FC2ブログ
2009/02/13
2009/02/12
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2009年02月

        

「闇からの狙撃者・二億円強盗と結婚した女」 (1982年)  鷹見緋沙子 『闇からの狙撃者』

category - 土曜ワイド劇場
2009/ 02/ 13
                 
二億円強盗犯が地位と美しい妻を手に入れ
過去の悪事を知る人物を次々と殺していく。


●「闇からの狙撃者・二億円強盗と結婚した女」  1982年2月13日
原作: 鷹見緋沙子  『闇からの狙撃者
脚本: 長野洋
音楽: 中川昌
監督: 土井茂
制作: 大映企画、大映京都撮影所
出演: 江原真二郎、中尾彬、柏木由紀子、
荒谷公之、ケーシー高峰、浜村純ほか



闇からの狙撃者

会社員の俊一(江原真二郎)はかつて二億の大金を強奪した犯人だった。
そうとは知らず俊一と幸せな結婚生活を送る登志子(柏木由紀子)のもとに
旧友の中井(荒谷公之)が現れた。


俊一は乗っ取った重役の地位と美しい妻を失うまいと
旧悪を知る男を次々に殺しにかかる。




闇からの狙撃者 (1981年) (徳間文庫)




一家五人が住む農家へ、ある夜強盗が押し入って
土地売却で得た二億円を奪って逃走した。

犯人は通称背の高い荒川と、ずんぐり体形の戸田で
競艇場で知り合ったことからこの名前で呼び合っていた。
お互いに足がつかないようにお互いの事は何も知らなかった。


荒川は女癖がとても悪く、一家の年頃の娘を襲おうとしたが
これは戸田がなんとか止めて事なきを得ていた。


しかし、荒川は最後に金を独り占めしようと
ナイフで戸田を刺したが、これを予想した戸田も
素早く身をかわして致命傷とはならなかった。


荒川が戸田を仕留めようとしたとき
警察が来て、負傷の戸田を逮捕したが
荒川はそのまま逃げ切った。



あれから五年---。

戸田こと谷村専吉は刑期を終えて娑婆へ出てきた。
谷村は早速荒川を見つけ出し、二億円を奪い返し復讐することにする。
だが、荒川が誰なのかがさっぱりわからない。


荒川は窃盗で前科持ちだった。
自分は荒川を知らないが、相手は自分に盗みの前科があり
協力者として白羽の矢を立てたのではないかと推測した。
当時の記憶を洗い出し、板橋の中華料理屋でバイトをしていた
デザイナーとして自立した女性となっていた、
藤原君子の現在の居所をつきとめた。






一方、相馬武夫は秋田出身の長身で、大学時代の友人
野崎俊樹が専務をつとめている会社で働いていた。
相馬は登志子という妻がいながらも
女癖が悪く野崎の秘書の圭子とも関係を持ち
会社の金を使い込んでいた。
圭子は独身の野崎友関係があった。


使い込みを知った野崎はこれを理由に登志子を呼び出すと
ホテルで強引に関係を持った。
登志子は夫にはばれていないと思っていたが
相馬はこれを承知で、妻の差出料としてさらに金をふんだくっていた。



そんな相馬にはひとりだけ長く関係が続いている女がいた。
それが君子だった。
久しぶりに君子に連絡を取り彼女のマンションで会うことになった。
待ち合わせの時刻に合鍵を使って部屋に入ると君子は殺されていた。
合鍵の指紋を消し引き出しに投げ込んで逃げた。


入れ違いに谷村がガラスに穴をあけてロックを外し君子の部屋に侵入した。
そこで、君子の死体を見つけ逃げようとしたときに
かつて世話になった中尾刑事が部屋に忍び込んできて谷村の前に姿を現した。

中尾は不祥事で警察をクビになっていた。
谷村に荒川が奪った金を取り戻して山分けしようと持ちかける。
谷村はこれまでの経緯を説明し、荒川に秋田訛りがあったことを話した。


