2013/08/31
2013/08/30
2013/08/29
2013/08/28
2013/08/27
2013/08/22
2013/08/17
2013/08/15
2013/08/13

2013年08月

        

神楽坂 毘沙門天へ初詣

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 31
                 
2013年1月1日(火)は神楽坂の毘沙門天へ初詣にいってきました。


20130101_kagurazaka.jpg

神楽坂へ越してきてからいつも通りかかるたびににぎわっている事が多く以前から気になっていた神社です。
また「氣」の良さも感じていたので、今年は良い機会だし初詣へ行こうということになったわけです。

ペット同伴で行ってきました。
お正月なので人も多かったです。

こちらは開運や厄除けにパワーがあるようですね。


その後新宿ルミネエストにある九龍點心で飲茶のバイキング。

こちらは通常のバイキングの他にお姉さんが出来たての点心をワゴンで各席に巡回してきてくれます。
なので食べたいものがあったらその場で取り分けてくれます。


食べ過ぎに注意ですね。
ということで、昼重かったのでこの日は夕食抜き。



翌日1月2日(水)は、寒かったけど引越し先のマンションから近かったこともあり江戸川橋へ初のペット同伴での墓参りをしました。


お正月だからでしょうか?
普段はあまりお見かけをすることがないスタッフのおじさまたちがお墓の方に出ていらっしゃいました。


ペット同伴の墓参りはどうかなとも思ったのですが、非常に快く受け入れていただき可愛がっていただけました。
うちの子もこれに気分を良くしたようで、嬉しそうな表情をしていましたね。


一旦マンションへ帰り新宿へ。


買い物へでも行ったのでしょうか?

食べ物のことしか記録していなかったのでランチのことを。


20130102_shinjuku.jpg
お昼はミロード プラチナビュッフェでランチを。


前日夕食を抜いたとはいえバイキングだったのに、翌日もバイキングにしていたとは・・・
このお店はスイーツが充実していたような記憶があります。


またまた夕食抜き。


1月3日(木)は新宿で洋服などの買い物を済ませ、お昼は3丁目の膳丸さんで1,000円のランチバイキング。
夕方はエルタワーのサイゼリアへ。


正月も三が日が終わり、4日からはスポーツクラブでスタジオレッスン始め。

月に10~15回とコンスタントに通えるようになってきたので、2013年はジム通いを安定させ美しいボディと体力作りを頑張る。

            
スポンサーサイト
            
                                  
        

旗ヶ谷へ遊びに行ってみた

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 30
                 
暑い夏少々バテ気味ですが、8月18日(日)には池袋へ買い物へ行ってきました。

普通の日曜日でも混んでいてクラクラするのですが、さらに暑さも加わり結構辛かったです。

20130818_ikebukuro.jpg

お昼はサンシャインの中にある自然食レストランさんるーむで豚しゃぶの定食を食べました。
真ん中にある豆乳スープも美味しかったです。
こういう風に作れるといいなぁ。

サンシャイン内は夏休み期間中とあって、廊下を親子連れを載せた機関車が走りまわったり、広場にも親子連れがあふれていて騒々しかったです。
まぁしょうがないですね。


買い物後は駅へ行く方にあったルノアールで一休み。
以前は地味で行かないお店でしたが、最近は落ち着くのでルノアールを利用することも多いです。


8月20日(火)は旗ヶ谷で下車し、池袋では何度かいったことがあるサクラカフェへ遊びに行きました。

20130820_sasahata1.jpg
このテラス席だったら去年の池袋サクラカフェ同様ペットも同伴できそうですね。
今度連れてこようかと思いその下見の意味もありました。


12時を過ぎたのでお昼ご飯を食べに行く事にしました。

20130820_sasahata2.jpg
近くにあるドトールが結構広々としていました。
ご飯ものが食べたかったので入りませんでしたが、暑さが和らいだら遊びに来たいですね。


20130820_sasahata3.jpg
ここも入らなかったのですが「さと さと」というお店で、ランチが500円~700円位でした。

旗ヶ谷周辺のお店は見つくしたので、笹塚まで歩いて行く事にしました。

15分位あるいたでしょうか?

笹塚駅周辺まで来ました。
商店街のあたりをうろうろしてると、テレビだか雑誌だかで紹介されたという触れ込みの定食屋があり、暑さとに加えお腹が空いてたまらなかったのでいい加減入る店を決め、ここで昼食をいただくことにした。


お店の名前は失念(というより看板等を見てなかったので不明)したが、チーズチキンカツと唐揚げセットにミニサラダを追加して注文しました。

どんなお味なんだろうと期待していただいたのですが、メチャしょっぱくて食すのがやっとでした。
アイスコーヒーのお味もなんともいえず・・・
うーん、これっきりで次回はないですね。

あとサービスも。

店内は親戚(家族?)やらお知り合いだけだったのですが、そちらにちょっとかまけている事もあり良くなかったですね。

本当に名店なのでしょうか?

20130820_sasahata4.jpg

お茶はもう無難にエクセルシオールカフェで。
駅前にレトロな個人経営の狭い喫茶店があり少し心も惹かれたのですが、失敗したくなかったのでチェーン店にしました。


さて、この日は家に帰ると7月13日引っ越し時に利用したタクシーの運転手さんからいただいた、なんかのプレゼントの応募のやつ。
いただいたのにもかかわらずよく読んでなかったので。
伊豆旅行で応募はがき記入して東京帰ってきてから投函したあれが当たっていて、旅行券ははずれたもののクオカードを頂く事ができました。

小さな事だけどとても嬉しいです。

タクシーはわりと使う方ですが、この日の運転手さんは本当にいい方だったし、そんな方から少し話が弾んでいただいた応募のはがきを、氣の良い伊豆高原のホテルで記入してそれが1等じゃなくても当たったと。


伊豆高原旅行では面白い出会いもありましたし、こういういい縁の広がりや繋がりは大歓迎です。


21日水曜日は夕方から雷雨に見舞われる。
今年の夏は雷が鳴る事が多い。

                         
                                  
        

新大久保 蕎麦屋 近江家

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 29
                 
2012年12月31日(月)は、久しぶりに新大久保へ年越しそばを食べに行く事にしました。


年末年始といえば、これまでスポーツ観戦へ行ったり、ライブへ行ったり、海外へ行ったり、もちろん自宅で迎えたりといろいろでしたが、2013年は引越し間もないということもありますし、自宅でゆっくり過ごす事にしました。


ただおせちやお雑煮は作ったんですが、年越し蕎麦は何故か食べに行きたくなり、昔行った事がある新大久保駅前にある近江家さんへ行こうとなったわけです。

20121231_shinookubo.jpg
上を頼んだつもりが並がでてきちゃいまいた。


夕食はルミネのビュッフェだったようですが、ルミネの南なのか東なのか店名が書いてないからわからず。

この近辺でルミネ南と東で数店のビュッフェを食べたのですが、多分「柿安 三尺三寸箸」かと。
ビュッフェと合わせて、黒糖梅酒も飲んだ記憶があるのだが・・・


余談ですがこの10日前の2012年12月21日(金)はスピリチュアル的にはアセンションという事でしたが、私自身にも非常に重要な大きな出来事があり、確実に大きな何かが動き出している手ごたえを感じていました。

そんな2012年の終わりはこんな感じでやや淡々と過ぎていったのでした。


                         
                                  
        

2代目オカメちゃんが来た日

category - 雑記
2013/ 08/ 28
                 
2013年8月13日(火)より長らく放置気味にしていたブログを再稼働させましたが、その理由の一つに自分の為に記録を残しておきたいということがあります。


もともと要らないものを抱えておくのは苦手だし、たび重なる引っ越しで古い手帳もバンバン捨ててしまいました。

今年の手帳も来年になれば捨ててしまいます。


でもある時ふと、あそこへ行ったのいつだったっけ?

