2006/03/31
2006/03/31
2006/03/26
2006/03/26
2006/03/25
2006/03/24
2006/03/23
2006/03/22
2006/03/21
2006/03/19
2006/03/16
2006/03/13
2006/03/13
2006/03/12
2006/03/08
2006/03/07
2006/03/05
2006/03/04
2006/03/02

2006年03月

        

高田総統劇場

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 31
                 
健想がHGのマスク剥ぎハッスル軍、モンスター軍の乱闘が繰り広げられる中・・・
showtime


「おいっ、見苦しいゾ!

STOP!!ドント ム~ブだよ」


総統劇場へ


威風堂々が流れ高田総統が登場!

高田総統
会場に来てる下品な腰振りを見て喜んでる低レベルな下々の諸君を弄った総統。

小川直也
久々に見た、キャプテンハッスル 小川直也。来月の大阪大会で復帰の予定だそうです。

総統のお決まりのハッスル軍への口撃に小川が反撃。小川はマイクがうまくなってるかんじだ。茅ヶ崎の小川道場で、毎日マイクパフォーマンスをした成果がでたのか。最後の「IQあげなきゃいけないのは、オメェらのほうなんじゃねーのか」って下りは摩邪っぽかった。

総統、小川に川田が絡み、その後HGがマイクを剥いだ健想に対し宣戦布告。「私のマスクを剥ぐとは、タモリさんのサングラスをとると一緒ですよ」ってHGが言ったとき、自分でちょっとウケタのか喋りがなめらかじゃない部分も。

いやぁ役者が揃ってきたこともありいい流れでしたね。
健想もなかなかよかった。川田の「おい、言いたいことあるのか?」に対し、「言いたいこと、ありますよ」とか、川田から「オマエの潜在能力は認めてる。バカ嫁と別れてモンスター軍入りしろ。慰謝料はこっちで用意してやってもいいんだぞ」会場からの別れろ!の野次に「そんな事したら、僕、今日家へ帰れなくなっちゃいますよ」とマスオさんぶりを発揮したり。

この前にHGいや、住谷さんに彼女ができたというスクープがあり、それにつっこむ総統。総統の前フリの部分で、この話題がくると察知した観客は盛り上がる。
「経歴詐称で、タイホされちゃうゾ!」といわれ、HGが少し焦る部分もあった。その後に「写真週刊誌にタレこんだのが私だったとしたら、君はどうする?」このあたりではHGが劣勢になってた。
HGは見逃してくれるかと思ったらしいが、総統が手を緩めるはずはない。彼女ネタを提供したのは果たして総統なのか?HGは「私は、てっきりRGの仕業かと思ってましたよ。」といってたが。
            
スポンサーサイト
            
                

続きを読む

                 
        

褌兄弟(ふんどしきょうだい)

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 31
                 
日曜から火曜まで体調が悪く、しかも2日連チャンでサッカーがあったため、格闘技関係のネタがアップできなかったので、今更なネタもあります。

出て来いや~!

まずはその前に4/2有明コロシアムで行われる武士道の試合順が月曜日発表されました。

『PRIDE 武士道 -其の拾-』
第1試合:池本 誠知 VS イーブス・エドワーズ
第2試合:石田光洋VSポール・ロドリゲス
第3試合:アライケンジ VS ジェンス・パルヴァー
第4試合:デニス・カーン VS マーク・ウィアー
第5試合:ルイス・アゼレード VS ヨアキム・ハンセン
第6試合:ムリーロ・ニンジャ VS パウロ・フィリオ
第7試合:郷野聡寛 VS キム・デウォン
第8試合:近藤有己 VS フィル・バローニ
第9試合:美濃輪育久 VS ジャイアント・シルバ
第10試合:ダン・ヘンダーソン VS 三崎和雄
第11試合:五味隆典 VS マーカス・アウレリオ
■地上波放送:4月9日(日)24:45~26:15 フジテレビ

PRIDE10戦10勝の現ライト級チャンピオン五味が「燃え尽き症候群」だそうですが、日曜はどんな試合を見せてくれるのでしょうか。
それと、美濃輪vsシルバというふざけたカードもあります。これは美濃輪じゃなければ、楽しめない試合だよ。早速、美濃輪は対シルバ用の仰天公開練習を行った。スパーの相手、戦闘竜が滑川を肩車し、滑川は竹刀2本を持っていた。全く美濃輪らしい練習方法だ。
広報の佐伯さんによる「武士道No.10」のみどころ
尚、予定されてた今成だがドクターストップによりアライケンジが出場とのことだ。

そして、5月に開幕する無差別級GPに吉田と高阪の参戦が正式に決定しました!

さぁ、じゃ本題に。
火曜日サッカー雑誌立ち読みしにいったところ、コレがあったので思わず買ってきた。

その名も「PRIDEわっしょい!」

ミノタウロふんどし

ちなみにタイトルの「褌兄弟」とは私が考えたんじゃなく、この雑誌にかいてあったのよ。「褌兄弟」って。

巻頭にはノゲイラ兄弟がふんどし姿になっている写真がある。そこに「褌兄弟」の文字が・・・
二人がふんどし姿になって絡んでる写真など、ホンマもんのゲイの方にはたまらないのではないだろうか?三角締めなど刺激的だ。気になる方は本屋へ行って下され。

その後は高田とノゲイラ(ミノタウロ)の対談があった。
年末の男祭りでふんどし姿での暴れ太鼓を披露している高田だが、外国人選手たちの間では「ふんどし」の事を”タカダショーツ”と呼んでいるそうだ。高田さんもビックリだ。

ふんどし姿になることを嫌がった弟を自ら説得しての褌兄弟。高田のふんどし姿については、「5万人の前でお尻を出して、テレビでも多くの人が見てる。そして太鼓を叩いてる姿が素晴らしかった」とノゲイラは言っていた。
ノゲイラの初ふんどしの感想は「締めてるときはキツくて気持ちよくなかったけど、はずしたときにおおいなるフリーダムをかんじた」そうだ。

話のほとんどは褌と太鼓の事だったが、試合前の煽りVについてもコメントがあった。煽りのVはいつも楽しみにしてるのだが、選手側でも好評のようだ。
高田曰くコアなファンはもちろん、ビギナーにも目を向けてもらえるよう努力をしているようだ。私も自ブログでPRIDE、ハッスルともに画像を多く用いてますが、ツウな格闘技ファンはもちろん、そうじゃない人たちに少しでも興味をもってもらえたらとの思いからやってる部分もある。ここは格闘技・プロレスだけのブログではないので、今まで格闘技を見なかった層にアピールできれば嬉しい。

お次は桜庭和志とHGの対談。
                         
                

続きを読む

                 
        

エクアドル戦とファンタジーサッカー第5節

category - 日本代表・サッカー
2006/ 03/ 30
                 
日本 1-0 エクアドル
3月30日(木)大分ビッグアイ 19:20キックオフ

【スタメン】
GK 川口能活
DF 宮本恒靖、、坪井慶介、中澤佑二
MF 加地亮、三都主アレサンドロ、福西崇史、小笠原満男、小野伸二
FW 久保竜彦、玉田圭司

【得点者】85分 佐藤 寿人

前半終了のちょっと前から見ました。
これでジーコジャパンは初めて南米勢に勝ったわけか。
といっても特に感想なしの試合でした。後半は見れたものの、用事済ませながらの片手間観戦だったし。
最後佐藤のゴールが決まったから良かったものの、眠くなる試合内容だった。6月に向けアツくなれるのだろうか、わたしは。

満男はフル出場だったが、大宮戦大丈夫かね~。

                         
                

続きを読む

                 
        

大分トリニータ戦~ナビ予選~

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 03/ 29
                 
ナビスコカップ予選第1日目 鹿島アントラーズ 4-1 大分トリニータ
2006年3月29日(水)カシマサッカースタジアム 19:00キックオフ/4,664人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 本田 泰人、増田 誓志、本山 雅志、深井 正樹
FW アレックス ミネイロ、田代 有三

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 中後 雅喜、野沢 拓也、興梠 慎三
FW 田中 康平

【得点者】11分 田代 有三、37分 増田 誓志、82分 本田 泰人、89分 増田 誓志

【交代】66分 アレックス→興梠、72分 本山→野沢、72分 深井→羽田


追記:現地からだと、スコア的には快勝みたいだけど、内容はまだまだだとか。1,2点目はヘッドで決めたらしい。大宮戦大丈夫か。。。寒い中平日のナイトゲーム行った人たちはお疲れ様だね。

土曜日予想以上に寒くて、本格的に風邪ひいちゃいました。
なので、日曜現地からサテの情報もらって、サテ戦もアップする予定が途中でぶっ倒れてしまいまして、すいませんがハンパなまま終わってしまいました。石川も怪我かもという情報のまま全てが止まっちゃったんですが(まだその後こっちが返事だしてないし)、今日はサブに入ってるジャン。

それでも月曜会社へ行ったんですよ、でも1時過ぎくらいにやっぱ頭痛と吐き気がおさまんなくて、早退する羽目に。過去に2度倒れてるんですが、そのときの症状に似ていて、このままガマンし続けたら絶対気ぃ失うなと思ったもんで。
私病院いくにしても、待ち時間に倒れるくらいまでギリギリになんないと行かないし、少々ネ熱とかあっても会社やすまないタイプなんで、これには凹みました。平日明るいうちから家路に向かう後ろめたさ。。しかも夕方会議があったのにさぁ。今日は本当は早出(っても早くもないが)して早めに帰らせてもらおうと思ったんだが、月曜早退してますからねぇ、言い出しにくくて、結局今日は後半からライブアントラーズにて音声観戦。

まったく予想しなかった4-1での快勝に終わりました。
でも、今日現地行った人達いいなぁ~。得点者が田代、増田、そして珍しい本田さん(PKだけど)じゃん。
                         
                

続きを読む

                 
        

EXILEからSHUNが脱退

category - 雑記
2006/ 03/ 28
                 
ガーン!

