A D M I N
topimage

2006-12

最新記事一覧  

男祭り 会場から - 2006.12.31 Sun

20061231190944
只今休憩中〓
第一試合、2試合がインパクトあったな。美濃輪があああっさりやられるとは…近藤さんと郷野は近藤さんの勝ちだと思ったんだけどな。郷野判定勝ち。
カズとショーグンはグダグダ過ぎ。ショーグンの判定勝ち。
メレンデスは強いわ。判定でメレ勝利。
藤田の相手はショボかった。
オープニングで高田がふんどしで太鼓たたいてたね。やっぱみそかはふんどしですか(笑)
客の入りはいいっす。

追記。

五味は石田に完勝!吉田はトンプソンに負けたがダメージがデカイ。大丈夫か。ノゲージョシュはジョシュが苦戦中。ノゲが判定勝ち。
ヒョードルーハントはハントが粘って見せ場を作るも、ヒョードルタイトル防衛。

速報
第1試合
○田村潔司VS美濃輪育久×

第2試合
○青木真也VSヨアキム・ハンセン×

第3試合
○郷野聡寛VS近藤有己×

第4試合
×中村和裕VSマウリシオ・ショーグン○

第5試合
×川尻達也VSギルバート・メレンデス○

第6試合
○藤田和之VSエルダリ・クルタニーゼ×

第7試合
○五味隆典VS石田光洋×

第8試合
×吉田秀彦VSジェームス・トンプソン○

第9試合
×ジョシュ・バーネットVSアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ○

第10試合 PRIDEヘビー級タイトルマッチ
○エメリヤーエンコ・ヒョードルVSマーク・ハント×

観客は48000超えました。
スポンサーサイト

美女シリーズ6 妖精の美女・江戸川乱歩の「黄金仮面」 (1978年) - 2006.12.30 Sat

土曜ワイド劇場の美女シリーズ第6弾!


まだ90分時代の作品ですが、土ワイ初の2時間枠で放送されました。



”年末120分番組”と銘打たれて、1978年の最後の作品。
翌週は「宝石の美女」と2週続けての美女シリーズ。

この「妖精の美女」で年末裏番組が強力だったものの
検討したことで2時間に手ごたえをつかみ
翌年の春からは2時間へと枠が拡大されることとなる。



黄金仮面



●「江戸川乱歩の黄金仮面・妖精の美女・
明智小五郎対怪盗ルパン」  1978年12月30日
原作: 江戸川乱歩  『黄金仮面
脚本: 長谷川公之
音楽: 鏑木創
監督: 井上梅次
制作: 松竹
出演: 天知茂、由美かおる、伊吹吾郎、
結城美栄子、荒井注、五十嵐めぐみ、
藤村有弘、山本リンダ、森次晃嗣、
野平ゆき、ジェリー伊藤ほか



妖精の美女



年末のスペシャル版!
センセのどアップからドラマは始まる。



天知茂

明智がここ数ヶ月間に黄金仮面があちらこちらで姿を現し
その姿を見た後は国宝級の古美術品ばかりを盗まれた
という語りかけと説明を我々に向かってしてきます。



黄金仮面

ある時は歩道橋をフラフラ歩いていた
酔っ払いが黄金仮面にでくわし、
その妙ないでたちに酔いもすっ飛んでしまう


別の夜、古美術店の前をカップルがガラス越しに美術品をみてたところ
背後から現れた黄金の仮面がガラスに映ったり



黄金仮面



またある時は、夜に犬を散歩していた青年が黄金仮面とすれ違い
犬が追っかけていこうとして黄金仮面が慌てて逃げだしたりと・・・。
犬を散歩させてた託摩繁春(現・宅麻伸)もビックリ!
犬に吠えられて逃げ出す黄金仮面もマヌケだが。




明智はかねてよりライバル黄金仮面との対決を望んでいて
ついにその機会が訪れたのである!


藤村有弘


それは、明智の事務所へ親友の浪越警部(荒井注)が
石油王と呼ばれていて、古美術収集家の大島喜三郎(松下達夫)宅の
執事三好(藤村有弘)を伴ってやってきたことからはじまる。



フランスの商社の東京支店長ロベール・サトー(伊吹吾郎)が
大島家に訪問した日に愛蔵の美術品をいただきにあがるという
予告文書が黄金仮面から届いたからだった。


浪越警部達も警備にあたるが明智も応援を頼んできた。
もちろん黄金仮面と対決できる絶好のチャンスを断るわけがない。



黄金仮面


しかし、私立探偵が怪盗を捕まえることを ”対決” って。。

「西部警察」が刑事なのに犯人たちを ”敵” といって
パートⅡ&Ⅲでまるで戦争のような逮捕劇(といっても悪者たちは死んでいるが)を
繰り広げていたのとかぶる。
現場が戦場と化してましたからね。



いよいよ大島家にフランス大使館員ジョルジュ・ポワン(ジェリー伊藤)と
ロベールが来訪した。


ロベール 伊吹吾郎

カタコトの日本語を話す(笑)、角刈り(風)のロベールが登場!


もちろんジョルジュもカタコト。
結城美栄子から「まぁ、日本語がお上手ねぇ。」なんて感心されてるけど。




ロベールは大島家の長女絹枝(結城美栄子)の恋人だ。
次女の不二子(由美かおる)たちとともに二人をもてなす。
三女の美子は大島美術館の事務局長千秋とデキているようで
ここでそれぞれが3つのカップルとなって部屋へ連れ立っていく。


妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

ジョルジュは美術品には目がなく嘗め回すようにそれらを眺めるが
それだけでなく不二子の美しさにも参ってしまったようである。


堅苦しい場から逃げ出してきた美子は大島家の使用人小雪(野平ゆき)に
着替えるので風呂へ入ると告げる。
そして、入浴中黄金仮面が現れて刺殺された。
三好と千秋は眠り薬を飲まされて眠っていた。

植木屋に扮した明智が窓を開けて事なきを得る。


妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

この時は植木屋の羽織を着ているだけの変装とは言えないもの。
なぜか植木屋でバカボンのパパを思い出してしまった。



植え込みに黄金仮面のマスクなどが隠されていたことから
黄金仮面が美子を殺したと思われたが
明智は小雪が千秋と付き合っていたのだが、
最近美子に心変わりしたことから嫉妬にかられ
黄金仮面に扮してやったことだと解き明かす。

妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

そばにいた小雪は部屋から逃げ出すと、美術品が置いてある部屋に逃げ込んだ。
その中にある椅子に座っていた鎧兜の人形が動き出した。
刀で死のうと思った小雪を鎧兜の男が阻止し
小雪はその時男の手にアザがあるのを見た。


明智たちが小雪が逃げ込んだ部屋にはいると
そこは無人で鎧兜がバラバラになっていた。
明智は大島にこの中の一番大切な美術品を尋ねると
インドの女神像だといい明智はそれを持ち上げ
床に投げるとバラバラに砕け、三好たちが眠らされた時に
すり替えられた事がわかった。

部屋からの抜け道をとおったことがわかり
明智と浪越警部たちは小雪の行方を追って湖へいった。
すると水面からストローの先のようなものが出ていることに気が付いた。
それは水中に身を隠していた小雪のものだった。
小雪は捉えられたが何者かに射殺されてしまった。


妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

その後も古美術の盗難事件があったが
波越は自分の貯金と一緒で全然手がかりなしと言った。

大島は明智が仏像が盗まれていたことや
美子殺しの犯人が小雪と見破ったことで明智を買っており
今度ロベールの屋敷でロベールとジョルジュと
絹枝と不二子のダブルデートがあり
その時に秘蔵の菩薩を娘二人が持っていくので
そのガードをして欲しいと頼まれた。

当日になり大島家の娘二人がロベールの家へ行った。
ジョルジュは美術品に目がなくて仏像をなめるように眺めたが
ロベールは仏像の布でくるんで箱にしまうと金庫に保管した。

四人はテニスをやりに行った。
そこへセシル(山本リンダ)という見知らぬ女が姿を現し
ジョルジュのもとへ駆けつけるとフランス語で何やら会話をしていた。
不二子を愛してくれているジョルジュがデート中にやって来た他の女性にはしり
絹枝は不二子を元気づけた。


シャワーを浴びて控室にやって来た不二子に
ジョルジュとの仲を絹枝が心配したが
不二子はそんなことはいいというと
絹枝はもしかしてロベールをとろうとしているのではないかと疑った。

絹枝は母親が生きている時から、大島が不二子の母親とデキて
不二子を生んだことで自分たちを裏切ったと思っていて
不二子にも母親の泥棒猫の血がながれているのではないかと思い
自分からロベールを盗ったら承知しないと言い残し去っていった。


不二子は母親の悪口を言われて、絹枝が部屋を出ていくとひとり涙ぐんだ。
そこへ黄金仮面が侵入してきた。
絹枝との会話を聞いていて黄金仮面は不二子だけ母親が違っていたことを知って
かわいそうにとなぐさめた。


妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

近くで黄金仮面の姿を見つけた明智が部屋をノックしてきた。
黄金仮面は黙っているようにと不二子にサインを送る。
不二子は明智に何も変わったことはないといい明智はドアの前から去っていった。
明智がいなくなると黄金仮面は不二子の前で仮面をとり
素顔をさらすと二人はキスをした。


ジョルジュは金庫から仏像を取り出して眺めていたのを
明智に見つかった。
そこへロベールと絹枝も来て、明智が近くで黄金仮面を見て
見回りをしていたところジョルジュが仏像を取り出したところに遭遇したというと
ジョルジュは美しいからもう一度見たくなっただけだと弁解する。


新聞ではまた準国宝級の美術品が盗まれたことが記事になっていた。
明智は新聞をかぶりデスクで寝ている。
文代と小林は最近先生はスランプだと言うと
ふたりともジョルジュが黄金仮面であると推理した。
だが、明智は寝ていなくてさすが私の弟子だというと
二人はきまり悪そうだった。
そこへ三好が不二子のことを内密に相談しにやって来た。




妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

ロベールの家でのテニスデートのあと
ジョルジュから三日と開けずに不二子の元へ電話が入り
その後必ずどこかへ出かけていくようになっていた。
大島はこれを心配して、三好に尾行をさせていた。
いつもうまくまかれていた三好だが、
昨日ついに不二子の行き先を突き止めた。




妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

不二子が行くと、ドアが開き黄金仮面が出迎えた。



妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

これには三好もビックリした!


これが本当の黄金仮面なのか誰かのいたずらなのか
それを突き止めて欲しいということだった。
不二子は絹枝たちとは腹違いで普段はおとなしくしているが
情熱的な母の血のせいか奔放な行動をとることがあるのだ。
明智はこの依頼を快く引き受けた。



ある日、不二子が壁に飾ってある絵の裏にある隠し扉を開けて
中に入っている仏像を取り出そうとしたところを
絹枝に見つかってしまった。
不二子は急いで部屋に逃げて鍵をかけた。
絹枝はやって来た手伝いに部屋の前を見張らせると
自分は不二子が窓から逃げないように外から見張ることにした。


妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

やがて部屋のドアが開くと出てきたのは黄金仮面だった!
驚いた手伝いが絹枝を大声で呼ぶと
外にいた絹枝が家へ戻ろうと玄関口までやって来た。


玄関のドアが開き中から飛び出してきたのは黄金仮面だった。
そこへ明智と文代、小林を連れてきた三好が車で帰ってきて
絹枝は黄金仮面が家の中から外へ逃げていった事を伝えた。


明智たちは早速不二子の部屋に行くと不二子はベッドで寝ていた。




妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

だが明智は近づいて寝ていた不二子の髪の毛を掴みあげると
それはかつらで不二子の姿は部屋にはなかった。
明智はさっき家から出ていったのは黄金仮面に変装した不二子であるといった。



妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

黄金仮面と不二子はふたりだけの時間を過ごしていた。
不二子はすっかり黄金仮面に入れ込んでいて
ふたりはそっとキスを交わした。
外で車の音がして、黄金仮面は部屋から出て様子を見に行った。


部屋を確認しに行くと、そこにはもう一人の黄金仮面がいた。


互いにお前は誰だというが、もう一人の黄金仮面の正体は
明智小五郎だった。
明智は人殺しまでやる黄金仮面を買いかぶっていたという。
だが黄金仮面は、箱根でライフルで小雪を撃ち殺したのは
部下がやったことだと弁解する。
明智は君も仮面をとって素顔をさらせというが、仮面の下の顔は
人には見せられないと言ってとらなかった。



妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

明智が黄金仮面を襲ってきたので、ふたりは取っ組み合いとなり
黄金仮面は窓ガラスを突き破り裏庭へ逃げ去っていった。


部屋で一人待っていた不二子のところへ黄金仮面が来た。
二人は家から出ることにして、車に乗り込んだ。
だが、黄金仮面は明智だった。
不二子から黄金仮面の正体を聞き出そうとするが
不二子は何も知らないといい明智にピストルを向けた。

明智にあなたに人が殺せますかと居直られて
不二子は自分に銃口を向けた。



妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

それをやめさせようともみあっていると
明智の背後に銃を持った黄金仮面が現れて
明智を車から出すと代わりに自分が乗り込んで不二子と二人逃げてしまった。
波越は明智の車が盗まれたと全パトカーに伝えた。
その後団地の外れで乗り捨てられた明智の車が見つかった。


波越はジョルジュが日本に来てから盗難事件が発生したことを調べ
外交官だが徹底的に身辺をあらうと息巻いていた。


明智探偵事務所に電話がかかり文代が出ると
それは黄金仮面からだった。
その時、明智が事務所に帰ってきたのですぐに明智に取り次いだ。


「せんせ~、黄金仮面から電話です!」

普通の仕事ではありえない電話の取次ぎ。
給料が安く残業も多そうだがいつも楽しそうな明智事務所。
金回りが悪そうなわりにはお揃いの上着を作るという余裕もある。




妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

さて、黄金仮面の用件は、自分と不二子の二人を逃がしてくれたら
これまで盗んだ美術品を全て返すというものだった。
黄金仮面は今すぐにひとりで第三埠頭まで来るように伝えた。
文代と小林は罠かもしれないと言うが、明智はひとりで会いに行った。



妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

埠頭に到着すると、車から不二子が出てきた。
その後黄金仮面の手下たちがバイクで明智を追い回す。


たまらず明智は海へ飛び込むと、手下たちは水面に向かってピストルを乱射した。




妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

明智が行方不明になったことが報道された。
毎度おなじみの輪転機が激しくまわりまくる!




明智不在の事務所にセシルがやってきて明智が本当に死んだのか聞いてきた。
先生を慕っている文代は死体でも上がれば明智の死の証拠になるといわれ
だったら警視庁へ行けばと憤慨した。
そんな文代の怒りもわからずセシルはじゃあ行ってみますと言い事務所を出ていった。




妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

外にはジョルジュの車が待っていた。
セシルは事務所へ行く波越とすれ違った。


波越が事務所にいると三好から電話がかかりぜひとも相談したいことがあるという。
行方がわからなかった不二子が今朝突然帰ってきたが
記憶を失ったようでどうも様子がおかしいのだと言うのだ。



妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

波越が大島邸へ行ってみると不二子は手鏡を持っていて
ぼけた表情で波越の事も覚えておらず本当に記憶を失っているようだった。
心配したロベールと絹枝も入って来たが、恋仲だったジョルジュの事も覚えていなかった。




ロベールと波越は初対面で、波越が警察の人間だと知ると
ロベールは年越パーティーに黄金仮面が来ると言う
予告状が今朝ポストに入っていたことを伝えた。
ロベールが手紙に黄金仮面が指紋でも残しているのではないかと言うが
波越はそんなヘマは一度もやっていないという。
ロベールの家には歌麿の浮世絵のコレクションがあるのだと聞き
波越は私服警官を警備員を装って張り込ませると意気込んだ。




妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

パーティー当日、大島と絹枝もやって来た。
ジョルジュはセシルと一緒にいて、絹枝は不二子は病気になったのよと言うと
ジョルジュはセシルはただの友達で、病気なら明日見舞いに行くと言った。
絹枝はジョルジュはやっぱりプレーボーイだったのだと思った。

妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

波越はパーティークラブから派遣されてきた給仕長が怪しいと目をつけた。
あいつが黄金仮面の変装だ、うん匂うぞ。



一方大島邸では病気で休んでいた不二子の部屋に手伝いが入ってきた。
不二子の病気は仮病で、不二子は手伝いを縛り上げると
その後に部屋に入ってきた三好にピストルを向け
五分間だけここにいろと言い残し仏像を盗み出すと家から出ていった。




パーティーに参加している大島のところへ三好から電話が入り
不二子が仮病で仏像を持ち出して出ていった事を伝えた。

妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

時刻はいよいよ12時になり年が明けた。
ロベールが新年のあいさつをしていると突然照明がおちて
会場が暗闇に包まれた。


懐中電灯で階段を照らすと、浮世絵を盗もうとした黄金仮面が浮かび上がった。
すると黄金仮面がロベールのピストルで撃たれた。
給仕長がすぐに黄金仮面のところへ来て介抱すると
黄金仮面の手には大きなアザがあった。
仮面をとるとそれはロベールのところにいる浦瀬(森次晃嗣)だった。

妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

波越は浦瀬が黄金仮面だと思ったが、最初に波越が警戒していた給仕長は
明智の変装でやっぱり明智は不死身だった。


変装したときのマスクの粘着力がハンパなさそう・・・。






明智は浦瀬は黄金仮面ではなくて、ただの部下なのだと言う。
箱根で大島美術館から仏像を盗んだのも
小雪をライフルで殺害したのも、埠頭で明智を襲ったのも
みんな黄金仮面の命令だったという。


浦瀬は瀕死の状態で、この中に黄金仮面がいるので教えてくれと言うが
もうしゃべる力が残されていなく、それなら指をさしてくれと言うと
命を引き取る直前なんとかある人物を指さした。

だが、そこはジョルジュとロベールの間で
波越が浦瀬の指さしたところを追っていくとジョルジュにぶち当たった。
だがジョルジュは自分は違うと言い、本当の黄金仮面はロベールだと言った。




明智はジョルジュが外交官ではなくて、パリ警視庁の特命捜査官であることを明かした。
ロベールは自分が黄金仮面である証拠がないと言うが
明智は怪盗ルパン二世とい言われた黄金仮面が
パリの最後の仕事でたったひとつだけ指紋を残してしまい
それをパリ警視庁が持っていたことを知って
ロベールの指紋とそれを照合していたのだった。

妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

黄金仮面は不死身だというと、パーティー会場に
爆薬をしかけその煙で視界が悪くなっている中で
外へ通じる抜け道から抜け出して車で逃走した。


だが、明智もそんなときのために
文代と小林とセシルを待機させていて
黄金仮面の車を尾行中だった。


三人はついに黄金仮面のアジトを割り出した。
連絡を受けた明智たちも到着した。


妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

岩場から見ていると、手下たちが美術品を運び出そうとトラックに積んでいた。
不二子は屋敷から持ち出した仏像を黄金仮面に渡していた。
不二子は絹枝の恋人だったロベールを奪ってしまい済まないと思っていた。
だが、絹枝は美術品を盗むために利用しただけで
本当に愛しているのは不二子だけだと言った。


明智たちはトラックに近づき全員を捕まえるが
仮面を剥いでみると黄金仮面と不二子の姿はなく
捕まえたのは手下と美術品だけだった。






その隙に黄金仮面と不二子は逃げ出した。
ふたりが乗った車を明智たちは追跡した。
やがてロープウェイに着くと、ふたりは乗り込んだ。
到着した明智はロープウェイのスイッチを切り車を停止させた。

妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面


運転が停止して不安になる不二子だったが
やがてヘリの音が近づいてきた。


ヘリは梯子を下ろしてきた。
黄金仮面は怖がる不二子を勇気づけて梯子を上らせて
ヘリへ行かせ、続いて自分も梯子をよじ登った。


妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

ロープウェイから脱出した黄金仮面と不二子。





妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

それを悔しそうに見つめる明智は今度ばかりは潔く負けを認めた。




妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

その後二人が乗ったヘリコプターは海岸へ着いた。
黄金仮面と不二子はヘリコプターから降りてボートに乗り込んだ。




妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

不二子は黄金仮面に集めた美術品が無くなってしまったと言うと
不二子がいるし生きているだけでいいと言った。





妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面


あの日から一週間、ある漁船からモーターボートを見つけたと
無線連絡があり行ってみたが、人影は全くなく
中にはマント2枚がきれいにたたまれてその上に黄金の仮面が
ふたつ置いてあった。



波越警部は二人は覚悟の死を選んだのだろうと言うが
明智は二人が外国船に救助されどこかで生き続けていると思っていた。

妖精の美女・江戸川乱歩の黄金仮面

それはもう一度黄金仮面と対決したいと言う明智の希望でもあった。











これ執事の三好役で出ている藤村有弘がいい味をだしているんですよね~。
藤村有弘見ているだけでも楽しめます。


エンディングテーマとして後のテーマ曲として有名になった
例の曲が初めて使用されます。

オープニングは違うんですが、これまたカッコいい。






黄金仮面Ⅱの方はあまり見ないけどこちらはよく見ます。



ハッスル・ハウス クリスマススペシャル  - 2006.12.30 Sat

ハッスルクリスマスSP 2days@後楽園

去年は土日だったんだけど、今年は平日、しかも微妙にクリスマスとはズレていたり・・・この大会2日間とも見ない予定でしたが、なんだか評判が良いとのことで、2日目のみPPV観戦しました。

初日はオフィシャルで動画がアップされるはずなので、見て書きたいようなことがあれば書くかもしれません。

2日目は見たけど、面白かったyo!

■ハッスル・ハウス クリスマス・スペシャルpart.1
~年末ドリームジャンボお宝タッグマッチ~
2006年12月25日(月)後楽園ホール
19:00~ 観衆:2,001人

第1ハッスル
金村キンタロー  VS   Erica×
○ドクロンZ         黒田哲広
7分16秒 ドクロンムーンサルト  

第2ハッスル
○アン・ジョー司令長官  VS    ジャイアント・バボ
TAJIRI                  KUSHIDA×
10分19秒 バボムからのゴッチャンフォール

セミハッスル
川田利明       VS    長州か×
○ \(^o^)/チエ         天龍源一郎       
12分22秒 \(^o^)/サソリ返し

メインハッスル
×坂田亘    VS    RG○
鈴木みのる         大谷晋二郎
12分51秒 ジャパニーズRG(レッグロック)クラッチ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■ハッスル・ハウス クリスマス・スペシャルpart.2
~江頭伝説最終章? 今日はバイト入ってませんSP~
2006年12月26日(火)後楽園ホール
19:00~ 観衆:2,253人


オープニングは妖精さんに扮した寄生虫がバルコニーに登場。既にオフィシャルの動画で見ていたため、PPVでは見なかった。(録画してみたためこういった部分はカットしました)

第1ハッスル
KUSHIDA    VS    TARU○
× \(^o^)/チエ          “brother”YASSHI
10分10秒 TARUドリラー

やっぱり出てきたねヤッシーたち。単発で終わらせるのは勿体無いとおもっていたので、これは嬉しい。ヤッシーは受身がうまく、KUSHIDA、チエちゃんとも見せ場が作れました。特にKUSHIDAとのリズム感溢れる絡みは面白かった。チエも合体技「クリスマスツリー」をお客さんにプレゼントできたしさ。

第2ハッスル
TAJIRI    VS    ジャイアント・バボ
5分48秒 バボム

最近評判が良くなってきているバボ。以前の図体だけデカくて不器用なイメージを払拭しつつあるかんじか。モンスターカラーのあのコスチュームがヒールキャラをコミカルな感じにしているが、ヒールで開花しそうならとことんいっちゃったほうがいいな。このまま突き進めるのか、ハンパで終わっちゃうのか、来年のバボに少し期待。

セミハッスル
○坂田亘     VS    鈴木みのる
崔領二            RG×
1分32秒 ラクダ固め

ハッスルに出たときはマジでいらんと思っていたRGだが、まさかこんなに魅せることができるようになるとは・・・全てが自分の予想通りだったらこんなにつまんないことはないよね。いい意味で裏切ってくれたRGの評価は私ン中でも高いです。
この日はすぐにやられちゃうんだけど、言葉どおり体を張ってるよね。あのバウンドすることにより、痛さ、技のすごさを表現し、見事なやられっぷりで本職のレスラー顔負けだ。

ただクリスマスのスペシャル、ここで試合終了と思いきや、サプライズが。貧乏芸人RGが早々に退散して、リング上にはレスラーが3人。みのるは邪魔者がいなくなったから、もう1試合やろうと提案。2vs1の状況だが、そこにみのるのパートナーが。

なんとハッスルのリングに高山善廣が登場!!