とか

あのおいしかった店の名前なんだっけ?

と、思い出したいのに思い出せない事も多く、だったらブログをメモ代わりに使えばいいかなと思ったんです。

加えてデジカメ内の画像もプリントする事も少ないので、いくつかをアルバム代わりにアップしたりしているわけです。


なので時系列を無視した、とても自己満足な記事が多いです。


ということで今回も時系列を無視して去年のお話を。


2012年3月26日、突然元気で非常に長生きをしていた初代のオカメインコの唯(ゆい)ちゃんが永眠しました。
家族が返ってくるのを待って苦しまずに微笑みを浮かべながらあの世に旅立ちました。

亡くなってから私の手の中で「ありがとう」と言わんばかりに目を開けてほほ笑んでくれたので思わず写真を取ってしまいました。
その画像は家族だけのものなのでアップはいたしませんが、ものすごく美しい姿でした。


去年は大きな変化があった1年で、この年の12月13日(水)には神楽坂への引越しがありました。

これまで一緒にいたゆいちゃんを失い、仮住まいの神楽坂では曇りガラスでお外も見えず、残った1羽の鳥さんもすごく寂しそうでした。

年の瀬が近づいていましたが、さすがに寂しそうな様子を見てはおれず、2代目のゆいちゃんを捜しに行く事になりました。


最初は池袋のペットショップへ行く事にしました。
池袋のサクラカフェでペット同伴OKをいただいたので、鳥さんも一緒に昼ご飯を食べる事にしました。

20121226_ikebukuro.jpg

野菜やパンなどを少しあげましたが、この日は強風で寒く早々にペットショップへ。

結局池袋では縁を感じる子がおらず、新宿のペットショップへ行きました。


しかし、ここでも初代と同じ、黄色のオカメちゃんはいませんでした。

今年は無理かと思いましたが、そんな中真っ白なオカメちゃんが
「連れて行って~」とばかりに必死にアピールしてきます。

黄色のオカメちゃんを捜しに来たと頭が固くなっていた私でしたが、このラブコールに心を動かされお迎えすることにしました。


生後2カ月くらいということでまだまだお子ちゃまです。


しかし羽をみると血の跡があり、怪我や病気をしている可能性があるなと思いました。
お店の方も不安に思ったのか様子を見て下さり、どうしますか?と聞いてきましたが


とても縁を感じたので、うちにお迎えする意味がなんだかわからないけどすごくあるんだろうと思い連れてきました。


後にこの嫌なカン(?)と良いカンは当たる事となります。


あとお迎えする大きな理由のひとつは「たくましさ」でした。
これも後々この子からいろいろと勉強させられることになります。


20121226_deru1.jpg
20121226_deru2.jpg


初めてマンションの我が家へ来た2代目ゆいちゃん。
別名「でるでる」「でるちゃん」


新しい家族が増え嬉しい1日となりました。

しかし、うちに来ても初日は食事もせず、一言も言葉を発せず(=鳴きもせず)です
羽の怪我の他にも何か障害を背負っているのか・・・!?


不安でしたが、翌日止まり木から落ちそうになり1声発したのをきっかけによく鳴くようになり、そして温めたかゆ状の食事をかわいらしいミニ皿にいれていたのですがそれをわんこそばのように見事に完食し続ける日々が続き、ふとインスピレーションで感じた「たくましさ」の正体が判り始めてくることとなったのです。

                         
                                  
        

伊東の花火大会へ行ってきました

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 27
                 
お盆休みに入りました。

世間が夏休みに入るであろう期間はもう遠出しないつもりでいましたが、ちょっとしたご縁があり伊東の花火大会へ行く事になりました。

8月10日(土)の5:20分に自宅を出発し途中渋滞があったこともあり9:30頃伊東の海岸に到着しました。
この日は本当に暑かったです。
日焼け止めを塗り忘れてしまった足はしっかりサンダル焼けの跡が付いてました。


あまりに暑いので、伊東駅の方向にあったガストで一休み。
昼は再び海岸に戻り用意していただいたお弁当をいただきました。


その後は再び暑さ対策で伊東駅近くのカフェ江戸屋さんへ。
普段は人も少なくゆっくりと出来るお店ですが、この日は夏休み期間中しかも花火大会当日なので店内は家族連れであふれかえっていました。

それでもなんとか席を確保して夕方までゆっくりと過ごしました。

海岸へ戻るとバーベキューの用意がされており、お魚を中心としたお料理を頂きました。
この辺りはダイバーたちでにぎわっていましたが、夕方になりダイビングモードから花火を見るモードへシフトしていき席が作られたりシートが敷かれたりし始めていってます。




今回の花火大会は「第67回 按針祭 海の花火大会」となっており、伊東の海岸5か所から花火が打ち上がります。

花火大会は20時~21時の1時間でしたが、伊東で最大の花火大会ということで1時間の間に約10,000発の花火が上がるんです。


20130810_ito2.jpg
20130810_ito1.jpg

写真の方は撮ったもののなかなかうまく撮れておらず・・・

でも、記憶の中にはしっかりと残っています。

さすがに約10,000発の花火は迫力がありました。


帰りも混んでたりいろいろあって帰宅が1,2時位でグッタリでしたが、遠出の花火大会は子供の頃以来(?)だったので行って良かったです。

                         
                                  
        

