2008/12/14
2006/06/23

日本代表・サッカー

        

CWC マンチェスター・ユナイテッドvsガンバ大阪

category - 日本代表・サッカー
2008/ 12/ 19
                 
昨日は後半の23分頃からしか見れなかったけど、ガンバよくやりました!

山崎のゴールのあとすぐに失点、更に失点で、ここまでかと思いましたが、5-1になってから2点を返せたのは大きいね。

PKも地面をゆっくり這うコロコロしたものでしたが決まってほっとした。
最後の橋本のシュートも見事でした。ガンバの意地が見えましたね。

ホント、久しぶりに熱くなってサッカーの試合をみてしまった。

昨日のガンバとマンUの試合を見たことで、2005年に鹿島もマンUと戦った時のことを思い出した。
なつかしい。


マンチェスター・ユナイテッド戦

マンU追記やらエルゴラやら


とにかく昨日は久しぶりにサッカーって面白いなと思いました。



            
スポンサーサイト
            
                                  
        

ガラガラな国立 CWC開幕戦 アデレードvsワイタケレ

category - 日本代表・サッカー
2008/ 12/ 14
                 
昨日はJ1・J2の入れ替え戦2日目ということで、ジュビロ磐田がJ1残留を決めましたね。
やっぱりジュビロと戦えなくなるのは寂しいので、残留おめでとうといったところです。

さて、当ブログではサッカーや格闘技の試合のレポートのようなものを書いてますが、現地へ見に行ってるものを全て書いてるわけではございませんので、これもパスしようと思いましたが、別の記事でこの試合を見に行ったことを書いたのでエントリーしてみるぅ。

以前と違いもう日本代表の試合も、世代別の試合も、ユースの試合も海外のクラブの試合も見に行ってない現在、こちらも見に行くつもりはなかったんだがニュージーランドが好きな友人に誘われて急遽行くことにしました。

国立なら近いしチケット代も安かったので(汗)

一応両チームの情報などをネットなどで拾ってから見に行くかと思いながら、前日は新日・当日は大晦日と気になる2大会のカードが発表され、そちらの情報チェックで終わってしまい、結局サッカーの方はなんだかわからない状態で国立へ。

この時点ではオーストラリアとニュージーランドのチームが戦うということしか知らず、そのオーストラリアがよく考えて見りゃアデレードであろうことは容易に判るはずなのに、オーストラリア・ニュージーランド一体どこのチームなのかなんてこと深く考えてなかったため当日まで知らなかった有様。

当日になってアデレード?ん??鹿島と戦ったチーム?
そういやブログにそんなことを書いたような・・・とスッカリ忘れているのな。


これ鹿島負けたんだよな?
この試合が終わった後、鹿島の人にメールで「鹿島はこんなチームに負けたのか!?」と書いたが、アデレードと戦って負けたのか記憶があやふやで恐ろしくなってきた。違っていたらどうしよう・・・(;´∀`)
(最後の2試合このチームと戦って敗退し、そのことについてブログで書いた記憶があるのだが・・・)




まっ、いいかヽ(´ー`)ノ




OK! OK!! OK!!!



気にしな---い(^Д^)


違っていたら違っていたさ!


プロレスの試合記事を携帯で即書きしてるときに使う顔文字を珍しくサッカーでも使ってみた。
ちなみに改行の仕方もプロレス・格闘技で書くときの手法と同じやねー。



・・・ということで、結局オーストラリア&ニュージーランドのチームの情報も、トヨタカップもどきのClub World Cup Japan2008の情報もなんもわからないまま千駄ヶ谷まで行ったのね。






7時過ぎ?くらいの国立競技場の客席の様子。ガラガラ過ぎて気持ちがイイ!!