「EXILE」SHUNが衝撃脱退

いつも、 EXILEを応援頂き、誠に有難うございます。
この度、 EXILEのヴォーカルSHUN が、3月29日をもちまして、EXILEを離れ、ソロ活動に専念する事となりましたので、お知らせさせて頂きます。
3月29日に現メンバーでの最後のアルバム「ASIA」。そして、ライブDVD「EXILE LIVE TOUR 2005~PERFECT LIVE "ASIA"~」をリリースし、本作品をもってEXILEの第一章は完結となります。
今後は EXILEの第二章として、新たな形での活動を行っていきます。
なお、 SHUNに関しましては、以前より活動をしてきましたソロ名義である清木場俊介として、活動をしていきます。
本件に関する EXILEの各メンバーのコメントを別紙に記載しておりますので、ご一読頂けたら幸いです。
今後とも、 EXILE、清木場俊介を宜しくお願い致します。
平成18年 3月27日 


以上、オフィシャルの「大切なお知らせ」より。

脱退の理由はEXILEのSHUNと清木場俊介、この二つのバランスがとれなくなってきたからか。まぁ以前のインタビューでこの辺の苦悩については語っていたし、いつかはこんな日も来るのかなぁとは思わないでもなかったけど。

                         
                

続きを読む

                 
        

今井メロと崎陽軒のシュウマイと無洗米

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 26
                 
3/5の横浜大会ということで、まずはオリンピックの話題からスタートする。
島田、アンジョーがミキティ、荒川静香どっちがかわいいかから始まり、先日行った「クラブ夢」でどっちがモテたかという流れに、お互いが「僕の方がモテた」と収拾つかなくなっていると・・

総統が「夢 夢 夢 夢って、お前ら夢見る夢子ちゃんか!天下無敵のモンスター軍がオリンピックなんかで浮かれるな。私はあの『世界中のみんなが仲良くなりましょう』ってなスタンスが大嫌いなんだよ!」と、一喝!
ここで横浜の諸君へ向けてのメッセージが。横浜という土地柄そのハンパさ具合をあげつらい次第にじゃんじゃん様子がおかしくなってくる。そのハンパな横浜を

「まるでトリノで醜態を晒したスノーボード兄弟のようじゃん」と締めると、いきなり・・・

ガンガンズンズングイグイ総統!
 「1(1)、2(2)、3(3)、4(4)♪
ガンガンズンズングイグイ総統!」

<残虐非道なショ-タイム
 「残虐非道なショータイム♪世界征服も夢じゃない!」
決戦前の深呼吸
 「決戦前の深呼吸♪モンスター軍 フルパワーッ!!」

もしかして、今井メロ

島田二等兵「もしかして・・・今井メロ!?」
アン・ジョー司令長官「しかも、アレンジしてマース!」

今井メロばりのラップを披露して、しっかりトリノオリンピックを見てたことがバレてしまった、総統。

話を戻して、ハンパな土地横浜にも総統が認める唯一のものが。
横浜のシュウマイ

それが、崎陽軒のシュウマイだ。

シュウマイに新たな旨味
今回、そのシュウマイに総統がビターン!という名の旨味を加えた。

鬼妖拳

そのモンスターの名は「鬼妖拳」だ。

シュウマイ


モンスターたち
真ん中が鬼妖拳。

鬼妖拳とハッスル仮面イエロー
せっかく旨味を加えたというのに、試合ではこの鬼妖拳がフォール負けを喫してしまう。

Erica&マーガレット&石狩太子vsザ・フライング・バンパイア25世&ザ・モンスター℃&カマキリ・ジャックのタッグマッチの試合から。
控え室で田中未由から作ってもらったおにぎりを食べてる石狩。
石狩「これ、うまい。どこの米?」
未由「近所のダイエーで買った無洗米」
田中未由のおにぎり

相変わらず楽屋でラブラブしてると、Ericaとマーガレットが。
未由を知らないEricaが「ここは一般人、立ち入り禁止よ」

田中未由

「あっ、Ericaさん、はじめまして。私、田中未由です。2月のハッスルオーディションでパフォーマー部門でスカウトされました。今日は大好きな太一さんのためにオニギリ作ってきました。太一さんコレ食べて試合頑張ってね」とスゲー台詞棒読み状態。

これを聞いたErica「はぁ、何言ってんの。この人今日試合組まれてないわよ。」
石狩に試合に出て欲しいとゴネる未由を見て、石狩が「今日、僕も仲間に入れてくんない?相手のモンスター軍は3人でしょ?あんたたち二人じゃムリだって」

Ericaとマーガレット 石狩太子と命名
「いやよ、今日は男子との開戦記念日なのよ。それにあんたと組んで負けたことあるし、マーガレットとふたりで充分よ。乙女にとって記念日がどんなに大切か。」結局女として闘うならという条件付で、石狩は石狩太子としてリングにあがる。
                         
                

続きを読む

                 
        

ジェフユナイテッド千葉戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 03/ 26
                 
Jリーグ第5節 ジェフユナイテッド市原・千葉 0-1 鹿島アントラーズ
2006年3月25日(土)フクダ電子アリーナ 19:04キックオフ/16,546人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 本田 泰人、増田 誓志、小笠原 満男、本山 雅志
FW アレックス ミネイロ、柳沢 敦

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 中後 雅喜、野沢 拓也
FW 深井 正樹、田代 有三

【得点者】85分 アレックス ミネイロ

【交代】
70分 柳沢→深井、83分 本山→田代、86分 アレックス→羽田

JEFサポ昨日は初めてフクアリに行ってきました。ピッチが近くてとても見やすかった。

ホームゴール裏しかしながら、アウェーゴール裏から見れるビィジョンがないため、いったい試合開始からどれくらい時間が経過したが把握できない。アウェーの方にはビジョンがあるので、ホーム側からは見ることができます。

では、試合の方の雑感を、最後に今日のサテ戦を少し。(サテ戦、石川がメンバーに入ってなく、怪我らしいんですが、どうなんでしょうか)

対戦相手がジェフということもあってか、非常に見ごたえのある90分間だった。千葉は運動量すごいですね。佐藤もよく飛び込んできてたし。この人には去年も決められてたしなぁ。ハース、坂本、山岸の動きもよかった。ハースの怪我は気がつかなかったので、交代させられたときなんでか疑問でした。
こっちもヤナギが怪我してしまったし、向こうも坂本の怪我があった。
何気に怪我人が多くなってきたな、まだ5試合が終わっただけなのに。
そのヤナギだが、「右第5中足骨骨折」で全治2ヶ月だそうです。
一日も早い回復を願う。

こっちは前半0-0で折り返して、後半運動量が落ちてきてやばいんじゃないかと心配してました。でも、久しぶりにスタメン出場した本田さんも結局フル出場でしたね。始まる前は正直不安な部分もあったが、インターセプト、カバーリングとよいプレーを見せてくれた。お互いに決定機を外したりして、もしかしてスコアレスかもなんて思ってたら、残り5分でアレックスのシュートが決まった。その瞬間すごい興奮しちゃいました。そして、最後のカウンターでの田代のやつ、あれが決まってたらもっと興奮できた試合だったでしょうね。でも昨日は1-0でもよい内容の試合だったので満足です。

篤人の立ち上がりのプレーよかった。篤人のクロスから満男のヘッドは決めて欲しかったな。あと篤人と満男の息が合わなくて、満男が篤人に怒ってるシーンがあったけど、あれはないよなと思った。

アップ1
アップ2
アップの様子。カメラを通すと少し遠いかんじがしますが、実際にはもっと距離感が縮まったかんじでよく見えました。


選手入場選手入場。試合後挨拶にきた選手たちも撮ったのですが、寒くて震えてたためすべてピンぼけでした。

フクアリフクアリの外観です。見やすくてよかったんだが、トイレと売店の数を増やして欲しいな。私は売店に関しては期待してなかったので、蘇我駅付近の店で買っていってしまったため、スタジアム売店でどんなものが売られていたかは知りません。後は席が少し狭いかんじがしたかも。蘇我駅で係りの人が言ってたけど、昨日は指定に関しては売り切れだったそうです。

昨日は家事済ませて、ゆっくりと化粧してから出かけたのでキックオフ1時間くらい前に到着。しかし洗濯物を取り込むのを忘れてしまい、深夜帰宅したら、冷たい風にさらされた洗濯物が哀しそうに放置されてたよ。

試合前はBOX情報もらい、こちらは武士道の情報を提供。美濃輪vsシルバで、美濃輪式練習方法(まだ書いてないけど)教えてあげたら喜んでた。しかし武士道はまだ地上波で放送しないので。
帰りは別の人からハッスルの情報もらい、慌ててそれを追加したため、大仕事をする羽目になってしまった。

さて、来週は大宮戦だ(その前にナビの大分があるが仕事あるからいかない)来週もいろんな意味で忙しくなりそうだ。

最後に今日のサテ戦。現地からの報告だと
GK 杉山
DF 中後、後藤、内田潤、畑中(Y)
MF 吉澤、山本、大道、興梠
FW 田中、佐々木
だそうです。動きがあったら加筆するかも。

                         
                                  
        

PTAの正体と横浜ゲイブリッジメロメロスペシャル

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 25
                 
なんか、ハッスルが6/17(土)にPRIDEの聖地(ってか同じトコ=DSEがやってんだが)

さいたまスーパーアリーナでやるらしいぜ!これは絶対に見にいかなアカン!!

「ハッスル14」が現在GyaOで放送されています。
管理人も早速いくつかの試合を観戦しました!既に結果及び詳細は知っていたけど、映像の方見てみたら、グダッとしてたらしいがおもしろいじゃん!
ってことで、画像多めで気楽に書いてみまふね♪

まずはメインハッスルから。ハッスル軍の決起集会に突如乱入したおカタイPTA軍団。子供達に悪影響を及ぼす、下品で卑劣極まりないHGの腰振りをSTOP!すべく彼女達は立ち上がった。

決起会に乱入したPTA軍団

PTAとは?

