FC2ブログ
2020/01/21
2019/10/08
2019/09/29
2019/01/01
2018/11/28
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

音楽・ライブレポート

        

ベリンダ・カーライル(Belinda Carlisle)@ビルボードライブ東京

category - 音楽・ライブレポート
2020/ 01/ 21
                 
先日は六本木のBillboard Live TOKYOで
ベリンダ・カーライルのライブを見て来ました。



■2020年1月18日(土) 16:30開演
Belinda Carlisle  Billboard LIVE TOKYO



この日は、午前中から東京ではみぞれ(?)が降りものすごい寒い一日でした。


ランチに出たときも寒すぎて震えたところへもってきて
入った店がこれまた嘘のように寒くて凍り付いた。


ライブ会場があるミッドタウンでランチを済ませればよかったと激しく後悔。
お昼を食べた後はすぐにミッドタウンに引き返して地下のカフェでくつろいでいました。
カフェは狭く相席しかあいてなかったので、店外でコーヒーとスイーツを。


これがまたおいしくて、場所も落ち着けて気が付いたらいい時間に…。

地下から4Fに移動してライブ会場へ。


ベリンダ・カーライル(Belinda Carlisle)@ビルボードライブ東京



ベリンダさん、登場するとすぐに靴を脱いで裸足のまま歌ってました。

この日来てた洋服が私好みですっごい素敵。
思わず「似たようなの持ってる!」と嬉しくなってしまった。


さて、曲はやはりお馴染みのヒット曲が中心でした。

演奏した順番ではないですがこんな感じ。






この曲すっごい好きでした。






「Heaven Is A Place on Earth」はアンコールかなと思ったのですが
アンコールの少し前にやりました。


























アンコールではゴーゴーズ時代の曲も披露。







当時のBillboardのNo.1 Songをはじめキャッチーな曲が多く
曲が進むにつれて場内も盛り上がりとても良いライブでした。

寒かったけど行って良かったです~。


Billboard LIVE TOKYOは六本木にある東京ミッドタウンの4Fにあります。
ここはたまに美術館へも遊びに来るので私にとってはお馴染みの場所。


広々としてお洒落で高級感がありとてもいい雰囲気で気に入っています。


東京ミッドタウン


東京出身の私にとって六本木は子供の時から遊びに来ていた場所であり
社会人になってからもお勤めしていた場所でもあります。


思い出が沢山の六本木はやはり落ち着けるのでいいですね。




            
スポンサーサイト



            
                                  
        

Night Ranger Live in Japan 2019 マイナビBLITZ赤坂

category - 音楽・ライブレポート
2019/ 10/ 08
                 
5年ぶりにナイト・レンジャーのライブへ行ってきました。

Night Ranger Live in Japan 2019 マイナビBLITZ赤坂


■2019年10月5日(土) 18:00開演
Night Ranger マイナビBLITZ赤坂



今回はBLITZ赤坂ということで、これまた久しぶりの赤坂。
最後にここを訪れた時はまだ赤坂ブリッツでしたが
いつの間にか”マイナビ”がついていてビックリ。



ちょっと体調を崩していたため赤坂見附で降りてから赤坂まで歩き
会場近くでちょっと遅めのランチをしつつお休みしてました。


開場時間も近くなりその少し前に店を出てブリッツまで行くと
整理番号順に整列が始まっていた。


Night Ranger Live in Japan 2019 マイナビBLITZ赤坂





会場に入ると人が多くオールスタンディングのため適当なところに場所を確保。
ワンドリンク制なので連れに飲み物を頼み待機。


Night Ranger Live in Japan 2019 マイナビBLITZ赤坂


ライブ終了後にツアーパンフを購入し後で知ったのですが
「DAWN OF MADNESS WORLD TUOU 1982 VS 1983」とあり
今回のライブは彼らのデビューアルバム「DAWN PATROL」(1982年)と
セカンドアルバム「MIDNIGHT MADNESS」(1983年)の中から演奏された。



Night Ranger Live in Japan 2019 マイナビBLITZ赤坂

パンフのDISCOGRAPHYを見ると2017年に最新アルバムをリリースしているみたいだが
やはりファンが聞きたいのは全盛期の曲よね。

そうなるとどうしても「BIG LIFE」位までになるのかな?

