2006/09/30
2006/09/24
2006/09/23
2006/09/18
2006/09/18
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2006年09月

        

高田・向井夫妻の双子出生届受理

category - 格闘技・プロレス
2006/ 09/ 30
                 
昨日の高田のブログでの”うれしいニュース”ってコレだったんですね。

向井亜紀が涙、代理母出産認められた

この件は、最初から流れを見てきたので、いい結果になってよかったです。以前、この代理出産の最初から最後双子が生まれるまでの様子を追った番組をどっかのテレビでやってたなぁ。向井さん、病気と闘うだけでも大変だったろうに、子供が大好きなノブさんのために奮闘してて、向井さんのパワーに圧倒されたよ。彼女あの細い体からは考えられないくらいパワフルだ、さすが高田の嫁。

古いことなんで記憶頼りだが、この二人確か結婚するまでもラクじゃなかったんだよね。向井さんのお父さんが、結婚に反対されてたんじゃなかったっけ?だから結婚するって知ったとき、へーようやっと出来るんだ~なんて思った記憶が。まぁ戸籍の問題がクリアになったから、これで少しは落ち着けるようになったのかな。しかし、高田の人生って波乱万丈だな。

kamipro

この間立ち読みで済ませてしまった「ゴン格」買えばよかったかなー、もう行った書店では売切れてた。昨日はkamiproを買って来ました。表紙はヒョードル、ちゃんとオープンフィンガーのグローブつけて刀持ってるところがニクイぜ!

巻頭はヒョードルのインタビューなんだけど、何故かジョシュが途中から飛び入り参加。次にDSE USAのインタビューがあるんだが、アメリカで大会を開くのって大変なんだね。レフェリーはともかくセコンドまでライセンスがいるんだ。あと9試合以上やらなきゃいけないっていうのは、ボクシングだと1大会26ラウンド以上っていう決まりがあるらしく総合にあてはめるとだいたい9試合になると。UFCとの対抗戦だが現時点では厳しいのかね。私は最初からあまり期待してなかったっていうのもありますが。

ミルコ

GP後ということで当然この話題が多かったですね。ミルコについては、本人ではなく代理人今井氏のインタビュー。噂が出たときは「なんだかイヤぁなかんじだな。だけどハッキリするまで見守ろう」と思った、WFA移籍!?騒動についても真相を話されています。
あーあ、なーんだそういう事か。最初知ったときそんなもんだろうと思ったんだが、あまりにいろんなところで出てたからさ、ちょっと心配になっちゃったけど。その『噂』が出るキッカケとなったDSEとの金銭問題の件も、確かに言われて見ればいくらだったのかしらないがあのハイレベルな4人で、1日2試合戦わなきゃ優勝できない。この命がけのGPの賞金が低いものだったら、そりゃ彼らのモチベーションも下がる可能性もあるし、プライドが傷つけられる気もするだろう。

そして今回圧倒的な強さをみせたミルコの”ヒミツ”鼻呼吸ですが、本当にこれ侮れないね。まさかここのところ低迷気味、優勝するというイメージがわかなかったミルコがあのような他を寄せ付けない強さを見せて優勝するとはね。ビックリでしたよ。

もうあの大会は凄すぎて今年のベストバウトっていっちゃっていいですね。あのgp3試合というか個人的には第2、第3試合、この2つが見れただけでもう今年はいいかなとそんな気持ちですよ。
言葉はいらない、ただスゴイっていうだけでしか表現できなかったもの。あの後PPV見て細かいところをもう一度書こうかと思ったが、やめた。スゴイこの一言だけでいい。

他には高田総統率いるモンスター軍のNo.2天龍源一郎のインタビューも読み応えアリ!天龍さんってあの世代にしては未だにいろんなものに柔軟に対応し、挑戦していくレスラーで頭が下がります。
この人の試合生で見るとそのスゴさがわかりますよ。

興味がある方は書店へ行って立ち読みなり買うなりしてください。ネットが普及しなんでもタダで気軽に情報収集が出来る時代だからこそ、自分の足を使い、目で見て情報を得て欲しい、そんな風に思います。

