2005/12/30
2005/12/30
2005/12/29
2005/12/28
2005/12/26
2005/12/26
2005/12/26
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2005年12月

        

PRIDE

category - 格闘技・プロレス
2005/ 12/ 31
                 
先程五味とマッハの試合が終わりました。現地は7時20分まで休憩中。
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

世界一の監督が鹿島へ

category - 鹿島アントラーズ
2005/ 12/ 31
                 
なんとか年内に発表にこぎつけましたね♪安心して年を越すことができるわ~。2005年鹿島の最後の投稿!時間がないから簡単に。

新監督就任決定のお知らせ

メールで鹿島の新監督が決まったと教えてもらったんだが、出かけててPC見れなくて、早速携帯でオフィシャルサイト見たんだが、携帯では確認ができずでした。

ただ私この監督を事を詳しく知らないから、手放しで喜んでいいのかどうか。。。この間のトヨタカップ決勝の「ドン引き」のイメージが強くてね。あと、経歴でわりとすぐに他のクラブに移ってるようなんですがこの辺もどうなんでしょうね。ともかく決まらなかった決まらなかったでヤキモキしてだろうから、今は喜びましょう。これで来季の編成も出来るはずだし。一応「世界一」の監督ですから、贅沢を言っちゃいけないかな。

さて、あとはチーム編成ですね。この監督のツテで誰か良い選手連れてくるんだろうか?1月はこの辺りの報道に期待します。
そして、今日のスポーツ紙の記事によると、鹿島の始動は1月の後半あたりか。新しくなる「鹿島アントラーズ」来季が楽しみ。

今日はこれから掃除して、早めに年越しソバ作って食べたら出かけてしまいますので、PCからの投稿は今年最後です。(携帯繋がれば別カテで投稿すると思いますが)

皆様、半年ですがお世話になりました。
良いお年をお迎えくださいませ。

                         
                                  
        

写真館

category - 格闘技・プロレス
2005/ 12/ 30
                 
いよいよ明日は大晦日か。今年のものは今年のうちにと!
24日後楽園ホールに行ったので、それとイルミネーションでも。

PRIDE男祭り2005ITADAKI
後楽園ホールに貼られていた「PRIDE男祭り2005頂」のポスター。

ガッツ石松
後楽園ホールの壁に飾られていた「ガッツ石松」のパネル。上部に設置されており、かつすぐそばの蛍光灯が反射してたため少し見難いです。この他に輪島功一などもありましたよ。一般人が知らない”レア”な顔ぶれもズラリと並んでました。

東京ドーム
この日東京ドームでは「Gackt」のライブが行われていたそうだ。確かに外に出るとそれらしいカッコした女子がわさわさいた。

イルミネーション
広場には数々のイルミネーションが。

遊園地
遊園地でさえもきれいだ。

ラーメン
見てるだけで寒くなってきたところで、この日会場入りする前に食べたラーメンの画像でも。
                         
                                  
        

年末のアメ横へ行ってみた

category - ライフスタイル
2005/ 12/ 30
                 
今日は上野のアメ横へ行ってきました。少し前に渋谷へ遊びに行って相変わらず混んでたんだけど、それの比じゃないくらいの混みようでした。



焼肉




まずは丸井の中で色々買い物。
(服買ったけどこれは割愛)


買わなかったけどサマンサタバサのバッグが可愛かった

その後以前「焼肉食べ放題」で書いた焼肉店へ行ったんだが、今日はお得なプランがなく別の店で、ランチを食べました。



昼食後いよいよアメ横へ。ここがもうすごい人だかりで通れやしない。
ホント波にさらわれるようでした。とりあえずお菓子の二木へ。店頭には林家いっぺいがいました。



買ったのは
ブルーベリージャム
ブルーベリージャム。850㌘入りで398円とお得。



高菜
高菜漬け。500㌘で126円。チャーハンやパスタで使おうと思ってます。



焼豚
焼豚498円。以前ラーメンをいただいたと書いたのだが、まだ食べてなく、これを食べるときに使う予定で買いました。
後は、ポン酢や香りソルトミックスペッパーを買った。



あと、その辺の商店でまぐろと筋子を購入。当初いくらにするつもりが、この筋子が買い得とのことで買ってしまった。こういう買い物になれてないんで、得なのかなんだか。
とにかく人が多くて疲れました。



ブレイクタイム
洋服のお直しを取ってから、一旦喫茶店で休憩。レアチーズがおいしかったです。
なんだか最近買い物ばかりしてるような。
財布の紐を締めないとな!


