2006/10/29
2006/10/23
2006/10/22
2006/10/22
2006/10/12
2006/10/10
2006/10/07

2006年10月

        

リーグ第29節 大分トリニータ戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 10/ 29
                 
Jリーグ第29節 大分トリニータ 2-0 鹿島アントラーズ
2006年10月29日(日) 九州石油ドーム 15:05キックオフ/28,690人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 新井場 徹、岩政 大樹、大岩 剛、ファビオ サントス
MF 青木 剛、中後 雅喜、野沢 拓也、本山 雅志
FW 深井 正樹、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 名良橋 晃、羽田 憲司
MF フェルナンド、興梠 慎三、ダ シルバ
FW 田代 有三

【得点者】 15分 松橋章太、71分 高松大樹(以上、大分) 
【交 代】 45分 本山→ダ シルバ 、45分 ファビオ→フェルナンド、45分 柳沢→田代

オイオイ、これで4連敗かい。
試合終わってからのメール見て相手の2得点と結果見て疲れてしまった。
しかし、スタメンいじりすぎでは?ベンチにも入らなかった大岩がスタメンだし、ベンチだった新井場を戻してみたり、篤人が代表でいないからナビに備える意味でもいろいろと試していたんでしょうが、どれが今の鹿島のベストメンバーなのかよくわからん。今日はアレックスも温存してたし、厳しい戦いになるのは予想してたが。

連敗中でもあと少しでナビの決勝なわけで、昨日総武線に乗ったらナビスコ電車だったので思わず撮影してしまった。

ナビスコ総武線

片面が鹿島、もう一方が千葉。選手の背番号にそれぞれ違った言葉が書いてあった。天気も持ち直すようだし、何も考えずスタジアムへ行ってみるか。
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

増田誓志と鈴木隆行

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 10/ 28
                 
ちょっと作業の合間に鹿島記事を。

この間のU-21の試合で増田誓志がアシストしたとか。試合自体は見てないんだが、スポナビなんかの記事みると、アシストしたからだろうが、彼のコメントもあり、なかなか良いゲームだったようだね。
鹿島ではボランチでの出場が続く増田ですが、彼はもうひとつ前で使ってみてほしいなぁ。

そして、最近この増田誓志というキーワードでの来訪者も復活し始めキーワードを眺めていたところ、『鈴木隆行』も多いではないか!

レッドスターの鈴木がフル出場 積極的なプレーに好評価=セルビアカップ

得点はなかったものの、評価はいいみたいで。ただしこの試合が今季の公式戦初めての試合だっていうがなんとも・・・厳しい状況が続いてるんだね。この日も2回ほどチャンスがあったそうなんだが、どうやらはずしたみたいですよ。守備面でも頑張ってたっていうのが、隆行さんらしくて微笑ましいのだが。こんな状況で来期の契約は大丈夫なのか?

さて、明日の大分戦はいけませんが、ナビスコの決勝は行きます。といっても事情があり、かなりムリしての参戦となってしまいました。その次にスタジアムへいくのはいつになるかもわかりません。
                         
                

続きを読む

                 
        

リーグ第28節 横浜マリノス戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 10/ 24
                 
Jリーグ第28節 横浜マリノス 2-1 鹿島アントラーズ
2006年10月21日(土) 日産スタジアム 14:04キックオフ/24,333人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 名良橋 晃、岩政 大樹、青木 剛、ファビオ サントス
MF 増田 誓志、フェルナンド、野沢 拓也
FW 深井 正樹、本山 雅志、アレックス ミネイロ

【控え】
GK 小澤 英明
DF 新井場 徹、羽田 憲司
MF 中後 雅喜、興梠 慎三 
FW 柳沢 敦、田代 有三

【得点者】 6分 坂田 大輔、18分 山瀬 功治(以上、横浜)、29分 深井 正樹(鹿島) 
【交 代】 68分 本山→興梠、72分 増田→田代、83分 アレックス→柳沢

この試合テレビ観戦だったのですが、実はほとんど見れませんでした。テレビはつけてあるものの、途中から出かける支度などをしてたもので。それでも前半はわりとちゃんと見れたかな。

前回の千葉戦で4失点の上、無得点ということでよっぽどひどいものを想像してたので、実際久しぶりに見た鹿さんたちは、そうでもなかったような印象を持ちました。

この日もユルユルな守備をつかれ早々に2失点。得点力があるチームってわけではないので、この早い段階での2失点が効いてしまいましたね。深井のゴールはちゃんと見れました。きれいなゴールじゃなかったけど、まず1点返すんだ!って深井の思いが伝わってきていいゴールだったと思います。その後自らボールをとって走る深井。

今週は大分戦、来週はいよいよナビスコカップの決勝戦です。チーム事情は決してよくはないが、1発勝負なので下を向かずに希望を持って臨みたいところ。できれば大分戦で久しぶりに勝って、そのままいけるといいんだけどね。

本当はビデオに録画してあったやつをもう一度少しでも見直してから書こうと思ったが、自分の時間があまりなく、待ってると次の試合がはじまっちゃいそうなんで見ずに書いた。サッカーは試合数多くて、個人的には連続ドラマみたいに思ってて、最近試合がみれてない自分としては、その一部を切り取ったような横浜戦の感想は、悪くはないけど、決して良くもなかったというものだったのである。
                         
                                  
        

男祭りで地上波復活か!?

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 24
                 
しかし、佐藤ディレクターでの検索多いですね。サイドバー下のほうのtrackwordでもキーワードの中に佐藤さんの名前が・・・

オフィシャルでも昨日男祭り開催が正式に発表されましたが、ここへきて代表の口から地上波について具体的なコメントが発表された。

PRIDE大みそか男祭りで地上波復活?(日刊スポーツ)

地元紙最大手の「ラスベガス レビュージャーナル」が、スポーツ欄で大リーグのワールドシリーズに次ぐ大展開。カラーで1ページの約7割を割き、ヒョードルの圧勝劇など大会を詳報した。

AP通信も今大会を世界に打電するなど、知名度は飛躍的に上がった。そんな追い風を受け、この日会見した主催のDSE榊原社長は、日本での地上波テレビ放送再開に動いていると明言。「複数のテレビ局と、大みそかに行う男祭りの放送を交渉中」と話した。00年から全国放送していたフジテレビ系列とは、今年6月に契約が切れた。以来、スカイパーフェクTV!のPPVでのみ放送してきた。関係者によると現在は3社と交渉中。11月10日をメドに結論を出すという。


私の勝手な推測ですが、この3社はフジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日ではないかと思う。以前から日テレとテレ朝の噂はあったし、代表はフジでの復活を一番望んでいるはずなので、フジともなんらかの形で交渉してるのではなかと。この中でフジは妄想がかなり入ってますが(苦笑)。日テレ、テレ朝だったら個人的にはテレ朝がいいなぁ。いずれにしても、おおみそかの「男祭り」で地上波復活の可能性が大きくなってきました。

PRIDE タイソンとダメ押し交渉(スポーツナビ)

大みそかという視聴率戦争を背景に、興味を示している民放は確実に存在している。
 地上波復活へ、カギを握るのがタイソンだ。榊原社長は「本人が大みそかに間に合うかがカギ。タイソンが出れば地上波の復活という悲願に近づく」と位置づけた。


榊原さんがここまでタイソンにこだわってるのって、地上波獲得に大きな影響を及ぼすからってことはわかるんですが、これもまた妄想になりますが、タイソンが出るならフジで復活の可能性がありってことなんですかね。先ほども書きましたが、DSEとしては局の中ではフジにこだわりがあるだろうし、フジが再開(男祭りだけの単発なのかは知りませんが)の条件に”タイソン”を持ち出しているなら、ここまで現役選手としては魅力のないタイソンにこだわる理由がわかる。他の日テレとかテレ朝はタイソンに対し、そんなに執着しなさそうな印象を勝手にもってるので。

さて、来年のラスベガス大会ですが、ヒョードルの対戦相手として、あのガードナーの名前が浮上してます。

レスリング王VSヒョードル浮上(スポーツナビ)

00年シドニー五輪グレコローマン130キロ級で、13年間無敗で人類最強と呼ばれたカレリンを下したガードナーは、04年男祭りでPRIDEに初参戦して吉田に判定勝ち。以後は試合から遠ざかったが、21日のラスベガス大会では出場候補に名前が挙がっていた。

 ガードナーはヒョードルから対戦を熱望されており、次回の第2弾興行ではミドル級王者シウバの防衛戦と、ガードナーVSヒョードルが話題を集めることになりそうだ。


今年の男祭りはどんなカードが並ぶんでしょうか?こちらも気になりますねー。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

PRIDEラスベガス大会大成功!

