鹿島アントラーズ

        

2017リーグ 第8節 ジュビロ磐田戦 ホームで完敗 DAZNアクセス不良であまり見れなかった試合

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 04/ 24
                 
■Jリーグ第8節 鹿島アントラーズ 0-3 ジュビロ磐田
2017年4月22日(土) カシマサッカースタジアム 15:03キックオフ/18,276人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 永木 亮太、小笠原 満男、遠藤 康、安部 裕葵
FW 金崎 夢生、土居 聖真


【控え】
GK クォン スンテ
DF ブエノ、伊東 幸敏
MF レオ シルバ
FW 鈴木 優磨、金森 健志、ペドロ ジュニオール


【交  代】 46分 小笠原 → レオ、46分 安部 → ペドロ、88分 遠藤 → 鈴木


8節にして早くも3敗ですか。

この日はDAZNが試合前からクルクルしっぱなしで
おかげさまでというか、失点の場面は全て見ることができませんでした。

後追いでわざわざ失点シーンを振り返る必要もなく
磐田戦に関してはほとんど試合が見れていない状態です。

これまでもDAZNの調子が悪いことがありましたが
試合前から度々動画が止まるということはなく
磐田戦のアクセス状況が最悪だったので
こういう状態が続くならDAZNの継続も考えようかなと思ってます。


さて、あまりネガティブなことを書くのも本意ではないので
といいつつもかつてのライバルにホームでの完敗ということで
ポジティブ全開で記事を進めていけるわけではありませんが
淡々と書いていけたらと思います。


前述のとおりあまり試合は見れなかったので
見れた範囲内で思ったことを少々。

鹿サポ期待のルーキー安部がリーグ初スタメンということで
私も新人ということはわかっていながらも
過大な期待をしてしまったのですがまだまだですね。

もっと守備を覚えてチームプレーが徹せられるようになってから
スタメン起用してほしいです。

あと、永木の調子が悪かったので
レオシルバに代えるなら永木の方が良かったのでは。
満男が良かったかというとそうではなかったのですが
ピッチ上の監督的役割を考えると
キャプテンは最初から満男に任せて最後まで残してほしかった。

後半メンバーを変えてあそこで点が取れなかったのがいたかった。
この試合、あれだけシュートを打って一点も取れなかったというのは
普段どんな練習をしているのだろうか。


試合後の両監督のコメントを読むと、この試合に向け
しっかりと準備をしてきた磐田との差が明らかに感じました。

シーズン前から大型補強をして選手層は問題ないといわれた鹿島ですが
石井さんがこれをうまく使いこなせていない印象がありますね。

それと、指揮官と選手との位置関係。
なんか選手よりに向いていて、もっと指揮官として毅然と
選手との距離感を保ってほしい。

外側からゆるりと見ている者としてそんな感想を持ちました。


水曜日はもうACLアウェーの蔚山戦ですか。
私は懲りもせずにスカパーで生中継を見るんだろうなぁ。

それにしても、その時間にテレビ前にいるには
いろんな予定を終わらせなければならないので
せめてその労力に見合う戦う気持ちが見える試合を期待したいところです。


            
スポンサーサイト
            
                                  
        

2017リーグ 第7節 ベガルタ仙台戦 満男、ソガJ1通算500試合出場おめでとう!

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 04/ 17
                 
■Jリーグ第7節 鹿島アントラーズ 4-1 ベガルタ仙台
2017年4月16日(日) ユアテックスタジアム仙台 19:03キックオフ/13,159人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、昌子 源、植田 直通、山本 脩斗
MF 永木 亮太、小笠原 満男、遠藤 康、中村 充孝
FW 土居 聖真、金崎 夢生


【控え】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、ブエノ
MF 三竿 健斗、レオ シルバ
FW ペドロ ジュニオール、安部 裕葵


【得  点】 25分 西 大伍、32分 金崎 夢生、43分 遠藤 康、90分+2分 ペドロ ジュニオール


【交  代】 83分 金崎 → ペドロ、85分 小笠原 → 三竿


なんとか公式戦連敗をストップできました。
スコアだけみると4-1と快勝に見えますが
後半から、仙台が選手交代をしてきて
その後すぐに失点、仙台に押された時間が続いたので
4得点出来て勝ったことは嬉しいが
まだまだ安定感が出てこないですね。