「MIDNIGHT MADNESS」は絶対に外せない。


Night Ranger Live in Japan 2019 マイナビBLITZ赤坂


ライブの方は「Don't Tell Me You Love Me」で元気よくスタート!
記憶が曖昧ですが前半は「DAWN PATROL」から全曲位やったのかな?
「Night Ranger」もやったし。


一度メンバーが休憩を取るためステージを降りるのですが
次は「MIDNIGHT MADNESS」だよって言ってて
ワクワクしながら出てくるのを待ちます。




Night Ranger Live in Japan 2019 マイナビBLITZ赤坂


後半は予告通りに「(You Can Still) Rock In America」「Sister Christian」
そしてジャック自身が大好きだという「When You Close Your Eyes」など
セカンドアルバムの曲がバッチリ演奏された!


セールスやヒットチャートの順位でいうと「Sister Christian」に劣りますが
個人的には「When You Close Your Eyes」が一番好きかもしれない。
もちろん他にも好きな曲は沢山あるけど。


そういう意味では「Sentimental Street」が聞けなかったのが残念。
あの曲も何気に気に入っているんですよね。


最後は3rdアルバムからおなじみの「Goodbye」で〆た。


さて、メンバーは前回私が見に行った時と変わらず。
願わくばオリジナルの5人が見たかったですが
ジャック、ケリー・ケイギー、ブラッドの三人が残っているのは嬉しい。


前に現キーボードのエリックが、オリジナルのアランに超似てて
「オリジナルが4人もいる!」と勘違いし興奮したことを覚えています。


軽快でキャッチーな彼らの曲で心地よくノッて楽しい一日が過ごせた。


次回の来日公演も楽しみです!


                         
                                  
        

稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2019@メルパルクホール

category - 音楽・ライブレポート
2019/ 09/ 29
                 
今年もおなじみ稲川淳二の「怪談ナイト」へ行ってきました。


稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2019@メルパルクホール




夏場に行きたかったのですが今年もなにかとバタバタしており
いざチケットを買おうとしたときにはすでに売り切れ。





またしても9月終わりになってしまった。
とはいえ、この日は午前中夏のような暑さで
午後になってから曇り秋らしい一日となりました。
場所は前回と同じくメルパルクホールです。
あれからちょうど一年…。


稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2019@メルパルクホール



■ MYSTERY NIGHT TOUR 2019 稲川淳二の怪談ナイト
2019年9月28日(土) 16:30怪宴 満員御霊
メルパルクホール


お昼ごろから新宿へ出かけ大門に着いた時にはまだ時間が早かったため
会場近くのタリーズで一休み。


席に着いた時には五分前というギリギリになってしまった。

セットは古民家のような感じで玄関前には瓶ビールを入れる黄色い籠が積まれています。
今回はセットに関しては触れず当日披露する怪談に少し触れスタートです。





◆まずは幽霊なのかなんなのか不思議な女性のお話から


四十代の男性・大久保さんは仕事で相模大野へ行った。
彼は大学二年まで寮生活だったが勉強する環境に適さなかったことから
マンションへの引っ越しを考えた。


そこで、住んだのが相模大野。
大久保さんは当時を思い出し懐かしくなりマンションまで足を運んだが
現在では誰も済んでおらず廃墟となっていた。



学生時代101号室には不動産屋でも噂を聞いていたケバい女性が住んでいた。
引っ越し初日に大久保さんはその女性・スミコさんから所有する二台のテレビのうち
一台を借りることになった。