                         
                                  
        

「HARD GAY’S NIGHT フォーー!!」メインフォー

category - 格闘技・プロレス
2005/ 12/ 29
                 
オープニング~第3フォーはコチラ
第4、セミフォーはコチラ

高田モンスター軍
(威風堂々が流れ登場した高田総統)

メインフォー
“ハッスルあちち”大谷 晋二郎   アン・ジョー司令長官 
   HG ○       VS     KOSHIKARI●
14分30秒 「69」ドライバー→“セイ”座固め

スクリーンに控え室らしきところにいるHGとあちちが映る。あちちは世間で噂になってるHGの腰痛が心配のようだ。HGにそのことを聞くと「私の腰を折るなんて5万年早いですよ。逆にKOSHIKARIのKARIを狩りとってあげましょう!」そして更に「あちち先輩が夜な夜なしごいてくれた成果を露出 いや披露しますよ」と答えた。これに安心したあちちは控え室を後にする。その直後HGはため息交じりで「セイ・・・」と、腰にコールドスプレーを勢いよくかけまくる。どうやらHGの腰痛は深刻のようだ。

まずはアン・ジョーとKOSHIKARIが入場。KOSHIKARIは予想してた通り、キャラレスラーとしてはショボい。狩族の”KOSHIKARI”といったところか。
そして、お待たせというかんじで、あちちとHGが入場。もうこのときは四方の最後部に座ってるお客さんたちは総立ち状態。やはり時の人「レイザーラモンHG」の人気はすごい。

コーナーにもたれかかるHG
後楽園ホールのため、前回よりもHG達が良く見える。プロレス用のアイマスクがカッコイイぜ!

腰を振るレイザーラモンHG
HGとアン・ジョーの挑発がおもしろかったですね。アンはゲイナイトだからハッスル軍は関係ありませーん、なんて言ってたのにやる気満々だ。そのアン・ジョーに腰をカクカクさせて挑発するHG。そしてPWも披露してました。

後姿HG
レスラー達にまぎれるとそんなでもないが、イイ体しとるわなー。

あちちvsアン・ジョー
あちちとアン・ジョー。レスラー同士の対戦。アン・ジョーはエルボーなどで攻めるたものの、大谷も顔面ウォッシュでお返しし、さらにはHGが股間を押し付けるPWで追い討ちをかける。

観客を煽るHG
観客をノせてくれるHG。もちろん観客も手拍子。

試合はいためてると言われてるHGの腰を徹底的に狙って痛めつけていく。この”腰”を狩る為に連れてこられたKOSHIKARIがアルゼンチンバックブリーカーや弓矢固め、更には痛んできたところで、そこにエルボードロップなど、相手の弱点を狙う。腰を振って挑発しようとしたHGだが腰に切れがなく、崩れ落ちる。

あちちに交代し、武器の腰が復活したところで、KOSHIKARIにコマラツイスト
これマニア前の練習で披露してて見たかった技。あの映像強烈だったもんね。それと同じくらい強烈で、これもまた見たかった69ドライバーまでも見せてくれ、おいら大満足!!!
アタシが興奮してると結局この「69」ドライバーからの“セイ”座固めでHGがKOSHIKARIから3カウントを奪った!ハッスル2連勝だ。

さぁ、試合が終わったのでお約束、西側のバルコニーに注目。あのテーマ曲エドガーの『威風堂々』が場内に流れて”高田総統”が登場!

