2006/04/30
2006/04/24
2006/04/23
2006/04/21
2006/04/18
2006/04/14
2006/04/12
2006/04/10
2006/04/09
2006/04/06
2006/04/06
2006/04/05
2006/04/03
2006/04/02
2006/04/01

2006年04月

        

アビスパ福岡戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 30
                 
Jリーグ第10節 鹿島アントラーズ 4-1 アビスパ福岡
2006年4月29日(土)カシマサッカースタジアム 15:00キックオフ/13,450人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、増田 誓志、小笠原 満男、本山 雅志
FW 田代 有三、アレックス ミネイロ

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 本田 泰人、野沢 拓也
FW 深井 正樹、興梠 慎三

【得点者】 26分 アレックス ミネイロ、34分 アレックス ミネイロ、48分 田代有三、80分 野沢拓也

【交代】18分 新井場→石川 、68分 本山→本田、68分 小笠原→野沢

田代有三

言われるまで気が付かなかったが、リーグ3試合連続ゴールで売り出し中の田代有三さん。スパサでもイケメンって紹介されてたし、インタビューもありました。トステム賞は2得点のアレックスだったが、試合後のインタビューは田代でした。フル出場で途中から疲れが見え始めてきたり、ボールをつなげなかったりまだまだな部分も多いけど、結果を出していることは大いに評価したい。期待してるからこれからも頑張って下さい。撮った画像は「イケメン」とは程遠いものしかなくてごめんね、コレが一番マシなのよ~。

そして、久々に試合に出た石川が2アシストの活躍でこちらもまらなく嬉しかった。石川が出た最後の試合は、テレビ観戦も含めいつだったか覚えていないくらい。ここのところベンチには入り続けていたものの、出番はなくモチベーション保つのは容易なことではなかったと思う。だけど、出た試合できちんと結果を残し(あのクロスの精度は素晴らしかった!)アピールできたことは大きかった。石川があそこまでやってくれるとは思わなかったもん。もともと左足から放つクロスの精度が良いことは知ってたけど、試合から遠ざかってるしいきなり自分の持ち味を発揮できるとはね。

サブの人たち
(サブの選手達のアップ風景。左下の興梠、深井、本田さんのチビッコ3ショットがかわいかった)
アウトゥオリ監督、ヘアカットしたのね。今の髪型切りたてのぎこちないかんじがして違和感ありあり。

今日はゆきこさんと一緒に観戦。遠いところおつかれさまでした。でも4点も取って、うち1点が田代のゴールだから来た甲斐があったでしょ?私は大分、レッズと連続でスタ行って来ます。

            
スポンサーサイト
            
                

続きを読む

                 
        

福岡戦前日

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 28
                 
水曜の大分戦が終わったと思ったら、もう明日は福岡との試合。
日刊の記事を読むと明日はベストメンバーでいけるみたい。

今日はマガ、ダイとゴングを立ち読みしてきた。週プロはなかったよん。ゴングで初めて垣原賢人引退を知りました。この間Uインターと新日の団体抗争の頃を思い出して、当時アツクさせてくれたカッキーはどうしてるかなと思っていたところなので寂しいですね。

マガの深井のインタビューだが、選手である以上スタメン出場したい気持ちは当然あるわけだけど、現在の切り札的役割も十分理解してるようでその辺りの精神面でのバランスが取れ始めてきたのかな。
残り少ない時間で2ゴール決めたもんね。こういうポジションはなかなか難しいものがあるんだろうけど、腐らず頑張って欲しい。
アウトゥオリ監督は選手一人一人にアドバイスをしてるようだが、こういった事が出場機会に恵まれない選手たちのモチベーションを上げることになってるのかもしれない。
マガはヤナギのクリアファイルがあったが買ってません。

さてと、明日は直行バスで行こうかな。前に乗ったらすごい時間短縮されたので。ちなみに前回行ったときは

11:26東京発→12:43水郷潮来→12:50鹿島神宮付近→13:05スタジアム着

やっぱり潮来からセントラルホテルとか回らないし、神宮で電車かシャトルバスに乗り換える時間もないから早くてラクでいいわ。
乗り場は通常のバス乗り場と一緒。定期便の他に臨時も出るので、定期便に乗り過ごしても次の臨時便を待ってもいいかもしれんな。
確実に乗るためにもファンサカの編成を終えるかね。資金がなくて毎回編成するの大変ですよ。順位は着実に上昇してますが。
                         
                                  
        

PRIDE無差別級GP決定カード

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 27
                 
高阪とハント戦が発表されました。
今日現在の決定カードは6つ。

PRIDE無差別級グランプリ2006 1回戦

吉田 秀彦 vs 西島 洋介

ミルコ・クロコップ vs 美濃輪 育久

ジョシュ・バーネット vs エメリヤーエンコ・アレキサンダー

藤田 和之 vs ジェームス・トンプソン

アリスター・オーフレイム vs ファブリシオ・ヴェウドゥム

阪 剛 vs マーク・ハント

あと8日なのに、発表が遅いような。
スポナビではノゲイラとシウバの参加が決定と書いてある。
高阪はいきなりのハント戦だが、初戦ってことでショボイ相手は勘弁と思っていたのでよかったのではないでしょうか。
この大会での引退を発表した高阪、どんな闘いを見せてくれるのか楽しみです。

この中で見たいカードはジョシュ対アレキ、ミルコ対美濃輪ですかね。
久々の藤田が見れるのは嬉しいが、カード的には興味はないなぁ。
早いもんでもうすぐ5月なんですね、まだまだ先の話と思っていたのに時がすぎるのは早いな。
                         