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 23
                 
今日は佐藤D関係のキーワードでのお客さんが多いですね。皆さん気になってるんだね。さっきフジ撤退前の佐藤Dの記事などを読んでいました。佐藤Dの写真つきですがこちらへは載せません(苦笑)。噂が本当なのかどうか、来月の武士道でわかりそうですね。それまでとっても気になるけど静観しましょう。

さて、昨日のベガス大会ですが、概ね評判が良いみたいですね。海外のサイトのファンの声を拾うと、意味のないカードだったせいもあるのか日本のファンと同様な評価をしてる人もいました。面白かったのはPPVを初めて見た人が巻き舌レニーさんのコールが印象的だっていう意見。そうだよね、初めて聞いたら「こりゃなんじゃ!」って思うよw

ベガス熱狂!初進出大成功
大会前から特集を組んでくれていたらしい、日刊スポーツの記事。

会場には超満員1万1727人の大観衆が詰めかけた。総合格闘技は米国ではUFCが最大手。しかし、予想以上にPRIDE人気は高かった。ヒョードルの入場では会場総立ち。試合中には地元のコールマンではなく「ヒョードル・コール」がわき起こった。「UFCの選手はB級ばかり。PRIDEでは通用しないよ」と、あるファンは話した。
初の海外興行は旗揚げ10年目を迎えたPRIDEの集大成だった。約3年に及ぶ交渉を経て、00年から米国でもテレビ放送を開始。ファン層を開拓してきた。今大会は過去最高額の演出費5億円を含む、計30億円を費やして準備してきた。スタッフも日本から300人が渡米。団体の命運を懸けて勝負した成果が、見事に表れた。
----中略----
DSE榊原社長も「UFCとは交流した方がいい」と話し、今日23日にUFCに正式にオファーを出すことを明言。


いやぁ日本での地上波放送がなくなったてーのに、ずいぶんと景気のいい話だね。今大会で米国のスポンサーは3社、新たに10社が名乗りを上げてるという記事があったが、ルール変更、カードのショボさがあったとはいえ、初の海外での大会大成功といっていいんでしょうな。

sakakibara

一夜明けの会見での榊原代表のコメントの中で地上波にふれてる部分があったけど、どこかと具体的に交渉してるのかな。そんな噂もチラホラと聞こえてきますがどうなんでしょう。

タイソンとPRIDEのコラボレーションを、12月31日を皮切りに始めていければと思っていますし、それにより地上波での放送や、中国と埼玉スーパーアリーナの2会場同時開催など、大きな枠組みでイベントを実現させたいと思っています。
---中略----
対戦相手に関してはまだ未定ですが、もちろんPRIDEを代表する選手にしたいと思っています。地上波での放送があるようでしたら日本人選手、そうでなければ、アメリカのファンにアピールできるような相手を選ぶことになると思います。
(スポナビより抜粋)

大成功!PRIDE本格世界侵攻だ
そして、デイリーの記事にはエド・フィッシュマン氏の紹介とコメントも。

大会誘致に尽力した「PRIDE USA」のカジノ王エド・フィッシュマン代表(63)は「PRIDEがラスベガスのエンターテインメントを一つ増やした」と絶賛した。
フィッシュマン氏は米ラスベガスでカジノやホテルを経営する「ハラスグループ」の会長で、マイケル・ジャクソンら世界のトップスターとのホットラインを持ち、これまで各種エンターテインメントを成功させてきた世界的な大富豪。


今までPRIDEのサポートしてくれてるオジさんってイメージしかなかったのだが、大会前日の会見ではDSE USAのプレジデントって紹介されていたね。

そして、気になる来年のPRIDEの予定だが・・デイリーにはさらに

榊原社長は「今回はプレゼンテーション。ラスベガスだけでなく、カリフォルニアを中心に西海岸で定着させたい」と全米進出の野望を募らせ、「GP、武士道、ナンバーシリーズを整理したい。各大会にタイトルマッチを入れる」と、世界仕様へと脱皮を図るPRIDE改革案を語った。

今までのようにGP、ナンバーシリーズ、武士道ではなく、来年からは従来のGPではなくタイトルマッチに比重を置いた大会になるのかな。かねてから一部のファンの間では、ナンバーシリーズと武士道の統合をなんて意見もあったので、来年はPRIDEの新たな章が始まることになるのかもしれないね。

※地上はについては今朝こんな記事が

【PRIDE】タイソン参戦と大みそか地上波放送のセットが悲願

大みそかの「男祭り」(さいたま)地上波放送に関して、民放キー局との交渉が大詰めに入っていることを示唆。「タイソン(参戦)と大みそかの地上波放送とのセットが悲願。11月10日までには結論を出す」と、同社長はプロボクシングの元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン(40)=米国=の参戦を条件とした。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

PRIDE.32 The Real Deal

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 22
                 
PRIDE “THE REAL DEAL”
Saturday October 21, 2006/18:00 start
Thomas&Mack CENTER/USA
PRIDE.32 The Real Deal
2006年10月22日(日)10:00開始(日本時間)
トーマス&マック センター(米国)観衆:11,727人

※日本とのルールの差もあり、やや消化不良気味の大会でしたが、初めての海外での開催、お客さんの入りや、盛り上がりを見てもまずまずではないでしょうか。すでに来年の2/24にナンバーシリーズの33として、同じトーマス&マックセンターでの開催が決定したようですし、前日の公開計量には2,000人が訪れたと言われているので、今後に繋がる結果になったのではないでしょうか。日本ではPPVの他に、全国10ヶ所でのパブリックビューイングもあったんですが、そちらの入りはどうだったんでしょうか。
オープニングが始まる前にネバタ州のアスレチックコミッションの人たちも紹介を受けてたんだが、これに観客がブーイングを飛ばしてたよ。
realdeal1
アメリカの実況席。日本側は実況:矢野さん、市川さん、解説は高阪さん。本部長はいなかった、と思ったらリングサイドでシウバの横で観戦してた。試合開始前はさすがにお客さん少なかったですね。アメリカでは第1試合からちゃんと見る習慣がないようですが、せっかくの機会なのでこれはもったいなく思えちゃうんだけど。

5億円かけたといわれる演出面にちょっと注目してみました。こちらはオープニングのVが終了し、いよいよ全選手登場の場面です。もちろんPRIDEのテーマ曲が流れました。試合終了後の音楽もVICTORYだったし、選手退場の音楽も日本と同じだった。
realdeal2

realdeal3

realdeal4
選手登場前。火薬の量がかなり大目。個人的には画像は地図になってますが、このネットLEDに流れたPRIDEのロゴの感じがカッコよかったです。その後左右に第一試合から順に選手の画像が流れていきます。
realdeal5