高田総統
高田総統はクリスマス・スペシャルなので、紫のサンタクロースに変身してご登場。勝利に酔うHGに対し総統は「おい、腰を振るのも調子に乗るのもほどほどにしておきたまえ」そして、(観客から先に『メリークリスマス』と言われてしまいやや不機嫌な総統だが)「メリークリスマス・・・」

「(もう一度)メリークリスマス!(サンタになったのは)しみったれた下々の諸君へのささやかな気持ちだ。せっかくのクリスマス・イブなのに、何だよ、この人の多さは? 本当にヒマでモテないヤツばかり集まってるんだな。こんな日にここに来たことを褒めてやろう。我こそが高田モンスター軍総統、高田だ!

HGマイクパフォーマンス
それに対抗しHGは「セイセイセイ!ちょっと待って下さいよ、高田総統。勝ったのは我々ハッスル軍ですよ。いきなり出てきてオイシイところを持ってっちゃう気ですか。それは許しませんよ!」と応酬。

さらに「その姿で来たってことは私にクリスマスプレゼントでもあるんですか。私の欲しいものはただひとつ、あなたのいきり立った男の中の男。  バッチコーイ!」
これに対して総統は「今のうちにしっかり稼いでおくんだな。君のたった1つの商売道具である、品性のない腰フリが随分と勤続疲労を起こしているらしいな。君から腰を取ったら、ゲイも芸人のほうもお手上げだな。来年の心配をしておいたほうがいいんじゃないか」とHGの痛いところをついてくる。

HGは「はいはい、自覚してますよ~。こんな言葉を知っていますか?”腰フリ3年、柿8年”私はこの腰フリをマスターするために3年かけましたから、そう簡単には壊れるわけないでしょう。そんな所にいないで、私とTバックマッチしませんか。私の「69」ドライバーで、そのサングラスがめり込む位、腰を振りますよ。」
(前回大会は”前戯フォー!だったが今回は)
「トラウマ、フォー!」で締める。ハハッ、トラウマときたか。


高田総統との対戦を要求したHGに対して、隣に居た川田が「俺だったらいつでも相手してやるぞ」
その後総統は「よかろう。ただし完全無欠の私に辿り着くまでに、そのにわか人気と腰振りが続いていればだがな」

川田が「プロレスがこんなもんだと思うなよ。お前にしろチキン(小川)にしろ、俺はプロレスラーとして認めてないからな!」

と、ここで「お前に認められなくても、オレはプロレスラーなんだよ!」と南側の観客席の方から小川が登場!観客においっすと挨拶しながらリングに向かう。南側の観客達正直うらやますぃ。

キャプテン

リングに上がった小川は「ヤボ用で試合には出れないが、これでハッスル軍が2連勝だな。」

高田総統は「何がヤボ用だ。聞くところによると、君は大みそかの”PRIDE男祭り”に出るそうだな。私のところにも情報が入っているが、時の人らしいじゃないか。君はプロレスの代表としてPRIDEに出るとか言ってるらしいが勝手に代表になるのはやめてくれないか。ショッパイ君がプロレスの代表なんてふさわしくないじゃないか」と一蹴。そして「それより素直に『金のためです』『今年もいっぱいもらいました』と言ったらどうだ」と追い討ちをかける。
あちちが「キャプテンはハッスルをもっとデカくするために、ハッスルを背負って出て行くんだ」と反論するが、川田に「江頭!そんなにイライラすると、残り少ない髪にもよくないぞ。上から見るとますます江頭にそっくりになってきれるぞ」と逆襲を受けてしまう。

その後「今日はここまでだ。バッドラック」といい引き上げてしまった高田モンスター軍。

リングに残ったハッスル軍だが、HGが小川に「男祭りといえば、世界最高峰のゴリゴリの男子たちが集まります。私の股間もキリマンジャロばりの頂(ITADAKI)ができちゃいますよ~。キャプテン、当日はセコンドに就かせてください」と直訴。しかし小川はこれに「断る」とキッパリ。
キリマンジャロばりの何かと思えば「頂」ですか。もちろんキャプテン(小川)が参戦する「PRIDE男祭り2005頂」にひっかけたものですけどね。

(てかさ、HG晦日は日テレでしょ?確か。あまりこういうわざとらしいのはいいやと思ってしまう。まぁあたくしもそん時ゃワーッと盛り上がりましたけどね)