                

続きを読む

                 
        

大分トリニータ戦~ナビ予選~

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 26
                 
ナビスコカップ予選第3日目 大分トリニータ 1-0 鹿島アントラーズ
2006年4月26日(水)九州石油ドーム 19:00キックオフ/9,876人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 後藤 圭太、岩政 大樹、羽田 憲司、新井場 徹
MF 青木 剛、増田 誓志、小笠原 満男、興梠 慎三
FW 深井 正樹、田代 有三

【控え】
GK 杉山 哲
DF 内田 篤人、石川 竜也
MF 本田 泰人、中後 雅喜、野沢 拓也
FW アレックス ミネイロ 

【得点者】なし
【交代】62分 田代→アレックス、62分 興梠→野沢、80分 後藤→内田

大分に初黒星ですか・・・
今日は携帯のテキストライブで経過をチェックしてました。
早い時間の失点だったので、逆転できる可能性は少なくなかったと思うんですが。失点はセットプレーからみたいだな。

データで見るとシュート数は互角(ってか少ないよ)で、コーナーキックやフリーキックは上回ってるのに1点もとれなかったとは。
キッカーもお疲れで精度が良くなかったのか、あちらさんの守備が良かったのかわかりませんが、今日は大岩、本山が出場停止で若い選手にチャンスが回ってきました。こういうときに活躍して欲しかったんだけど、興梠、後藤に加え、久しぶりにスタメン出場したハネがどういう出来だったのか気になります。

だけどシュート6のうち枠内がひとつだけってってーのも厳しいわね。
土曜にはリーグの福岡戦があるので、気持ちを切り替えて臨んで欲しいところだ。

さて、次の福岡戦はJ’s GOALでネット中継されるらしい。
鹿島vs福岡戦をカシマスタジアムよりライブ配信!
自分も去年ナビ杯の清水戦をこれで見たが、画像は粗かった。525円だったのでこんなもんかなと。
格闘技系のPPVなんて2100円~3150円しますからね。(あたくしの好きな大会に限るですが)あっちの高さに比べたらかわいいもんかと。月に3試合あると1回生観戦したのと同じ料金になるんですよ。これからしたらサッカーのチケットは安い。交通費はかかるけど。
ライブアントラーズの音声だけじゃ物足りないって人は試しに見てはいかがでしょうか。
                         
                                  
        

ハッスル・ハウス vol.14

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 24
                 
「ハッスル・ハウスvol.14」
4月23日(日) 後楽園ホール 
19時開始 観衆:2,100人

カイヤカイヤが来場。

諸注意はErica&マーガレットの「エリマー」コンビ。
前日の馬券ブレイク!だが協賛だったのね。リーブ21とかは知っていたが、馬券ブレイク!には気つきませんでした。

第1ハッスル
○ 黒田哲広 vs  ザ・フライング・バンパイア25世 ×
田中将斗       ジャイアント・バボ
9分08秒 ラリアット→片エビ固め
バボのあのバレーボール3つくらい詰めた攻撃あれはなんなんだ。
だけど長尾はハッスル来てよかったんでね?

第2ハッスル
○ Erica       赤鬼蜘蛛
マーガレット  vs  バッケン・ブレイク
金村キンタロー    ドクロンZ ×
7分21秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め
ドクロンさんがキンちゃんにジャーマンしたり、この試合はなかなか面白そう。バッケン・ブレイクが連続参戦するとは思いませんでしたが。
ドクロンZは何気に人気高そうだ。そういやジャガーYはどうなったんだろう。。。

ここでハッスル・エイドでプロレスデビューをするカイヤが登場。
ファンの前でカイヤが挨拶していると、白塗り、いや鈴木浩子と健想が乱入。鈴木家へ勧誘するがカイヤが乗り気でないと見るや「アンタは図体がデカイただのアメリカ人。私たちは世界のスーパースターよ!」と浩子が言い放つ。

カイヤと白塗り

白塗りの挑発にキレたカイヤはブンブンふりまわす。ゲイシャガールのすそがまくれあがってすごいことに。健想も応戦すると、キャプテン小川がカイヤの救済のためリングへ。浩子がカイヤに対し、「ランジェリーマッチ」を要求。
                         
                

続きを読む

                 
        

ハッスル・ハウスvol.13

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 23
                 
「ハッスル・ハウスvol.13」
4月22日(土) 後楽園ホール 
19時開始 観衆:2,100人

ニューリン様

この日は試合が組まれてはいなかったが、NEWインリン様ことニューリン様が後楽園ホールに初登場!

諸注意はHGから。やはりまた野次に対しての注意があったが、特に後楽園みたいな小さなところだとこういう寒い野次がうざいことこの上ないからな。「会場をひかせるのはRGだけで十分です。きっちり線引きフォーッ!」
本日の試合紹介で第2ハッスルだけ、「安田忠夫の試合」と紹介されてウケた。

第0ハッスル
× 鈴木健想  vs  ハッスル仮面 イエロー ○
5分37秒 フライングボディープレス→体固め
これは、この日試合が組まれてない鈴木夫婦がRGMに代わって挨拶をしにリングに上がっていた岸本PRに試合を組むよう詰め寄り、岸本PRが「ハッスル仮面、助けて」の声にイエローが参上したというもの。
なので、「第0試合」ということになったようだ。

試合は場外乱闘アリ、そしてまたもや誤爆から健想のフォール負け。
明日の試合で健想がビックリさせてくれるようだが何をやるつもりだか。しかし、イエローちゃん人気者ですな。

