2005/09/30
2005/09/29
2005/09/25
2005/09/24
2005/09/24
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2005年09月

        

Christon Cafe

category - ライフスタイル
2005/ 09/ 30
                 
先ほど食事をして帰ってきました。今週は外食続きだ。
金曜日でどこのお店も混んでて、8時から店を探し始めて、入れたのは9時頃。

20051018194947.jpg

20051018195150.jpg


結局Christon Cafeで遅い夕食を済ませました。
ここも最初は待ちますけどといわれたんだけど、お店がかなり広くてちょっと待ったところ運良くご案内された。
遅かったので「アロマ梅酒」と「お餅のカルボナーラ キリストン仕立て」、「グリーンアスパラとパンチェッタの春巻」を食べた{カクテル}(写真はHPより拝借)



雰囲気は名前から分かるとおり中世の教会をイメージしたかんじ。いたるところにキリストやクロス(十字架)が飾ってある。広さはかなりあり店内は別世界といったところです。
Buddha-Barにも似てる。

食事もはずれがなくどれもおいしい。今日食べたの以外でもGoodです!
席と席の間の距離感もある程度とれてるので、デートにはもってこいです
もちろん気心知れた仲間達とワイワイやるのもよしグループでも利用できますぜ。

20051018195136.jpg


携帯で撮ったんで画像あらいっす。赤のカーテンがゴージャス

20051018195040.jpg


シャンデリアにも十字架が

20051018195207.jpg">


店内は吹き抜けになっています

20051018195735.jpg


階段にも十字架

            
スポンサーサイト
            
                                  
        

「聖女の園連続殺人」 (1978年)

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 09/ 30
                 
●「聖女の園連続殺人」  1978年9月30日
脚本: 中西隆三
音楽: 小川よしあき
監督: 土井茂
制作: 渡辺企画
出演: 布施明、南田洋子、植木等、小柳ルミ子、
加藤武、東てる美、石原初音、木ノ葉のこ、上月左知子ほか



清華女子大助教授・津島(布施明)は女子大生の人気の的。


ある夜、津島に渡したいものがあると電話をしてきた
学生令子(東てる美)が、校舎の屋上から転落死した。

学校は事故死と発表したが、津島は納得がいかなかった。

令子の死後、音楽講師洋子(小柳ルミ子)と
理事長華江(南田洋子)の娘で令子と同級生の
英子(石原初音)が津島に接近してくる。




                         
                                  
        

黒と白のコラボレーション

category - ライフスタイル
2005/ 09/ 29
                 
20051018194339.jpg

最近秋めいてきて、またインテリアコーディネート熱が復活してきましたです。
ちょうどそんな折「白と黒」を基調にした食器が流行っているという記事を読みました。
写真とは違うんですが、バーニーズニューヨーク新宿店ではノリタケグループの老舗大倉陶園と組んでオリジナルの食器を販売しており好評なようです。デザインは白地に人の顔などが描かれたシンプルなもの。スウェーデンの画家のウルリカ・ハイドマン氏の絵本からのもののようです。価格は5000~9000円台。


私はグリーン、イエロー、ピンクなどを基調にした食器が好きなのですが、白のシンプルなものも愛用してます。お料理が映えるしコーディネートがしやすいので。

また、ウェッジウッドも「ジャスパーシリーズ」に黒を加えた。これは表面に色をつけるのではなく、素材の年度に色素を混ぜ合わせて素焼きする特殊製法だそうです。今年の新作「ゴールドスワッグ」はその名の通り黒地に金彩で”ひだ”が描かれている。

20051018194305.jpg

(ゴールドスワッグ)
         
20051018200119.jpg

(ジャスパーシリーズ)