相馬のもとに君子が殺された当日現場から出ていく姿を見たと
謎の人物から電話が入り、日曜日の午後一時銀座四丁目の交差点で会いたいという。
その付近の相馬の馴染みの喫茶店で待ち合わせることとなった。

同様に谷村の元にも、荒川を名乗る人物から
日曜日の午後12時に銀座四丁目の交番の前で
強奪した金を渡すと呼び出しの電話が入る。


しかし、その両方ともに呼び出しをかけた相手は現れなかった。


谷村は中尾の家へ行き、今後の方針などを打ち合わせた。
そこで何者かが谷村を銃で撃ち殺し、中尾も撃たれて傷を負った。
このままだと殺されると思った中尾は燐家に救いを求め
通報から刑事にこれまでのことを告白せざるを得なくなった。




ある日、相馬は野崎から呼び出しを受けて
自分も不正を行っていてその始末に協力して欲しいと呼び出しを受けた。
軽井沢にある会社の山荘でその処理を一緒にすることになった。
これには秘書の圭子も連れていき3人で行うのだという。



そして、相馬には内緒でということで野崎は登志子も
軽井沢に呼び出すのだった。
登志子は野崎との関係を終わらせたがっていた。
野崎は軽井沢に来てくれれば別れてやると言う---
.


///////////////////////////////////////




短めの小説で重くないから手軽に読めるのがいい。

話はここから自分ある思い込みを持って読んでいたことを知らされる。
それがわかれば2億円のありかや、これまで疑問に思っていたことが氷解された。

そして、最後にもう一波乱あり意外な人物が微笑むのだった。

「闇からの狙撃者」にはもうひとつ「覆面レクイエム」という
短編小説が収録されています。


複数の殺人事件が起こるが、警察は最後にちょっと出てくるだけ。
警視庁捜査一家の興梠(こおろぎ)警視で、
「覆面レクイエム」でも登場しています。


私が読んだ1981年の初刷では鷹見緋沙子というのは
1943年横浜市生まれとしか書かれていないが
どうやら覆面作家で何人かの有名な作家の集まりのようだ。
解説ではこのほかに東京女子大中台、神奈川県在住の主婦という
記載も見られた。




「闇からの狙撃者」は大谷羊太郎が
「覆面レクイエム」は天藤真が書いたようです。

「覆面レクイエム」はある売春組織の経営者の女性が殺されて
そこから始まる連続殺人。
最後に意外な人物のたくらみが明かされる。
でも、これは多分こうなんだろうなぁというのは推測しながら読んでいました。




ドラマの方は江原真二郎が主演という地味もあり
全く内容を覚えていないのですが
多分原作とはかなり設定や登場人物のキャラクターが
変わっているのではないかと推測します。


脚本が長野洋ですので、そこらへんは上手く書かれているのではないでしょうか。

鷹見緋沙子は他にも「悪女志願」(1986.6.7)と「悪霊に追われる女」(1989.12.2)が
いずれも片平なぎさ主演で土ワイでドラマ化されています。


「悪霊に追われる女」は最近再放送をみたけどつまらなかったなぁ。








                         
                                  
        

「夜に消えた妻・蒸発か誘拐か」 (1983年)  ハワード・ブラウン『夜に消える』

category - 土曜ワイド劇場
2009/ 02/ 12
                 
土曜ワイド劇場で


「蝶たちは今・・・冥土からの手紙・死者からの電話」

「大豪邸に残された嫁と姑・銀座うしの時参り殺人」


などで監督をつとめた石井輝男の作品。
地味ながら面白い内容に仕上がっていました。




●「夜に消えた妻・蒸発か誘拐か」  1983年2月12日
原作: ハワード・ブラウン  『夜に消える
脚本: 田上雄
音楽: 鏑木創
監督: 石井輝男
制作: 東通企画
出演: 林隆三、佳那晃子、柏木由紀子、小池朝雄、
戸浦六宏、河原崎建三、佐野アツ子、小野進也ほか



