FC2ブログ
2013/08/17
2013/08/15
2013/08/13
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2013年08月

        

お墓参りと引越し

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 20
                 
引越しの日も迫ってきた7月10日(水)お墓参りへ行ってきました。
うちはいくつかお墓があるんですが、今回行ったのは江戸川橋のお墓。

神楽坂の家は、江戸川橋も近くであると書きましたが、もちろんお墓も家から徒歩圏内。
今年も1月2日からペットを連れてお参りしていたくらいです。

引越し先からも遠いという距離ではありませんが、とにかく近いうちにもう一度行っておこうということで徒歩で行くのが最後となる墓参りです。

だいたいお墓参りの後は関口のカフェへパスタセットを食べに行くのですが、この日は神楽坂に引っ越してきてからすぐに行った山伏町のデニーズへ行きたくなり歩いてデニーズへ。
2012年12月30日(日)初めて山伏町のデニーズへ行った日は雨で、お昼を食べて帰宅後はおせちとお雑煮作りをずっとしてたんだな・・・

午後は教習所で実習と学科を受けてきました。



7月13日(土)大安の14:00から業者が来て引越しが始まりました。

神楽坂の家はマンションにしては収納が充実している方ではありましたが、その半年前の引っ越しでかなりの量の不用品や家具類を処分したにもかかわらず荷物詰めが終わったのがギリギリでした。


神楽坂から渋谷へはタクシーを利用。
この時のタクシーの運転手さんがとても良い方で、うちの鳥さんの事も気にかけて頂いて短い時間でしたが楽しい時を過ごせました。
そして景品が当たるタクシー関連の応募のはがきをいただきました。



引越し自体はテンポ良くやっていただき20時位(?)に終了。
さすがに夕食は作れなかったので、近所の居酒屋で引越し祝いも兼ねて軽く飲みながら済ませました。
店内はとても空いていたのでゆっくりできました。


翌日はインターネット回線とスカパーアンテナ設置工事が入る。
私は地デジはほとんどみないので、ブースターには新宿の戸建から持ってきたスカパーのアンテナをつなぐ事にした。

スカパーアンテナを直に単体で繋ぎ、ブースターには地デジを残す選択もありましたが、やはり地デジより衛星が各部屋で見れた方がいいので後者を選択。
業者の方から「地デジ見れなくなるけどいいですか?」と聞かれましたがCSとBSが見れればいいんです。


仮住まいのマンションの時は東向きベランダなのでスカパーを受信することが出来ずひかりTVをつなごうと思い業者を呼んだのですが、そこは既にマンション自体にアンテナが立っていて結局工事なしでスカパー受信ができました。

その時の業者の話では、スカパー好きな方にはスカパーさえ見れれば地デジは見れなくてもいいという方も結構いらっしゃるそうです。


私も地デジを見なくなったからかなり経つので、現在やっているドラマやバラエティの番組やCMの話題などを出されても全くわかりません。


とはいえ、このブログを始めた時と今とでは私の交際範囲もかなり入れ替わりがあり、いわゆる普通のビジネスパーソンという立場の方はほとんどいなくなったので、定期的に地デジでドラマやバラエティを見る層とはお付き合いがないので話題を振られる事もありませんが。



ただ良質なドキュメンタリーなどは見たいなぁと思う事はありますが、NHKのものだとその後衛星でやったりするので機会があればそちらでみることにしています。


翌週19日(金)は期日前投票と転出の届を済ませ、ビッグボーイでランチ。
ここは最近モーニングのバイキングで利用することが多かったのですが、久しぶりにランチで利用。
何を食べたか忘れてしまいましたが私にとってはかなりボリュームがあったことは確実。
こういうときは夜ごはんの時間になってもお腹が空かない事が多いので、夜を抜かすか微量にして内臓を休ませるようにしています。
そうすると翌日胃の辺りがスッキリとするんですよ。


その後は渋谷に帰り転入届を提出。
めんどくさいことは一気にやってしまわないと腰が重くなってしまいますね。


新居ではまた1室作業場を作りました。
仮住まいのマンションではこういう遊びの部屋を持てなかったので久々です。

ここはパソコンがあったり、本やCD・DVDレコードなどが置いてあります。
ただ以前の戸建で大きなラックを処分してしまったので、既存の書棚だけでは容量がたりません。
新しく書棚をひとつ追加することにしました。