といっても、あのエンジンのかからない鹿島が
前半に3得点出来て、出場時間が短く
イマイチフィットしてなかったペドロにもリーグ初ゴールが生まれて
昨日は気分が良かったです。


相手チームの順位でいえば、最下位の大宮に
遅い時間でなんとか1点で勝ったことを思えば
前半だけで3得点、そして終了間際のカウンターで
もう1点取れたというのは大いに評価したいし
素直にうれしいです。



久しぶりにハイライトを何度か見返しました。
一応BSでリアルタイムで見てたんですが
バタバタ雑事に追われていて、風邪気味でぼーっとしてたのと
後半劣勢になってからは画面を凝視する気持ちの強さもなく
ハイライトシーンが全てといったかんじです。
録画してあるんで、元気になったら見直してみるかな。

そう、どうやらちょっと風邪ひいたっぽいんですよ。
どうりで、何時間寝ても寝たりないわけだ。
この後東京も天気が崩れるようですし
急に寒くなったり、暑くなったりと
気温も急激に変わることも多いので
皆様もお体にはお気を付け下さいね♪






昨日はスタメンが全員日本人!
去年のメンバーでしたが、下位が相手とはいえ
前半はいい流れで気持ちが良かったです。

やはり金崎がいるとゲームがしまりますね。
土居との2トップしばらくはこれでいいんではないでしょうか。
サブで優磨、ペドロで。
昨日みたいにガッツリとスペースが空いてくると
ペドロがイキイキとしてた。
まぁ、あの4点目は鹿島にとってとてもでかかった。
あれがあるのとないのでは、試合が終わった後の
スッキリ感もかなり違っていたのではないでしょうか。


ペドロがゴールした時のベンチの喜びようといったら!
いやぁ、みんなあれを待っていたんですよね。
だから20000ゴールもペドロに決めさしてやりたかった。
健斗ももうちょっと長い時間見たかったなぁ。
昨日はレオじゃなくて健斗を使って正解でしたね。

西のゴールもほれぼれして何度も見直してしまった。


満男、ソガの500試合達成というメモリアルな日に
ペドロの初ゴール、久々の大量得点と良い1日となりました。
満男、ソガにはおめでとうと言いたいです。
まだまだふたりには頑張って欲しい。



しかし、金崎も足に不安があるし、石井さんももうちょっと
早くに選手交代を行えばよかったのに。
交代枠もなぜかひとつ余らせていたし・・・



前半、珍しくあつたかも良かった。
後半は変にコネたりしていつものあつたかに戻ってしまったが。





しかし、リーグ2敗もしてるのに2位に浮上ですか。
これからだんだんと上位チームとあたるので
ここからはもうひとつも落とさない覚悟で行ってほしいですね。

                         
                                  
        

2017 ACL 第4節 ブリスベン戦 

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 04/ 14
                 
■ACL グループステージ第4節 
鹿島アントラーズ 1-2 ブリスベン・ロアーFC
2017年4月12日(水) サンコープスタジアム 18:00キックオフ/5,567人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 昌子 源、植田 直通、山本 脩斗、西 大伍
MF レオ シルバ、土居 聖真、遠藤 康、小笠原 満男
FW 鈴木 優磨、金森 健志


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 伊東 幸敏、町田 浩樹
MF 永木 亮太、中村 充孝、三竿 健斗
FW 安部 裕葵


【得  点】 79分 永木 亮太


【交  代】 61分 小笠原 → 永木、61分 鈴木 → 安部、77分 金森 → 中村


一応生中継で観戦してました。
バタバタしている時間帯でしたし、試合の内容もあんなかんじだったのでながら観戦でした。

セレッソの敗戦、なんか尾を引きそうで嫌な感じだなぁと思ったのですが。

アウェーとはいえ、まさか負けてしまうとは。
試合は完全にブリスベンのリズムでしたからね。
あちらは絶対に負けられないとあって気迫を感じました。


失点の場面、植田のああいうミス、もう何度も目にしているような。。。
ただ、この日は昌子もイマイチ。
誰がいいっていう選手も特には思い当たらないし、気を吐いているような選手もおらず
ながら見とはいえ淡々、だらだらとした観戦になってこれといった感想もありません。