PRIDE過去記事一覧
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

桜庭和志、緊急入院に思うこと

category - 格闘技・プロレス
2006/ 09/ 27
                 
昨日の時点で知ってたんですけど書かなかった。
うーん、じっくり書く時間もないし書くのどうしようかな~って思ったんですけど、やはり書こうかなと。時間がないときって自分が言いたいことうまく書けないんだよね。よく書きそびれがあるので、事がことだし軽々しく書いてるようでやなのよね。

桜庭和志、無念のドクターストップ! 10.9HERO’S欠場

サクが練習中に倒れたという話、初めに知ったときとてもショックでした。今年PRIDEからHERO’Sへ電撃移籍をして、少し距離を置きつつあったサクだけど、今となっては別にその選択について恨む(やり方はどうかと未だに疑問だが。でも高田道場離れた時点でフリーなわけだし)気持ちもないけど、PRIDEを応援してるものとしては熱烈に応援できなくなったのも事実。

私はもともとプロレスから入って、UFCの存在を知り、バーリトゥードという言葉を知った。確か93年くらいで当時は雑誌のレポ頼りだったのだが、すごいものが出てきたと衝撃を受けた。その前後、Uインターの安生洋二がロスにあるグレーシー道場破りを敢行する。だからその流れでPRIDEが出来、文字通り高田延彦が「男のプライド」をかけてヒクソンと闘ったところからPRIDEはチェックしてたのだが、やはりPRIDEにハマるキッカケとなったのが『グレイシーハンター』桜庭和志の存在があったからこそ。サクがPRIDEに残した功績は大きい。ホント2000年のホイス戦なんてスゴク燃えたよなぁ・・・

8月のHERO’Sは見たけど、サク危なかったな。見たときの印象は「サク、あんたがやりたかったことはコレかい」とただそれだけ。
そして序盤にボコボコにやられ、サク負ける!と思ってたんですが・・・以下は略です。

去年のヒカルド・アローナ戦見たときの事をチラリと思い出してしまった。あれも私にとっては衝撃でした、シウバに負け続けてる時以上にってか問題にならないくらい。あの試合の時はブログを初めて間もない頃で、ここまで続くとは思ってなかったので格闘技のカテゴリーはなく記事にはしてなかったんだけど、「サクが壊れる!」そう思った。その後サクの状態がどんなだったか、必死でWebの情報あさったっけ。
だから秋になってケンシャム戦でサクが復帰したときはどんなに安心したことか。このときの煽りvのモンキーマジック桜庭がまた泣かせてくれるんだよ。


今日のスポナビの記事によると、どうやら学生時代から首は痛かったらしく長年の格闘技人生で更に負担がかかって、倒れるというところまできちゃったんだろうね。

ただ恐ろしいのは、こんな状態だから10.9欠場ってのは当然だが、年末のDynamite!で復帰か?みたいな事が書いてあるがやめてくれ!

そのHERO’Sだが無職状態だった金子賢が所英男と対戦決定したね。PRIDEと違って第0試合扱いじゃないだろうし、視聴率的にはオイシイだろうからどう扱うか遠くから見させてもらいますよ。なんせ、アンディの追悼興行にボビー・オロゴンとか曙だすところですからね。

HERO’S自体も去年の方が面白かったな。ま、KIDと元気がいないってのもありますが。

でもサクってどういう方向へ行きたかったんだろう。PRIDEでも無差別に出たかったようなニュアンスのコメントしてたが、実際には武士道のウェルター級の出場を勧められていたようだけど、武士道というまだまだ確立されてないこれからなかんじのシリーズに出る事が、自分が第一線で活躍する選手から格落ちしたっておもったんでしょうか。でもHERO’Sでサクのライバルになれる選手はいないような。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

アクセス解析其の五

category - 雑記
2006/ 09/ 26
                 
この記事がFC2での当ブログの400個目の記事です。キリ番にふさわしいネタがないので、久しぶりにアクセス解析を。ちなみに9/20で〆たもの、その後もグッとくる(苦笑)キーワードがいろいろとあるんだけど、いい加減キリがなくなるので。

実はここ検索からの来訪者が多いんですが、私がアクセス解析で好きなところは「キーワード」「人気ページ」「国」のみ。キーワードは一般に出回る前の情報が手に入るので、例えば「カイヤ ハッスル」というキーワードが公になる前にあり、これで「あぁ、カイヤが出るんだ」って感じで事前に情報ゲットできるんです。だからといって書きはしないけどね。