書棚が到着したのですが、組み立てる時に失敗してパーツを買いなおす必要がでてきました。
中野の島忠でも行くかと思ったのですが、そんなに遠くない距離に島忠の中野本店があることがわかったため日曜日に早速行ってみる事にしました。


やはり本店とつくだけあって品ぞろえは充実していましたね。

そしてこちらはペット同伴での買い物がOKなんです。

行き慣れている中野もいいですが、こちらの本店もペットと一緒に買い物ができるので散歩がてらまた行ってみようかと思っています。



                         
                                  
        

自動車の免許を取りに行く事に

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 19
                 
子供の頃車酔いをする体質で、長らく車が苦手でした。

大人になってからドライブなどで車に乗せてもらうようになり酔わなくなってきたんですが、都心に住んでいて車の必要性を感じる事がなくこの歳まできてしまいました。


ところがここ数年、やっぱり車があった方がいいなと思うようになり、免許を取るという事が自分の中の視野に入り始めてきたのです。

うちはペットがいるので、私が運転できれば気軽に旅行へ連れて行ってあげられるし、電車に乗りたくないと思った時は乗らずに済むし・・・


実は神楽坂・牛込神楽坂・江戸川橋・飯田橋と4駅使える環境の中、一番多く利用した線は総武線(飯田橋)だったのですが、理由は簡単で地上を走るから。

つまり地下鉄が苦手なんですね。

なんか圧迫感があってダメ。

出来る事なら外が見えるJRがいいの。

かろうじて大江戸線(牛込神楽坂)は比較的駅がきれいだし空いてるからまぁまぁ利用してましたが。


それと銀座へ行く時乗った有楽町線(時間帯によっては東西線も)で感じたのですが、この線はいつもサラリーマンが多く利用している印象があります。


なんとなく車内の雰囲気が苦手なんですね。




それで、やっぱ免許を取ろうと7月5日(金)都内にある教習所へ無料体験試乗をしに行ってきました。


都内でもちょっと開けたところにあるという事で、今の神楽坂周辺からでも、引っ越してからの渋谷からでもチト距離があるなぁなんて思ったんですが、これだけ環境が整っていて通える距離にあるのは限られているだろうということで7日日曜日より受講を開始することにして帰ってきました。

そして引越しまでタイトに学科と実技を受けていたら学科は受講が終わり、実技もあと少し受けて感触が良ければ仮免に挑戦というところまできました。

しかし、引越しをしてからは8月いっぱいまでは、夏休みで混みそうなのでお休みしてます。
最近どうも混んでる時期が異常に苦手になりました。


あと教習所は駅おりてから10分程歩くんですが、この暑さですからねぇ。
帰りは教習所から駅まで出ているバスに乗ってくるのでいいのですが。



そうそうまだ教習所へ行っている時期7月の2週目辺りですが、クランクで躓きました。

その1,2日程前から、私のハンドルの持ち方が良くないと教えてくれた教官がいたのですが、クランクに関してはどうもその方の教え方だとしっくりこなく非常に危なっかしい運転で自信を喪失してしまったんです。


それまでは、ハンドルの操作の仕方に問題があったものの、この歳にしては感覚が良くスイスイいっていたんですが、ここにきてクランクで壁にぶつかりもうどうしようかと悩んでいたんですね。

そんな時、翌日この教官がお休みということになりました。
7月の時点ではとっとと免許を取ろうと思ってたので、連日学科や実技のスケジュールを入れていたんですね。
だから私は翌日実技のスケジュールが入っている。
果たしてクランクで手こずっている今の私をうまく導いてくれる人はいるのだろうか?


一瞬考えましたが



そうだ!
私はいつも運がいい。
これまでも自分の強運に何度も助けられたし。


ということはここで教えてくれる人が変わらざるを得ないという事は何かある!


翌日この直観は当たる事となり


初めて指導いただく教官でしたが

見事苦手のクランクと、初めてのS字をなんなくクリアしたのでした。


この方に後から言われたのですが、最初は出来が悪く正直不安だったらしいのですが、1時間ですぐに修正して驚いたそうです。


まぁ免許取ってる方からしたらS字クランクたいしたことはないんでしょうが、今回何故か私には合わない教え方をされたことで自分にとっては結構難関だったんですよ。


斎藤一人さんじゃないけど、困った事は起こらない。


先日のスピリチュアル系セミナーでも講師から言われましたが、


良い悪いってないですからね。


ホント自分次第。


この暑さが和らぎ、学生の夏休みが終わる位になったら
教習所通いを再開させなきゃ!


