2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/25
2016/10/23
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/18
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/02
2016/10/01
2016/10/01

2016年10月

        

博多明太子が食べ放題!さち福やCafe汐留センタービル店 

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 31
                 
汐留ミュージアムへ行く前に汐留センタービル内にある
「さち福やカフェ」でランチをしました。

20161029_15.jpg

汐留センタービル地下1階にあるさち福や。
この日はバランスの良い食事がとりたかったのでこのお店を選びました。

さち福や

サンプルがずらりと並びあらかじめ食べたいものは決まっていたのだが
やはり見ると迷いが出てくる。


さち福や汐留

私が決めていたのはおすすめとなっている
「鶏とたっぷり根菜の甘酢あんかけ定食」です。


20161029_200.jpg

お魚のメニューにも惹かれますが
家ではお魚を結構食べるのでパス。

20161029_19.jpg

カレー好きな方にはカレーのメニューもありますよ。


20161029_20.jpg

私の目を何よりひいたのは「博多明太子」が食べ放題なこと!
たらこ、明太子大好きな自分にはこれはたまりません!!!


鶏とたっぷり根菜の甘酢あんかけ定食

オーダーした「鶏とたっぷり根菜の甘酢あんかけ定食」です。


20161029_22.jpg

鶏肉は4つ入っています。

毎度思うんだがこのお店も女性客が大半を占めている。
男性客も多いならわかるのだが、女性用にもう少し
量の少ないメニューも考えて欲しい。

野菜がたっぷりなのは嬉しいのだが・・・

ご飯はやや量が少なめで良かった。
(私にはちょっと多いくらいだが)
私は白米でなく十穀米を選びました。


博多明太子食べ放題

そして、こちらが博多明太子。
テーブルに置いてあるので好きな量を取り放題します。
小皿の高菜とあえてご飯と食べたが辛いのだが
すごく美味しかった。


20161029_24.jpg

食べているうちにひじきと豆の煮ものが来てないことに気づいた。
なんと店員さんがうっかり忘れていたのだ。。。

ということでひじきの煮物も運ばれてきて改めてパチリ。


20161029_25.jpg

さすがにおなかいっぱいで余裕がないので頼まなかったが
サイドメニューの玉子焼きがすごく美味しそう。

甘酢あんかけの定食はおすすめです。

よく噛んでじっくりと味わいながらいただきました。

結構量が多かったので夕食は微量にとどめておきました。


 ⇒さち福やカフェ

厨房や出切口付近のレジに近い場所を選んだのですが
女子に人気がありそうなオシャレな感じがしますので
あまり周囲は気にならず食後も少し休める感じがしました。

奥の方は外が見えるカウンター席になっているので
そちらで屋外の風景を楽しみながら食べると
より落ち着けたかもしれませんね。


今回はそんなことより明太子食べ放題がとてもよかったです。

            
スポンサーサイト
            
                                  
        

めまぐるしく変化した20世紀のファッション@パナソニック汐留ミュージアム

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 30
                 
急に寒くなりましたね。
我が家でも暖房をつけはじめました。
気がつけば10月も明日で終わり・・・

昨日は汐留にあるパナソニック汐留ミュージアムへ
「モードとインテリアの20世紀展-ポワレからシャネル、サンローランまで-」を
観に行ってきました。

20161029_0.jpg

島根県立岩見美術館のファッションコレクションからの展示です。

世界的デザイナー森英恵の出身地でもある島根県。
岩見美術館から服飾だけでなくそれにまつわる資料や、
写真等が多数展示されていました。



写真の鮮やかなピンクに菊と萩があしらわれたジャンプスーツは
森英恵の作品で1966年に発表されました。

着物を連想させるこのスーツは綾絹と絹シフォンのジャンプスーツと
カフタンの組み合わせで濃い目のピンクが力強く本当にきれいでした!


1966年11月1月号の「ヴォーグ」誌には
リチャード・アヴェドンが撮影した
このスーツを来たモデルの写真もあり
マネキンが来た実物も素晴らしかったが
実際に人間が来て動きがあるスーツは芸術そのものでしたね。



20161029_3.jpg

こちらが今回のチラシ。
汐留駅からミュージアムへ行く途中にあり存在感たっぷりでありました。


今回は20世紀のファッションの移り変わりをみるということで
1900年から1960年代までを4つに区切った構成となっていた。


展示スペースに入ると「ルトランジェ」という
ファッション専門スタジオの写真がいくつかありました。

1900年頃のもので、スタジオで撮影された
モデルの衣装も髪型もメイクもレトロで
無声映画でみたヨーロッパの古い映画のワンシーンを思い出しました。


20161029_4.jpg

1925年にパリで開催された「現代装飾産業美術国際博覧会」(通称「アーアール・デコ博」)。
その時の様子が「アール・デコ博覧会公式報告書」に記録されている。
こちらは第4巻にあり「家具」がテーマ。


20161029_5.jpg

1927年、1933年の「アール・グー・ボーテ」誌。


20161029_6.jpg

20世紀初頭のモードを牽引したと言われるファッション誌「ガゼット・デュ・ボン・トン」
1925年に「ヴォーグ」に合併されるまで発行されました。


20161029_7.jpg

1920年頃のイブニング用の花柄のブロケードの靴。


20161029_8.jpg

展覧会の名前にもある通りインタリアに関する展示物もありました。


20161029_1.jpg

1920年代から1930年代頃のドレス。
赤、黒の絹クレープのワンピースドレスです。


20161029_9.jpg

シンプルな白のワンピースはスカートのあたりが
とてもかわいらしくてフェミニンな感じがしますね。


20161029_10.jpg

この黒のドレスはゴールドの大きなぶどう柄が映えていて
とてもすてきでした。


20161029_11.jpg

ジャンヌ・ランヴァンの黒絹クレープドレスは
袖のアップリケと大きく空いた背のあたりのラインが
大胆かつ優雅さが表現されているように感じました。

体のラインが出るあたり女性の体が持つ曲線美が協調されていて
セクシーな部分がアピールされますね。


その他、写真はないのですが「ポール・イリーブが語るポール・ポワレのドレス」では
当時無名のイラストレーターであったポール・イリーブが
最初のファッションアルバムに起用されていた。

建築を学んでいたチャールズ・ジェームスの
左右非対称な”スパイラルドレス”も
首元や袖のあたりがじっくりみるとラインに工夫がされていて
すごくオシャレだった。

そして、森英恵のジャンプスーツと同じ位強烈に印象に残ったのは
「ヴォーグ」アメリカ版に載っていた3つのドレス。

キレイなピンク、ブルー、イエローのドレスを来た娘たちに
イエロー、ピンク&ブルーのパラソルが描かれたイラストなのだが
このドレスのデザインと色彩が本当に美しいのだ!

