FC2ブログ
2009/04/06
2009/03/24
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

格闘技・プロレス

        

悲しすぎる三沢光晴の死

category - 格闘技・プロレス
2009/ 06/ 15
                 
日曜日の早朝、朝日の1面に死亡記事の見出しが出ていて知りました。
本当にびっくりしました。

90年代の初め、全日本の王道プロレスに夢中になりました。
新日が1番好きだったのですが、鶴田や三沢、川田、小橋が活躍してた頃の全日も大好きでした。

毎週深夜に放送されていた全日本のプロレス中継は欠かさず見てましたし、週プロも欠かさず買っていたんですよね。大一番の武道館とか後楽園は見に行ったり。

私がプロレスに引き込まれていくキッカケとなったレスラーのひとりが三沢でした。
サッカーや格闘技の雑誌は他の書籍の保存場所確保のためにほとんど処分したのですが、週プロだけは捨てられずにいます。

あれからかなりの年月が経過しているにも関わらず、たまにですが過去の週プロは定期的に読み返します。そしてあの頃の試合も同様にみます。

それだけ私には大切な存在である、90年代のプロレス。
そして三沢という存在は大きかったと改めて感じる。

三沢の試合ではテリー・ゴディとシングルで闘って勝った試合が一番印象に残っています。

それと5冠王に輝いていたころの三沢は、今見返してもすごく魅力的です。

その三沢が亡くなってしまったというのが、未だに信じられません。

悲しいというより悔しくて、彼の試合が見れないことが残念というより無念というか・・・

地上波打ち切りとかいろいろあって、心労もたまっていたでしょうに、無理をしすぎてしまったね。


なんか今はまだ言葉が見つからないというかんじです。

ご冥福をお祈りいたします。


そして、今までありがとう。

                         
                                  
        

新日本 中西がIWGP初戴冠!

category - 格闘技・プロレス
2009/ 05/ 06
                 
本日の後楽園大会は、行ってみようか?なんて話がありながらも諸事情あり行っておりません。

実はてっきり試合開始が夕方かと勘違いしてました。
昼ならなおさら行けなかったわけで・・・
まぁG1の両国は行ってみようかななんて思ってます。

さて、昼間は携帯を切っていて、夕方中西がIWGPを獲っと匂わせるメールがあり、新日公式を見てみたら、ネタかと思ってたタナの防衛失敗→ベルトが中西へ。

客の入りも良かったようだし、さぞ盛り上がったことでしょうね。
こうなるとやはり行っておけば良かったかと後悔の気持が・・・

カレンダー通りでもいっぱい休みがあると思っていたGWですが、行きたい所ややりたいことなどが多く何かをとれば何かを捨てなきゃならないこともありましてね。

とにかく中西おめでとう!

次の格闘技&プロレス会場観戦がいつになるやらわかりませんが、行った際には思いっきり楽しめるといいなと思ってます。

本当なら5月のDREAMへ行きたかったのですが、平日ということで見送ります。
夜、地上波放送で見る予定です。

まだ今年DREAMを見にいっておらず、今回はKIDも参戦するしで是非行きたいと思ってただけにテレビ観戦は残念なものがあります。

                         
                                  
        

新日本プロレス「Resolution ’09」

category - 格闘技・プロレス
2009/ 04/ 06
                 
■新日本プロレス「Resolution ’09」
両国国技館 観衆: 8,000人
2009年4月5日(日) 開始:17:00





またまた時間がないため気になったところだけテキストがあります。
今朝、DREAM8の地上波みたが意外と面白かった。
ダイジェストの試合をもっと見せてほしかったなぁ。。。

第1試合 
○金本浩二  (8分27秒 レフェリーストップ) 岡田かずちか× 


私は開始ギリギリに着いたんですが、昨日は第0試合はなかった模様。

岡田にはすっごい期待してるんだが昨日はちょっと物足りなかった。
やっぱりシングルで経験の差がある選手とあたるとまだまだですね。
だけど、可能性を感じさせてくれるファイトだったのでやっぱり気になる存在です。


第2試合
井上亘&ミラノコレクションA.T.&×石狩太一  (8分52秒 ダイビングヘッドバット→体固め)  石井智宏&邪道&本間朋晃○




第3試合
長州力&S・S・マシン&×エル・サムライ  (8分19秒 ムササビプレス→エビ固め)  蝶野正洋&獣神サンダー・ライガー&AKIRA○



第4試合 IWGP Jr.タッグ選手権試合
○アレックス・シェリー&クリス・セイビン  (12分54秒 メイドインデトロイト→片エビ固め)  田口隆祐&プリンス・デビッド×




いやぁこの試合すっごい良かったですよ!
デビッドが光ってたな。次はNoLimitとの試合を見てみたい。
これはテレビで放送されたら見てみて!