モンスター軍が送り込んだ刺客、PTA(=Piston Take Away)とは一体何者なのか!?そして、横浜大会で初披露するといわれた必殺技「横浜ゲイブリッジ メロメロスペシャル」とはどれくらいメロメロなのかと。。。
                         
                

続きを読む

                 
        

マガに小笠原満男、ダイに柳沢敦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 03/ 24
                 
柳沢敦

オフィシャルの「雑誌掲載情報」を見て、今朝出勤の途中コンビによって両方買いました。本当はチラ見してよければ買うつもりだったんだが、そんな時間もなかったのと在庫がどちらも1冊ずつだったので購入することに。もう本や雑誌は置いておくスペースがないから、なるべく立ち読みで済ましてたんだけどなぁ。

まずマガの満男のインタビューだが、「ドイツへの覚悟は決まった」という、この間のNumberと同じく代表関連でのものでした。
この中で好きなシステムは4-4-2だと言ってます。前の4人が自由に動ければ相手としたら捕まえづらいし面白いフォーメーションだと。去年前半の鹿島での、前の4人が流動的に動いてた攻撃については、
「そういう攻撃は(研究できないから)抑えどころがないと思う。自分達も次にどんなプレーが出るかわからないでやってるから、相手もわからないでしょ?」本当にあの時は面白いサッカーするなぁと関心させられたからね。

日本代表選手の小笠原としてのインタビューだったが、(WCが近づいてるけど)基本は鹿島と言ってるのが嬉しかったです。2年前は代表での出番もなく鹿島も勝てなかったが、去年は代表でも試合に出られて鹿島でもかてるようになって気持ちも体も充実したそうだ。

そしてマガのクラブ情報のアウトゥオリ監督のコメントが。開幕戦と次の試合、2試合で合計6失点と守備面に不安があったのだが、アウ監督は、守備に関しては要求したことはできている。それよりいかにポゼッションするかということで、守るつもりはないとか。

他にはWCは向けて、井原正巳さんと相馬直樹さんの対談もあった。これはまだ途中までしか読んでない。相馬さんだけでなく、井原さんも「アジアの壁」と言われてた頃からファンだったので楽しみだ。
                         
                

続きを読む

                 
        

ひなバトルとイメージバトンとハッスル

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 23
                 
カテゴリー違いですが、サッカーマガジンサッカーダイジェスト買いました。このエントリーのあと書きます。

3/5横浜で行われた「ハッスル14」がGyaOで見れます。
個人的にはハウスの方が見たかったんだけど。でも少しみたらやはり面白くこのエントリーの後の後くらいに書くと思う。

KENTAアップ

ここでは書かないのだが、最近(ってもだいぶ経つが)毎週のように新日本プロレスとNOAHのテレビ中継をみている。
どちらも30分の枠なので、試合当日に全部ON AIRしてくれるわけではない。だからデカイ大会は何週にもわたって放送されることになる。それを辛抱強く待って見るのだ。

秋山準と鈴木みのるの「GHCヘビー級選手権試合」のいつ終わるのかわからなかったチョップ合戦は良かった。お互いの意地と意地がぶつかりあった試合。試合後のコメントで鈴木みのるは「(秋山の)後姿がジャンボ鶴田に見えたよ。でもあいつのジャンピングニーは誰かの直伝とかでなく、秋山のジャンピングニーだった」と秋山をたたえてたっけ。鶴田の名前が出てきて、そういやバックドロップも対戦相手の力量見て角度変えてたっけと、そんなことまで思い出してしまったよ。

残りの試合はそれ以降に放送された。三沢光晴vs森嶋猛、田上明vs丸藤正道。丸藤がやってくれたね。善戦するだけでなく、結果を残してくれた。面白い試合でした。金丸義信&杉浦貴vs日高郁人&藤田ミノルのGHCジュニアヘビー級タッグマッチは、挑戦者組の勝利でタッグのベルトがZERO・1 MAXに流出した。これも展開おもしろくて時間が経つのが早く感じられたな。
そして小橋建太vsKENTA。こちらは小橋の勝ちでしたが、いい試合だったわ。これらの試合はテレビで見てから日が経っているので、細かいことは忘れつつあります。なのでざっとの感想、ってか面白かったんだわ、それが言いたかっただけっす。

そのKENTAだが3/3ひなまつりの日に恵比寿のホテルで行われたイケメンレスラー達によるイベント「ひなバトル」に出た際の映像が番組の最後に流れてました。

KENTA  KENTA@ひなバトル

なんかモデルみたいでかっちょイイ~!

イケメンレスラー

日高とか藤田がイケメンってどうなのかと個人的には思うのだが、まぁいいか。

※2007年もひなバトルを開催するようです。
こちらに少しそのことを書きました。
http://loveantlers.blog31.fc2.com/blog-entry-489.html

さて、だいぶ以前にいただいていた「イメージバトン」をやってみようかと思う。
                         
                

続きを読む

                 
        

エルゴラ1面に内田篤人

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 03/ 22
                 
鹿島内田篤が高卒最年少17歳ゴール(日刊スポーツ)


昨日の篤人の活躍、日刊でトステム賞を受賞した写真つきで大きく取り上げられてます。17歳11カ月22日でのプロ初ゴールになったとか。貴重なゴールを生で見れる事が出来て、行った甲斐があったわ~。

エルゴラ エルゴラ内田篤人
エルゴラの1面が篤人だったので、思わず買ってしまいました。

昨日の甲府戦では「右からの崩しや先制点など際立った活躍」採点は7.5で当然のMOM
『鹿島3試合ぶりの白星の立役者となったのは17歳のルーキーだった。相手DFを次々と抜き去って決めた先制点も実に見事だったが、試合を決めるアレックス・ミネイロへのアーリークロスもバツグンの精度。今後に期待。』
と、コメントされています。

昨日は先制点、あの場面で中の選手に合わせるのではなく、自分で打っていった勇気、本当に素晴らしい選手だなぁと思います。今後もワクワクするプレーを見せてくれそうなので、楽しみですね。やはり仕掛けていくプレー見るのは爽快感がある。

ところで、試合後の本田のコメント読むと満男疲れが出てるみたい。昨日もらしくないミスがあったりして、気にはなってたんだが。モトの方は前半はキレがありましたね。

今日発表された3/30に行われるエクアドル戦に鹿島からヤナギと、満男が選出された。モトは選ばれませんでした。その分鹿島でガンバレ。
                         
                                  
        

ヴァンフォーレ甲府戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 03/ 21
                 
内田篤人Jリーグ初ゴール
内田篤人
1ゴール1アシストの大活躍でした

Jリーグ第4節 鹿島アントラーズ 3-1 ヴァンフォーレ甲府
2006年3月21日(火)カシマサッカースタジアム 14:04キックオフ/14,815人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、増田 誓志、小笠原 満男、本山 雅志
FW アレックス ミネイロ、柳沢 敦

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 本田泰人、野沢 拓也
FW 深井 正樹、田代 有三

【得点者】26分内田篤人、56分、76分アレックス ミネイロ

【交代】
69分 柳沢→野沢、81分 本山→本田、89分 増田→羽田

鹿島 vs 甲府:パウロアウトゥオリ監督(鹿島)記者会見コメント

鹿島 vs 甲府:試合終了後の各選手コメント

今日はホント行って良かったです。
テンションがあまりあがってなかったので、サッカーではないんですが気に入ってる試合のビデオみて魂震えさせてから出かけました。そんなことしてたのでキックオフ間に合うかどうか微妙な時間に家出たんだけど、ラッキーなことにスタジアム直行バスに乗れました。やっぱり直行だといいですね~潮来から回らない分時間が省略されるし、神宮からの乗り換えもないため40~50分くらい予定より早く到着。

今日は何を期待して行ったかってーと、ルーキーの篤人のプレーです。名古屋戦では右からしか攻撃パターンがなく、篤人ひとりで魅せてたそうなので。てか、他の選手がダメだったそうで、連戦だしその辺しか見るところがないかなぁと思った。短期間で劇的に変るわきゃないだろうしさ。

一新制覇 20

今年の鹿島のスローガン「一新制覇」そして、内田篤人の選手紹介の画像です。

前半立ち上がりはいい形があったんだけど、徐々にいつも見てるようなかんじになってきてどうかなぁと思ってたところ、篤人の先制点!いや名古屋戦もあんなかんじだった(最初良くて、相手に退場者が出てから逆に攻め込まれた)と聞いてたから、運動量が落ちない時間でまず先制点とんないとって気持ちがあったので。
その1点目、反対側だったからスライディングしたときボールがどこかわからなかったんだけど、あの篤人の粘りはスゴイ。家へ帰ってきて映像みたら股抜きだったのね。


更に2点目のアシストまでしてしまうし。現地でも篤人がボールを持つと歓声があがってましたね。他にも意表をつくパスやら、DFをスルスル抜いていく突破もみせてくれました。

あと今日ホッとしたのは久々にアレックスがゴールを決めたこと。横浜戦見ても調子が今ひとつだったし心配してたのだが、いきなりの2ゴール。今年もバンバン点とっちゃってくださいな。3点目はイバからのドンピシャのクロスに頭で合わせたものでした。まぁあれはフリーだったってのもあるんでしょうが。新井場のアシストは生で見たの2回目かも。名古屋では左のイバがほとんど上がっていかなかったと聞いてたので、イバがアシストした時には『おおぅ!』とびっくりしてしまった。今日で200試合出場達成でしたっけ、良い結果だせて本当に良かったね。しかし、サイドからの攻撃がこうも決まると気持ちいいですな。