ジェルネイルを楽しむ

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 26
                 
8月7日は新宿3丁目にある「膳丸」でランチバイキングでした。

ここは1,000円で食べられるので欲張らず適度な量で済ませられるのでいいですね。



その後は久しぶりにプロネイリスト専用の卸のお店TAT新宿店へ行ってきました。



私はながーい間マニキュアの生活でしたが、爪が痛むしすぐ剥げるしという悩みを抱えていて
頻繁に塗りたしたり塗り替えたりという生活にうんざりしていました。


その後ジェルネイルの存在を知りサロンで施術してもらって以来、ずーっとジェルネイルの生活が続いています。

ただ1本毎のメンテナンスなど自分でも出来た方が便利なので、春にネイリストの学校に通っていました。
なのでTATさんも卸の価格で商品が購入できます。

チップやジェルスカルプなども覚えると良い状態をキープできるのでとても楽チンです。



なくなりかけていたワイプなど数点を購入。
ピンクのカラージェルもなくなりそうなので、次回はカラージェルをいくつか買おうかと思っています。




さすがに暑さも厳しくなってきていて少し歩いただけでのどが渇くは、足は付かれるはで・・・

ミロード内のカフェラミルでケーキセットを食す。
ケーキはいつも頼むミルフィーユでした。
最近は食事の量にも気をつけているので、ケーキも半分ずついただきました。


帰り道小田急デパートでお買い物。


翌日の8日木曜日に、入院していたおばが退院したという連絡が入りました。



                         
                                  
        

宇佐美の別荘の詳細がわかる

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 25
                 
8月4日(日)は新宿へ行ってきました。

昼は新宿ルミネにあるブラッスリーバルバラでパスタのセットを食べました。
ここはパンが食べ放題なのでちょくちょく行っています。



バスに乗って母のところへ行き、酵素やら青汁やら栄養の足しになるものなどをいくつか渡してきました。
今年だったかしら?体調が悪く病院へ行ったら血圧が高く糖尿の気があるということなので、サプリや酵素などを定期的に上げるようにしはじめたのです。


ちょっと前の検査ではその効果が出てきたという事で、糖尿の方は良くなり、後はもう少し血圧を下げればよいというところまで来る事ができました。





その後は先週行ったおばのところへお見舞いに行きました。


この1週間の間に部屋を整理していたら子供の頃宇佐美の別荘へ行った時の写真が出てきたので、早速おばにみせることにしたのです。


先週は点滴に頼りまだまだ退院は先に見えましたが、既に点滴は取れおかゆが食べられる状態になっており、もう少しで退院できるだろうということでした。



昔の宇佐美の写真を見ました。
先週は点滴や管を通していた事もあり聞けなかった宇佐美の話も聞く事が出来ました。


宇佐美の別荘は建てられたものを買ったのかと思っていましたが、そうではなく区画を買い新築したということでした。



どうりで、部屋の雰囲気や内装がおばの家と似ているわけです。


また子供の頃行ったプールがあった施設の名称も判明して、どこだか調べる事ができました。
前回宇佐美に行った時にここかな?と思った施設がそうだったのです。
この時はホテルからの距離もあり、水着の用意もしていなかったので行かず仕舞いでしたが。
施設のHPを見ると、今でもそのプールは当時のまま残っているようですのでいつか遊びに行きたいですね。


宇佐美はとても地味な場所なのですが、リラックスしに行くには、あの何もなさ加減が私にとってはとても心地よいと思っています。


また別荘についてはいろいろと話を聞く事が出来て、今まで知らなかった情報も得ることができました。



この日の夕食は自宅で取る事にしました。


昼のパスタが結構重かったので、こういう日の夜ごはんは軽めにするに限りますから。

                         
                                  
        

ヨガやピラティスをやっています

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 24
                 
早いもので7月が終わり、8月になりました。
暑い日々が続いて少々バテ気味です。


さて、私は去年からスポーツジム通いをしています。

昔もジム通いをしていて、よく行く時は忙しかったにもかかわらず1か月に20日から25日ほど通っていました。
当時はキックボクシングやダンスなどハードなメニューをバンバンとっていて2009年の初め位までは今から思うと痩せの状態が続いていました。


ところが2009年からの2年間ほどでストレスと加齢と運動不足等で太ってしまいました。
とはいってもお腹や太ももなどの隠れ太りなので、もともとの痩せもあり他人から見たら普通体型に見えたと思います。


だけどこれまで出た事がなかった下腹部のぽっこりと、付きやすかったヒップとふともものさらなる肉付きの良さでものすごくコンプレックスを抱えることになってしまいました。



その間も痩せようと思い、近所の区でやっているスポーツセンターなどへ思い出したようにたまーに行っては見たのですが当然そんなもんじゃ痩せる気配すらなく、自分の体型が嫌なままどうしたらいいか途方に暮れる日々が続いていたのです。


頻繁にジム通いをしてたころさすがにハードなプログラムも出尽くしてしまい飽きたためモチベーションが続かなく退会。
その後1回再加入したのですが、システムが変わってしまった事で、これまたモチベーションが続かなく1月行かずにまたまた退会。


その後は前述したとおり、利用料金の安い区のスポーツセンターへたまに行く程度でした。


でもやはり自分を変えたい!

以前の体型に戻したい!


と思っていた時、新聞の折り込みにスポーツジムの広告が入っており


それがきっかけとなり去年の8月に施設の見学へ行きその場で加入。
時期が半端だったため9月からの入会となりました。


早速ジムに通い始めたところ、帰り道ロングスカートに厚底サンダルという恰好だったのですが、坂でもなんでもない平坦な道で何故か左足を捻ってしまいました。

これまでもコケることはよくあったので気にしなかったのですが、歩いてるうちに痛みが出てきて異変に気づきました。


家へ帰ると左足のくるぶしが腫れています。
あわてて冷やしたものの、指の方向まで腫れてしまいました。


結局医者には行かずぶりかえしながらも数週間で治す事ができました。


しかし、ジムに通い始めで怪我をしてしまったため、またまたジム通いが出来なくなってしまいました。


また続かないないのかなぁと思っていたのですが、今回は何故か足が治ったあとジムへ行きなんとなく習慣づけることに成功し今日までコンスタントに通っています。



今は1カ月15日程度を目安にしています。
2日に1回程度ですね。
1日にとるスタジオプログラムは1から4程度で、ひとつのプログラムの時間が45分から1時間です。


以前と違い今回はやわらかめのプログラムが続きます。

例えば7/29(月)~8/4(日)の1週間だと


ヨガ 3回

ピラティス 3回

筋トレ  1回

エクササイズ 1回

ボクササイズ 1回

これに毎回行った時は腹筋100回とマシントレーニングを追加します。

毎月行ける時に行っておいてお休みする時は休むというスタンスなので、各週平均していっているわけではなく、ガンガン行く時とそうでない時、たまたま平均して行ってる時などマチマチです。



昔は物足りなかったヨガをやるようになりました。

ヨガはアプローチの仕方が分かってくると奥深く楽しみなプログラムとなりました。

この中でハードなのはボクササイズと筋トレです。


女性に人気の美しいプロポーションをデザインするエクササイズも、ものすごくハードではありませんが発汗量が半端ないです。


でもこれらのプログラムをこなしていくうち、猫背気味だった姿勢が良くなり、バランスも取れるようになってきました。


自分の理想とするプロポーションにはまだまだなものの、余計なお肉がそがれていきあともう一歩というところでしょうか。


プロポーションに関しては運動だけでなく、食生活の改善、生活習慣の見直し、メンタル面の強化、また自然療法や健康法も追加して更なる向上をしていっている途中であります。