思わず「欲しい!!」と思ってしまった。


仕立てて作らせる洋服から
デザイナー自らが洋服をデザインし提供していく時代へ。

コルセットの締め付けから活動的なスタイルへと
変化を遂げていった女性のファッション。

服飾だけでなく当時のイラストや雑誌等の資料なども
目を楽しませてくれました。



さて、パナソニック汐留ミュージアムは汐留または
新橋からいく事ができます。

パナソニック東京汐留ビルの4階にあり
会場内にはこのミュージアムが収蔵している
ルオー・ギャラリーも見ることが出来ます。


今回はファッション展だったので、ルオー・ギャラリーも
「人体表現」をテーマとした絵画が11点程展示されていました。



20161029_12.jpg

パナソニックのショールーム脇の階段を上ります。


20161029_13.jpg

ここから汐留ミュージアムに行くことができます。
エスカレーターで4回まで上がっていきます。


20161029_2.jpg

4階は展覧会会場の他に小さなミュージアムショップがあり、
大きなテーブルと椅子がいくつかあり、映像コーナーもあります。

広々としたスペースなのでゆったりとしたテーブル席で
鑑賞後の疲れを癒してから帰ることができますよ。

ビル自体がきれいなのでお手洗いも清潔感があります。


20161029_14.jpg

4階から中庭を見下ろしたところ。

この日は曇り空でちょっと寂しげな感じがしますが
気温が低くなければ中庭で休憩するのも良さそうです。



                         
                                  
        

関口宏の弟、関口守(佐野守)「肝っ玉かあさん」であの演技を再び見ることになった

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 29
                 
我が家ではよくBS12トゥエルビを見ています。
BSを見れる環境であれば無料で見られるチャンネル。

「ありがとう」シリーズや、「女と味噌汁」など
自分が知っていた番組も初めて知った番組も
楽しく見させてもらっている。

最近つけっぱなしにしてよくみているのが
京塚昌子主演のホームドラマ「肝っ玉かあさん」だ。



201610肝っ玉かあさん_1

そこになんと関口守が出ていたのだ!

肝っ玉かあさん

昔なつかしの昭和のホームドラマ。
京塚昌子演じるそば屋「大正庵」のおかみが主人公。

関口守

京塚昌子の娘・沢田正美のボーイフレンド役の
田中公一として関口守が出ている。

関口守(のちに佐野守と改名)は関口宏の弟。
関口宏というと妻は西田佐知子、息子は関口知宏、
そして、父親は昭和のスター佐野周二という芸能一家だ。

佐野周二

関口宏と関口守の父、松竹の二枚目スター佐野周二(本名:関口正三郎)。

この関口守(佐野守)の姿を私が最後に確認したのは
1983年放送の土曜ワイド劇場「天使と悪魔の美女」だ。
ここで鰐淵晴子の助手として出演していた。


そんな芸能一家の一員である関口守なのに
今現在どのような生活を送っているのかについては
一切情報がない状態。

関口宏の口から弟のことについて語られたこともないようで
未だに謎めいた兄弟関係なのだ。

同じ芸能一家の田村三兄弟(田村高廣、田村正和、田村亮)は
次男の田村俊磨が実業家で俳優ではないものの
あるテレビ番組で高廣の存命中に4人揃って出演していて
彼らの父である二枚目スターの阪東妻三郎の想い出を語っていた。


しかしながら関口兄弟では弟がたとえ一時であれ
そこそこ俳優としてテレビに出ていたにもかかわらず
そのようなことは一切なく関口守がテレビから姿を消した後は
どうなったかの情報が全くない。


そんな謎めいた関口守なのだが
彼の演技がこれまたスゴイのだ!

これは、私が初めて関口守を認識したテレビドラマ
「気になる嫁さん」で彼の演技を一目見てから思っていたことだが・・・


201610肝っ玉かあさん_4

とにかく演技が大根なのだ。
というか大根以前の気がする。

「肝っ玉かあさん」は派手さはないが
出演者は芸達者な役者が揃っている。

そんな中、見てはおれないくらいの大根っぷり。


私は以前気になる嫁さんでこの演技を見た時は
本当に驚いた。
「なんだ、この人!?」と一発で印象に残ってしまった。

201610肝っ玉かあさん_6

「気になる嫁さん」ではヒロイン榊原るみの恋人役。

「肝っ玉かあさん」でも主演の京塚昌子の娘
沢田正美の恋人役というように
ある程度のポジションを得ている。


そこそこ出番もあるしセリフもある。

台詞がないシーンだったらいいかというと
また台詞がない場面でもなんというか
表情がつっぱったかんじで不自然さが際立つのだ。


201610肝っ玉かあさん_5

特に、他の俳優たちの演技がしっかりしているだけに
そういうことがより際立って見える。

共演者たちも正直「やりづらいだろうな~」などと
その心の声をあれこれ想像しながら
関口守の演技を見るのが少し楽しくなってきた部分もある・笑


京塚昌子はじめ呆れただろうが
「あの佐野さんの息子だからしょうがないか」と思ったことだろう。

「肝っ玉かあさん」は流し見なので毎回しっかりとみているわけではないが
こういうひねくれた楽しみ方もあるので最後まで見る予定である。


                         
                                  
        

鳥さんが拒否したみうらじゅん&仏像、龍神と我が子を喰らうサトゥルヌスの恐怖

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 28
                 
我が家のテレビではBSとスカパーしか見ないので
世間の人気番組などはほとんど知らず
マイペースのテレビライフを送っています。



さて、先週の金曜日にBS12トゥエルビで放送されている
みうらじゅんといとうせいこうの「新TV見仏記」を見ていたところ
テレビ好きなうちの鳥さんが珍しく拒否反応を示しました( ゚Д゚)


20161021_2.jpg


この日、鳥さんは19時からBS11で「大都会PartⅡ」を見て
渡哲也のシブイ唄でダンスを踊り
20時からBS12で「肝っ玉かあさん」を楽しんでいました(^^♪


20161021_4.jpg


21時から「新TV見仏記」が始まり多分鳥さんは
最初なんだろ|д゚)状態だったのですが
人間が興味津々にテレビを見ている様子に
何か面白い番組が始まったのではないかと
「どれ、見てみるか。」と言わんばかりに
テレビ前に陣取り食事を食べながらしばらく見ていました。


