A D M I N
topimage

2015-02

最新記事一覧  

良い一日を迎えるための私の習慣 - 2015.02.25 Wed

私は夜寝る前の時間と朝の時間を大切にしています。

最近は少しずつ暖かさを感じるようになり
少し前に比べると起きやすくなりましたね。


携帯で目覚ましをかけているのですが
ほとんど目覚ましが鳴る前に起きています。


朝、目が覚めて
ベッドから起き上がるまでにしている
私の習慣のひとつに


「今日は私にとって最高の一日にします!」


と、願掛けのように
内なる自分に宣言してから起きています。



そうすると・・・


すごく不思議なんですが


慌ただしかったり
イライラするような状況下にあっても
それらをそんなに感じずに過ごすことができます。


また人から不快な思いをさせられることがあっても

「人を許す」ということが

自然と出来るようになってきます。



そうするとストレスを感じなくなってくるので
気持ちが軽くなってくるんですね。



寝る前には今日一日の感謝と
願望達成のためにゆったりとした
時間を取るようにしています。



スポンサーサイト

久しぶりに筋肉痛になりました - 2015.02.24 Tue

1月の初めにスポーツクラブへ行ったきり
運動とは無縁の生活を送っていました。


去年までは2年間程
2~3日に1回はスポーツクラブへ行く生活が続いており
こんなに運動することから遠ざかったのは久々でした。


ボクササイズとピラティスをやってきたのですが
思いっきり筋肉痛になりました。


やはり定期的に運動するということは
大切だなぁと改めて実感しました。



ちょくちょくジムへ行って運動していた時は
かなりハードなトレーニングをしても筋肉痛にはならなかったのに
今回は筋肉痛だけでなく疲れ方もハンパなく
昼ご飯を食べた後昼寝をしてしまいました。


以前も別のジムへ通っていた時
仕事で遅くなったりしても行ったりしていて
働きながら月に20日以上通って
ガンガン運動していたので
私の場合どうもはまるとペースを上げすぎて
運動してしまう習性があるようです。



3,4月はバタバタしそうなのでまたお休みする予定ですが
5月からはまたコンスタントにジム通いをしようと思います。


秋以降は今のジムに通い始めてから3年が経過することになるので
もっとうまいプログラミングを考えないといけないですね。

現実と向き合うということ - 2015.02.23 Mon

2月も今週で終わり。
2015年も始まったと思ったらもう2か月が過ぎ去ろうとしています。


今月は時間的にも精神的にもとてもタフな状態でした。
眠れないことも多く精神的にきつかったです。


2/11は映画を見に行きたかったんですが
思うところあって先延ばしにしてきた
「現実としっかりと向き合う」という作業をするために
娯楽の予定はパスすることにしました。


私は人が関わってくるような
例えば仕事などは非常に作業スペースが早いのですが
自分の中で完結してしまうやらなくてはいけないことについては
動き出しが鈍くなる傾向があります。


今回もある重いテーマで
現実と向き合ったうえで、決断を下し行動へ移す必要がある
出来事があったのですが


自分一人で完結してしまうことで
重い重いテーマだったので
現実逃避していてなかなか現実を見るということから
ついつい逃げてしまっていました。


しかし期限が迫りつつあり
ここで決断を下して行動に移さないといけなくなり
ようやっと重い腰を上げました。


そして、その後1週間ちょっとで
その大きな問題は無事解決し
次のステージへ進めることになりました。


目を逸らしていたいた現実と向き合い
覚悟を決めて行動したことで
当初は思ってもいなかった
最良の結果を短期間で手に入れることが出来ました。


今年は自分の中で何故か

「2015年はこれまでの私の人生の中で最も良い結果を生み出した年になる」

という確信があり

この直感が正しいんだなと思えた月でもありました。


モトリー・クルー ラストツアーに行ってきました - 2015.02.22 Sun

2015年2月15日(日) 16:00開演
Motley Crue  さいたまスーパーアリーナ

モトリー・クルーが活動を停止するということで
最後の日本公演へ行ってきました。

20150215_1.jpg

グッズ売り場で売られていたもの。
私はパンフレットだけを購入しました。


20150215_2.jpg

80年代初めのころから活動している彼らですが
ファン層は同世代だけでなく若い人たちも多かったです。

会場へ入ると上までびっしりお客さんが入っていました。


場内は撮影禁止で、撮影している人たちは
係員に注意されていましたが
終盤になりニッキーから撮影OKのメッセージが発せられたことで
みんなバンバン写真を撮っていました。