ターンオーバーですが、最初セレッソとブリスベンを逆にした方がいいんじゃないかと思いましたが、
本当のところはどうだったんでしょうか。

もう、どれがベストメンバーなんだか素人の私にはわかりませんね。


次の仙台戦までに立て直してこれるのかどうか。。。
あちらもリーグで大量失点して負けているけれど、
カップ戦は勝利したようですしやっかいな相手です。

とにかく、勝ってくれることを信じて
テレビ観戦ですが応援するだけです。



                         
                                  
        

2017リーグ 第6節 セレッソ大阪戦 中盤総入れ替 アッサリした感想

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 04/ 11
                 
■Jリーグ第6節 鹿島アントラーズ 0-1 セレッソ大阪
2017年4月8日(土) カシマサッカースタジアム 15:03キックオフ/21,078人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、昌子 源、植田 直通、山本 脩斗
MF 永木 亮太、三竿 健斗、レアンドロ、中村 充孝
FW ペドロ ジュニオール、鈴木 優磨


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 町田 浩樹
MF レオ シルバ、土居 聖真、遠藤 康、小笠原 満男
FW 金森 健志


【交  代】 57分 中村 → 土居、57分 レアンドロ → 遠藤、76分 永木 → レオ


尾を引く敗戦ですが、順位的にはなんとか3位にいるんですね。

この試合後半の途中からある程度まで
自分の仕事関係の作業を始めてしまい
音声だけだった時間帯があるので
全てを見ていたわけではありません。

なので、試合から少し日がたったこともあり
アッサリした感想になります。


ヤフートップの記事なんかで
事前に漏れていた中盤総入れ替えのこと。
なんでも練習だか紅白戦でサブ組の調子がいいとかで
4人セットでの起用となったようだ。

昔よく鹿島のファンブログやらサイトをチェックしていた頃
主力組よりサブ組の方が調子がいいなんて情報はよくあった。

主力組はほとんど毎試合出ているわけだから
サブ組の方が疲労感が軽減されていたり
モチベーションが高くなったりするのは予想できること。

だから、期待半分、不安半分が正直なところでした。
プレーしている姿をあまり見たことない選手なんかは
こういう情報があると活躍幻想みたいのがあって
期待を煽られる感が出てくるんですよね。

それだけに、死ぬ気でやるといった
あつたかがあんなだったりと
戦う気持ちが見えない選手らがいて
自滅して負けてしまったのが悔しかったですね。

ハードワークをしてくれてた金崎もいなくて
ゲームを作れる選手がいなかったのも
敗因のひとつだと思います。

今年は永木も調子が悪いし。
後半に2枚替えをせざるを得なく
交代枠を有効的に使えなかったのもイタかった。


元鹿の山村に決められたのも悔しかった。
前日ハットトリックした興梠にしても
山村にしても移籍先でイキイキとプレーしてて
いろいろと考えさせられてしまった。


あまりネガティブなことも書きたくないので
明日のACL、次のリーグ戦は
気持ちが見える試合を期待します。



                         
                                  
        

2017リーグ 第5節 大宮アルディージャ戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 04/ 02
                 
■Jリーグ第5節 鹿島アントラーズ 1-0 大宮アルディージャ
2017年4月1日(土) NACK5スタジアム大宮 19:04キックオフ/11,676人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 小笠原 満男、レオ シルバ、遠藤 康、土居 聖真
FW 鈴木 優磨、ペドロ ジュニオール


【控え】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、三竿 健斗
MF 永木 亮太、レアンドロ、中村 充孝
FW 安部 裕葵