残念なことは無失点で終われなかった事。守備はやはりドタバタしちゃう部分がありちょっとまだ心配です。特に2-0になってからは少し気が緩んでるように見えて、そんな時間帯での失点だったからヤなかんじだったわ。その後ベテラン本田さんが久々登場。なんか微妙にうまくなってるかんじが・・そして、山梨出身の深井は今日は出番がなかったですね。

篤人1 篤人2
1G1Aの大活躍でインタビューを受けた篤人。その後はゴール裏へ挨拶にきました。

今日出かける前のビデオ見て思ってたんだが、そのイベントも毎回見直すようなものとそうでないものがある。イベンター、放送局、ファイター、そしてファンが一体化できたものはどんなに歳月が流れようが見るたびに感動する。映像では音響や照明含め、その辺が素晴らしかったものは狂うくらい見直しますからね。やはり勝つことだけでなく、ファンを魅了しようと影で努力を惜しまない選手は応援したくなる。そういうプロ根性は好きだ。

今日、篤人を通して、鹿島でもそんな試合がまた見れるかもしれないと、そういう意味での期待感がもてた。まだあどけなさが残る表情なのに、澄んだまっすぐとしたまなざしの中にある芯の強さ。
監督が変わってまだ今年の鹿島の形は確立されてないと思うが、今後に期待したい。そして、土曜の初フクアリが楽しみ。

今日ハーフタイムでの他会場の途中経過・試合結果がヴィジョンに流れたあと、WBCで日本がキューバを破って世界一になったとアナウンスが。日本頑張りましたね、おめでとう!

                         
                                  
        

いけばな小原流展 『盛花』

category - ライフスタイル
2006/ 03/ 19
                 
本日は日本橋高島屋の小原流「盛花」へ行ってきました。
最初にブログを始めた時から交流のある中尾さんにご招待いただきました。中尾さん、どうもありがとうございました

今年は小原流三世家元の生誕100年かつ創流111年ということで、催事場の面積も広く大きな花展でした。噂には聞いてましたが、大盛況で入場を待つ人たちの列の最後尾は数フロア下になるとか。1時間待ちだそうで、本当にすごい賑わいでした。

盛花(もりばな)とは、小原流独自の形式だそうで、お花を低く広く盛るそうです。ダイナミックで力強く表現されたものからかわいらしいものまで様々な作品がありました。皇后さまや、高円宮妃久子さまも来場されたそうです。

お母様が小原流でお花をやっていた友人と二人で行き、中尾さん達と高島屋内のサロンでお話をさせていただく時間もあり、大変有意義な週末を過ごすことができました。

カフェ店内テーブル

花展を見たあとは、お昼をとり、その後高島屋内のカフェで休憩しました。今日はデジカメを持っていってないため、携帯で撮影したものなのできれいに撮れませんでしたが、赤を基調とした店内は落ち着いた大人の雰囲気を演出しており心地良い空間でした。
                         
                

続きを読む

                 
        

名古屋グランパス戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 03/ 18
                 
Jリーグ第3節 名古屋グランパスエイト 0-0 鹿島アントラーズ
2006年3月18日(土)豊田スタジアム 15:30キックオフ/22,651人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、増田 誓志、小笠原 満男、本山 雅志
FW アレックス ミネイロ、柳沢 敦

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF フェルナンド、野沢 拓也
FW 深井 正樹、田代 有三

【得点者】
なし

【交代】
53分 増田→深井、64分 柳沢→田代、75分 青木→フェルナンド

試合を見てないんでよくわからないが、名古屋に退場者が出てひとり少なくなったのに勝てなかったとは・・・負けに等しい引き分けか。
現地からのレポなど合わせると今日は篤人が相手を退場に追い込んでくれたり、積極的に攻撃参加してよかったみたいだ。横浜戦でも予想以上に対人守備できてたし。
とはいえまだ3試合、彼にとってはこれから厳しい試合も出てくるだろうけど、こういう若い選手が出てきてくれたのは嬉しいね。

リーグ3試合目にして初めての無失点。これは相手チームの攻撃力の差なのか、鹿島の守備力がアップしたのかどちらなんだ。
今日は名古屋にPK与えてしまったが、小澤が止めてくれたらしい。

それで映像見れるかと先ほどBSみたんだが、映像なしで結果だけでした。今日は引き分けでガクッときてたところ、また凹むことが。
このBSなかなか鹿島の試合やんなくて、めんどくさいから録画しといて後で見るかと思いテープをセットして録画したところ、永久保存版としておくべきビデオを挿入してしまい、2秒間だけ録画しちゃったよ。
これ、すっげぇ凹んだ。3/24発売予定のDVD買わなきゃいかんのか。
私のまわりじゃその永久ビデオに入ってた大会、見てはいるけど録画までしてたヤツってのは心あたりがない。

誰か桜庭vs美濃輪の煽りのV持ってる人いなかしら。煽りVの最後2秒ほどかけてしまいました。。。

はぁ甲府戦ホーム初勝利ではずみをつけたいもんだ。
                         
                                  
        

HERO’S

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 16
                 
「HERO’S 2006」 2006年3月15日(水) 日本武道館
17:30開演 観衆:8,770人 満員

HERO’S開幕

2006年「HERO’S」開幕!去年見てハマってしまって、テレビ観戦楽しみにしてました。
バンナの試合からみました。
気になった試合のみいくつか。

闘うフリーター 三角絞め

まずは、この人を紹介するとき「闘うフリーター」という言葉がすっかり定着した、風呂なしアパートに住むフリーター、所英男さんの試合から。

この極真の池田選手って全くわからなかったので、どんな試合になるか予想もつきませんでした。入場曲は所ジョージさんが作ってくれた、Dynamite!の時のあの曲で!
開始から積極的にいく所さん。すぐにタックルからテイクダウンを奪うと、そのまま三角絞めへ移行。所さんの「落ちた」という声ですぐにレフリーが「一本っ!」と試合終了。池田は全く見せ場なく負けてしまった。
前田日明 リングへダイブする所英男

メインの重圧から解き放たれた所さんはすごい喜びようだ。そのままリング下にいた前田日明のもとへ挨拶へいく。

お面をつけた須藤元気 HERO’S

この日もド派手な須藤元気の入場シーン。お面をつけカンフーの衣装に身を包んだ須藤元気は試合前に気付けの酒を喰らう。

須藤元気 Dancing

面を取って素顔になった元気は、キョンシーたちを従えて花道へ。ダンスをしながらリングへ向かう。

試合は1R須藤が優勢も、ローセンのディフェンスのうまさが目立つ。次のラウンドでは須藤の動きが落ちたからか、ローセンも攻撃にでた。結局須藤は決められず判定もドローで延長戦へ。この日須藤は1Rはカンフー着を着て戦ってました。
須藤はタックルからテイクダウンを奪い、バウンド攻撃も繰り出し、須藤が優勢で終わり、判定も3-0で勝利。ローセンの粘りもあり、判定までいっちゃいましたね。
実は須藤は1Rで足を痛めてしまい棄権も考えたそうだ。前田は須藤をこの大会のMVPと言っている。

須藤、判定で辛勝


しかし、須藤元気の試合の前に、Dynamite!のKIDvs須藤の試合流して、他に放送されない試合があったのは残念。
                         
                

続きを読む

                 
        

ウェブ進化論

category - 雑記
2006/ 03/ 14
                 
私の趣味のひとつは読書なのですが、もう自宅の書庫に新しく本を保管しておくスペースがないため、かなり前から本は買わずに図書館で借りるようにしています。
先日王様のブランチのHPでベストセラー本を見たところ

1位「ウェブ進化論」
2位「人は見た目が9割」

と、なっており、早速この2冊を予約しました。
「ウェブ進化論」は3、4ヶ月ほどで借りれそうですが、「人は見た目が~」は80件近くの予約が入っており(蔵書数は8冊)なので、いつ借りれるかわかりません。気長に待つことにします。

仕事でも必要があるときは、インターネットを利用してます。時間に余裕があるときはbusiness person必読であろう、nikkeibpを読んでいます。
nikkeibpでよく読んでいるのは「IT/PC」と「企業/経営」です。
先日はbpの「総合」でこんな記事を発見しました。

従業員によるブログへの書き込みから会社を守るすべ
これは書き込みについてですが、閲覧も就業時間中は、仕事とは関係ないものについては、頻度によってはどうかと思いますね。

自分は普段、職場ではインターネットはほぼ100%仕事絡みで、趣味のものは基本的に自宅でしかみません。会社でも見ようと思えば見れるんですけど、それより仕事に絡むものを読んでより知識を深めたいので。ビジネス系の情報はきちんと読んで頭に入る環境の会社でやるのが自分としてはベストかと。

最近では仕事上の検索でも、結果がサイトだけでなく、ブログも増えてきました。私が普段拝見してるブログはライブドアでやられてる方が多いですね。講師の方や、法人のブログもあり、特に「ブログ内検索」の機能があるサイトやブログは答えをすぐ導けるので助かります。

自宅ではブログを書くことの他に、htmlやcssなどのお勉強に時間を割かれる事が多いです。理想はwebを閲覧10分、ブログを書くのが15分、他のブログ等の閲覧10分くらいでとっとと切り上げて、オフラインに戻るのが理想ですが、htmlいじりだすと、これで時間くってしまいますね。
まぁタグに関しては、だいたい調べ終わったので、もう当座やる作業はなくなって、理想的な時間で切り上げる事が可能かもしれない。(あくまでもこれは理想で、現実はなかなか難しいですけど)

さて、タイトルの「ウェブ進化論」なのですが、先にも書きましたとおりまだ本自体は読んでないのですが、著者の梅田望夫氏のインタビューなどは今までにもいくつか拝見してきました。
先日bpの「IT/Pro」でも、梅田氏のインタビューがアップされてました。

「ウェブ進化論」の梅田望夫氏が語る“Googleという隕石”(後編)