がっ、しかーし、


延々と映し出される仏像の地味さ加減と、
案内人が、みうらじゅんといとうせいこうという
全くの彼女好みではない2ショットが嫌だったのか

なんと自分の視界にテレビ画面が入らない場所まで
食事の入っている入れ物を持ってスタスタと逃げていきました。


昭和のテレビから始まっていろんなものを
幅広く見ている鳥さんですが
たまにこのように「このテレビつまんなーい」というように
拒否反応を示すことがあります(´・ω・`)


そういいつつも彼女のその時の気分で
つまんないと思ったものに興味を持つこともあるので
今後を見守る(?)としましょう(^^)/


さて、みうらじゅんといとうせいこうの「新TV見仏記」は
瑞巌寺と伊達政宗展を見に行く前日に見ました。

「明日は日本の美術展かぁ」と思いながら見ていると
迫力のある龍神を紹介していました。

20161021_1.jpg

京都にある秘仏だそうで独特の形をしています。

20161021_3.jpg


粗削りなこの龍神、いとうせいこうたちも
「龍神こわい」などと言っていましたが
この龍神をみてある西洋絵画を思い出しました。


20161028.jpg

≪我が子を喰らうサトゥルヌス≫ フランシスコ・デ・ゴヤ

題材自体がそもそも恐ろしいものなのですが
ルーベンスの「我が子を喰らうサトゥルヌス」と比較しても
ゴヤのそれはキャンバスからはみ出んばかりのサトゥルヌスが
わが子をむんずと掴んで飛び出さんばかりに目を開き
口が裂けそうな位大口を開けて子どもを食べている様が
龍神の荒々しい恐ろしさと重なって見えたのです。


さぁ、鳥さんには不評の毎週金曜日放送のこの番組ですが
たまに見ており今日は録画をして後日見てみようかと思っています。

                         
                                  
        

日本橋駅近くの気になるお店 お肉と野菜をバランスよく!

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 27
                 
先日は三越前にある美術館へ行ったので
ランチとその後のお茶は日本橋でしました。

20161022nihonbashi_1.jpg

日本橋は昔は好きではなかったけど
休日に訪れた時に平日のサラリーマンが行きかう喧噪さがなく
違った表情を持った一面に気がついてから見方が変化して
それ以来、休日訪れることは大好きな街になりました。


20161022nihonbashi_2.jpg

最近ではきれいなビルも多く
昔からあるお店との調和がステキに感じられる場所。


ランチを終えて日本橋から三越前に向かう時に
気になる看板を発見。

20161022nihonbashi_3.jpg

矢印に従いお店を見に行ってみました。


20161022nihonbashi_4.jpg

お店の名は「Edit! Table」といい、お肉と野菜をバランスよく
とれるというのがコンセプトのようです。


看板にあった「特製ローストビーフ丼」1000円がおいしそう。

じっくり煮込んだローストビーフに
たっぷり野菜が包まれているようです。

「豚と野菜のせいろ蒸し定食」1000円にもひかれます。

どちらもサラダとスープがついているようで
シェアして食べてみるのも面白いかも。


 ⇒ Edit! Table

次回日本橋に行くことがあったら
是非入ってみようかと考えています。


20161022nihonbashi_5.jpg

以前はいったMIKADOでソフトクリームを食べようかと
店を覗きましたが結構混んでいたようなので
日本橋駅すぐのベローチェでお茶。


週末の日本橋を楽しんだ一日でした。


                         
                                  
        

松島瑞巌寺と伊達政宗@三井記念美術館

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 25
                 
土曜日は三越前駅にある三井記念美術館へ特別展
「松島瑞巌寺と伊達政宗」展を見に行ってきました。

20161022_1.jpg

三越前から下車するとすぐに着きますが
ランチをするには日本橋の方が良さそうだったので
日本橋から歩いて行ったのですが
それでもすぐに着きます。


20161022_2.jpg

三井記念美術館は三井本館の7階にある
洋風のモダンな内装が光る美術館です。


20161022_3.jpg

中に入ると案内が。
左側は次回展覧会の「日本の伝統芸能展」です。
これまた私の好きそうな展覧会で
再び足を運ぶことになりそうです。


20161022_4.jpg

今回はどんな展覧会なのでしょう。
ワクワクした気持ちで中に入っていきます。


20161022_5.jpg


今回は国宝である瑞巌寺が7年もの歳月をかけられた
平成大修理の完成と伊達政宗の生誕450年を記念する特別展。

東日本大震災復興を記念して33年に一度開帳される
五大堂の秘仏である五大明王像が出展されています。

重要文化財の瑞巌寺本堂障壁画や、仙台市博物館の協力で
仙台市博物館所蔵の重要文化財や伊達政宗関係の
美術品や資料などが展示されていました。



伊達政宗の「菊花図屏風」が見たかったのですが
こちらは10/10までの展示。

20161022_20.jpg

菊花図屏風 詩歌伊達政宗  重要美術品


残念ながら日程の関係でこの日までにいく事が出来なかった。

日本の美術展は作品品質保護のため
会期中定期的に展示品の入れ替えをする事が多いのです。


伊達政宗と茶の湯のコーナーでは
小さな茶室に作品が展示されていて
三井記念美術館が持っている
高野切「なつとあきと・・・」などが飾られていました。


伊達政宗というと私の中では「独眼竜政宗」のイメージでしたが
今回数々の美術品を見てちょっと見方が変わりました。


特に「梅小禽図」は素晴らしかった。

20161022_30.jpg

梅小禽図 伊達政宗  

こちらは個人蔵で去年宮城県にある旧家で発見されたとか。

伊達政宗ってこんな絵も描ける人だったとは。

伊達政宗の正室であった愛姫の陽徳院像や
政宗と愛姫の娘である五郎八姫の天麟院像も
等身大の伊達政宗甲冑倚像とともに展示されていました。


そして、秘仏である瑞巌寺の五大明王像!

