FC2ブログ
2009/04/30
2009/04/26
2009/04/23
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2009年04月

        

「森村誠一の高層の死角」 (1983年)

category - 土曜ワイド劇場
2009/ 04/ 30
                 
高層ホテルでその社長が殺された。
容疑者の女には刑事と一夜を共に過ごしたという完ぺきなアリバイが。





●「森村誠一の高層の死角・初夜をアリバイにした女
″今夜だけ私を抱いて・・・・″」  1983年4月30日
原作: 森村誠一  『高層の死角
脚本: 長谷川公之
音楽: 菅野光亮
監督: 松尾昭典
制作: 東映
出演: 高橋英樹、中野良子、木内みどり、
村井国夫、小泉博、玉川良一ほか


高層の死角


パレスサイドホテルの社長久住(入江正徳)が自分の部屋として使っていた
ホテルの客室で殺された。
部屋の鍵は枕元にあり、ドアは自動ロックがされていて密室となっている。


警察はその隣室に泊まっていた秘書の時田冬子(中野良子)を容疑者と見たが
彼女には鉄壁のアリバイがあった。


事件があった夜、冬子は捜査一課の平賀部長刑事(高橋英樹)と
一夜を過ごしたのだった。


しかし、捜査が進むにつれて冬子の容疑は増すばかりだ。


やがて、平賀はアリバイ工作に利用されたのではないかと思い始めてきた。











今回高橋英樹が演じるのは、女に利用される冴えない刑事。



高層の死角


野暮ったい役作りに使用したのは、彼の父親が高校の校長をしていた時に
来ていた生地は良いが年季がはいっている古い背広ということだ。



            
スポンサーサイト



            
                                  
        

「翔んでる女・アメリカ橋首なし殺人事件」 (1980年)

category - 土曜ワイド劇場
2009/ 04/ 26
                 
華やかなファッション業界を舞台に繰り広げられる
すさまじい女の闘いを描いたサスペンス。


●「翔んでる女・アメリカ橋首なし殺人事件」  1980年4月26日 
脚本: 須川栄三
音楽: 橋場清
監督: 鈴木英夫
制作: 東宝映像
出演: 樋口可南子、南田洋子、江原真二郎、吉行和子、
夏樹レナ、三田村邦彦、戸浦六宏、林ゆたかほか



翔んでる女・アメリカ橋首なし殺人事件




ファッション界の女王・中森はるみ(南田洋子)の成功は
大手繊維メーカーの重役一柳(江原真二郎)の力によるところが大きかった。


春の新作発表前日のリハーサルに、売れっ子モデルエミ―時田(夏樹レナ)が
遅刻をした。
はるみのパトロン一柳とホテルで情事にふけっているのが原因だった。
それを知ったはるみは激怒し、リハーサルは中断された。

翌朝、国電の路線近くでエミ―の首なし死体が発見された。





                         
                                  
        

「女49歳の決算・オレの部屋に恋人の死体が…」 (1983年)  三好徹 『鉄人たちの掟』

category - 土曜ワイド劇場
2009/ 04/ 23
                 
不可解な無理心中事件を追った記者が、
事件の裏に大物政治家の存在があることを突き止める。


巧みなトリックで定評がある三好徹の「鉄人たちの掟」のドラマ化。




●「女49歳の決算・オレの部屋に恋人の死体が・・・・
″なぜ急に冷たくなったんだ!″」  1983年4月23日
原作: 三好徹  『鉄人たちの掟
脚本: 山浦弘靖
音楽: 浦田博信
監督: 村山新治
制作: 大映企画、大映映画京都撮影所
出演: 中村雅俊、小川真由美、渡辺篤史、山本みどり、
下元勉、松下達夫、小野進也、世良じゅんほか




女49歳の決算



東都新報の記者・香月正也(中村雅俊)は恋人のOL井杉葉子(山本みどり)との
結婚を決意した。


葉子には川北総業社長の兄・太吉(小野進也)がいる。
太吉はなぜかふたりの結婚を許さないという。


その直後、太吉が転落死しその愛人のポルノ女優・冴子(世良じゅん)も
ナゾの死を遂げた。



兄が殺されたのだと考えた洋子は、正也に協力を依頼し真相を突き止めようとした。


そこで、太吉の会社が現職大臣・川北貫一郎のいきのかかった会社だったことを突き止める。
正也は川北の愛人のクラブママ水上加代子(小川真由美)に接近する。


女49歳の決算


正也は二十年前、川北の汚職の秘密をにぎった秘書官が
海外に逃亡しており、その子供が太吉と葉子だったことを調べ上げた。


そんな時、葉子は結婚をあきらめてほしいと正也に告げ
直後何者かに殺されてしまう。


警察は正也を容疑者と見たが、その後釈放された。


正也は調査を続けるうちに、川北と加代子、太吉と葉子をつなぐ
秘密を知ることとなった。