1.キーワード
2.人気ページ
3.国別

サッカー格闘技以外はキーワード非公開。

毎月、キーワードの上位に出てくる選手名。

内田篤人
B×Bハルク
ザ・エスペランサー
中尾“KISS”芳広
                         
                

続きを読む

                 
        

リーグ第24節 FC東京戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 09/ 25
                 
Jリーグ第24節 鹿島アントラーズ 3-2 FC東京
2006年9月24日(日) カシマサッカースタジアム 15:04キックオフ/17,398人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、大岩 剛、青木 剛、新井場 徹
MF 増田 誓志、フェルナンド、野沢 拓也、ファビオ サントス
FW 柳沢 敦、ダ シルバ

【控え】
GK 小澤 英明
DF 名良橋 晃、後藤 圭太
MF 中後 雅喜、興梠 慎三 
FW 深井 正樹、田中 康平

【得点者】 28分、47分、67分 フェルナンド(鹿島)、83分 梶山 陽平、89分 今野 泰幸(東京)
【交 代】 62分 ファビオ→中後、88分 ダ シルバ→興梠、80分 柳沢→田中

フェルナンド神!


これで4連勝ですか。
間にナビスコの試合があったというのもあるんだけど、うーんイマイチ連勝してるぞぉって実感がわきません。これにより順位も4位と少しアップしました(笑)。

フェルナンドがハットトリックするという嬉しい試合であったものの、やはり終盤にきて簡単に連続失点。最近の鹿さんはリードしてても試合終了のホイッスルがなるまでは全く気が抜けません。
でも、まさか3-0の展開から2点を返され、なんとか勝ったという結果に終わることになるとは。

スポーツ新聞のサイトはそんなにマメに見てる方じゃないんですが、今日のデイリースポーツにこんな記事がありました。

川口&曽ヶ端らGKに“オシムッ”

個人的には今はオシムさんとか代表とかはどうでもいいんだけど、清水戦でも思ったんですが、怪我から復帰してからちょっとソガ不安定なイメージが。ゴールキックの精度が悪かったり、鹿島の守護神なんだからもうちょっと安定してもらわないと。

あとなんで岩政がいないんだろうと思ったら、アップ中に足を痛めていたそうで。大岩が戻ってこれたから良かったけど、後ろのほうはホント人が少ないな。
それと個人的な評価はしないといってたアウトゥオリ監督が青木のことを褒めてますね。

11月3日はまだ先のことですが、この試合フェルナンドが出場停止なんですよね、厳しいなぁ。
                         
                                  
        

31年と11ヶ月、ようやっと人生のモテ期に突入

category - 格闘技・プロレス
2006/ 09/ 24
                 
●おもしろかった郷野の囲み取材 チェ・ホンマンに彼女ができた!?

9/21ウェルター級GPの2カードが発表された。



オフィシャル投票1位になったカードで決定!
三崎対フィリオ、郷野対カーン
さすがにここまでくると日本人ふたり厳しい相手とぶつかりますね。
私は決勝フィリオ対カーンだと思うんですが、この予想を裏切って三崎あたりが残ってくれるといいんですが。

彼らの会見はオフィシャル、スポナビに出てるので割愛するが、郷野のカコミ取材が面白かったのでそちらの話を少しばかり。

三崎、ミルコの優勝に刺激「僕もあの位置に立ちたい」

郷野ショック! 対戦相手カーンがGOZMAにダメ出し

誠実に質問に答える三崎に対し、郷野は相変わらずの肩の力が抜けてる会見。ゴン格に三崎のインタビューがありましたが、ダンヘン戦の戦術が図解で載っておりわかりやすくてよかったです。こういうのでお勉強をしながらまた試合を見るとより一層楽しめます。

さて、郷野のカコミ、日本人全滅と言ってたことに対し土下座をしてふたりに謝罪をした佐伯繁広報。
まずは「佐伯さんっていつも思うんですけどかわいらしいですよね。僕の周りの人たちもみんな言ってるけど佐伯さんかわいい。」という、ちょっと違った視点から見るとあやしい表現w