ある夜、寝ようと思った大久保さんの部屋をテレビの故障を理由にスミコさんが訪ねてきた。
彼女は噂通り紫のスケスケのネグリジェをまとい下着が透けて見えるという恰好で
香水の香りを漂わせている。
若い大久保さんは狭い部屋で二人で過ごすことに息苦しさに似たようなものを感じて
彼女がテレビを見ている時間散歩に出かけた。


スミコさんはまた来るようなことを匂わせて帰る。


大久保さんは思いを寄せていた学校の友人・カシワギ サトミさんにそのことを打ち明け
彼女の写真を借りると部屋に飾った。

再びスミコさんがスケスケのピンクのネグリジェを着てカレーと炊飯器を持って来た。
彼女は大久保さんの思惑通りサトミさんの写真に目を留め
二人が付き合っていることを確認して以来、大久保さんの部屋を訪れることがなかった…。



果たしてスミコさんの正体と狙いはなんだったのか?
大久保さんはコレがきっかけでその後サトミさんと結婚出来たようだが。



◆続いては長野県での怖いお話


マサキさんは車で山道を走っていたところ、暗がりである女性と遭遇。
彼女は”クミをさがしてほしい”という。


謎の女の案内でマサキさんは遭難したらしいクミ探しに協力する。
クミの特徴は髪が長くやせ形でピンクのウインドブレーカーを羽織っているらしい。

大声でクミの名前を呼び歩くうちどこかで声が聞こえてきた。
そのうちマサキさんは謎の女性もクミの特徴に似ていることに気がつく。
この寒い中、彼女もまたウインドブレーカーしか着ていない。
しかも、彼女の首はかくっと折れたように曲がっている。


辺りは一面真っ暗で、嫌な予感がしたマサキさんは怖くなり元来た道を引き返してきた。
だが正体不明の声がマサキさんを逃がさないように追ってくる。


そこへマサキさんの車が放置されているのを発見したAさんがマサキさんを探しに来た。


この後、マサキさんは自分が引き返した場所が崖であと少しで転落していたことを知る。
そして、ついにクミと思われるピンクのウインドブレーカーを着た女性を発見する…。
どうやら二十五歳のクミは三か月ほど前から捜索願が出されていたらしい。

だが、怖いのはクミではなくそこで見つけたあるものだった。



◆淳ちゃんがまだテレビの仕事をやっていた頃のお話


先輩、後輩の関係にある番組ディレクターが体験した怪談。


ある番組で古い町並みが残っている栃木県を取材した。
そこで話好きの爺さんを取材したあと、撮影終了後爺さんとの約束通り
二人のディレクターはその家へ戻った。


爺さんは婆さんと広い家で二人暮らしで、母屋の裏にはある場所から移設した
古い無人の建物が建っている。
酒も入ったことから二人はそこで一泊してから帰ることになった。


ガランとした広い部屋で寝ようとしたところ、後輩ディレクターは先輩の背後に
見知らぬ男の顔を発見し悲鳴をあげた。
薄気味悪い部屋には”ギー、ギーッ”ときしむような音が聞こえている。