【得  点】 79分 土居 聖真


【交  代】 74分 ペドロ → 安部、90分 小笠原 → 伊東、90分+5分 遠藤 → 三竿


中断明けのアウェー大宮戦。
前半から積極的に攻めていったものの
相手キーパーのファインセーブもあり
なかなかゴールできずモヤモヤしましたが
とりあえず勝利で終わることができました。


これで2位浮上ですね。
勝ち点を積み重ねることが何よりも大切なので
最下位相手にスコアは物足りないが十分な結果です。

それと、土居にゴールが生まれたのも良かった。
土居は攻守に頑張ってくれていてもゴールという結果がなかっただけに
土居、遠藤あたりが得点してくれるようになると
もっと楽に勝てるのになと思っていたので。

遠藤の方は何回かふかしてましたが・・・


好材料はペドロが良くなりつつあるように思えたこと。

最終的に点は取れませんでしたが、中断前と比較すると
動きが良くなってきたように感じました。


もちろんペドロ、ゴールなるかっていう
最後の最後でずっこけちゃうような場面もあったので
まだまだ助っ人と呼ぶには物足りないですが
あくまでもこれまでに比べると自分の良さを
活かすきっかけみたいなものを掴んでるような気配が見えました。


また、昨日は交代した選手もフレッシュで面白かったですね。

ルーキーの安部がリーグデビューを果たしました。
ベンチのレアンドロや、ベンチ外の金森を差し置いて
試合に出ることになるとは。

若手といえば、ちょこっとだけど三竿健斗も出て
彼はプレシーズンなんかで動きが良かったから
もうちょっと見たかった。
ただ90分のプレーが安定してなかったので
長い時間はまだきついものがありそう。


それと昨日はアウェーの通算200勝目の試合だったとか。
J1最速だったようでうれしいですね。


とにかく丁寧に勝ち点3を積み上げられたので
結果が出たことは大いに評価できる試合だったと思います。


次はこれまた苦手意識があるセレッソですね。
ホームですし、絶対に落とせない1戦です。
それだけに今から楽しみです。

                         
                                  
        

2017リーグ 第4節 清水エスパルス戦 2点差をひっくり返しての大逆転勝利!

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 03/ 20
                 
■Jリーグ第4節 鹿島アントラーズ 3-2 清水エスパルス
2017年3月18日(土) IAIスタジアム日本平 14:03キックオフ/16,951人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 永木 亮太 小笠原 満男、土居 聖真、遠藤 康
FW 鈴木 優磨、ペドロ ジュニオール


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、町田 浩樹
MF レオ シルバ、レアンドロ、中村 充孝
FW 金崎 夢生


【得  点】 74分 植田 直通、79分 鈴木 優磨、85分 金崎 夢生


【交  代】 46分 山本 → 西、65分 ペドロ → 金崎、76分 小笠原 → レオ


J2からの昇格組清水ですが、
清水の日本平というと相性悪いというイメージがありましたが
この間は2点リードされてからの気迫がこもった見事なプレーで
なんと11分間で3点を獲り劇的な逆転勝利となりました!


相変わらずのDAZNクルクルに悩まされて
ストレスがかかる観戦環境でしたが・・・


正直2-0となった時点で「やっぱり相性悪いな」と
テンションがグッと下がりましたが見続けた甲斐がありました。
これ現地で見てたらあの11分間は大興奮だったでしょうね。


しかし、スタジアム水を撒きすぎ。
選手がすっころんでて怪我したら困るよ。

最初の失点も昌子が競り負けて
植田のクリアミスが相手にあたりそのままシュートまでいってしまった。
植田もクリアをミスった後に転んでたし。

その植田は後半ヘッドで1点返し
ミスを帳消しした形になったな。
得点感覚も得たようで今年は植田の得点にも期待。


足に不安がある金崎がベンチスタートとなったことから
優磨とペドロの2トップで、パッとしなかったペドロが
優磨とのコンビでこの辺りを打破してくれると良かったんですが
やっぱりまだまだフィットしませんね。

しかも、足元の技術もなんか怪しく見える。
ペドロがうまくはまってくれるとそれこそ力で相手をねじ伏せる
鹿島のサッカーが見られるはずだから
この中断期間を利用してペドロとレアンドロが
早くチームに馴染めるようにしてほしい。