私はウェッジウッドでは、「ジャスパー」より、「ワイルドストロベリー」の方が好きだったんだけど、この「ゴールドスワッグ」は上品で良いですね。

20051018194329.jpg

そしてバカラですが、今まで私の中にあったバカラのイメージを覆すような斬新なデザインが。デザイナーのフィリップ・スタルク氏と組んでの黒のクリスタル「ダークサイド」です。いろいろと調べてみると、こちらは今年の夏ごろに発表パーティーがあったみたいですよ。右の写真がみづらいんだけど、光沢のある黒のグラスがシックでステキです。
そして、スタルク氏はパリの建築家、インテリア及びプロダクトデザイナーだそうです。おととしバカラメゾン建築の際にインテリアデザインを担当されたのがバカラとスタルク氏の出会いのようですね。

シャンデリア好きの私としては、黒仕様の照明にも惚れてしまいました。

20051018195021.jpg


このシャンデリアは、バカラとスタルク氏のコラボレーション「ブラックゼニス」
価格は\8,925,000で9月発売。
                         
                                  
        

ファンタジーサッカー25節

category - 日本代表・サッカー
2005/ 09/ 28
                 
25節の結果です。

GK 立石 智紀 千葉 7fp
DF 駒野 友一 広島 10fp
DF 金 珍圭 磐田 9fp
DF ストヤノフ 千葉 8fp
MF 阿部 勇樹 千葉 9fp
MF 太田 吉彰 磐田 6fp
MF ポンテ 浦和 5fp
MF 古橋 達弥 C大阪 14fp
FW 深井 正樹 鹿島 2fp
FW アラウージョ G大阪 (Cap)14fp
FW アレックス ミネイロ 鹿島 11fp

合計109fpでトップリーグ、共通ともに大幅に順位がアップ{アップ}
終わってみればベストイレブンから4人選んでたんですね。

金曜に書いてたのと一部違うメンバーになりました。
まず大分のマグノですが、負傷者続出で厳しい状態のガス相手でしたが、こういう試合こそどうなるかわからんとマグノアウベスを売りました。
磐田の太田は、対戦相手の柏が明神が出場停止だということから攻撃面で活躍できるかもと思い起用。C大阪の古橋も相手の名古屋がバタバタしたかんじなんで同じ理由で。

アレックスは得点すると確信のもとに買いましたが、深井は頑張ってくれとの期待を込めて。どっちに転ぶかわからないけど、25節は深井に託す意味でも深井をメンバーに、満男をあえてベンチにしました。

そして、売るといってたアラウージョですが、結局売ってから再び買いなおし。
これはマグノアウベスを売ったことによるもの。今回3TOPにしたかったので。
もうCapはこの人しかいないかなと。ガンバー鹿島が打ち合いになるだろうと、どちらからもDFは選びませんでした。

もう25節は高ポイントは期待せずに編成。

全員警告を受けなかったのが嬉しかったです。
深井は・・・結局2fpだったのだけど、選んだことは後悔してません。

次は気楽に編成してみよう。
                         
                                  
        

「女教師・コンクリート殺人事件」 (1980年)

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 09/ 27
                 
●「女教師・コンクリート殺人事件」  1980年9月27日
脚本: 白井更生
音楽: 市川秀男
監督: 村山新治
制作: 東宝映像
出演: 市毛良枝、中山仁、高橋洋子、倉石功、
戸浦六宏、三田村邦彦、穂積隆信、早瀬久美ほか


地方高校から東京の私立高校に赴任した国語教師・博子(市毛良枝)は、
明るくて美人でたちまち生徒の人気者になった。



美術教師・信彦(中山仁)は治子(高橋洋子)という恋人がいながらも、
そんな博子にひかていった。


ある日、博子が行方不明になり、学校は極秘の捜査を警察に依頼する。


                         
                                  
        

ブログあれこれ、ブログが続いている理由

category - 雑記
2005/ 09/ 25
                 
アメーバブログが面白そうでいろいろ検索してたらこんなのを見つけた。
(アメブロはカスタマイズがほとんど出来ないのね)

"ヤフーがロボット検索全面採用 10月から“Google型”に

記事中のリンクを見てみると、なんともGoogleそっくりな画面が。
このためでしょうか、夏ごろから「inktomisearch.com」というYahoo!系のロボットがいろんなHPやブログを巡回してるみたいね。