メインのヒョードルまでが登場し、最後の部分。リング3ヶ所からこのように爆発。

第1試合
                        Winner
ジョーイ・ヴィラセニョール  VS    ロビー・ローラー
JOEY VILLASENOR            ROBBIE LAWLER
1R 22秒 TKO
realdeal6
煽り映像は思いっきりアメリカ仕様。スカパーではこのように字幕がありました。
realdeal7
最初の試合から、あっという間の決着。ローラーの左ヒザが入り
realdeal8

パンチの連打ですぐにレフェリーが試合を終了させる。ローラーは武士道あたりでまた見てみたい。

第2試合
Winner
中村和裕           VS     トラビイス・ガルブレイス
NAKAMURA KAZUHIRO         TRAVIS GALBRAITH
2R 1分16秒 TKO ※レフェリーストップ

公開計量や会見などで、意外にカズ人気あるなと思った。この日はドンペンくんたちのパフォーマンスはなしでした。しかもこの試合だけ、煽りのVがナシ!これは急遽対戦相手が変更になったため、間に合わなかったのか!?ドタバタ感が伺われる。

realdeal9
カズのこの左フックからダウンを奪い
realdeal10
ここで一気にやっちまえよ!と思ったのだが、決めきれず。そのまま1Rが終了する。もしかして、この相手に判定までいってしまうのかとの思いがよぎる。
realdeal11
そして2R相手のスタミナが切れ始めてきたかんじか?相手が攻めてきたときのスキをみてヒザを入れる。これが効いてしまい、ガルブレイスはダウン
realdeal12
すぐにカズはパンチを打ち続け試合終了。
この間の中尾”KISS”芳広戦がひどかっただけに、キッチリ勝てたのは良かった。今日のカズは前へいく姿勢がみれた。

第3試合
                        Winner
西島洋介          VS      フィル・バローニ
NISHIJIMA YOUSUKE           PHIL BARONI
1R 3分20秒 TKO ※レフェリーストップ

realdeal14
まだPRIDEで勝ち星をあげていない西島。西島は打っていこうとするがバローニがタックルからダウンを奪うと、グラウンドへ持ち込む。
realdeal13
以前よりはグラウンドでの防御が出来ていたように感じたが、バローニにいいようにやられる。腕をかなり危険な角度で曲げられても、なかなかギブアップしなかった姿に気持ちを感じたが、最後はストップをかけられてしまった。これで4連敗。もっと対策を練らないと総合での白星は厳しいのではないだろうか。

第4試合
Winner
ダン・ヘンダーソン      VS     ビクトー・ベウフォート
DAN HENDERSON             VITOR BELFORT
判定 3-0
realdeal15

realdeal16
さすがに4試合目となると米国版の煽りVにも慣れてきた。この画像から日本との違いをわかっていただけるかな?日本に比べると勇ましい感じだ。
realdeal17
ここでリングアナウンサーがケイ・グラントさんからレニー・ハートさんへ交代。普通にリングアナしながら、選手が入場するときにいつもの巻き舌でコールするレニーさん。

realdeal19
スタンドから早い段階で、グラウンドへ。
realdeal18
この試合だけ唯一、判定になった。終始ヘンダーソンペースで、ビクトーは自分の試合が出来なかった悔しさからか、試合終了後はしばらく頭を上げれず、ガックリした様子。この試合でなんとビクトーコールが。アメリカ人のダンヘンよりビクトーの方が人気があるのか。
                         
                

続きを読む

                 
        

心穏やかでない土曜日

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 22
                 
今日は書かないつもりだったのに、なんか前日でいろいろと動きがあったので書いちゃいます。

まず昨日書いたマーク・ハント欠場の噂ですが、やはりそうでした。なんでもビザが発給されなかったとか。代わりはショーン・オヘアだった。なんかもうどうでもいいやってかんじっすね。

そして、公式BBSにあったんですが、フジテレビで放映してたとき煽りVなどを担当されてた佐藤大輔氏が来月の武士道から復帰とか!?現地からのレポでBurningSpiritさんに出てました。
これによると「地上波については現在探してます」との事なので、佐藤Dはフジを退職したって事でしょうか?フジ撤退後自分的に一番イタかったのは、煽りVの質の低下だったので、もしこれが本当なら嬉しいですが。

今日は前日計量が公開されたようですね。そのまま公開記者会見に突入したもよう。

エド・フィシュマン氏
PRIDEのアメリカの父・エド・フィシュマン氏

PRIDEの全米進出に大きな役割を果たしたフィッシュマンさん。シーザースパレスを紹介してくれたのもこの人だよね。シーザースパレスは8月の武士道12からスポンサーになってくれています。

以下はエドさんのコメント

「少し、私とPRIDEとの歴史を説明させてください。今から3年半から4年前に仕事で東京へ行ったとき、東京ドームに招かれたことがありました。私はそのとき、そこで何が起こるのかまったく知らなかったのですが、7万以上もある席が埋まっており、外にはまだたくさんの人がチケットを求めて待っていたのです。そしてそこで起こったことは、素晴らしいの一言でした。それは、単なるMMAのイベントではありませんでした。疑いなく、これまで観た中で最高のアスリートたちの集ったMMAでした。そして、イベントそのものがエンターテインメントとして素晴らしかったのです。私は、これまで35年間に渡ってテレビ、コンサート、映画などのエンターテインメントビジネスに携わり、さらには7つのカジノを経営しています。ですから私は、PRIDEがいかに素晴らしいイベントかがすぐに分かりました。そして、このような素晴らしいイベントを、是非ともラスベガスで開催したいと思ったのです。
 それから数年にわたって榊原社長と話し合いを進め、何度かの日米の行き来を経て、ついに、この日を迎えることができたのです。
 明日は、この国で二つの大きなイベントが行われます。一つは、野球のワールド・シリーズ。そしてもう一つは、総合格闘技の真のワールドシリーズです。」

(写真とフィッシュマン氏のコメントはスポナビより)

格闘セレブ

アメリカの格闘セレブたち
公開記者会見inベガス

この間の公開スパーに続き、この会見でもヒョードルの人気が高かった。今回は公式には各選手の動画がなかったが、sherdogに計量、会見の動画があった。意外なことに中村和裕にもかなりの声援が・・・カズはがんばって英語で挨拶してんね。途中でメモ見ながら言ってるが。
そして、試合には出ないがミルコ・クロコップも行ってるらしい。近いうちに左足甲のけがの手術をするらしいので男祭りは出ないのかな。

公開計量の動画

記者会見の動画

いよいよ明日の10:00、ラスベガス大会が始まる。やっぱり楽しみだ♪では、明日に備えてもう寝よう。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

昨日は嘘を書いてしまいました・・・

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 21
                 
今日はちょっと胃酸過多気味で胃が重苦しいので、いつもの自然療法の自家製のお酒を飲みながら書いてます。また話が飛んだり脱字があるかもしれません(爆)

さて、昨日はあんな投稿をしたあと、睡眠時間を少し削ってネットをしてました。スポーツ系サイトをまわってしまった。趣味系のサイトばっかりみて、書いたことと全然違う行動を早速とっていた私。

明日は鹿島の横浜戦です。以前も書いたとおり夕方からお勉強会へ行くためテレビ観戦、しかも調べたら何気に行くまでに時間かかりそうなんで途中までしか見れなさそう。。。録画しながら見るつもりだから、帰ってからチェックですね。

ちなみに明日は総武線を利用する予定ですので、

ナビスコ仕様の電車に乗れるかもしれません。


そして日曜日はいよいよam10:00~ラスベガス大会が始まります。またPPV買えないとかあるかもしれんが、一応リアルタイムで見る予定で予約をかけてます。エラーが出たらなんとかして2時間後のタイムシフトの放送をみるつもり。頼む、なんとかエラーでないでくれ!