まーた、始まるまでが遅くて、この日は日中暖かかったのですが、さすがに風が冷たくなってきたよ。
ビール売りに来たが、温かいコーヒー持って来い!ってかんじ。




とりあえず開幕の日ということで、セレモニーがあるということは友人から聞いていたので、少し期待していたのだが・・・
ショボかったなぁ。
とはいっても、トヨタは今厳しいしここにやたら金をかけている場合じゃないか。



ゲームが始まる頃には少し人も入ってきた。
それでもガラガラ。



もう試合はひどくつまらない。
前半少ししてから最後まで同じ内容だし。
どちらも点が入る感じがしないし、アデレードのキーパー下手だし、ワイタケレ(当日名前を知りました)のキーパーは当たってたけど。何回か好セーブしてたし。


シュートも打たないし、守備的でなかなか攻めてかないし、セットプレーでは前回の反省点をいかさず同じようなことばかりしているし、両チームともダメなのに監督も戦術変えないし。

アデレードはやたらセットプレーをもらうものの、いつもキッカーが蹴るボールの方向に人がいないor高さで相手チームに負けたりしてるんだからこぼれ球狙えばいいのにその場所に人がいない。
だからCKからの得点が生まれる気配が全く無いのね。


ようやっと点が入ったときは、これで延長にならず帰れる!とホッとしたのだが、同点にされるし。
確かしばらく追加点がなくこれは延長かと再びハラハラ。

実は、寒くて腹がチクチク痛くなっていて、寒いしつまんないし、それより何より早く帰って大晦日の大会のカード発表の記者会見の映像チェックしたいしってことで、終わってくれるの待ってたのね。


一緒に見てた友人に気を遣い、とりあえず延長戦だかPK戦だかわからんが、最後まで見て帰ろう、それまでは辛くてもガマン(涙)と思ってましたが、さすがの友人も内容のグダグダさに呆れて

友達「延長戦になったら帰るから。明日も(帰りが)遅いし。」


と救いの声


私「うん、90分終わったらすぐに帰ろうね


それでも90分の間にキッチリ決着がつくといいなと思っていた、そんな私の願いが通じたのかアデレードに追加点。

だけどこのチームあとは守りゃいいだけなのに、何がしたいのかわからにゃーい。

そうこうしてると隣で友人が

「アタシ、もう帰る支度しちゃった!」

と、荷物を全部整理して帰る準備完了。
それまでひざ掛けやらカイロなんか出してピクニックかと思うくらい荷物広げてたのに、スッカリまとまっている。

早えええっ。

ということで、試合終了と共にサッサと席を立ち、混雑してない中早足であるいて、千駄ヶ谷まで4分で着く。

帰りの電車の中、てっきりニュージーランドのこのチームを応援してるのかと思われた友達が、両チームに手厳しいコメント。

別にニュージーランドに興味があっただけで、このチームは応援してるわけではなかったみたい。

わたくしは帰宅後とっとと風呂に入りました。

お腹がいたかったので、早く暖まりたかったのね。


                         
                                  
        

アジアACL 浦和が優勝

category - 日本代表・サッカー
2007/ 11/ 14
                 
浦和レッズ、ACL優勝おめでとうございます。

私はサッカーニュースはあまり見る時間もなく、レッズのサポーターでもないのでたいしたことは書けませんが、それでもACLで日本のクラブチームが大健闘しており、ヤフーの記事などで、この様子はイヤでも目に入ってきており、本日の決勝は途中(先制点の永井のゴール直後)から見てました。とはいってもスカパーでパンクラスの近藤有己と桜木裕司の試合も同時進行で見てたので、マッタリ観戦でしたが・・・

それでも、代表からも距離を置き始め(以前は現地へ行って応援してたんですけどね)た私を、ACLの試合にチャンネル合わさせた。やっぱり世間の注目ってすごいんじゃないでしょーか。

いや凄いですよ!快挙!!
今までアジアでは分が悪いイメージがあった日本のクラブだけに、この優勝の意味は非常にデカイ。しっかりと浦和の名を刻んだことは、本当に評価をしています。

うちはプロレス・格闘技の記事ばかりかいてるので、それ風にいうと、Jリーグ村から世界へだもんね。

今日改めて浦和を見て思ったのは、選手層が厚く一体感が感じられること。埼玉スタジアムを埋め尽くした超満員のサポーターの応援は素晴らしいものがあるし、決勝戦ということもありその緊張感が画面を通しても伝わってきた。

今年も終わりに近づきこういったスポーツ系のブログを書いてて思うんですが、消耗品記事ではなくて、やはり今後資産に変わる可能性のある記事を書きたいですよね。そういう記事は書くのが大変なので毎度書くというわけには当然いかないわけですが、それでも来年は何か残せたらいいなぁ。

ブロガーでマメに記事を書いてる人でも多くの方は忙しい中時間を割いて書いているはず、だったら今後に残る重みの感じられる記事を残してみたいって思いません?