さらにその後、後輩ディレクターは先ほど顔があった下の方に
二本の足を見つけて思わず部屋を飛び出して行った…。



◆淳ちゃんの心霊探訪から端を発したお話


洞窟のようなアーチ形のトンネル。
そのトンネルの先は行き止まりになっていてトンネル自体も下半分が
意図的に埋め立てられている。


そして、話はある廃墟へと移る。

そこは廃墟と言いながらも人が立ち入ったりして、ある事件も起きたらしい。

A君、B君、C君の三人はその廃墟を探索しに行く。
まずリーダー格のA君がひとりで廃墟に入って行った。


そこで物音を聞きつけその正体を探ると
潰れた椅子の下から携帯電話を発見し出てみた。


どうやら相手はその携帯電話の持ち主の女のようで
上まで持ってきてほしいという。
A君は階段を上り女を見つけようとするがどこにもいない。


ところが、女はA君の目の前にいるという。


そこには黄色の「立ち入り禁止」のテープが張られ
床には人型が白いチョークで描かれている。

怖くなったA君は悲鳴をあげながら廃墟を出ると
待っていたB君、C君にたった今起きた出来事を話した。

今度は三人で廃墟に入るがそこで見たものは…


怪談はこれで終わりで心霊写真のコーナーへ行くかと思いきや
最後に悲しいような人の思いが伝わる温かいような複雑なお話へ。



●神風特攻隊


8月15日が終戦記念日と言われていたが、最近では終戦の日と言われるようになってきた
という前振りからこれまでいろいろと調べてきてようやっと話せるようになったという
戦争にまつわるお話が始まります。


それはある若い女性と、特攻隊員となり片道の燃料だけで沖縄に飛ばされた
若い男性の物語。


女性は男性から自分の母親に似ているといわれ、お嫁さんにしてほしいとねだるが
男性が特攻隊員で沖縄へ飛び立つことが決まっている以上叶わぬ願望だった。



女性はかつての思い出の地を訪れるが、もうここへ来れるのも今年が最後だと報告する。
その最後の訪問で女性が見たある風景。



私は今月、「特攻隊員」に絡む古いドラマの再放送を見てブログにも書いたのだが
その後も、戦中の隠しておきたかったつらい体験を告白された方々の記事を
ネットで読んでいつになく戦争について考えさせられていた。


それだけにこの「神風特攻隊」のお話はジーンとくるものがあった。
物語の背景に思いを馳せた時、彼らの無念さが伝わってきてやりきれない気持ちになった。


しかし、今年の怪談ナイトは特攻隊だけでなくシンクロが多かった。
そういう意味でも思い出深い回となった。


そして、心霊写真のコナーへ。

今年も毎年登場する沼から顔を出す青年の顔がぼやけて
不気味さが失せてきている様子や

心霊写真に見えて車上荒らしの瞬間をとらえたものだったりと
ちょっと多めに紹介された。


また心霊写真かと思いきや実はスタッフの足だったというところから
そのスタッフこなきじじいへと話題が移って行く。
このこなきじじいは、こなきもちの人よね。


こなきじじいのソツがあるというところから彼がしでかした
数々のエピソードを披露。
最後は別居中の住所がわからないけど親類の葬儀では会う事もある奥さんとの
自虐的な話題も出て笑いをとっていました。



いつもだいたい2時間位でちゃんと終わるイメージがあって
「時間管理すごいな」と思っていたんだけど会場を出て時計を見たら18:44だった。




稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2019@メルパルクホール



さて、怪談ナイトで私が一番好きだったのは
2017年に新しくなった日本青年館で行われたやつでした。


先月、CSのファミリー劇場で「稲川淳二のこわい話」の新しいバージョンが放送され
特に期待することもなく軽い気持ちで見たのですが
なんとその2017年で紹介された話がいくつか出てきて思わず録画ボタンを押してしまった。


なるほど、あの話にはこんなタイトルをつけたのかと思いながら
日本青年館で体感したあの雰囲気とテレビ鑑賞での違いも楽しみながら見た。
ただ 怪談ナイトと違い最後のオチがテレビではなかったりして
会場で聞く怪談のありがたみを感じました。




しかし、チャンネルを回している途中で怖い話をやっていることに気がついて見たので
一番見たかった福富さんの話しは逃してしまった。
9月、10月も再放送はされないようだが、ファミ劇は結構再放送をやるので
今年中にはまた放送されるのではないかと毎月1日のラインナップ更新を
目を皿のようにしてチェックし続けます。



おそらく年末あたりにもう一度やるのではないかと勝手に予想。



福富さんの話しは、会場で聞いた時サーっと鳥肌が立つような怖さを感じて
「もう一度聞きたい」と強く思っていたお話でした。


ファミ劇で放送予定に載ってきたら絶対録画せねば!