この大会についてはいろいろと書いてきましたが、やはりすごく楽しみです!!昨日あたりからしっかりと情報チェックし始めたら、もう早く見たくなってしまった。テンプレートもラスベガスの夜景を連想させるものに変え始めました。しかし、初めての海外での興行、しかもコミッションがうるさいアメリカでの大会。直前までいろいろあるようで・・・

ハント、ジョシュが欠場の可能性ありとか。コチラにでてました。その後なんとかジョシュは薬物検査をパスし無事でれるようですが、ハントの方は厳しそうですね。PRIDEの映像製作をやってる会社のブログでも意味深な発言が・・・代打はガードナーなんでしょうか。巨漢対決それはそれでちょっと見てみたかったりしたんだけどねえ。

あとSHERDOGでヒョードルの公開練習&インタビューの模様が。固まりやすいですが、何度も再生ボタンを押せば見れます。いよいよってかんじがしてきましたね。明日は普段通り、出場全選手のインタビューがオフィシャルに載るんでしょうか。

公式ブログで見たんですが、サイカンがベガス大会のスポンサーになったとのこと。コチラの記事だと、来年は韓国での大会実現の可能性ありのようだ。

格闘技・プロレスの携帯サイトKamiproHandで、マーク・コールマンのインタビューが出てたけど、なんかあれ読むとコールマンも応援したくなっちゃうね。この試合にかける熱い思いが伝わってきてさー、がんばれって思うよ。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

そろそろ移転して1年か

category - 雑記
2006/ 10/ 19
                 
1年って早いもんだね。今度の22日でFC2へ移転してから1年かぁ。あっという間だったな。一応まだ閉鎖してなくて、今でも前のブログからこちらへ流れてくる方がいるのだが、久しぶりに以前のブログ見てみたけど、セレーゾが勇退を発表したくらいだったんだね。

あの時は格闘技系のエントリーをとってなかったので、旧ブログから流れた人はびっくりするかもしれんが。この新カテゴリー開設も約11ヶ月程前の話なんだよね。前のブログはテンプレをここまで変えなかったからかちゃんとページランクも表示されてるね。ここは短期間で変えすぎなので、旧ブログと同じくらいあるのだが、表示されなくなった。

ケビン・ランデルマン「地獄からの生還」
闘病生活にはいっていたことは知っていたが、本当に大変だったんだね。それだけに最後のファンへ向けたメッセージが心に響く。1年間の闘病、一言で言っちゃえば簡単だが、実際本人にとっちゃ表現しきれないくらいの苦しみ。

最近の私ですが、オンラインでの生活は検索から行くHP系が多く(真剣な調べものが多い)、去年旧ブログを書いてたときよりガクンと趣味の時間に費やすことができる時間が減ってしまった。こちらの趣味系ブログはね、まず書く前に「公式ありき」と思っているので各公式(ってか大体一つか二つしか見れませんが)のニュースをチェックして、記事書けばそれだけで結構時間食っちゃうもんね。まぁ、そのうち少しは時間に余裕でるでしょうから、またその時は旧ブログみたいなネタを書いてみるかね。でも、そのころはオフシーズンに入っていたりして・・・

そうそう、そんな調べものをしてる中で、すごく役に立つとか、この人すばらしいなぁと思うサイトやブログに出会いましたよ。ほとんどがサイトだけどね。やっぱああいうシリアスなやつはブログでやるにはちときついかも。本当に参考になるから、ページビューも1,000以上いってたりするんだね。皆さんも、趣味系以外のサイトでこういうのに出会うでしょう。一般の人が書いてるのにすごく有用なものがあるので関心させられます。後は実際にその道のオーソリティな人のサイトとか。

いろいろと考えさせられたが、ここはスポーツ系の話題ばっかなので、他で学んだことを活かそうかしら。人の役に立ちそうな真面目な話題をここに書くのもなんかねぇ。ここは軽めで楽しく、時にはくだらなくていい。大の大人が何でも真剣にやるのが・・・ってどっかで聞いたようなセリフだな。
                         
                                  
        

菊田早苗がウェルター級転向へ

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 17
                 
いやぁ、もうだいぶ前からこの人いつ試合するんだろうと思ってたんですが。
GRABAKAの首領・菊田早苗が去年の男祭り(対滝本誠)以来のPRIDE参戦。しかも今回はウェルター級での出場ですって。現在90キロくらいなんだけど、もう一気にー83キロまでもってくらしいですよ。この減量が吉とでるのか凶とでるのか、当日はかなり絞れた菊田が見られるんだな。ただ締まった菊田ってなんかイメージわかないんだけど。菊田が『武士道』っていうのも、これまたイメージわかない。

しかも対戦相手が先日パンクラスの近藤さんが引き分けてしまった相手。ライバル近藤さんが引き分けた相手と戦うなんてちょっと楽しみである。でも菊田は(対戦)相手より、体重が不安といってるように、約3週間での減量が悪い結果に出なければいいが。今までハンパな体重で戦ってきて、最近はボクシングをやってることもあり、体重を落としスピーディーな戦い方ができるのではないかと語っていた。

菊田の武士道参戦については、三崎は現在渡米してるらしく、セコンドについてくれると思っていた郷野はシブめの反応だったようだ。11/5はGRABAKA3人が揃い踏みで、層の厚さを見せ付けたいということだ。

そしてパンクラスの吉田前田も武士道参戦が決定。この人どうも今の会社の新人君に似ててさー。

あとは、石田くんも連続参戦。今までレスリングに頼りすぎてたと言っていて打撃を特訓してるらしい。手ごたえを感じてるようだし、この間のすっきりしない勝利もあったので、今度は快勝したいところ。

最後に今日地味にベガス大会の中村和裕の対戦相手が変更になっていた。なんでも二重契約が発覚したからだとか。なんじゃ、そりゃ。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

鹿島、プライド、ハスハス

category - 雑記
2006/ 10/ 16
                 
ただ書くテーマだけ連ねたなんのヒネりもないタイトルです。
鹿島のこと、Pのこと、ハッスルのこと、おまけで「ひげガール」。

今日は来月の武士道の日本人3選手を含む記者会見がありましたが、動画にして6本、時間がないので明日以降にまわす。書かない可能性もありますが(汗)。また1本が長そうだしな、かといって長文のテキスト読むきもせん。そしてテンプレを変えて3カラム化したが、時間がないので余白などキチンとはなってない。IE環境しかチェックしてないので、Firefox、Macはカラム落ちの可能性あり。
じゃあ独り言いってみよう!