中には足が6本ある像もあり
その足がとても面白い形で彫られているのです。



数々の美術品を見ているうちある展覧会を思い出しました。


20110815.jpg

このブログの更新をほとんどしてなかった2011年8月に東京国立博物館の
平成館で行われた「空海と密教美術展」を見に行ったのですが
これがまたすっごく良くて度々思い出してはもう一度見たいと切望しています。

この頃は映画や美術展の他によく庭園めぐりもしてたなぁ。


三井記念美術館には小さめのカフェもあり食事をすることも出来ます。


20161022_6.jpg

「はらこと秋鮭のおこわ」1390円がすごく美味しそう。
汁物と小鉢付きです。
コーヒー、紅茶は300円でつけられます。


三越前駅で下車すればすぐに美術館に着くというアクセスの良さ。


また近いうちに行けるといいなと思っています。

                         
                                  
        

パパミラノ 日本橋店

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 23
                 
昨日は日本橋にあるPapa Milanoでランチをしてきました。

かなーりお久しぶりに訪れました。

イカと山菜の和風スパゲティ

今回食べたのは「イカと山菜の和風スパゲティ」です。


パパミラノ日本橋

日本橋駅を出て2,3分のところにお店はあります。


20161022papamilano_3.jpg

私は外が見えるお店が好きなので地下にあるお店は
あまり入らないのですがここはそれが気になりません。


20161022papamilano_4.jpg

ランチメニューにはドリンクバーとパンがついてきます。
パンはお替りが出来ます。

スパゲティの量も少なめ70g、普通100g、大盛150gと選べ
大盛も無料です。

秋のおすすめメニュー「炙りタラコと3種キノコの和風スパゲティ」
にも惹かれたが、たらこが絡めてあると思い通常の
ランチメニューから選びました。

20161022papamilano_5.jpg

ドリンクはセルフサービス、パンは持ってきてくれます。
他にランチにはサラダがついている。


イカと山菜のスパゲティ

イカと山菜のスパゲティ。
量は普通の100gです。
個人的にはもう少しオイリーな感じの方がよかったな。

スパゲティが運ばれてきたときはかなりおいしそうな
匂いがして、味はまぁまぁ美味しかったです。


グラタンランチ

こちらはグラタンランチ。
大きめのポテトが入っています。


炙りタラコと3種キノコの和風スパゲティ

注文後トイレに行った時に見た
「炙りタラコと3種キノコの和風スパゲティ」の写真を見て
やはり好物のタラコにしておけば良かったとチト後悔。

トイレはお店を出たところにありますがきれいで
手を洗う洗面台とは別に
お化粧直しするスペースもあります。


20161022papamilano_9.jpg

私は昼間しか来たことがないのですが
夜のメニューもおいしそう。

20161022papamilano_10.jpg

ワインを飲みながらワイワイやるのもいいですね。


客層は結構落ち着いていて
食後もゆっくりコーヒーが楽しめます。


20161022papamilano_11.jpg


帰る時、建物の地下から地上を見上げたところ。
すっきりゆったり出来る場所なので
たまに日本橋に来たときはよく訪れています。

今回のランチは、サラダ、ドリンクバー、パン食べ放題で
990円でした。


 ⇒パパミラノ 日本橋店


店内は清潔感があるのでくつろいで過ごせます。



                         
                                  
        

恵比寿ガーデンプレイス パパスカフェ

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 21
                 
映画を見た後は恵比寿三越内にある「パパスカフェ」でくつろいできました。

20161015_5.jpg

私はカフェオレを頼みました。
ここカフェオレがコーヒーや紅茶と同じお値段なんです。

20161015_6.jpg

恵比寿パパスカフェ


広場に隣接しており店内だけでなくテラス席もあります。


土曜の夕方とあって並びましたがすぐに案内されました。
今回は店内にしたのですが、4人掛けのゆったりした
お席に案内されくつろぐことができました。

混み合ってはいたものの混雑が気にならない位
静かに過ごせるので本を読んだり勉強したりもできますよ。


店内は白熱灯の落ち着いた空間で
女性には人気が人気があるお店です。

                         
                                  
        

バーガーキングのタルタルチキンセット

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 20
                 
恵比寿で映画を見る前にバーガーキングで
お昼を食べました。


20161015_1.jpg

私が食べたのはタルタルチキンセット500円。



20161015_7.jpg

量がチト多いかなとは思ったんですが
飲み物Mサイズに惹かれてこちらにしてしまった。


本当はダブルバーベキューにしたかったんだけど
こちらは飲み物がSサイズだったんですよね。


20161015_2.jpg

以前は確かマクドナルドだったはず。
マック時代にもよく入っていたなぁ。


20161015_3.jpg

こちらがタルタルチキン。
美味しかった。

20161015_4.jpg

やはりポテトMサイズは私には量が多く
当初のダブルバーベキューにしとけばよかったと後悔。

ポテトは食べきれず人にあげてしまった。

タルタルチキンセットは腹もちがいいどころではなく
私には多かったなぁ。

近くの女性グループでは、やはりバーガーと飲み物で
普段はポテトは頼まないという会話がされていた。


今後もし行く機会があったら今度は量が少ない490円のセットにしよう。


その後たまたまバーガーキングに入る機会があり
チーズバーガーとコーヒーで340円でした。


女性ならこれくらいの量でいいかも。



                         
                                  
        

復活したYEBISU GARDEN CINEMAの外観と内部をご紹介

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 18
                 
先日は恵比寿復活したガーデンシネマへ行ってきました。

観た映画はフランスのラブロマンスの「男と女」と
夜明けのパリの街をフェラーリがアクセル全開で疾走する
「ランデヴー」です。

『男と女』 甘くせつない大人の恋愛物語@恵比寿ガーデンシネマ

YEBISU GARDEN CINEMA


本当に久しぶりに訪れたので広場周辺を
映画館を探し道に迷ってしまいました。
ホームページの案内図がわかりにくく
私同様年配の女性も道に迷ってしまい
上映後に慌てて入っていっていましたね。

恵比寿ガーデンシネマ

遠くから見るとこんな感じで地図頼りで行った私は
先に階段を上ってしまい近くの飲食店で聞いて
なんとか辿り着いた次第です。



*******************************************
4年ぶりに恵比寿ガーデンシネマが復活!
*******************************************

『恵比寿ガーデンシネマ』は大人の女性が楽しめるセンスが光るラインナップが私好みでした。
時にはここで2本立て続けに見たこともあります。

しかし、運営会社・角川シネプレックスの撤退により2011年1月に閉館することとなりました。


そして4年後の2015年3月28日より恵比寿ガーデンシネマがあった場所に
ユナイテッド・シネマと提携し『YEBISU GARDEN CINEMA』としてオープンしました。





yebisugardenchinema_1.jpg

公開初日は初回と2回目にイベントがありました。
席もゆったりしててとても見やすい映画館です。

yebisugardenchinema_2.jpg

エルグランを見に来ていたお客さんも多かったです。


yebisugardenchinema_3.jpg

カフェも併設されてますがランチは別のところで。
今度機会があれば入ってみようかな。

yebisugardenchinema_4.jpg

独自のラインナップがいいですね。



yebisugardenchinema_5.jpg

この日はイベントがあったのでロビー花。

yebisugardenchinema_6.jpg



yebisugardenchinema_7.jpg

yebisugardenchinema_8.jpg

yebisugardenchinema_9.jpg

名優たちの写真が沢山飾られています。
トイレの中にも写真がありました。



yebisugardenchinema_11.jpg

映画館を出ると洗練された建物に囲まれた広場があります。


yebisugardenchinema_12.jpg


夕暮れ時、恵比寿駅へ向かうところで一枚。

この日は恵比寿の良い気を受けたかったので
本当に訪れて良かったです。

                         
                                  