************ 関連記事一覧 ************

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2014 稲川淳二の怪談ナイト
2014年8月23日 (土)  日本青年館

■ 稲川淳二怪談ナイトグッズ 2014

■ 稲川「すごろく」と真冬のライブツアー チケットボードがわかりづらい

■ 真冬の怪談ナイト@北沢タウンホール
2014年12月26日(金)  北沢タウンホール

■ 公演中に心霊現象を初体験!稲川淳二の怪談ナイト2016
2016年8月20日(土)  調布グリーンホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2017 稲川淳二の怪談ナイト
2017年9月15日(金)  日本青年館ホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト
2018年9月29日(土)  メルパルクホール

■ 稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2018 真冬のライブハウスツアー
2018年12月28日(金)  TIAT SKY HALL

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2019 稲川淳二の怪談ナイト
2019年9月28日(土)  メルパルクホール





                         
                                  
        

稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2018 真冬のライブハウスツアー@羽田 TIAT SKY HALL

category - 音楽・ライブレポート
2019/ 01/ 01
                 
あけましておめでとうございます🎍
今年もよろしくお願いいたします(^^)/


さて、年末は怪談ナイトを見に羽田まで行ってきました。


稲川淳二の会談ナイト 羽田




■ MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト
番外編~真冬のライブハウスツアー~
2018年12月28日(金)  18:00怪宴 満員御霊
羽田 TIAT SKY HALL


会場ははじめて聞く名前で、行ってみると羽田空港内の4階にある、
天井にミラーボールがついたイベントスペースのようなところでした。
かなり小さくて、舞台との距離が近いのにビックリ。
今回は入ってすぐにドリンク代600円を払いチューハイを手にして席についた。



定時になり消灯され諸注意のあと淳ちゃんが登場。


今年のライブツアーはもともと少なくする予定だったらしいけど、
気がついてみたらかなりの数をやることになっていたとのこと。


今回の怪談は五つでした。


● まず一発目はある列車での飛び込み自殺から端を発した怪談話し。

ある男性(名前を忘れたので淳ちゃん風に  仮にこの人をAさんとしましょうか)
Aさんは、ある朝列車の飛び込み自殺に遭遇します。
ホームは警察が駆けつけ、Aさんは自殺者のものと思われる
かかとのすり減った靴と、端のすり切れたビジネスバッグ、それに線路にある血だまりを見てしまいます。
そして、靴とカバンをどこかで見たようなぼんやりとした記憶があるのですがそれがなんだかわかりません。


バラバラになった死体が集められている様子で
どうやら右手だけが見つからないようでした…。



Aさんには、みよしという飲み屋で酒を酌み交わす仲間がいました。
いつも駅の伝言板にその仲間たちがメッセージを残すのですが
この日の朝は例の飛び込み自殺で大騒ぎとなっていてチェックし忘れていました。


Aさんが確かめにいくと仲間たちの伝言が残っています。
サラリーマンでAさんが試験のために参考書を貸していたトダさんも
「先にいっています」とメッセージを残しています。



その夜も、いつも通りに店に集まったAさんたちは酒を酌み交わします。


ところが、この夜帰宅したAさんは身も凍るような恐怖の体験をすることになる。
そして、飛び降り自殺を遂げた人物が誰であるのか明らかに…。



まぁなんとなく自殺者が誰であったのかは早くから容易にわかるわけですが、
淳ちゃんの血がポタポタッとしたたり落ちる表現方法などが恐ろしくて
展開がわかりながらもゾッとしましたね。



ところで、この前後、偶然にも身近で列車への飛び込み自殺があり、
シンクロを感じてしまいました。


これ以外にも私は最近とくにシンクロというか、予知能力というか、
不思議な出来事が立て続けに起こっていて「これは何なのか?」と
考えさせられることが多い日々を送っています。