自分もそういや7月にYahoo!とGoogleの検索について記事を書いていたことを思い出しました。

そしてYahoo!がこのロボット型検索にすることで、検索結果の1ページ目から転落するサイトが70%にも及ぶとか。
これだと企業のHPとか痛手をこうむる人達が結構でてくるんでしょうね。

あとはブログのバックアップの方法も検索してたんだけどうまいことみつかりませんでした。
確かYaplog!はバックアップの機能がないはず。そろそろ一度はしとこうかと。

今日は結構肌寒かったですね。そろそろ半袖はしまわないと。
今日お出かけをしてたら祭りに遭遇しました。結構な人だかりで、思わず写真をとってしまった。昔のカッコしてたんだけど、なんだったんだ?
20051018195111.jpg



昨日は焼肉で少し腹がでたので、夕食は超軽めにしましたよ。
朝起きたら普段通りになってたが、今日も朝と昼は軽め。夜は野菜を中心に普通に採ったが。9時からあるあるで「10日間でセルライトをなくす方法」をやるね。ストレッチしながら見ることにしよう。動きやすくなったんでまた筋トレとストレッチを再開するかな。




■ブログが続いている理由


まずは、日曜に書いたやつの続きです。

ポータルサイトの検索まで書いたんだけど、その辺に絡むことでネットサーフィンしてたときに「SEO 対策(検索エンジン最適化)」と「アクセスアップ」ネタが面白かった。自分のブログはいいとして、商業用(アフィリエイトぢゃなく、普段の仕事でね)には使えそうなんで引き続き勉強しようかなと思ってます。こちらのブログでも実験用に使ってますが効果はなし。まぁこんなもんかなと。

「アクセスアップ」の検索でひっかかったHP、ブログでアフィリエイトをやってる人たちのブログを見つけました。みなさん個人のHP、ブログなのにアクセスアップに必死なようで。うち一人は複数の違うカテゴリーのブログを持ってて(スゴすぎ)、去年アフィリエイトの為にサッカー系のブログをやってたみたい。管理人さんは特にサッカーに興味はなさそうなんだけど、W杯やレアルなどで「サッカー」というキーワードで沢山の読者が見込めると思ったんでしょうね。結果は最初のうちは100アクセスをはじき出してたようだが、やはり興味のない分野頓挫したようです。

私もこのブログを始めてから早いもので3ヶ月があっという間に過ぎました。
デザインとHTMLの勉強がしたかったこともあり、以前勤めていた会社で思いつきでライブドアで開設したのが始まりです。もともと好きなデザインにコーディネートしたくて、何も考えずに作ったブログ。でも箱だけじゃちょっとつまんない。記事を書いてみるかと思い、普段の日記、サッカーネタを書くことにした。でもこの時点では飽きっぽい性格と、文才がないことを自覚しており続けるつもりはなかった。その後現在のヤプログにお引越し。そして、気がついたらもう4ヶ月目。

重複するが、デザイン(カスタマイズ)関係。すぐに始めようと思ったもののCSSの知識がなかったため、HTMLとCSSがどう関連してるかを理解しないまま始めたのですぐに頓挫。暑い時期でしばらくこの辺は放置したまま、記事だけをアップしてました。9月くらいになり少し落ち着いてきたところで、カスタマイズを再びやりだす。7~8月にネットと本屋でいろいろカスタマイズを取り上げてる本を立ち読みしまくり、安価な本を1冊買う。基礎さえ分かればいい、仕事も勉強も独学タイプ。基礎を理解して今のスキンを作成。頭が柔らかいうちにと10コくらいスタイルを変えて作り続けた。負けず嫌いの私、一つでもスキンを作るまではやめたくない。これで、カスタマイズのための基礎知識は覚えました。これからはFlashなどを勉強し直します。

次にこのブログのメインになってるサッカーネタ。やはり自分の観戦日記を残したい。サッカーはド素人だけど、自分が見て感じたことを書いてみたかった。何故かと言うと、サッカーに精通してる人達と自分とは意見がたまに違ったりする。帰宅後ネットを見ると、結構自分と同じ感想を持ってる人が数多くいた。普段は言えない事、感じたままを素直に書ける場が欲しいと思ったのだ。

