FC2ブログ
2019/01/01
2018/11/28
2018/10/03
2018/01/21
2017/11/25
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

音楽・ライブレポート

        

稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2018 真冬のライブハウスツアー@羽田 TIAT SKY HALL

category - 音楽・ライブレポート
2019/ 01/ 01
                 
あけましておめでとうございます🎍
今年もよろしくお願いいたします(^^)/


さて、年末は怪談ナイトを見に羽田まで行ってきました。


稲川淳二の会談ナイト 羽田




■ MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト
番外編~真冬のライブハウスツアー~
2018年12月28日(金)  18:00怪宴 満員御霊
羽田 TIAT SKY HALL


会場ははじめて聞く名前で、行ってみると羽田空港内の4階にある、
天井にミラーボールがついたイベントスペースのようなところでした。
かなり小さくて、舞台との距離が近いのにビックリ。
今回は入ってすぐにドリンク代600円を払いチューハイを手にして席についた。



定時になり消灯され諸注意のあと淳ちゃんが登場。


今年のライブツアーはもともと少なくする予定だったらしいけど、
気がついてみたらかなりの数をやることになっていたとのこと。


今回の怪談は五つでした。


● まず一発目はある列車での飛び込み自殺から端を発した怪談話し。

ある男性(名前を忘れたので淳ちゃん風に  仮にこの人をAさんとしましょうか)
Aさんは、ある朝列車の飛び込み自殺に遭遇します。
ホームは警察が駆けつけ、Aさんは自殺者のものと思われる
かかとのすり減った靴と、端のすり切れたビジネスバッグ、それに線路にある血だまりを見てしまいます。
そして、靴とカバンをどこかで見たようなぼんやりとした記憶があるのですがそれがなんだかわかりません。


バラバラになった死体が集められている様子で
どうやら右手だけが見つからないようでした…。



Aさんには、みよしという飲み屋で酒を酌み交わす仲間がいました。
いつも駅の伝言板にその仲間たちがメッセージを残すのですが
この日の朝は例の飛び込み自殺で大騒ぎとなっていてチェックし忘れていました。


Aさんが確かめにいくと仲間たちの伝言が残っています。
サラリーマンでAさんが試験のために参考書を貸していたトダさんも
「先にいっています」とメッセージを残しています。



その夜も、いつも通りに店に集まったAさんたちは酒を酌み交わします。


ところが、この夜帰宅したAさんは身も凍るような恐怖の体験をすることになる。
そして、飛び降り自殺を遂げた人物が誰であるのか明らかに…。



まぁなんとなく自殺者が誰であったのかは早くから容易にわかるわけですが、
淳ちゃんの血がポタポタッとしたたり落ちる表現方法などが恐ろしくて
展開がわかりながらもゾッとしましたね。



ところで、この前後、偶然にも身近で列車への飛び込み自殺があり、
シンクロを感じてしまいました。


これ以外にも私は最近とくにシンクロというか、予知能力というか、
不思議な出来事が立て続けに起こっていて「これは何なのか?」と
考えさせられることが多い日々を送っています。





さて、次のお話は以前どこかの会場で聞いたような記憶があります。



● ある社会人のテニス合宿の話しで、その準備を時間に余裕がある男女の大学生三人に託したことから物語はスタートします。

準備を終えた大学生たちが怪談話に興じていると、メンバーのカップルが現地に到着し彼らと合流します。

やってきたカップルは道中での不気味なエピソードを話し始めたが、
ドライブ中に起きたドスンという衝撃から、フロントガラスに現れた恐怖の出来事。
そして、彼らの目の前には大きなトラックが迫ってきて…



● 優秀でクラス全体が仲の良い、中学のクラス会のお話。

しかし、彼らの並外れた結束力は、ひとりの女子の犠牲の上に成り立っていたものだった。
その女子のやりきれなくて悲しい気持ちが伝わってくるようでなんともいえないものがあった。



● ある地方に住む男性のお話。

彼は車通勤から最近バス通勤に変えていた。
お酒が好きな彼は、バスでならお酒をセーブすることなく通勤出来るというものだったがこれには裏があった。

その男性がある日、バスで一組の母子と出会う。
実はその母子は男性がひき逃げした母子だったのだ。

子供は自分をひいたまま逃げ去った犯人を見つけようとする。

男性は運転手に助けを求めるが…。


最後は話すと涙が出てきてしまうという、あたたかい怪談話。


●淳ちゃんの知り合いの男性の若くして死亡した息子の物語でした。


今年の夏もこういったあたたかい怪談が好きだと言っていた淳ちゃん。

全身全霊で思いのこもった怪談を聞かせてくれました。


今回「あれっ?」と思ったのは、淳ちゃんが何度か登場人物の名前を間違えたこと。
(私の聞き間違いじゃなかったら)