第1ハッスル
金村キンタロー  ソドム ○
田中将斗    vs    ゴモラ
× 黒田哲広       ジャイアント・バボ
10分00秒 ソドムバスター→片エビ固め

第2ハッスル
○安田忠夫 バッケン・ブレイク ×
12分59秒 ダイビングフットスタンプ→片エビ固め

”バッケン・ブレイク”って何?ってかんじだが、まぁ競馬好きな借金王安田でバッケンとくるからには
「バッケン=馬券」であることは容易に想像がつくわけだが。小生初めて「馬券ブレイク」って雑誌があることを知りました。ひとつ勉強。
馬券ブレイク!
これがその「馬券ブレイク!」だそうだ。

でそのドイツ出身らしいバッケン・ブレイクだが競馬に精通してないため、あのコスチュームがどういうものなのか意味不明のまま。
                         
                

続きを読む

                 
        

京都サンガ戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 23
                 
Jリーグ第9節 京都パープルサンガ 1-2 鹿島アントラーズ
2006年4月22日(土)西京極総合運動公園陸上競技場 15:04キックオフ/12,295人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、本田 泰人、小笠原 満男、本山 雅志
FW 田代 有三、アレックス ミネイロ

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 中後 雅喜、野沢 拓也、山本 拓弥
FW 深井 正樹

【得点者】 10分 青木剛、84分 田代有三

【交代】76分 本山→野沢、78分 アレックス→深井、87分 田代→羽田
【退場】85分 大岩 剛

2試合連続で退場者が出た。こういうのは注意してほしいなぁ。
さて、見に行ってないので詳しくはわからないが、格下の京都相手に辛勝といったところでしょうか。
前半10分に青木のミドルが決まって大量得点いけるか?ってかんじでしたが、2点目が入るまで時間がかかりましたね。

青木のゴールっていうと、何年か前に埼スタのレッズ戦と、天皇杯の横浜戦で見たな。それ以来か?
それと田代が連続ゴールですね!スポーツニュースで見ましたが、滞空時間の長いヘディングすごかったな。高い高い。

ベンチにはヤマタクと中後が入ってたけど、こちらは出番なしでした。
中後は守備力UPしたのだろうか。

さて、フォルサアントラーズが久しぶりに更新され、内田篤人のインタビューがありました。
携帯サイトでも書かれてたが、教習所通いのことや、嬉しかったことBest3について語っていました。

今回はアウェーできっちり勝ち点3を取れてよかったということでしょうか。昨日は浦和が初黒星を喫しましたし、上位は混戦ですね。そのレッズと直接あたるまで手堅く勝ってチームが良い雰囲気で臨みたいですね。
                         
                                  
        

ハッスル16

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 21
                 
「ハッスル16」
4月20日(木) 大阪府立体育会館 
19時開始 観衆:7,298人(満員)

ニューリン様
孵化したイン卵から出てきたのは、凶暴なNEWインリン様だった!

RGMは登場するとブーイングで迎えられる。「YO×4、この一体感。最近、HGばりに仕事が増えているRGです。KAT-TUNばりの大人気」と挨拶。大阪ということで阪神タイガースのハッピを来てたが「大阪を捨てる」発言で、ハッピを脱ぎ捨てると巨人軍のユニフォームが・・・。RGの「おじゃーまんスープレックスホールド」は阻止したハッスルのスタッフ。大阪のファンたちはRGの技を見なくてすんでよかったな。

第1ハッスル
○ハッスル仮面レッド      恐・イタコ
ハッスル仮面ブルー   vs   ザ・ネオ・デビル・ピエロ1号
ハッスル仮面イエロー      ザ・ネオ・デビル・ピエロ2号×
8分45秒 スーパーウラカンラナ→エビ固め
大人気のご当地モンスター「恐・イタコ」が大阪に登場!
力のないイタコだったがお祈りを始めると、ジャイアント馬場が憑依した。その後ジャンボ鶴田、「パワーホール」がなり長州力、いや「Night of Fire」になり長州小力と続いてパラパラを披露。

第2ハッスル
○坂田亘  vs  鈴木健想×
 with       with
青木裕子     鈴木浩子
5分44秒 回転エビ固め

第3ハッスル~吉本興業提供マッチ~
島木譲二 キャプテン☆ボンバー
○ユウキロック vs  八木真澄
×レフェリー=メッセンジャーあいはら
実況=浅越ゴエ 解説=ケンドーコバヤシ
6分53秒 ステルスドライブ→体固め
                         
                

続きを読む

                 
        

ファンタジーサッカー第8節

category - 日本代表・サッカー
2006/ 04/ 19
                 
今年ピンでエントリーするのは初めてだと思われる「ファンタジーサッカー」です。今後毎節書くかどうかは疑わしいのですが・・・
あたくしはトップリーグ3年目です。そして、毎年出だしは調子がでずに半ば頃から順位を上げていきます。とはいえ、今年は1節目から順位を上げ続けており怖いくらいです。

