FC2ブログ
2006/07/27
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2006年07月

        

「北斗の拳」と「キン肉マン」と「Number」

category - 格闘技・プロレス
2006/ 07/ 27
                 
GONG KAKUTOGI
(ミルコのインタビューがよかったっす)

Number
(買ったばかりでほとんど読んでません)

PRIDEvsUFC.jpg
(ジョシュと美濃輪の対談、ヒョードル様のアキバレポ)

この間はオフィシャルの出場予定選手欄から名前が消えたことで、9月の方に参戦か?と書いたばかりの美濃輪ですが、やっぱり来月の「武士道」の方にでるんだ。

気になる対戦相手は「バタービーン」だそうで、最近の美濃輪はこの手の路線で行くんでしょうか。ライト級が加わったことにより、マニアにとっては「豪華な顔ぶれ」となる大会。ガチの試合ばかりじゃ疲れちゃうから、こういった試合があるのもいいかもしれんね。

昨日は道場で美濃輪とジョシュが公開練習。「北斗の拳」の”ケンシロー”が好きなジョシュと、「筋肉マン」好きな美濃輪。雑誌の対談でもこれらの話題に出たが、美濃輪はバタービーンを「北斗の拳」の”ハート”に例えてた。っつーか北斗の拳も筋肉マンもよくしらないんで、こういった例えはおいらよくわからん!

昨日はこの他にも道場で美濃輪のトークショーがあり、スペシャルゲストでジョシュ・バーネットも参加したらしい。テキストレポしか読んでないが、バタービーンと体型がソックリな佐伯さんを美濃輪が『仮想バタービーン』として抱え上げてるしwその後ボディスラムしたらしいが、佐伯さん体大丈夫か通院してるっつーのに。

さて、「ゴング格闘技」ですが、ミルコのインタビューが一番良かった。9月はシウバと再戦する。前回は「外様」というポジションだったミルコだが、今度は「PRIDEファイターとして、ここは俺のリングだ!」とアピールするつもりらしく、文面から静かな闘志が伺われた。間違いなく白熱した試合になるだろう、今から楽しみだ。あとは2nd翌日の会見を欠席したがマネージャーの寝坊らしく、申し訳ないことをしたと言ってたよ。

次に「kamipro」だが、ヒョードルがアキバに繰り出したときに取材してるのだが、秋葉原へは
「一人で足を運び、古びたビルの食堂で、焼き側とビールをあじわっていたりすることもあるそうだ」
この姿想像するとかわいいね。下はサンダル履きだったりしてね。
この中でヒョードルは「8月からロシアでもPRIDEが放送されることになった」と言っているが、なんでもこのテレビ局”ロシア国営放送の2番手”だそうだから結構すごいことだね。

最後に買ったばかりの「Number」はこれから読むのだが、桜庭が移籍について語るということだが、なーんだかいつもの桜庭節でよくわからんね。

「ベルトが欲しい、チャンピオンになりたいというわけではない。勝ちたいというよりどうやってごまかしてやろうかなという気持ちの方が強いです。どうやってごまかして、どうやってその相手を倒して、関節を極めようかなと。勝ち負けより技術面のことしか頭にないです。だから負けたときも、あ、しょうがないかと」

まー、サクらしいインタビューだけどね。

そして、このインタビューにも出てきた、サクが格闘技をやるキッカケになった「タイガーマスク」だが、これは私全巻読んだよ。結構ハマって図書館で何回か借りて読んでいる。サクは「思えば佐山さんがやっていたことは、すでに総合格闘技だった」と語っている。

【関連記事】

「武士道ライト級カード発表!」

「高田が桜庭移籍について語る」

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

リーグ第15節 アルビレックス新潟戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 07/ 26
                 
Jリーグ第15節 アルビレックス新潟 0-1 鹿島アントラーズ
2006年7月26日(水)新潟スタジアム ビッグスワン 19:02キックオフ/39,278人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、大岩 剛、新井場 徹
MF 青木 剛、フェルナンド、小笠原 満男、ファビオ サントス
FW 柳沢 敦、アレックス ミネイロ