疲れているだけで何かの病気でなければいいのだが、と余計な事を考えてしまった。


会談を聞き終わり、少し休んでから帰ることにした。



年末の金曜日とあってこの日が仕事納めの方も多かったのでしょう。
私がいたのは羽田の国際線の方でしたが、旅立って行く方たちの姿を目にしながら
フードコートでコーヒーを飲みながらくつろぎます。


羽田空港



空港の空間の広さと、いる人たちの旅立ちを待つワクワク感で溢れるエネルギーを感じて、
そのまま私も空港にいついちゃいそうな位に過ごしてしまいました。
あの空間に身を置くことで、すごく癒された。



正直はじめは「羽田遠いなぁ」というめんどくさい気持ちがあったのですが、
本当に行って良かったです!


羽田空港


クリスマスが終わり、羽田もお正月用の飾りつけがされていました。



羽田空港


まだまだ帰りたくないなぁと思いながらも、後ろ髪を惹かれつつ帰宅。


羽田空港


着物をキティちゃんがかわいい。


これで2018年のイベントは終了。


今年はどういう一年になるのか楽しみです。




************ 関連記事一覧 ************

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2014 稲川淳二の怪談ナイト
2014年8月23日 (土)  日本青年館

■ 稲川淳二怪談ナイトグッズ 2014

■ 稲川「すごろく」と真冬のライブツアー チケットボードがわかりづらい

■ 真冬の怪談ナイト@北沢タウンホール
2014年12月26日(金)  北沢タウンホール

■ 公演中に心霊現象を初体験!稲川淳二の怪談ナイト2016
2016年8月20日(土)  調布グリーンホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2017 稲川淳二の怪談ナイト
2017年9月15日(金)  日本青年館ホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト
2018年9月29日(土)  メルパルクホール

■ 稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2018 真冬のライブハウスツアー
2018年12月28日(金)  TIAT SKY HALL







            
スポンサーサイト
            
                                  
        

BON JOVI 「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE 2018 TOUR」@東京ドーム

category - 音楽・ライブレポート
2018/ 11/ 28
                 
5年ぶりに東京ドームへボン・ジョビの来日公演を見に行ってきました。
これまで単独じゃないものも含め、彼らのライブへは何度足を運んだことか。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




ちょいと余裕をこいてしまい、着いた時には予想通りの混雑で、
屋外のグッズ売り場は長蛇の列。


東京ドーム



あきらめて仕方なく中へ入ると会場内のグッズ売り場は
10~15分待ち程度で購入できるとのこと!
ということで、ツアーパンフを買いました。



■BON JOVI THIS HOUSE IS NOT FOR SALE 2018 TOUR
2018年11月26日(月) 東京ドーム
17:30開場  19:00開演


予定時間ちょうど位に始まったライブ。
海外アーティストのライブというと昔は「いつ、はじまんだよ~」って感じでしたが、
このところはさしたる遅れもなくはじまるので時間が読みやすい。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



今回のライブの演奏曲は下記のとおり。


This House Is Not for Sale
Raise Your Hands
You Give Love A Bad Name
Whole Lot of Leavin’
Lost Highway
Runaway
Roller Coaster
When We Were Us
Born to Be My Baby
It’s My Life
God Bless This Mess
We Don’t Run
Keep the Faith
Bed of Roses
Lay Your Hands on Me
Who Says You Can’t Go Home
I’ll Sleep When I’m Dead
Bad Medicine

アンコール

We Weren’t Born to Follow
Blood On Blood
I’ll Be There For You
Wanted Dead or Alive
Livin’ on a Prayer



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



3曲目では彼らの名が広く知れ渡った初の全米No.1ソング
「You Give Love A Bad Name」というこれまた魂が震え上がる名曲が演奏された。


東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




オールドファンの自分にとってはやはり全盛期80年代の曲が
一番盛り上がります。



そして現在から過去にカウントダウンしていき1983年で止まると
デビューシングル「Runaway」へ。


心憎い演出と懐かしい曲に酔いしれましたが、
これをやるなら是非「She Don't Know Me」もやってほしかった。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



「Born to Be My Baby」の次の「It’s My Life」も異様に盛り上がったが、
若いファン的にはここらあたりから入った人が多いのかな?