この時のニッキーのコメントですが
オーディエンスとしっかりとコミュニケーションをとろうと
通訳を交えてメッセージを伝えてくれて
彼らの日本への愛が感じられてとても嬉しくなりました。



私も80年代半ばから彼らを見てますが
ヴィンス・ニールが太ってすごくおっさん化した以外は
結構きれいに年をとっていった感じですね。

ミック・マーズは置いといても
ニッキー・シックスとトミー・リーは
墨が増えた以外は外見が壊れていなくてよかったわ。



20150215_3.jpg

トミーの回転するドラムセットは
まるでメリーゴーランドのようです!


20150215_5.jpg

こっちにもやってきてくれて
迫力あるドラムプレーに感激。

20150215_6.jpg


アンコールの「Home Sweet Home」では
当時のいろんなことを思い出しながら聞き入ってしまいました。


今回何よりも嬉しかったのは
ヴィンス・ニール、トミー・リー、ニッキー・シックス、ミック・マーズと
4人揃って来てくれたこと。


活動期間が長いバンドは
メンバーの交代もあったりするけど
自分が夢中になって聞いていたころのメンバーが
一人も欠けることなく来てくれたことは本当にうれしかった。


一応ファイナルツアーということですが
もしも活動を再開することがあれば
次も絶対に行くつもりです。



久しぶりにたまアリに来てます - 2015.02.15 Sun

14239924940.png


今日はさいたまスーパーアリーナにきました。
いつ以来でしょうか?

今回は格闘技ではなく
モトリー・クルーのライブでした。


彼らの最後の日本ツアーなので
来て良かったです。


また後日記事にモトリーのことを書きます。

今はけやき広場のロイヤルホストで
夕食を食べています。





小さな出来事にも感謝するということ - 2015.02.12 Thu

自分の人生を思い通りに幸せに生きるために
どういう思考を持ったら良いか
どのような行動を起こしたら良いかについて
様々なことがいわれています。


私は自分の潜在意識にアクセスし
それを活用することで
自分の持っている本来の能力を開花させたり
引き寄せる力をより強くしていくことに興味があります。


これまでにもそういったテーマを扱っている本が好きで
沢山読んできました。


国内外様々な教えがありますが
その本質はみんな同じだと考えています。


その中でも
今、すでに自分が持っているものに感謝する
小さな出来事にも感謝するということは
いろんな方々が大切だと言っていますね。


でも、これらの
不足を感じていた分野でも
自分がすでにそれを持っていたと実感し感謝の気持ちを持つことと
日常の中の小さな出来事に感謝の気持ちを持つということは
意識しないとなかなか出来ないことです。



今日はその中でも
「小さな出来事にも感謝する」ということで
最近私に起こった本当に小さな出来事(事例)をご紹介したいと思います。



このブログにも書きましたが2/1(日)は
渋谷で映画を2本見てきました。


今月はやらなくてはいけないことも多く
以前のように気楽に映画を見に行くこともできずでしたが
2/1がようやっと19時位まで空いたので
見たい映画を見に行けることになりました。


去年から見たかった渋谷の文化村でやっている
「ナショナル・ギャラリー英国の至宝」という
長時間(3時間)の映画を見ることとし
ネットからチケットを手配することにしました。




3日前からネットで予約が出来るので
日付が変わった0時に予約をするのが確実でいいのですが
文化村はいつも希望する時間でチケットがスムーズに取れていたし
疲れていたので翌朝に予約をすることにしました。