優勝したらモルジブへ行きたい(同伴者は彼女ではなく、トレーナーで男同士の二人旅)という流れを受けてか

記者「今日、スポーツ紙、各紙でチェ・ホンマン選手に彼女が出来たっていう話が出てきたんですけど、それについては?」

郷野「チェ・ホンマンに彼女が・・・それと僕と何の関係が?(苦笑)」

(一同爆笑)

郷野「どんな彼女なんですか?」

記者「それはわからないです。」

郷野「全く関係ないですね。僕は別に彼女欲しいとは思わないですし・・・(ゴニョゴニョと苦笑しながら)」

それから決勝で三崎と対戦した場合は、合コンでの恨みを両の拳にこめて返すという話になるのだが。郷野は喋ってしゃべって温めて、そこで寡黙な日本男児然とした三崎がいてあの雰囲気で結局はおいしいところを持っていかれてしまう。その場ではわからないが後日「郷野さん、すいません・・・」と報告があるそうだ。

ただその三崎が言うには最近は郷野さんの方が女性人気がある。これにたいし

郷野「(少し照れながら)確かに最近僕も女性人気が出てきたのは否めないですね。まぁ・・・入場を頑張ってよかったなと。最近かわいい女の子からお手紙が舞い込むようにもなりまして。現時点では僕が一歩リードしてますかね(しみじみ)
でもホント僕ずっと後ろ走ってて、マラソンでいったら35キロ地点まで後ろなんですよ。で最後どっちが先にいくかですよね。でもその前にふたり先頭集団にいるんですけどね。パウロとカーンが!」

記者「でもその前と今の自分の距離って何メーターくらいなんですか?」

郷野「あっ、でも全員1号車のカメラには写りますけどね(笑)。」

(ここでいかにも会場にいそうなプロレスファン風貌の記者さんがメモ取りながら『うまいなぁ』と、郷野のトークを静かに賞賛)

郷野「僕のブログ見てます?すごいですよ女の子からの書き込みが。もはや格闘技界のネットアイドルと化してますからね。でも、ここで終わりたくないんで”3次元の世界”でもモテ期に突入するように頑張りたいと思います。」

その後ファッションへのこだわりの質問も出て

郷野「その辺(むさいスポーツ紙記者達を指して)モテなさそうな皆さんの(事務所内笑)希望の星になるように、三十路デビュー四十路デビューありだぞというところをお見せしたいと思うんで。はい、頑張りますよ。皆さんの夢を背負って」
(記者たちも巻き込んでの取材というよりは雑談で雰囲気があったまりすぎた頃)

---DSEの女性スタッフが---

「じゃ、そろそろよろしいでしょうか?」と〆に入るこの一言で記者達が爆笑。

郷野「最近DSEとの連携もいいんで、このまま頑張りますよ。ありがとうございました」

という、準決勝へ向けての質疑応答はほとんどなく(爆)、郷野と記者達の雑談会といった雰囲気で、笑いが絶えませんでした。

●ラスベガス大会 チケットの売れ行きは?

そして9/23ベガス大会も1カード小出しに追加(苦笑)。
ダンヘン対ベウフォート
アメリカ人対元UFC王者。わかりやすいっちゃわかりやすいカードだが。うーん。今回の米大会未だ燃えるカードはないな。でもコレはジョシュ対ナツラと同じ程度には見たいカードかな。ってちょっとわかりづらい表現だが。

雑誌の代表のインタビューではベガスのチケット現時点で7割ほど売れているとか。果たして来月フルハウスになるのだろうか。
気になるサプライズだが、このインタビューからすると期待できなさそうですよ。だって「米国進出こそがサプライズ」というようなことをいってたから。

でもアメリカのコアな格闘技ファンの現時点でのカードの評価、結構日本の格闘技ファンと同じみたいね。自国の人ががんばりゃいいってわけではなく、今までテレビでしか見れなかったあのPRIDEそのものを生でみたいんでしょうね。ルールの違いがあるので、日本そのままのクオリティが維持できるのか分かりませんが、現地のファンを熱狂させ成功することを祈っています。

最後に昨日ジョシュのテレビ見たが、つまんなかった。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

EXILE新ヴォーカル決定!