よく「It’s My Life」は大ヒット曲と表現されるが、
私としてはすでに全盛期が終わっていた印象がある。
商業的にもシングルやアルバムで1位(ビルボードの)がとれなくなっていた頃だし。


まぁともかく、若いファンをも巻き込み会場内は大興奮状態となっていた。


ボンジョビのファン層は若い世代も多いので、
全盛期からのファンだけでないことで
これだけの動員数を誇れるのでしょうね。



「Bad Medicine」ではステージの両脇に赤十字マークが。


東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




アンコールは長めで、ラストにきてこれまた私の好きな曲が。


地味だけど「Blood On Blood」

「I’ll Be There For You」「Wanted Dead or Alive」と80’sの曲が続きます。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




そして、最後は「Livin’ on a Prayer」で会場は大合唱。
この曲を聞くたびにリッチー・サンボラを思い出してしまう。
やはり全盛期のメンバーでライブが見たかった。


それと「Never Say Goodbye」もやってほしかったなぁ。
あの曲すんごく良くて大好きなんだけど。
ツレの話では前回もやらなかったと言っていたので、
次回はぜひぜひ演奏を!



終わってみれば21時半と約二時間半という長丁場でした。


アーティストの日本のファンに満足してもらおうという
意気込みが伝わってくるライブでとても満足して帰ることが出来た。


東京ドーム




帰り道、ツレが


「五年ぶりってことは、1回逃すと五歳年を取るってことだね。」って言葉が
胸に刺さり、やはり行きたいものはチャンスを逃さずに行かねばと決意を新たにしました。






                         
                                  
        

稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2018@メルパルクホール

category - 音楽・ライブレポート
2018/ 10/ 03
                 
先日、怪談ナイトへ行ってきました。
今年は真夏に怪談を聞きに行きたかったのですが、もうすっかり秋ですね。



台風が接近しているとかで、この日は朝から雨模様、気温もやや低めな一日。
日々の疲れが溜まっていた日で、うっかりして玄関先にスマホを置いてきたまま家を出てしまいました。
怪談ナイトが始まるまで鹿島vs神戸戦の状況をチェックしようと思っていたんですが・・・。


都営大江戸線の大門駅で降りて会場の方向へ歩いていくと、目の前にでっかいバスが見えてきた。



MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト


大門駅からは近いんですが、これがいい目印となりました。
開場は午後の4時からだったんですが、その前から入ることが出来ました。


去年買えなかった「こなきもち」目当てで早めに到着しグッズ売り場へ行ってみると、
こなきもちは販売自体がされていなかったのかラインナップにはその名前はありませんでした。
ということで、今年もグッズは購入せず。



開演までゆっくりと時間を過ごし、ようやく4時半になり怪談ナイトがスタート!


MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト



■ MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト
2018年9月29日(土) 16:30怪宴 満員御霊
メルパルクホール

この日のチケットは完売で、機材席を整理し当日券が若干数でた模様。
ということで、2階席の後ろの方までびっしりとお客さんが座っていました。


空席も多少はあったのですが、開始に間に合わなかったお客さんがポロリポロリときて、
私の周辺は結局きちんと埋まっていた。


MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト


16時になると会場が暗くなり提灯を持ったお姉さんが諸注意の案内をしにやって来た。
そして、いよいよ淳ちゃんの登場です。


お客さんからの「淳二!」、「座長!!」、「怪談じじい!!」の声に、
「ありがとう!」とこたえる淳ちゃん。




今回のセットは洋館の吹き抜けがあるロビー風なかんじで、シャンデリアが飾られていて
なかなかモダンな作りになっていました。

まずは淳ちゃんの近況報告で、かなりお医者さんに定期的に通っていることがわかった。
気管支も患っているようで、この日も語りの途中に何度か咳が出ていましたね。
うーん、でもかかりつけの医者より淳ちゃんの方が元気のような気が。


また怪談ナイトのお客さんのことも話していた。
年齢層が幅広くとても良いお客さんに恵まれていると感謝していましたよ。


本当に、年齢層が広いだけでなく、とてもバラエティに富んでいるんですよね。
カップルで来る人、グループで来る人、また一人で来る人も多いんですが、
お客さんのタイプがバラバラで見ているだけで楽しい。
皆さん、どんなキッカケでファンになりチケットを購入したんだろう?