ニュース系、試合の感想などを書いていて、後々も読まれるのはいつも決まった記事。来年からはアップしたときだけ反応がありすぐに次の投稿があると忘れ去られていく記事よりも、何か書いた充実感を感じられる記事を書けるようになりたいな。

まぁなんだかよくわからなくなってきたけど、とにかくすごいことですね。でも、今日は浦和や対戦相手の事情なんて精通してないのに、レッズが優勝するなってなんとなく思っていた。

日本のチームでも優勝できるんだってことがわかっただけでも多いに収穫ありでした。

今日は珍しく連続投稿なので、サッカーネタはこの辺で。
                         
                                  
        

イエメン戦~アジアカップ予選第4戦~

category - 日本代表・サッカー
2006/ 09/ 07
                 
アジアカップ2007予選 第4戦
2006年9月6日(水)15:20(現地時間)=21:20(日本時間) アリモーセン・スタジアム 
日本 1-0 イエメン

【スタメン】
GK 川口 能活
DF 三都主 アレサンドロ、坪井 慶介、加地 亮、田中 マルクス 闘莉王
MF 遠藤 保仁、阿部 勇樹、羽生 直剛、鈴木 啓太
FW 巻 誠一郎、田中 達也
【得点者】89分 我那覇 和樹
【交代】45分 田中→佐藤(寿)、73分 羽生→我那覇、89分 巻→梅崎

久しぶりに日本代表の試合のことでも書いてみようかな。
といってもたいしたことは書くつもりはないが。

いやぁーなんかつまんないなと思いながら見ててさ、こりゃ引き分けだと思ったら最後に決まったね。
ただ見ながら思ってたが、なーんとなく見てたんでゴールが待ち遠しかったというわけでもなく。鹿の選手がいないってのもあるが、なんなんでしょ、この気持ちは。まー今年は代表戦久しぶりにスタへ見に行こうかと思ったが、年内はテレビ観戦でいいや。

普段はメールベタなわたくしですが、昨日は珍しく何人かとメールしたな。代表戦見て怒ってる友達もいたけどw
それと同じく大熊がうざいって言ってるヤツもいたな。昨日は珍しくバンバン返信してたな。ホント気分次第っすから、アタクシ!

さてとちょっと独り言でも。実は本日は19時から某所でハッスルやってるんだが、おいらは仕事があるんで行ってない。さっき帰ってきて今ハッスルのオフィシャル等の速報見ながらブログを書いている。

先月ひっさびさにスカパー入った。もともとチューナーもアンテナも持ってたもんで。衛星はもう13年くらいははいってるんじゃなかったっけ。
なんで今日のハウスを買うかどうかチェックがてら速報みてるわけ。
ドクロン復活withパパつき、大森隆男が出てきたりとまぁまぁ見所ありそうなんで、2100円出して買うかな。GM総選挙もあるし。

さぁ来週くらいからスポーツ以外の話題を書かなきゃだな。
いい加減スポーツ系は飽きたのでレシピについてとか、健康について真面目に書くとするかな。(といっても気まぐれなので書くかどうかはわからない。)この間もコスメとかなんか書いたがすぐスポーツ系の話題になっちっまったもんなー。
といいつつまた書くんだろうな。結局書きたい事が書けなくなってるグチを吐き出しておこうというわけで。でも、少しはそういう話題を取り上げよう。ただし週末は楽しみな試合があるから、来週からかな?

じゃハッスルのリピート放送が22:30~なんでBye!
                         