                         
                                  
        

神保町のあたりに遊びに行ってみた

category - グルメ
2013/ 08/ 18
                 
2013年6月30日(日)は渋谷の物件の契約日。
渋谷とはいえ新宿が近いのがいい。

以前の戸建での私の部屋は3階でしたが、こちらでは2階になる予定。
都心の住宅地というと密集していてプライバシーがなかなか確保しにくいのが難点だが、2階のお部屋はお隣と段差があるようでお隣から先が建物ではなく屋根しか見えない状態。
いくつか続く屋根の先には大木が見え見晴らしが良い。
レースのカーテンを引けばほとんど人目が気にならない状態です。


広々として部屋数も多く、小さな庭部分もあり、窓から植栽がみえるのも気分が良いし、玄関とは別に門扉があるのもプライバシーが保てて気に入っています。



これまでの家もそうだが、何故か自分は良い条件の家に住まわせていただく事が多いかも。
今の家もマンションで氣が良くない(多分普通の人はあまり気にならないと思う)とはいえ、神楽坂、牛込神楽坂、江戸川橋、飯田橋と4駅が徒歩6~10分程度で行ける。
アクセスの良さは抜群だ。


あとは自分が家を買ったり借りたりする時、すごく安くなっているケースが多い。
広さが充分あったり、日あたりが良かったり、周辺が広々してたり、今思うとありがたいと思える環境に住まわせていただく事が多かった。



翌日の2013年7月1日(月)はいつもいってる早朝ヨガに行き、神保町のスタバでイーモバイルを使って調べ物をした。
昼ごろランチの約束があり神保町から水道橋方向へ歩きつつ、塩梅でお昼ご飯。

塩梅 神保町店

何を食べたか忘れてしまったが日替わりだったかな?

平日の昼でしたが思ったよりも混んでなくゆっくりと過ごせました。
その後は飯田橋方向へ歩いていき、倉庫を改装したような建物の中にあるカフェでお茶。
ここもメイン通りから中に入ったところにあるせいか、お客さんはいませんでした。
その後ぽろぽろとお客さんが入ってきたものの、空いていて落ち着いた時間を持てました。

神保町というと長い間総武線が使える生活だったため、よく水道橋で降りて古本屋街をブラつくことが多かったです。


本が好きだったので、古書を見るだけでもワクワクしてしまいます。


イタリア書房とか、美術専門書店(以前気に入っていた店があったのだが店名を失念)とか、@ワンダーとかその他いろいろなところへ出没しましたね。


またみわ書房は懐かしい童話が多数無造作に置いてありお気に入り書店のひとつです。

ここで最初の引っ越し時に置き去りにしてしまった、少年少女世界文学全集や世界の童話のいくつかを買い戻ししました。


この日は書店巡りはせず、飯田橋のメトロポリタンホテルの中を通り駅まで散歩を楽しんだんですが、神楽坂へ越してきてから坂が多くてゴミゴミしてるのがどうも私には合わないと思っていましたが、飯田橋の方は場所を選べば道も広々としていて氣の流れが良くてもっと早く気が付いていれば良かったです。



ということで2日後の7月3日の午前中再び飯田橋へ。
この時点で引っ越し日は確定してないものの、近々引っ越す事は決定なので近いうちに行っておこうというわけです。

神楽坂に越してから近所での外食は神楽坂近辺が多く、飯田橋寄りでは広くて落ち着いたのでロイヤルホストへ行くくらいでした。

今回はいい氣が流れていたメトロポリタンホテルへ。
ロビーでくつろぎながらお昼をどこで食べようか思案していました。
ホテル内でも良かったのですが、とりあえず外に出てみる事に。

自然と足が向く方向に身を任せていると、興味をひかれるカフェが。


ピン!と来たので、トレベルカフェ飯田橋店でランチを。


女性ひとりでも入りやすい雰囲気があるせいか、平日の昼間店はあっという間に満席になっていました。
私たちの隣も女性のひとり客で、落ち着いてランチがとれました。


そして周辺を散策。
神楽坂と飯田橋だと、どうしても神楽坂の方がおしゃれなイメージがありますが、私には比べると区画が広い飯田橋の方が癒される場所でした。

ただどちらも住むには合わないかなぁ。


たまに来るなら神楽坂も面白いんですが、もともと仮住まい。
天からの引っ越しなさいというメッセージは強烈で、隣の家の出入りがうるさかったり、犬が夜中に動物園のようにワンワン言いながら駆けずり回る音に悩まされたり、加えてこのワンちゃん関連の匂いが家の方まで漂ってきたり、2件となりの家の貧乏オーラがすごかったり・・・もろもろ出ていかなくてはいけない状況に追い込まれたんですよね。