                         
                

続きを読む

                 
        

さよなら、セレーゾとアウトゥオリ

category - 鹿島アントラーズ
2005/ 12/ 29
                 
今年の日程が全て終了した鹿島だが、26日に最終ミーティングが行われ「オブリガード!6シーズンにわたるあなたの情熱のある指導に感謝します」と書かれたプレートが贈られたみたいですね。普段試合に出てない選手までセレーゾからサインをもらったそうで、今までいろいろあったけど、いざお別れとなるととても寂しい。彼の人柄は明るくて、熱心な人で大変好きでしたから。

ただセレーゾは「(鹿島から)ちょっと離れるだけで、成長する形でまた戻って来たい。いつか、また会える日が来る」と言っていたそうです。今後は悪かった膝の手術を行い、指導者としての勉強をする予定らしい。

そのセレーゾですが昨日帰国したみたいですね。
今日のスポーツ新聞の記事で知りました。本当に鹿島のオフィシャルはこういうの事前に発表しないな。リカルジーニョの退団のお知らせでもメンバーズルームにちょこっとコメントが載ってただけだし。そもそもフォルサアントラーズもめったに更新されないし。

そして、日刊ではこの間から詳しく出てましたが、28日になっていきなり各紙が「鹿島に世界一のアウトゥオリ氏が監督に就任」の記事を載せている。まだ交渉段階なのだがスタッフや補強の具体的な話をしているらしい事が書かれている。一方ブラジルでの報道は、サンパウロとの契約が残っており、引止めに必死でそのまま残留というもの。
日本側の報道は、鹿島のフロントは好感触と思っていて、ここから出た情報が各紙に流れてるんでしょうね。今日の報道では更にこの辺りが強調されたかんじになってたけど。日本とブラジル果たしてどちらが本当なんだか。

確かこの間報道されてた新監督人事のことでは、他に3名くらいリストアップはしてたようだから、新しい監督が決まるのはそう遠くないのかな。個人的にはこの『3名』が気になるところ。

私は普段サッカー以外の情報収集目的でスポナビのRSS配信を利用してるんですが「優しいFWは生き残れない」って記事があって何かと思って見てみたら、ヤナギの事が書いてありました。しかし、なんともいえないタイトルだな。

追記:
スポニチの速報で

鹿島の来季監督にアウトゥオリ氏

新監督の情報でましたね。
                         
                                  
        

Christmas Party!

category - ライフスタイル
2005/ 12/ 28
                 
クリスマスは3連休でしたね。
連休なのでレジャーその他有意義に時間を使った方も多いのではないでしょうか。私もこの連休中に軽くパーティやりました

rose
ピンクのポプリを買って、その中の一部をいただいていた小物入れにいれてみました

バスケット
残りのものはバスケットへ。飾ってみる。部屋の中にローズの香りが満ちてよいかんじでした

flower
先日書いた姫りんごをあしらったフラワーブーケ淡いワインレッドの色のグラスに飾ってみました

flower
いただいたお花をシャンパングラスへ

Dinner
支度をしている最中のスナップ

                         
                

続きを読む

                 
        

「HARD GAY’S NIGHT フォーー!!」

category - 格闘技・プロレス
2005/ 12/ 26
                 
「HARD GAY’S NIGHT フォーー!!」ハッスルハウスの続き。
第4ハッスルから。

高田モンスター軍
(西側バルコニーに登場した高田総統)

第4フォー
● 鈴木 健想 VS AKIRA○
鈴木 浩子      ミスター鬼瓦  
1分52秒 ラ・マヒストラル

前回横浜アリーナで行われたハッスルマニアで、この日デビューとなった狂言師和泉元彌に敗れた健想。和泉元彌との再戦を要求した健想だが、ハッスル側はこれを拒否。24,25日の両日勝ったらと提案。2日間にわたるハンディキャップマッチとあいなった。
リングにした健想夫妻。健想は警帽をかぶって登場した。鈴木浩子が「交通安全、駐車違反はいけません!」もうおわかりだろうが、先日和泉元彌が駐車違反で逮捕されたのを皮肉ったもの。こういうブラックジョークはアタシは好きだ。