もしペドロがまだだったら金崎&優磨か
金崎の足に不安があるようなら
土居&優磨のユースコンビが2トップでいいんじゃないか。


リーグ3節までは攻撃の形が見えなくて
1点取るのがやっとに見えた鹿島が
植田のあとすぐに優磨、金崎と
前ふたりがトントンと追加点を重ねあっさりと逆転。
優磨の連続ゴールも嬉しいですが
いい動きをしながらも無得点だった金崎にゴールが生まれたことが良かった。
ただ、シュート打ったあと後足が痛そうなそぶりを見せてたので
この期間に回復させてほしいですね。


山本も今年からだがまだなのか
前半終えて西と交代になってしまった。
しかし、どこでもそつなくこなせる西の存在はでかい。

相手からしてもこのあと、金崎、レオシルバが出てきて本当に嫌だったろうな。
やはり新加入でフィットしてない選手がいるとはいえど層の厚さを感じる。

2点もリードされていたけど、ああいう形で試合を終えて
改めてアントラーズの勝負強さ、清水との力の差を実感。
激しい打ち合いになったけど、こういう試合で勝てたことは大きい。


J1に復帰した清水ですが、初めてみるチームのようだった。
鄭大世や枝村くらいしかわからず、自分にとってはほとんどが未知の選手。
まるでひと昔前のように金髪やら茶髪の選手が多くてびっくりした。
ただ、あのサンバのリズムは懐かしかった。


昨日ヤフーのトップに来ていて知ったのですが角田の中指事件。
角田ってしらねーって思ってたけど、若いころの写真見たら思い出した。
あー、いたいた知ってたわ。

まー清水のオフィシャルでもこのことについてのアナウンスがあったようですし
低レベルな話なので鹿島としては次の大宮戦に向けてしっかりと準備をすればいい。

大宮はまだ勝ち点がなく最下位だけど
こういう相手は結構怖い。
下位クラブに優しい鹿島だけど
今年はしっかりと実力差を見せた結果を残してほしい。
無慈悲なくらいに得点を重ねてしっかりと勝ちましょう。


次はBSで放送されるようなので楽しみ。
DAZNはスマホでも見れるから家にいなくても観戦できるのはいいんだけど
通信状態が安定してないのでそこがやだ。
BSで録画しながらリアルタイムでテレビの前から応援します。

                         
                                  
        

2017 ACL 第3節 ブリスベン戦 ソガが今季公式戦初出場

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 03/ 15
                 
■ACL グループステージ第3節 
鹿島アントラーズ 3-0 ブリスベン・ロアーFC
2017年3月14日(火) カシマサッカースタジアム 19:00キックオフ/6,558人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 昌子 源、植田 直通、山本 脩斗、伊東 幸敏
MF レオ シルバ、永木 亮太、土居 聖真、遠藤 康、金崎 夢生
FW 鈴木 優磨


【控え】
GK クォン スンテ
DF 西 大伍、町田 浩樹
MF 中村 充孝、小笠原 満男
FW ペドロ ジュニオール、金森 健志


【得  点】 43分 鈴木 優磨、76分 植田 直通、80分 遠藤 康


【交  代】 62分 永木 → 小笠原、68分 伊東 → 西、84分 中村 → 遠藤


昨日の鹿嶋は大雨、また風も強かったようですね。

悪天候の中でしたけど、3点獲って快勝しました!
これでグループリーグは首位になった。
優磨の試合後のコメントにあるように
昨日の相手ならもっと点をとりたかったところですが
しっかりと勝って終わることが大事なので良かったと思っています。


ソガが今年の公式戦で初起用されました。
なんかの試合でベンチにいたソガがチラッと映ってましたが
その表情からいつでも出れるようしっかりと
準備をしている様子が伺われていたので
昨日のパフォーマンスはやはりというかんじ。
間隔が空いていたのに安定感があってさすがだと思いました。