では、第8節の結果を。

GK 小澤 英明 鹿島 4140万 +690万 3fp 2fp 0fp 1fp 0fp 1fp 7fp
DF 根本 裕一 大分 3750万 0万 3fp 0fp 0fp 1fp 0fp 3fp 7fp
DF 田中 マルクス闘莉王(C) 浦和 1億5170万 +1380万 3fp 5fp 1fp 1fp 0fp 2fp 12fp
DF 内田 篤人 鹿島 3410万 +570万 3fp 2fp 1fp 1fp 0fp 2fp 9fp
DF 中野 洋司 新潟 3950万 +660万 3fp 3fp 0fp 1fp 0fp 0fp 7fp
MF 鈴木 啓太 浦和 5040万 +840万 3fp 2fp 0fp 1fp 0fp 6fp 12fp
MF シルビーニョ 新潟 3470万 0万 3fp 1fp 0fp 1fp 0fp 3fp 8fp
MF 長谷部 誠 浦和 8340万 +1090万 3fp 2fp 4fp 1fp -2fp 4fp 12fp
MF 家長 昭博 G大阪 2520万 -220万 3fp -2fp 0fp 1fp 0fp 3fp 5fp
MF 増田 誓志 鹿島 650万 -100万 2fp 0fp 0fp 1fp -4fp 6fp 5fp
FW ワシントン 浦和 1億3210万 +1200万 3fp 0fp 9fp 1fp 0fp 4fp 17fp
合計113fp
                         
                

続きを読む

                 
        

@cosme(アットコスメ)

category - ライフスタイル
2006/ 04/ 18
                 
今日は暖かくなってきましたね。
先日は洋服を見にいきましたが買わなかった。欲しいのはあったんだけど、いっつも家帰ると似たようなのがクローゼットの中に入ってるので少し検討してから買うことにしよう。

キスミーマスカラ

私は普段はポイントメークが多いので、ファンデーションはあまり減らないのですが、マスカラは数種類使っているのですがこれは減りが早いです。また買わなきゃと思い、何か新しい商品が出てるか久しぶりにアットコスメを覗いてみました。
女性の方なら知らない人はいないであろう@cosmeは株式会社アイスタイルが運営する『コスメ情報専門サイト』です。
利用者の”クチコミランキング”が人気ですよね。
コチラで調べたところマスカラの1位はキスミーのヒロインメイク「ロング&カールマスカラ」でした
                         
                

続きを読む

                 
        

清水エスパルス戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 15
                 
Jリーグ第8節 鹿島アントラーズ 3-1 清水エスパルス
2006年4月15日(土)カシマサッカースタジアム 15:02キックオフ/12,361人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 増田 誓志、青木 剛、野沢 拓也 、小笠原 満男
FW 本山 雅志、アレックス ミネイロ
【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 本田 泰人、フェルナンド
FW 深井 正樹、田代 有三

【得点者】41分 田代有三、68分 新井場徹、89分 深井正樹
【交代】 37分 青木→田代、64分 野沢→フェルナンド、87分 アレックス→深井
【退場】増田 誓志
今日はライブアントラーズでの観戦。
当然ですが実況がうち視点なのがいいですね。この間のナビスコ:川崎戦に続きアツイ試合だったようだ。

前半は清水のペースだったようで、こちらは連戦でも主力を休ませたりしてないので、やはり連戦の疲れもあるのかしらと思いながら聞いてました。
前半19分小澤のGKを高木→マルキーニョスで岩政がかわされてしまい最後マルキーニョスのシュートがポストに当たってゴールイン。今は苦手意識がないのだが、このときは「やっぱり清水とは相性悪いな」と思ってしまった。そしたら、前半の37分で青木に代えて田代投入で攻めにいった。この早い選手交代が功を奏した。41分に田代が久々のゴール。ライブアントラーズの松本さん「代わった田代が決めたよおおぉ」って興奮してた。ライブアントラーズはこの人の実況が面白いし、ピッチリポーターの高城さんの小ネタなどもあって楽しみです。

大宮戦で胃腸炎と言われてたイバだが、その後実は盲腸であったことが判明。本人は知らなかったから試合やれてましたというようなことをいってて、盲腸だったから本当なら試合どころではなかったんですが、薬で散らしてお仕事してるそうです。大宮戦は勝ったけど、それだけな試合で現地ではブツブツ文句を言ってた管理人ですが、選手のみなさんはこういうときでも試合したりしてホント大変なんですね。帰ってきてから新井場、岩政と体調が悪かったことを知って、文句言ってすまんって思ってました。

今日はそのイバが大活躍。1ゴール1アシストですよ!トステム賞ももらって、試合後のインタビューもイバなら、携帯にくる試合後のコメントも2つともイバ。
                         
                

続きを読む

                 
        

藤田和之がPRIDE無差別級GPに参戦決定!

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 14
                 
噂されてた藤田和之のPRIDE出場が正式発表されました。

「2006年の僕の集大成をかけて、命をかけてリングに上がります。」

藤田和之

今年の2月の猪木事務所を離れてフリーになった藤田、次に闘う場所はどこか気になっていたファンも多かったことだろうと思います。パワーで外国人選手と対等に渡り合える数少ない日本人として期待が高い藤田ですが、やはりいろんなところからオファーがきていたそうで、闘いの場をPRIDEに決めたのも昨日だとか。

そして嬉しいことに「目標は高いところにあるので最強を決めるトーナメントに出たい。選手の顔ぶれを見て、ここしかないなと。このリングが一番だと思います。」とコメントしている。
そうだよね、やっぱココしかないでしょ!私もPRIDEのリングが一番魅力的だと思っている。質の高いファイターたちが繰り広げる闘いであったり、それをうまく煽る様々な演出だったり、ファイトだけでなく見所が多いのもPRIDEに惹かれる大きな理由のひとつでもある。
実際に当ブログにも煽りの映像や選手の入場シーンと入場曲などのキーワードで辿り着く人が多く、そういった部分も魅力に感じてる人が多いのを実感している。みんな好きなところは同じなんだね。

このGPミルコVS美濃輪、ジョシュが出るなど興味はあったがイマイチ新鮮味に欠けていたのだが、藤田が出ることによってあたしの中でGPへの思いが強くなってきた。以前も藤田に出て欲しいと書いた事があったしね。

インタビュー見ました。報道されてたとおり人を介しての榊原代表が命を賭けて無差別級GPを成功させたいという熱意が藤田を動かしたみたい。入場曲についてはこれから決めるそうです。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

ハッスル・エイドにカイヤが参戦!