        

『男と女』 甘くせつない大人の恋愛物語@恵比寿ガーデンシネマ

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 16
                 
昨日は『ダバダバダ~♪』のメロディで知られる1966年のフランス映画「男と女」を
YEBISU GARDEN CINEMAにて見てきました。

男と女

今年の8月12日に惜しまれつつも閉館してしまった
恵比寿ガーデンシネマが昨年復活していた記事を書きました。

私がホームページを見たのは8月の初め頃だったでしょうか。
10月に男と女が上映されることを知りその時からこの日を心待ちにしてました!

今回は”製作50周年記念 デジタル・リマスター版”として50年の時を経て甦る。



*******************************************
クロード・ルルーシュ監督の出世作「男と女」
*******************************************

短編映画などを撮り続け、当時無名だったクロード・ルルーシュには
スポンサーがつかず「男と女」も自主制作で製作されされたと言われています。

カラーとモノクロで構成されたこの映画は1966年に公開された。


●1966年カンヌ映画祭グランプリ受賞

●1967年アカデミー賞外国語映画賞、オリジナル脚本賞受賞

●1967年ゴールデングローブ賞外国語映画賞、主演女優賞受賞

数々の賞を受賞し、クロード・ルルーシュの名を世界に知らしめた出世作です。


日本では1966年10月15日に公開され、50年後の
2016年10月15日よりYEBISU GARDEN CINEMAなどで公開。

50年後の同日に上映開始というなんとも粋な計らいがされている。


『男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版』
1966年 フランス 104分

監督: クロード・ルルーシュ
脚本: クロード・ルルーシュ、ピエール・ユイッテルヘーベン
音楽: フランシス・レイ、バーデン・パウエル
出演: アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、ピエール・バルー他


”男”には「暗殺の森」や「フリック・ストーリー」で知られるジャン=ルイ・トランティニャン
”女”には「ローラ」や「甘い生活」で知られるアヌーク・エーメ。

クロード・ルルーシュ

今回のキャッチコピーは
「たちきれぬ過去の想い。それでも惹かれ合う男と女」


*******************************************
クロード・ルルーシュ監督 「男と女」 ストーリー
*******************************************

スタントマンの夫を事故で失ったアンヌ(アヌーク・エーメ)は
娘を寄宿学校に預けながらパリで暮らしていた。

娘と束の間の時間を過ごし学校へ送り届けたアンヌは
帰りの電車に間に合わなくなっってしまった。

そこで同じ寄宿学校に息子を預けていたカーレーサーの
ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)の車で家まで送ってもらうことになった。

ジャン・ルイもまた自身のレースによる大事故がもとで妻を自殺で失っていた。

夫と死別したことでアンヌは夫への想いが未だ断ち切れていなかったが
次第に惹かれ合うふたり。

やがて二人は愛し合うのだが、アンヌはジャン・ルイとの情事の最中
夫との愛に溢れた日々がフラッシュバックしてしまう。


otokotoonna_2.jpg


ホテルを後にしたアンヌはジャン・ルイの車ではなく
電車を乗り継いで帰宅しようとする。

車で帰るジャン・ルイ、電車で帰るアンヌ。
帰路それぞれの胸の中には様々な思いが湧いていたが・・・


そして電車から降りたアンヌを一足早く駅についていた
ジャン・ルイが待っていた。


-----------------------------------------------

夫や妻と離婚でわかれたのではなく、その死によって失うということは
特別なものがあるのだと思う。

アンヌは夫を不慮の事故で失いまだ夫は心の中で生き続けている。
一方ジャン・ルイも自分の事故により精神のバランスを崩してしまった
妻が錯乱状態に陥り自殺してしまい心に大きな傷を抱えたままだ。

二人がそれぞれ左の薬指に指輪をしたままだというところからも
彼らの思いが表現されている。


でも出会いはふいに訪れるもの。

しかし、今の恋愛に心底浸れない。
だけど、何故か惹かれていく。

激しいだけの恋愛ではなく
静かに愛に向かうアンヌの姿がなんともいじらしい。

そして、アクーヌ・エーメの美しさにウットリ。
クロード・ルルーシュの演技指導は細かかったようで
はにかんんだアンヌのしっとりした女の色香も
ジャン・ルイがアンヌに心を奪われていく
レストランでの手の演技もとても素晴らしいものがあった。


カラーとモノクロで構成されているが
切り替わりの違和感は全く感じられなかった。


それよりなにより、50年も前の映画なのだが
今撮ったと言われてもわからないくらい
髪型もメークもファッションも洗練されているのがスゴイ。


確かに電話やテレビ、車などには時代を感じるが
それ以外は古臭さを感じないのだ。

この頃のパリの風景も海辺のも何もかもがステキです。
パリの情景が映画にとてもマッチしてます。

またダバダバダ♪の音楽が映画に彩を加えている。

この曲を歌っているのはアンヌの夫役のピエールを演じているピエール・バルーが
ニコール・クロワジールとスキャットをしているのだ。

そしてジャン・ルイはレーサーだったので
レースのシーンもふんだんに出てくる。
車好きにはたまらないものがあると思う。


*******************************************
カーマニア必見! 「ランデヴー」も同時上映
*******************************************

今回は「男と女」の前に、1976年に制作された
「ランデヴー デジタル・リマスター版」が上映された。

これは夜明けのパリを1台の車が走り抜けるだけのものなのだが
8分48秒自動車はノンストップでアクセル全開(!)で疾走する。
これをワンテイクで撮っているのだ!


ランデヴー


フェラーリのエンジンの音が豪快だし
アクセル全開、ノンストップということで車や人に
ぶつかりそうでスリリング感がハンパない!

