FC2ブログ
2005/07/25
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2005年07月

        

世の中「モテたい」症候群?、ブログ

category - ライフスタイル
2005/ 07/ 25
                 
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
                         
                                  
        

行くぞマンU戦!

category - 鹿島アントラーズ
2005/ 07/ 25
                 
ヴェルディvsレアル・マドリード戦、まさかの展開でした。
まさか3-0でヴェルディが勝つとは{びっくり}このところ大量失点してたから、てっきり今日もやられるとばかり思ってましたわ。でも、勝ってよかった。

実は試合が27日だと勘違いしてて、母親に今日だって言われて気づきました。
でも彼女最初ロナウド見てブラジルのチームだと勘違いするし、ジダンは覚えてたりで(彼はフランス人というのも知ってる)、オバさんの思考回路は改めてわからないなと思った次第。

今日のヴェルディはDFが堅かったですね。鹿島は8月27日に再び味スタで対戦するんだけど、大量失点の時に当たりたかったわ。

さて、鹿島ですが昨日報道されたフランサは結局残留だそうで、やっぱりなぁってかんじ。
やはりネックは移籍金ですかね?それともこちらも連日のように報道されてる満男の移籍の絡みでしょうか?(フランサはFW,満男移籍ならMFを補強のはず)
今の時期満男は移籍しないと思ってるんだけど、どうなんでしょう?


本山2アシスト、野沢2得点でカシマ快勝! 
エルゴラ、鹿島が1面です。
下のほうにちっちゃくセレーゾの写真もありますね。
でも後半戦スタートと書いてあるがJはすぐに中断期にはいってしまった。

木曜日は国立でマンチェスター・ユナイテッド戦がありますが、今回は小笠原、本山の代表コンビも試合に出れますね!二人は過密日程になり、国立で見れるのは嬉しいが疲労度も気になるところで複雑な気持ちです。

自分は見れなかった大宮戦の件があるので、この試合行くことにしてて良かった。
だってこれがなかったら、スッキリしない気持ちを8月20日の広島戦まで引きずらなければならなかったんだもん。
当初は特に好きでないマンUだし、気乗りしなかったんだけどね。勢いでチケット買っちゃっただけで。

それにCロナウドも合流したとの事。
台風が来てるみたいだけど、木曜は天気よいといいなぁ。
                         
                                  
        

「海は誘惑する・危ない恋人」 (1981年)  

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 07/ 25
                 
●「海は誘惑する・危ない恋人」  1981年7月25日
原作: ハドリー・チェイス
脚本: 須川栄三
音楽: 鏑木創
監督: 斎藤武市
制作: 国際放映
出演: 多岐川裕美、小野寺昭、草笛光子、藤木悠、
長谷川季子、深江章喜、松本朝夫、潤ますみほか



俊之(小野寺昭)は高級外車専門のディーラーに勤めるセールスマン。
彼は顧客の一人である資産家の未亡人・美砂(草笛光子)に求婚され、
年若い夫となった。


海は誘惑する・危ない恋人




だが、美砂の秘書・絵津子(多岐川裕美)といつしか深い関係を結ぶようになる。


海は誘惑する・危ない恋人



やがて俊之は妻の殺害を計画する。