この映画は長時間なので1日に3回しか上映してません。



翌朝ネットでチケットの予約をしようとすると
2/1はサービスデーの日曜日で
行きたい時間帯である午前中のチケットは
すでに予約でほとんど埋まっており
離れた席3か所しか空いているところがなく
連番で2枚が取れませんでした。




仕方がないので希望していた午前中の回は諦めて
次の回で連番2枚をなんとか取ることが出来ました。
14時35分始まりなのでなんとか19時までには家へ帰れそうです。




文化村の映画館でここまで混んでたことがなかったため
自分の予想が甘く、0時過ぎにチケットを手配しなかったことで
希望の時間が取れなかったんだと
自分に少し腹立たしい気持ちを持っていました。



映画のチケットを予約し終わって、フッと気が抜けた時
同じく去年から漠然と見たいなぁと思っていたもう一つの映画
「みんなのアムステルダム国立美術館へ」が何故か気になり
公式HPを見てみることにしました。



こちらの映画は予告編を見て気になっていただけで
いつから上映開始かは全く知りませんでした。


HPを見るともう上映が始まっており
しかもやっている映画館が
文化村の目と鼻の先といっても良い距離だったのです。



上映時間を見てみると12時の回があり
その次の上映は14時10分でした。
私が予約した「ナショナル・ギャラリー」は
14時35分開始です。


ということは・・・



12時~14時位迄「みんなのアムステルダム国立美術館へ」を見てから
予約している14時35分開始の「ナショナル・ギャラリー」を見れるということです。


両映画館は非常に近い距離なので
30分ほどの時間の余裕があれば
楽々移動することができます。


ということで2/1は映画を1本見るつもりが
2本見ることが出来ました。



「みんなのアムステルダム国立美術館へ」は
この時期に上映してるとは知らなかったので
当初は見に行くつもりはなかったんですが
何故かわからないけど急に思い出してHPを見たんですね。


そしたら結果、「ナショナル・ギャラリー」と同じタイミングで
上映していたと。


しかもこの2本を一日で見るためには
「ナショナル・ギャラリー」は第一希望の時間ではなく
予約が取れた時間でないと見れなった。


遅くとも19時位までに家へ帰ってこなくてはいけなかったので
2/1に実際に2本見たスケジュールでないと
2本を1日で見るのは不可能だったのです。


もし最初に「ナショナル・ギャラリー」を
希望する時間帯でチケットを予約していたら
急に思い出してみたくなった「みんなのアムステルダム国立美術館へ」は
夕方に帰宅しなきゃいけない事情を考慮すると見れなかったんですね。