以前は痩せだったのに、今回10ヶ月くらいは月に15回くらいジムに通い上記のプログラムをこなす生活を続けていますが、理想の体型まであと1歩の状態から脱せられていません。


これにもすごく意味があることだと感じています。


だからこそ、食生活や習慣の見直しと改善などそれ以外の部分も真剣に考えざるを得なくなったわけで、運動だけで痩せ切れなかったことは必然だったのですね。


なのでこれからこれらの講習会や勉強会などへ参加をする予定です。

また面白い事があればブログで書こうと思っています。

                         
                                  
        

お見舞いに行く

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 23
                 
伊豆一碧湖の旅行中におばから留守電が入り入院している事がわかった。


とても声が辛そうでただ事でないのがわかる。
入院しているという事で気軽に電話をかけなおすことも出来ず、東京へ戻ったらすぐにお見舞いに行ってみようということになった。


旅行から帰ってきて2日後の7月27日(土)に新宿の自然食レストラン「さんるーむ」でランチをとり、病院へ行ってみました。


新宿からバスで病院へ。


どの病院へ入院しているかはわかりませんでしたが、叔母の住んでいるところから近くにある総合病院はひとつなので受付で氏名をいうとやはり入院していました。
1階の受付では部屋番号まではわからないので、入院している階のナースステーションで聞いて下さいとのこと。


エレベーターで上がり当該フロアのナースステーションで部屋を聞くと、個室の為一緒に行ってご案内しますということでした。




私も以前はこの病院の近くに住んでいました。
幼いころすごく待たされて診察された苦い記憶が思い出されます。


2棟ある建物のうち、外来病棟はそのままだったものの、入院病棟は新しくなっており周辺の様子も様変わりしていました。
子供の頃に病院内にある草があるところで遊んでは虫に食われてとてもかゆかった想い出がありますが、その場所にはもう草がありませんでした。



病室に入るととても広く広めのワンルームマンションといった感じでした。
個室の中にはシャワールームとトイレもありました。


7/4から入院していたそうで、既に手術も住んでいて当初の病気については問題なくなっていたのですが、その後腸閉そくになり、食事が取れず点滴で栄養を取っている状態でした。


食事が出来ず点滴が繋がりっぱなしで非常に辛そうでした。
食事が出来るようになり排便にも問題がなくなれば退院できるそうです。


久しぶりに会ったので私たちの引越しのこととか、他の親戚のことなどいろいろとお話しました。


そして先日宇佐美旅行へ行ったことも伝え、デジカメの宇佐美駅の画像も見せました。

この間宇佐美に行った時は正確な場所が思い出せずいろいろと記憶違いもありすっきりしない感情で帰ってきたのです。


おばから「別荘の場所はわかった」との問いに
「子供の頃だったから記憶があいまいでわからなかった」と答えると

だいたいの住所を教えてもらう事ができました。

しかし田舎なのでだいたいの住所では、ネットで地図での検索をしてもよくわからず仕舞いでした。


すっかり話し込んでしまいましたが夕方に失礼して、夜は東新宿のロイヤルホストで夕食。


まだ退院の目処はたっていないものの、思ったよりは状態が良さそうなので一安心です。


                         
                                  
        

アンダ別邸宿泊 伊豆一碧湖旅行 

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 22
                 
7月も4週目に入り、世間も夏休みモードになりはじめそろそろ混雑が気になるところ。
異様に混んでしまう前にと7月23日~25日まで伊豆方面へ旅行に行ってきました。


新幹線の中で食べた駅弁です。

20130723_ito1.jpg

確か東京弁当(?)だったかな?1600円でいろんなものが入っているので迷わず購入。
中でも中央にドーンとあるお魚と厚焼き卵がおいしかったです。
弁当の中に入っているお品書きを読みながらいただきました。


11:56発こだまで熱海に12:44着。13:03に熱海を出発して伊東についたのが13時25分。
伊東でシャボテン公園行のバスに乗りシャボテン公園までいったのだが、着いた時間が営業時間終了の1時間ほど前だった。


伊東には早く着いたのに何故遅めのバスにしか乗れなかったのか。
ここで実はちょっとしたというか面白い出会いがありまして、伊東駅のホームで少し話し込んでしまったんですね。
と、劇的な出来事はあっさり書く私。


ムリ無理シャボテン公園を観光するのも嫌なので、徒歩で今来た道を少し下る事にしてみた。
ホテルの近くまでいくバス停でバスを待ち一碧湖歩道口で下車すると雨が降り出してきました。
ホテルのホームページには一碧湖歩道口からの詳しい案内が出ていなかったため、電話をするとラッキーな事に他の泊り客も数組バス停にいたためホテルからの迎えの車が着くところだという。

数分待ってこの車に乗り、ホテルに無事到着。


若いカップルや家族連れ、友人同士でいらした方など、結構お客さんが多かったです。
もう7月も4週目ですものね、夏休みに入る方も多いんでしょう。

今回は伊豆一碧湖にあるアンダ別邸に宿泊しました。

20130723_ito2.jpg
バリを意識した作りで、部屋の中にはマッサージチェアもある。
このマッサージチェアが痛かった!


20130723_ito3.jpg
ホテルにはカラオケルームや図書やDVDなどもあります。
テレビはこのとなりの寝室にも壁掛けのものが設置されています。


それと、写真は取り忘れましたが、室内にある浴室も広くてテレビがついておりとてもリラックスできます。
今は自宅が地デジが見れない状況ですが、お風呂に入りながら久しぶりに「踊る!さんま御殿」を見てしまった。
まだやってたんですね。


今回は2食(朝・夕食)付きで泊まったのですが、初日のディナーがとても美味しく満足できました。
お誕生月の方にはちょっとしたサービスもあるので、大切な方のお誕生月に利用されてみるものいいですね。


ディナーの他にも22時からはバータイムでお酒を楽しむこともできます。(もちろん夕食時にお酒を楽しむこともOK)


朝食はビュッフェスタイルでした。
ホテルの方もとてもフレンドリーで気持ちよく過ごせました。


2日目は生憎の雨降りでした。
ホテルで傘を借りてお昼ご飯を食べに行くことにしました。
前日のバスのルートで飲食店がありそうなところをチェックしておいたので、一碧湖歩道口からバスに乗り店がありそうなところを散策してみた。

池田美術館のバス停の前に「b.gill」というイタリアンのお店があったので開店をまって入ることにした。

パスタランチをいただきました。

お店の方がとても親切でバスの時間などを確認して下さいました。
アンダ別邸までは近道があり10分程度とのこと。
そちらからのお客様もよく来るらしく、皆さんよく利用されるルートだそうです。
この近道がわかるか不安がありましたが、バスがくる時間までだいぶあったので近道を教えてもらい行ってみることに。


しかし、近道がよくわからなかったため、早めにバス通りに戻り歩きでホテルまで帰りました。



アンダ別邸はホテルのアメニティで女性には人気のPOLAのアロマエッセシリーズが揃っていたのもGOODでした。
最終日チェックアウトをする際に気に入っていたポーラアロマエッセボディソープと、バリのお香2種類を購入。