結果的にはそこまで痛めつけられたからこそ、行動を起こし渋谷の物件にめぐり合えたので、タイミングを逃さずに済んだという事でOKなんですけどね。



翌日4日は夕方引越し屋さんと打ち合わせ。
前回も利用した引越し屋さんでしたが、前の担当者はこの半年の間に退社されていて、新しい人がきました。
前回の人は押しが強かったんですが、その分いろいろと交渉できたし、融通もきいたし、おまけに電気なんとかの資格もお持ちだったのでシャンデリアの取り外しも規定内の料金でやってくれました。

今回はみるからに普通のサラリーマン風の人。
杓子定規な部分はありましたが交渉して前回と同じ金額でやってもらいました。

この時にわかったのですが、決定した引っ越し日7月13日(土)は大安なんだとか。

別にこちらは大安云々は考えていなかったんですが、何事も運がいい時は楽にスムーズに物事が運ぶものだと改めて思いました。




                         
                                  
        

伊東市宇佐美旅行

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 17
                 
マンション住まいが苦しくて、また旅行を計画。

この旅行を計画してから実行されるまでの間に、物件を見に行き引っ越すことが決まっていたのだけど、1日でも今の家にいたくないなぁと思ってました。



その数カ月前には輸入ビジネス関係で知り合った方から、風水に関するネットには出回らない本物の情報をいただいてたりして、4月の下旬には不用品の整理や家具の配置を変えたりして、通気性の悪い部屋を少しでも風の通りが良くなるよう工夫してみたりしてみました。


確かに若干の氣の流れの良さは感じたものの、根本的な問題の解決にはほど遠いんですよね。


ただ不用品を処分したことで、これまで使わなかった、すなわちゴミがなくなったことで、これらの不用品から発せられていたネガティブな気を受けなくなったことは良かったと思います。


しかし、去年12月の戸建⇒マンションの引っ越しで収納スペースが大幅に減るからと、大きな荷物をどっさりと処分したにもかかわらず不用品って出てくるものですね。洋服等ゴミ袋でいくつだしたかしら?


それに前の戸建にいた時から、春になると何故か不用品の整理をしたくなり定期的に捨ててはいたのですが、どこからこんなに湧いてくるのやら!?



さて、旅行ですが、子供の頃おじ夫妻が宇佐美に別荘をもっていて夏休みには家族旅行でその別荘へ遊びに行っていました。

これまでもふとした時に宇佐美での事を思い出す事があったんですが、何故か無性に行きたくなり2013年6月25日~27日の2泊3日で宇佐美へ行ってまいりました。

20130625_usami1.jpg


まだ夏休み前ということで閑散とした宇佐美駅。
子供の頃の記憶はとても薄れていてあいまいなものでしたが、ここだけ取り残されたように変わっていないかんじがしました。

駅の商店街のアーケードも当時のままで、シーズン前だからか定休日なのか営業してないお店もあり、私の胸の中を懐かしいような淋しいような気持が通り抜けていった。


駅からホテルまでに利用した送迎バスの地元民の話では、以前は快速が止まっていたようですが、人も少なくなり各駅停車しか止まらない駅になったとか。
(チラ聞きなので真偽はわかりませんが)




今回は家にいたくなかったということもありますが、気分をリフレッシュして自然のエネルギーのパワーを受け取り、プラスでもマイナスでもない「無」の状態になりたかったので、人が少ない(というかほとんどいない)のはありがたかったです。


観光や海が目的ではなかったので、営業しているお店が少なくてもOK!


