FC2ブログ
2006/06/25
2006/06/23
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2006年06月

        

高田が桜庭移籍について語る

category - 格闘技・プロレス
2006/ 06/ 25
                 
今週末は出かけた際に格通、ゴン格、そして男性誌・GOETHE(ゲーテ)を立ち読みしてきました。

PRIDE高田本部長が桜庭と絶縁宣言

桜庭和志のHERO’S電撃移籍の件です。
ゲーテがどんな雑誌かさえ知らなかったんですが、この日刊の記事を見て気になったもので。あれからだいぶ経ち、自分の中では整理がついてたので、今更書くのもなぁというかんじもするが読んだので軽く書きます。

既に報道されていた通り、サクは移籍の件を前日榊原代表には伝えてあったものの、高田には言ってませんでした。高田は5/2の深夜、というか日付が変わって5/3関係者からの電話で知ったそうです。その時は”まさか”という気持ちで、ガセだろうと思っていたそうだ。そして5/3の午後、サクがHERO’Sのリングに虎のマスクを被って上がったと報告を受ける。その時の気持ちは憎しみより、「サク、やっちゃったのか・・・」と、やってはいけないことをやってしまった、そっちの方へ気がいっていたようだ。

5/8小雨が降る中、高田に会うため道場前で待っていたサク。高田に「順番が逆になってしまって、すいません」その表情は青白く、むくんでいたらしい。

サクはこのところ、ファンの期待に応える結果が出せてなくて、随分悩んでいたらしい。去年は高田の方から自分の道場を持ってひとり立ちすることを勧められていたとか。確かに去年6月アローナに完敗を喫してから、飛行機が苦手なサクが地球の裏側にあるシュートボクセまで出稽古へ行ってる。高田も公園でのサクの練習に週2回付き合ったりしていたが、それが週1になりやがてフェードアウト。この様子に高田もさすがにやばいなぁと思ったようだ。

高田はもし事前に桜庭から移籍の相談を受けていたとしたら、絶対に反対してただろうと言っている。確かにサクは一時の飛ぶ鳥を落とす勢いは影を潜め、はっきり言うと峠を過ぎたファイターになってしまった。高田はそれでも散るならこのPRIDEのリングで壮絶に散ってほしかったようだ。ファイターとしてファンの見方がどう変わったかは、会場での声援その他で感じていたことだろう。ただ実際はサクが登場するときの盛り上がりはすごく人気はあったんだけどね。ただ強い者へのソレと、功労者へのソレというのの違いを肌で感じていたんでしょうね。PRIDEがここまで人気が出たのは間違いなくサクのお陰であることは確かなのだが・・・

そうはいってもサクは現役のファイターである。もう一度かつての強さを取り戻すために環境を変えたくなった気持ちはわかる。高田もその辺は痛いほど分かるといっていた。しかし、今回の移籍の仕方はどうしても認めることはできない。高田が「よし、がんばれ」と、いえないのも、この移籍の仕方だろう。今回の件で裏切られたと思ってるファンも少なくない。この辺を考慮した高田の発言であった。

さいたまに見にこいや~

さて、暗い話題ばかりはイヤなので、明るい話題も。
本日PRIDEがファンクラブのイベントを行った。出席者は代表、高田、佐伯さん、引退した高阪、武士道で活躍してる「チーム茨城」のふたり川尻、石田の計6名。

このイベントで7/1の2nd ROUNDでの全9試合の試合順が発表された。
また無差別級グランプリの4試合の勝敗予想やサイン入りグッズのプレゼント(抽選)、写真撮影や質問コーナーがあったようだ。
この辺はオフィシャルで確認していただくとして、気になるのはフジテレビがPRIDEの放送中止を発表し、スカパーでの放送は継続ということで中継の体制がどうなるかということ。リングアナは先に行われたハッスルの試合で、ケイ・グラントさん、太田真一郎さんが変らず出ていたので、この二人はPRIDEも継続して出てくれるでしょう。そうなるとレニー・ハートさんもOKかな?ただあの多くの感動を与えてくれた素晴らしい煽りのVはどうなるんでしょう。これが一番気になります。

今日のイベント後のカコミ取材でのコメントだと思うのだが

『フジテレビの地上波放送撤退により、SKY PerfecTV!によるペー・パー・ビュー(PPV)放送のみとなった本大会では女性キャスター、実況アナウンサーもこれまでのメンバーから一新されることとなった。
イベント終了後の囲み取材に応じた榊原代表は新たな中継陣営について「ほぼ決まっています。解説席は高田本部長と高阪さん。新しい女性のゲストと、実況は5~6名の最終候補者のなかから選考中です」とキャスティングの進捗を明かした。
また、PPV中継では試合前後のバックステージ映像を休憩時間中に流すなど、これまで地上波放送を考慮して実現できなかった新たな試みの実施も検討されており、試合映像と同じく人気の高い選手紹介VTRについても、これまでの中継と比べて「遜色のない試合映像と選手紹介VTRを楽しみにしてもらいたい」と、新たな中継形態への移行に自信をのぞかせた。』