わかりにくい説明ですいませんが
つまりは「ナショナル・ギャラリー」が希望の時間で手配できず
次の時間で手配したことで

もともとは上映期間もわからず行く予定がなかった別の映画も
運よく1日で見ることができて
結果うまくいったなあと思ったんですね。



そんな時に私は小さな出来事だけど
すごく感謝の念がわいてきて
つくづくツイてるなと胸の中に
温かいものが込み上げてきました。



これまでもこういう小さなラッキーや
土壇場で窮地を救ってもらった大きなラッキー等があり
それらを思い出す度に感謝の気持ちが出てきます。



こういった事を意識するだけでも
人生が思い描いた通りになっていきます。


今回も宇宙の采配に感謝です。







大戸屋のロース生姜焼き定食 - 2015.02.09 Mon

しょうが焼き定食

大戸屋のポイントがたまったので、近所の大戸屋で
そのポイントを使ってお昼ご飯を食べてきました。


普段は定食だと量が多くて注文しないんですが
今回は久しぶりに定食を頂きました。

頼んだのは
四元豚のロース生姜焼き定食です。


千切りにしたキャベツも多くて
お肉の量もそんなに多くは感じませんでした。


味は可もなく不可もなくで
まあこんなものかなといった感じです。


税込で895円だそうです。


その後はエクセルシオールで
コーヒーを飲みながら調べものします。



映画 みんなのアムステルダム国立美術館へ - 2015.02.07 Sat

今年見た最初の映画は
「みんなのアムステルダム国立美術館へ」という
美術館がテーマのドキュメンタリー映画でした。

20150201.png



2月の映画の日は、先日書いた
「ナショナル・ギャラリー英国の至宝」だけを
観に行く予定だったんですが

調べたらル・シネマから近くの映画館
渋谷ユーロスペースというところで
去年予告編を見てから気になっていた
「みんなのアムステルダム国立美術館へ」も
やっている事を知りました。



そこで、ナショナル・ギャラリーを見る前に
こちらを観に行く事になったんですね。


ユーロスペースは小さな映画館で
この日は映画の日で日曜日ということもあり
私が見た回も立ち見が出ていました。


渋谷の文化村近辺って
結構マニアックで良質な映画を上映する
小さな映画館がいくつかあり好きなエリアです。


以前、この近くのアップリンクで
「未来の食卓」という
学校給食と高齢者の宅配給食を
オーガニックにするというフランス映画を見ました。


大きな映画館では上映することがないタイプの映画ですが
だけど好きな人には見たくてたまらない映画。

こういうタイプの映画を見れる場所があるというのは
本当にありがたいです。


さて、「みんなのアムステルダム国立美術館へ」ですが


この後にみた「ナショナル・ギャラリー」と同様
美術館の裏舞台を描いた映画であるが
こちらは「重いテーマ」を取り上げた映画でもある。


オランダはアムステルダムにある
国立美術館の改修を巡って
工事計画が地元民の反対などに逢い
ようやっと開館するまでの過程を描く。


ここは、レンブラントの「夜警」や
フェルメールの「牛乳を注ぐ女」などを
所蔵する国立美術館美術館である。


2004年に改修工事に入るが
4年後の2008年に再オープンの予定が
ズレにズレまくり、結局は2013年4月に
なんとか開館することができたというもの。


再オープンがここまで遅れた理由は
美術館を通る公道の設計に
自転車道の確保にこだわる
地元市民の反対を受けたからである。


オランダには自転車専用道路があり
市民は美術館のエントランスに
ある程度の通行量が確保できる
自転車専用通路を求めており
美術館の美観にこだわる
館長とは意見が対立していた。


最終的にはこの館長は退職をし
新しい館長を迎えてから
再スタートにこぎつける事になる。


改修後の美術館には
しっかりとした自転車専用通路があり
市民は美術館を突っ切って
自転車で通ることができるようになっていた。


この映画はこうした工事計画における
美術館側と市民の意見の食い違いを中心としながらも
建築家・内装担当スタッフや美術品の修復部門のスタッフ、
広報、学芸員など、普段はお目にかかることがない
美術館の裏舞台を支える人々の仕事ぶりを見れるのも
見どころのひとつでした。


アジア館の部長は自らこだわりを持つ
日本の仏像を直々に出迎える。


内装担当者にも同様のこだわりがあり
自分の提案した内装こそが素晴らしいと思い
壁の色ひとつにしても意見が分かれたりする。


そうした、美術館側vs市民というストーリーに加え
美術館側のスタッフの間における
意見の対立などもあり
次第に苛立ちや疲れが見えるようになる。


それでも、新たなスタートを切り
改修により生まれ変わった美術館を見ると
それぞれの心に表現しようのない感動が生まれ
これで良かったとこれまでの苦労が報われた気がするのである。


この後に見た「ナショナル・ギャラリー英国の至宝」の
半分くらいの上映時間だし、テーマも重かったが
見て良かったです。


同じ「美術館の裏側」をテーマにした映画でしたが
メインにするテーマによって
こんなにも違うのかと感心させられました。


アート好きな人には
どちらも見ていただきたい映画です。


Level42 ビルボードライブ東京へ行ってきました - 2015.02.05 Thu

2015年2月4日(水) 19:00開演
Level42   Billboard LIVE TOKYO 

昨日はビルボードライブ東京へ
マーク・キング率いるLevel42のライブを観に行ってきました!