さて、次のお話は以前どこかの会場で聞いたような記憶があります。



● ある社会人のテニス合宿の話しで、その準備を時間に余裕がある男女の大学生三人に託したことから物語はスタートします。

準備を終えた大学生たちが怪談話に興じていると、メンバーのカップルが現地に到着し彼らと合流します。

やってきたカップルは道中での不気味なエピソードを話し始めたが、
ドライブ中に起きたドスンという衝撃から、フロントガラスに現れた恐怖の出来事。
そして、彼らの目の前には大きなトラックが迫ってきて…



● 優秀でクラス全体が仲の良い、中学のクラス会のお話。

しかし、彼らの並外れた結束力は、ひとりの女子の犠牲の上に成り立っていたものだった。
その女子のやりきれなくて悲しい気持ちが伝わってくるようでなんともいえないものがあった。



● ある地方に住む男性のお話。

彼は車通勤から最近バス通勤に変えていた。
お酒が好きな彼は、バスでならお酒をセーブすることなく通勤出来るというものだったがこれには裏があった。

その男性がある日、バスで一組の母子と出会う。
実はその母子は男性がひき逃げした母子だったのだ。

子供は自分をひいたまま逃げ去った犯人を見つけようとする。

男性は運転手に助けを求めるが…。


最後は話すと涙が出てきてしまうという、あたたかい怪談話。


●淳ちゃんの知り合いの男性の若くして死亡した息子の物語でした。


今年の夏もこういったあたたかい怪談が好きだと言っていた淳ちゃん。

全身全霊で思いのこもった怪談を聞かせてくれました。


今回「あれっ?」と思ったのは、淳ちゃんが何度か登場人物の名前を間違えたこと。
(私の聞き間違いじゃなかったら)


疲れているだけで何かの病気でなければいいのだが、と余計な事を考えてしまった。


会談を聞き終わり、少し休んでから帰ることにした。



年末の金曜日とあってこの日が仕事納めの方も多かったのでしょう。
私がいたのは羽田の国際線の方でしたが、旅立って行く方たちの姿を目にしながら
フードコートでコーヒーを飲みながらくつろぎます。


羽田空港



空港の空間の広さと、いる人たちの旅立ちを待つワクワク感で溢れるエネルギーを感じて、
そのまま私も空港にいついちゃいそうな位に過ごしてしまいました。
あの空間に身を置くことで、すごく癒された。



正直はじめは「羽田遠いなぁ」というめんどくさい気持ちがあったのですが、
本当に行って良かったです!


羽田空港


クリスマスが終わり、羽田もお正月用の飾りつけがされていました。



羽田空港


まだまだ帰りたくないなぁと思いながらも、後ろ髪を惹かれつつ帰宅。


羽田空港


着物をキティちゃんがかわいい。


これで2018年のイベントは終了。


今年はどういう一年になるのか楽しみです。




************ 関連記事一覧 ************

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2014 稲川淳二の怪談ナイト
2014年8月23日 (土)  日本青年館

■ 稲川淳二怪談ナイトグッズ 2014

■ 稲川「すごろく」と真冬のライブツアー チケットボードがわかりづらい

■ 真冬の怪談ナイト@北沢タウンホール
2014年12月26日(金)  北沢タウンホール

■ 公演中に心霊現象を初体験!稲川淳二の怪談ナイト2016
2016年8月20日(土)  調布グリーンホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2017 稲川淳二の怪談ナイト
2017年9月15日(金)  日本青年館ホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト
2018年9月29日(土)  メルパルクホール

■ 稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2018 真冬のライブハウスツアー
2018年12月28日(金)  TIAT SKY HALL

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2019 稲川淳二の怪談ナイト
2019年9月28日(土)  メルパルクホール





                         
                                  
        