今年スンテという今までにない強力なライバルが出現し
公式戦で試合に出る機会もなくなり
モチベーションの維持はとても難しいものがあったはず。
それでも日々の練習を怠らなかったからこそ
石井さんも信頼感を持って送り出せたのでしょう。


今、出場機会がなくてモヤモヤしている選手達も
この姿勢を見習ってチャンスが来たときには
それに応えるプレーをして欲しいものです。


優磨も希望していたスタメンで先制点を決めてのフル出場。
マリ戦に引き続き伊東とのコンビで決めた。
二人は居残り練習をやっていた仲だそうで
地道な練習の効果が結果として現れたんですね。
これまでスペースがないとボールを戻してしまったりしていた
伊東でしたが昨日は勝負していってましたね。
後半西と代えられてしまったけど良くなっているだけに
石井さんが西と伊東をどう使いこなしていくか楽しみです。


このところ調子があがらなかった永木は満男と交代。
満男、西の投入でアントラーズらしい戦い方ができるようになってきた。
満男が好調なのも嬉しい。



そして、その後追加点を奪えたことも良かったです。

遠藤も3点目を決めたし、まだゼロックスでの活躍も記憶に新しく
今年はゴールを量産してほしいと思います。
安定した守備に加え、どこからでも点がとれるチームになってくれることを期待。


だから3枚目のカードで金森を見たい気持ちはあったものの
まだアウェーの2試合があり、ホームでも負けたタイということを考えれば
きっちり無失点で試合を終えることを重視して無難に
あつたか投入というのもわかる気がした。
このあたりは監督の中で計算できる選手という位置づけなのでしょう。


グループリーグ首位で気持ちよく通過したいですからね。




ところでレアンドロはどうしたのでしょうか。
このところベンチにも入っていないのだが。
開幕前のweb記事なんかでは
日本でのプレー経験はないものの
すっごく期待を持たせる書き方だったので
ベンチ入りさえもしてない状況にあり非常に気になります。


木曜日はリーグアウェーでの清水戦。
苦手なイメージがあるのでそれを払拭する結果になりますように。
そして、順位も少しずつ上げていきたい。

                         
                                  
        

2017リーグ 第3節 横浜Fマリノス戦と赤崎のガンバへの移籍

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 03/ 12
                 
■Jリーグ第3節 鹿島アントラーズ 1-0 横浜Fマリノス
2017年3月10日(金) カシマサッカースタジアム 19:03キックオフ/12,537人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、昌子 源、植田 直通、山本 脩斗
MF 小笠原 満男、レオ シルバ、遠藤 康 、土居 聖真
FW 金崎 夢生、ペドロ ジュニオール


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF ブエノ
MF 永木 亮太、中村 充孝、三竿 健斗
FW 安部 裕葵、鈴木 優磨


【得  点】 83分 鈴木 優磨

【交  代】 71分 ペドロ → 鈴木、75分 小笠原 → 永木、90+1分 金崎 → 中村


守備は安定して負ける気はしないが、勝てる気もしなかった。
正直このまま引き分けで終わってしまうのかと思いましたが・・・


交代も遅くてジリジリさせられましたけど
優磨がやってくれました。


タイでのPK失敗などもありましたが
優磨は出れば仕事をしてくれる選手ですね。
短い出場時間にもかかわらずきっちりと仕事をしてくれる。
本人はスタメンで出たいでしょうが、こういう苦しい局面で
活躍してくれる選手は他にいないので悩ましいところです。


この日はマリノスの斎藤が欠場だったので助かりました。
斎藤がいたときは暴れていた外国人選手たちも大人しかった。
いいタイミングで対戦できたと思います。


心配な面はペドロがまだフィットしてないこと。
次回もスタメン起用されるのだろうか。
あとは、永木がタイ戦に続いて嫌な位置で相手にFKを与えてしまうプレーをしてしまうこと。
今年は今のところあまり良くない。


守備は良くなってきたので、ホントあとは攻撃面ですね。
シュートなかなか打たなくって土居がミドル打ったときにはスカッとした。
ああいうプレーをもっともっと見たい。

この日はベンチに健斗、安部が入って新鮮でしたね。
金森ではなく安部を持ってきたということは金森はまだまだってことなんでしょう。


1-0ということで点が沢山入る面白味はありませんでしたが
緊張感があるなかなか面白い試合だったと思います。

しかし、やはり欲を言えばもっと点が入る試合も見たい。



さて、昨日の夜、鹿島のツイッターをみたところ
なんと赤崎のガンバ移籍について書かれていました。
アップしてからわずか20秒後ほど。


こんな時間に、しかもガンバへということで一瞬目を疑いました!