夜に消えた妻



広告代理店の常務取締役児玉英介(林隆三)は
妻玲子(柏木由紀子)と娘のはるみ(松本由香里)を連れて
信州へドライブに行っていた。

深夜、帰る途中、眠気を覚えた英介は車をレストランへつけた。
食事をして、数時間仮眠をとってから車を走らせ自宅に到着した。


車を降りた玲子は家へ入ったかに見えたが、そのまま忽然と姿を消した。

さらに、燐家の藤田正人(水村泰三)が何者かに頭を割られ
意識がもどらないまま死亡してしまった。


取り調べに当たった箱崎警部(小池朝雄)は、
二つの事件は関連があるとにらんでおり
英介の身辺を探っていた。



夜に消えた妻


英介には社内にイラストレーターの的場律子(佳那晃子)という愛人がいて
玲子とはうまく行っていなかった。
それが、失踪の原因とも考えられた。
箱崎は英介を犯人だと疑っている。


英介は真実を暴こうと、玲子を探すテレビ番組を作り
強引に玲子探しを呼びかけた。


集まった情報を頼りに探し回る英介。
後藤(砂塚秀夫)というタクシー運転手が
玲子らしい女性をマンションまで送ったと通報し来た。


英介がその部屋を訪ねると、そこには窪田牧子(佐野アツ子)という
厚化粧の女がいた。

数日後、その牧子も何者かに殺されてしまう。








八月も末に近い暑い夜、エイムズ・コーエルは妻レオナ、
もうすぐ三歳になる娘フィーウィーとともにメイン州にある避暑地から
ドライブを終えて帰宅するところだった。


午前二時、ようやく自宅に到着するとエイムズは
娘と荷物は自分が面倒をみようと妻を先に行かせた。
すでにレオナは車から降りて歩道を渡り
玄関口の石段を上がり始め鍵を探していた。

エイムズがフィーウィーを抱いてあとに続いた。
家には灯りがともっていたものの、レオナに話しかけても返答がない。
二階にも化粧室にもその姿はなく、レオナが持っていたバッグだけが残されていた。
僅かな間に忽然と姿を消してしまったのだ。




しかし、警察に届けるのにはまだ早い。
思いあぐねた末に、隣家のマークとサリーのフレモント夫婦の家に電話をした。
遅い時間だったがまだ灯りはついていてダイヤルを回すとサリーが出た。



エイムズはさっき旅行先から帰ってきたが、エレナの姿が見えなくて
そっちに行ってないかと聞いてみた。
夜中の二時過ぎに?と言われたが、灯りがついていたことに触れると
そこはマークの書斎だった。
書斎にも電話があるので起きていれば、休んでいたサリーよりも先に
受話器を上げたはずである。


そのことに気がついたサリーは電話をそのままにしてマークの様子を見に行ったが
今度はマークがいなくなっていた。




エイムズは結局警察に電話をかけ、彼らが到着すると
聞かれるがままこれまでのことを話した。
警察は通りの植え込みにマークが頭を殴られ
倒れているところを発見されたと教えてくれた。

レオナの失踪と関係があるのか意識の回復を待っていたが
一度も戻ることはなくそのまま死亡してしまった。




エイムズはニューヨークにあるフリーボルト・アンド・フロームという
大手の広告代理店で重役の職についていた。
社長はメキシコに行っていてしばらく帰ってこない。


エイムズは警察はあてにならないと思っていて
社長が帰ってくる前に会社を巻き込んで
レオナの大々的な捜査を始めようとする。




テレビやチラシなどを使い、レオナを見たものはいないか
会社のスタッフを使って大掛かりなキャンペーンを仕掛ける。
難色を示す監査役には女性関係のネタをちらつかせ
黙認させたりと短期戦で一気にレオナの居所を突き止めようと動く。

レオナが夜の闇に消えてからどんどんと時間は経過していく。
なかなか有力な情報にありつけずエイムズの焦りは募るばかりだが
ようやく失踪時妻が着ていた白のコートを着た女が
バッグも持たず列車に乗っていたとの情報を得てその女を追跡する。



白いコートの女はジャニス・クイルというブロンド女で
バッグは持ってなかったが、コートの下に着ていた服は妻とは違うものだった。
その他はこれといった収穫は得られなく引き返すこととなる。