                                  
        

イエメン戦~アジアカップ予選~

category - 日本代表・サッカー
2006/ 08/ 16
                 
アジアカップ2007予選 第2戦
2006年8月16日(水)19:20 新潟スタジアム 40,913人
日本 2-0 イエメン

【スタメン】
GK 川口 能活
DF 加地 亮、田中 マルクス 闘莉王、坪井 慶介、駒野 友一
MF 三都主 アレサンドロ、遠藤 保仁、鈴木 啓太、阿部 勇樹
FW 巻 誠一郎、田中 達也
【得点者】68分 阿部 勇樹、89分 佐藤 寿人
【交代】45分 駒野→羽生、71分 遠藤→佐藤(勇)、89分 田中→佐藤(寿)

オシムジャパンでは2戦目だけど、この間は結局時間の関係で得点シーンしかVTR見てないので、自分にとっては初めて見る試合となりました。といいつつも90分テレビの前で観戦してたわけではないんですが。うーん、平日はなかなか時間がとりにくい。

しかし浦和と千葉の選手が多く選出されてるね~。
前半は見れてたんだけど、なんども決定機外しててジリジリするかんじだったね。後半日本が阿部のゴールで先制したと聞いて、てっきりFKかと思ったら、セットプレーでも三都主のCKにヘッドで合わせたやつだったんだね。

まだ2戦目で内容を求めるのは早いんでしょうから、今日のイエメン戦はとりあえず勝ち点3を取れたので、結果としては良かったというところでしょうか。

浦和と千葉からの選出が目立つオシムジャパンのメンバーがどう変化していくのか、また決定したときは一般的にウケの良かったオシムがこれから試合をこなすにつれその評価がどう変わっていくのかの方に興味があったりします。

                         
                                  
        

中田英寿が引退

category - 日本代表・サッカー
2006/ 07/ 03
                 
びっくりしました。日本代表の顔だった中田英寿が現役引退を発表しました。

ヒデ、現役引退を表明

ワールドカップドイツ大会を最後に日本代表を引退しそうだって事は知っていましたが、まさかこの若さで現役引退とは・・・

オーストラリア戦でヒデのことについて色々と書きましたが、こういうタイプの選手ってなかなかいないですから。この大会に自分の全てを懸けてる様は、テレビ画面を通しても熱く伝わって着ました。30代になっちゃうけど、次のW杯にも必要な選手だと思っていただけに、本当に残念です。

その生き方から賛否両論あった選手だけど、群れちゃう習性をもつ日本人の中にあってあそこまで主張できるヒデは貴重でした。もうこういう選手は出てこないかもしれないなぁ。

「子どものころに持っていたボールに対するみずみずしい感情は失われていった」と理由を説明した。

と、語っているみたいですが、この言葉は本当にヒデらしいですね。
これからの第二の人生、どう生きるのかわかりませんが悔いの無いよう精一杯生きて欲しいです。今までお疲れ様でした。
                         
                                  
        

ブラジル戦~ワールドカップ~

category - 日本代表・サッカー
2006/ 06/ 23
                 
2006 FIFAワールドカップ グループF
2006年6月22日(木)21:00= 28:00 (日本時間) ドイツ・ドルトムント
日本 1-4 ブラジル

【スタメン】
GK 川口 能活
DF 坪井 慶介、中澤 佑二、三都主アレサンドロ、加地 亮
MF 稲本 潤一、中田 英寿、中村 俊輔、小笠原 満男
FW 玉田 圭司、巻 誠一郎
【得点者】34分 玉田 圭司
【交代】56分 小笠原→中田(浩)、60分 巻→高原、66分 高原→大黒

中田英寿

実力の差でしょうね、日本惨敗。ジーコのコメントにもあるが、最初のオーストラリア戦の敗戦が響いたよ。これでグループリーグの3試合を戦ったのみで終戦となった。日本代表にとってのW杯ドイツ大会が終わり、今の気持ちは・・・