20061226 _1


あれれ、高山ってハッスルに対して、否定的でなかったっけ???
個人的にはだからこそ余計にハッスルで高山を見たかったんだが、まさか本当にこのタイミングで来るとはね。

サプライズハッスル
×坂田亘     VS    鈴木みのる○
崔領二             高山善廣
14分38秒 ゴッチ式パイルドライバー

大森さんときとは違い、この日はガチでGMWや崔と対決。というよりもみのると高山のうまいコンビネーションで見事に分断され、坂田が孤軍奮闘やられまくりでした。

この試合一人で二人にやられまくっていた坂田に対し、坂田コールが自然発生。坂田が「俺がハッスルだ!」と叫びながら、腕とヒザを壊されそうになりながらも必死で耐え、根性をみせてくれた。

坂田がハッスルのリングに上がっていると知って、最初に思ったことはなんで「ハッスル」なんだろう?という違和感みたいなものを感じたのだが、GMWになってからのリング上での挨拶や、マニアで一肌脱いだあの出来事とか、今回のこととかで、彼のハッスルに対する純粋な思いを感じられ、私の中でも高感度更にupですね。

メインハッスル
江頭2:50             天龍源一郎
○大谷晋二郎     VS     川田利明
金村キンタロー          恐・イタコ×
8分59秒 スパイラル・ボム

さぁ、そしてエガちゃんプロレスデビュー!
細いってのは見れば誰もがわかることだが、リングでレスラーたちに囲まれるとそのか細さガリ度が際立ってるよ。スリルに乗って登場!なんとあちち、きんちゃんも一緒。最初エガちゃんピンで登場、あるいはぶりブラで3人一緒かと思ってたんだが。入場時南側客席からエガちゃん登場で、案の定客たちに突っ込んでいってひとりでアツくなりすぎちゃって、あちちはともかくキンちゃんの存在すら薄いものでした。

そして天龍達はなんと馬場さんがいたころの日本テレビでの「全日本プロレス」中継んときに流れてたあの曲で入場。なんと粋な計らいなんだべさ。

20061226_2

江頭と天龍の手四つ。直後エガちゃん、天龍さんの腋毛を抜く。がっぺむかつく!

20061226_3

これは思わず笑っちゃったよ。エガちゃんと恐・イタコがぶつかってそのまま同じように倒れる。文字にすりゃただこれだけなんだが、エガちゃん-イタコのコラボレーション恐るべし!

【雑感】
この大会、あの賛否両論というかどちらかというと批判が多かったハッスル・マニアの次の大会ということで、当初いずれもPPVは購入せず公式の動画なり何なりで楽しむつもりでした。ただ評判の良さから2日目のみ購入しましたが、買ってよかった。単純に楽しめたし、来年3月からスタートする「新生ハッスル」に対し、期待感が持てた。

今年は嬉しいことも、そして辛過ぎることも、いろんなことがありすぎて、思い出深い1年となった。

3年という年月は一区切りつけるのにちょうどいいのかもしれない。来年ハッスルは4年目に突入します。
まさかここまで続くとは思ってなかった。最初は自分も批判的な部分が多く見てたけど、そのうちに面白さ、やがては係わってる人たちの「熱」を感じ見るようになったからね。

今DSE的にも岐路に立たされてるわけで、ハッスルをどういう方向にもっていくのか、新しいハッスルを楽しみに待ちたいと思います。

藤田×クルタニーゼ カード決定が遅い、吉田×トンプソン最終カード決定と渋谷109イベント - 2006.12.28 Thu

今日は時間も遅いのでちょっと軽めに。

本当にカードがなかなか決まらない年ですね。
先週金曜日にようやっと藤田和之が参戦することが決定しました。これで現在9カード。私は男祭りで藤田が見たかったので、非常に嬉しいんですが、対戦相手のエルダリ・クルタニーゼはあまりファンの間での評判がよろしくないみたいで(苦笑)。グルジアのオリンピックメダリスト。確かに34歳という年齢、そして170cmという身長からやや微妙なにほいを感じたりもしますが、アマレス経歴はすごいんだね。

1993年 世界選手権フリースタイル90kg級 銀メダル
1996年 アトランタ五輪フリースタイル97kg級 銅メダル
1997年 世界選手権フリースタイル97kg級 銅メダル
2000年 シドニー五輪フリースタイル97kg級 銅メダル
2002年 世界選手権フリースタイル96kg級 金メダル
2003年 世界選手権フリースタイル96kg級 金メダル
2004年 アテネ五輪フリースタイル96kg級 8位
2005年 世界選手権フリースタイル96kg級 銀メダル
2006年 ヨーロッパ選手権フリースタイル120kg級 銅メダル
2006年 世界選手権フリースタイル120kg級 10位

(以上、kamipro handのコラムから)

GKこと金澤さんのコラムでの藤田のインタビューで藤田自身は相手を決してなめてなかったよ。今年のトンプソン戦での苦戦ぶりを見ても、藤田快勝とはいかないんじゃないでしょうか。私はこの試合楽しみですけどね。写真を見る限りでも野性味溢れる風貌で、野獣藤田との対戦は面白いんじゃないかな。

本部長のブログだと先週吉田の相手が決まらないと言ってたんだが、吉田本当に男祭り出るの?もう1週間切っちゃったよ。

そして菊田早苗名人も大みそかの出場予定選手だったらしいけど、自身のブログで出場はほぼなくなったって言ってるね。

菊田先生ブログでのつぶやき

この下のほうにあるビリー・ジョエルのライブのエントリーで、想像以上にファンからの反響があり、それに菊田先生がちゃんとレスしてるのがすごい。

以前にもこの人のブログ面白いなと思ったことがあったんだけど、11月に武士道でレノグと戦ったじゃないですか。でも菊田の技をするするっとまるで軟体動物のようにすり抜けていったレノグに不思議な感覚を抱いたんだが、そのレノグ戦についても愚痴っています。ちなみに試合は判定で菊田の勝ち。

でも、こういう話は興味深く読めていいわ。あのスルリと抜け出すレノグをみて本当に不思議な感じがしてたんだよね。その訳はレノグが軟体動物だったからではなく、汗で菊田の技が決まらなかったワケでもなく、明らかに人工的な”ニュルニュル”の仕業だったんだね。

さぁ近藤さんのインタビュー見たら寝るとするか。

(2006年12月26日)


■吉田×トンプソン最終カード決定と渋谷109イベント

昨日最後のカードが発表された。
もう文句は言うまい。当日は楽しむこととするよ。

吉田秀彦vsジェームス・トンプソン

バラさんが言ってたけど、待たされて断ることも出来ただろうに、辞退せず出場してくれた吉田、そして急遽電話でオファーをもらい、すぐに来日してくれたトンプソン。この経緯を知ってしまったら、もう何もいえないと思ったね。