タイトル通り検索サイト「Google」について書かれています。
                         
                

続きを読む

                 
        

ハッスル15

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 13
                 
「ハッスル15」 2006年3月12日(日) 愛知県体育館
17:00開演 観衆:8,870人超満員札止め

最初にビデオでまたまたマイケルが登場。
名古屋でのハッスルデビュー戦を期待してたのだが、またまた声がかからず、グッズの宣伝などをするはめに。そんなマイケルに1通の手紙が。アン・ジョー司令長官からで
「モンスター軍はマイケルをオーディションでスカウトしましたが、1日中ダンスをしているばかりで全く使い物になりません。よって、モンスター軍はあなたと正式に契約しません」

と、デビューすることなく戦力外通告を受けたマイケル。結局ビデオに出ただけで、サヨナラか。まぁ使い道ないしな。

その後GMを退任した浩子が登場。なんと、後任にRGを指名してきた。もう、RGはいいよー、いつまで引っ張るつもりなんだ。

第1ハッスル
ハッスル仮面 レッド    VS  モンスター仮面パープル
ハッスル仮面             ブルーモンスター仮面ブラック ○
× ハッスル仮面 イエロー     モンスター仮面ホワイト
11分24秒 スーパーパワーボム→エビ固め

第2ハッスル
Erica     VS  “モンスターK'”佐藤耕平 ○
マーガレット     ザ・モンスター℃
× 藤井軍鶏侍   ドクロンZ
7分23秒 ジャーマンスープレックスホールド
ドクロンZと藤井軍鶏侍
またしても男子と組むことになった乙女軍団。Ericaは軍鶏侍が弱いので拒否したのだが、名古屋名物手羽先にちなんだ新技「手羽先チョップ」略して”サキッチョ”を考案したという軍鶏侍。サキッチョにウケたマーガレットが大喜びして、結局軍鶏侍と一緒に闘うことになった。

ドクロンZ
編みあげがセクシーなドクロンZの画像。インリン様なき、ハッスルでは田中未由とドクロンZが男子から人気が出ていそうだ。


第3ハッスル
○ 金村キンタロー VS ヤスダキネン
田中将斗        アリマキネン
黒田哲広        ミヤキネン ×
9分15秒 爆YAMAスペシャル→体固め
総統がG1クラスという、名古屋中央競馬場から盗み出したサラブレッドをモンスター化させたモンスターたち。それが、アリマキネンとミヤキネンらしい。ミヤキネンって初めて聞いたがそんなんあるんだ?
借金王安田がそれらのモンスターたちと組んで試合にでることになり、安田はヤスダキネンとなった。

第4ハッスル
“ハッスルあちち”大谷晋二郎 VS アン・ジョー司令長官
× 石狩太一               ジャイアント・バボ ○
9分16秒 のど輪落とし→片エビ固め

セミハッスル
× 坂田亘  VS 天龍源一郎 ○
10分45秒 53歳→片エビ固め
アホの坂田をたたえた天龍。これに対し坂田が天龍を自軍に勧誘。
天龍は「そういう話はオネエちゃんがいる席でするもんだ」と夜の接待を匂わす。天龍、坂田軍入りか?天龍はパンツの股上の深さが「昭和」って感じでイイっすね~。

どうやらここまではグダグダだった模様。
名古屋大会、メインでは夫婦揃って下着さらすという大ハプニング(?)が!
さすがに鈴木健想と鈴木浩子のTバック画像に行く前に一旦畳みます。

                         
                

続きを読む

                 
        

闘うフリーター、所 英男

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 13
                 
昨日(11日土曜日)17:00~放送された、「HERO’S」に向けての番組から。(画像はクリックすると拡大されます)

所さん 掃除

お掃除のアルバイトで生計を立てている、格闘家:所英男。さすが掃除の仕方は要領よくやっていてプロのお仕事でした。(確か実家はクリーニング店を営んでるんですよね。掃除とは関係ない話ですが)

6畳のアパート 390円そぼろ弁当

普段の食事はコンビニのそぼろ弁当(390円)、カルビ弁当(500円)と1食辺り500円の予算。しかし、このところ活躍してきたことで、1食辺りの予算が1000円くらいまで上がったとか。「魔裟斗さんは、こんなの食べないですよね」と、いってた所さん。

流しでシャンプー

流しの湯沸かし器でシャンプーする所さん。そばに味噌汁入れるお椀が置いてある辺り生活臭漂いまくりでイイです。

所vs池田
その所さんと、15日対戦するのが、極真空手の池田祥規。

滝に打たれる 修行
極真空手のすごい修行風景の数々が。
火を飛び越える
さらには火を飛び越えたりしてました。

須藤元気vsオーレ・ローセン 須藤元気
みそか、KIDに敗れた須藤元気の対戦相手はオーレ・ローセンです。こちらも楽しみ。

HERO’Sは3/15(水)20:00~TBSで放送されます。
                         
                

続きを読む

                 
        

横浜Fマリノス戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 03/ 12
                 
Jリーグ第2節 鹿島アントラーズ 0-3 横浜Fマリノス
2006年3月11日(土)カシマサッカースタジアム 16:03キックオフ/22,454人

マリサポ


【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、増田 誓志、小笠原 満男、本山 雅志
FW アレックス ミネイロ、柳沢 敦

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 本田泰人、野沢 拓也
FW 深井 正樹、田代 有三

【得点者】
39分、79分 マグロン、81分 ドゥトラ(横浜)

【交代】
62分 増田→深井、62分 本山→野沢、81分 青木→田代

パウロアウトゥオリ監督(鹿島)記者会見コメント

鹿島 vs 横浜FM:試合終了後の各選手コメント

ホーム開幕戦行って来ました。スコア通りの完敗。
チームとしての完成度の違いが如実に現れていたこの試合。
先週は合流間もない選手達が阿吽の呼吸で素晴らしい連携をみせてくれたが、この日は出し手と受け手がズレてるかんじ。イメージしてるものは同じなのかもしれないが、ズレてたんだよなぁ。アレックスもまだ本調子じゃないのか良くなかった。

あちらは外人3人の出来も素晴らしく、おまけに守備も堅い。
鹿島はこの守備にてこずってましたし、こちらはボール奪えない、つなげないじゃこういう結果になって当然だわな。
昨日の決定機ってセットプレーのヤナギのを向こうのキーパーに止められたやつくらいか。

しかし、満男、モトをガッチリマークされちゃうと何も出来ないのねん。。。若い選手もその状況を自ら打開すべく積極的にいって欲しかったのだが。

次は深井をスタメンで使って欲しいな。深井は守備もしてくれるし、どうしてベンチスタートにさせちゃったんだろう。
あとはGK。昨日の2失点目がショボすぎ。あんなの決められてどーするよ。小澤さん最初鹿の壁の方へ動こうとしてませんでしたか?広島戦でもDFと重なって倒れて、ゴールガラ空きにしちゃったり。次はキーパー変えますよね?>監督。小澤、杉山ともあまり試合で見たことがないんだが、杉山の方が良かった印象があるんだが。
2点目決められて、それからすぐにイバが田中隼磨に振り切られて逆サイド走りこんできたドゥトラに決められてしまい3失点目。2点目入ってガクッときたんだろうが、気が抜けちゃったみたいにすぐに連続失点っていい加減にしてくれ。

練習

練習風景。(ここからクリックすると画像でかくなります)

円陣

円陣組んで、試合開始。

今年の選手紹介の映像は和風。兜やら刀も出てきちゃって、PRIDEの「武士道」を思い出しちゃった。なかなかカッコ良かったよ。


後、昨日は行きは通常のバスで、帰りはスタジアム→東京の直行バスのりました。直行バスの乗り場へ行くと、すごい列が出来てて、駐車場に止まってるバスに乗れるかどうか心配だったんだけど、なんとか乗りまして、でね、乗ってから20分くらい経って、窓から外見るとすぐにスタジアムが。。。駐車場からほとんど動いてなかったわけ。その後神宮へ着くまでにだいぶ時間を要しましたよ。

帰りは渋滞考えると直行にこだわらなくてもいいのかもしんないね。普通に神宮まで電車でいって、通常のバス乗った方が早く帰れたかもしれん。今度は行きだけ乗ってみるか。

--------------------------------------------------------------
今年のイヤーブックを買いました。

イヤーブック

今年は各選手のページに、3つの質問についてそれぞれが直筆で回答してるものが掲載されている。
Q1 2006年優勝するためにはなにが必要だと思いますか?
Q2 今年のテーマは「一新制覇」ですが、個人的に一新したいことは?
Q3 サポーターへのメッセージをお願いします。

満男の回答。
1.ゴール 2.いつもどおり 3.満員
で、でっかく書かれてた。よくインタビューでも言ってるし、当たり前だけど、ひとりでも多くスタへ来て欲しいんですね。他の人がだいたい「応援よろしくお願いします」ってかんじなのに、「満員」って。。。
モトも「スタジアムへ来て下さい。本当に、優勝したいので」ですって。

小笠原 柳沢

今年一発目の「ヴァモスアントラーズ」、表紙は満男でした。
キーマンは柳沢敦。「チームのためにプレーすることがボクのスタイル。10冠を取るための力になれるように頑張りたい。」とあります。

その下の「ミーティングルーム」には、満男・青木・小澤・篤人のコメントが。青木は「結果につなげるためには無難なプレーをしているだけではだめ。チームが苦しいときに助けられるよう、プラスアルファになるプレーを増やしていきたい。」本当にコレ、お願いしますよぅ。

篤人は「開幕戦は緊張してしまってミスが多かったけど、勝ててよかった。縦の突破とかもう少しやれたはず。状況に応じたプレーを勉強していかないといけない。」とあります。でも17歳のルーキーなのに、2戦とも頑張っている。確かにフィジカルや判断の部分など、まだまだなところはあるけれども、これからに期待を持たせてくれるプレーを見せてくれてるからね。

soccerz 選手名鑑


ホーム開幕戦で配られた「SOCCERZ」
中身はJリーグ全31チームの選手名鑑になってました。

ELGOLAZO

そしてエルゴラも入ってた。この日の鹿島vs横浜について。

わたしが観戦してた場所にはJY(?)らしき子達も結構見に来てたんで、完敗だったことが非常に残念。試合終了前に帰っていってたし。
ホームだし気持ちが空回りしてるかんじの試合見るのはつらい。
次の名古屋戦は、どこまで修正してきてくれるのだろうか。

                         
                                  
        

ハッスル・ハウス vol.12

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 11
                 
「ハッスル・ハウス vol.12」2006年3月9日 後楽園ホール
19:00開演 観衆:2,200人 超満員

前回らへんで、「ハッスル」はどこへ向かっているのだろう?と疑問だった管理人ですが、昨日はハッスル本来の魅力バクハツとなったようです。(安心)
少し隙間風が吹いている状況を察知したのか>DSE
ファン心理を読み取って、結果それに応えたことは大いに評価できる。

オープニングビデオでは、前回に続きまたまたマイケルの登場です。
モンスター軍にはいったものの、リング上では必要とされてないようだ。今後ハッスルのリングでレスラーとしてリングにあがることはあるのだろうか?