彼らのライブに行くのは初めてとなります。


昔、彼らのチケットをとったものの延期となり
代替公演の日が都合のつかない日で
結局見に行けなかったんです。


その後グループは一旦解散しますが
オリジナルメンバーのマイク・リンダップも復帰し
現在も活動中なのを知っていたので
是非観に行きたいと思い続けていたところ
今回の来日となりました。



再結成後は何度か来日してたみたいだけど
これまでは気がつかずでした。



脱退してしまったグールド兄弟がいた頃の
オリジナルメンバー4人が揃ってのライブが見たかったなぁ。
当時は、ギターのブーン・グールドが一番好きでした。


今回は5日の1stステージでは
フジテレビNEXTによるライブ中継が入るようです。
どうやら生中継みたいですが
うちはフジテレビはONEとTWOだけで
NEXTは見れなかったかも。

http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/914200032.html


さて、ライブの方は
マーク・キングのベースプレイに魅了されました。
いつも以上にズンズンとベースの振動が響いて来て
改めて迫力のあるプレイにビックリでした。


そして、なんといっても
私にとってはアンコール前の

「Something About You」~「Lesson In Love」


という
流れが嬉しかったです。


この2曲は本当に大好きで
未だに定期的に聞き続けている曲です。


キーボードのマイク・リンダップの高音も
相変わらず素敵です。


マイクはノリノリで踊っていました。




Level 42 - Something About You (Official Music... 投稿者 fort55




Level 42 - Lessons in love 投稿者 cladstrife




20140204.jpg

昨日は時間がなかったので
夕食はミッドタウン地下のイートインスペースで
親子丼を食べました。

普段は狭いイートインはあまり利用しないのですが
サクッと食べるにはいいですね。


その後近くのカフェでコーヒーを飲んでから
ライブへ向かいました。


大人気 映画 英国の至宝 - 2015.02.03 Tue

この間は映画を2本見たが
2月の映画の日は日曜日とも重なり
どちらも大盛況だった。



去年予告編を見てから
絶対見に行こうと心に決めていた
映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」を
渋谷のル・シネマで見てきました。


この映画はイギリスのナショナル・ギャラリーに
3カ月潜入して美術館を裏舞台を描いたというもの。


普段は見られない絵や額縁の修復や
予算についての会議の模様など現実的な側面や
X線分析によるレンブラントの絵画から
浮かび上がってきたもうひとつの絵などなど
興味深い映像が盛りだくさんでとても楽しめました。


その浮かび上がったもう一つの絵の分析や
下絵の部分がうまく利用されているかと思われている
表絵のある部分の解説もあります。



上映時間が3時間というのは
ちょっと長かったですが
その絵が描かれた時代の状況をイメージしながら
光と影にも注目して見るという見方も面白かったです。


あとは絵画を前に専門家たちが
お客さんに解説する内容も
日本人とはまた違った感覚だったので
改めて感じる事の大切さを実感しました。


次回美術館へ行く時には
私も心を空にして
思いっきり感じるということを
意識してみようと思いました。

普段は観に行く時間からも年配の方が多かった
ル・シネマですが
この日は日曜日ということもあり
若い女性も多かったです。


3時間の映画なので1日に3本だけでしたが
いずれも満員になっていました。

14227829610.png


美術好きは必見の映画です。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (263)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (678)
土曜ワイド劇場 (142)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (60)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「十和田湖畔偽りの花嫁」 (1995年) Oct 18, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
「終着駅(ターミナル)殺人事件」  (1981年)  西村京太郎のトラベルミステリー第1作 Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「密室から消えた美女」 (1992年) 探偵神津恭介の殺人推理第11弾 Oct 13, 2017
「探偵事務所・7つの予告殺人プログラム!」 (1995年) シリーズ第2弾 Oct 12, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