category - ライフスタイル
2006/ 09/ 23
                 
7月からスタートした「Vocal Battle Audition 2006 ~ASIAN DREAM~」だが2006年9月22日(金)日本武道館にてEXILEの新しいメンバーが決定した。いやぁ、てっきりネスミスかと思ったんだが、嬉しい誤算。
SHUNさんこと清木場俊介がいなくなって、少し距離を置きつつあったが一目見たときからカッチョイイ!!って思っていた、田崎敬浩に決定!漢字で見るとイヤに堅苦しい名前だわ。
TAKAHIROとして正式にEXILEのメンバーに加わった。

EXILE.jpg


こちらの写真ではホストっぽく、嵐の桜井翔くんをワイルドにした風貌だが、オフィシャルの画像を見ると、短髪になりおでこを出したからか大人のっぽく見える。
ご両親は美容師さんらしく、彼も1度は美容師になろうとしたが、EXILEのライブを見て熱烈なファンになった。

昨日はYahoo!でこの模様の動画をライブ配信してたらしいが、平日のため見られず。数日前まで土木工事現場でアルバイトをしてたらしいいんだけど、もともとEXILEの大ファンで毎日彼らの曲を聞いていたらしい。今回はこの熱意も後押しになったようだ。

テレビ朝日系で10月20日21時よりスタートするドラマ「家族~妻の不在・夫の存在~」の主題歌”Everything”が12/6にリリースされるらしい。どんな声質の人なんだろう。新しいEXILE楽しみだ。

180cmの高身長で端正なルックス、女性ファンがまた増えそうですね。

【関連記事】

EXILEからSHUNが脱退

EXILEに新ボーカル加入

EXILE動画 
                         
                                  
        

ナビスコカップ準決勝第2戦 横浜マリノス戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 09/ 20
                 
ナビスコカップ準決勝第2日目 横浜Fマリノス 2-1 鹿島アントラーズ
2006年9月20日(水)日産スタジアム 19:00キックオフ/12,583人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、新井場 徹
MF 増田 誓志、フェルナンド、野沢 拓也、ファビオ サントス
FW 深井 正樹、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 名良橋 晃、大岩 剛
MF ダ シルバ、中後 雅喜、興梠 慎三
FW 田中 康平

【得点者】 18分 上野 良治(横浜)、77分 柳沢 敦(鹿島)、82分 松田 直樹(横浜)

【交 代】 45分 内田→中後、63分 ファビオ→ダ シルバ、72分 深井→興梠

アウェーゴールすげええぇーーーっ!
この試合自体は負けたのに

ナビスコカップ決勝進出決定!!!

よーし、決勝見にいったるぞー!

今日はもちろん見に行ってない。スタ着いたら試合終わってるもの。
現地からレポもらっていたんだが、最初の失点教えてもらった直後にオフィシャルの失点メールが勢いよく来た。あれ?清水戦失点のメールこなかったから、てっきり相手側の得点メールはこなくなったのかと思ってたんだが。

後半鹿島が1点を返す、しかもヤナギのゴール!あの人浦和戦とかこういう時にゴールしちゃって、ホントよく分からない人だ。
でね、思ったんですよ、そのゴールで喜びまくって気持ちが緩むと失点しちゃうから気をつけないとって。
そしたら案の定ですわ(笑)。浦和戦のときもそうだったが、ヤナギの久々の得点でサポーターは喜びすぎた、でもサポはしょうがない、だけどそれが選手に伝染しちゃダメですよ。選手はそういう時こそ気を引き締めてもらわないと!

とにかくだ、今日はいろいろとあってかなりお疲れ気味、そこへもってきて現地からのレポがまたハラハラ、ドキドキしまくるもので、更に疲れてしまった・・・
まー今日は素直に決勝進出を喜びたい。あぁ、決勝戦へ行くなんて(もちろんまだチケは手にしてないが)、こんな緊張感あふれる(もちろんイイ意味で!)試合を見にいけるのはいつ以来だろうか。
今年こそはなんとしてもタイトル獲るぞーっ!ここ数年、手が届きそうでなかなか届かなかった「優勝」という二文字。今度こそは絶対に勝ち取りましょう!

