。

20170218_23.jpg
鹿島はこの日は「北ゲート」でした。



日産スタジアム

遅めにスタジアムに着いたので席を確保すると
すぐに選手紹介が始まった。
今年土居はFW起用が少なくなるのかな?


日産スタジアム

この日は48,250人がスタジアムを訪れました。
レッズゴール裏は下の方に空席があり
上でも熱心に応援してましたが
思ったほどではありませんでした。


日産スタジアム

鹿島はピンク、浦和はイエローと
蛍光色ユニフォームが目に優しくない。
でも、ピンクユニ意外といいかも。


日産スタジアム

鹿島・浦和の試合じゃないみたい。
「赤」がなくてすっごく不思議な感覚でした。

ゼロックススーパーカップ

日本語を猛勉強中のスンテ。
早く意思疎通がスムーズに取れるようになりますように。



クラブマスコットコンテスト

ハーフタイムには「Jリーグクラブマスコット総選挙」の結果発表が行われていた。
「しかお」に入れておけば良かった。
しかお、ごめんよ。


鈴木 優磨

得点後ゴール裏にアピールした後フィールドへ戻っていこうとする優磨。


ゼロックススーパーカップ 鹿島対浦和

試合終了。
勝ったのは嬉しいが2失点が悔しい。
でも開幕前、現時点で課題が浮き彫りになったことは前向きに評価したい。
必ず克服できるはずだから。


鹿島アントラーズ 石井監督

優勝のインタビュー。
ここ数か月で何度こういうシーンを見たことか。
今年もまだまだ見続けたいゾ。
全タイトル制覇を目指していこう!


ゼロックススーパーカップ 鈴木 優磨

優磨のインタビュー。

精悍な顔つきだし、結果を出していることで風格も出てきました。


ゼロックススーパーカップ 小笠原満男

満男にピンクユニはいかがなものかと思ってましたが
結構似合ってましたね。
今年もいい時もあれば悪い時もあるでしょうし
まだまだ満男の存在は必要です。
早く力強いアントラーズが見たい。

ゼロックススーパーカップ メダル授与

優勝慣れしている鹿島だけどこういう場面は何度見てもイイ!
新加入の選手たちもさっそくタイトルを手にしてどんなに嬉しかったことでしょう。
ゼロックスに出場できること自体名誉なことですから。
リーグか天皇杯を制しないと出れないわけだしね。


20170218_16.jpg

みんなの笑顔を見れて良かった。

今年は層が厚くなった分、実力があってもなかなか出場機会に恵まれない選手もいるかもしれない。
でも、その分試合数が多いから出れるチャンスだって多い。
腐らずに練習して、試合に出れる時には存分にアピールしてほしい。

嬉しい悩みだけど、ベンチにすら入れなかった選手たちの
精神面のケアも大切ですよね。


ヴェルディの下部組織に息子を入れていた
お母さんとたまに話すのですが
本当に精神面のサポートは大切だそうで
数多くの本を読み漁って支えてあげていました。
残念ながらその子は怪我でサッカーは辞めてしまいましたが。

コミュニケーションをきっちりとって全員で戦う鹿島でいて欲しい。



20170218_17.jpg


20170218_18.jpg

この日出番がなかったソガ。
ソガとスンテ、リーグとACLでどう使っていくのかとても気になりますね。


20170218_19.jpg

同じく出なかったけど3千万を持っている金森。
まだこの人の特徴なんかがわからないのですが
赤崎もいますし、ベンチ入り競争がより激しくなりそう。

この日は赤崎、あつたか、伊東がベンチ入り出来なかったんですよね。
この3人にも今年活躍して欲しいところだが。。。


20170218_20.jpg

全員いれようと思ったら小さくなって見づらくなっちゃいました。
選手だけでなくスタッフも鹿島の一員。
そう思ったらこんなに横長になってしまった。


20170218_21.jpg

さて、帰りにもにぎわっていたスタジアムグルメ。
まだ残っているならなんか買っていこうかと思ったんですが。
ヴィッセルBBqが気になった。
他には角煮バーガーが美味しそうだった。



20170218_22.jpg

しかし、おいしそうと思うところはどこも
試合後にもかかわらず長蛇の列。
結局あきらめてスタジアムを後にしました。

でも、スタジアムグルメというと
やっぱり鹿スタですよね。
あそこいくとどれ食べようかいつも迷うもん。

今年はどこの試合で行こうかな。

次はホームでのACL蔚山現代戦です。

私はテレビ観戦になりますが、生放送を見れるので
テレビの前で応援します!!


今年もタイトルを獲りまくりましょう!!!

                         
                                  
        

ゼロックス杯優勝

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 18
                 
ハラハラしたけどゆーまのゴールで勝った⚽🏆
                         
                                  
        

ゼロックス

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 18
                 
20170218133229e4f.jpg

ハーフタイム。

まさか遠藤が二点とるとは。

                         
                                  
        

2017Jリーグ DAZN ニューイヤーカップ アビスパ福岡戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 07
                 
■2017Jリーグ DAZN ニューイヤーカップ 
鹿島アントラーズ 1-0 アビスパ福岡
2017年2月6日(月) KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場
14:04キックオフ/2,271人

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 西 大伍、昌子 源、植田 直通、三竿 雄斗
MF レオ シルバ、小笠原 満男、 レアンドロ 、鈴木 優磨
FW 土居 聖真、金崎 夢生


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 小田 逸稀、町田 浩樹、伊東 幸敏
MF 三竿 健斗、安部 裕葵、遠藤 康
FW 金森 健志、赤崎 秀平


【得  点】 49分 鈴木 優磨


【交  代】 46分 スンテ → 曽ケ端、59分 小笠原 → 健斗、63分 雄斗 → 小田、63分 レアンドロ → 遠藤、77分 金崎 → 安部、78分 鈴木 → 赤崎、86分土居 → 金森


平日昼間の試合なんですが2000人も入ったんですね。
前回、横浜FCにまさかの敗戦だったので
最終戦を勝てて終われたことは良かったです。

前半ボールを回しながらもゴールは奪えず
そんな中でもセットプレーから得点。
優磨の意気込みがとても良かったです。

しかし、圧倒的な力の差を見せて勝利することはできず。

連携プレーなどはまだまだ深めていかないと
いけないかんじですね。

永木も鹿島のサッカーに慣れるのに時間が掛かったようですので
実力がある選手が多いのでチームの共通認識が
もっともっと共有できるようになってくれば
今年は面白い試合を見せてくれるのではないかと期待してます。

そういう意味では後半出場した安部も
新人とはいえ光プレーを見せてくれたので
こちらも大いに期待できそう。

最期パスミスからピンチになりそうになったけど
それを取り返すべく必死に守備をしていて
気持ちが入っている様子が伝わってきた。

スポーツ紙の記事を読むと途中から
土居と優磨が話し合って互いのポジションを交換したとのことで
自分の特性を生かしたサッカーがみられるようになると
さらに面白くなりそうですよね。


タイ遠征から試合が続いたけど次回は週末の水戸戦。
いよいよACLやリーグも間近になってきます。
コンディションを上げながらも公式戦へ向け
しっかりと準備をしていってほしいところです。


                         
                                  
        

2017Jリーグ DAZN ニューイヤーカップ 横浜FC戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 05
                 
■2017Jリーグ DAZN ニューイヤーカップ 
鹿島アントラーズ 0-1 横浜FC
2017年2月4日(土) KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場
14:03キックオフ/6,523人

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、昌子 源、町田 浩樹、三竿 雄斗
MF 小笠原 満男、三竿 健斗、遠藤 康、田中 稔也
FW ペドロ ジュニオール、赤崎 秀平


【控え】
GK 川俣 慎一郎
DF 植田 直通、小田 逸稀
MF レオ シルバ、久保田 和音、レアンドロ 、安部 裕葵
FW 土居 聖真、金森 健志


【交  代】 46分 スンテ → 川俣、62分 赤崎 → 金森、62分 田中 → 安部、68分 雄斗 → 小田、68分 遠藤 → レアンドロ、79分 ペドロ → 土居、79分 小笠原 → 久保田、82分 健斗 → レオ


プレシーズンとはいえまさかの敗戦。
NYCここまで連携なんかを確かめるための試合だということは
わかっているがどんな試合でも勝ちにこだわりたかった。


またこういう試合こそスタメンを狙う若手にとっては
絶好のチャンスなのでもっとギラギラしたものを
試合の中で見せてもらいたかった。

スンテが初めて鹿島でプレーしたが
前半は特に危険な場面もなく
評価のしようがなかった。
怪我明けのせいもあるだろうが
後半こそスンテを見てみたかった。
監督はスンテの仲間への指示などを
チェックしていたかんじなのかな。

川俣に関しては、失点の場面は少々気の毒だが
彼の運を持っていない感じが気になる。
運も実力のうちと考えれば、変わって早々に失点ですからね。
小泉が使われていないのでスンテと代えるなら
タイでも使った川俣よりも小泉がどこまでやれるのか
見てみたかったですね。



ボランチに入った健斗は前半は
良かったが後半消えていた。
スタメンで使うのはまだまだといったところか。


また前線には怖さを感じなかったので
もっとガツガツとゴールを狙う姿勢を
見せて欲しかった。


次回は開幕を見据えてのメンバーでいくようだから
こちらに期待するとするか。


相手の横浜FCはカズを先発起用してましたね。
前半終了後、レオシルバとレアンドロが
カズと談笑している姿が映ってて微笑ましかった。
カズが出た試合、DAZN観戦ですが見れて良かったです。

横浜FCでカズはどういう使われ方をしているんだろうと
何日か前に横浜のHPで去年終盤の試合結果をチェックしてみたら
後半最後の方に投入されていることが多かったので
まさかスタメンで出てくるとは思わなかった。

鹿島戦の先発で出してくるあたりとても粋な計らいだと感じました。

あとレイソルにいたキーパーの南って今は横浜FCにいるんですね。




さて、明日はNYC最終戦の福岡との試合があります。
鹿島の試合前に行われた福岡vs長崎の試合も
前半のハイライトと後半のみ見たのですが
結構いい流れで4点も獲ってましたね。


そろそろ本気モードの鹿島の試合がみたいところ。
左サイドは雄斗や小田ではまだまだ厳しいので
まだ今季出ていない山本がどういうコンディションなのか
気になるところです。

                         
                                  
        

2017Jリーグ DAZN ニューイヤーカップ V・ファーレン長崎戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 03
                 
■2017Jリーグ DAZN ニューイヤーカップ 
鹿島アントラーズ 2-0 V・ファーレン長崎
2017年2月2日(木) KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場
14:03キックオフ/1,370人

【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、植田 直通、町田 浩樹、三竿 雄斗
MF 三竿 健斗、永木 亮太、レアンドロ、鈴木 優磨
FW 金崎 夢生、赤崎 秀平


【控え】
GK 小泉 勇人
DF 伊東 幸敏、昌子 源
MF 土居 聖真、田中 稔也、レオ シルバ、小笠原 満男
FW ペドロ ジュニオール、金森 健志


【得  点】 15分 鈴木 優磨、66分 金崎 夢生
【交  代】 36分 永木 → レオ、68分 赤崎 → ペドロ、68分 金崎 → 金森、71分 鈴木 → 土居、71分 レアンドロ → 田中、76分 雄斗 → 昌子、76分 健斗 → 小笠原、83分 西 → 伊東


試合当日やっぱり中継を見てみようと思い
お昼頃DAZNに入ってみました。

福岡と横浜FCの試合を後半だけ見て
アントラーズの試合は生中継を無事に見ることが出来ました。

ちなみにWifiではスマホはOKでしたが
ノートパソコンはグルグル回りっぱなしでNGだった。

結局有線のデスクトップ観戦となりましたが
普段使っているChromeでは映らずに
IEで問題なく見ることが出来た。

IEはもう長いこと使っていなかったのだが
DAZNを継続して見るならIEが活躍することになりそうです。


今回は長崎相手に2点のみというちと物足りない感じではあった。
前半負傷交代した永木が気になるが
レポートを聞く限りは大したことはなさそうで一安心。
またここまで試合に出てない選手たちも
開幕には問題ないようなコンディションであることもわかりホッとした。


マチが結構良かったんで見た甲斐があった。
1点目が入る前のマチのオーバーラップは良かった。
目立つミスもなかったし、昌子や植田が欠けた場合は
マチでいってもいいんではないかな。
CBはソッコが抜けて補強しなかったので
不安なポジションではあったから。




あと目立ったのは健斗ですね。
本当によくいろんなところに顔を出していて
もっともっと見てみたい選手のひとりでした。


反対に兄の雄斗はイマイチだったなぁ。
ここは新人の小田が良かったようだし
次回は兄ではなく小田を見てみたい。
ただ雄斗はCKの精度が良いので捨てがたいのだが。


新加入選手のプレーが見たかったんだけど
レアンドロは意外と守備での貢献度も高く
まわりにフィットしようと献身的にプレーしている姿が印象に残った。
今後鹿島に慣れてきたら攻撃面での活躍をもっとしてくれるようになるかも。
昨日は連携を深めるためか、ドリブルとかでゴツゴツいきそうと
思っていたので献身的な姿が意外に思えた。
へんに持ちすぎることもなかったので、これからフィットして
どういう風な活躍を見せてくれるのか大いに期待したいところ。