よく見りゃ結構面白いカードが揃ってるよ。ライト級の3試合はもちろん、吉田トンプソンも今回は吉田苦戦するかも。案外面白い試合になるかもしれん。

今日は用事があって会社を早退したので、渋谷のイベント行けるかなと思ってたんですが、想定外の事件があり結局行けずじまいでした。
今オフィシャルの動画で昨日の記者会見とイベントの様子を見たよ。

今回も渋谷109前でやり、吉田、ノゲイラ、ショーグン、トンプソンが出てた。写真撮影前にいきなりTシャツを脱いだトンプソン。今日は比較的暖かいとはいえ、さすがに上半身裸は寒いだろうに・・・
選手が登場する前は、レニー・ハートさんがファンのひとりを巻き舌でコールしてた。いやぁ迫力あるわ。

イベントはすごく短かった。またまた途中で警察からストップがかかり、慌しく各選手がコメントを残し終わってしまった。

そしてこのイベント終了後の取材では、意外な事実が明らかに。あたしゃてっきりチケットの売れ行きが良くないと思ってたんだが、誰もが賞賛する今年の無差別級GP決勝戦を超える数字になりそうなんだと。たしかあれって47,000超えだっけ?正直地上波を失った大きさを感じており、今年最後のPRIDE、スペシャル感が漂う男祭りとはいえさすがに苦戦するんではないかと踏んでいたんだが。

この地上波撤退後の男祭りオープニングはもしかしたらないかも!?なんて思ってたんだが、これもまた何か企画を考えてるみたいね。あっ、あと花道は1本でお願いします。

遅い時間でショボ記事になってしまったが、とにかく来れるやつは大みそか埼玉まで見にこいやー!!!

天皇杯準々決勝 清水エスパルス戦、天皇杯準決勝 浦和レッズ戦 - 2006.12.24 Sun

天皇杯準々決勝 鹿島アントラーズ 3-2 清水エスパルス
2006年12月23日(土) 熊本県民総合運動公園陸上競技場 15:00キックオフ/5,737人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、新井場 徹
MF 中後 雅喜、野沢 拓也、ファビオ サントス、本山 雅志
FW ダ シルバ、田代 有三

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF 増田 誓志、山本 拓弥
FW 深井 正樹、柳沢 敦、田中 康平

【得点者】 10分、50分 矢島 卓郎(清水)、54分 田代 有三、79分 本山 雅志、88分 柳沢 敦(以上、鹿島) 
【交 代】 70分 ファビオ→深井、70分 新井場→山本、72分 ダ シルバ→柳沢

今年はカップ戦と相性いいですね。
昨日の試合はBSで録画放送やってたみたいだけど、全く知らずに見逃してしまいました。シーズン終盤活躍し始めた田代がゴール。久々にヤナギまで(笑)。篤人も好調だったらしく、なんか最近ようやっと安心して鹿島の試合を見れるようになってきたのかな?少しずつだけどチームに一体感が出たというかんじなんでしょうか。

以前は相性が悪いと言われてた清水だけど今年は3連勝、次はここ数年相性が良くない浦和レッズと対戦するんだけど、最近の鹿島の雰囲気だと次はいけるんじゃないでしょうか。そろそろ浦和に快勝したいところです。なーんとなく元旦が見えてきた感じだね。

ただ決勝ってチケットが完売してるみたいだね。

親の入退院もあって鹿島関係含め全部のメールの返事一ヶ月半前のものからだせてなくて、さらに携帯機種変で今までの電話帳のデータが全部消えてしまってしまったり、気持ちに余裕がなくていくつものものを同時に追いかける時間・・というかハッキリ言って気力がなく情報不足だったよ。でもやっぱ決勝だし最後鹿島が残るんならひとりでも決勝行こうかなと思って調べてみたけど時既に遅しってかんじでした。

天皇杯もここまできて改めて思ったんだけど、やっぱりフェルナンドやアレックス達も最後まで残って戦ってくれればよかったな。フェルナンドは怪我だったんだっけか。

そして、この間引退を発表した本田さん。正直鹿島で選手生命を終えてくれたことが嬉しかったり。選手として考えればまだまだやれるはずなので他チームで頑張ってもらうのが一番なんでしょうけど。本人も相当悩んだみたいね。だけど鹿島以外のユニフォームは着れないって、泣かせることを言ってくれるわ。ただハネがセレッソへレンタル移籍が濃厚、深井も移籍を匂わせるような発言があり、これは淋しかったね。出場機会に恵まれなかったハネはともかく、深井は鹿島に必要な選手。このまま鹿島に残留してほしい。昨日のJ's GOALで見た試合後のコメントだとまだ気持ちが揺れているみたいだし、鹿島に残って来年も活躍してほしい。ハネは淋しいけど、考えてみるとあのリハビリ期間の長さから、もうピッチ上で見ることが出来ないかもと思っていたので、ホントよく戻ってこれたと思ってる。そう考えると出場のチャンスがあるチームを選んでしまうのはしょうがない気がするな。

さぁ、次の浦和戦。私は仕事納めなので行けませんが、今度こそ浦和に勝って元旦国立へ行きましょう。



■天皇杯準決勝 浦和レッズ戦


天皇杯準決勝 鹿島アントラーズ 1-2 浦和レッドダイヤモンズ
2006年12月29日(金) 国立競技場 15:04キックオフ/35,782人

【スタメン】
GK 曽ヶ端 準
DF 内田 篤人、岩政 大樹、青木 剛、新井場 徹
MF 中後 雅喜、野沢 拓也、ファビオ サントス、本山 雅志
FW 田代 有三、柳沢 敦

【控え】
GK 小澤 英明
DF 大岩 剛
MF 本田 泰人、ダ シルバ、増田 誓志
FW 深井 正樹、田中 康平

【得点者】 40分 小野 伸二(浦和)、69分 岩政 大樹(鹿島)、82分 ポンテ(浦和)  
【交 代】 65分 柳沢→ダ シルバ、65分 新井場→深井

2006年度の全日程終了しました。

今年こそは元旦、決勝へいけると思っていただけにガッカリ。
昨日も仕事が早く終われば国立へ行こうと思っていたんだけどなぁ。結局早く終わらずに行けなかった。席まで確保してもらっちゃったのに、悪いことしたなぁ。