(スポナビより)

解説の高阪が楽しみ。そして休憩中もうかうかトイレに行けなさそうだな。自分はこの煽りの映像に不安があるだけで、あとはそう心配していない。ワンマッチはマッタリ観戦になりそうだが、GPの4試合はマジでたのしみっす!当日は会場へ行くので、このブログでもその様子は出来るだけ詳しく書きたいと思う。今まで地上波でしか見られなくて、今回映像が見れない人たちの為にも、頑張ってレポしたいと思っています。

話が前後しますが、格通の方にはPRIDEのリングに上がる外国人選手からのコメントが載ってました。ヒョードル、ノゲイラ(兄)、アローナ、ハント、アリスター、シュートボクセ含む各チームの関係者などなど。これを読むと更に元気がでますよ。

                         
                                  
        

クロアチア戦~ワールドカップ~、ブラジル戦~ワールドカップ~

category - 日本代表・サッカー
2006/ 06/ 23
                 
2006 FIFAワールドカップ グループF
2006年6月18日15:00= 22:00 (日本時間) ドイツ・ニュルンベルク
日本 0-0 クロアチア

【スタメン】
GK 川口 能活
DF 宮本 恒靖、中澤 佑二、三都主アレサンドロ、加地 亮
MF 小笠原満男 、福西 崇史、中田 英寿、中村 俊輔
FW 高原 直泰、柳沢 敦
【得点者】なし
【交代】46分 福西→稲本、61分 柳沢→玉田、85分 高原→大黒

あーあ、勝てる試合だったのに落としちゃったね。これで次のブラジルに2点差以上で勝たないと(もう1試合の結果次第だが)決勝T進出できないのか。

昨日は中田英寿の孤軍奮闘ぶりばっかり目についちゃった。決定機を外した柳沢は叩かれて当然。あの瞬間日本中ため息だったでしょうよ。
それに交代で入った選手も動きが悪かったし、クロスが入ってきたときなんで飛び込む選手がいないのよ!それにフレッシュな選手がボール追わなくてどーするのか。

別に中田は好きじゃないが、昨日は彼が言ったとおり相手に合わせてリスクを負うプレーをしなかったね。お互いに散々あった決定的なチャンスを外しまくってるし。そんな中ミスもあったが川口はよく頑張ってくれた。あのPKを止めたことでリズムに乗れるかと思ったんだが・・・加地も復帰して頑張ってくれたと思う。

次は宮本が出場停止。もう失うものがない日本、奇跡が起きるのかどうかわからないが、グループリーグ最後の試合、悔いのない試合にしてほしい。

今日はたまたま岩手の新聞のWEB見たが、地元だからだろうか小笠原をすごく評価する記事が書かれていたが、いつもJで感じる頼もしさは昨日は感じられなかったんだけど。結構簡単にボール失ってたしな。

ダイジェストだったり途中からだったりするが、他国の試合みてて改めて日本代表とのレベルの差を感じますね。スペインとアルゼンチンの試合が面白かったかな。今大会はどこが優勝するんだろうか。


(2006年6月19日 更新)



2006 FIFAワールドカップ グループF
2006年6月22日(木)21:00= 28:00 (日本時間) ドイツ・ドルトムント
日本 1-4 ブラジル

【スタメン】
GK 川口 能活
DF 坪井 慶介、中澤 佑二、三都主アレサンドロ、加地 亮
MF 稲本 潤一、中田 英寿、中村 俊輔、小笠原 満男
FW 玉田 圭司、巻 誠一郎
【得点者】34分 玉田 圭司
【交代】56分 小笠原→中田(浩)、60分 巻→高原、66分 高原→大黒

中田英寿

実力の差でしょうね、日本惨敗。ジーコのコメントにもあるが、最初のオーストラリア戦の敗戦が響いたよ。これでグループリーグの3試合を戦ったのみで終戦となった。日本代表にとってのW杯ドイツ大会が終わり、今の気持ちは・・・