今日昼間J'sGOALをみたら、こんな言葉があった。

先日、鹿島のあるOBが「今の若い選手たちからは、絶対にやってやるぞという、燃えるものがほとばしっていない」と熱い目で話していた。しかし、そんな中で「深井正樹のプレーには、全力を出し切る姿勢があふれている」とも続けた。

そうなんだよ、今の鹿島は私にとって思い入れのある選手がいないんだよ。かつてはこの選手が好き!ってのがあったのに。気持ちが伝わってこないんだな。本人達は毎試合一生懸命やってるんだろうけど。
その中で唯一伝わってくるかんじがするのが深井。贔屓の選手が出来たらまた鹿も私の中でよりスペシャルな存在になるんでしょうが。今は前からの流れでチームとして応援してるってかんじですからねぇ。
やっぱり好きな選手が活躍してる場の投稿も増えがちなわけで。

試合後の監督のコメント

監督のコメントからも今日の試合の出来が決して褒められたものでないことがわかるな。なんでアレックスいないんだろうと思ってたら背中の怪我か。しかし、監督の中ではヤナギの評価高いんだな。それにしてもパスミスが多いって、これなんとかならないんでしょうか。

なんか今日はいろいろあったが最後にこの嬉しいニュースでよかった。
しかしながら疲れたのでもう落ちます。
今日行った人はお疲れ様でした。
                         
                                  
        

PRIDEとハッスルネタ

category - 格闘技・プロレス
2006/ 09/ 19
                 
目 次
1.ラスベガス大会追加カード発表と代表の会見
2.ハッスル特番地上波放送決定
3.巨乳対策バッチリ!

☆ベガス大会会見

まずは追加2カードから
ジョシュ対ナツラと、ハント対バタービーン
ジョシュは出るだろうなと思ったが、GP終わったばかりなのにタフな選手だ。ハントーいんげん豆はデブッチョ同士の対決。ハントの勝利で早期決着がつきそうな気がするよ。

あちらのアスレチックコミッションより9試合やってくれとのことで全9カードらしい。今のところアメリカ人とそれ以外の国の選手をぶつけたカードばかりだが、アメリカのコアな格闘技ファン(いわゆる”格闘セレブ”ってやつですねw)からは、アメリカ以外の国のトップアスリートの試合が見たいという意見が多いそうだ。一般層へのアピールとしてはアメリカ人であることがデカイんでしょうが、やはり格闘セレブたちは「強いヤツ」を生で見たいんだね。さすが格闘セレブww

ルールは日本のルールが認めてもらえず、5分3R、シューズ・胴衣の着用、四点ポジションでの攻撃は認められない。サッカーボールキックも踏みつけもなしって、なんだかPRIDEってかんじがしないなぁ。エルボーは認められているようだが、カットが多くなるのでやらないとのこと。ただルール面に関しては引き続き交渉をしていくようだ。なんかで読んだがロープは5本でOKもらってるっていってたな>代表

今週中に追加カードを発表、今月中に全カードを発表したいとのこと。で、出場予定の選手には中村カズ、藤田和之、フィル・バローニ、ビクトー・ベウフォート。カズ塩試合になりそうなんだが、アメリカで大ブーイングにならないように!この間の試合見る限り、アメリカ大会は自粛するべきでは。中村カズは出場決定、怪我の回復次第では藤田、あと(彼らも含めてか?)2,3人くらい日本人選手が出るらしい。吉田は晦日の男祭りがあるのでベガスは出ない。

会場はPRIDEの聖地”さいたまスーパーアリーナ”より小さいんだが、「東京ドーム」クラスのド派手な演出を考えていて、アメ公がよくやる試合前の挑発とかではなく、見所を試合前に流すようだ。ようは日本でやってる煽りVのUSA版か。

この大会日本からのツアー(公式に掲載されてるやつ)があるが、日本人もかなりいくらしく300超えそうで、その1/3がこのツアーからのものらしい。日本から行く300人の格闘セレブ達よ、ブログ持ってるやつはお前らのレポ楽しみにしてるからな!