実際に自分がフェラーリに乗っているようで
臨場感たっぷりの迫力ある映像とエンジン音が楽しめる。



予告編の動画にランデヴーの疾走シーンもちょっとだけ出てきますよ。


そして、上映後はミュージシャン野宮真貴さんを迎えての
トークイベントがあった。


この前の回ではピエール・バルーのイベントがあったようで
本当はこちらが良かったのだが連れの仕事の関係で
時間的にこちらは無理だったのだ。残念。

私が行った回もなんとか席が取れた状況で
昨日は多くの人がこの映画をみたのではないでしょうか。

今回50周年ということでタイアップの企画もいくつか行われているようで
フランス旅行のパンフレットやコンサートの宣伝もされていた。


いやぁ、恵比寿ガーデンシネマがなくなったときは悲しかったのだが
去年復活したと知ったときは本当に嬉しかった。

そして復活して最初に見たのがこの「男と女」だ。
私にとって想い出に残る一日となりました。


「男と女」は昔CSでやったやつをDVDに落としてあるんだが
とると満足してしまいずっと見てなかった。
昨日は就寝前に自宅で男と女のDVD鑑賞をしました。


                         
                                  
        

秋晴れの中恵比寿に来ました

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 15
                 
今日は寒いかなと思ったら
外は晴れていて暖かい☀

14764988380.jpeg


というか、かなり日射しがきつくなってきた(>_<)
ジリジリ日を浴びてとろけそう…

日陰に避難してきました。

クリスマスのイルミネーションの準備でしょうか。
大きなディスプレイが工事しています。

またバカラが飾られるようです。

この間まで夏だったのに時が経つのは早い。

年末まであっという間に過ぎそう。
もう街では年賀状の印刷の案内も
ちらほら見かけるようになったし。


土曜日だからかなり人が多いです。




この広場のあたりは雰囲気もいいし
開放的なのでとても気に入っています。

駅からかなり距離はあるけど
毎回訪れるのが楽しみ。

都会的でオシャレな空間は
私がリラックス出来る場所。
とても気持ちが癒されます。


                         
                                  
        

ドトールのジンジャー照り焼きチキンは結構おいしい

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 14
                 
ドトールコーヒーでミラノサンドCセットを食べてみました。

20161013_1.jpg

ミラノサンドのCセットは「ジンジャー照り焼きチキン ~ハニーマスタード~」です。
アメリカンとセットにして560円。


20161013_2.jpg

中を割るとこんな感じ。


20161013_3.jpg

テリヤキソースで味付けされた鶏肉と
マスタードを使用した卵に
ジンジャーが少々効いていておいしい。


結構軽いのでお腹があまり空いていないときや
ダイエット中の女性などにちょうど良い量です。


                         
                                  
        

サイゼリアで流れている音楽が気になる 動画

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 13
                 
このブログでは度々サイゼリアに行った記事を書いていますが
食事はもちろん、最近では作業をしに行くことが多いので
ドリンクバーだけで数時間粘ることが続いています。


サイゼリアはドリンクバー単品でも280円と
大変リーズナブルな価格です。

作業もしやすい環境でこのところ頻繁に通っています( ゚Д゚)

そんな風に度々足を運んで作業をしていると
サイゼリアで流れているBGMが耳から離れなくなっていることに気づいた。

この機会にずーっと気になっていたサイゼリアで流れている
音楽について調べたので動画をご紹介。















                         
                                  
        

日本vsオーストラリア戦と鳥さん

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 12
                 
昨日は家族が2018 FIFAワールドカップの最終予選
オーストラリア戦を見ていて日本代表の試合がある事を知りました。

まぁ、久しぶりにサッカーの試合もいいかと思い
私もテレビをつけて流し見をしてました。

何年か前まではこうやって家族がサッカーの試合を見ている時
うちの鳥さんも一緒に見ていたことを思い出した。

20161011_1.jpg

うちの鳥さんはしゃべれるので「さっか見てるの」と言ったりします。

ゴールが決まったりすると「ごーーる!」とか「あ、はいった」なんて
しゃべったりします。


このテレビはほぼ鳥さん専用で、画面の枠やテレビ自体のふちがかじられていて
かなり傷んでいます( ゚Д゚)

ちなみに女の子です。

というか、この部屋自体が鳥さんの部屋なのですが。
うちは鳥さんたちだけで部屋をひとつ持っているのです。

いつも「そんなに近くでテレビを見ると目を悪くするよ」と言っているのですが
画面の前に陣取ってガン見してます。

20161011_2.jpg

写真には写っていませんがテレビの下の台は本人がばらまいた食べこぼしで汚れており
毎日掃除をさせられています。



20161011_3.jpg

昨日はオーストラリアで試合が行われたこともあり
多数の鳥さんたちがフィールド内に侵入してましたね。


近くで見れば距離があるんでしょうが
テレビの映像ではプレイしている選手たちの
近くに鳥さんたちがいるように見え


思わず

「あぶねぇよ!」と叫んでいました。


飛んでいる時はまだしも、フィールド内にいた時は
踏まれてしまうんじゃと思いハラハラしっぱなし。


いつもこのテレビの前で洋楽のプロモで踊ったり
ドラマや映画を見たりしています。


特にサスペンスでは謎解きが始まる頃になると
スタスタと歩いてよじ登りテレビの前に来て
食事入れた入れ物をテレビの前に乱暴に持ってきて
プチプチ音を立て食べながら観ています。


この子は渋くて男気がある男性が好きで
日本人外国人問わずそういう男が出ていると見に来ますね。


西部警察の渡哲也、海外ドラマメンタリストのサイモン・ベイカーや
最近では貴重な高倉健の連続ドラマ「あにき」を見ていたところ
高倉健も気に入ったようです。


20161011_4.jpg

サイモン・ベイカーは私のモロタイプでもあるんですがね(^^♪


うちは古いドラマや映画も結構見るので
以前白黒の森光子主演の「時間ですよ」を見ている時
銭湯の釜炊きの健ちゃん役の堺正章を見て
彼女が「イイ男じゃないよ!」と言った時には
なんだか堺正章に申し訳なく思ったものです(´・ω・`)

人間の子どもと同じで結構残酷な一面も持ち合わせております。


他には天知茂の美女シリーズや植木等の日本一の色男や
稲川淳二の怖い話もかなり好きでほぼ毎回見に来てます。


彼女はニューヨーク出身ですが、祖先はオーストラリアのはず。
そのあたりに何か感じるものがあったのか?