シャンプーとコンディショナーは今のところジョンマスターオーガニックのを使っているので見送りました。





今のところ私はジョンマスターのシャンプーがジン&セージ、コンディショナーがシトラス&ネロリという組み合わせが気に入っています。




アンダ別邸を10時頃チェックアウトしてバスで伊東まで行きました。
伊東に来るときによくお邪魔している、駅近くの江戸屋さんで昼食をとりました。


ここはパン屋さんとつながっており、パンを買ってから隣の喫茶店に持ち込み移動することができる。
私は3食ガッツリといただくことが苦手のため、朝ビュッフェでお腹の持ちが良かったため、パンをいくつか買って喫茶店でコーヒーを注文していただいたというわけです。


帰りは新幹線ではなく快速アクティで東京まで帰ってきました。
預けていたペットを迎えに行くため新宿に出る。
東新宿のロイヤルホストで早めの夕食をとりタクシーで帰宅。


そうそう、引越しの時に利用したあの親切なタクシーの運転手さんからいただいた、旅行券他のプレゼントが当たる応募のはがきは旅行先で投函しようと思ったのですが、応募はがきの必要事項を書いただけで投函は東京へ戻ってきてからすることになりました。


もう7月も終わり近くです。
混雑が気になるので当分遠出は自粛しようと思っています。



そして・・・

東京へ帰ってきてから早速以下の物を注文しました。


アロマエッセ クレンジング


アロマエッセ クレンジングウォッシュ
(これメチャメチャ良いです!泡立って出てくるので楽に洗えます)


アロマエッセ モイスチャーローション


アロマエッセ モイスチャーミルク

商品到着後早速使っていますが香りもいいですし使いやすいです。
容量も結構ありますので、ローションやミルクは体全体に気楽に使えますよ。


                         
                                  
        

お墓参りと引越し

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 20
                 
引越しの日も迫ってきた7月10日(水)お墓参りへ行ってきました。
うちはいくつかお墓があるんですが、今回行ったのは江戸川橋のお墓。

神楽坂の家は、江戸川橋も近くであると書きましたが、もちろんお墓も家から徒歩圏内。
今年も1月2日からペットを連れてお参りしていたくらいです。

引越し先からも遠いという距離ではありませんが、とにかく近いうちにもう一度行っておこうということで徒歩で行くのが最後となる墓参りです。

だいたいお墓参りの後は関口のカフェへパスタセットを食べに行くのですが、この日は神楽坂に引っ越してきてからすぐに行った山伏町のデニーズへ行きたくなり歩いてデニーズへ。
2012年12月30日(日)初めて山伏町のデニーズへ行った日は雨で、お昼を食べて帰宅後はおせちとお雑煮作りをずっとしてたんだな・・・

午後は教習所で実習と学科を受けてきました。



7月13日(土)大安の14:00から業者が来て引越しが始まりました。

神楽坂の家はマンションにしては収納が充実している方ではありましたが、その半年前の引っ越しでかなりの量の不用品や家具類を処分したにもかかわらず荷物詰めが終わったのがギリギリでした。


神楽坂から渋谷へはタクシーを利用。
この時のタクシーの運転手さんがとても良い方で、うちの鳥さんの事も気にかけて頂いて短い時間でしたが楽しい時を過ごせました。
そして景品が当たるタクシー関連の応募のはがきをいただきました。



引越し自体はテンポ良くやっていただき20時位(?)に終了。
さすがに夕食は作れなかったので、近所の居酒屋で引越し祝いも兼ねて軽く飲みながら済ませました。
店内はとても空いていたのでゆっくりできました。


翌日はインターネット回線とスカパーアンテナ設置工事が入る。
私は地デジはほとんどみないので、ブースターには新宿の戸建から持ってきたスカパーのアンテナをつなぐ事にした。

スカパーアンテナを直に単体で繋ぎ、ブースターには地デジを残す選択もありましたが、やはり地デジより衛星が各部屋で見れた方がいいので後者を選択。
業者の方から「地デジ見れなくなるけどいいですか?」と聞かれましたがCSとBSが見れればいいんです。


仮住まいのマンションの時は東向きベランダなのでスカパーを受信することが出来ずひかりTVをつなごうと思い業者を呼んだのですが、そこは既にマンション自体にアンテナが立っていて結局工事なしでスカパー受信ができました。

その時の業者の話では、スカパー好きな方にはスカパーさえ見れれば地デジは見れなくてもいいという方も結構いらっしゃるそうです。


私も地デジを見なくなったからかなり経つので、現在やっているドラマやバラエティの番組やCMの話題などを出されても全くわかりません。


とはいえ、このブログを始めた時と今とでは私の交際範囲もかなり入れ替わりがあり、いわゆる普通のビジネスパーソンという立場の方はほとんどいなくなったので、定期的に地デジでドラマやバラエティを見る層とはお付き合いがないので話題を振られる事もありませんが。



ただ良質なドキュメンタリーなどは見たいなぁと思う事はありますが、NHKのものだとその後衛星でやったりするので機会があればそちらでみることにしています。


翌週19日(金)は期日前投票と転出の届を済ませ、ビッグボーイでランチ。
ここは最近モーニングのバイキングで利用することが多かったのですが、久しぶりにランチで利用。
何を食べたか忘れてしまいましたが私にとってはかなりボリュームがあったことは確実。
こういうときは夜ごはんの時間になってもお腹が空かない事が多いので、夜を抜かすか微量にして内臓を休ませるようにしています。
そうすると翌日胃の辺りがスッキリとするんですよ。


その後は渋谷に帰り転入届を提出。
めんどくさいことは一気にやってしまわないと腰が重くなってしまいますね。


新居ではまた1室作業場を作りました。
仮住まいのマンションではこういう遊びの部屋を持てなかったので久々です。

ここはパソコンがあったり、本やCD・DVDレコードなどが置いてあります。
ただ以前の戸建で大きなラックを処分してしまったので、既存の書棚だけでは容量がたりません。
新しく書棚をひとつ追加することにしました。


書棚が到着したのですが、組み立てる時に失敗してパーツを買いなおす必要がでてきました。
中野の島忠でも行くかと思ったのですが、そんなに遠くない距離に島忠の中野本店があることがわかったため日曜日に早速行ってみる事にしました。


やはり本店とつくだけあって品ぞろえは充実していましたね。

そしてこちらはペット同伴での買い物がOKなんです。

行き慣れている中野もいいですが、こちらの本店もペットと一緒に買い物ができるので散歩がてらまた行ってみようかと思っています。



                         
                                  
        