第5試合 IWGP Jr.ヘビー級選手権試合 ベルト・コントラ・マスカラ
両者リングアウトの後延長へ
○タイガー・マスク  (4分49秒 デストロイスープレックスホールド)  ブラック・タイガー×



マスクをとったブラックタイガーって誰?
しかし第4試合と第5試合は順番変えたほうが良かったよ。
この前の試合が満足いく内容だっただけに、きつかったな。



休憩明けに天山登場!
どんたくでの天コジ復活を宣言してた。

第6試合
中西学&×大森隆男  (15分50秒 ガン・スタン→エビ固め)  ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン○






大森さん小さくなってた。
でもまさかアンダーソンにやられるとは。
試合後、中西がひとりで引き上げていって、ひとり取り残された姿はせつなかったなぁ。

第7試合
○後藤洋央紀 (16分10秒 変型腕固め)  矢野通×


矢野がクリーンな試合してて、彼はちゃんと戦いたいんだろうなぁと思ってたのよね。
こういう試合がやりたかったんじゃないかと。。。


第8試合 Resolution’09 スペシャルシングルマッチ Bolt from the blue チェーンデスマッチ
×永田裕志  (21分58秒 レフェリーストップ)  飯塚高史○








永田さんのVTR良かったです。
ムエタイ式エルボーには笑わせてもらいました。

そしてその映像通り、予告ありのエルボーが飯塚を襲うと大流血へ。
さすが永田さん。

しかし、永田さんチェーンの使い方がうまかった。



第9試合
○中邑真輔  (12分42秒 ランドスライド→片エビ固め)  真壁刀義×



これはちっとビックリしましたね。
矢野の試合とこの試合、なんかいつもと空気が違うものだったけど、矢野が裏切るとは!

矢野のことなんて気にも留めてなかったが、昨日から無性に矢野が気になってしょーがない。

帰りに「真壁がベビーターン(追放されるとか)するんじゃないかと思ってたんだけど」といわれたので、「そうやって多くのファンが思ってる通りには(新日)はしなかったと。それじゃ面白くないもんね」と話ししながら帰ってきたわ。

真輔が試合後荒々しかったけど、これからどーなるんでしょ?

第10試合 IWGPヘビー級選手権試合 WHICH IS GENIUS?
○棚橋弘至  (15分11秒 ハイフライフロー→片エビ固め) カート・アングル×










昨日はメインがしっかりと締めてくれた!
やっぱり最後が良い試合だと、来てよかったなと思えるよ。

昨日は忙しさが続いて、家出る前昼寝をしてしまった。
正直行くのがタルいなと体が重かったんですが、行ってよかったわ。

来月の東京での新日の試合は日程的に厳しそうだし、行ける時に行っておかないと。

タナの引き出しの多さ、そして気がついてみると手にしていた風格。
これぞ新日本プロレスという試合をみせてくれた。

特に最後のこれでもかこれでもかというくらいのハイフライフローにはシビれました。

浮ついた見た目とは裏腹のドッシリとした試合運びで、ベルトが似合う選手になりましたね。

これにベルト獲りを狙い始めた永田さんも絡むのかと思うと、これからが楽しみですわ。

行く前は疲れもあったし、カードもイマイチぴんとくるものがなかったけど、前半のマッタリ(ジュニアタッグ除く)でどーなるかと思ったが、第7試合くらいからメインまで面白かったです。

なんだかんだいっても結構バラエティに富んでいるカードで、緩急あってよかったわ。

                         
                                  
        

今日はDREAMと新日

category - 格闘技・プロレス
2009/ 04/ 05
                 
DREAMは名古屋じゃなきゃみに行きたいと思ってたが、関東でやったとしても新日選んどいて正解だったかな?

ワクワクするカードがないわりには、すごく面白い大会で満足です(^-^)


矢野が真壁達を裏切ったところは盛り上がりましたねえ。

真輔と一緒に退場したが、今後はどういう展開になるんでしょ?

またメインとジュニアタッグも非常に面白かった。

客入りは良くなかったけど楽しめたわ。

DREAMは深夜の地上波録画して後日見ますわ。

                         
                                  
        

DRAGON GATE 「THE GATE OF ANNIVERSARY」

category - 格闘技・プロレス
2009/ 03/ 24
                 
■DRAGON GATE 「THE GATE OF ANNIVERSARY」
2009年3月22日(日) 17:00~
両国国技館  観衆: 11,500人

時間が経ってしまい、もうあの時の印象はほとんど忘れているわけで試合結果の最後に思ったことを。


第0試合
○スペル・シーサー&シーサーBOY(6分39秒 ヨシタニック) K-ness.&×超神龍


第1試合
戸澤陽&×近藤剣心 (6分31秒 一騎当千→片エビ固め) ○KAGETORA&RYOMA


第2試合
○望月成晃&ドン・フジイ&マグニチュード岸和田(10分23秒 脳天カカト落とし→片エビ固め) 中嶋勝彦&起田高志&×宮原健斗


דハリウッド”ストーカー市川(1分30秒 北斗ボム→片エビ固め)佐々木健介○




第3試合 オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
横須賀享&○Gamma(12分37秒 反則 )×斎藤了&堀口元気


第4試合 オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合
×吉野正人(18分8秒 メテオラ→エビ固め)CIMA○



第5試合 オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合 6人タッグ3WAYマッチ
鷹木信悟&岩佐拓&ドラゴン・キッドvsYAMATO&神田 裕之&新井 健一郎vsB×Bハルク&谷嵜なおき&PAC

○新井(12分30秒 ビール瓶攻撃→体固め)ハルク×

○鷹木(18分25秒 パンピングボンバー→体固め)神田×








第6試合 マスカラ・コントラ・カベジェラ
サイバー・コング(9分3秒 ノーコンテスト)アンソニー・W・森


再試合
○サイバー・コング(3分59秒 サイバーボム→エビ固め)アンソニー・W・森×




第7試合 オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合
○土井成樹(27分41秒 マスキュラーボム→エビ固め)金本浩二×





まず招待券だか割引券だかのお客さんを捌くために時間がかかったんでしょう、結局なんのアナウンスもないまま開始時刻30分を過ぎてようやくスタート。
お客さんは結構イライラしてましたよ。「早くしろ!!」って声が飛んでましたから。

見てみて思ったのは、結果として集客をみれば成功なのかもしれませんが、あれくらいの会場で見るのにはキツイ団体だなと思った。

何を見せたいのかわからなかったし、選手が小さく見えてしまい印象が薄い大会でした。
小さくというのは、何も体が小さいということではなく、その存在感含めね。

終始1本調子な試合内容でメリハリもなくて、どれも同じに感じた。
その中でも印象に残ったのはサプライズ含め、第2試合ですかね。
他所の血が入って、あの日の中では満足がいく内容。

30分押した分イライラしたせいもあって、期待感は薄れて見始めたわけだが、それでも第2試合が面白く、ここからドラゲーらしさ全開の試合が続くのだろうと思わせてくれたし。

メインも金本の良さばかりが目立ち、試合をコントロールしきって優位に進めた中で、結局は土井が勝つというなんだかなぁというものだったし。

アンソニーの髪切りも自分の席からは見えにくく、すごく遠くで行われている出来事だったので、彼の悔しさみたいなものは伝わってこなかった。

初めての両国ということで、いつものドラゲーの風景とは違ったものとなったであろうことは想像つくのだが、それにしても消化不良の大会だった。


自分の中では、エンターテイメント性に富んだ団体という位置付けだったが、見てみるとあまり個性がないような。とんがっている選手がいなくて、会社に忠実な社員ばかりというように見えた。

それと遺恨が絡む試合がやたらと多かったような気がして、安売りに見えた分ノレない。

わかりやすい立体的な技をつかった試合が多かったため、つまらないという表現も適切でないし、だからといって面白かったというわけではない。

どうだった?と聞かれたら「うーん」と唸るしかないような。

初進出ということで温かい目で見る必要もあるのかもしれないが、ヘンに作りこんでるところも冷めてみてしまったひとつの原因か。

開始がだいぶ遅れてしまったせいもあり、客の引きは早かった。
運営側には多いに反省してもらわないとね。