他には一旦仕事を辞め、お勉強をしている時に、学校に日経4紙(経済、金融、産業、流通)があり、毎日のように読むようになりその辺の記事を書いてたときが楽しかったのだ。私は音楽、メディア、ファッション、トレンド、IT、マーケティングなどに興味があり、読むだけではなく、そこで感じたことを自分の言葉に置き換えながら書くことによって体で覚え、次の仕事に役立てたいと思っていた。実際にこれらの記事をアップするときは、必ずそこのHPと競合他社のHPも見て、その上で書くようにしてたので大変勉強になった。こういう手応えを感じられたこともあってブログを続けることができた。

まだまだブログを通じて学べることがある。これからも少しずつ勉強していきたい。
そして、サッカーの感想などもうまく書けるようになりたい。人にうまく物事を口頭じゃなくて、文章で伝えるようになることは仕事上役立つし。できれば分析含めかけたらいいけど、これはムリかな。応援するのに精一杯だから。

こう書いてみると、やはり好きな事だけを書けたのが無理なく続けられた大きな理由でしょうね。
上記にもあったが、アクセスアップなどの為にムリムリ書くなんて私にはできない。
好きなことや興味があることだけをこれからも純粋に書きたい。

続いた理由は色々あるが、まずは普段こんな駄文だらけのブログを読んでいただいてる方たちにありがとうといいたいです。誰も読む人がいなかったらここまで続かなかったでしょう。またサッカーネタ主体のブログでも、それ以外の分野の方たちともお知り合いなれた事も続いた理由のひとつです。この辺は「外」からの部分。今度は「内=私自身」の理由について。




(2005年9月27日追記)


                         
                                  
        

ガンバ大阪戦、ガンバ戦補足、明日の千葉戦、ジェフユナイテッド千葉戦

category - 鹿島アントラーズ
2005/ 09/ 24
                 
ガンバ大阪 3-3 鹿島アントラーズ
【得点者】
23分 アラウージョ、51分 大黒将志、89分 アラウージョ(G大阪)
9 分、40分 小笠原満男、89分 アレックスミネイロ(鹿島)

今日はBSでのテレビ観戦でした。

予想通りの激しい打ち合い。逆転されたときは諦めモードになりかけましたが、よくぞ同点にしてくれたぞ!ロングボールからで得点は無理かなと思ったんですが、諦めずにいったところうまい具合にアレックスのところにボールが落ちましたね。キーパーも出てきて『よっしゃ、同点!』と思った。

しかしアラウージョはすごいな。今日腰を痛めながらも2得点で、これで27得点。
今日は前半大黒に仕事をさせてなかったけど、後半やられてしまったね。
2失点目のソガのプレーがなけりゃ・・・なんであの場面でああいう軽いプレーするかね。普段の試合でもよくミスキックしたりするけど、ああいうのはなくして欲しい。
青木もなぜにあそこでバックパス?
とにかく2失点したときからもうドキドキもんで、本当に心臓に悪い試合でしたよ。その後44分に勝ち越されて、時間的に勝ち点が「4」に開いてしまうことも覚悟した試合。最後同点になった時は嬉しかったが、結局勝ち点1しか積み上げられなかったね。最後のはオフサイドだったし、あぁ悔しい。

でも前半はガンバになかなか攻撃の形を作らせずに、よく頑張ったと思う。
うちは深井がもっと攻めに絡めると思ったんだが、ほらガンバと相性いいし、でもちょっと厳しい展開だったね。なかなか前を向かせてもらえなかった。それでも彼が奪ったファールから得点が生まれたりもしましたが。
だからこそ、あのミスからの失点が痛い。増田はスタメンでは厳しいかなと思ったが、次節は出場停止が中盤のポジションの選手に二人でるし、また先発の可能性が高いので今度こそは頑張って欲しいが。

首位攻防戦ということでなかなか激しい試合で、両チーム結構カードが出てますね。
鹿島は次節フェルナンドとリカルジーニョが出場停止ですか。千葉戦のボランチはどうなるんだ?