健想
開始のゴングを待たずして、二人を相手にラリアットやチョップで攻める健想だが、AKIRAが「空中元彌チョップ」ならぬ空中AKIRAチョップを見舞うと、これに動揺したのか、AKIRAのラ・マヒストラルでフォール負け。しかも1分52秒というなんとも情けない負けだ。
これはちょっとなぁ、演出しすぎだぜ。

夫健想を罵る鈴木浩子
これに怒った浩子がリング内に。夫健想のふがいなさに「しょっぱい、アンタしょっぱすぎるわよッ」と激怒。「この間狂言師に負けて、今日はその手下にも負けてんじゃないのっ!」ととにかく”しょっぱい”を連発。

鈴木浩子
そして、返す刀で実況席に居た青木裕子に「しょっぱいと言えば青木裕子。アンタの解説しょっぱいわよ。グラビア出身でしょ?今度は全部脱いでいらっしゃい!」と挑発してた。これはチト長すぎたのと、いぢられたのが青木裕子ということで、アタシ的にはビミョーでした。

セミフォー
田中 将斗  VS  川田 利明○
●黒田 哲宏     佐藤 耕平
13分33秒 顔面キック→片エビ固め

前日後楽園ホールで行われたZERO-1 MAXで佐藤耕平と対戦した川田。試合は川田の勝利だったが、佐藤の頑張りを認めた川田はこの試合で佐藤とタッグを組むことを提案した。

川田利明と佐藤耕平
その前の試合がアレだったもんで、これはメンツ見ても分かるとおり安心して見れる試合でしたわ。川田と佐藤が田中に交互に見舞ったサッカーボールキックなんて最高。結局佐藤が黒田にフォール勝ち。ここで川田は佐藤に「モンスターK’(モンスターケーダッシュ)」の称号を与えてこれからもモンスター軍で共闘していくことになりそうだ。だが、この佐藤耕平、マイクアピールのとき何言ってるかサッパリわからず。さすがに川田も「気持ちはわかるんだけど、カツゼツが悪くて何言ってんだかわかんないよ」と言ってました。

川田
その後翌日川田とのシングルマッチが決定してる石狩がマイクアピール。しかし川田は「お前ウザいんだよ。その無精ひげ鬼瓦権造みたいじゃねーか」と軽くあしらう。改めて思うが川田がマイクアピールをするなんて昔は思いもしなかったよ。馬場さんが生きておられた頃の全日の川田は寡黙だったし。もともとは天龍軍だったのだが、天龍がSWSへ行ったことにより、三沢と組んだンだよね。あーなつかし。

オープニングから第3フォーはコチラ
メインフォーからおまけはコチラ
                         
                                  
        

10冠達成への道は険しく

category - 鹿島アントラーズ
2005/ 12/ 26
                 
Antlers

天皇杯の大宮戦で負けたことにより、今シーズンは終了となりました。
昨日は絶対に勝つ!と思ってたので、試合終了のホイッスルを聞いた瞬間脱力でした。
リーグ最終戦、柏に勝ちましたが、勝ち点「1」差(勝ち点で並んでも得失点差で優勝は無理でしたがね)で優勝を逃し非常に悔しい思いをしました。そのリーグでの悔しさを天皇杯にぶつけるつもりでいましたが、それもできませんでしたね。
鹿島の試合の前に行われてた浦和ー川崎で浦和が勝ったところで、準決勝のチケットを買いに近所のコンビにまで息を切らせながら走って買いに行った私は負け組みですか_| ̄|○
大宮戦は勝てるとして、その後の準決勝が鍵だと思ってた。そこで勝てれば必ず決勝でも勝てると思ってたんだけどね。
こりゃ年末年始忙しくなるな、体力持つかしら?なんて心配してたんだけど、これでその心配はなくなりました。