前説が終わり、そろそろこの日の怪談が始まります。

まだツアーは終わってはいないので、ネタバレになってもまずいので、
非常に抽象的でなんだかわかんない文章となっています。



■まずは以前、淳ちゃんがテレビによく出ていた頃知り合いになった、
エキストラをやっていたヤタベ君(?確か・・・)の怪談話から。


役者だけでは食えず、池袋のキャバレーでバイトを始めたところ、
オーナーが一軒家を所有していてそこが空き家だったために、
家賃なしでヤタベ君がレンタカーで引っ越しをし入居することになります。


2階建ての古い一軒家には、なぜか畳がない部屋がひとつだけあり、
ヤタベ君はその隣の和室で寝ることにするのだが。
ある夜、派手なシャツを着た小指のない珍客が訪問してきます。
シャツがはだけると刺青がちらつくその男は「アニキおる?」と尋ねてくる。


ヤタベ君は池袋をよく知っている常連客にこのことを話しある昔話を聞かされるのだが・・・。


うーん、そのアニキの話がなんともエグくて、想像するとグロくて怖かった。
両手の小指と薬指、片耳、顔面を淳ちゃんに誘導されるまま、
頭の中に描いてしまったのだが、むごたらしい。
それに加えて血だらけのハサミかぁ。



■お次は一転、心温まる親子のお話。
淳ちゃんは、怪談は”事件”じゃないと言っていたが、
こういうのがそれにあたるんでしょうね。


小学校二年生で亡くなったある娘の父(タツタさん?)に対する愛情が感じられて、
非常に地味な話ではあるけど印象に残りました。


淳ちゃんは茨城に工房を持っていますが、その茨城の話が聞けたのも良かった。
私は東京生まれの育ちで未だに都心の方に住んでいますが、
こちらでも茨城みたいな温かい交流たまにあるんですね。
こういう人と人とのふれあいが感じられるストーリーは聞いてるこちらも嬉しくなります。


怪談ですが、全く怖くなく心の奥がジーンと温かくなるお話でした。


■踏切シリーズ

さて、怪談も後半へ。
これもまたどれもが印象に残る、怖い話だった。

私は踏切があるところに住んだことがあまりないのですが、
開かずの踏切で起こる惨劇、こちらも想像すると背筋が寒くなるものばかり。


大衆の目前で、上下真っ二つに切断した女性の話しや、
首なし死体の、首発見時のストーリーなど、どんどん話に引き込まれていった。
しかし、100mってすごいし、老夫婦もビックリ腰を抜かしただろうなぁ。


極めつけは最後のやつ。

木造の古いアパートが、近くの女子大生ばかりが住む女子寮みたいになっていて、
それだけに彼女たちが無防備で暮らしてしまうっていうのはすごくよくわかる。


アパートの1階に住む女の子が中年男の覗き見に対して仕返ししてやろうと、
ちょっと意地悪で仕組んだある仕掛けが引き起こした惨劇。


こちらも”踏切”が絡んできます。


青い半透明の壁に細工した虫ピンが、思わぬ事故を引き起こしますが、
こらしめてやろうと軽い気持ちでやったのに、あのような結末になってしまうとは。


この話が終わったときの舞台が赤く染まる演出にドキリとしました。



怪談が終わると、恒例の心霊写真のコーナーへ。


毎年出てくるあの写真も登場しましたが、どうやら顔が薄まってきているらしく、
もしかしたらこのまま消えてしまうのではないかと淳ちゃん心配してましたね。
来年はどうなるんでしょう?


私は去年見たのもあまりよく覚えておらず、従って比較出来ずそうなんだぁ~と思うだけでしたが。


これ以外には心霊写真ではないものも紹介して詳しく解説してました。

そして、すべてが終わり淳ちゃんがステージの横から横へ移動しながら、
1階、2階のお客さんに手を振り深く一礼して去って行きました。


公演が終わりタブレットを借りて鹿島の状況をチェックすると、
なんと5-0で神戸に勝っていた。
相手が調子が悪そうなので、このところの勢いからして勝つとは思ってたが、
まさか5点も入れてしまうとは・・・。


気分もよく会場を後にし、この日はあまり来ることがない大門で飲むことにしました。




さて、この日は会場で12月に行われる真冬のライブハウスツアーの
羽田公演のチケットを販売していました。

12月29日は完売で、12月28日のみでしたが、こちらも残り僅かとのこと。
行きたいなと思われる方は早めに手配した方がいいです。


こちらは9月22日から販売開始となったわけですが、
その二日後に私がチケットを買おうとwebを見た時には
すでに29日が売り切れになっていました。


28日も売り切れたらやばいとすぐにチケットを購入。
ですので、今年は夏のツアーだけではなく、冬のツアーにも参加します。


ということで、また年末あたりにお会いしましょー♡



************ 関連記事一覧 ************

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2014 稲川淳二の怪談ナイト
2014年8月23日 (土)  日本青年館