まだリーグ開幕してから3試合しか終わってないこのタイミングで移籍か。


ムアントン戦こそ、スタメンでしたが、それ以外はベンチ入りもしていない。
だから、しばらくしたら下位チームへの移籍は確実だろうと予想はしてましたが、まさかのガンバ大阪!


レンタル期間中は鹿島との試合には出てこれない契約のようだが
コメントからも来年戻って来そうな気配は感じられないので
これでさよならなんでしょうね。


鹿島に残ってもこのままの状態が続くだけでしょうから
移籍は仕方がないですね。
あちらで頑張って欲しいです。

今朝ヤフーのトップにも来てましたが
「初めての都会なので緊張する」というコメント。
なんかかわいらしい。

やっぱり出ていかれるのは寂しい気がします。

しっかり活躍して惜しい選手を手放したなと思わせてくれよ。




                         
                                  
        

2017リーグ 第2節 ヴァンフォーレ甲府戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 03/ 05
                 
■Jリーグ第1節 鹿島アントラーズ 1-0 ヴァンフォーレ甲府
2017年3月4日(土) 山梨中銀スタジアム 14:04キックオフ/13,199人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、昌子 源、植田 直通、山本 脩斗
MF 小笠原 満男、レオ シルバ、遠藤 康 、土居 聖真
FW 金崎 夢生、ペドロ ジュニオール


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 町田 浩樹、西 大伍
MF 永木 亮太、レアンドロ、中村 充孝
FW  鈴木優磨


【得  点】 63分 レオ シルバ

【交  代】 71分 遠藤 → 鈴木、85分 ペドロ → 永木、90+3分 土居 → 中村


スンテ神!!!


内容はともあれ勝てたという結果が出たことは大きい。
スンテの試合後のコメントと同じく
私もACLのアディショナルタイムの失点を思い出しました。


PKになったところは本当にハラハラしたんですが
実はこのPKあらかじめ失敗だったということが
わかってから見たので冷静に見ることが出来た。


というのも、昨日はchromeでDAZNを見てたのですが
前半は問題なく視聴できていたものの
後半のゴールの前から、クルクルしだしてしまい
その後クルクル癖が止まらず。


PKの時も3枚目の交代付近でクルクルし
PCと格闘しているうちに試合は終了してしまった。


最初のクルクルから私のPCでは試合の映像が実際の時間とは
ズレまくっていたらしくかなり遅れての配信となっていたようです。

うーん、有料で見てるのにこれはヤだな。


さて、スンテですが、コメントを読んで
本当にすごいキーパーだと思いました。

PK時、手を上げていたのが気になっていたんですが
あれは駆け引きだったんですね。
この辺りの落ち着き、心臓の強さは鹿島らしい。


PKになったとき、「ここは任せておけ!」的な表情をしてて
頼れるアニキって感じがしました。

しかも、PK弾いただけでなく、その後のセカンドボールも
素早く処理していて感動ですよ。



レオもゴール決めましたね。
金崎、ペドロもだんだんに合だして来た気配は感じられた。
レオもペドロももうちょっとパスをミスらずに
ボールを失わないように気を付けてもらいたいものですが。

ペドロといえばユニが到着してなくて
ブエノの17番の1とネームをテープで隠して出場。
こんなことってあるんですね。
だんだんテープが剥がれてきて、アップの時は気になってみてました。


遠藤よりも土居を下げた方が良かったように見えたんですが
まぁ何はともあれ、不細工な勝ち方でも勝って終わったことが
大きいので危なっかしい勝利でも勝てたことが嬉しかった。