現在ロサンゼルス、ラスベガス、ニューヨークの街頭に「ビルボード」という広告が出てる。皆さんが気になる11月UFCでのチャック・リデルvsヴァンダレイ・シウバ戦だが、シウバの怪我があるが本人・DSE共に逃げるつもりはなくUFCさえOKだったら対戦希望。ミルコも意欲を見せており「ヴァンダレイがダメなら俺が出る!」といってるそうだ。(これはkamiproのインタビューでも言ってたよね)

このカミプロに出てたアメリカ人のパトロンのおじ様、エド・フィッシュマン氏が表に結構出てくることになるのかね。このアメリカのPRIDEの父、フィッシュマンさんがPRIDEに飽きないことを願うよ。

来月からはPPVのある日本、アメリカ、韓国、ブラジル、ドイツなどを除いた国で有料のネット配信もやるらしい。インドでもファンがいるらしいな。

最後に金子賢のHERO’S参戦について意見を求められていたがそのとき男祭りに金子が出たのは、フジテレビに言われてって言ってたよ。オープニング前のチャレンジマッチでしかだせなかったっていう言い方してたから、コメント求められても困るわな。

☆大阪大会前にハッスルの特番が放送されます

詳しくはコチラ↓

サンテレビがハッスル特番放送!

PRIDE放送打ち切りというフジテレビショックで同じ会社がやってるハッスルも打撃を受けた。東海テレビでやっていた「ハスハス」も切られたし、初の地上波放送(ハッスルエイド)も放送中止になってしまった。あれから3ヶ月が過ぎた、世間的にはPRIDEがフジに切られた件は知っててもハッスルがPRIDEと同じ会社だと知らない人は多いはず。といっても去年のマニアから独立採算制になったようだ。それがハッスル事業局だね。
地方のUチャンとはいえありがたいことです。地方からハッスルブームを巻き起こせ!

☆巨乳対策バッチリ!!

そんなハッスルだが、来月ハッスルの1期生石井千恵が3Dのスパイクを相手にプロレスデビューする!
モンスター軍入りを熱望する彼女だが、「ハッスル軍には、ニューリン、カイヤ、Erica、マーガレットと巨乳そろい」だからということもM軍入り希望の理由のひとつらしい。
貧乳の彼女は農業系の高校時代にホルスタインに触れることもあったらしく「巨乳ビンタ、巨乳かちあげ、巨乳しぼり」と巨乳対策はバッチリなようだw
今後ハッスル軍の女子相手に闘うことになったら是非これらの技を披露してほしいね。
彼女のリングネームってまだ募集してたっけ?

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

無添加野菜ジュース

category - ライフスタイル
2006/ 09/ 18
                 
99ショップでも変える無添加商品。

無添加野菜ジュース

小岩井から出てる無添加野菜の「トマトミックスジュース」250ml

他にも牛乳など、原材料名みると買えそうな商品があった。
このジュースは」トマト、にんじん、セロリ、キャベツ、かぼちゃ、カリフラワーなどが入っている。全部で21種類だそうだ。

【関連記事】
お粥とシュークリーム

自然食レストラン

手作りの天然酵母パン

インテリア・ファッション・コスメ・オーガニック記事一覧
                         
                                  
        

リーグ第23節 清水エスパルス戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 09/ 18
                 
Jリーグ第23節 清水エスパルス 1-2 鹿島アントラーズ
2006年9月16日(土) 国立競技場 15:04キックオフ/20,800人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、新井場 徹
MF 増田 誓志、フェルナンド、野沢 拓也、ダ シルバ
FW 深井 正樹、田中 康平

【控え】
GK 小澤 英明
DF 羽田 憲司
MF 中後 雅喜、吉澤 佑哉、興梠 慎三 
FW アレックス ミネイロ、柳沢 敦

【得点者】 44分 フェルナンド、60分 野沢 拓也(鹿島)、69分 枝村 匠馬(清水)
【交 代】 68分 ダ シルバ→アレックス、68分 田中→柳沢、80分 深井→中後

清水エスパルス
風邪と好転現象か!?このだるさから寝込むのは3回目だが、好転現象と考えて良いのか?今回は風邪だけなのか?それとも先週のアレを見て、またもや燃え尽き症候群におちいっているのか?いや、今回は来月のヤツも楽しみにできるくらい余裕あるのに・・・

(すいません、実は試合終わって帰ってから余り具合が良くなく、日曜日は家事や用事だけ済ませてあとは起きてられなくて、ほぼ1日寝込んでしまいました。お世話になった人たちへお礼のメール打たなきゃと思いながらそんなこんなで出来てません。サテ情報くれた人にも未だに返信しておらず。今日合間を縫ってお礼言わなきゃ。)