『この4年間は一体なんだったのだろうか』

フランス大会ではまだ日本はこれからのチームと思えたし、日韓大会では手ごたえも感じられた。しかしながら今回は、また98年に戻ったような気持ちである。ジーコジャパンでは決め事があまりなく、選手それぞれの創造性を重視し、そういった部分では少なからず収穫もあったと思う。しかしグループリーグ敗退、しかも一度綻びが出来るとその流れを切る事が出来ず連続失点してしまった今大会を振り返ると、失ったものも大きかったのではないだろうかと思う。日本はまだまだこれからのチーム。個人技頼みで勝てるチームではない。メンバーも今回選ばれた若手は巻と茂庭のふたりだけ。次のワールドカップへ繋がる選手が多く出てきたとは言いがたい。

ジーコジャパンになってから興味が薄れつつあった日本代表だけど、昨日は目覚ましかけて前半3分頃から3-1になったところまで見ました。もう結果知ってるし普段だったらビデオをわざわざ見返したりしないんだけど、今回は最後の部分だけでも見ようかと思ってる。
何故なら号泣したと言われる中田ヒデが最後まで諦めずに戦ったであろうその姿を見たいから。
                         
                

続きを読む

                 
        

クロアチア戦~ワールドカップ~

category - 日本代表・サッカー
2006/ 06/ 19
                 
2006 FIFAワールドカップ グループF
2006年6月18日15:00= 22:00 (日本時間) ドイツ・ニュルンベルク
日本 0-0 クロアチア

【スタメン】
GK 川口 能活
DF 宮本 恒靖、中澤 佑二、三都主アレサンドロ、加地 亮
MF 小笠原満男 、福西 崇史、中田 英寿、中村 俊輔
FW 高原 直泰、柳沢 敦
【得点者】なし
【交代】46分 福西→稲本、61分 柳沢→玉田、85分 高原→大黒

あーあ、勝てる試合だったのに落としちゃったね。これで次のブラジルに2点差以上で勝たないと(もう1試合の結果次第だが)決勝T進出できないのか。

昨日は中田英寿の孤軍奮闘ぶりばっかり目についちゃった。決定機を外した柳沢は叩かれて当然。あの瞬間日本中ため息だったでしょうよ。
それに交代で入った選手も動きが悪かったし、クロスが入ってきたときなんで飛び込む選手がいないのよ!それにフレッシュな選手がボール追わなくてどーするのか。

別に中田は好きじゃないが、昨日は彼が言ったとおり相手に合わせてリスクを負うプレーをしなかったね。お互いに散々あった決定的なチャンスを外しまくってるし。そんな中ミスもあったが川口はよく頑張ってくれた。あのPKを止めたことでリズムに乗れるかと思ったんだが・・・加地も復帰して頑張ってくれたと思う。

次は宮本が出場停止。もう失うものがない日本、奇跡が起きるのかどうかわからないが、グループリーグ最後の試合、悔いのない試合にしてほしい。

今日はたまたま岩手の新聞のWEB見たが、地元だからだろうか小笠原をすごく評価する記事が書かれていたが、いつもJで感じる頼もしさは昨日は感じられなかったんだけど。結構簡単にボール失ってたしな。

ダイジェストだったり途中からだったりするが、他国の試合みてて改めて日本代表とのレベルの差を感じますね。スペインとアルゼンチンの試合が面白かったかな。今大会はどこが優勝するんだろうか。

                         
                                  
        

オーストラリア戦~ワールドカップ~

category - 日本代表・サッカー
2006/ 06/ 13
                 
2006 FIFAワールドカップ グループF
2006年6月12日15:00= 22:00 (日本時間) ドイツ・カイザースラウテルン
日本 1-3 オーストラリア

【スタメン】
GK 川口 能活
DF 宮本 恒靖、中澤 佑二、坪井 慶介
MF 駒野 友一、三都主アレサンドロ、福西 崇史、中田 英寿、中村 俊輔
FW 高原 直泰、柳沢 敦
【得点者】
26分 中村 俊輔(日本)、84分、89分 ティム・ケイヒル、92分 ジョン・アロイジ(以上、オーストラリア)
【交代】
56分 坪井→茂庭、79分 柳沢→小野、89分 茂庭→大黒

日本、初戦オーストラリアに逆転負けです。
最近いろいろありまして、代表の状態もあまりチェックできておりませんので、サッカーファンというよりもただテレビで試合見た者の意見として書こう。なんせ自分としては同点にされてから目が覚めて集中した次第であります。