自動車の免許を取りに行く事に

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 19
                 
子供の頃車酔いをする体質で、長らく車が苦手でした。

大人になってからドライブなどで車に乗せてもらうようになり酔わなくなってきたんですが、都心に住んでいて車の必要性を感じる事がなくこの歳まできてしまいました。


ところがここ数年、やっぱり車があった方がいいなと思うようになり、免許を取るという事が自分の中の視野に入り始めてきたのです。

うちはペットがいるので、私が運転できれば気軽に旅行へ連れて行ってあげられるし、電車に乗りたくないと思った時は乗らずに済むし・・・


実は神楽坂・牛込神楽坂・江戸川橋・飯田橋と4駅使える環境の中、一番多く利用した線は総武線(飯田橋)だったのですが、理由は簡単で地上を走るから。

つまり地下鉄が苦手なんですね。

なんか圧迫感があってダメ。

出来る事なら外が見えるJRがいいの。

かろうじて大江戸線(牛込神楽坂)は比較的駅がきれいだし空いてるからまぁまぁ利用してましたが。


それと銀座へ行く時乗った有楽町線(時間帯によっては東西線も)で感じたのですが、この線はいつもサラリーマンが多く利用している印象があります。


なんとなく車内の雰囲気が苦手なんですね。




それで、やっぱ免許を取ろうと7月5日(金)都内にある教習所へ無料体験試乗をしに行ってきました。


都内でもちょっと開けたところにあるという事で、今の神楽坂周辺からでも、引っ越してからの渋谷からでもチト距離があるなぁなんて思ったんですが、これだけ環境が整っていて通える距離にあるのは限られているだろうということで7日日曜日より受講を開始することにして帰ってきました。

そして引越しまでタイトに学科と実技を受けていたら学科は受講が終わり、実技もあと少し受けて感触が良ければ仮免に挑戦というところまできました。

しかし、引越しをしてからは8月いっぱいまでは、夏休みで混みそうなのでお休みしてます。
最近どうも混んでる時期が異常に苦手になりました。


あと教習所は駅おりてから10分程歩くんですが、この暑さですからねぇ。
帰りは教習所から駅まで出ているバスに乗ってくるのでいいのですが。



そうそうまだ教習所へ行っている時期7月の2週目辺りですが、クランクで躓きました。

その1,2日程前から、私のハンドルの持ち方が良くないと教えてくれた教官がいたのですが、クランクに関してはどうもその方の教え方だとしっくりこなく非常に危なっかしい運転で自信を喪失してしまったんです。


それまでは、ハンドルの操作の仕方に問題があったものの、この歳にしては感覚が良くスイスイいっていたんですが、ここにきてクランクで壁にぶつかりもうどうしようかと悩んでいたんですね。

そんな時、翌日この教官がお休みということになりました。
7月の時点ではとっとと免許を取ろうと思ってたので、連日学科や実技のスケジュールを入れていたんですね。
だから私は翌日実技のスケジュールが入っている。
果たしてクランクで手こずっている今の私をうまく導いてくれる人はいるのだろうか?


一瞬考えましたが



そうだ!
私はいつも運がいい。
これまでも自分の強運に何度も助けられたし。


ということはここで教えてくれる人が変わらざるを得ないという事は何かある!


翌日この直観は当たる事となり


初めて指導いただく教官でしたが

見事苦手のクランクと、初めてのS字をなんなくクリアしたのでした。


この方に後から言われたのですが、最初は出来が悪く正直不安だったらしいのですが、1時間ですぐに修正して驚いたそうです。


まぁ免許取ってる方からしたらS字クランクたいしたことはないんでしょうが、今回何故か私には合わない教え方をされたことで自分にとっては結構難関だったんですよ。


斎藤一人さんじゃないけど、困った事は起こらない。


先日のスピリチュアル系セミナーでも講師から言われましたが、


良い悪いってないですからね。


ホント自分次第。


この暑さが和らぎ、学生の夏休みが終わる位になったら
教習所通いを再開させなきゃ!


                         
                                  
        

神保町のあたりに遊びに行ってみた

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 18
                 
2013年6月30日(日)は渋谷の物件の契約日。
渋谷とはいえ新宿が近いのがいい。

以前の戸建での私の部屋は3階でしたが、こちらでは2階になる予定。
都心の住宅地というと密集していてプライバシーがなかなか確保しにくいのが難点だが、2階のお部屋はお隣と段差があるようでお隣から先が建物ではなく屋根しか見えない状態。
いくつか続く屋根の先には大木が見え見晴らしが良い。
レースのカーテンを引けばほとんど人目が気にならない状態です。


広々として部屋数も多く、小さな庭部分もあり、窓から植栽がみえるのも気分が良いし、玄関とは別に門扉があるのもプライバシーが保てて気に入っています。



これまでの家もそうだが、何故か自分は良い条件の家に住まわせていただく事が多いかも。
今の家もマンションで氣が良くない(多分普通の人はあまり気にならないと思う)とはいえ、神楽坂、牛込神楽坂、江戸川橋、飯田橋と4駅が徒歩6~10分程度で行ける。
アクセスの良さは抜群だ。


あとは自分が家を買ったり借りたりする時、すごく安くなっているケースが多い。
広さが充分あったり、日あたりが良かったり、周辺が広々してたり、今思うとありがたいと思える環境に住まわせていただく事が多かった。



翌日の2013年7月1日(月)はいつもいってる早朝ヨガに行き、神保町のスタバでイーモバイルを使って調べ物をした。
昼ごろランチの約束があり神保町から水道橋方向へ歩きつつ、塩梅でお昼ご飯。

塩梅 神保町店

何を食べたか忘れてしまったが日替わりだったかな?

平日の昼でしたが思ったよりも混んでなくゆっくりと過ごせました。
その後は飯田橋方向へ歩いていき、倉庫を改装したような建物の中にあるカフェでお茶。
ここもメイン通りから中に入ったところにあるせいか、お客さんはいませんでした。
その後ぽろぽろとお客さんが入ってきたものの、空いていて落ち着いた時間を持てました。

神保町というと長い間総武線が使える生活だったため、よく水道橋で降りて古本屋街をブラつくことが多かったです。


本が好きだったので、古書を見るだけでもワクワクしてしまいます。


イタリア書房とか、美術専門書店(以前気に入っていた店があったのだが店名を失念)とか、@ワンダーとかその他いろいろなところへ出没しましたね。


またみわ書房は懐かしい童話が多数無造作に置いてありお気に入り書店のひとつです。

ここで最初の引っ越し時に置き去りにしてしまった、少年少女世界文学全集や世界の童話のいくつかを買い戻ししました。


この日は書店巡りはせず、飯田橋のメトロポリタンホテルの中を通り駅まで散歩を楽しんだんですが、神楽坂へ越してきてから坂が多くてゴミゴミしてるのがどうも私には合わないと思っていましたが、飯田橋の方は場所を選べば道も広々としていて氣の流れが良くてもっと早く気が付いていれば良かったです。