                         
                                  
        

日々やれることをやるということを意識する

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 11
                 
昨日で三連休も終わり。
気温も一段と低くなりかなり寒さを感じるようになってきました。
今年も残すとこ三か月を切り一気に突き抜けるべく日々奮闘中です。

昨日も家にいると効率が悪いので近くのファミレスへ抜け出してきました。

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s.jpg

お腹の調子が悪いことから眠気とだるさで休みたかったのですが
体調が少し整ってきたところで家を脱出。

さすがに連休中ということもあり普段は混んでない時間帯でも
満席状態でした。

周りの人たちが仲間たちと楽しく休みのひとときを過ごしている中
知識のインプットから始めました。

どうも調子の悪いお腹に意識がいってしまうので
インプットが済んだ後は即アウトプットに入ります。

持ってきた資料をもとに分析をはじめ
人にもやっていることが伝えられるようノートに
実践した内容をまとめていきます。

少しでも体を動かすとお腹から意識が外れ集中度が増していきます。


今この瞬間、自分は何をすべきでそのために何をやれるか
自分に問いかけながらやれることをコツコツとやっていきました。


パソコン等を使った作業もいいのですが
手書きで書くということは自分の脳がすごく動き出す気がして
仕事モードになると几帳面に変わる性格を利用して
ノートにやるべきことや、やったこと、課題やその他もろもろを書き綴っています。


そういえばノートに自分の願いを書くと叶うといいますが
自分も過去書いてきたことが結構叶っています。


こんなことを結構してきて溜まったノートはこの間全て捨ててしまいました。
これは叶ったりその道筋が見えてきたのでサヨナラしたのです。


私にはノートにいろんなことを書くということが合っているようなので
願望だけでなく、日々の作業の記録やなど
新しいノートに書き綴る日常を続けていこうと思っています。


                         
                                  
        

ビートルズのライブアルバムと動画

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 09
                 
ミスドへ行った時ビートルズの音楽が流れてました。
これがすっごく心地よくて、ミスドの狭い空間でも
楽しく作業が出来かなり効率アップが図れました。

調べ物や勉強をするには環境面がとても大切で
限られた時間でいかに効果的に脳に落とし込むか
これを常に考えているので、作業をする時間帯とともに
その環境面を整えることにもとても重点を置いています。


ミスドの店内で流れていたビートルズの音楽は
どうやらライブアルバムを流していたようで
タブレットで調べたところ曲順から先月発売になったばかりの
ロサンジェルスのハリウッド・ボウルで行われた
ライブを収録したものだとわかりました。





先週ビートルズの映画を見たばかりなので
ライブ会場は違うとはいえあの時の感動が蘇ります。


映画を見たのでその時のビートルズを取り巻く環境や
時代背景、曲の誕生秘話などが描かれていたので
数々の名曲がすごく心に響いてきます。

ということでライブアルバムに収録されている曲の動画を少しばかり。























ハリウッド・ボウルのライブの映像



ライブアルバムには収録されていませんが個人的な趣味で。











                         
                                  
        

ミスドのポン・デ・ストロベリーボールが美味しい

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 08
                 
美術展を見た後、ミスドでお休みすることにしました。
ミスドはホットコーヒー、カフェオレがお替りありなので
たまに利用します。

20161006_4.jpg

今回はカフェオレと甘いものをちょっとつまみたかったので
ゴールデンチョコレートボール、エンゼルクリームボールと
ポン・デ・ストロベリーボールを頼んでみました。



20161006_5.jpg

この中で私好みはエンゼルクリームボールだったのですが
意外にポン・デ・ストロベリーボールもモッチリ感と
ストロベリーの甘さが絶妙で単品で追加してしまった。


半分ずつだったのでおやつにはちょうど良い量。

いろんな味が楽しみたい人は最初の写真の
ボールで頼めば各37円なのでおすすめです。

                         
                                  
        

平安の秘仏展@東京国立博物館へ行ってきました

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 07
                 
昨日は夏に戻ったかのように暑かったですね。
もう10月に入ったのですがお天気がなかなか安定しません。

そんな中、東京国立博物館で行われている特別展
「平安の秘仏-滋賀櫟野寺の大観音とみほとけたち」へ行ってきました。



平安の秘仏展

東京国立博物館。
平日にも関わらず外国人客も多く結構混雑してました。


東京国立博物館

平成館では「禅 心をかたちに」展が行われていました。


20161006_3.jpg

夏の日差しだったので噴水がある風景が
心を癒してくれしばし暑さを忘れさせてくれます。


「櫟野寺」とは、延歴11(792)年最澄が延歴寺建立に際して
櫟野(いちの)の地を訪れ櫟(いちい)の霊木に観音像を
刻んだことが始まりと伝えられているそうです。


櫟野寺には重要文化財に指定される平安時代の仏像が20体あります。

今回はその20体全てを寺外で初めて展示するというものでした。

中でも本尊の十一面観音菩薩坐像は像高が3メートルほどあり
普段は扉の向こうに安置された秘仏なのです。

日本最大坐仏観音と言われています。

20161006_7.jpg

十一面観音菩薩坐像(重要文化財) 平安時代 10世紀



2メートルを超える薬師如来坐像も展示されており
20体と言えどもなかなかの迫力でした。

20161006_6.jpg

薬師如来坐像(重要文化財) 平安時代 12世紀

10世紀頃より年数を重ねることにより
表情が柔和なものに変化していきます。


20161006_8.jpg

地蔵菩薩坐像(重要文化財) 平安時代 1187年

地蔵菩薩坐像は文治3年(1187)の銘をもつ貴重な仏像。


櫟野寺では2018年の秋にに33年に一度の
大開帳が行われる予定で今回展示されていた
十一面観音菩薩坐像も見られるようです。


最後は時間もあったので隣接していた
他の美術品鑑賞もしてから帰ってきました。



                         
                                  
        

新宿のレンタルオフィスを案内してもらった

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 06
                 
新宿のレンタルオフィスを案内してもらった。

友人はすでにここの会員なので一緒に
同行しながら使い勝手など各フロアをみせてもらいました。


私が行ったのはアントレサロンというところで
銀座が本拠地なのか銀座には4つあり
その他東京、池袋、横浜の計8つが
同料金で利用できるのだそうだ。

office.jpg


アントレサロン

例えば新宿だと平日は朝7時から夜の11時までで
土曜日も使えるとか。日曜日祝日は休館。

入会金も不要でフリーデスクプランだと約10,000円位。
私語禁止とOKなエリアが分かれているので
作業に集中したいとき、話しながらやりたいとき
どちらにも対応できるのがいいですね。

