FC2ブログ
2006/09/24
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2006年09月

        

31年と11ヶ月、ようやっと人生のモテ期に突入

category - 格闘技・プロレス
2006/ 09/ 24
                 
●おもしろかった郷野の囲み取材 チェ・ホンマンに彼女ができた!?

9/21ウェルター級GPの2カードが発表された。



オフィシャル投票1位になったカードで決定!
三崎対フィリオ、郷野対カーン
さすがにここまでくると日本人ふたり厳しい相手とぶつかりますね。
私は決勝フィリオ対カーンだと思うんですが、この予想を裏切って三崎あたりが残ってくれるといいんですが。

彼らの会見はオフィシャル、スポナビに出てるので割愛するが、郷野のカコミ取材が面白かったのでそちらの話を少しばかり。

三崎、ミルコの優勝に刺激「僕もあの位置に立ちたい」

郷野ショック! 対戦相手カーンがGOZMAにダメ出し

誠実に質問に答える三崎に対し、郷野は相変わらずの肩の力が抜けてる会見。ゴン格に三崎のインタビューがありましたが、ダンヘン戦の戦術が図解で載っておりわかりやすくてよかったです。こういうのでお勉強をしながらまた試合を見るとより一層楽しめます。

さて、郷野のカコミ、日本人全滅と言ってたことに対し土下座をしてふたりに謝罪をした佐伯繁広報。
まずは「佐伯さんっていつも思うんですけどかわいらしいですよね。僕の周りの人たちもみんな言ってるけど佐伯さんかわいい。」という、ちょっと違った視点から見るとあやしい表現w

優勝したらモルジブへ行きたい(同伴者は彼女ではなく、トレーナーで男同士の二人旅)という流れを受けてか

記者「今日、スポーツ紙、各紙でチェ・ホンマン選手に彼女が出来たっていう話が出てきたんですけど、それについては?」

郷野「チェ・ホンマンに彼女が・・・それと僕と何の関係が?(苦笑)」

(一同爆笑)

郷野「どんな彼女なんですか?」

記者「それはわからないです。」

郷野「全く関係ないですね。僕は別に彼女欲しいとは思わないですし・・・(ゴニョゴニョと苦笑しながら)」

それから決勝で三崎と対戦した場合は、合コンでの恨みを両の拳にこめて返すという話になるのだが。郷野は喋ってしゃべって温めて、そこで寡黙な日本男児然とした三崎がいてあの雰囲気で結局はおいしいところを持っていかれてしまう。その場ではわからないが後日「郷野さん、すいません・・・」と報告があるそうだ。

ただその三崎が言うには最近は郷野さんの方が女性人気がある。これにたいし

郷野「(少し照れながら)確かに最近僕も女性人気が出てきたのは否めないですね。まぁ・・・入場を頑張ってよかったなと。最近かわいい女の子からお手紙が舞い込むようにもなりまして。現時点では僕が一歩リードしてますかね(しみじみ)
でもホント僕ずっと後ろ走ってて、マラソンでいったら35キロ地点まで後ろなんですよ。で最後どっちが先にいくかですよね。でもその前にふたり先頭集団にいるんですけどね。パウロとカーンが!」

記者「でもその前と今の自分の距離って何メーターくらいなんですか?」

郷野「あっ、でも全員1号車のカメラには写りますけどね(笑)。」

(ここでいかにも会場にいそうなプロレスファン風貌の記者さんがメモ取りながら『うまいなぁ』と、郷野のトークを静かに賞賛)

郷野「僕のブログ見てます?すごいですよ女の子からの書き込みが。もはや格闘技界のネットアイドルと化してますからね。でも、ここで終わりたくないんで”3次元の世界”でもモテ期に突入するように頑張りたいと思います。」

その後ファッションへのこだわりの質問も出て

郷野「その辺(むさいスポーツ紙記者達を指して)モテなさそうな皆さんの(事務所内笑)希望の星になるように、三十路デビュー四十路デビューありだぞというところをお見せしたいと思うんで。はい、頑張りますよ。皆さんの夢を背負って」
(記者たちも巻き込んでの取材というよりは雑談で雰囲気があったまりすぎた頃)

---DSEの女性スタッフが---

「じゃ、そろそろよろしいでしょうか?」と〆に入るこの一言で記者達が爆笑。

郷野「最近DSEとの連携もいいんで、このまま頑張りますよ。ありがとうございました」

という、準決勝へ向けての質疑応答はほとんどなく(爆)、郷野と記者達の雑談会といった雰囲気で、笑いが絶えませんでした。

●ラスベガス大会 チケットの売れ行きは?

