2005/07/30
2005/07/25
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2005年07月

        

「消えた私」 (1977年)

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 07/ 30
                 
●「消えた私」  1977年7月30日
脚本: 国広威雄
音楽: 池野成
監督: 貞永方久
制作: 松竹
出演: 岩下志麻、井上孝雄、森本レオ、
南美江、三宅くにこ、小野恵子、宮井えりなほか



消えた私



モーテルのフロント係利江子(岩下志麻)は、
スポーツカーで乗り付けたアベックを見て驚いた。

女は妹の美佐子(岩下・二役)で相手は
宝石商の桑山(森本レオ)だったからだ。

美佐子はかつて利江子の恋人だった俊介(井上孝雄)を奪い結婚したが、
それにはあきたらず他の男との情事を重ねていたのだ。

美佐子への復讐を考えた利江子は、俊介の勤め先に電話をする。


珍しく岩下志麻が出ていて、原作もないことから
同じく詳しい内容がわからないとても気になる作品のひとつ。



土曜ワイドで岩下志麻というと
メナードのCMのイメージしかありません。




ドラマではどうやらこの後、妹の方は殺されてしまい
姉が愛した男の妻の座を狙いにいくようです。




原作ありきの作品ではないので
いったいどういう内容なのか詳しいところがわかりません。





            
スポンサーサイト
            
                                  
        

マンチェスター・ユナイテッド戦、マンU追記やらエルゴラやら

category - 鹿島アントラーズ
2005/ 07/ 28
                 
鹿島アントラーズ 2-1 マンチェスター・ユナイテッド{祝}
得点者:5分、24分 本山雅志(鹿島) 、7分 ライアン・ギグス(マンチェスター・ユナイテッド)

行ってきました。国立へ。

鹿島はDFの大岩、アリ、FWアレックス・ミネイロが怪我で欠場。
CBの要を欠いてどうなることかと思いましたが、勝ててよかったです。親善試合だけどリードしてたから交代遅くて、興梠は出場できず。
金古が出てくるとは思わなかったが、あの時間帯だし守備固めにきたのはしょうがないかと。

しかし、坊主にしてからのモトはすごい!
2ゴールとも同じようなゴールだったが、それ以外にもキーパーに止められたやつや、惜しくも枠に行かなかったのを含め、キレキレでした。やはり代表組が出たのは大きかったですよね。

隆行も前半枠に行ってた(キーパーにはじかれた)シュートや、野沢の素晴らしいシュートもみれ、あれが決まっていればなぁもっと嬉しかったんだけど。

やはり相手との体格や技術の差はデカかったな。あちらは数人で囲んでもボールをキープするし、また良い位置に見方の選手がいたりで、後は決定力だけだった。
後半ことごとくシュートを外してくれたり、ソガのファインセーブもあったりで1失点に抑えることが出来ました。

今日は前線にアレックスがいたらどうなってたんだろうな。
隆行、野沢の2トップは良いとはいえず、リーグ前半の頃の素晴らしいパス交換からダイレクトプレーを見たかったな。

2点目のあの満男のパスは狙ってたとしたらスゴすぎ!
今日のモトはダイレクトでシュート打ったのが良かったよ。とにかく後半はあっちばっかりでのプレーでいつ点を入れられるかとヒヤヒヤでしたから。
オフサイドだったマンUの幻のゴールもあったしね。

とりあえず勝てて良かった。
大宮、マンUと連勝して、スッキリ中断期に入れます。
来月の広島戦までまだ時間がありますが、キャンプでもするのかな?
とにかく後半もこの調子で首位を突っ走りたいよ。




■マンU追記やらエルゴラやら


マンチェスター戦のこぼれ話みたいなやつです。
私はこの日は親善試合&鹿ファンでもない友人と一緒の観戦でしたので指定で見ました。
だからレポもうまくできるかと思ったんだけど、非常に見にくい指定席でした。反対側いかれると鹿の選手でも判別できなくなったり。

スタジアムへ着くと韓国のピのライブやってましたが、すでに人が多く席に座るのがやっとで全然見てません。頭から「奇跡をおこせ」のコールやってましたね。ビッグフラッグが次々出てきて、友人が写メ撮ってました。彼女は海外へサッカーの試合も見に行くほどで、マンUも見に行ったことあるらしいんだけど、あちらだと荷物検査がうるさくてあーいうのはないらしいいんだ。だから珍しかったみたいです。でも鹿島の試合は練習試合含めて見るのは3回目なんだよね。