いろいろあってちょっと記事アップするのに時間がかかってしまったな。ホームもアウェーもスカスカなゴール裏。それでも最終的には2万越えたんだ。スカスカといえばペラペラを連想してしまうな。先週の京都戦日曜のナイトゲームで1万切ったらしいが、ペラペラ(魔法のペラ紙)まで行ったら最後だな。

なんだかんだ前置きが長くなったが、清水戦行ってよかったっす。最後がヒヤヒヤしちゃってハラハラしっぱなしで、疲れてしまったが、前半から面白いサッカーが見れたよ。

パルちゃん
パル3匹
エスパのホームの試合は初めて行くのだが、これがパルちゃんショーってやつらしい。1回目は見逃して、2回目はなんとか見れました。中の人暑いだろうな。日給いくらくらいなんだろ。にしても「シーチキン」ってw

チアガール
チアガールショーにもパルちゃん合流してた。お茶目でかわいかった。

練習1
練習2
試合開始前。ダ シルバって初めて生でみた。どうやらこんときからお疲れモードでボーっとこの風景見てました。実は国立着く前、この日発売の雑誌がどうしても買いたくて新宿で途中下車して雑誌購入のため新宿を奔走。ぶっちゃけコレで疲れた。そこへもってきて国立内でこの雑誌をガマンできず読んでたんだが、俺ここですっごいアウェー感を感じた。もう回りは全員敵みたいな、気張って読んでたのでゲーム始まる前にすでにグッタリ。でもハーフタイムに鹿ユニ着てナント手首に「PRIDEリング」した女子見っけて、きたぁぁと思ったぜ。あれは間違いなくPRIDEリングだよね?あのブルーのゴムの質感、近寄れないと読めないが「We Are PRIDE」と彫ってある。

PRIDEリング(ブルーのブレスレット。これシウバとかジョシュがつけてるよね。アレ見たとき嬉しかった)
おいらも10日はつけてたよ、外してどこおいたかな。探さなきゃ!!(見つけました。もとあった場所にちゃんと返しておいたぜ!!)ってことで回りは全員敵ってわけではなかったんだな。一人は同志がいたと。といいますか案外鹿の人でもプヲタ、Pヲタがいるのかもしれん。鹿の人(このブログのアクセス解析の結果から管理人が勝手に判断してるイメージであって、実際に自分が知ってる鹿サポのことをいってるわけでないので誤解ないように!)ってどうも選手同様、優等生っていうイメージがあるが、くだけた話を出来る人もいるのかしらね。
先日これに配慮して「巨乳対策バッチリ!!」という記事を書こうと思ってやめてしまったよ。ここで一言断っておいたので、後日書きそうな気もするがな。

ちょっと斜めから鹿を見ていいなら、もっと気軽に鹿記事も書けそうなんだけど。鹿記事で私自身もエエ格好しいにならなきゃいけない分、他のカテゴリーで毒を吐いており(爆)、その分書きやすい方のカテゴリーの記事増えたなぁ。まぁちょっと今日はそっちと少し融合させて書くか。

さぁ、試合の方だが、全然結果期待してなかったのに、好調の清水に勝ったぞぉ。しかもこれまた期待してなかったのに、ゲームが面白かった。最後の方足が止まって攻められていたのはデフォだがな。前半なんて結構面白かった、なかなか点が入らなかったけどそんなにイライラ感はなかった。前半も終わり頃フェルナンドのスーパーゴールが入るんだが、得点が入ったって事より、あのゴールの美しさにシビれましたね。ただ、前半シュート数は少なかった記憶があるが。
そして後半のノザのループもまた美しかった。そして何より、フラッグ振られて良く見えなかったが、得点後ノザがゴール裏を煽っていたじゃない?あれが嬉しかったよ。うん、選手も監督スタッフも、サポーターもみんなで一緒に戦ってるんだ。そういった一体感が出来れば、動員数もまた違ったものになるのではないかな。
新井場さんのルーレットや、ダシルバがボールとお友達やってるの見れたりと見せ場があり面白かったです。

                         
                

続きを読む