伊東はもうちょっと怖さや工夫が欲しかった。
前にスペースがないとあっさりとボールを下げちゃうことも多かったし
今年成長してくれることを期待してます。

満男もフル出場しましたが
昨日はさすがキャプテンという仕事をしてました。
コンディションを考えて起用すれば
本当に良いパフォーマンスを披露してくれますね。
やっぱりまだまだ鹿島の精神的な支柱です。
ただ、そろそろ満男と同じくらいチームを引っ張れる選手が出てきてほしいところですが。




夜はテレビで次回の対戦相手横浜の試合を見てました。
その前の浦和戦も少し見てて強いなぁとは思ってたんですが
昨日の試合は相手が格下の札幌ということもあり
3点も獲ってましたね。うらやましいー。


と、同時に素直に怖いと思いました。


この試合見てて感じましたが、後半早々の得点から
横浜が勢いづいて追加点を重ねていったけど
鹿島も前半キレキレだった金崎が早めに得点してたら
案外追加点取れて快勝だったかもしれないですね。


アウェーでリーグ初勝利、新加入選手たちの活躍、
ユニ事件とさえない内容ながらも記憶に残る1戦になりました。


あとはゆっくり疲れを取って金曜のマリノス戦に向け
しっかりと連携を高めていってほしいものです。

                         
                                  
        

2017 ACL 第2節 ムアントン戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 03/ 01
                 
■ACL グループステージ第2節 
鹿島アントラーズ 1-2 ムアントン・ユナイテッド
2017年2月28日(火) スパチャラサイ国立スタジアム 21:30キックオフ/12,569人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、植田 直通、昌子 源、三竿 雄斗
MF レオ シルバ、永木 亮太、レアンドロ、中村 充孝
FW ペドロ ジュニオール、赤崎 秀平


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 山本 脩斗、町田 浩樹
MF 土居 聖真 、三竿 健斗、遠藤 康
FW 鈴木優磨


【得  点】 47分 ペドロ ジュニオール


【交  代】 73分 赤崎 → 鈴木、74分 中村 → 遠藤


昨日は用事をやりながらのテレビ観戦で
ところどころ離席しながらの観戦でした。


遠く離れたタイの地で、移動の負担と過密日程の疲れもあるのに
スタメンにレオシルバがいたのには驚きました。
レオは奪うのはいいんだけど、その後がつながりませんね。
あちこち顔出して頑張りすぎるのも、周りとのバランスを
かえって崩しているようにも見えました。

そして、追いつかなければいけない状況なのに
交代がめちゃめちゃ遅くてイライラしました。
赤崎では正直点が取れる気がしませんでしたから。
後半早々にペドロのゴールで同点にしたもののストレス溜まりましたね。


交代は案の定、赤崎とあつたかでこれは当然で納得できたのですが
交代枠をひとつ余らせて最後に失点して終了するという・・・


この日は浦和がホームでFCソウルに5得点もとって快勝してるんですよね。

新戦力は即フィットするわけではないとは言えど
他のチームで新加入の選手達が活躍している姿を見ると複雑です。

昨日良かったのは昌子くらいで
試合中でかい声で指示だしてたのって
やっぱり昌子でしょうか?


ソガの後ろからの声っていうのの必要性をすっごく感じました。


解説でもさんざん言われてましたがミスパス多い。
同じチームで練習を重ねていたはずなのに
連携がぜんぜん出来てない。


去年終盤に見せたチームとしての一体感が
一気に崩壊してしまった感じだ。


そんな中、ペドロがチームメイトを鼓舞する姿が映って
それだけでもやたらに嬉しく感じてしまうくらいの試合でした。


そして、後半の優磨のPK失敗。
ついてないなぁと思い、こりゃ引き分け狙いでもしょうがないかと正直思ってました。


用事を済ませながらといいつつも
開始から終わりまでバッチリ見てしまったので
寝る前に落胆してしまい気分が下がりっぱなしでした。


次のリーグ甲府戦もあなどれませんよ。

応援へ行かれる方達のためにも
無様な戦い方だけはしないでほしい。