□鹿島
いやぁトップの完敗試合の後(効率よく犬さんが勝ったようだが)、翌日のひたちなかで行われたサテライトの新潟戦は快勝でしたね♪サブはユースばかりの(首藤除く)若鹿たち。これ行った人たちはさぞ癒されて帰ってきたことでしょうね。DFハネがハットトリックの活躍。うち2点はセットプレー、あとはPKだったようですが。そして興梠も2ゴール。6-1なんてスコア、トップじゃ見れないもんなぁ(苦笑)。
ただ後藤がイエロー2枚で退場。彼ってなんかよく退場してるイメージが・・・この日も得点してるんだけどね。DFは層が厚くはないので、ハネも後藤もがんばってほしいんだが。

この間の千葉戦の記事でスコア書いてなかったな。よっぽど忘れたかったのか?一応地味に書き足しておきましたが(爆)最近大岩さんがベンチにも入ってないのが気になります。

昨日せっかく鹿島の記事書いたのに、今日の人気ページは「格闘技・プロレス」だってさ。記事ってかカテゴリーでとっていってるから1記事じゃないんだけど。昨日なんて「褌兄弟」だよ。いつの記事だって話だ。確か3月くらいじゃないのかな。

さて、次の相手は横浜@日産ですが、管理人行けそうにありません。仕事関係のお勉強会へ行く予定なので。でもなんとかテレビは見れそうなので、久々にテレビでの観戦はするつもりです。

ところでドリコムってあまり調子よくないのかな。ライブドアブログと相性がよくないのか、選手ブログの更新が反映されてない。結構みんなマメに更新してるのに・・・


□PRIDE
今週末はいよいよラスベガス大会なのだが、全然自分ン中で盛り上がってない。ってかPPV買うと思うんだが、3,150円が高くかんじるよ・・・
なんだかあれだけ大口叩いておいて、このカードとはな。見たいカードはないけど、雰囲気だけ見てみたい。DMMや、あっ!とおどろく・・じゃ煽りVも入場シーンもオープニングも見れないから、仕方なくPPV観戦するってかんじやね。来月の武士道の方が見てみたいよ。

□ハッスル
不評だった大阪大会はパス(公式の動画で見ましたが)して、名古屋大会はPPV観戦をいたしました。この日のMVPはRGやね。「痛みの伝わるプロレス」がちゃんとできていて、よかったよ。入場したときに左太もも(だっけかな?)が赤くなってて、エプロン下に落ちたとき背中にサポーター(包帯みたいなやつ。シップか?)してたから、あぁ、この日の為にがんばって練習したんだなってわかったよ。よくぞ見せてくれたね。またそれをサポートしたレスラーたちもよかった。黒田の哲っちゃんは大好きな選手の一人なんだが、観客の煽り方うまいですね~。
まぁちょっとグロくてひいてしまった、大阪大会は反省してもらって、これからもハッスルは明るく楽しくやってほしいです。

☆夜の歌舞伎町で「ひげガール」の看板を発見!
先日おもいがけず「ひげガール」の看板を見た。確か黄色地に赤か黒字で”ひげガール”と書いてあった。

今から11ヶ月ほど前のことである。スポナビの記事の下のほう、出場予定選手欄に注目。

当時大ブレイク中だったレイザーラモンHGの対戦相手の候補の中のひとつだね。なつかしい。結局ひげガールも、ノンケマグロンも堂山金四郎もでず、無難なKOSHIKARIという狩族のひとりに落ち着いたわけだが。
※誤「狩族」→「刈族」正
いやさ、腰振り(HG)の腰を刈るわけだからね。


ひげガール・・・
心の中でつぶやいてみる、うーんいい響きだ。

で、結局ひげガールって何の店だったんだろう。さすがに怖くて近寄れなかったが・・・
                         
                                  
        

リーグ第27節 ジェフユナイテッド千葉戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 10/ 15
                 
Jリーグ第27節 鹿島アントラーズ 0-4 ジェフユナイテッド千葉
2006年10月14日(土) カシマサッカースタジアム 15:04キックオフ/15,315人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 新井場 徹、岩政 大樹、青木 剛、ファビオ サントス
MF 中後 雅喜、増田 誓志、野沢 拓也、本山 雅志
FW ダ シルバ、アレックス ミネイロ

【控え】
GK 小澤 英明
DF 羽田 憲司、内田 篤人
MF 興梠 慎三 
FW 深井 正樹、柳沢 敦、田代 有三

【得点者】 9分 、21分、51分 阿部 勇樹、78分 山岸 智(千葉) 
【交 代】 45分 増田→柳沢

昨日は行くつもりでいたけど、水道の修理・工事を依頼したため行かなかった。行った人には「来なくてよかったよ」と言われた。自分でもそう思う、風邪気味でもあったしムリしていく必要はない結果・内容だし。少しは行けなくて悔しい!って試合にしてくださいよ。でも、すぐに工事来てもらえて本当に助かったわ、夕方から夜にかけて工事してもらったおかげで出かけるのが遅くなり、朝帰りになってしまいましたが。居酒屋のクーラーもろに受けてちょっと声がおかしくなった、それでも4時間寝て、洗濯と掃除ほぼ終了。やらなきゃいけないことを終わらせたら、あとは読書でもするかな。

しかし、情けない・・・
昨日観戦にきたレオ様のコメント

「今日、鹿島スタジアムに来ることができたことをとても嬉しく思い、感動しています。しかし、正直に言わせてもらうと、あまり気に入った試合ではありませんでした。アツイもの、伝わるものがかけていました。ここには思い出が詰まっています。私が鹿島を去って10年。私がいた頃は常勝軍団という自信を持ってプレーしていました。鹿島のアイデンティティを取り戻してほしいと思います」

まぁ変わり果てた鹿の姿みてビックリしただろうな。
千葉戦どんな内容だったか少し教えてもらったが、もう何も言う気はないや。

ところで、昨日はなんで交代枠ひとつしか使わなかったのだろうか。

※今日のサテ、新潟戦は前半3-0アントラーズリードで折り返してるようですね。最終的には6-1で勝ちました!ハネケンがハットトリック!PKあり、足でのゴールもあったようです。サテ行った人は楽しめたのでは?
                         
                                  
        

バタバタした1週間が終わった

category - 雑記
2006/ 10/ 13
                 
3連休明け、ドタバタとした1週間がやっと終わった。
実は今日、自宅の水道が出なくなるという緊急事態に陥ってしまい、まぁイライラしたこと。
今朝気が付いて、午前半休か、有給もらおうか迷ったんだが、今日どうしてもやらなければいけない仕事があり、不安を抱えたまま会社へ。

仕事の合間に修理やさんとかいかれちまってるであろう水道ポンプの仕組みとかネットで調べたんだが、外出もありうまく調べきれなくてねぇ。それでも心配で定時で帰り、途中ミネラルウォーターを何本か買い帰宅。

水道の蛇口捻ってみたがやっぱダメでした_| ̄|○
増圧ポンプ使用してるから1Fならなんとか使えると思ってたんだがな。
全フロアのトイレはかろうじて使えるものの、それ以外の水がでない・・・まぁトイレ使えるだけいいと思うか。

先ほどダメ元で風呂の蛇口捻ってみたら1Fはほんのわずか水が出たのでそのまま開きっぱなしでいたら、なんとちゃんと水が出てるではないか!あわてて給湯器のリモコンONにして、お湯にしたが。そしたら今まで出なかった他のフロアの水も出たぁ。といってもその後は出たり出なかったり出修理を頼む必要はありだが、なんとかそれまでだましだまし使えばもちそうだな。良かった。

あぁ、今週は他にスカパーのPPVがいきなり買えなくなるというアクシデントもありこういった家電(といっていいのか)に悩まされ続けた1週間だった。これもいろいろ四苦八苦して、なんとか買えた。スカパーやメーカーなどに問い合わせしつつ、ネットでも調べたが、結構同じようにある日突然買えなくなる人が結構いるんだね。

うちはある設定を変えたらOKだったんだが、これの意味が分からない。メーカーにダメ元でそれをやるくらいしか方法がないですと言われて、ムダだろうと思ってやってみたらアッサリ直った。そこにいきつくまでに本当に手は尽くしすぎるほど尽くしたので、なおったときはドドッと疲れがでたね。だいたい夜から番組が始まるからエラーになってもその場で問い合わせの電話できないのがつらいね。

今日はそんなこともあり粗食だったがこれがまた美味しくてね。
最近白米に雑穀等を混ぜたものを食べてるんだが、これに質素な純和風のおかずだけ。でも、最近はこういった昔の日本人が食べてた食事をとるようになって、おいしいなぁと思いながら食べてるので吸収や消化もいいんだろうな。

いろいろトラブルがあったが、だからこそ当たり前な生活に感謝の気持ちがより一層わいた。こういう感謝の気持ちが自然と出てくる生活っていいなと思いますね。

                         
                                  
        

ハッスル20

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 12
                 
■ハッスル20
2006年10月9日(月) 愛知県体育館
17:00~ 観衆:7,809人

エイドで生まれたエスペランサー


エスペランサー名古屋に降臨


エスペランサー登場

ハッスル・エイドで生まれたエスペランサーが名古屋大会に登場し、マニアでの対戦相手にHGを指名した!