さてワールドカップということで会社や友人等の間でもこの話題が良く出ますね。今日も会社でワールドカップの話題が結構出て、このところ代表関連のニュースはチェックしてなかったんですが、世間的にはオーストラリアには日本は勝てるだろうっていう流れだったんですか?私は「いやぁ代表は結構この間の親善試合見ても波があるし、侮れない相手だと思うんですけどね。楽勝とはいかないんじゃないですか?」って言ってたんですが。

オーストラリア戦自分が見たのは前半12分まだどちらにも得点がありませんでした。前半26分に俊輔のクロスが、キーパーに日本が二人競ってたこともあり防ぎきれずそのままゴールに吸い込まれていく。欲しかった先制点。その後はオーストラリアがバテてきたし、攻撃も単調だったので、日本には追加点のチャンスがあった。

その後オーストラリアが長身のケネディを投入してきたが、中澤が体を張ったり、宮本もよくカバーしてくれて防いでくれたし、残り時間も少なくなってきてたので、このまましのげるかと思ったところロングスローから川口が釣り出され失点。ゴールのところにいた三都主も足出したんだが防げませんでしたね。この辺りはもうオーストラリアの流れだったから嫌なかんじはしてたんですが。
                         
                

続きを読む

                 
        

ブルガリアとスコットランド戦ワールドカップ最終メンバー

category - 日本代表・サッカー
2006/ 05/ 13
                 
本日、ワールドカップのメンバー23人が発表された。

GK:土肥 洋一(FC東京)川口 能活(ジュビロ磐田)楢崎 正剛(名古屋グランパスエイト)

DF:田中 誠(ジュビロ磐田)宮本 恒靖(ガンバ大阪)加地  亮(ガンバ大阪)三都主アレサンドロ(浦和レッズ)坪井 慶介(浦和レッズ)中澤 佑二(横浜F・マリノス)駒野 友一(サンフレッチェ広島)中田 浩二(FCバーゼル)

MF:福西 崇史(ジュビロ磐田)小笠原満男(鹿島アントラーズ)小野 伸二(浦和レッズ)中田 英寿(ボルトン)中村 俊輔(セルティック)稲本 潤一(ウェスト・ブロムウィッチ)遠藤 保仁(ガンバ大阪)

FW:玉田 圭司(名古屋グランパスエイト)柳沢 敦(鹿島アントラーズ)高原 直泰(ハンブルガーSV)大黒 将志(グルノーブル)巻 誠一郎(ジェフ千葉)

あらぁ、ドラゴン久保は落選でしたか。その代わり巻が選ばれたね。
久保はホントよいFWだとは思うんだけど、怪我が多いからね。能力がある選手だけに惜しいんだが。最近巻が活躍しだしたので、しょうがないかなと。巻が出てこなきゃ久保だったんでしょうが。
ヤナギはもう選ばれると思ってたので驚きはなし。散々報道されてたしさ。

中田浩二はトルシエの時みたくDF扱いなのね。今のチームでどこのポジションやってるんだかも知らないんだが。鹿島ではボランチだったからさ。まぁユーティリティな選手だし、選出されたのも納得かな。
大黒は海外へ行ってから活躍してるイメージがないんだが、そのへんどうなんっしょ。巻は選ばれたけど佐藤寿人は落選しちゃいましたね。これはタイプ的に被る選手がいるし、厳しいかなとは思ってたけど。

まぁ、サプライズはなしと、大方予想通りのメンバーですな。
帰国してるらしい鈴木隆行さんだが、やはり落選しましたね。クラハに遊びに来たりしてるんだろうか?

鹿島からはヤナギと満男が選ばれたわけだが、スポニチに満男のインタビューがありました。
オフィシャルでのコメントも出てますね。
メンバーズルームに動画あり。
今から見ます。

W杯代表に柳沢、小笠原両選手喜びに沸く地元ファン

中日新聞の記事みつけました。

2006/5/15  23:03追加投稿
                         
                

続きを読む