金森はタイ戦でも感じたんだが
シュートに行くまではいいんだけど結果が出ないですね。
赤崎と金森はちょっとなぁといったところだった。
それでも、タイ2戦目でも少ない時間で結果を出したいという
気持ちは見えたのでそれが結果として現れてきたら
面白くなるかもしれません。

金森は時折ナカシに似て見えるのは私だけでしょうか。


ペドロはまだチームにフィットしてないかんじ。
昨日の解説ではカウンターでこの力で点を入れてしまえる
選手ということだったので期待してたんだけど
これといって印象に残るプレーはなかったなぁ。


レオシルバはさすがでした。
2点目のレオのスルーパスから金崎のゴールは
気持ちよかったですね~。
今年はこういうプレーが沢山みれそう。
守備だけでなく攻撃面で光るものも持っているし
タイ2戦目のFKもしびれました・笑


こういう試合は普段のそれと違って
試合中の声がバンバン響いてくるのが新鮮。
実践でどうやって共通意識を深めていっているのかが
わかり貴重な試合でした。

現地観戦をよくしていた頃、シーズン前の練習試合などを
見に行っていた時のことを思い出して懐かしくなりました。


長崎については知識が全くなかったのだけど
島田とファンマという選手が気になりました。
そうしたら島田は鹿島のジュニアユース、ユース出身の選手だったんですね。
初めて知った。


今日は鹿島神宮で行われる節分祭に
ユース監督のクマとスカウトのハセの他に
本田とナラも参加予定だとか。

ハセがスカウトになっていたことは初めて知った。
確かクマも最初はスカウトだったような。
昔の記憶なので曖昧ですが・・・


先日このブログの記事を整理していて
現役だった頃のナラの写真が出てきてた。
映りがよくなくちっちゃい画像だったけど。



明日は横浜FCとの試合で、こちらもDAZNでリアルタイムで試合を見る予定です。
キーパーはまたソガなのかしら。
まだ日本語勉強中ということだがスンテのプレーも見てみたい。

                         
                                  
        

柴崎のCDテネリフェ移籍が発表された

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 02/ 02
                 
昨日ようやく柴崎の移籍の発表が公式にされましたね。
背番号は「20」でかつて鹿島で付けていた番号と同じ。

柴崎選手がCDテネリフェに移籍

日本のマスコミの記事が2転3転したりで
決まるまで翻弄されて疲れましたが
決着して良かったです。

柴崎のスペインでプレーしたいという
強い思いが今回どういう結果を迎えるのか
興味津々で見守っていました。


今回、身の回りのものも最低限にして
残りは実家に送ったという記事を読んで
彼の並々ならぬ決心を感じました。


絶対にスペインで契約を勝ち取る!
彼は退路を断ってこのチャレンジに臨みました。


以前スペインを旅行して自分がここで
プレーをするということを先取りで体感してたという
記事にも共感を覚えました。


結果が出る前に先にそれを体験して
自分がここへ来るんだという信念を
自分の中で確信に変えていく。


私自身も普段こういう先取りの体験&心境を
得て自身に信念を植え付けるということと
決断して退路を断って進むべき道へ行くしかない
状況に自らを追い込むことを実践していたので
彼の今回の移籍までの経緯は共感できることが
数多くありました。


これは私にとってとてもひと言では言い表せない位
いろんな気づきと学びがありました。


だって、言うのは非常に簡単ですが
これらを実際に行動に起こすって
とっても勇気がいるんです。


安定している場所にいさせようとする
自分の無意識との戦いで
時には大きな恐怖心が噴き出してくる。


だから、最後はどれくらい自分を信じられるのか。
内なる自分との戦いなんですね。


時にはまわりのアドバイスが雑念になることもある。
それらに自分が揺さぶられないという
自分軸の確立も必要となります。


そういう意味では早々とスペインへ発って
日本にいなかったことも彼にとっては良かったのでは。

今、やるべきことだけに自分の意識を向けられますからね。


個人的には鹿島に残ってプレーをして欲しかったですけど
ここまでの彼の気持ちを考えたら快く送り出したいですね。


篤人や大迫のようにまたいつの日か
帰国した際に鹿島を訪れてくれたら嬉しいですね。


さぁ、今日から鹿島も宮崎での試合が始まります。


今年の鹿島がどんな感じなのかすごーく気になります。