名古屋といえば東海テレビのハスハスがなくなってから初めての大会だったんだね。
だからオープニングでGMWが「大人の事情で地上波はなくなったが・・・」って言ったり、総統も

GMW開会宣言
20061009総統

「ハッスルの地上波放送を終了させておきながら、『やっぱイチバン』とか言っちゃってる、某テレビ局、こんの野郎~っ!放送再開してよ」

なんて言ってたのか。

実況席
9月シリーズより馴染んでいた、サポーター二人。東スポの平塚さんも先月に比べると二人に対してのタジタジ感はない。

第1ハッスル
ハッスル仮面レッド          ハッスル仮面 イエロー ○
× ハッスル仮面グリーン   VS  モンスター仮面ブラウン
4分54秒 空から黄色がふってきた!モンスターバージョン
green20061009
地球に優しいハッスル仮面グリーン
yellow20061009
ビターンを受けたハッスル仮面イエロー

第2ハッスル
×  \(^o^)/チエ  VS “brother”YASSHI with TARU ○

この日は石井千恵改め \(^o^)/チエ(バンザイチエ)が地元でデビューした。

吉田沙保里

レスリングメダリスト

彼女のお友達、レスリングの吉田沙保里や伊調姉妹もオープニングハッスルに参加してた。

レスリングメダリストたち

応援します
石井千恵の応援のためにレスリングのメダリストたちが。コーチもバンザイチエのおじさんも見にきてた。

彼女のリングネームだけど、バストのカップがA'だそうで、モンスター軍入り希望だと知ってたので「モンスターA’」なんてどーかなと思ってたんだが、応募しそびれてしまった。
バンザイチエ
ちょっと今までのハッスルにいない、下品なヒールが登場。”カス野郎”連発のYASSHIと水ぶっかけまくりのTARU。相手が相手だけにKUSHIDAと違いホロ苦デビュー戦となってしまった。

長いので一旦畳みますよ。
                         
                

続きを読む

                 
        

HERO’S2006

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 10
                 
「HERO’S2006~ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦~」
10月9日(月) 開始 16:00
横浜アリーナ 10,631人

宇野対メンジバー戦の2R途中からテレビで見ました。
いやぁ、なかなか面白い大会でしたよ。カシン見たかったなぁ。
さあテレビはこれに近い順番だったかと。もう正確なところは忘れちゃったんだけど。

第4試合
○宇野 薫 VS アイヴァン・メンジバー×
2R 判定 3-0
 
なんせ終盤からみたもんでよくわからず。私が見たときは宇野優勢でしたね。

第9試合
○ドン・フライ  VS  キム・ミンス×
2R 2分47秒 KO

結構キムのパンチもらっていて、キム・ミンスのペースになったときは負けるかと思ったんだけど、最後の最後で一瞬のスキをつきガードが下がったところうまくぶち抜いたね。

第1試合
×カイシノフ・ゲオルギー  VS  アントニオ・シウバ○
1R 1分08秒 KO

ゴリラ顔のアントニオ・シウバ。PRIDEで是非見てみたい選手のひとりだ。この日も相手に遊ぶ間を与えずKO勝ち。

第3試合
○J.Z.カルバン  VS  ハニ・ヤヒーラ×
1R 39秒 フロントチョーク

カルバン強い!ヤヒーラを秒殺する。これは優勝はヤヒーラでしょう。宇野と比べてもダメージの違いがありすぎる。ただこの人早期決着しなかった場合はどうなるんでしょうかね。

第2試合
○所 英男   VS  金子 賢×
1R 1分50秒 腕ひしぎ十字固め

所英男

これ第2試合だったんですね。負けが込んでる所さんだが、相手が元俳優、プロのプライドにかけても絶対負けられない試合。その勝ち方も問われるよ。所さん一度オファー断ってるんだけど、そりゃやりたくない相手だよ。このところ負けてるからこそ、このオファーにはつらい気持ちだったろうね。

金子賢

久しぶりに見た金子賢。PRIDEでのベネット戦の絵も出てましたね。

所金子

当たり前すぎる所さんの勝利。視聴率はこの試合が最高だったらしいから、また大晦日Dynamiteに金子だしてくるんだろうな。

前田と金子

最後は前田SVと金子が言葉を交わす。一体あの舌戦は何だったんだよ。

第10試合
×宇野薫  VS  J.Z.カルバン○
2R 判定 2-0

宇野判定待ち


あー、残念。といいつつもここまでのカルバンを見て、宇野負けると予想していたんだけどね。ジャッジの2番目ドローだったね。これなんで?どうみてもカルバンでしょう。宇野も頑張ったんだけど、ディフェンスのうまさはさすがと思いました。

第11試合
○秋山成勲  VS  メルヴィン・マヌーフ×
1R 1分58秒 腕ひしぎ十字固め

秋山の入場テーマ聞くとどうもPRIDEを思い出してしまう。私にとってこの曲はPRIDEなんだよね。

これはマヌーフの勝ちと読んでいたんですが、秋山やりましたね!
マヌーフの攻撃をかいくぐり一本きめました。
最初マヌーフとの打ち合いでやられると思ってたんだが、秋山の冷静さとこの試合、タイトルに懸ける思いが勝負を決めた。思ったより最後の試合は面白かったです。
                         
                                  
        

渋谷タワレコで

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 08
                 
昨日は夕方から渋谷のTOWER RECORDSにて武士道の公開記者会見がありました。
五味隆典、美濃輪育久、帯谷信弘、青木真也、選手達も来て行った人たち羨ましいわ~。整理券配布ということで断念してしまった。

そしてここで5カード発表!好カードもあり来月の武士道への期待が高まります♪

噂通り五味の初防衛戦の相手は4月に肩固めで負かされたマーカス・アウレリオだ。多分五味ってアウレリオみたいなタイプの選手は苦手なんだと思う。8月の復帰戦みて以前のアグレッシブさが欠けたような印象を受けてるんだが、タイトルだけでなく武士道背負ってる以上絶対に負けられない試合。信じて応援しますっ!

この人の会場人気は高いね~。美濃輪も参戦決定。
競技性を重視する人にはアレルギーがある選手かもしれないが、その存在感が光る選手であることは間違いないんだな。今回の相手は以前新日にあがってたマイク・バートン。プロレスラー対決。とはいえ、バートンは総合に転向したのかUFCにもあがってるんだね。うーん、どういう試合になるのかわからないが、美濃輪はプロレス技という表現方法を用いるんだろうし、ここのところ対戦相手が”モンスター”系なんだが、見せ場を作って勝利するんだろうな。

そして・・・なんといってもコレが一番みたい試合!