大宮の森田の一発に沈んでしまった鹿島。ここ数年の鹿島アントラーズを象徴するような終わり方でしたな。
大宮はしっかり守ってカウンター、プラン通りの内容だったんでしょうね。大宮に詳しくない他サポの私から見ても、この試合どのように進めていくのかが見えました。そういう意味では見慣れてる(だからこそか:苦笑)アントラーズのほうが何をやりたいのかわからなかった。
大宮引きこもってて面白くなかったですか?でも一発勝負のトーナメント、大宮の選手層考えてもあのような試合運びでくるのは正解でしょう。個ではアントラーズが上回っていても、結局は勝てなかった。トーナメントの試合をどういう風に制していくか、この辺を以前の鹿島なら分かってたはずなんですけど、昨日はまんまと大宮の方にこれをやられてしまった印象をもちました。1点とって、それをしっかりと守る。ゴール前をガッチリ大宮の選手達に固められて、鹿島はそれを崩す攻撃のアイデアもないまま終戦。

昨日は後半になって出かける支度などもあり、途中試合を見れない部分もあったので、自分が見た範囲での話ですが、1点ビハインドでも相変わらずムダにボールをまわす鹿島の攻撃に呆れました。同点そして逆転する気はあるのかと。うーん、なんか気持ちが伝わってこないって言うんですかね。10冠を達成するために負けられない一戦でしたが、選手達からそれが伝わってこない。深井が(負傷?)交代したのも痛かったですね。最後にはこの日2枚目のイエローで満男まで退場してしまうし。

しかし、前半からですが、何故サイドの突破をやすやすと許してしまうのか。来季はちゃんとサイドの補強してくれるんですかね。補強ポイントはここだけじゃないけど。
オフシーズンに入ってこれで鹿島ネタは新監督、補強、移籍くらいかな。去年オフィシャルに出てた大型補強って結局なんだったんやら。

またなんか書くと思いますが一旦これで終わり。
来年こそは優勝してぇーーよっ!!!
                         
                                  
        

ハッスルハウス クリスマススペシャル「HARD GAY’S NIGHT フォーー!!」

category - 格闘技・プロレス
2005/ 12/ 26
                 
ハッスル・ハウス クリスマススペシャル「HARD GAY’S NIGHT フォーー!!」@後楽園ホール 2280人超満員札止め

高田モンスター軍
(左からジャガーY、川田利明、高田総統、アン・ジョー司令長官、一番右がKOSHIKARI)

昨日の試合行ってきました。さすがにクリスマス・イブのイベントだけあって、サンタやHGの格好をしたファンも居ましたね。カップルや家族連れが多かったですね。昨日はスクリーンが見えにくい席だったので、魅力半減、そして首が疲れました(爆)。なので前回の「ハッスルマニア」よりややトーンダウンしたかんじでのレポになります。

まずは試合前、スクリーンにデビル夫人が登場。なんでも”全世界セレブサミット”にご出席されるためハッスルハウスは両日ともでないそうだ。
「ヒマでモテないプロレスファン・・・いやハッスルファンの皆さん、試合を楽しんでくださいませ」とのお言葉を頂戴した。そして「ハッスルオフィシャルブック」の宣伝。自身は既に2万冊購入されたそうだ。この本の紹介で、高田総統とインリン様の入浴シーンのスナップが。。。

そしてリングに、噛み癖を矯正するために「話し方教室」に通っていた草間GMが登場。しかし肝心のトークは相変わらず噛み噛みだ。そして「ハゲ!」の野次に「ハゲじゃないよ!」と反論する草間GM。話し方教室へ通った効果はこれっぽっちも見えなかった挨拶をして「では、ハードゲイナイトの始まりです!」”フォーー!”とポーズを決めた草間GMだがそこにケイ・ササハラが。「ハゲオヤジのグダグダのトークなんて聞きたくないんだよ。こういう日にはリングに”華”が必要」といい、鈴木浩子が登場。
草間GMとゲイシャガール
「そこの”ツチノコ”そんなグダグダのトーク、アメリカじゃ撃ち殺されるわよ!」と一蹴。スクリーンには隠しカメラで撮影されたらしい映像が。オフィスの会議室らしきところで、健想夫妻とササハラ、草間GMが映っていた。健想の来年一月からのハッスルの契約の話し合いで、健想のこの契約をGM交代認定書にすりかえ、ハッスルのGMが草間氏から浩子へ交代するこの書類に草間GMがサインをしてしまった。これを受け浩子が草間GMに、来年の1月1日から新GMに自分が就くことを宣言。草間GMにクビ宣言。そしてお膳立てしてくれたケイ・ササハラにもクビを宣言。