そして9/23ベガス大会も1カード小出しに追加(苦笑)。
ダンヘン対ベウフォート
アメリカ人対元UFC王者。わかりやすいっちゃわかりやすいカードだが。うーん。今回の米大会未だ燃えるカードはないな。でもコレはジョシュ対ナツラと同じ程度には見たいカードかな。ってちょっとわかりづらい表現だが。

雑誌の代表のインタビューではベガスのチケット現時点で7割ほど売れているとか。果たして来月フルハウスになるのだろうか。
気になるサプライズだが、このインタビューからすると期待できなさそうですよ。だって「米国進出こそがサプライズ」というようなことをいってたから。

でもアメリカのコアな格闘技ファンの現時点でのカードの評価、結構日本の格闘技ファンと同じみたいね。自国の人ががんばりゃいいってわけではなく、今までテレビでしか見れなかったあのPRIDEそのものを生でみたいんでしょうね。ルールの違いがあるので、日本そのままのクオリティが維持できるのか分かりませんが、現地のファンを熱狂させ成功することを祈っています。

最後に昨日ジョシュのテレビ見たが、つまんなかった。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

EXILE新ヴォーカル決定!

category - ライフスタイル
2006/ 09/ 23
                 
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
                         
                                  
        

ナビスコカップ準決勝第2戦 横浜マリノス戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 09/ 20
                 
ナビスコカップ準決勝第2日目 横浜Fマリノス 2-1 鹿島アントラーズ
2006年9月20日(水)日産スタジアム 19:00キックオフ/12,583人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、新井場 徹
MF 増田 誓志、フェルナンド、野沢 拓也、ファビオ サントス
FW 深井 正樹、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 名良橋 晃、大岩 剛
MF ダ シルバ、中後 雅喜、興梠 慎三
FW 田中 康平

【得点者】 18分 上野 良治(横浜)、77分 柳沢 敦(鹿島)、82分 松田 直樹(横浜)

【交 代】 45分 内田→中後、63分 ファビオ→ダ シルバ、72分 深井→興梠

アウェーゴールすげええぇーーーっ!
この試合自体は負けたのに

ナビスコカップ決勝進出決定!!!

よーし、決勝見にいったるぞー!

今日はもちろん見に行ってない。スタ着いたら試合終わってるもの。
現地からレポもらっていたんだが、最初の失点教えてもらった直後にオフィシャルの失点メールが勢いよく来た。あれ?清水戦失点のメールこなかったから、てっきり相手側の得点メールはこなくなったのかと思ってたんだが。

後半鹿島が1点を返す、しかもヤナギのゴール!あの人浦和戦とかこういう時にゴールしちゃって、ホントよく分からない人だ。
でね、思ったんですよ、そのゴールで喜びまくって気持ちが緩むと失点しちゃうから気をつけないとって。
そしたら案の定ですわ(笑)。浦和戦のときもそうだったが、ヤナギの久々の得点でサポーターは喜びすぎた、でもサポはしょうがない、だけどそれが選手に伝染しちゃダメですよ。選手はそういう時こそ気を引き締めてもらわないと!

とにかくだ、今日はいろいろとあってかなりお疲れ気味、そこへもってきて現地からのレポがまたハラハラ、ドキドキしまくるもので、更に疲れてしまった・・・
まー今日は素直に決勝進出を喜びたい。あぁ、決勝戦へ行くなんて(もちろんまだチケは手にしてないが)、こんな緊張感あふれる(もちろんイイ意味で!)試合を見にいけるのはいつ以来だろうか。
今年こそはなんとしてもタイトル獲るぞーっ!ここ数年、手が届きそうでなかなか届かなかった「優勝」という二文字。今度こそは絶対に勝ち取りましょう!

今日昼間J'sGOALをみたら、こんな言葉があった。

先日、鹿島のあるOBが「今の若い選手たちからは、絶対にやってやるぞという、燃えるものがほとばしっていない」と熱い目で話していた。しかし、そんな中で「深井正樹のプレーには、全力を出し切る姿勢があふれている」とも続けた。

そうなんだよ、今の鹿島は私にとって思い入れのある選手がいないんだよ。かつてはこの選手が好き!ってのがあったのに。気持ちが伝わってこないんだな。本人達は毎試合一生懸命やってるんだろうけど。
その中で唯一伝わってくるかんじがするのが深井。贔屓の選手が出来たらまた鹿も私の中でよりスペシャルな存在になるんでしょうが。今は前からの流れでチームとして応援してるってかんじですからねぇ。
やっぱり好きな選手が活躍してる場の投稿も増えがちなわけで。

試合後の監督のコメント

監督のコメントからも今日の試合の出来が決して褒められたものでないことがわかるな。なんでアレックスいないんだろうと思ってたら背中の怪我か。しかし、監督の中ではヤナギの評価高いんだな。それにしてもパスミスが多いって、これなんとかならないんでしょうか。

なんか今日はいろいろあったが最後にこの嬉しいニュースでよかった。
しかしながら疲れたのでもう落ちます。
今日行った人はお疲れ様でした。