第1ハッスル
○ ハッスル仮面       レッドザ・ネオ・デビル・ピエロ1号
ハッスル仮面 ブルー  VS ザ・ネオ・デビル・ピエロ2号 ×
ハッスル仮面 イエロー      恐・イタコ
9分17秒 高速回転ウラカンラナ→エビ固め

ひと言。恐・イタコみてぇ~!

第2ハッスル
坂田亘   VS  ザ・モンスター℃ ×
○ 崔領二      “モンスターK'”佐藤耕平
7分4秒 変型バックドロップ→エビ固め

第3ハッスル ハードコアスペシャルイルミネーションマッチ
ババ・レイ&ディーボン VS Erica&マーガレット VS 金村キンタロー&田中将斗 VS ドクロンZ&鬼蜘蛛
14分42秒 3D→体固め 3Dの勝利

これ何?見たときはさっぱりわけわからんかった。だってErica&マーガレットvsチーム3Dじゃなかったっけ?と、思ったら直前になんかイロイロあってかわってたのね。平日仕事で忙しいときだから、展開が速くてついていききれなかったよ。

この試合のルールは4組が同時に戦い、負けたチームから脱落し、最終的に残ったチームが勝利。

セミハッスル 
○鈴木健想  VS RG×
2分5秒 ノド輪落とし→エビ固め

前回、川田に負けた後、モンスター軍入りを匂わせるような終わり方をした健想。妻の浩子はこの試合でRGが勝ったら、夫・健想をモンスター軍から奪回し、健想が勝った場合は自らGMを退くという、まさに体を張って夫を連れ戻そうと計画。
試合前浩子は夫健想が負けてくれて自分のもとに帰ってきてくれることを信じて疑わなかった。夫・健想もとっとと負けて浩子の元へ帰るつもりが、こんなことは百も承知の総統が”ビターン”攻撃を喰らわしてしまう。

んで結果だけど、あーやっぱ、思ったとうりの結果。RGが負けて浩子GM退任ってシナリオだと思ってたんだよね。浩子GMそろそろお役ご免って空気が漂ってましたからね。
普通に考えればお笑いのRGがレスラーの健想に勝つわきゃないんだけど、そこはハッスルですから!

これでハッスルはGM不在、なので浩子が組んだカードも仕切りなおしということになったみたいだ。
次の名古屋ではHG&TAJIRIvs川田&健想というカードが急遽組まれるらしいが、健想が負けたら・・・なんかストーリーが読めるので、次も楽しみだ(笑)

メインハッスル
“ハッスルあちち”大谷晋二郎VSアン・ジョー司令長官×
○TAJIRI              長尾浩志
4分52秒 エビ固め

試合前のビデオで田中未由とラブラブな石狩。どうやら田中未由からの手作りのおにぎりを「アーン」して食べさせてもらってたみたいだ。

当ブログも書いてないのに、何故か田中未由ファンらしき野郎たちからのアクセスが多い。そんなに気になるか?この田中未由いつまで引っ張る気だろうか、ハッスルは。

それより、アタシは石狩がTAJIRIのことを

青汁みたいなやつ、口から吐いて。っていってたのがGOOD!です。しかも、その後に石狩がTAJIRIの荷物を物色して

「青汁 TAJIRI用 飲むな」と書かれたペットボトルみつけて

それを飲んだ石狩が、その苦さに思わず、液を田中未由に吐きかけ(毒霧w)

豹変した田中未由から股間蹴られたってのが非常にツボにきました。
(管理人思うに、きっと野郎どもは田中未由が石狩の股間けった画像とか求めてくるんでしょうね)

まぁ良い演出はハッスル軍側だけぢゃなくて
モンスター軍側も、元新日本プロレスの長尾をアン・ジョーと高田総統がうまくいぢっていてそちらも心の裏側くすぐられまくりでした。この二人によって活かされてたかんじか?>長尾

元はバレーボール選手だった長尾。レスラーとしても決して、大物というわけではなく、図体のデカさに反比例するようなチキンっぷり。

総統なんか「長尾。私が今から言うことをよーく聞いておけ」ってどんなお言葉をかけるのかと思ったら、いっきなし

「苦しくったって、悲しくたって。リングの中では平気なの。だけど、涙がでちゃう。モンスターじゃないんだもん」
と、前回のラップに続き、今回も歌ってしまいました、総統。

って「アタックNo.1」かよッ!

総統は長尾を「ジャイアント・バボ」としてリングに送り出した。
                         
                

続きを読む

                 
        

亀田興毅6R、KO勝ち!

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 08
                 
2006年3月8日(水)
亀田興毅vsカルロス・ボウチャン@両国国技館
6R 2分20秒 KO

今日は久しぶりにボクシングの試合を見ました。
ボクシング一家、亀田3兄弟の長男・興毅くんの試合です。

試合中


世界タイトル挑戦の前哨戦と位置づけられたこの試合、本人は「5Rまでにノックアウトさせる」といってましたが、相手のボウチャン(メキシコ)もフライ級13位の選手。やすやすと勝たせてはくれませんでした。ゲストの人たちが言ってたように、パンチでは興毅の方が威力があるんでしょうが、相手をいなすところはさすが経験がある選手だった。

だんだんイライラしてきたのか、試合中、ボウチャンを挑発する興毅。
6R2分20秒でやっとダウンを奪い、ボウチャンが10カウントを聞いて決着がついた。
テレビから聞こえるオヤジさんの「興毅、ボディやボディ」って声がさかんに聞こえてましたな。

WINNER

これで興毅は10戦全勝(9KO)です。スゴイね!
                         
                

続きを読む

                 
        

柳沢効果で前売り好調

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 03/ 08
                 
広島戦のヤナギの活躍もあって、次のホーム開幕戦チケットの売れ行きが好調だそうです。

柳沢効果で前売り絶好調

東京~カシマスタジアムへの直行バスがこの試合から運行される。いつも水郷潮来からの時間が長いのと、鹿島神宮で降りて、電車やバスに乗り換える時間がかかるので、潮来からスタジアムまで直行できればと思ってたんですよね。
片道30分の短縮でも本当に助かります。対戦チームのサポーターの方も、今までに比べたらアクセスが良くなるので、是非スタジアムまで足を運んで欲しいですね!

今週のダイジェストの表紙はアントラーズの復帰戦でハットトリックの大活躍をみせた柳沢敦です!コンビニで見た限りマガよりダイの方が売れてたんだけど、ヤナギ効果かしら?
試合のレポートも大きく取り上げてくれてたし、開幕戦から気分イイですね♪
ダイジェストの第1節のベストイレブンには鹿島から3選手が選ばれています。
柳沢敦、小笠原満男、そして鹿島史上初高卒ルーキー開幕スタメン出場を成し遂げた内田篤人です。
(先週はダイ買いました。アウ監督のインタビューがあったので。読み応えありましたよ~。第3の外国人はいまいる選手を見て、足りないところで使うみたいです。チームにフィットしない選手を連れてきてもしょうがないですから。それと監督は若手を育てていくのが好きみたい。)

                         
                

続きを読む

                 
        

ジャンクスポーツに五味と亀田ハウスとK-1他

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 07
                 
先週末はテレビではあるが、スポーツ観戦三昧で疲れました。
特に5日に集中しており、その全部を当日に書ききれず。
なんで、今さらなんですがこぼれた分をまとめてアップ。

先週は3/3のひな祭りに恵比寿ウェスティンホテルにて「スカイパーフェクTV!Presents スペシャル☆ナイト ひなバトル!!」が行われました。女性限定のひな祭りのイベントで、抽選で1000名が招待された。女性ファンにプロレスをアピールすべく、各団体からよりすぐりのイケメンレスラーたちがアツイバトルを繰り広げた。

ひなバトル

ずらりと並んだイケメンレスラーたち。こうやってみると中邑は背が高いなぁ。うーん、見に行きたかったよ。
スペシャルゲストには佐々木健介、北斗晶、中嶋勝彦の健介ファミリーがトークで参戦。

イベント第一部では棚橋弘至、田口隆祐組vs中邑真輔、山本尚史組というカードが組まれた。このイベントを最後に中邑は無期限で海外へ武者修行へ行くらしい。この時期(新日的に)中邑がいなくなるのはイタイよなぁ。新日としては世界標準:レスナーと、プロレスラーとして魅力溢れる曙、そして日本人では中邑が抜けるので棚橋を軸に展開させてくんだろうな。中邑には本人のコメント通り大きくなって戻ってきて欲しい。あっちではマスクマンとして戦うみたいね。