さて、そろそろ試合にいくか。

第1フォー
ハッスル仮面 レッド          サタン・ザ・サンタ2005
ハッスル仮面 ブルー    VS   ア・トーナ・カイ
○ ハッスル仮面 イエロー       カ・トーナ・アイ●
10分32秒 ダイビングボディアタック→体固め
ハッスル仮面イエロー

スクリーンに高田総統、アン・ジョー司令長官と島田二等兵が。
「クリスマスに仕事をしたくない」とボヤく島田。アン・ジョーも「今日はハードゲイズナイト。モンスター軍は全然関係アリマセーン。クリスマスに出勤してるキャバ嬢はカレシがイマセン。聖夜だから、女の子を担いで帰リマショー。」はしゃぐ二人に「君達は何故揃いも揃ってムダに元気なんだ!」と呆れ顔の高田総統。
今日はサタン・ザ・サンタが2005となってリターン。ア・トーナ・カイとカ・トーナ・アイを引き連れての最強トリオとなってハッスル仮面たちに挑む。

試合は人気者のハッスル仮面イエローがカ・トーナ・アイを仕留めた。このおデブちゃんのイエローが見せてくれまして、この試合の一番人気でした。

第2フォー
● Erica  VS  ジャガーY
マーガレット     (アリシンZ改め)ドクロンZ○
6分46秒 ジャーマンスープレックス
スクリーンにジャガーYとアリシンZ。ジャガーがアリシンZに「今の自分に満足してるか?」と問いかけると、「もっと強くなってあの不細工どもをもっと不細工にしてやりたいです」とアリシンZ。そのアリシンの出身地メキシコに伝わる古い言い伝えをジャガーが話し始めた。
神に若い女の髑髏をささげるというものだ。アリシンに生贄にされた若い女達の怨念がこもった札を貼られたアリシンは、ドクロンZに変身。
ジャガーYとドクロンZ

この試合何が一番気になったって、ドクロンZの衣装。下半身が編み上げの黒。両足とも腰から膝に掛けてが編み上げで、アンダーショーツがどのようなものか気になって仕方がなかった。
ドクロンZとErica

試合はドクロンZがパイプ椅子攻撃とか、ジャガーYのひっかき攻撃、マーガレットがジャガーに猫じゃらしでかく乱とかありまして、最後は変身したドクロンZがEricaをジャーマンで仕留めました。

第3フォー
坂田 亘   VS  藤井 軍鶏侍
○ 崔 領二     金村 キンタロー ●
10分26秒 シドマス→エビ固め

崔領二が坂田の控え室へ、先日のハッスルマニアで出番がなく、更にオープニングのドリフにも出れなかったことに腹を立てているらしい。崔が「俺だけTシャツもステッカーもないし」というと坂田も「俺もTシャツないぞ」と。崔は坂田と共闘することを申し出るが「強いやつとしか組みたくない」と拒否。だが「テスト生としてならいい。この2日間でハッスル軍を倒せ」となり、タッグを組むことが決定。ハッスル軍に半期を翻した。
坂田


試合はその崔が金村から3カウントを奪った。
しかし、金村はいいね。机を使った急所攻撃も何度もみせてくれました。金村が攻撃を受けてて「たすけてー」という場面も。会場から「キンちゃん、ピーンチ!」との野次に「そんなことないッ!!」と別の人が野次を返してウケました。その後も観客の「キンちゃーん」の声に金村自身が「はい」と素直に答えてたのがかわいかったです。

はぁー、一気に書くつもりでしたが疲れました。
現地同様、ここで一旦ブレイクします。

つづく第4,セミフォーはコチラ
メインフォーとおまけはコチラ