『この4年間は一体なんだったのだろうか』

フランス大会ではまだ日本はこれからのチームと思えたし、日韓大会では手ごたえも感じられた。しかしながら今回は、また98年に戻ったような気持ちである。ジーコジャパンでは決め事があまりなく、選手それぞれの創造性を重視し、そういった部分では少なからず収穫もあったと思う。しかしグループリーグ敗退、しかも一度綻びが出来るとその流れを切る事が出来ず連続失点してしまった今大会を振り返ると、失ったものも大きかったのではないだろうかと思う。日本はまだまだこれからのチーム。個人技頼みで勝てるチームではない。メンバーも今回選ばれた若手は巻と茂庭のふたりだけ。次のワールドカップへ繋がる選手が多く出てきたとは言いがたい。

ジーコジャパンになってから興味が薄れつつあった日本代表だけど、昨日は目覚ましかけて前半3分頃から3-1になったところまで見ました。もう結果知ってるし普段だったらビデオをわざわざ見返したりしないんだけど、今回は最後の部分だけでも見ようかと思ってる。
何故なら号泣したと言われる中田ヒデが最後まで諦めずに戦ったであろうその姿を見たいから。




ワールドカップということで会社でも毎日のようにこの話題が出ます。皆普段はJは見ないいわゆるJのサポーターからするとにわかのサッカーファンというか代表ファンもどき。だけど、自分はこういう人たちとワールドカップの話をするのが面白かった。それは国内リーグを詳しくしらないだけに、今大会での評価をシビアに下してくれる。ヘンに特定の選手を贔屓することなく、率直な感想を言ってくれる。この辺が自分も本音で話すことが出来て良かったのだ。

この大会が始まってから同僚が「中田英寿のサイト面白いから一度見てみてよ。」と言っててお互い特に彼のファンって訳ではないが、中田の事が話題に上ることが多かった。今朝も彼女以外も試合終了後中田がグラウンドに突っ伏して起きれなったと言っており、早速ネットで情報を集めてみた。中田のサイトはアクセスが集中してるのか少ししか見れなかったが、彼のドイツ大会に対する並々ならぬ思いが綴られていた。普段の試合後のテレビのインタビューではわかりづらかったが、ファンのためにも自分の為にもいろんなものを背負って戦いに臨む姿勢がすごくよく伝わってきた。最近のサッカー選手からは伝わってこなかった、試合に懸ける思い。そして、中田のピッチに倒れこんでる姿を見て、ここ最近のサッカーの試合としては珍しく感情移入ができた。

そして、日本のマスコミですが日本代表に対して優しい報道をしてるなという印象をもった。会社でも散々いろんな人たちと話したが、引き分けの試合でも「勝ち点2」を失ったではなく、「勝ち点1」をとり、まだまだトーナメント進出の望みがあるという感じで、厳しい報道が少なかったように思う。

そういう意味でも全体が日本はまだまだだと思っているということだろうか。自分も確かにワールドカップを見て、改めて日本と世界の差を歴然と感じていたが。そうなると本当にこの4年でどれだけチーム力がアップしたのだろうかと再び同じところへ考えはいってしまう。これからはもっと高い要求を日本代表にしていきたいのだが、新しい日本代表はこれに応えてくれる事ができるのだろうか。

とはいえ、まだ見ぬ新生日本代表は楽しみでもある。
今後は世代交代も急務だろうから、この辺を含め組織力をアップさせる事が出来る監督と、折れない心を持った選手が出てくることに期待したい。






                         
                                  
        

ファビオ サントス加入

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 06/ 21
                 
噂されてた新加入選手の発表が今日ありました。
アウトゥオリ監督がいたサンパウロから若い左SBのファビオ・サントスがついに鹿島にやってきた!

ファビオ サントス 選手 新加入の件

ついでにチケットもキテタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。.

ここのところ気前よく放出してばっかだったので嬉しいです♪
まだ20歳と若いが、世代別の代表でも活躍してたみたいですね。
2003年の仙台カップで日本に来てたんだ。知らなかった。
今日来日して、明日からのキャンプに合流。早くチームに慣れて活躍してくれることを願ってます。

特徴はオフィシャルによると「スピードあるドリブルと左足のキック、FKを得意とする」そして、ポジションが左SBとMF。ボランチも出来るんだろうか。でも左のSBって今年はイバが調子いいし、まさかベンチ要員で獲得したわけでもないでしょうから、この選手がどういう使われ方をするのかよく分からないです。

5月の終わりに石川をレンタル移籍させた時には既にこの選手の獲得が決まってたんでしょうか。でも、右サイドの内田潤も完全移籍させちゃってサイドの選手が少なくなってしまったが大丈夫なのか。ウッチーを出したって事はナラさんもそろそろOKなのかな。

リーグ再開が待ち遠しい!