最初のメールが来たとき、鹿島の得点だと思い込んでて開いてみたら、小野タンのゴールでしたよ。。
ただその後追いついたでしょう。だから3つめのメールも「おっ、逆転か!?」なんて思ってたら今度はポンテのゴール。しかも時間が82分の得点で「あと少ししか時間ないじゃん!」

もう元旦の決勝戦行くつもりだったから最後のメールも同点のお知らせで、延長戦だと思っちゃったよ。「試合結果」だったのを知り、一気に疲れが出てきました。

本当にここ数日、決勝戦へ行くことばかり考えていて、ナビスコの決勝は自分自身特殊な忙しさもありそれどころじゃない状況でグダグダだったが、今回は決勝行ってね、一区切りつけたかったのよ。2003年1月1日、同じ天皇杯の決勝戦で京都に敗れたでしょ。あれからリーグ、ナビスコ、天皇杯でタイトルが獲れなくなって、今回は準決勝までいったので、決勝まで行き優勝して、あの時から続くモヤモヤ感にピリオドを打ちたかったんだけどな。

そして去年果たせなかった、大みそかの興行と&天皇杯の決勝、この2連チャンに挑戦したかった。

『理想と現実』

去年も鹿島は準々決勝だったっけ?大宮に負けて早々に終わってしまったんだけど、大みそかとあるイベントへいったら、前のほうにレッズサポがいて「こいつら、明日は天皇杯行くんだろうな」と悔しい思いをしたので、昨日の試合鹿島が勝って、今年は自分が大みそか&元日現地観戦、この2日続けての”私的大イベント”を敢行する予定だったんだが、今年も夢破れました・・・

だから今年は近くにこういったサッカーグッズを身につけたやつらがいないことを祈る。

せめてなぁあっちが2002年から晦日のイベントやってれば、翌日国立へ見に行ってるからこの夢果たせたんだけど、来年へ持ち越しますわ。

昨日は録画して見ないつもりでいたけど、正月少しだけ見てみようかと。ホラ最近鹿島の試合テレビでも見れてないから、動いてる鹿島の選手たちを見ておこうかと、それだけなんだけどね。

監督たちは今日から続々と帰国するみたいね。なんだかよくわからんシーズンで監督もどんな人だったのか、理解できないまま終わってしまった。次期監督は報道されてるオリなんとかって人なんでしょう。外国人選手はDFファボン、MFダニーロ、FWマルキーニョスが来るらしいね。

来年に向けて期待感なんてものは正直感じられないが、とにかく頑張ってタイトルをとりたい。もう10冠っていうより初戴冠ってかんじですよ。

明日で今年も終わり。
来年は良い年であるといいなあ。
じゃ鹿の人たち、良いお年を。

(2006年12月30日)


クリスマスのイルミネーションスポット - 2006.12.22 Fri

いやぁ~最近めっきりと寒くなりましたね~。
忘年会シーズン、風邪などひかぬよう気をつけましょう。

さて、ネットを見てるとクリスマス特集ばっかですが、ちょっと暖まりたいと思い、温泉宿などを探していたところ「じゃらん」がイルミネーションスポットを特集してました。

まぁ台場が出てくるのは納得なんですが、こんな場所を見つけてしまった。
(※注:台場って響きはロマンティックですが、この時期いったけど屋外はメチャ寒いゾ!レストランは夜景が見えるところは予約したほうがいいよ)


ちょっと私の中ではクリスマススポットとしてはピンとこない場所。

さいたま新都心 けやき広場

さいたま新都心 けやき広場って

アンタそりゃ、PRIDEの聖地、「さいたまスーパーアリーナ」があるところですよぉ!
このけやき広場抜けてたまアリ行ってるんですから!
あたしは大みそか、この場所へ行くんですが、まだ飾られたまま残ってますかね?普段気にしてないんでどうだったか覚えてないんですがw

去年の半ばからこのブログを始めてるので、当然去年の男祭りも書いているわけですが、去年は会場へ入る前の様子を忘れたんで、今年はたまアリ入る前からその様子をカメラにおさめるとするかね。


と申しますか、当日はけやき広場あたりから「ダンダンダダン♪」っていうPRIDEのメインテーマ曲が流れてて、ハイプラの受付所あるし、グッズ売り場なんか人だかりで、多分当日は入場するのに手一杯だし、帰りはとっとと帰りたいしで、イルミネーションもクソあったもんじゃないと思いますけどね。まー余裕あったらその辺りの様子も書きますか。

そしてプロレスの聖地「後楽園ホール」のそば東京ドームシティウインターイルミネーションもあった。

このさいたま新都心も、東京ドームも「二人で歩きたいイルミネーションスポット」の中にエントリーしてるのがスゴイぜ!

こちらはね、去年のクリスマスイブに後楽園ホールまでハッスルの試合を見に行ってまして、その帰りに寄ってきてるんですわ。

去年このドームのクリスマスのイルミネーションについてはこちらの記事を書いてるんだよね。全くロマン溢れないひどい内容ですがw

ということで今年はハッスルのクリスマス行きませんが(だって、今年は何故か平日だよ。仕事があるよ)、みそかについてはゆっくり記事を書こうかと思っております。

JJモデルも愛用のローラーで小顔美人に - 2006.12.19 Tue

さぁクリスマスまであともう少し♪
街のイルミネーションもきれいですね
ロマンティックでオシャレ心もくすぐられます。

ボーナスシーズンということもあり、この時期はセールでお買い物好きにはチャンス!私も久しぶりにヘアスタイルを変えようかなぁなんて考えています。洋服や服も買いたいですね。ワードローブを見直してから買いに行こうっと。

「小顔美人」

体がスリムでも顔がふっくらしていると、ちょっとポッチャリ目に見えてしまう。そんな悩みを抱えてる人は私の周りにもいます。もうちょっとスッキリしたらイメージが違うんだけどなって思っちゃいますよね。

JJのモデルでおなじみの有村実樹ちゃんが愛用してるプラチナローラーというのがあります。あの@コスメでも大人気
広尾の高級エステで開発され、サロン内でもほとんどのお客さんが買っていくそうです。

プラチナローラーとは3分間、肌の上で転がすだけでフェイスラインがリフトアップし、すっきりした印象になります。素顔じゃなくても、化粧の上から転がしてもOK!軽いので化粧ポーチに入れて携帯することが可能。この時期忘年会も多いと思いますが、お酒でむくんでしまった顔もすっきり。

加齢とともに肌のたるみが気になる方にも効果あり。
東急ハンズで実演販売もやっています。

創業18年の老舗エステサロンだからこそ開発できた美顔器です

上質素材を使いハンドメイド仕様です



こういったサロン内で評判がいい商品はハズレがないですよね。私がいってる美容院でもヘアアイロンを開発し、それがテレビの通販で紹介されていました。こちらはどうして開発するに至ったのか私がやってもらっている、スタイリストさんに聞いたんだけど、興味深い話でしたよ。こちらも人気商品だって言ってました。

そうそう、有村実樹ちゃんのヘアスタイルもいいんですよね~。


郷野×近藤、ジョシュ×ノゲイラ - 2006.12.19 Tue

近藤さぁーん!!