青木真也対ギルバート・メレンデス

黄色いロングスパッツと余裕のある試合運びで終始相手を圧倒し、顔の地味さと裏腹に強烈な印象を残した武士道デビュー戦がまだ記憶に新しい青木。対戦相手のメレンデスもこの間の試合を見て気に入った選手だし、連続で武士道参戦は嬉しい。以前インタビューでHERO’SじゃなくPRIDEを選んだのは、PRIDEには強い選手が沢山いるからというコメントをしてたんだよね。ここでも自分の中の高感度がグーントとあがった。青木の技があのメレンデスにどうきまるのか、それとも打撃で青木がやられてしまうのか、とても興味がもてるカードである。

このメレンデスに判定で敗れたものの、その打たれ強さと折れない心がよかった帯谷はルイス・ブスカペと対決。去年のアゼ戦と同じ白熱した試合ができるのかな。

あとは久しぶりのユンさん。相手はムリーロ・ブスタマンチなんだが、私的にはこのカードはあまり燃えるものがないかな。

さて、この大会ウェルター級グランプリの決勝ラウンドなんだよね。準決勝に出る日本人二人のインタビューがアップされましたね。
郷野が会見に続きまたさぶいギャグ飛ばしまくってるんだが、準決勝はふたりともキツイ相手とぶつかるが、頑張って欲しいね。

そしてそして地上波がなくなっていてから発売してなかったDVDだけど、ユニバーサルピクチャーズから12/22発売されるらしい。
「PRIDE男道 DVD-BOX(3枚組)」15,120円と「ラスベガス大会(1枚)」5,040円の2種類。

男道の方は

■GP2006年編 2006年無差別級GP全14試合を完全ノーカットで収録

■2006GP覇者:ミルコ・クロコップ編 2006年無差別級グランプリ優勝までのドキュメント映像、未公開の控室映像を収録

■PRIDE10年史編 プレミア映像満載! PRIDEの誕生から現在までを統括

6/4の武士道から地上波放送がなくなり、無差別級に関しては2ndからスカパーのみの放送となったので、見れなかった人はこの機会に是非見てみてください。
個人的にはPRIDE10年史が見たい。

その武士道ー其の十一ーですが、あっとおどろく放送局で10/12まで見れます。
この大会の翌日フジテレビが撤退したので、管理人も見ます!

DMMcomでは、PRIDE GPの動画配信も。こちらは有料。

PRIDE過去記事一覧
                         
                                  
        

リーグ第26節 アビスパ福岡戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 10/ 08
                 
Jリーグ第26節 アビスパ福岡 2-1 鹿島アントラーズ
2006年10月7日(土) 博多の森球技場 15:02キックオフ/12,181人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、新井場 徹
MF 増田 誓志、フェルナンド、野沢 拓也、ファビオ サントス
FW 柳沢 敦、アレックス ミネイロ

【控え】
GK 小澤 英明
DF 名良橋 晃、大岩 剛
MF 中後 雅喜、本山 雅志 
FW 深井 正樹、田代 有三

【得点者】 5分 飯尾 一慶、15分 布部 陽功(福岡)、51分 野沢 拓也(鹿島)
【交 代】 71分 新井場→深井、76分 田代→増田

見てないってこともありますが、言葉が出ないですね。
携帯に送られてきた得点(失点)経過のメールみてビックリ。いきなり5分に失点して、その10分後に布部に決められるなんて・・・
負けたから当たり前なんだけど、内容は悪かったんだろうな。それでもまだ5位にいて、11/3にナビの決勝に出れるなんていうのが驚きですね。本当に11/3大丈夫か?

動員数もヤバイみたいだし、ここらでタイトル獲らないと。勝つことだけが全てじゃないけど、やはり何かしらの結果が欲しいところ。
動員数といえば少しの間ブログの更新をせず様子を見てたんだが、鹿島記事の人気落ちたね~。ここはどんなに更新しなくてもかなりアクセス数があるんですが、以前に比べて鹿島系のキーワードが減りましたよ。こんな調子だからスポーツニュースとか、議論できたり怒りをぶちまけられる掲示板ならともかく、ブログなんかは読む気にならなくなってきてるんでしょうかね。数字を稼いでるのは圧倒的に他のカテゴリーで、キーワードでもチームの勝敗に関係なくよくくる内田篤人とか増田誓志、あとはいなくなった小笠原満男(たまに)とかで、人気ページで鹿島のものって少しかないものね。もう一つのカテゴリーは去年のものもいまだに地味ぃに読まれてるんだけどね。

鹿島の人気大丈夫かよ。
                         
                                  
        

ハッスル19

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 07
                 
■ハッスル19
2006年10月6日(金)大阪府立体育会館
19:00~ 観衆:6,106人

スポンサーが増えてた~!!

ハッスル19


昨日は台風すごかったですね~。東京は雨がすごくて傘が壊れそうでした。大阪の皆さんは大丈夫でしたか?PPV組はちゃんと見れたのだろうか。エラーメッセージ解除しないとPPV買えないんだが、今回は買わなくて正解か!?なんか盛り上がりイマイチだった3回目の大阪大会だったようで、名古屋もこれと同じにならないといいが・・・

第1ハッスル
ハッスル仮面レッド          モンスター仮面パープル ○
× ハッスル仮面ブルー   VS  モンスター仮面ブラック
ハッスル仮面 イエロー        モンスター仮面ホワイト
7分56秒 モンスターボム part.2

試合後イエローが拉致される。これはどう展開させていくのか?

第2ハッスル
○ Erica              KIDATA・ロー2006 ×
マーガレット    VS       ドクロンZ   
大谷晋二郎             ザ・モンスター℃
7分40秒 空から乙女がふってきた!!

「浪速のモーツァルト」キダ・タロー氏の”分身”KIDATA・ローがヴァージョンアップしてハッスルのリングに戻ってきた。

このKIDATA・ローのマスク欲しい!マスクに書いてるシワの部分とか眉毛がいい味だしてんだよな~。実は大阪大会で自分が注目してたのはこの試合だったのだが、特になんてことはなく終わったみたいだな(爆)。9月シリーズから復帰したドクロンさんも元気だったようだ。早いものでドクロンが誕生してから10ヶ月が経過したね。

第3ハッスル
ババ・レイ     VS     金村キンタロー ×
○ ディーボン          田中将斗
15分23秒 3D

相変わらずのハードコア対決。スパイクが来日しなかったんだよな。黒田の哲っちゃんが見たかったのに・・・この日は試合後子供じゃなくて女性がリングにあげられてたね。3-Dはこの辺客を取り入れるのがうまいな。

第4ハッスル
× カイヤ            アン・ジョー司令長官 ○
TAJIRI     VS       ジャイアント・バボ
KUSHIDA           ワイルド・ハカイヤー
12分08秒 レフェリーストップ(逆エビ固め)

ワイルド・ハカイヤーかっこよすぎるぅ!
司令長官がカイヤに言ってた通り「youより若くて、セクシーなモンスター」だった。カイヤより体が締まってて腹の筋肉の割れがスゴイぜ!ヘソピがナイスでした。
先日カイヤのママが亡くなったということで帰国もせず、試合のために一生懸命練習してリングにあがった心意気は認めるのだが、どーもイマイチ評価しずらいんだよな。和泉元彌はあの「間」の取り方、狂言力で大いに魅せてくれたのだが、カイヤはそれがない分つらいのではないだろうか。ハッスルでの2連敗、次はマニアでの勝ちブックか。順当にいけばここで初勝利といきそうな雰囲気なんだが。

セミハッスル
× 坂田亘    VS    天龍源一郎 ○
7分43秒 53才

カッコ良すぎる56歳だよ!