ということで2日後の7月3日の午前中再び飯田橋へ。
この時点で引っ越し日は確定してないものの、近々引っ越す事は決定なので近いうちに行っておこうというわけです。

神楽坂に越してから近所での外食は神楽坂近辺が多く、飯田橋寄りでは広くて落ち着いたのでロイヤルホストへ行くくらいでした。

今回はいい氣が流れていたメトロポリタンホテルへ。
ロビーでくつろぎながらお昼をどこで食べようか思案していました。
ホテル内でも良かったのですが、とりあえず外に出てみる事に。

自然と足が向く方向に身を任せていると、興味をひかれるカフェが。


ピン!と来たので、トレベルカフェ飯田橋店でランチを。


女性ひとりでも入りやすい雰囲気があるせいか、平日の昼間店はあっという間に満席になっていました。
私たちの隣も女性のひとり客で、落ち着いてランチがとれました。


そして周辺を散策。
神楽坂と飯田橋だと、どうしても神楽坂の方がおしゃれなイメージがありますが、私には比べると区画が広い飯田橋の方が癒される場所でした。

ただどちらも住むには合わないかなぁ。


たまに来るなら神楽坂も面白いんですが、もともと仮住まい。
天からの引っ越しなさいというメッセージは強烈で、隣の家の出入りがうるさかったり、犬が夜中に動物園のようにワンワン言いながら駆けずり回る音に悩まされたり、加えてこのワンちゃん関連の匂いが家の方まで漂ってきたり、2件となりの家の貧乏オーラがすごかったり・・・もろもろ出ていかなくてはいけない状況に追い込まれたんですよね。


結果的にはそこまで痛めつけられたからこそ、行動を起こし渋谷の物件にめぐり合えたので、タイミングを逃さずに済んだという事でOKなんですけどね。



翌日4日は夕方引越し屋さんと打ち合わせ。
前回も利用した引越し屋さんでしたが、前の担当者はこの半年の間に退社されていて、新しい人がきました。
前回の人は押しが強かったんですが、その分いろいろと交渉できたし、融通もきいたし、おまけに電気なんとかの資格もお持ちだったのでシャンデリアの取り外しも規定内の料金でやってくれました。

今回はみるからに普通のサラリーマン風の人。
杓子定規な部分はありましたが交渉して前回と同じ金額でやってもらいました。

この時にわかったのですが、決定した引っ越し日7月13日(土)は大安なんだとか。

別にこちらは大安云々は考えていなかったんですが、何事も運がいい時は楽にスムーズに物事が運ぶものだと改めて思いました。




                         
                                  
        

伊東市宇佐美旅行

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 17
                 
マンション住まいが苦しくて、また旅行を計画。

この旅行を計画してから実行されるまでの間に、物件を見に行き引っ越すことが決まっていたのだけど、1日でも今の家にいたくないなぁと思ってました。



その数カ月前には輸入ビジネス関係で知り合った方から、風水に関するネットには出回らない本物の情報をいただいてたりして、4月の下旬には不用品の整理や家具の配置を変えたりして、通気性の悪い部屋を少しでも風の通りが良くなるよう工夫してみたりしてみました。


確かに若干の氣の流れの良さは感じたものの、根本的な問題の解決にはほど遠いんですよね。


ただ不用品を処分したことで、これまで使わなかった、すなわちゴミがなくなったことで、これらの不用品から発せられていたネガティブな気を受けなくなったことは良かったと思います。


しかし、去年12月の戸建⇒マンションの引っ越しで収納スペースが大幅に減るからと、大きな荷物をどっさりと処分したにもかかわらず不用品って出てくるものですね。洋服等ゴミ袋でいくつだしたかしら?


それに前の戸建にいた時から、春になると何故か不用品の整理をしたくなり定期的に捨ててはいたのですが、どこからこんなに湧いてくるのやら!?



さて、旅行ですが、子供の頃おじ夫妻が宇佐美に別荘をもっていて夏休みには家族旅行でその別荘へ遊びに行っていました。

これまでもふとした時に宇佐美での事を思い出す事があったんですが、何故か無性に行きたくなり2013年6月25日~27日の2泊3日で宇佐美へ行ってまいりました。

20130625_usami1.jpg


まだ夏休み前ということで閑散とした宇佐美駅。
子供の頃の記憶はとても薄れていてあいまいなものでしたが、ここだけ取り残されたように変わっていないかんじがしました。

駅の商店街のアーケードも当時のままで、シーズン前だからか定休日なのか営業してないお店もあり、私の胸の中を懐かしいような淋しいような気持が通り抜けていった。


駅からホテルまでに利用した送迎バスの地元民の話では、以前は快速が止まっていたようですが、人も少なくなり各駅停車しか止まらない駅になったとか。
(チラ聞きなので真偽はわかりませんが)




今回は家にいたくなかったということもありますが、気分をリフレッシュして自然のエネルギーのパワーを受け取り、プラスでもマイナスでもない「無」の状態になりたかったので、人が少ない(というかほとんどいない)のはありがたかったです。


観光や海が目的ではなかったので、営業しているお店が少なくてもOK!


だからホテルについて、部屋からの眺望も良さに感動した時、本当に来て良かったと思いました。

20130625_usami2.jpg

今回はウィスタリアンライフクラブ宇佐美に宿泊しました。

この和室にお布団をひいてもいいし、隣の部屋にもベッドがあるので、結構広々としたお部屋で満足。


20130625_usami3.jpg

さて、別荘についてですが、現地にくればその所在地も記憶がよみがえり容易にわかるものと思っていましたが全然でした。
駅から徒歩で行っていた記憶があったのですが、このホテルからの眺めと古い記憶を掘り起こしての別荘からの眺めを比較してみると、別荘の方がもっともっと高台にあったんじゃないかと思われます。
となると、駅から徒歩で行ったという記憶に誤りがあるようですね。


当時別荘に行く前に寄っていたスーパーも改装がされており、記憶に残っていた映像とは全く異なるものでした。
ただ宇佐美についた初日、バス待ちで寄った喫茶店は当時からあったお店で入った記憶があるんですよね。
私たち以外には近所のなじみ客が一人いただけで閑散としたものでしたが、子供のころを思い出して安らいだ気分になりました。


今回は観光やら海やらが目的ではなかったし、2日目は大雨に見舞われ、送迎バスでスーパーへ行っただけなので特に書くこともありません。


自分にとっては人目を気にしない大自然の中、そこから良いエネルギーを受け、今後のビジネスのアイデアをまとめたり、目標をノートに書きだしたり、瞑想をしたりと2泊3日ながら大変有意義な時間を過ごす事ができました。



20130625_usami4.jpg

最終日は子供の頃良く来ていた宇佐美海岸へ寄ってみました。


                         
                                  
        

スピリチュアル系のセミナーへ参加

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 16
                 
2010年に家族を通じてレイキというものを知り、春頃レイキのアチューメントを受けました。

実はレイキのアチューメントは何回か受けているのですが、2回目に受けた方がすごく良い方で
去年の春にはその方が主催する大きな公園での瞑想会へ参加をしていました。


その瞑想会のテーマはズバリ「お金」だったんですが、それからの半年強で自分の人生に大きな変化が訪れました。


そんな大きな変化の中で、もう一度その方の主催するイベントがあれば出席したいなと思っていたその時、私にとって重要なテーマでその方がセミナーをするというお知らせのメールが届きました。