■ガンバ戦補足


試合前はワクワクするなんて書きながらも、実際にみたらハラハラ、ドキドキだったもんで、自分で読み返すのも恥ずかしいくらいのガンバ戦の記事。

>アレックスのところにボールが落ちましたね

ってのはアレックスいいポジションにいるなぁと感心したって事が書きたかったのに、この辺改めて読むと意味不明だわ。本当に得点の匂いがする選手。決定的なチャンスを冷静に決めてくれた。あぁあともう少し時間があれば逆転できてたような・・・残念です。

後日スポーツ紙で知ったのだが、隆行はガンバDFがボールホルダーにつられると知っており自分に相手をひきつけておいて、フリーのアレックスにボールを送ってたのね。
現地で観戦した人からすると、「アシストはしたけど、彼が入って流れが・・・」ということだけど、このあたり人によって見方は様々ですよね。
確かに彼が入って流れが止められることもあるけど、この日は出場時間も短く、アシストしたプレーは評価してあげたいな。例えシジクレイの足が止まってたとしても。負けで終わると諦めかけていた試合を引き分けに持ち込むことができた、私はこの勝ち点「1」は大きかったと思います。

もちろん勝って首位に再び立つことを願ってましたが、なかなかこういう拮抗した試合をものにするのは難しいと改めて思いました。優勝までの道程はやはり険しいものだわ。
これからも苦手のセレッソが長居で、また清水も日本平でありますが、一戦一戦目の前の試合に集中していきたい。次のジェフはアウェーではストヤノフの退場もあり勝ちましたが、ジワジワと順位をあげており、手強い相手です。
当日はカシマスタジアムへ行く予定なので、精一杯応援してこようと思います。
実はテレビだとハラハラしちゃって、途中でチャンネル変えたりして、現実逃避するヘタレなの。ガンバ戦もそうだった。
前半はまともに見れたんだけど、ソガのミスからの大黒ゴールからは途中見れない箇所も多々ありでしたわ。
ソガは痛いミスがあったけど、好セーブで助けてくれたりしたのよね。

今日は別の記事を書く予定が、ガンバ戦のやつがきになってこちらの補足もどきの記事に変更。

上野遊びに行った記事、ガンバ戦、昨日のやつ全て時間切れでハンパ。
特に昨日のは一度書いたものが何故かタイトル残して消えてしまい、再び書き直したのがあのようなもので、何が書きたかったのやら?ですよ。自分で読んでも。忘れないうちにとあわてて書いたのがかえって良くなかったかも。後日補足の記事書きなおそう。



(2005年9月26日追記)



■明日の千葉戦


昨日の紅白戦ではおおかたの予想通り、出場停止のフェルナンドの位置に青木、右に内田だったみたいですね。
新井場が途中でリタイヤしたとういうのが気がかりなんだけど、ベンチには石川を入れる可能性が濃厚なのかな。

今日の日刊ではかなり不安な記事も。
鹿島セレーゾ監督、選手起用に迷い

>練習後MF本田主将は「迷いが感じられる」と話した。

とあるんだけど、明日大丈夫なんでしょうか・・・
2本目では中後が右SBで出たみたいだし。

千葉はハースが復帰するかどうかで、かなり違ってくるんでしょうね。
最近の千葉はチェックしてないんだけど、試合内容はともかくとして、結果はきちんと出して、順位を上げてきてる印象がある。
このあいだも巻が手の骨折があったけど、終了間際にゴールを決めてるし。

うーん、とにかく残り9試合、がんばっていきましょう!