大将


大方の予想通りモンスター大将が勝利するんだが、試合後のマイクがまた味わい深くてステキ(はぁと)
珍しく坂田のパイプ椅子での攻撃でか、頬のあたりから流血してしまった大将。その後坂田へ攻撃を仕掛けるときの気迫溢れる表情がとても56歳とは思えない若々しいものでさぁ。テンルーさんはモンスター軍入りしてる間はこのモンスターカラーのロングタイツで試合し続けるんだろうね。

メインハッスル
小川直也           川田利明 ×
HG       VS      ソドム
○ ニューリン様         ゴモラ
11分17秒 ニューM字固め

川田が負けでM十字架磔の刑。
川田磔


メインから総統劇場までの見所って

”総統のセリフ忘れ”

か!?

大阪大会高田総統


総統のご友人高田延彦さんの双子ちゃんの出生届受理関係のニュースに対し会場のアチコチから

『おめでとう!』

「おいっ、それはやめてくれよぉ。リズムが狂っちゃうんだよおおぉ」
と、総統。大阪へ戻ってきた宣言をしたまではいいが、なんと全知全能の高田総統が、その後のセリフを忘れてしまい、台本を見直すというとんでもないハプニングが起きた!!

あぁ、アタシはいつこういうことが起こるかと首を長くして待っていたのに(笑)、自分の見れなかった大会で起こるとは!これは動画アップが楽しみだ。でも、第1試合から順にアップされてくから、総統劇場はいっちゃん最後なんだよねぇ。待ちきれん。
                         
                                  
        

K-1WORLD GPとサダハルンバ

category - 格闘技・プロレス
2006/ 10/ 01
                 
「K-1 WORLD GP 2006 IN 大阪~開幕戦~」
2006年9月30日 (土)大阪城ホール  観衆10,387人

最近k1とHERO’S見るときはばたついて見る事が多く、昨日は久しぶりに落ち着いてK-1GP見たので雑感を。といってもグッドリッジ対ボンヤスキーの途中から見始めたんですが・・・(笑)もちろんフジテレビ地上波放送でみましたっ!
格闘技の知識がある人が見るっていうより、昨日はテレビつけたらケイワンやってた面白そうなんで見てみたってノリだったので、それなりに書いてみよう!

なんか非常にマッタリと試合が終わっていく。会場も空席が目立って場内の熱気というものもかんじられず、私も息を抜きながら見ることに。
武蔵まけましたが2-1でした。この武蔵にポイント入れた人なんで?どう考えてもおかしいでしょ!
面白かったのはメインですかね。ホンマンは動かなかったけど、バンナの前へ前への攻める気持ちが良かったです。アップになったときのバンナの表情がカッコよくってさー。あれぇ、こんなにイイ男だったっけ?なーんて思ってしまった。
番組が終わるとき見てない試合の結果があって、えっ、セフォーってレコに負けたの!?うわぁ、レイ・セフォー好きだからショックですよ。負けたけど最初からテレビつけて試合見ればよかったなぁ。

さてと、カミプロの谷川貞治氏のインタビューを読みました。
この人のインタビュー私にとっては面白い時とどーでもいいときがあるんだが、今回はいきなり「PRIDEの内情教えてよ!」ってスタートで最後まで読んじゃいました。

私この人嫌いじゃないんだよね、非常に突っ込みどころ満載でユルユルなかんじはウォッチしたくなる”何か”があるからね(笑)。ブログに書かなかったけどさ、ボビー・オロゴンからのビデオレターを見てるサダハルンバの顔といったら「間抜け~っ!」て思っちゃったよ。
あんなスキがある表情狙ってもなかなかできないもんだよ。

それにこのインタビューでさぁ、前回のHERO’Sの大会を

「(桜庭が)ああいう試合をやったことで、いままでのHERO’Sの空間じゃない空間を桜庭選手が作った。もっと言うとPRIDEが好きな人が喜ぶ空間を作ったんで・・・」

って、エェェッ、私PRIDE好きですけど、この間のHERO’Sの空間(ってんですか?)アレ別に好きじゃないな。あれだけ劣勢だったのに最後本能で逆転できちゃった劇的な勝利が感動を・・って言いたかったのかもしれんが、そうかね?

それとMAXについて、レベルがあがっているという事に対し

「目線を下げなくちゃいけないなということも考えてるんですよ。もうちょっとお客さんが等身大で楽しめるような企画を立てなきゃいけないって」

MAXの方じゃなかったが、昨日はまぁまぁ楽しめた。こうやって何も考えず試合を見るというのも時にはいい。濃いぃ大会の後はあっさりしが味のものを見てそれなりに楽しめたといったかんじか。

インタビューには随所に谷川節があってイイ味出してたわ。

「ブラックマンバは、所くんあたりにちょうどいいだろうなって思って組んでみたんですけど、なんだか宇野くんまでやられそうになるし(苦笑)。」

このあたりのかんじが私的にはよくてねぇ~。
多忙な日々を過ごしてるのに合間にジム通いをしてるそうで、7キロの減量に成功したとか。どうりでほっそりしてると思った。だけど7キロも痩せなくていいよぉ。あのポテッ感も良かったのに、スリムになってズボンのポケットに手ぇつっこんで、クールにきめてて似合わないわよ(笑)。

亀田親子の話など、なかなかリラックスした(いつもだが)インタビューでおもしろかったですよ。
                         
                                  
        

リーグ第25節 セレッソ大阪戦

category - 鹿島アントラーズ
2006/ 10/ 01
                 
Jリーグ第25節 セレッソ大阪 2-2 鹿島アントラーズ
2006年9月30日(土) 長居スタジアム 19:04キックオフ/15,186人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、新井場 徹
MF 増田 誓志、フェルナンド、野沢 拓也、ファビオ サントス
FW 柳沢 敦、アレックス ミネイロ

【控え】
GK 小澤 英明
DF 名良橋 晃、大岩 剛
MF 中後 雅喜、興梠 慎三 
FW 深井 正樹、田中 康平

【得点者】 33分ファビオ サントス、60分 野沢 拓也(鹿島)、64分 名波 浩、89分 酒本 憲幸(C大阪)
【交 代】 83分 柳沢→深井、83分 野沢→中後、89分 ファビオ→名良橋

また、89分に失点か!!
もうあれですね、見てはいないんですが、この得失点の流れからどういう試合内容だったのかが読めてしまう。早いもんでもうリーグは25節が終了ですよ。残りの試合数が少なくなってきましたが、ここに来て下位のセレッソに土壇場で追いつかれるとは!

そりゃぁね、苦手な長居でのセレッソ戦だけど、いつまでも相性相性ゆうていても進歩がないし、これは相性とか鬼門とかっていうよりも、もう最後守りきることが出来なかった、それが情けないですね。

それと、この選手の交代83分以降って遅いね。多分それ以前に運動量おちていたんでしょうし、89分のファビオからナラへの交代って言うのも見てないからでしょうか?意図が全くわからない。

2-0になった4分後にあっさりと失点、またロスタイムに追いつかれるという、ここ最近ありがちな展開で進歩ねーなと思っちゃう。
毎回応援に行ってる人たちはどんな感想をもったんでしょうかね。

余談
(って某部長のブログみたいなタイトル!)

土曜日家でランチ食べてたら、「十冠へ」って文字が見えたんです。じゅっかんってあのチームしかないじゃん!何かなぁと思ってそれに手を伸ばしたら、鹿島からのハガキだった。
こんな試合しててねー、10冠ってホント大丈夫かよっ!
頼むよ、本当に!!