■ 稲川淳二怪談ナイトグッズ 2014

■ 稲川「すごろく」と真冬のライブツアー チケットボードがわかりづらい

■ 真冬の怪談ナイト@北沢タウンホール
2014年12月26日(金)  北沢タウンホール

■ 公演中に心霊現象を初体験!稲川淳二の怪談ナイト2016
2016年8月20日(土)  調布グリーンホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2017 稲川淳二の怪談ナイト
2017年9月15日(金)  日本青年館ホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト
2018年9月29日(土)  メルパルクホール

■ 稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2018 真冬のライブハウスツアー
2018年12月28日(金)  TIAT SKY HALL






                         
                                  
        

ボビー・コールドウェル(Bobby Caldwell )@ビルボードライブ東京 

category - 音楽・ライブレポート
2018/ 01/ 21
                 
2018年1月20日(土) 16:30開演
Bobby Caldwell  Billboard LIVE TOKYO



久しぶりに六本木にあるBillboard LIVE TOKYOで行われた
ボビー・コールドウェルのライブに行ってきました。



Bobby Caldwell




いつものように一曲目は「Special To Me」からスタート。




2曲目は私の好きな「Stay With Me」でした。





ここは立地もいいのですが、会場内もあまり広くなく
アーティストが身近に感じられてとても一体感があります。
通常のコンサート会場もいいのですが、程よい空間と
お洒落な雰囲気が好きでお気に入りのスポットのひとつです。


今回は彼の曲の中でも一番好きな「Heart Of Mine」がロングバージョンで演奏されました。






その後はやはり「What You Won't Do for Love」で盛り上がりましたね。




この時代を知っている人はもちろんのこと、リアルタイムで聞いていなかった
若い世代でも魅了されるロマンティックな曲が盛沢山でした。


場内が暗くなった時にはまだ杖をついていたボビーさん。
このあたりはちょと気になるところでしたが
体に気を付けてまた素敵なライブを見せてほしいですね。


SAXの彼も演奏しながら会場内をぐるぐると回ってきてくれ
そのサービス精神に来ていたお客さんたちも大満足の様子。


ここは大人が楽しめるライブスポットで落ち着いていて粋な空間です。
また以前のように行きたいアーティストが来日して
一年に何回か行けるといいなぁ。



今年は行きたいライブは全て行くぞ~っと意気込んでおります。



                         
                                  
        

Huey Lewis & The News @オーチャードホール

category - 音楽・ライブレポート
2017/ 11/ 25
                 
HUEY LEWIS AND THE NEWS -- ALL THE HITS --
2017年11月22日(水) オーチャードホール
18:30開場  19:00開演


今週はオーチャードホールで行われたヒューイ・ルイスのライブへ行ってきました。


ヒューイ・ルイス


一曲目は定番”Heart Of Rock N' Roll”でした。







大ヒットアルバム”Sports”の1曲目でもあり、
オープニングを飾るにふさわしいノリの良さもある。



そして、2曲目は私が彼らの曲の中でも一番好きな”If This Is It”!
これを聞くと元メンバーだったギタリストのChris Hayesを思い出します。
小柄な彼だがこの中で一番ハンサムで大好きだった。





前に来た時にプレイしないことがあってがっかりしたが
今回はいきなりやってくれて大感動♪
個人的には終盤の方がよかったが・・・。




Huey Lewis & The News Japan Tour 2017


そして、”Jacob's Ladder”、”Hip To Be Square”と
ヒット曲が続きます。










その後短いトークがあって”I Know What I Like”へ。







本当にヒットした曲が多い彼ら。
どれをとってもいい曲ばかりでテンションも上がります。


”Do You Believe In Love”、”Doin' It All For My Baby”、
”Perfect World”、”Walking On A Thin Line”と立て続けに演奏。














その後、メンバー紹介があり、アカペラ曲が1曲演奏されました。
アカペラといいながらちょっと楽器の演奏もありましたが。



次は” Back In Time”だったかなぁ。
これはかなり自信ありません。なんか1曲やりました。



その後は、”Heart And Soul”、”I Want A New Drug”。









そして最後は90年代のシングルでトップ10入りまであと少しだった
ノリのいい”Couple Days Off”で会場内の熱気もヒートアップ!







~アンコール~


Huey Lewis & The News Japan Tour 2017




Power Of Love






Stuck With You






Workin' for a Livin'







充分過ぎるくらい、楽しんだ一日で
大満足して会場を後にしました。





オーチャードホール クリスマスツリー


早いものでクリスマスまであと1か月。

オーチャードホール入口に飾られていたクリスマスツリー。