(2005年9月30日追記)


■ジェフユナイテッド千葉戦


鹿島アントラーズ 2-2 ジェフユナイテッド千葉
【得点者】
アレックス ミネイロ 21、82分(鹿島)
佐藤勇人 29,35分(千葉)

jef.jpg
ジェフサポさん、いつもより多目じゃなかったっすか。

昨日はちっと風邪気味のせいか疲れからなのか、珍しく行きのバスの中で30分ほど寝てしまいました。少し寝たことによりようやっとすっきり。
それまで、地元での電車(これは珍しい事)、高速バスとも人が多くすぐに乗れず、体調があまりすぐれないこともあり東京駅で引き返そうかと思ったくらい。薬局探すのに動き回ってグッタリしたり、やたらイライラしたり。なんであんなにイライラしたんだか。

結果は2-2の引き分け。前半の2失点イタイ・・・最近失点が多すぎだよ。
とにかくエンジンがかかるのが遅すぎで、後半セレーゾにしては早めの選手交代後、ボールが回り始め、こちら側での展開が多くなってきて、ホント押して押してようやっとアレックスの同点弾!その後も攻め続けましたが、逆転することはできなかった。隆行がトラップせずにダイレクトで打っていれば。なぜあの距離でトラップしようとしたのか。少し体制が崩れようがあれはあわせるだけで1点ものだったのに。もたついたためにキーパーに取られてしまった。

アレックスはボールを簡単に失う場面が何度かあったものの、この日2得点。最後のところ、隆行じゃなくアレックスだったらハットできたんだろうな。でもこの日の2点とも、当たり前の事なんですが、シュートがいつでも打てる場所にいて、しかも冷静に決められる、まさにエースストライカーといったかんじで頼もしく思えました。今までFWとして当たり前のこれらの事ができる選手がいなかったからね。20試合で13得点7アシスト、前半怪我で離脱してなかったら20ゴール近くまでいってたんでしょうかね。残りの8試合でもゴール量産してもらわないとね。この日のマッチデープログラムではアレックスが取り上げられてた。

しかし、昨日のウッチーは酷かったな。試合前から不安だったんだけど、これが早い時間帯からヤバすぎて・・

気の抜けたような横パスでピンチを招く、相変わらずサイドを突破するでもなく、守備面でも攻撃面でも不満だらけですわ。ゴール裏からも「内田しっかりしろ!」との声がさかんに聞こえてきてたし。もともと突破などの勝負をするタイプではないのは分かってたんだけど、以前はもうちょっと守備で効いてなかった?早く阿部いれて、青木をさげろよーと思ってた。

ただボランチ青木も、満男が調子悪くマークされることは分かってたわけだから、そこで青木の展開力がほしかったところだったけど、満男頼みだしさ、真ん中空いてても2度ほどシュート打たなかったり、1本打ったのはバーのはるか上だったりで。

坊主もFWだとやはり良くないな。増田も消えてたし。深井は残したいから、深井とモトが2列目で、2トップがアレ、ノザに変えたらいいのに。ただそうなるとベンチに流れを変えられる選手がいなくなるか。サテで好調なナカシを使ってみてはどうなのだろうか。興梠は何故か嬬恋での草津戦でもいなかったみたいだから怪我なのかな?

あー、あと昨日は前半深井が右足でシュートを打ったんだよね。キーパーにセーブされたけど。野沢は押せ押せのときのヘナチョコシュートはなんだったんだ!?気が抜けたよ。
後半あれだけ押してて1点しかとれなかったのもなんだが、ここんとこ2,3失点がデフォルトなのは勘弁してほしい。最終ラインとボランチの連携悪すぎじゃないか?あとカウンター行くときも全体的にスゲェ遅いし。ジェフが早いから余計目立ったわな。しかし立石、好セーブはあったけど、ゴールキックはいくつもミスってたね。それと水野(?)がスローインが直接ライン割ったのもあったし。最後のFKは阿部じゃなくてストヤノフで助かったね。

昨日は私、なんか本能だけで動いてたようなかんじでカシマスタジアムまで来た。この日の1点目のCK(アレックスのゴール)と、1失点目の佐藤のゴールはいづれも決まりそうな予感がした。カンだけは冴えてたようだ。1失点目、ソガのパンチングがバー越えて後ろへ行ってればね。コーナーとられただけで済んだのに。