だからホテルについて、部屋からの眺望も良さに感動した時、本当に来て良かったと思いました。

20130625_usami2.jpg

今回はウィスタリアンライフクラブ宇佐美に宿泊しました。

この和室にお布団をひいてもいいし、隣の部屋にもベッドがあるので、結構広々としたお部屋で満足。


20130625_usami3.jpg

さて、別荘についてですが、現地にくればその所在地も記憶がよみがえり容易にわかるものと思っていましたが全然でした。
駅から徒歩で行っていた記憶があったのですが、このホテルからの眺めと古い記憶を掘り起こしての別荘からの眺めを比較してみると、別荘の方がもっともっと高台にあったんじゃないかと思われます。
となると、駅から徒歩で行ったという記憶に誤りがあるようですね。


当時別荘に行く前に寄っていたスーパーも改装がされており、記憶に残っていた映像とは全く異なるものでした。
ただ宇佐美についた初日、バス待ちで寄った喫茶店は当時からあったお店で入った記憶があるんですよね。
私たち以外には近所のなじみ客が一人いただけで閑散としたものでしたが、子供のころを思い出して安らいだ気分になりました。


今回は観光やら海やらが目的ではなかったし、2日目は大雨に見舞われ、送迎バスでスーパーへ行っただけなので特に書くこともありません。


自分にとっては人目を気にしない大自然の中、そこから良いエネルギーを受け、今後のビジネスのアイデアをまとめたり、目標をノートに書きだしたり、瞑想をしたりと2泊3日ながら大変有意義な時間を過ごす事ができました。



20130625_usami4.jpg

最終日は子供の頃良く来ていた宇佐美海岸へ寄ってみました。


                         
                                  
        

スピリチュアル系のセミナーへ参加

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 16
                 
2010年に家族を通じてレイキというものを知り、春頃レイキのアチューメントを受けました。

実はレイキのアチューメントは何回か受けているのですが、2回目に受けた方がすごく良い方で
去年の春にはその方が主催する大きな公園での瞑想会へ参加をしていました。


その瞑想会のテーマはズバリ「お金」だったんですが、それからの半年強で自分の人生に大きな変化が訪れました。


そんな大きな変化の中で、もう一度その方の主催するイベントがあれば出席したいなと思っていたその時、私にとって重要なテーマでその方がセミナーをするというお知らせのメールが届きました。



早速申込を済ませ、2013年6月23日(日)セミナーへ参加してきました。


どうも私は人の氣を受けやすく、たまに苦しんでしまう事があるのですが

人と意図的に同調したりしなかったりするやり方を学んできました。


今回とても行って良かったなと思ったのは、実はこういう作業がもともと簡単に出来てしまう体質であったことを知れたり、自分の本質を再確認して良い人の呪縛から解放してあげることができたことです。


精神的な勉強をしていく中で無理して良い人になってしまい自分を殻を閉じ込めてしまう事になりもがいてしまう事が多々あったのですが、そこを解放する事で本来の自分の魅力に改めて気づく事が出来ましたし、楽にもなりました。


俗に言う平凡な生き方普通の生き方は私に合わず、好き勝手にやっていた時は強運度がものすごかったんですよね。


ところが常識的になることで、心がひねくれたり、受け取るものを素直に受け取れない状況にしたり、あまのじゃくな自分になって苦しんでいました。

頭ではもう一度以前の自分に戻ればいいとわかっていながらも、ついつい普通の枠から出られずにいたんですが、これをきっかけに自分で作ってしまった殻を破れそうな感触を手にできました。


帰り道、先日内見した渋谷の戸建物件に引っ越すことがきまりました。
自分の中の家に対する条件はとても厳しいものだったんですが、楽にしかも1件目でそれを手に入れる事が出来ました。


夕食は新宿の高島屋にあるローズ邸で。

サザンテラスの辺りはとても「氣」が良くて気に入ってますが、スピリチュアル系のお仕事に携わっている方達もやはりこの辺りは氣が良いという意見が多いみたい。

なんというか氣の流れが良くてスカッとした感じが心地よくて好きなんですよね。

                         
                                  
        

京都観光

category - グルメ
2013/ 08/ 15
                 
渋谷の戸建物件を内見した翌週の2013年6月19日~20日は京都旅行へ行ってきました。

20130620_kyoto1.jpg


春には広くて自分の理想とする家へ引っ越そうと思いながらも、新宿のマンション暮らしが半年も経過してしまいました。

マンションはいくら広くても左右上下の圧迫感がこの上ないし、気持ちが鬱鬱っとしてきちゃって、どうしても家にいる時間を減らしたいため急きょ思い立って1泊2日の京都旅行を計画したというわけです。