私はまだフジの録画したやつみてないから間違ってるところや、現地で見たのとテレビ観戦での印象の違いもあるかもしれない。
前半はあちらがメンバー落としてたからか鹿島の時間帯もあったけど、後半交代していくにつれどんどん向こうのペースに。でも全後半通じてよかったのは(交代したが)やはりCロナウドだね。フェイント掛けたりしてあっさり抜かれるし、もう止めらんないってかんじ。9番の選手もスピードがありよかった。ボールもたれるとそっからすぐ鹿陣内にきちゃうもん。特に後半は向こうのパスが繋がること。なかなかボール奪えなかったな。

そうそう、前半だっけかな?野沢の美しいトラップからのシュートは素晴らしかった。あのテクには惚れ惚れする。結局キーパーの正面だったんだけどね。
深井も豊富な運動量でよかった。大学時代の相方、巻が代表初選出されたし、期するものがあったか?深井はひとつ決定的な場面があって、ゴール正面で後はあわせるだけってのがあったんだけど、すっころんだかなんかでゴールできず。

勝ってゴール裏はオブラディしてたね。
そしてインタビューはキャプの満男から。だけど何言ってるか聞こえません。
でもビジョンの様子から笑えた事は確か。だってすごい憮然とした表情してて、どんな質問(これはある程度聞こえた)されてて、それに対しどう答えてるかわかっちゃうんだもん。
その後はモト。あらかじめマンUが勝つと予想されてたのが分かるMOM用の賞品=金の兜をもらって苦笑い。こっちもウケたよ。
そしてまたインタビューの声が聞こえない。最後こっちに向かって「ありがとうございました」ってのは聞こえたが。

そして、普段買わないエルゴラ買いました。ハネはフル出場だったね。大岩の穴を見事なプレーで埋めて思わぬ収穫となったとかいてある。

もっと番狂わせみたいなかんじで書かれてると思ったのに結構好意的です。Jリーグには欧州と違う「速さと質」があることを知らずケア不足とも。そして(アントラーズは)首位のチームなのだだって。今日は浦和と試合ですよね。彼らにとって負けられない一戦。どうなるんでしょうか。



(2005年7月30日追記)


                         
                                  
        

ブログ

category - 雑記
2005/ 07/ 27
                 
今日は暑かったですね

ぶらっと立ち寄った本屋で「ブログ」に関する本を何冊か見てきました。
6月にライブドアで始めて、途中からデータをヤプログに持ってきて現在に至ってます。
本格的に書くようになって1ヶ月が過ぎました。

そろそろブログを始めたきっかけのひとつであるカスタマイズや、もうちょっと見に来てくれる人を意識した文章を書かないとと思ってます。

ブログは私が最初に開設したライブドアが一番人気みたいですね。
このヤプログはユーザー数は非公開でしたが、その8割は女性だとか。
そのために人気のあるテーマは「育児・料理・ペット」が主だそう。私は多分投稿するテーマが一番多いであろう「サッカー」が中心になるだろうと思ってたので、それらのトピックは見てもおらず。今度そのあたりも含め見てみようかと思いつつ、何の調査もしないでこちらへ引っ越してきてしまった事が自分らしいなと思ったり。私は事前調査をしっかりするか、まったくしないかの両極端だから。

サッカーを軸に、その他興味のある記事も織り交ぜてるんだけど、実は「ペット」もカテゴリーを作ろうかと思ってたの。そんなときにが骨折してしまい、投稿するにはテーマが重くなったり、情報集めのため専用のところに新たにブログを開設したほうがよいだろうとの決断を下し、別に作ってしまいました。同じ鳥ちゃんたちと暮らす人達との交流もしたいので、これは別の機会に専用で投稿します。

さて、てなワケでこれからスキンをマメに変えます。(多分ね)
まずはカスタマイズできないスキンで以前やってたものも含め使用したいのを一巡してからにしようかと思っております。

ここは鹿島アントラーズ」に関する記事が一番多いのだけど、今日他のブログもちょっと見てみたら、ジュビロはアントラーズオフィシャルのトップページのフラッシュのようなのが配布されてるんですね。
7/17のジュビロvsヴェルディのやつなんだけど、スタジアムへ行こうってやつ。
鹿島もほしいなぁと思った。こういうJ1チームのブロガーさんの交流できる場って良いなぁと思ったり。

まぁ何はともあれヤプログでカスタマイズやってるユーザーさん達のブログも見つけたんで、参考にさせてもらいながらゆっくりやってみます。
                         
                                  
        