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 12
                 
ハッスル・エイドで川崎麻世夫人のカイヤがプロレスデビューするそうです。本日その会見が行われました。

カイヤ

カイヤは元々WWEの大ファンで去年のハッスル・マニアで和泉元彌の活躍を見て衝撃を受けたそうです。そして、先日発表された骨髄バンク~にも賛同しての参戦。

まぁ去年のマニアの和泉元彌ん時と同じようなかんじで、ワイドショーで大きく取り上げられるんでしょうな。DSEがハッスル・エイドでの大物の参戦を名言したときから、その『大物』がプロレス界の大物ではなく、ワイドショー的なそれだとは想像がついてましたがカイヤときたか。

ピンクの帽子に黒の革ジャケット、黒のパンツと以前よりスリムになった姿で会見に臨んだカイヤ。ひどく緊張してるようで、最初は間違えるとやだからという理由で英語でのコメント。
本当に真面目にハッスルのリングに上がりたいと思っているらしく、結構その辺りを強調してました。



                         
                

続きを読む

                 
        

川崎フロンターレ戦~ナビ予選~

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 12
                 
ナビスコカップ予選第1日目 鹿島アントラーズ 3-1 川崎フロンターレ
2006年4月12日(水)カシマサッカースタジアム 19:00キックオフ/4,455人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、増田 誓志、本山 雅志、小笠原 満男
FW アレックス ミネイロ、野沢 拓也

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 本田 泰人
FW 深井 正樹、田代 有三、興梠 慎三

【得点者】39分 アレックス、63分 小笠原満男、89分 深井正樹
【交代】75分 本山→深井、85分 野沢→本田

今日はライブアントラーズでの観戦でした。といっても用事があったので、ところどころ聞いてたので詳しいことはよくわからない。でもアレックスと深井のゴールのところは聞けた。

先制点は内田篤人の突破から得たCKで、満男→岩政がそらしたところアレックスが押し込んだそうだ。深井のやつは戻ってきてつけたところすぐにゴールだった。
今日も松本さん、前半ロスタイムの小澤と井川の接触をプロレスに例えると「ラリアート」と言ってたりしておもしろかったです。

さて、どういう試合かわからなかったのでJ'sGOALの監督及び選手のコメントを読んでみた。

パウロアウトゥオリ監督(鹿島)記者会見コメント

鹿島 vs 川崎F:試合終了後の各選手コメント 
                         
                

続きを読む

                 
        

手の内は半分も見せていない

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 11
                 
今日発売のサッカーダイジェストに鹿島の記事がありました。

今季勝てても内容がよくなかったりして、内容も良くて結果もついてくる試合はいつになるだろうと思ってたところにこの記事が。といっても疲れてる中の立ち読みなので覚えてるとこだけ。

他でも書かれるとおり、今年の鹿島はいろんなフォーメーションを試している。監督自身も一つの形だけでなく、状況や相手に応じてシステムを変えるので、各試合一つのシステムで終わることはない。
キャンプから守備面については細かく練習をしていたので、ようやっと守りについては選手達も手応えを感じ始めているようだ。最初の2試合はそれぞれ3失点もしたので、どうなることかと思いましたが。最近小澤も安定してきたし。しかし、ソガがここまで長引くとは思わなかったなぁ。
試合途中でフォーメーションを変えるのも、ビハインドの時だけではない。最初はこのような状態でシステムを変えることに違和感を覚えてた青木も最近はこの辺り理解しているようだ。

相手のセットプレーの時前線に3人残すのも、カウンターの時有利になるという点はもちろん、チームによっては鹿島の3人にマークをつけることもあるので、そういった狙いもあるみたいだ。岩政曰く「ただ、シーズン通してこういうのはやり続けないでしょうけど」とコメントしており、相手との駆け引きでもあるみたいだ。
                         
                

続きを読む

                 
        

武士道10テレビ観戦とウェルター級GP

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 10
                 
武士道 其の拾をテレビ観戦しました。
もうだいぶ時間が経ってしまったので、今更なかんじなのでさっくりと。
武士道

地上波放送での最初のカードは美濃輪対シルバでした。身長差55cm体重差92.6㌔って、数字にするとすごいんだが、なんせシルバですからね。
でんぐり返しから巨人の足を掴み倒すと、ヒザ蹴りを連打しあっさりとタップを奪ってしまった。またシルバの負けっぷりが、体はデカイのにもうなんかホントかわいそうにみえちゃうよね。イロモノとしてはおもしろいカードでしたよ、時間的にもあのくらいで決着ついてよかったかと。入場でも「One Minute in Heaven」にのり美濃輪ワールドを魅せた。

もちろん最後は五味隆典。
兜

五味
入場シーンはカッコ良かったですね。「天下無双火の玉ボーイ五味隆典」とビジョンに一字ずつ赤地に白抜き文字で映し出されてた。
この日は二つのベルトを肩に掛けて登場した。
試合は五味に精彩なくあっさりグラウンドに持ち込まれ肩を決められた。心配してた五味だが、試合後のインタビューではなんかふっきれたかんじで笑顔も見られたし、サバサバと答えてて安心しました。
2年間10試合勝ち続けてきて、11試合目でさすがに疲れきってしまったそうだ。練習にしても身が入んないし、今回負けたことで新たに目標みたいなものが見えてきたようだ。肩決められたときはタップもできないし、落ちもしないしどうしようもできない状態だったとか。
勝敗がついてビジョンを見てたのは、どうやって決められたのかを自らの目で確認したかったみたい。そしてお客さんが帰って行くのを目にして申し訳ない気持ちになったとか。
                         