それと私は波動とかスピリチュアル的なことに敏感で、どうもこの住んでいるマンションの地理的な部分や、マンション自体のパワーの弱さ、住民のエネルギーの弱さなどを感じていて精神的な影響も大きく受けていたため限界に来ているところだったんですね。



あと水回り、特に浴室・トイレの周辺の「氣」が悪く、一緒に位しているおしゃべりする鳥さんも、人間がトイレに行くと「ギャー!」と叫び出すし、しまいには「(ここで暮らすのが)アキテキターー!」という魂からの絶叫を聞き、もうゆっくりしていないと重い腰をよっこらしょとあげ、家探しを始めたという次第でした。


私自身もお風呂もトイレも入るのがイヤで、ジムへ行ったついでにシャワーを浴びて帰ってきて、家で風呂はいらなくてもいいようにしていたくらいですからね。


なんか文字だけにすると極端で神経質なように思えますが、スポーツ観戦などが減ってきた2009年過ぎくらいからいろいろと心境に変化があり、2010年からスピリチュアル的な事なども学び始めていて、どうにもそういう事に関する感じ方がよりシャープになってきてしまっているんです。


さて、京都旅行をした時は6月ということもあり梅雨の最中で、先日のディズニーシー同様に雨に降られた2日間となりました。


五条駅にあるアランヴェールホテル京都に宿泊。

初日のホテルチェックイン後は、雨のふりが激しかったので、五条駅の和民で早めの夕食。

翌日も雨が降っていましたが市内バスを利用して、三十三間堂や清水寺、銀閣寺当を観光しました。

20130620_kyoto2.jpg
20130620_kyoto3.jpg


申込した渋谷の戸建が決まるといいなぁと思いながら、雨の京都をひたすら歩きまくり。

20130620_kyoto3.jpg


帰りの新幹線待ちで京都駅での早めの夕食。


めずらしくとんかつ屋さんに入りました。

                         
                                  
        

物件の内見

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 14
                 
ディズニーシーへ遊びに行った週の日曜日は、渋谷の物件を内見しに行ってきました。

去年の12月に神楽坂・飯田橋の辺りに越してきましたが、どうもマンション住まいが合わず鬱鬱っとすることが多くなってきました。

それに神楽坂は坂も多く、マンションや企業も多いので日あたりも良くなかったし、隣の家のワンちゃんのおしっこだかなんかの匂いも窓を開けるとベランダ伝いに部屋に入ってきたり。。。



もともと戸建生活が長かったため、神楽坂のマンションは数カ月の仮住まいのつもりだったんですよね。



それがついダラダラと半年に・・・


これじゃいけないと思っていたところ、ひょんなことからある戸建物件を見に行く事になりました。


都心の戸建は狭いおうちか、古いおうちが多くて気に入るものがなかったんですが

このおうちは新宿駅からも近く広さも充分あります。

去年まで住んでいた新宿の戸建は駅の周辺の環境がよろしくなく
広さも充分ある素敵なおうちだったのですが
やはり引っ越そうと決心し、泣く泣く神楽坂のマンションへ

だから環境も重視していたのですが、それも余計な心配でした。

とても満足できる内容だったので早速申込を済ませて帰ってきました。


                         
                                  
        

ディズニーシー

category - グルメ
2013/ 08/ 13
                 
時間的にも精神的にも余裕が出てきはじめたので、久しぶりの投稿です。

長い間書くという作業をしていなかったのと、自分の行動の記録も兼ねてデジカメの画像をアップしてみようかと思いました。

2013年6月12日(水)この日は雨降りだったのですが、ディズニーシーへ遊びに行ってきました。

20130612_disney1.jpg

平日ということもあってメチャ混みでなかったためいろんなところを見てこれて良かったです。

20130612_disney3.jpg


現地着は11:40だったので早速セイリングデイ・ブッフェでランチです。


20130612_disney4.jpg
20130612_disney5.jpg


その後は

1.ハンガーステージ
2.マーメイドラグーンシアター
3.スカットルスクーター
4.マジックランプシアター
5.ジャスミンのフライイングカーペット
6.エレクトリックレールウェイ
7.ブロードウェイ・ミュージックシアター
8.タートル・トーク


いずれも待ち時間もほとんどなくさくさくと回る事が出来、19時ごろまで楽しんできました。

今は平日行きたい所へ行けるのでホント恵まれているなあと思っています。