展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2009年06月

        

マイケル・ジャクソンまで

category - ライフスタイル
2009/ 06/ 28
                 
この間はビックリしました。

金曜日でしたか、早朝にインターネットを開いたらマイケル・ジャクソン死亡の記事が。

80年代は彼の音楽が大好きでレコードを買ってよく聞いたものです。
またこの時代はプロモーション用のミュージックビデオが話題になり、デュラン・デュランをはじめ、面白いミュージックビデオが沢山でましたね。

当時はスリラーは怖くて1度見て、その後は見れなかった。
すごい衝撃的な映像でした。


80、90年代の音楽は現在もよく聞きます。
いつ聴いても良いものは良く色褪せないのがすごいです。

今はMTVでマイケル追悼番組がやっていて、懐かしいビデオがいっぱい流れているので、テレビの前から動けません。

明日の19:30~3時間に渡って、同じようにマイケルのビデオクリップが流れるようなので、録画の設定をしました。

しかし、この間の三沢といい、自分が全盛期を知っていてファンだった人物が亡くなるのは辛いです。

ご冥福をお祈りいたします。



            
スポンサーサイト
            
                                  
        

悲しすぎる三沢光晴の死

category - 格闘技・プロレス
2009/ 06/ 15
                 
日曜日の早朝、朝日の1面に死亡記事の見出しが出ていて知りました。
本当にびっくりしました。

90年代の初め、全日本の王道プロレスに夢中になりました。
新日が1番好きだったのですが、鶴田や三沢、川田、小橋が活躍してた頃の全日も大好きでした。

毎週深夜に放送されていた全日本のプロレス中継は欠かさず見てましたし、週プロも欠かさず買っていたんですよね。大一番の武道館とか後楽園は見に行ったり。

私がプロレスに引き込まれていくキッカケとなったレスラーのひとりが三沢でした。
サッカーや格闘技の雑誌は他の書籍の保存場所確保のためにほとんど処分したのですが、週プロだけは捨てられずにいます。

あれからかなりの年月が経過しているにも関わらず、たまにですが過去の週プロは定期的に読み返します。そしてあの頃の試合も同様にみます。

それだけ私には大切な存在である、90年代のプロレス。
そして三沢という存在は大きかったと改めて感じる。

三沢の試合ではテリー・ゴディとシングルで闘って勝った試合が一番印象に残っています。

それと5冠王に輝いていたころの三沢は、今見返してもすごく魅力的です。

その三沢が亡くなってしまったというのが、未だに信じられません。

悲しいというより悔しくて、彼の試合が見れないことが残念というより無念というか・・・

地上波打ち切りとかいろいろあって、心労もたまっていたでしょうに、無理をしすぎてしまったね。


なんか今はまだ言葉が見つからないというかんじです。

ご冥福をお祈りいたします。


そして、今までありがとう。

                         
                                  
        

【煽りV】 リアルファイトを彩る音楽と演出-其の五十五- KIDvsウォーレン

category - 格闘技・プロレス
2009/ 06/ 06
                 
※リンク切れの際はご容赦願います。

■山本“KID”徳郁  vs ジョー・ウォーレン
(2009年5月26日 DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2ndROUND 第9試合) 








煽り映像シリーズのサイトマップ


入場曲・煽りV使用曲データベース (カテゴリー別)