お次は日曜日「ジャンクSPORTS」に武士道不動のエース五味隆典が出演してました!きちんとは見てないんで、見て気になったところだけ。五味の紹介では、去年の武士道でのファイトとみそかの男祭りの映像が流れてました。

去年の男祭り桜井”マッハ"速人に勝って、PRIDEライト級チャンピオンに輝いた五味。試合後のマイクですが

「あの~、大晦日はやっぱ判定じゃなくて、KOだと思うんですけど(どうですか?)」
映像が流れてこのことについてコメントしてたんですが、ファンの人はご存知の通り、五味は大の永ちゃん(矢沢永吉)ファンですが、以前その永ちゃんがコンサートで「最後はバラードじゃなくて、ロックでしょ」って言ってて、それをもとに晦日のコメントになったみたいだ。1年くらい前から言ってて「流行るかな」と思ってたのが、そうならずまた男祭りでやってみたといった内容だったと思う。(最後ちと記憶があやふやっす)

ジャンスポ五味


【4/2武士道での五味の対戦相手がきまりました】

五味vsアウレリオ、三崎vsヘンダーソン決定=4.2PRIDE武士道

まだまだ続きます。
                         
                

続きを読む

                 
        

ハッスル14

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 05
                 
「ハッスル14」 2006年3月5日(日)横浜文化体育館
開演 17:00 観衆 5,250人

オープニングビデオに出たのはモンスター軍入りしたマイケルだった。試合に出る気満々だったマイケルだったが、高田総統からのオファーがなかったため、オープニングビデオに出演。
「ハッスル注入ビデオとハッスルマガジンで活字でも映像でもハッスル三昧ケル。中華街に行こう。ラーメンも、肉まんも食べたいけどやっぱりシューマイケル!」らしい。マイケル、アンタ試合するつもりだったのかよ。

鈴木浩子GMがゲイシャガール姿で登場し「今日から鈴木家政権が発足し、一大鈴木家王国を築き上げる!」との宣言。ハッスル軍、モンスター軍の撲滅をたくらんでいるらしい。

アンジョーと島田二等兵の間でトリノの話題が持ち上がると、高田総統は「高田総統ジャン。私は世界のみんなが仲良くというのは嫌だ」と五輪を否定しつつも、今井メロよろしくラップを歌い始め、トリノを見てたことがバレてしまった。総統のラップ聴きたかったぜ!

第1ハッスル
○ ハッスル仮面レッド     鬼妖拳 ×
ハッスル仮面 ブルー  VS ダーク・フォン・マエストロ アイン
ハッスル仮面 イエロー     ダーク・フォン・マエストロ ツバイ
4分28秒 高速ウラカン・ラナ
今日もイエローさん、活躍されたようですね。フィニッシュは赤でしたが。

第2ハッスル
○ Erica         ザ・フライング・バンパイア25世 ×
○ マーガレット VS  ザ・モンスター℃ ×
× 石狩太子       カマキリ・ジャック ○
8分59秒 トリプルフォール 2-1
石狩にお弁当を作ってあげたいという動機で先月の公開オーディションに応募し、ハッスル軍入りした田中未由と、控室でいちゃついていた石狩太一が、Ericaにタッグを組むことを要求。
Ericaは「男子と戦う最初の記念日なのよ、だから男子と組むわけにいかないわ」とこれを却下。すると石狩は女の子としてリングに上がることに。ミニスカートに化粧もバッチリの石狩太子となる。
しかし女になったことでヘタれてしまった太子ちゃん。その分美女軍団が奮闘、2-1で勝利も、次なる対戦相手3-D戦へ火花を散らした。
石狩太子、見てないから妄想が膨らむが、これどうだったんだろうか。太子の姿をみてぇ~~。

第3ハッスル
×金村キンタロー  VS ババ・レイ 
田中将斗 ディーボン○(Team3D)
10分52秒 3D→体固め
金村、田中組はお馴染みの入場曲、”COME OUT AND PLAY”にのってブリブラ・ダンスで登場!セコンドとして電撃ネットワークも南部虎弾さんがついた。(南部さんは鹿島ファンでも知られてるんですよね)
この試合で金村流血したみたいですね。最後は分断されて金村がディーボンにフォール負け。このカード見たかったっすね。ちゃんとしたプロレスの試合が見れたんだろうな。今日は金ちゃん負けちゃったけど、約10分間の試合だったがプロレス心あふれる試合だったのではないんだろうか。
                         
                

続きを読む

                 
        

サンフレッチェ広島戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 03/ 05
                 
Jリーグ第1節 サンフレッチェ広島 3-4 鹿島アントラーズ
2006/3/5(日)広島ビッグアーチ 15:00キックオフ/17,564人


【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、増田 誓志
MF 小笠原 満男、深井 正樹
FW 本山 雅志、柳沢 敦

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF フェルナンド、野沢 拓也
FW アレックス ミネイロ、田代 有三

【得点者】
33分 ウェズレイ、39分 佐藤寿人、82分 ウェズレイ(広島)
22分 小笠原満男、38分、43分、71分 柳沢敦(鹿島)

【交代】
69分 増田→フェルナンド、73分 深井→アレックス、79分 本山→野沢

フォーメーション
水戸戦と同じく青木と増田のボランチ。今日はイバが左SB、そして右にはルーキー内田篤人が。

監督と通訳
アウトゥオリ監督と通訳の蘭堂さんの2ショット。

J1 第1節 柳沢 敦選手(鹿島)ハットトリック達成

パウロアウトゥオリ監督(鹿島)記者会見コメント

広島 vs 鹿島:試合終了後の各選手コメント

BSでの観戦です。
復帰のヤナギがハットトリック!の活躍でチームの勝利に大きく貢献した。彼の復帰は本当にデカいですね。3/2にようやっと合流したので不安はあったんですが、攻撃に関しては見所ありの面白い試合でした。対して守備のほうは・・・でしたが。キャンプで守備は徹底的に練習してたらしいのに、どうしちゃったのかしら。ソガの復帰はいつになるんでしょう。小澤さん、こわひ・・・今日はテレビなのに見てるだけで疲れてしまった。結構佐藤寿人の裏への飛び出しとかヒヤヒヤするシーンもあったけど、とりあえず勝てて良かったよ。ウェズレイもいきなり2点取るとは、さすがかつての得点王。開幕は代表候補の選手が結構点取ってるな。来週対戦する横浜も久保が2ゴールですよ。今日は守備面で危なっかしかったからヤだなぁ。次までにきちんと修正してほしいけど。

ヤナギの2点目のモト→満男→ヤナギなんか、息がぴったりで素晴らしかった。素晴らしいといえばヤナギの3点目のオーバーヘッド!
今日は柳沢劇場でした。この調子で次も頼むよ!
明日のスポーツ新聞で鹿島のことをどう書くかが安易に想像できてしまう。

篤人も右サイドから切れ込んで行って、ペナルティエリア内でファールをもらって、先制点となったPKゲット。思い切りの良いプレーがいくつかみられました。最後も勝負したところがあったけどイイヨ、イイヨ~。まだまだ細いので寮の食事をいっぱい食べて大きくなってくれ。U-19の方はチーム事情により辞退したそうだから、鹿島でいろいろ吸収しながら育っていって欲しい。
内田篤人
デビュー戦でこらからに期待を持たせてくれた内田篤人。
今年は右サイドでストレスを感じることがなくなるかもしれない。

さて、今日は青木がどうしたことか、ヤナギの得点を演出したり、ドリブルで持ち込んでいったりと、積極的なプレーが見られた。なんかのインタビューで、無難なプレーをしてたので、今年は積極的にいきたいというような事を言っていたが、今年こそは覚醒できるのか。
確かヤナギの3点目の時も最初のヘディングって青木だったよね。(違ったっけ??)

次のマリノス戦、ホームでの最初の試合だし、キッチリと勝っていきたいですね。
                         
                                  
        

PRIDE31テレビ観戦

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 04
                 
メインの西島の試合を見終わった後、思わず目が潤んでしまいました。

dse
Dream Stage Entertainment presents

pride31
PRIDE.31("Last Man Standing"Videoから)

気になった試合から、放送された順番を無視して書きます。

西島入場

試合前はこの試合がメイン?と、DSEの西島への期待の高さをうかがわせた、西島洋介vsマーク・ハントから。西島は今年のラッキーカラーの緑と黄色のパンツ着用で、決戦のリングへ向かう。
まずはお約束のこのカードの煽りの映像が流れた。西島が強くなりたい一心で、日本でのボクシングのライセンスを剥奪されながらもアメリカでの修行の日々の映像が流れる。ファイトマネーはスズメの涙。家計は妻が働いて支えた。二人の息子は自分の試合を見たことがない。PRIDEデビュー戦のこの試合、息子達に自分の生き様をみせたかったのだろう。その苦労人の西島が、闘志溢れるファイトで魅せてくれた。本人が会見で「強さを求めていったら、PRIDEだった」と言っていた「PRIDE」のリングで。

1Rハントの攻撃をかわしていた西島だが、やはり体重差からかハントにマウントポジションを許してしまう。しかしその後、すくりと立ち上がって脱出した西島。これには会場も沸いていた。

西島優位に

そして、1R残り20秒をきったあたりから、体重差のあるハント相手にあわやというシーンまで作り出した。事前に試合の内容はあまりチェックしないようにしてたので、まずは36キロの体重差ある元K-1王者ハント相手に1R耐えたのはすごいと素直に思ってしまった。

続く2R。鼻血たおびただしく噴出してきた西島。さすがにこのラウンドになると劣勢だ。パンチを打たれながらも耐える西島だったが。。。
2R終了直前

2Rが終わる直前にはコーナー付近で崩れてしまう。しかし本人はダウンしてないよと。ドクターの見解は意識があるので続行するが、あと一回やられたら止めるしかないと。

最終ラウンド。さすがにダメージが蓄積してる印象だ。もう気力だけで闘っている。
壮絶に散る

最後はハントの右ストレートで、リングへ壮絶に散った。
PRIDEデビュー戦は残念ながら、敗戦となった西島。しかしながらハントのマイクにもあるとおり「ニシジマは本当の戦士だった。今日彼と戦えたを光栄に思う」というとおり、西島の意地が随所に見られた試合。メインにふさわしい内容の濃い一戦でした。次は体重差がない選手との試合を見たい。