BON JOVI 「THIS HOUSE IS NOT FOR SALE 2018 TOUR」@東京ドーム

category - 音楽・ライブレポート
2018/ 11/ 28
                 
5年ぶりに東京ドームへボン・ジョビの来日公演を見に行ってきました。
これまで単独じゃないものも含め、彼らのライブへは何度足を運んだことか。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




ちょいと余裕をこいてしまい、着いた時には予想通りの混雑で、
屋外のグッズ売り場は長蛇の列。


東京ドーム



あきらめて仕方なく中へ入ると会場内のグッズ売り場は
10~15分待ち程度で購入できるとのこと!
ということで、ツアーパンフを買いました。



■BON JOVI THIS HOUSE IS NOT FOR SALE 2018 TOUR
2018年11月26日(月) 東京ドーム
17:30開場  19:00開演


予定時間ちょうど位に始まったライブ。
海外アーティストのライブというと昔は「いつ、はじまんだよ~」って感じでしたが、
このところはさしたる遅れもなくはじまるので時間が読みやすい。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



今回のライブの演奏曲は下記のとおり。


This House Is Not for Sale
Raise Your Hands
You Give Love A Bad Name
Whole Lot of Leavin’
Lost Highway
Runaway
Roller Coaster
When We Were Us
Born to Be My Baby
It’s My Life
God Bless This Mess
We Don’t Run
Keep the Faith
Bed of Roses
Lay Your Hands on Me
Who Says You Can’t Go Home
I’ll Sleep When I’m Dead
Bad Medicine

アンコール

We Weren’t Born to Follow
Blood On Blood
I’ll Be There For You
Wanted Dead or Alive
Livin’ on a Prayer



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



3曲目では彼らの名が広く知れ渡った初の全米No.1ソング
「You Give Love A Bad Name」というこれまた魂が震え上がる名曲が演奏された。


東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




オールドファンの自分にとってはやはり全盛期80年代の曲が
一番盛り上がります。



そして現在から過去にカウントダウンしていき1983年で止まると
デビューシングル「Runaway」へ。


心憎い演出と懐かしい曲に酔いしれましたが、
これをやるなら是非「She Don't Know Me」もやってほしかった。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演



「Born to Be My Baby」の次の「It’s My Life」も異様に盛り上がったが、
若いファン的にはここらあたりから入った人が多いのかな?


よく「It’s My Life」は大ヒット曲と表現されるが、
私としてはすでに全盛期が終わっていた印象がある。
商業的にもシングルやアルバムで1位(ビルボードの)がとれなくなっていた頃だし。


まぁともかく、若いファンをも巻き込み会場内は大興奮状態となっていた。


ボンジョビのファン層は若い世代も多いので、
全盛期からのファンだけでないことで
これだけの動員数を誇れるのでしょうね。



「Bad Medicine」ではステージの両脇に赤十字マークが。


東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




アンコールは長めで、ラストにきてこれまた私の好きな曲が。


地味だけど「Blood On Blood」

「I’ll Be There For You」「Wanted Dead or Alive」と80’sの曲が続きます。



東京ドーム ボン・ジョビ 2018年日本公演




そして、最後は「Livin’ on a Prayer」で会場は大合唱。
この曲を聞くたびにリッチー・サンボラを思い出してしまう。
やはり全盛期のメンバーでライブが見たかった。


それと「Never Say Goodbye」もやってほしかったなぁ。
あの曲すんごく良くて大好きなんだけど。
ツレの話では前回もやらなかったと言っていたので、
次回はぜひぜひ演奏を!



終わってみれば21時半と約二時間半という長丁場でした。


アーティストの日本のファンに満足してもらおうという
意気込みが伝わってくるライブでとても満足して帰ることが出来た。


東京ドーム




帰り道、ツレが


「五年ぶりってことは、1回逃すと五歳年を取るってことだね。」って言葉が
胸に刺さり、やはり行きたいものはチャンスを逃さずに行かねばと決意を新たにしました。