早速申込を済ませ、2013年6月23日(日)セミナーへ参加してきました。


どうも私は人の氣を受けやすく、たまに苦しんでしまう事があるのですが

人と意図的に同調したりしなかったりするやり方を学んできました。


今回とても行って良かったなと思ったのは、実はこういう作業がもともと簡単に出来てしまう体質であったことを知れたり、自分の本質を再確認して良い人の呪縛から解放してあげることができたことです。


精神的な勉強をしていく中で無理して良い人になってしまい自分を殻を閉じ込めてしまう事になりもがいてしまう事が多々あったのですが、そこを解放する事で本来の自分の魅力に改めて気づく事が出来ましたし、楽にもなりました。


俗に言う平凡な生き方普通の生き方は私に合わず、好き勝手にやっていた時は強運度がものすごかったんですよね。


ところが常識的になることで、心がひねくれたり、受け取るものを素直に受け取れない状況にしたり、あまのじゃくな自分になって苦しんでいました。

頭ではもう一度以前の自分に戻ればいいとわかっていながらも、ついつい普通の枠から出られずにいたんですが、これをきっかけに自分で作ってしまった殻を破れそうな感触を手にできました。


帰り道、先日内見した渋谷の戸建物件に引っ越すことがきまりました。
自分の中の家に対する条件はとても厳しいものだったんですが、楽にしかも1件目でそれを手に入れる事が出来ました。


夕食は新宿の高島屋にあるローズ邸で。

サザンテラスの辺りはとても「氣」が良くて気に入ってますが、スピリチュアル系のお仕事に携わっている方達もやはりこの辺りは氣が良いという意見が多いみたい。

なんというか氣の流れが良くてスカッとした感じが心地よくて好きなんですよね。

                         
                                  
        

京都観光

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 15
                 
渋谷の戸建物件を内見した翌週の2013年6月19日~20日は京都旅行へ行ってきました。

20130620_kyoto1.jpg


春には広くて自分の理想とする家へ引っ越そうと思いながらも、新宿のマンション暮らしが半年も経過してしまいました。

マンションはいくら広くても左右上下の圧迫感がこの上ないし、気持ちが鬱鬱っとしてきちゃって、どうしても家にいる時間を減らしたいため急きょ思い立って1泊2日の京都旅行を計画したというわけです。


それと私は波動とかスピリチュアル的なことに敏感で、どうもこの住んでいるマンションの地理的な部分や、マンション自体のパワーの弱さ、住民のエネルギーの弱さなどを感じていて精神的な影響も大きく受けていたため限界に来ているところだったんですね。



あと水回り、特に浴室・トイレの周辺の「氣」が悪く、一緒に位しているおしゃべりする鳥さんも、人間がトイレに行くと「ギャー!」と叫び出すし、しまいには「(ここで暮らすのが)アキテキターー!」という魂からの絶叫を聞き、もうゆっくりしていないと重い腰をよっこらしょとあげ、家探しを始めたという次第でした。


私自身もお風呂もトイレも入るのがイヤで、ジムへ行ったついでにシャワーを浴びて帰ってきて、家で風呂はいらなくてもいいようにしていたくらいですからね。


なんか文字だけにすると極端で神経質なように思えますが、スポーツ観戦などが減ってきた2009年過ぎくらいからいろいろと心境に変化があり、2010年からスピリチュアル的な事なども学び始めていて、どうにもそういう事に関する感じ方がよりシャープになってきてしまっているんです。


さて、京都旅行をした時は6月ということもあり梅雨の最中で、先日のディズニーシー同様に雨に降られた2日間となりました。


五条駅にあるアランヴェールホテル京都に宿泊。

初日のホテルチェックイン後は、雨のふりが激しかったので、五条駅の和民で早めの夕食。

翌日も雨が降っていましたが市内バスを利用して、三十三間堂や清水寺、銀閣寺当を観光しました。

20130620_kyoto2.jpg
20130620_kyoto3.jpg


申込した渋谷の戸建が決まるといいなぁと思いながら、雨の京都をひたすら歩きまくり。

20130620_kyoto3.jpg


帰りの新幹線待ちで京都駅での早めの夕食。


めずらしくとんかつ屋さんに入りました。

                         
                                  
        

物件の内見

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 14
                 
ディズニーシーへ遊びに行った週の日曜日は、渋谷の物件を内見しに行ってきました。

去年の12月に神楽坂・飯田橋の辺りに越してきましたが、どうもマンション住まいが合わず鬱鬱っとすることが多くなってきました。

それに神楽坂は坂も多く、マンションや企業も多いので日あたりも良くなかったし、隣の家のワンちゃんのおしっこだかなんかの匂いも窓を開けるとベランダ伝いに部屋に入ってきたり。。。



もともと戸建生活が長かったため、神楽坂のマンションは数カ月の仮住まいのつもりだったんですよね。



それがついダラダラと半年に・・・


これじゃいけないと思っていたところ、ひょんなことからある戸建物件を見に行く事になりました。


都心の戸建は狭いおうちか、古いおうちが多くて気に入るものがなかったんですが

このおうちは新宿駅からも近く広さも充分あります。

去年まで住んでいた新宿の戸建は駅の周辺の環境がよろしくなく
広さも充分ある素敵なおうちだったのですが
やはり引っ越そうと決心し、泣く泣く神楽坂のマンションへ

だから環境も重視していたのですが、それも余計な心配でした。

とても満足できる内容だったので早速申込を済ませて帰ってきました。


                         
                                  
        

ディズニーシー

category - ライフスタイル
2013/ 08/ 13
                 
時間的にも精神的にも余裕が出てきはじめたので、久しぶりの投稿です。

長い間書くという作業をしていなかったのと、自分の行動の記録も兼ねてデジカメの画像をアップしてみようかと思いました。

2013年6月12日(水)この日は雨降りだったのですが、ディズニーシーへ遊びに行ってきました。

20130612_disney1.jpg

平日ということもあってメチャ混みでなかったためいろんなところを見てこれて良かったです。

20130612_disney3.jpg


現地着は11:40だったので早速セイリングデイ・ブッフェでランチです。


20130612_disney4.jpg
20130612_disney5.jpg


その後は

1.ハンガーステージ
2.マーメイドラグーンシアター
3.スカットルスクーター
4.マジックランプシアター
5.ジャスミンのフライイングカーペット
6.エレクトリックレールウェイ
7.ブロードウェイ・ミュージックシアター
8.タートル・トーク


いずれも待ち時間もほとんどなくさくさくと回る事が出来、19時ごろまで楽しんできました。

今は平日行きたい所へ行けるのでホント恵まれているなあと思っています。