【控え】
GK 杉山 哲
DF 羽田 憲司
MF 中後 雅喜、増田 誓志、野沢 拓也、本山 雅志
FW 深井 正樹

【得点者】85分 フェルナンド
【交代】65分 内田→中後、70分 ファビオ→深井、76分 柳沢→本山

あんまいいイメージがなかったビッグスワンで勝利。
連勝なんて久しぶりのような、内容はどうだったのかわからないがとりあえずよかった。フェルのFKポストにあたりながらのゴールイン、すごかったですね。

さて、本日は後半の途中からPC起動してオフィシャルのライブアントラーズ(文字ライブ)と、J’s GOALのやつ見てたんだが、オフィシャルの方、交代のところが内田→羽田、フェルナンド→深井(だったっけな)になってたゾ!得点者が85分にフェルナンドになってるのに、交代のところでは70分にピッチをあとにしたことになってる。

先日のFC東京戦、当日のスタメンから試合結果まで一切メール届かなかったのだが、これ私だけじゃなかったのね。今日配信障害で届かなかったお詫びのメールがきてた。それで今日の試合からは今までお知らせしてなかった、対戦相手の得点メールも届くようになるんだってさ。確かに鹿島側だけじゃ、試合結果のメールが来るまで経過が分からないときあるもんね。

さあ、次はホームでセレッソと対戦します。今日FC東京に5-1で敗れてるのね。しかも古橋退場してるから次は出場停止だね。だけど、大久保がセレッソ復帰しちゃったしね。かモリシにも気をつけなきゃだが。

今4位にいるのだが、得失点差が+3というところが悲しい。次も完封勝利お願いしますよ。

ナビスコ準決勝の相手は横浜に決まりました。9月に2試合組まれますね。
                         
                                  
        

武士道ライト級カード発表!

category - 格闘技・プロレス
2006/ 07/ 25
                 
今日あたりライト級の発表あるかなと思ってましたが、きましたね!
まだ対戦相手が決まってない、五味、マッハ、川尻、石田も一緒に会見に出席してたけど、出場予定選手だった美濃輪は公式から消えてる。9月の方に出るのかな。

武士道に参戦すると噂されてた修斗世界ミドル級王者の青木真也含む日本人の新顔は他に五味の弟分:帯谷信弘と日沖発の計3選手。帯谷もついにPRIDEのリングへあがります。私は日沖という選手は知らなかったのだが、この中ではルックスのよさが目立つような(笑)

今日追加発表されたライト級のカードは以下のとおり。

川尻達也 対 クリス・ブレナン

帯谷信弘 対 ギルバート・メレンデス

青木真也 対 ジェイソン・ブラック

日沖 発 対 ジェフ・カラン

以上、4カード。正直この大会が「ウェルター級グランプリ」になってることを忘れてしまいそうだ。この中で見たいのは、青木真也vsジェイソン・ブラックと帯谷信弘vsギルバート・メレンデス。
メレンデスは先日発売した「ゴン格」でも五味と闘いたいと言ってたし、武士道参戦かなと思ってたが、相手は帯谷でしたね。帯谷もそろそろ武士道かなと思ってたので特に驚きはなし。青木にしても格通だかゴン格で武士道に上がりたいと言ってた。新顔が増えて、次の名古屋大会佐伯さんが言ってた通り、行けなくて悔しい東京のファンのひとりになっちゃったわ。

なんつったて五味の復帰戦だし、他にマッハや川尻、石田もいる。
この大会はアメリカのFOXテレビで中継されるそうで、日本人対アメリカ人という分かりやすい図式できそうだね。10月にはPRIDE初のラスベガス興行もあるので、これが良いプロモーションになることを願ってます。

今日は金髪になった五味を見たけど、なんかこの半年でフケてしまったような。でも、コメントからは復帰戦への意気込みが伝わってきたね。特に自分が負けたアウレリオに勝った石田に対して質問されたときなんかの表情みると闘志がわいてきたかんじか。

久我山に自分の道場を持ってひとりで練習してるという五味。もう一度初心、ガンガン本能のままにいってた時の自分を再現してほしいね。前に帯谷が五味に付いて語ってるのを読んだが、後輩・帯谷に対しいい大人がするとは思えない少年のような行動をとってる五味。そのやんちゃさを持ってる五味がハジける姿をまた見たいです。

PRIDE過去記事一覧