カッコイイ!

あぁ今年も男祭り出てくれるのね。正直今年はイマイチといいますかよくなかったからナシなのかと思ってた。この間パンクラスでの試合もあったし。でもその直後に、男祭り出たいって言ってたでしょ。だから期待はしてたんだよね。

で、今日追加発表をされた2カード

■郷野聡寛 対 近藤 有己

■ジョシュ・バーネット 対 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

郷野と近藤さんの会見を見ましたがいいですね~。お互いを認め合った発言で、郷野がいつになくシリアスでダジャレがスベってましたがw

うんうん、この試合個人的には楽しみだよ。とはいいつつもですね、判定になると予想しており試合を見た後の感想は短いものになると思いますが。あたくしとしちゃ、近藤さんが見れるというだけでいいのだ。

そしてこの試合の煽りが楽しみだ。試合自体にあまり興味はないものの、田村vs美濃輪の煽りも楽しみです♪佐藤Dよろしく。
そういや毎週月曜にkamipro handで佐藤Dのインタビューやり始めたね。今日はヒョードルとハント、武士道3カードについて語っていた。当日はどんな煽りが見れるのか今から期待ですっ!!

そして、もうひとつのカードがジョシュとノゲイラの再戦。
これはまだ早いんじゃないの!?正直どちらにとっても今やるのはおいしくないと思うんだけどなぁ。特にジョシュ、もしこれで負けたら次へ向けてのストーリーが展開しづらくなるよ。近い将来やるんじゃないかと勝手に思っているヒョードル戦へ向け、負けたらどうやってここまで繋げていくの?

9月に判定でノゲが負けてから、早いタイミングでの再戦を希望してるコメントがあったのでやーな感じはしてたんだけどね。もっと大切にすべきカードだと思うんだよ。

これで今のところ8試合、あと2試合が追加されると考えて良いのかな?多分吉田出場は確定なんだろうね。それよりも藤田の方が見たいんだが。だけど2月にベガスでの大会が開催されることが決定してるから藤田とかタイトル戦やるといわれてるシウバ、あと予定選手にラインナップされてたマッハなんかはベガス要員かな。

今年は男祭りで藤田和之がみれると思ったのに・・・
いっそのこと私が男祭り参戦を熱望してる(この人の煽りがみたい)中尾"KISS"芳広さんと藤田を闘わせてみてはいかがかしら?
案外面白い試合になるかもよ!

オープニングで本部長と一緒に暴れ太鼓でもいいけどさ!

PRIDE動画 2003年以前 - 2006.12.17 Sun

■PRIDE.25
2003年3月16日 横浜アリーナ

第7試合 ケビン・ランデルマン VS クイントン・”ランペイジ”・ジャクソン



柏レイソルの「レイソルブログ」 - 2006.12.16 Sat

『ブログ』という言葉が浸透してだいぶ経つ。


更新の頻度が低いとか箱だけしか作ってないなんて人もいるでしょうが、自分のブログをもっている方も多いだろう。
自分のホームページ(サイト)を作るというのは難しそうだが、簡易日記風で登録をした時点で標準のテンプレートがあり、HTMLなどの知識がなくても簡単に出来、メールを書く感覚で作れるブログが人気が出たのはよくわかる。しかも、サーバーやドメインを無料で借りれる。タダで作れる高性能なプロバイダーが増えてきた。

こちらはFC2BLOGだが、カスタマイズの自由度が他の無料ブログに比べて高く、しかもテンプレートの数も豊富で満足をしている。ユーザーが多い割には不快なトラックバック(スパム)もほとんどないし、何よりユーザーが増えるときちんとサーバーを増設してくれるので、アクセスがスムーズでよい。

しかしながら初心者や中級者レベルでは満足できたことも、使いこなして上級者になるにつれ、無料ブログの限界というものにも気がつき始める。ブロガーによってはテーマ毎にブログを複数持っている人がいて、無料のブログだと管理がしづらいことも多いのではないだろうか。リンクさせるとしても手作業での更新、正直めんどくさいなぁと思っちゃいますよね。

企業もサイトより更新の手間に時間をとられない、サイトよりも管理者の声が伝わりやすくユーザーに身近に感じてもらえる、ブログを導入するところが増えてきました。上級者のブロガーさん、企業などはMovable Typeを利用してる人が多いのではないでしょうか。次に書くサッカーチームもこのMovable Typeを利用し、ファンへの情報発信を行っている。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (275)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (69)
ライフスタイル (658)
土曜ワイド劇場 (122)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (59)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (184)
格闘技・プロレス (445)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「女弁護士朝吹里矢子・レイプされた恋人」 (1982年)  夏樹静子 『親告罪の謎』 Sep 24, 2017
美女シリーズ9 赤いさそりの美女・江戸川乱歩の「妖虫」 (1979年) Sep 23, 2017
「じゅく年夫婦探偵・新婚旅行は殺人旅行」 (1982年) フルムーン探偵シリーズ第1弾 Sep 22, 2017
「血塗られた薔薇」 (1986年) 探偵神津恭介の殺人推理第5弾 Sep 21, 2017
「35年目の亡霊・学童疎開殺人事件」(1980年)  斎藤栄 『運命の死角』 Sep 20, 2017
「悪魔を見た家族・運命の糸にあやつられる妻」 (1981年)  斎藤栄 『悪魔を見た家族』 Sep 19, 2017
「変装探偵!殺人鬼はバラが好き」 (1981年)  変装探偵シリーズ第1弾 Sep 18, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017
ベルギー奇想の系譜展@ザ・ミュージアムはおすすめの展覧会 Sep 16, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる