A D M I N
topimage

2009-10

最新記事一覧  

「フルムーン探偵日本三景めぐり」 (1984年) 熟年夫婦探偵シリーズ第2弾 - 2009.10.20 Tue

藤田まことと三ツ矢歌子の熟年夫婦が旅先で事件を解決する
「じゅく年夫婦探偵シリーズ」の二作目。





●「フルムーン探偵日本三景めぐり・夫婦コーカン?コーカン殺人?
濡れた三つの死体」  1984年10月20日
原作: 和久峻三
脚本: 篠崎好
音楽: 東京BGM
監督: 広瀬襄
制作: 松竹
出演: 藤田まこと、三ツ矢歌子、藤木悠、
絵沢萌子、赤座美代子、船戸順ほか


フルムーン探偵日本三景めぐり

日本三景めぐりのツアーで発生した連続殺人事件に
熟年夫婦探偵が挑む。
藤田まこと、三ツ矢歌子の熟年夫婦探偵シリーズ二作目。




野呂佳江(三ツ矢歌子)は神戸でブティックを経営している。
元従業員で旅行の添乗員をしている土井春美(佐藤万理)に誘いを受け
夫の野呂真太郎(藤田まこと)とともに日本三景を巡るフルムーンツアーに参加した。



フルムーン探偵日本三景めぐり

最初の目的地松島へ着いた夜、佳江が風呂へ入っていると
女たちの「コーカン?」というひそひそ声を聞き
野呂はそれを「夫婦交換」だと思い、推理マニアの佳江は
「交換殺人」ではないかと思い気になっていた。


宴会が始まり参加者の自己紹介が始まり
稲村和夫(藤木悠)、勢津子(赤座美代子)、
辻友吉(藤岡重慶)と若妻光代(速水典子)、
高見沢綾乃(絵沢萌子)と年下夫稔(船戸順)らが
参加していることがわかった。




酒席で年若い光代が稔にお酌をしながら話していると
辻が嫉妬して一騒動あった。



そんな辻も女好きで夜、春美の姿を見つけると
強引に関係を迫ろうと襲ってきたが、運よく佳江が通りかかり
春美は辻の毒牙にかからずに済んだ。




佳江は野呂と散歩中はぐれてしまっていて、野呂が佳江を探していると
辻がやってきて夫婦交換を持ちかけてきた。
その夜、稔は光代と関係を持ち、稔が部屋へ帰ると綾乃が起きていた。




翌朝、ホテルを出発しようとすると辻の姿が見えなかった。
会社一筋の稲村が会社に電話をかけに行くと
光代の元に辻から電話がかかってきた。
戻ってきた光代は辻は先に向かったことを話し
春美は一同を連れてホテルを出発する。


次の目的地天の橋立に到着すると、春美は参加者全員にこけしを配った。
智恩寺でサラ金の取り立てから逃れる家族をみた勢津子は
異様な反応を示していた。


観光の最中、稲村の悲鳴が聞こえてみんなで行ってみると
何者かに突き落とされたといい、その時に赤いものが見えたというが
女性は何人かが赤いものを身に着けていて特定できない。



その後、稲村の姿が見えなくなるが、趣味の絵を描いていたようで
皆の心配をよそに無事にホテルに帰ってきた。


夜になり野呂は稲村を誘いバーへ飲みに行った。
そこへ稔もやってきて、稲村は年上の綾乃の財産目当てで結婚したのではないかと
ほのめかし怒った稔と争いになった。


翌朝、綾乃のところへ男から電話がかかってきてまたしても
先に行くといい辻、綾乃不在のまま宮島へ向かうため出発した。


フルムーン探偵日本三景めぐり



到着しホテルへ行く道の庭園を通りかかったときに
佳江は女ものの靴を見つけ近くで綾乃の死体を発見した。
綾乃は絞殺されていて、首には春美から配られたものと同じ
コケシが巻き付けられていて死体は濡れていた。


警察は稔を疑ったが、犯行時刻頃野呂夫婦とカメラの
撮り合いっこをしていてアリバイが証明され釈放された。
だが、佳江のバッグからコケシが盗まれ
犯人が盗み出して死体に巻き付けたことがわかった。



その後、行方が分からなくなっていた辻が松島湾で
出来死体となって発見された。
死体には松島のコケシが巻き付けられていた。


佳江は野呂に日本三景でその土地土地のコケシが
死体に巻いてあったことからもうひとつ殺人が起こりそうな予感がするといった。


次の朝、外出しようとする勢津子と佳江は会った。
勢津子のあとを光代がつけていく、佳江もそのあとを追った。
しばらく歩いていくと悲鳴が聞こえてきて佳江が見たものは
倒れた勢津子の体からナイフを抜き取る光代の姿だった。
光代は逃げる途中で足を負傷し、病院で手当てを受けた。


警察は光代が勢津子を殺したのではないかと問い詰めるが
光代は勢津子が胸をナイフで刺されて苦しんでいたので
取っただけで殺してはいないという。
だが、光代はツアー客に夫婦交換を持ちかけていて
殺された綾乃からは拒否されていたという。



勢津子の死因はナイフで左胸を刺されたものでほぼ即死だった。
死体は濡れていてまたしてもコケシが巻かれていた。




五十貝警部補(鈴木淳)は野呂に土地のコケシがそれぞれの死体に巻かれていて
いずれも死体は濡れていたことから恨みによる単独犯じゃないかと話した。
五十貝は光代が左利きであること言った。


フルムーン探偵日本三景めぐり

ホテルに帰った野呂は佳江から光代が食事を左手でしてたことを聞いた。
だが、二人とも光代が犯人ではないと思った。
野呂は3つの殺人のうち二つが本命ではないかと思い
稲村を疑っているようで佳江が言っていた交換殺人ではないかと思った。





野呂は稲村の部屋へ行き真相を解明した。
そこへ稔と、春美にナイフで脅された佳江が入ってきた。
勢津子はサラ金に多額の借金を負い稲村の退職金まで狙ってきた。
綾乃を殺したがていた稔からもちかけられ、春美と三人で
交換殺人をすることになったのだ。



春美は佳江のブティックに努める前に大阪の浪速石油で働いていて
稔も3年前まで同じ会社に勤めていた。
その時にふたりは男女関係になったのだが
名古屋の取引先の綾乃と結婚した。


春美がようやく稔を忘れかけたころ、稔から連絡を取ってきて関係が復活した。
稔は綾乃が死ねば財産が手に入るだけでなく
春美と結婚もできると言って協力させていた。


稔と稲村の接点は趣味のカメラだった。
稔は旧姓矢島でその頃、春美をモデルにした作品が
乗っている雑誌を野呂は持ってきた。



松島に着いた夜、稲村、稔、春美は交換殺人の最後のツメをしようとした。
だがその話を春美をつけてきた辻に聞かれてしまった。
辻は春美の肉体を要求してきて強引に犯そうとして返り討ちをあい
稔たちに殴られてコケシを首に巻き付けられて海へ落とされた。


稔はホテルへ帰ると光代の気をそらすために誘いに乗ったふりをしたふりをして
一夜の関係を持った。
翌日、稲村は辻の声色を使って光代に自分は先に行くと電話をした。



稔と光代の関係が気になっていた綾乃に稲村は辻になりすまし
稔と光代ができていて自分は殺されそうになったと呼び出宮島口の
神社へ呼び出して殺した。
死体をかけいの水をかけて濡らし、首にコケシを巻いた。
佳江のバッグからコケシを盗んだのは稲村だった。
絵を描いていたふりをしてツアーに合流した。


最初に稲村が突き落とされたと言ったのは
綾乃を殺すのをためらって稔に責められるのを
逃れるための自作自演だった。



野呂は稲村の宮島の絵は天の橋立で描いたものじゃないかといった。
野呂は自分のガイドブックを見せ、写真の松を絵の紅葉に置き換えれば
二つは同じものに見えるし、橋立の宿に帰ってきたときに赤い絵の具で
稲村の手は汚れていて、逆に橋立の絵には赤は使われていなかった。



春美は勢津子に稲村が光代に借金の肩代わりをされるのは嫌だと
勢津子と離婚して光代と結婚したいという話を聞いてしまい
そのことを詳しく話すと言って勢津子を呼び出し刺し殺すと
コケシを巻き付けた。
その直後に光代が現れて勢津子の体からナイフを抜き取った。


稔は春美にそそのかされてやっただけだといい
裏切られた春美は持っていたナイフで稔を刺そうとしたところ
阻止しようとした稲村を誤って刺してしまった。




稲村の傷は幸いたいしたことがなく済んだ。

フルムーン探偵日本三景めぐり





////////////////////////////////////////////////



なんともぼんやりした味付けで特徴のないドラマでした。
日本三景の美しい風景だけが見どころ?


フルムーン旅行参加者の中では若くて男性関係に奔放な年下妻
光代に容疑がかかる。
だが、勢津子が刺殺されたとき、どういう事情から光代の左利きが
気になっていると五十貝警部補が言ったのかがわからない。

だから、以前佳江の店の従業員だった春美が光代と同じく
左利きであることを佳江が思い出しハッとなるのだが説得力がなかった。




それとコケシが巻き付けられているのは、何か意味があるのではないか?と
視聴者に思わせることが出来るのだが、死体が濡れているという部分は必要あるのか疑問。



ということで、全体的にハッキリしない部分が多くてぼんやりした味だなと感じた。


主演の藤田まことと三ツ矢歌子の組み合わせは魅力的なだけに
素材を活かせてない感じが残念に思った。


脚本も篠崎好だし、なんでだろう。
物足りないんだな。
だからかこのシリーズはこれにて終了となった。



別の土ワイの古いシリーズで期待してたよりもつまらないのがあったが
それでも見れただけよかった。


だからこのドラマも再放送してくれたことは素直に評価している。
実際に見てみないとわからないですからね。
見ないままよりも、見る機会を与えてくれてよかったと思いました。






****** 関連記事 ******

「じゅく年夫婦探偵・新婚旅行は殺人旅行」






スポンサーサイト

3週間ぶりの休みは3連休♪ - 2009.10.10 Sat

ということで、今日から3日間のお休みに入ってます。

今日はさすがに疲れたので近くのレストランでランチして、図書館へ行って、これまた近くのカフェで
ケーキを食べて帰ってきました。

3週間ぶりのお休みといいつつも、インターネットは毎日してましたが
スポーツ関係はチェックできておらず、もっぱらビジネス系ばかりの
ネットサーフィンでした。

DREAMは深夜帰宅になったため録画したまままだ見れてません。
それとHDDの容量がいっぱいになりそうなので、映画やら音楽やらを
DVDに移す作業をしています。

ということで新日もチェックできてませんね。
そろそろ大晦日の格闘技の情報も気になりますし、また以前のようにチェックせねば!

今年はもともとスポーツ観戦の回数は減らす予定だったので、最近見に行ってませんが
また来年からはコンスタントに見に行くつもりですので、10月からこのブログも動かして行きます。

10月(?)は、ハプスブルク展へ行ってこようと思っています。
美術館へは久しぶりに行くので楽しみです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (258)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (695)
土曜ワイド劇場 (159)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「昭和7年の血縁殺人鬼・呪われた流水」 (1981年) 藤枝真太郎シリーズ第2弾 Oct 24, 2017
美女シリーズ19 湖底の美女・江戸川乱歩の「湖畔亭事件」  (1982年) Oct 23, 2017
「危険な童話・私は殺さない・・・・」(1977年)  Oct 22, 2017
平日朝イチでも混雑!「怖い絵展」@上野の森美術館 Oct 21, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦、29節 サンフレッチェ広島戦 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