事件を担当しているボックス警部に呼び出された。
あきれたことに彼はエイムズが妻を殺したのではないかと疑っている。



帰宅してフィーウィーの面倒を見ていると
「パパ、ママはどうして一緒に帰ってこなかったの?」と彼女が聞いてきた。
エイムズは「一緒に帰ってきたじゃないか。お前も見ただろ?」と答えたが
彼女は帰りは車の中が暗くてわからないという。


気になったエイムズがさらに話を進めると
三人が食事をしに入ったレストランで
レオナはひとりでトイレに行き
その間にエイムズはフィーウィーを車に乗せた。
戻ってきたレオナと思っていた女は
フィーウィーに言わせると違う人だというのだ。



深夜十二時過ぎに疲れて立ち寄ったレストラン
”インドア・イン”での出来事だった。

エイムズはハッとしてようやく妻がなぜ失踪したかが見え始めてきた。
これまで自宅に帰り自分が入る僅かな時間で姿を消したと思っていたのが
そうではなかったのだ。




エイムズはそのときの記憶を辿ってみる。
食事を済ませたあと、白のサマーコートを着たレオナは
化粧室へひとりで入っていった。
いくら化粧直しをしてるとはいえ、この日のレオナは遅かった。
するとボーイがやってきてエイムズにレオナが疲れていて
先に車に行ったと言づけに来た。
エイムズは勘定を済ますとフィーウィーを抱き上げて
雨が降る暗闇の中を駐車場へ向かい。
レオナの隣にフィーウィーをおろすとすぐに車を発車させた。
後部座席に座る二人は寝ていたので、家に着くまで会話はなかった。


その時白いコートを着てバッグを持っていなかったジャニスの存在が浮かんだ
エイムズは協力者の手を借りて、ジャニスのアパートの合鍵を盗みだすと
彼女の部屋に侵入した。
そこで見たものは、世にもすさまじい形相をした
変わり果てたジャニスの姿だった。



エイムズはすぐに部屋を飛び出さずに、何かレオナの居所がわかるものが
残されていないだろうかと部屋を物色し、レオナの白いコートを見つけた。
そこへ電話がかかってきて、レオナにマーティ・ドライという男友達が
いることがわかりジャニスの部屋にあった写真から
マーティの居所を突き止め会うことが出来た。


エイムズは銃を持ち、マーティにジャニスが殺されたことを教えてやり
脅しながら妻の失踪について彼から聞き出した。


エレナが連れ去られたことにはやはりレストラン”インドア・イン”が絡んでいた。
化粧室を出た時のことで、事故のような出来事だった。
オーナーのフレッド・インドーフがお尋ね者の
トニー・サラゾを匿っていた部屋のドアを誤って開けてしまったことが
不幸の始まりだったのだ。

彼らはジャニス・クイルを絞殺し、
レオナの代役を演じたジャニスの姿を
目撃したマーク・フレモントを殴り殺した。
このことですでに二件の殺人事件を犯している。


早くしないとレオナの命があぶない。
警察も容疑者はエイムズだと思い動き始めているようだ。


刻々と時間が過ぎる中、エイムズはレオナを救い出そうと
犯人達に立ち向かっていくがーーー。




/////////////////////////////////////////////////////////////




原作はハワード・ブラウンの「夜に消える」 (THIN AIR)1954年作です。

「血の栄光」などの探偵ポール・パインシリーズで人気がある
作家のジョン・エヴァンズがハワード・ブラウン名義で発表した作品です。

ドラマとは違い、社内不倫はなく
妻との関係にも問題はありません。

多分ドラマでは主人公が不倫をしていることで
妻失踪の容疑が濃くなる必然性や
ロマンスの要素を加えたかったので
ドラマオリジナルの不倫を加えたのかなと思います。




見たのはかなり前になるのであくまでも記憶ですが
エンディングが音楽外国語でそれが印象に残ったのを覚えています。
一瞬にして妻が姿を消した謎と
不倫の恋のはかなさがそのエンディング曲とミックスされ
より記憶に残ったのではないかな。