さて、お次は西島に続いて男をあげた高阪剛vsマリオ・スペーヒー
仕掛けていく高阪だがスペーヒーの攻撃から劣勢になると、それをおそれず前へ前へと行く。こちらも気持ちの強さが伝わる試合。最後はパンチの連打でKO。

高阪

試合後高阪は「もし、できることなら5月のトーナメント(無差別級GP)に出て、それを最後に選手を引退します。だから、もう一度力を貸してください!」

吉田秀彦
高阪が勝った時、吉田の嬉しそうな表情が。ガッツポーズもしてたような気がします。画面すぐ切り替わっちゃったんで不確かですが。

マウリシオ・ショーグンvsマーク・コールマン
これはダイジェスト扱いでしたね。

ショーグン

ショーグン2

写真ではわかりにくいんですが、ショーグンの腕が逆側に曲がってました。レフェリーストップなのに続行しようとするコールマンに対し、シウバ等がリングへ乱入してました。ショーグン大事に至らないといいんですが。

「赤いパンツの頑固者」田村潔司の試合です。
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラvs田村潔司
田村潔司

ノゲイラの圧勝。田村は全く見せ場がなく、何をやりたかったのかわからなかったし、この試合が田村ではなかったらとりあげてもいなかったかも。

赤いパンツの男
試合前のPVより。サクが戦いたい相手のパンツの色を「赤」と。

サクのラブコール
その後サクは実際に田村へラブコールする

ふんどし高田
ふんどし高田さんも「出てこいや!」と田村を挑発。試合内容について書くことがなかったので、写真で遊んでみました。

ジョシュ・バーネットvs中村 和裕
ジョシュさん

これもほとんど書くことはないかな。カズが足を決められたときはタップするかなと思ったんだけど。結局スリーパーにて決着。ジョシュのマイクも放送されなかったし。うーん、PRIDEでジョシュさんのプロレス技みたいな~。

セルゲイ・ハリトーノフvsアリスター・オーフレイム
テイクダウンとってからはオーフレイムの一人舞台。ハリトーノフは全く見せ場がない。出血がすごかったんですが、右肩を脱臼、鼻も骨折してたらしいですね。

右手と鼻
右手は全く動かない状態のハリトーノフ。

武士道

テレビでは一番最後に(会場では休憩前後でしょうね)4/2有明コロシアムで行われる「PRIDE武士道-其の拾-」宣伝のため、ベルトを肩に掛けて登場!

五味隆典

「4/2に有明コロシアムで行われる武士道のメインイベントに出場させていただくことになりました。チャンピオンらしい試合をやりたいと思うので、みなさんも遊びに来てください」とコメント。

------------------------------
ちょっとPRIDE以外のプロレスの話題も。
先週日曜に新日のレスナーvs曙(タッグマッチ)をみました。
プロレスラー曙は懐が深い感じですね。今後が楽しみです。レスナーも同様に感じたのか、試合後リング上で二人は握手を交わしてましたね。

そしてNOAHの試合はようやっと昨日ビデオを見ることができた。
タッグで対戦した秋山に対し、鈴木みのるが試合が終わった直後、リングの上で秋山に自分のTシャツを無理やり着せてた。
その後のコメントで
「体が大きい秋山がひっぱっても敗れない、鈴木みのる『ベロだしTシャツ』3800円で絶賛発売中!」って鈴木がいってたのがウケました。
明日はハッスルもあるけど、NOAHの武道館大会でもあるんですよね。

                         
                                  
        

マリと新日提携&スカパーにPTA乱入!

category - 格闘技・プロレス
2006/ 03/ 02
                 
横浜と新日本プロレスがタッグ

 サッカー界の名門が、プロレス界の老舗と真の意味でタッグを組むことになった。提携するのはファンサービスの分野。関係者によると、横浜の左伴社長はプロレス好きで知られ、それを耳にした新日本の関係者が横浜側に“オファー”したという。3月5日の開幕戦には藤波辰爾、同18日のC大阪戦では黒い総帥・蝶野正洋が来場。4月1日のFC東京戦では試合前のエキシビション・マッチなども計画されている。

以上、スポニチより。マリの社長はプロレスファンでしたか。
当ブログもプロレス・格闘技とサッカー両方を書いているが、読んでくれている中にはどちらも好きだって人いるんだろうな。
実際、プロレス・格闘技の会場へ行くと、応援してる(サッカーの)クラブのタオルマフラー巻いてる人もみかけるしね。
当方は鹿島ファンですが、他チームを応援してる人含め、サッカー&格闘技(もちプヲタ含む)はwelcome!ですので。鹿島以外の方も気にせず読んでくれると嬉しいです。ここ無名にもかかわらず、意外にいろんなところにリンクが貼られてるようですが、相互リンク等希望ありましたら、コメント残してもらえれば。管理人だけが閲覧できる、秘密のコメント機能もあるので。

ところで、2/26のPRIDEで負傷したショーグンだが予想より軽症だったとの噂がありますね。
さてと、本題へ移るか。

PTAが乱入!

らしいです。3/5横浜文化体育館での「ハッスル14」へ向けて、ハッスル軍がスカイパーフェクTV!本社(渋谷区)で決起集会を開いたそうだ。また渋谷かいな!前に高田総統たちがサイン&握手会開いたのも渋谷のラブホ街。真昼間にあんなところでサイン会やって、実際にラブホテル側から苦情がきたみたいね。あの場所にふさわしくない、チビッコからお年寄りまでがモンスター軍のサインや握手を求めて、ワーキャーやったんでしょ?ホテル側とカップルたちには迷惑このうえなかったんだろうなw決起会には久しぶりのキャプテンハッスル小川も登場!

PTAのみなさん

タッグでモンスター軍とあたるHGだが、オーディションでハッスル軍入りした元WWEのTAJIRIと大一番を前に特訓に励んでいるらしい。
TAJIRI選手に夜な夜なニューヨーク仕込みのテクニックでしごいてもらってます」
とのことで、新しい必殺技の「ヨコハマ ゲイブリッジ メロメロスペシャル」もお披露目されるのか?

とここへ、「PTA軍団」を従えたアン・ジョー司令長官と島田二等兵が登場する。
「HGのハッスル軍追放」を要求し、受け入れられなかった場合には実力行使をもって排除するらしい。そしてモンスター軍はこのまま横浜までデモ行進したらしい(爆)

そして、新加入したTAJIRIのコメント。
「辿り着いた先はこの一番勢いのあるハッスルだった。久しぶりの試合になるけど、副キャプテンのあちち、HGさんをうまくサポート出来るように頑張りますのでよろしくお願いします」

新ハッスルポーズ

集会に出た、小川、あちち大谷、HG、TAJIRIの4人は、HGが考案したという「4人と4の字とフォーをかけた新ポーズ」を披露した。
                         
                                  
        

ボスニア・ヘルツェゴビナ戦

category - 日本代表・サッカー
2006/ 03/ 01
                 
日本 2-2 ボスニア・ヘルツェゴビナ【国際親善試合】
2月28日(火)SIGNAL IDUNA PARK 21時20分(日本時間)13:20キックオフ(現地時間)

【スタメン】
GK 23 川口能活(磐田)
DF 5 宮本恒靖(G大阪)
DF 14 三都主アレサンドロ(浦和)
DF 22 中澤佑二(横浜FM)
DF 21 加地亮(G大阪)
MF 15 福西崇史(磐田)
MF 7 中田英寿(ボルトン/イングランド)
MF 10 中村俊輔(セルティック/スコットランド)
MF 8 小笠原満男(鹿島)
FW 9 久保竜彦(横浜FM)
FW 32 高原直泰(ハンブルガーSV/ドイツ)

【得点者】
44分 高原 直泰、89分 中田 英寿(日本)
56分 ミシモビッチ、67分 スパヒッチ(ボスニア)

平日なので前半16分頃からの観戦でした。明日があるので簡単に。
前半高原のゴールが決まって1-0で折り返したときは、相性の良いヨーロッパだし、勝利で終われるかと思ってましたが、後半別のチームになっちゃいましたね。

後半中澤がペナルティエリアでファールを取られ、PKへ。後半は用意に日本側へボールを運ばれるシーンが目立った。フリーでシュートを打たす場面何回も見られたし。

それでも今日は良いテストマッチになったのではないでしょうか。
PK決められた後、更に得点を奪われ、負け試合で終わるのかと思ったロスタイム、中田ヒデが同点弾。相手も勝利を確信して油断したのか、中田がフリーでした。終了のホイッスルが吹かれるまで諦めない、言葉にすると簡単ですが、本大会ではこれ非常に大事ですね。

今日はアナウンサーが宮本のツネさんのシュートを「オシャレ」と表現してました。結構ウケタ人多いんじゃなかろうか。
鹿的にはヤナギを使ってくれてありがとうだわ。少しでも試合勘を取り戻せたかな?後は鹿島に帰ってきてからリーグで頑張ってちょーだい。
ヒデのゴールが決まったときのヤナギの喜びようといったら。
鹿島でもその笑顔、いっぱい見たいぞ!
後は、松井が見れなかったのが残念だったわ。

そして、今週Jが開幕ということで、Yahoo!のファンタジーサッカーも始まります。
去年は174880チーム中133位で終了。トップリーグは二桁台までいけたのは大きかった。今年は資金の持越しが出来ず、一律5億円からスタートだそうです。いつも序盤は順位が悪いんですよね。今年はどうなりますやら。