世の中「モテたい」症候群?

category - ライフスタイル
2005/ 07/ 25
                 
最近気に入ってる日経産業、日経流通新聞から。

「ヒットの現象学」というコーナーで「モテたい」とタイトルにつけると売上が伸びるというのが取り上げられてました。
例えば「Can Cam」ではこのキーワードを入れることにより、ここ2年で20万部の売上増だそうだ。これはすごい。専属モデル「エビちゃん」の着た服は着ないそれより10倍以上売れるらしい。

男性誌は「LEON」がピックアップされてました。私は初めて知ったのだが、どうやらリッチなおじ様向けの雑誌みたい。でもお金よりもセンスを強調してるとの事。8月号は「モテる波乗りオヤジの作り方」。あの世代ってサーフィン人口が多いのか?

2誌に共通するのは掲載された商品の売上が好調な事らしい。

産業の方は、IT系の記事が多かったかな。

「ポータルサイト」という言葉があるが、米国での話しだと思うが集中投資とグローバル化でgoogleの売上高が良いみたいだ。ポータルサイトというと、日本だとYAHOO!が圧倒的だと思うんだけど、外国ではgoogleなのかな?自分は検索する場合まずYAHOO!でやってみて、うまくでないとgoogleってパターンです。最近ではgoogleの方がうまく欲しかった記事が結果に出るということに気づいた。この辺はgoogleも意識してて、検索機能のアップには力を入れてるそうだ。YAHOO!は音楽配信など他があるが、検索はイマイチかも。

自分はこのブログをライブドアで初めて、途中でデータをヤプログに持ってきて引っ越してきたのだが、ライブドアも「ポータルサイト」をより意識してるようだ。
これまでは貧相だったメインメニューを充実させ、ブログの好調もありここからネットに入っていく人も多くなったみたい。とはいえ、ライブドアのメインってYAHOO!そっくりなのだが。
堀江社長のマスコミでの露出も知名度を上げることに貢献したみたい。
おかげで1年は据え置きが当たり前の広告だが、ライブドアは四半期で広告料を見直してるみたい。利用者数が増えたから強気みたいね。

インターネットの玄関、今後はこの辺の位置関係も変わってくるのだろうか。
そして「モテる」というのも、特定の誰かではなく、多数の人から注目されたいということだそうだ。「読モ」などという言葉があるが、手が届かないカッコよさより、身近に感じるカッコよさがうける時代なんだろうなぁ。

自分も雑誌コーナーで「モテる」という言葉が入ってると、手にする確立が高いかもしれん。
そして、それが自分でもアレンジして楽しめそうなものならなお嬉しいかも。
ヘアスタイルもガチガチにブローして決めたのより、自分でも手入れしやすそうな髪型なら参考になるもんね。

これと合わせて流行の「ブログ」にも触れている。管理者の日常(外食場所や、見た映画の感想とか)ものが多いのかな?「自分に注目して欲しい」という間接的な「モテたい」意識の表れではないか。
アクセス数も増えれば増えるほどやりがい感じて、より読者を意識した投稿になるらしい。

自分はブログを始めた動機が

1.以前習ったHTMLを活かしたい。
2.文章力を向上させながら、自分の記録を残したい。
3.サッカー系の記事は自分が観た印象を素直に書きたい(これについては今は深くはいいません。)

他にもあるがこの3点が主な動機なの。注目して!ってよりは、かなりひっそりやってると思う。
                         
                                  
        

行くぞマンU戦!

category - 鹿島アントラーズ
2005/ 07/ 25
                 
ヴェルディvsレアル・マドリード戦、まさかの展開でした。
まさか3-0でヴェルディが勝つとは{びっくり}このところ大量失点してたから、てっきり今日もやられるとばかり思ってましたわ。でも、勝ってよかった。

実は試合が27日だと勘違いしてて、母親に今日だって言われて気づきました。
でも彼女最初ロナウド見てブラジルのチームだと勘違いするし、ジダンは覚えてたりで(彼はフランス人というのも知ってる)、オバさんの思考回路は改めてわからないなと思った次第。

今日のヴェルディはDFが堅かったですね。鹿島は8月27日に再び味スタで対戦するんだけど、大量失点の時に当たりたかったわ。

さて、鹿島ですが昨日報道されたフランサは結局残留だそうで、やっぱりなぁってかんじ。
やはりネックは移籍金ですかね?それともこちらも連日のように報道されてる満男の移籍の絡みでしょうか?(フランサはFW,満男移籍ならMFを補強のはず)
今の時期満男は移籍しないと思ってるんだけど、どうなんでしょう?


本山2アシスト、野沢2得点でカシマ快勝! 
エルゴラ、鹿島が1面です。
下のほうにちっちゃくセレーゾの写真もありますね。
でも後半戦スタートと書いてあるがJはすぐに中断期にはいってしまった。

木曜日は国立でマンチェスター・ユナイテッド戦がありますが、今回は小笠原、本山の代表コンビも試合に出れますね!二人は過密日程になり、国立で見れるのは嬉しいが疲労度も気になるところで複雑な気持ちです。

自分は見れなかった大宮戦の件があるので、この試合行くことにしてて良かった。
だってこれがなかったら、スッキリしない気持ちを8月20日の広島戦まで引きずらなければならなかったんだもん。
当初は特に好きでないマンUだし、気乗りしなかったんだけどね。勢いでチケット買っちゃっただけで。

それにCロナウドも合流したとの事。
台風が来てるみたいだけど、木曜は天気よいといいなぁ。
                         
                                  
        

「海は誘惑する・危ない恋人」 (1981年)  

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 07/ 25
                 
●「海は誘惑する・危ない恋人」  1981年7月25日
原作: ハドリー・チェイス
脚本: 須川栄三
音楽: 鏑木創
監督: 斎藤武市
制作: 国際放映
出演: 多岐川裕美、小野寺昭、草笛光子、藤木悠、
長谷川季子、深江章喜、松本朝夫、潤ますみほか



俊之(小野寺昭)は高級外車専門のディーラーに勤めるセールスマン。
彼は顧客の一人である資産家の未亡人・美砂(草笛光子)に求婚され、
年若い夫となった。


海は誘惑する・危ない恋人




だが、美砂の秘書・絵津子(多岐川裕美)といつしか深い関係を結ぶようになる。


海は誘惑する・危ない恋人



やがて俊之は妻の殺害を計画する。


                         
                                  
        

フランサ獲得、満男移籍報道

category - 鹿島アントラーズ
2005/ 07/ 24
                 
偶然見た海外サッカー好きな人のブログで発見した。

鹿島アントラーズはレバークーゼン所属のブラジル人FW<リンク:http://www.kicker.de/>フランサ獲得に乗り出しているらしい。

この時期に補強を考えていたのか。FWの選手の獲得に動いたのはアレックスが怪我がちだから?
外国人枠は使い切っているのだがどうするのだろうか。
なんでも獲得するには2億7千万円の移籍金がかかるらしく、日曜日に最終決断が下されるとの事。
フランサはレバークーゼンでの起用法に不満らしい。
日本でも週明けに何らかの報道があるのだろうか?

そして今日のスポーツ紙には小笠原満男にレッチェから正式オファーが届いたとの記事が。
1年間のレンタルで完全移籍のオプションガあり移籍金は破格の推定4億7000万とか。
鹿島側は今は出せないとしてるものの、本人は話を聞いてみたいと希望。

正直この時期に満男に移籍されるのはイタイ。



                         
                                  
        

「下町探偵局・お手伝い志願」 (1978年)  半村良 『お手伝い志願』

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 07/ 22
                 
●「下町探偵局・お手伝い志願」  1978年7月22日
原作: 半村良  『お手伝い志願』 下町探偵局PART1 収録
脚本: 千野皓司、西河克己
音楽: 佐香裕之
監督: 西河克己
制作: ホリ企画制作
出演: 森昌子、松村達雄、峰竜太、横山道代、
桂小金治、江戸家猫八、太宰久雄、坊屋三郎ほか



浅草のラーメン屋の住み込み店員和子(森昌子)は、
故郷の熊本で工場廃液公害のため両親を亡くしていた。

彼女は公害の元凶となった南日本化学工業社長室川(神田隆)に
復讐しようと思い詰めていた。


そんなある日、和子は下町探偵局の下町所長(松村達雄)に、
室川の調査をしてほしいと依頼に行った。








                         
                                  
        

キティちゃんバス

category - 雑記
2005/ 07/ 22
                 
今朝も産業、流通の2誌をチェック。産業だったっけかな?人材紹介の会社では女性を雇用したい企業が多く、最近女性の登録者の数が増えているそうだ。
秋以降に働こうと思っているが、同じクラスの人にも「その頃が一番良い時期かもしれませんよ」と言われる。年齢層がいびつな会社もあるし、景気が上向いてきたおかげで雇用も促進されてるもんね。

在職中より就職までのシミュレーションをきちんとして、納得の上、この時期に今の講座を選んだので後悔はまったく無いのだが、その考えを後押ししてくれたようで嬉しかった。
学校が始まるまでにその時出来る全ての事はやったので、今回はメンタル面の不安もあまりない。

授業終了後に来月の食事会だか、飲み会だかの場所の下見に行くことになった。
キティちゃんバス」を初めて見ました。
なんてかわいいの。バスに乗らないのでそこの待合室でお茶をする。

学校で写真が趣味の人や、ヴォイストレーニングをやってる人達に出会って結構面白い毎日かもしれない。
写真が趣味の方には「センスが良い」と褒めていただき(本人からするとどこが!?ってかんじなのだが・・・)、自分のブログだし写真のライブラリーみたいなかんじで自分用にこういうのを投稿していこうかと思う。

ちなみに以前プリザーブドフラワーをやってる店でも花のセンスがあるとか言われた。本人が思うに花も写真もセンスはないが、私のトークでそう勘違いしただけだと思う。
実はこうやって書くより、トークをかます方が得意だ。
仕事面で評価をいただいた方もスキルというよりその辺やフットワークの軽さとかそういう面での評価だったんだろうなぁ。
柔らかい業種出身の割には、何故か堅い企業の上の方に気に入られたりする。

そして帰り道、左足の親指の爪を半分ほど折ってしまい軽く凹んだ1日でした。
                         
                                  
        

朝日に鹿島牛島社長&サカマガ鹿特集&FS

category - 鹿島アントラーズ
2005/ 07/ 21
                 
まずは昨日の自分の記事の転載から。(昨日の画像日記に鹿島ネタをつっこんでしまってたんで)

本屋でサッカーマガジンとサッカーダイジェストの2誌を読む。ダイはいつもどおりだが(満男のコラムがあった)マガの方は「夏王は鹿島」という特集が。
珍しくアントラーズ公式でも告知してますね。

(かなりのページをさいており、鹿ファンは買う価値ありかも。私はケチって立ち読みにしてしまったが・・・)

中でも大岩剛×岩政大樹の対談がイイ。前から一度やって欲しかったのよね。大岩は若手にのびのびプレーをして欲しいというタイプで、岩政がそういうかんじでプレーしてる様子が伝わってくる。大岩は自分達が目立つようではいけないが、岩政のヘッドは目立って欲しいようなことをいってた。
あと大岩ってアレックスのこと「ミネイロ」って呼ぶの?

他にオガサや野沢のインタビューもあった。野沢のは大分戦でも触れたが「アレックス・ミネイロとやりたい」と書いてあり、やはり隆行とのコンビには手ごたえを感じないのだろうと思った。野沢はアレミネ、オガサ、モトと自分の4人、真ん中だけで崩して得点できるしというような事も言ってたな。しかしさぁ、ずいぶんハッキリ言うわな。

またセレーゾのコメントもあり、満男を褒めていたよ。

そして昨日も触れたが朝日新聞の夕刊で「ニッポン人脈記」というコーナーがあるんだけど、サッカースタジアムを取り上げてて今回は新潟スタジアム。
17日のホームは4万人以上の動員数だったとか。ここからはよく目にする新潟フロントの奮戦記。

その中で新潟の会長池田さんが「影響を受けたのは鹿島アントラーズの成功」だとコメントしてます。

鹿嶋市の人口の少なさもあり、川渕さんから「J参入はほぼ不可能」と言われ、牛島社長は今でもその言葉が忘れられないそうです。(牛島社長の写真もあり)

工業地帯で娯楽が少なく、東京からのアクセスも悪い鹿嶋へ転勤を嫌がる社員が多かったそう。法大、住金時代もサッカーとは縁がなかった牛島社長がアントラーズへ来たのは「総務の手腕を見込まれた」からだそうです。

ホームでの試合は20試合程度、それで黒字を出すビジネスモデルは難しいらしいですね。
今日、日経産業新聞に「レッズランド」が取り上げられてましたけど、今季の浦和のホームでの平均動員数は4万を越えてるらしく、羨ましく思いました。

そういえば今日の日刊にこんな記事が。
プレシーズンマッチに代表の出場許可も」
鹿島でいえばマンチェスターユナイテッド戦に、小笠原とか本山が出れる可能性があるということ?

さて、今日はFS順位確定日。
またまた100fp越えており、トップリーグで100位台、リーグ共通では600位台まで来ました。