                

続きを読む

                 
        

10.11

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 09
                 
図書館で高田延彦の「10・11」を借りてきました。
先週貸し出し期間の延長を申請したところ、予約が入っているらしく、本日返却する予定です。
10.11

                         
                

続きを読む

                 
        

ガンバ大阪戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 09
                 
Jリーグ第7節 ガンバ大阪 1-0 鹿島アントラーズ
2006年4月8日(土)万博記念競技場 19:04キックオフ/17,967人

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 増田 誓志、青木 剛、フェルナンド、小笠原 満男
FW 本山 雅志、アレックス ミネイロ

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 本田 泰人、野沢 拓也
FW 深井 正樹、田代 有三

【得点者】 なし

【交代】 71分 フェルナンド→深井、74分 本山→田代、81分 アレックス→野沢

昨日の試合をテレビで見ました。
最後の最後にPKで負けてしまった。今季2敗目です。
負けたとはいえ、その前に見た大宮戦よりは面白い内容でした。
だから、あの最後にやられちゃったのが本当にもったいなかった。
まっ、最後の増田のはしょうがないかと。やはりフェルナンジーニョはイヤな選手だわ。
                         
                

続きを読む

                 
        

骨髄バンク8万人登録運動とGP追加カード

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 06
                 
■PRIDE無差別級GP新たに二つのカードを発表!

本日DSEは都内のホテルにて、吉田:西島戦に続いて無差別級グランプリの追加カードを発表。

美濃輪育久
(リアルプロレスラー・美濃輪はヘブンへ行けるのか?)

ミルコ・クロコップvs美濃輪育久
ジョシュ・バーネットvsエメリヤーエンコ・アレキサンダー

プロレスラーと相性の良いミルコとリアルプロレスラー:美濃輪。いきなりきたね。ミルコの対戦相手としては誰がいいってのが特になかったので、そういう意味ではまぁおもしろいなと、それに美濃輪が対戦決まって大喜びしてるしね。

ジョシュは弟の方とに決まったんね。
なんか1回戦予想通りの結果で、2回目以降はわかりきったメンツってなるとおもしろくないな。ってまだ3つしか発表されてないが、開幕戦サプライズな何かがあるといいけど。あっ、ジョシュは出ること自体楽しみにしてるよ。是非期待してるアレをやってほしい(笑)。

PRIDE過去記事一覧

■「ハッスル・エイド」で『骨髄バンク8万人登録運動』を応援!

そして昨日はハッスルの方の発表がありましたね。
なんでも6/17にさいたまで行われることが決定した「ハッスル・エイド 2006~ハッスルで地球を救え!~」で、「骨髄バンク8万人登録運動」をサポートしていくらしい。

骨髄バンク
財団法人骨髄移植推進財団事務局長・木村成雄氏もハッスルポーズ!

DSE
(DSEの榊原代表)
まっ、普通榊原さんの写真をわざわざのっける人も珍しいと思いますが、たまにはね。
                         
                

続きを読む

                 
        

K-1 WORLD MAX2006

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 06
                 
『K-1 WORLD MAX 2006』
2006年4月5日(水) 国立代々木競技場第一体育館
17:30開始 観衆:10,800人 満員

K-1WORLDMAX


max


書きたいネタが多いので簡単に。

第7試合
■K-1 WORLD MAX 2006 ~世界一決定トーナメント開幕戦~ 3分3R延長1R
○魔裟斗 VS レミギウス・モリカビュチス×
2R 1分56秒 TKO


魔裟斗計量魔裟斗入場
軽量の時と入場の時の魔裟斗。昔のアグレッシブに戦っていた頃を意識してこの1戦に臨んだ。
立ち上がりレミギウスの攻撃でバランスを崩し、ヒヤッとする場面があったものの、やはり魔裟斗の貫禄勝ち。レミギウス意外に早くバテてたな。

試合後
やっぱり最後はこの人が勝たなきゃ盛り上がらないよね!
                         
                

続きを読む

                 
        

PRIDE無差別級GP最初に発表されたカードは

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 05
                 
未だに五味敗戦のショックから抜け出せない管理人ですが、武士道が終わって次は「無差別級GP」です。

吉田対西島

最初に発表されたカードは吉田秀彦vs西島洋介!
いきなりの日本人対決ですか。大阪ドームまで見に行ける人いいなぁ。
ハント戦のときは、いきなりメインはないんじゃないの~なんて思ってたけど、アツイ試合してくれましたからね!

PRIDE2回目でいきなりGP出場ってのはどうなのかって気もしますが、あのファイトみたらいいんじゃないかって思えちゃって。
やはり吉田優位でしょうが、何が起こるかはやってみないとわからないですからね。試合中ハントをシビれさせたように、自分のスタイルでガンガンいって欲しいっす。

このGPジョシュも出るんだ。
こちらも別の意味で期待(笑)。

さて、GPを最後に引退を表明した高阪ですが、対戦相手は誰になるのでしょうか?そして、開幕戦からヒョードルはでれるのだろうか?オフィシャル見たらヒョードル5月は欠場だそうです。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

マガに内田篤人

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 05
                 
本日発売のサッカーマガジンに内田篤人のインタビューがありました。(相馬さんの鹿島訪問記事もありましたよ)

以前J'sGOALのインタビューでも言ってたが、ヤナギからは結構アドバイスもらってるみたい。
開幕前自分のフィジカル面の弱さ(細いからね)について不安をもらしたとき、ヤナギが1vs1でまだまだだったら、その分体を張った守備をしなくてもいいように頭を使った守備をすればいい、というような事を言ったみたい。(立ち読みだったんでそんな内容だったはず)

携帯のコラムにもあったが、今は運転免許が一番ほしいらしく、岩政や増田に車種のことなど相談してるらしい。
鹿嶋は車がないと話しになんないし、早く免許取れるといいね。

そして、小さくですが増田の記事もありました。
ナビ大分戦で2得点の活躍をみせたが、ボランチとしての仕事はできてなかったと反省の弁が。中盤でボールをまわされてしまったことについて触れてました。

篤人、増田、相馬さんと今週は鹿的には買うとしたらマガか?
                         
                                  
        

PRIDE 武士道 -其の拾-

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 03
                 
『PRIDE 武士道-其の拾-』
2006年4月2日(日) 有明コロシアム 
開始時間 15:00 観衆:9,313人 超満員

今年最初の武士道ですが、大波乱の幕開けとなった。
PRIDEで無敗を誇っていた五味隆典が、負けました!!


五味敗北
(肩固めを決められた五味隆典)

第1試合
×池本 誠知 VS イーブス・エドワーズ〇
(TEAM Boon!) (米国/サード・コラム・ファイトチーム)
2R 判定 0ー3

第2試合
〇石田光洋   VS ポール・ロドリゲス×
(T-BLOOD     (米国/アメリカン・トップチーム)
1R 1分29 フロントチョーク

第3試合
×アライ ケンジ  VS  ジェンス・パルヴァー〇
(チーム・ローケン)    (米国/チーム・エクストリーム)
1R 3分59分 KO

第4試合
〇デニス・カーン    VS   マーク・ウィアー×
(韓国/スピリッツMC)      (英国/グロスター・レンジ・ファイティング)
1R 4分55秒 ヒザ蹴り→ギブアップ

第5試合
×ルイス・アゼレード    VS   ヨアキム・ハンセン〇
(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー)       (ノルウェー/フロントライン・アカデミー)
1R 7分9秒 KO

第6試合
×ムリーロ・ニンジャ     VS   パウロ・フィリオ〇
(ブラジル/シュート・ボクセ・アカデミー)      (ブラジル/ブラジリアン・トップチーム)
2R 判定 0ー3

第7試合
〇郷野聡寛    VS   キム・デウォン×
(GRABAKA)     (韓国/正進MMA GYM)
1R 9分00秒 腕ひしぎ逆十字固め

第8試合
×近藤有己     VS    フィル・バローニ〇
(パンクラスism)       (米国/ハンマーハウス)
1R 25秒 KO

第9試合
〇美濃輪育久  VS  ジャイアント・シルバ×
(フリー)        (ブラジル/フリー)
1R 2分23秒 顔面へのヒザ蹴り→TKO

第10試合
〇ダン・ヘンダーソン   VS   三崎和雄×
(米国/チーム・クエスト)      (GRABAKA)
2R 判定 3ー0

第11試合
×五味隆典   VS   マーカス・アウレリオ○
(木口道場)      (ブラジル/アメリカン・トップチーム)
1R 4分39秒 肩固め

年末の男祭りから3ヶ月とちょっと、あの時あんなに輝いてた五味隆典がついに負けました。直前の報道からも「燃え尽き症候群」だなんて言われてて、しょっぱい試合にならなければいいなと不安があったんですが。
やっぱりそういう気持ちのブレは如実に試合内容&結果に出てしまうもんなんですよね。

私は五味らしくない試合になるんじゃないかと予想、判定までもつれ込んで勝利するんではないかと思ってたんですが・・・完敗でしたね。
本当に五味らしさがひとつもでないまま、タックルからあっさりと倒されて、その後は一度も五味が優勢に立つことなく肩固めを決められてしましました。
試合後の五味のコメントは
「慢心と疲労、両方です。僕も人間ですから」


あー、アゼレードとハンセンも、アゼレードが勝つと予想してたんだが、こちらも外してしまったな。
さすがに美濃輪ーシルバは美濃輪が勝ったのね。まぁ話題性という意味では面白い顔合わせでしたけど、こんなんで勝って無差別級に出る(可能性が高いわけだが)ってのもどーなのよって感じですが。

さて、また話を五味に戻しますが。
                         
                

続きを読む

                 
        

大宮アルディージャ戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 04/ 02
                 
Jリーグ第6節 鹿島アントラーズ 2-1 大宮アルディージャ
2006年4月2日(日)カシマサッカースタジアム 15:04キックオフ/11,747人

大宮戦

【スタメン】
GK 小澤 英明
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 小笠原 満男、深井 正樹、青木 剛、増田 誓志
FW アレックス ミネイロ、本山 雅志

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司、石川 竜也
MF 本田 泰人、フェルナンド、野沢 拓也
FW 田代 有三

【得点者】6分 岩政大樹、42分 小笠原満男

【交代】 61分 増田→フェルナンド、61分 深井→田代、89分 本山→本田

初めて鹿島vs大宮戦を見てきました。去年ホームは平日開催、そしてアウェーは地震の影響のためなんとか埼玉県内までたどりつけたものの、結局スタジアムまで行くことができなかったんですよ。

大分戦ライブアントラーズでは青木はベンチも厳しいようなことを言ってたんだけど、いきなりスタメンでびっくりしました。フェルナンドもベンチスタート。怪我人が戻ってきてくれたのは大きいね。

家を出たのが遅かったため、キックオフギリギリにスタジアム内へ。まずは食事してしまおうということになって、コンコースで食事してる間に岩政の今季初ゴールが。思いっきり見逃しました。岩政のゴールは先ほどテレビで見た。やはりセットプレーのヘッドだったのね。

満男FK
ここから写真はクリックすると大きくなります。
上の写真は満男のFK。何故か入る予感がして、思わず撮影したものです。これが決まって前半2-0で折り返します。

ちなみに失点した、大宮の小林大悟の時も何故か入る予感が。大岩さんついてたのにね、確か。小林大悟はここのところ好調みたいだね。


試合中こちらは前半戦の様子。天候が悪かったため暗めで見難いですね。試合はなんとか勝ててよかったといったところでしょうか。
結構スタジアムではグチってたんだよね、ブログには書かないけど(笑)。
大分戦行った人達が言ってたが、この間も4-1で勝ったけどやっぱり内容は悪かったみたい。やっぱ連戦って事もあるのかな?でも、それはどこのチームも同じだからね。


帰ってきてJ's GOALの選手のコメント見たら、新井場、胃腸炎で今朝の4時まで死んでたって、それで90分試合やってたんだ。最近イバいいですよね。試合中も話してたんだけど、以前持ちすぎてボールとられたりしてたけど、最近クロス上げるタイミングがいいし、精度もあがってきたかんじ。大分戦も新井場→増田で得点奪ったんだっけ。

ただし攻撃に移るときは遅いし、いい流れになってもゴール前に人がいなかったり。アレックスも決定的なところで外してくれたりと、内容は決してよいものではなかったが、ここのところ連勝できてる事は評価したい。去年は引き分けてた試合をあとひとつ勝てていたら優勝できたんですから、今日も勝てて連戦を締めくくれたのはデカいよ。

さて、早くもA契約になった内田篤人ですが、今日はお疲れなのか目立たなかったですね。やっぱり1年目でこれだけ、トップの試合に出続けてるし、いい加減相手のチームも研究してくるでしょうから、彼にとってはこれからが勝負だよね。でももってるものはいいので、また右サイドを駆け上がっていくプレーを見せてくれることに期待したい。

そして、代表から復帰でこちらも疲れているであろう、満男ですが、今日は全ての得点に絡む活躍。試合中は疲れが見える部分もあったが、やっぱり彼の存在は大きい。今日はセットプレーからしか得点できなかったけど、流れでとれないときはしっかりセットプレーで得点がとれるということは大切だよ。

今度の試合は1週間あくし、疲れを取って修正すべきところをきちんと修正してほしい。相手はガンバだからきついけど、是非勝ち点を。
監督はこの連戦でチームの底上げができたと言っている。新監督になってから練習試合が多くなってきた。トップの試合にでてる選手はいいが、サテライトなんて毎年試合数すくないし、試合勘そしてモチベーション高めるためにもやって欲しかったことだ。

最後に携帯に届いた満男のコメントだが、「僕らは一生懸命頑張るので、知り合いを誘って試合を見に来て欲しい」といっている。今日の動員も12000いってないんだもんね。往路のスタまでのシャトルバス、試合開始直前ということもあったんでしょうが、乗ってたの私ひとりでした。待ってる間、本当に今日試合あるのだろうかと不安になりましたよ(苦笑)。

行きの高速バスで格闘技の雑誌で平日は時間の関係でゆっくり読めない選手たちのインタビューを、そして帰りは今日行われてる試合経過をチェック。そっちの方でも思ったんだけど、プロは試合に勝つだけじゃダメなんだよね。あちらの方もただ試合に勝つだけで、観客の心が掴めない選手達は自然淘汰されていく。一口に客に感動を与えるといっても、単純なようでいてそれはすごく難しいこと。鹿島も動員数をどう増やしていくのか気になるところ。今日の試合の感想も正直なところ勝つには勝ったがってやつでした。すっきり勝った試合みれるのはあとどれくらい先になるんだろうね、って話を帰りにしてた。

そして帰りのバスでもうひとつの気になる試合(大会)経過チェックして、最後の最後に凹んだ。勝負の世界だから勝つこともまけることもあるんだが、ただ一試合負けたことでこんなにショックを受けるとは。
なので、ちょっとトーン低めですいません。

今日で上との勝ち点差が縮まりました。このまま連勝を続けていって、勝ちグセつけたいね。

                         
                                  
        

K-1 WORLD MAX 2006直前SP

category - 格闘技・プロレス
2006/ 04/ 01
                 
魔裟斗対レミギウス


今日は家へ戻ってきたら、5日のMAXの試合直前のスペシャル番組をやってました。

レミギウス自宅

写真は魔裟斗の対戦相手レミギウスの自宅です。
彼は病気のおばあちゃんがいるんですね。この選手詳しくは知らないのですが、ここ最近の闘いぶりを見る限り不気味なかんじがします。
魔裟斗に勝って欲しいが、レミギウスが勝ちそうな予感。
魔裟斗
強気な魔裟斗だが果たしてどういう決着になるのだろうか。

佐藤対ザンビディス


こちらのカードも気になりますね。

小野と佐藤

オランダにいたときにサッカーの小野伸二選手と仲良くなったみたい。小野は佐藤ファンだとか。
                         
                

続きを読む