昔のことなので、合っているかどうか
すごく自信があるわけではないですが
そんな曖昧な記憶が残っています。




林隆三と小池朝雄というとTBSのドラマ「野生の証明」が思い出される。
今回は主人公は犯人ではないのですが
「野生の証明」でも容疑者と刑事だった。

しかも、最初の頃は、刑事役の小池朝雄が登場して
視聴者に語りかける形でドラマはスタートするんですよね。
コロンボの吹き替えが小池朝雄だったから
もうその姿がコロンボそのもので
ドラマのほうも映画よりも面白くて一気に見てしまった。


こちらも時間が出来たときにブログに書いてみたいなと思っています。



                         
                                  
        

アントニオ猪木vsモハメド・アリ戦を見た、価値が高かった猪木vsアリ戦

category - 格闘技・プロレス
2009/ 02/ 08
                 
以前から見たかった試合、猪木vsアリの試合を見ました。


ネットの動画や本などではさんざん読んでいた試合だが、裏舞台含めてテレビで見れたことは大きかった。

テレビに映った若いアントニオ猪木は、今の自分が見てもカッコ良くてシビれた。


「色気」のあるレスラーで、その表情ひとつでハートをガッチリと掴み引き寄せてしまうカリスマ性はさすが。


もうこういうレスラーは生まれないんだろうなぁ。
と、同時に世間を巻き込むようなプロレスの試合っていうのももうないのかなと思う。


もちろん時代もあったのでしょうが、ああいうヒリヒリ感がテレビを通しても充分に伝わってくる試合をリアルタイムで見れた人は羨ましい。


猪木についてですが、アリ戦ではなかったのですが、彼の若い頃の試合をいくつかテレビかなんかでみたんですが、出した技の数は今と比較にならないくらい少ないのに、うまく試合を作っていて自分にとっては新鮮に思えました。


それにしても”大凡戦”といわれたこの一戦が未だに色褪せないってのはすごいですね。


現在のプロレスや格闘技の試合で30年後もあの時間帯に放送してもらえるものといったら何があるんだろうか?


猪木やアリを、現役のレスラーや格闘家でいったら誰に当たるだろうとかって考えはナンセンスに思えますが。


昨日の放送は最後のシーン(猪木の引退試合)では心で泣きました。

なんか素直に感動したわ。



■価値が高かった猪木vsアリ戦


先週末放送された猪木対アリの試合だが、カミプロの金沢さんのコラムを読むと高視聴率をゲットできたようで私も嬉しくなりました。

猪木vsアリ戦、33年目の真実が高視聴率ゲット!

33年も前の試合が、視聴率を稼ぐことが難しくなってきたこの時期にjこれだけ多くの人が見てたということでやはり本物はスゴイと思いました。


本物とはリアルファイトとかガチとかという次元の話ではなく、この試合があった時も、またそれからどれだけ時間が経過しようとも猪木とアリ、試合決定までの背景なども含めて多くの人を惹きつけたすごさということです。


今、世界的な大不況の中で消費者の目が一段と厳しくなっていて、生活に必要なもの節約できるものなど安価でありかつ製品の品質の高さも求められる状況ですが、そんな中でも価値が高いものは相変わらず高値で取引されています。


不況で消費者の財布の紐が固くても、本当に良いもの、資産価値があるものは驚くような金額で購入されていたりするんですね。

(本物を見極めるって大事ですね。実際に自分も行動してみてそれを知りそういう方たちの目利きぶりには感心させられます)


33年経っても高視聴率が稼げた猪木vsアリ戦は、それに通じるものがあるように感じました。


番組を見て、猪木サイドの「この試合を絶対にやらなければいけない」という必死さがすごく伝わってきました。

今のプロレス界や格闘技界で、あそこまでこだわれる、熱意を傾けられる選手やスタッフが果たしてどれくらいいるのだろうか?

いろんなことを考えさせられてしまいました。


(2009年2月14日追記)