なんだかんだとダラダラ書きましたが、エコパもいきます。
去年はここで師匠のハットトリック!やらも見れて、だけど引き分け(4-4)で複雑な思いを胸に会場を後にしたんだったけ。あの時も前のセレッソといい失点数が多かった時期だったんだね。さて今年はどうなりますやら。




(2005年10月2日追記)



                         
                                  
        

焼肉食べ放題

category - グルメ
2005/ 09/ 24
                 
今日は上野の焼肉の食べ放題へ行って来ました。


20051018214724.jpg



普段あまり行かない場所に出かけたいなと思ったので、青山あたりへ出かける予定を急遽変更。
1時間の時間限定ではあるけど、食べ過ぎて未だに腹満腹


隣に座ってた女性が牛みたいな人でやはり食べる量もすごかったっす。


バイキング形式になっており、最初にミニサラダ、その後にカルビ、レバー、ホルモン、豚肉をはじめ野菜類ほとんどを食べたんだけど、最後のデザートは詰め込むようにしてなんとか食し終了。


デザートハソフトクリームとさくらんぼが乗ったプリンと、フレーク、ミニシュークリームでした。
これだけ食べて1050円



とにかく上野周辺は焼肉やしゃぶしゃぶはじめ、中華などの食べ放題が多い。夕食までにお腹が空けば、築地から材料を仕入れていたどんぶりやさんでいくら丼を食べたかった。

香港などで見かける屋台風で大きな丼にいくらが沢山盛られてて600円と安い店があったのだ。




その後はコスメ類買ったり、アメ横の「二木の菓子」で買い物。

20051018214754.jpg


ひまわりのオイルとオイスターソースが各105円。ソースは普段は別のメーカーの品を買っているのだが、安いので買ってみた。旨味が引き出せるといいなぁ。

20051018214744.jpg


永谷園の中華茶漬け2種類各98円。かに団子とザーサイ、ほぐし鶏ときくらげ。今晩はこれでいいくらい。

20051018214803.jpg


さけフレークが2ビンで298円というのがあったのだが、鮭は切り身でよく買うので、たらこフレークを買いました。240円。



                         
                                  
        

「他殺岬・父よ愛児が誘拐された!」 (1977年)

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 09/ 24
                 
●「他殺岬・父よ愛児が誘拐された!」  1977年9月24日
原作: 笹沢左保  『他殺岬
脚本: 下飯坂菊馬
音楽: 小川よしあき
監督: 渡辺祐介
制作: 俳優座映画放送、大映映画
出演: 平幹二朗、丘みつ子、佐藤慶、小坂一也、
大坂志郎、佐野厚子、須田圭一、ひろみどりほか



足摺岬で美容研究家ユキヨ(杉本真知子)の死体が発見され
ルポライター天知(平幹二朗)を抹殺するために自殺をするという
内容の遺書が見つかった。


天知は政界の黒い人脈をテーマに暴露記事を雑誌に連載していた。


それからまもなく、天知の息子春彦(須田圭一)がユキヨの
夫・日出夫(小坂一也)に誘拐された。


天知は春彦の行方を追ううちに、選挙戦にからむ政界の暗躍を知った。









                         
                                  
        

「ある誘拐・裁かれる刑事」 (1978年)

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 09/ 23
                 
●「ある誘拐・裁かれる刑事」  1978年9月23日
原作: 小林久三
脚本: 中平京平
音楽: 渡辺岳夫
監督: 須川栄三
制作: 三船プロダクション
出演: 藤岡弘、酒井和歌子、浜田光夫、
小島三児、西村晃、伴淳三郎ほか



暴力団岩崎組と白竜会の抗争を担当している
捜査課長尾坂(藤岡弘)の息子が岩崎組の元木(市川淑郎)に
誘拐された。


間もなく元木から尾坂の妻・美知子(酒井和歌子)に
子供の命を保証するから抗争事件の捜査を打ち切れ
という取引電話がかかった。


悩んだ尾坂は、元刑事の父泰造(伴淳三郎)に相談する。