商談に使えるスペースもあるので
外部の人を招くことも可能なのだ。



新宿をメインにしながらも
たまに池袋、銀座、東京と変えてみるもの
気分転換になってよさそうだ。

案内してもらった新宿オフィスは新宿3丁目駅が近いのだが
この日は新宿駅から歩いて新宿2丁目のオフィスまで行ってみた。


新宿2丁目ということで周辺の雰囲気がまた独特で面白かった。

ちょっと歩くと雰囲気の良さそうな飲食店が何件もあり
お店開拓もできそう。


紹介特典もあるから彼を通して入会すれば
それぞれに4,000円分の商品券がもらえる。


何より実際に使っている人の意見はいろいろと参考になりました。


オフィスが必要になるのはまだまだ先かなぁと思いながらも
レンタルオフィスは以前から気になっていたので
話の流れから急きょ見学しに行くことになったのだが
行ってみて良かったです。

                         
                                  
        

新宿カフェ・ランデヴーのランチビュッフェ

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 05
                 
新宿西口にあるカフェ・ランデヴーのランチビュッフェへ行ってきました。

カフェ・ランデヴー

平日は1,000円です。

カフェ・ランデヴー

店についた時間が遅かったのでランチは14:30で終了ということで
とても急ぎ足で料理とドリンクをとりまくり。

本日のメイン料理(肉団子)とメインパスタです。

20161004_2.jpg

サラダも取ってみた。

20161004_3.jpg

パンは2種類。

新宿ビュッフェ

ライスはピラフでした。

他にもスープ、キッシュとデザートのミニケーキもありました。

この日は内容がイマイチという話で
前に行った時はもうちょっとメイン料理が良かったそうです。

確かについたとき既に13:50位だったけど
内容薄いなぁという印象を持った。


ただこちら、新宿西口から近いにも関わらず
かなり空いていて店内は結構きれい。
落ち着いて食事や打ち合わせも出来るのがいいんだそうです。


お店がある2階はレストランだけでなく
ホテルの受け付けもあるため
店員さんも外人がいます。


そして、カウンター席には電源がとれる場所もあり
以前は無料Wifiもあったとか。


パンは2種類だけでしたが結構おいしかったです。

今回はランチが終了する40分ほど前についたので
次回はもっと早い時間に訪れてみようと思っています。


                         
                                  
        

今日は暑そうなので早朝からやるべきことを済ませてしまう

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 04
                 
最近、涼しくなったり暑くなったりと気温の変化が激しい。

9月の後半涼しくなってきた時はそのまま秋モードに突入かと思われたが
また夏のような暑さが戻ってきて夏の衣服がまだまだ必要ですね。

さて、今日も暑くなるということでこの機会にこの気温の高さを利用して
早朝から先送りしていたやるべきことを終えてしまいました。

日が出てくるとさすがに動きにくくなるので、その前に一仕事片付けました。


私は暑いのが苦手なので、こういうのは早い時間帯に
やっつけてしまわないとズルズルと先延ばしさせてしまうクセをもっています。


また暑いと頭脳労働系も効率が恐ろしく悪くなるので
午後はどこか涼しいところへ避難しようと思っています。


自分を管理するってなかなか難しいもので
特性をわかった上で時には餌を与えながら
うまく行動させるようにしています。





                         
                                  
        

THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEKを見に行ってきました

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 02
                 
昨日はTOHOシネマズ新宿にてロン・ハワード監督の
「THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」を見に行ってきました。

THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK

ロン・ハワードというとトム・ハンクス主演の
「ダ・ヴィンチ・コード」や「天使と悪魔」が思い出されますが
新作「インフェルノ」も今月末から公開されるということで
こちらもとても楽しみです。


TOHOシネマズ新宿

昨日行ったTOHOシネマズ新宿でもやるようで看板がかかっていました。
どこの映画館で見ようかなぁ。




さて、ビートルズの映画ですがタイトルにあるように
今回は彼らのライブツアーの映像をメインに
全世界が彼らに熱狂している様子や
その時の時代背景も合わせた内容になっており
メンバー4人をはじめ関係者やファン(有名人)らの
インタビューを挟みながら進行していきます。


ライブはリヴァプール時代と1963年から始まったワールドツアー、
1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークまで。


そして、いつの時代に聞いてもその魅力は衰えない素晴らしい楽曲の数々。


10代の頃の彼らがまるで兄弟のようにいつも一緒にいながら名曲を作っていく様子や
歳を重ねて4人の成長による心境の変化から生まれる4人の距離感の変化。


ライブ映像から伝わる文字通り彼らに熱狂するすさまじいファンの様子。
これらが時代の移り変わりとともにファンの反応も変わっていく。


今のようにインターネットですぐに情報が伝わる時代でもなかったにもかかわらず
世界中どこへ行ってもビートルズはものスゴイ歓迎ぶりを受けていた。

逆に今の時代はここまでひとつのアーティストが世界中を熱狂させるということが
ないので映画を通して伝わってくるこれらの臨場感が新鮮に感じられた。


言葉で書くと平たくて映像を通してみた彼らのすごさというものが
これっぽっちも伝えられないもどかしさを感じるが
ビートルズを発掘した後のマネージャーのプロデュース力もすごい。


アメリカのスタジアムでのライブでは、メンバーは熱狂したファンの声や
アンプの質の悪さもあり音が聞こえない中演奏したのだが
演奏も歌もバッチリあっていて、音が聞こえず演奏してたなんて
本当にビックリだ。

私はカラオケでも彼らの曲をよく歌うし、キーボードでも彼らの曲を
習っていたのだが、教えてくれていた先生が
ポール・マッカートニーのアーティストとしてのレベルの高さを
話してくれたことがありそれを思い出した。

若い時だけじゃなく今でもなぜポールがワールドツアーできるのか
その歌い手としてのポールのスキルについて語ってくれた。

そして、名曲イエスタデイの良さも素人の私に
噛み砕いて教えてくれひたすら家で練習したもんです。


映画は本編が終わった後、米国でのスタジアムライブの模様がながれ
ミニコンサートのようだった。

私はいつの頃からか、ビートルズの武道館ライブに行きたかったという
思いが強く生まれてきており、この映画のミニコンサートは
まるでライブ会場に来ているかのようで違う形でだが
念願が叶ったような気分が味わえた。

マイケル・ジャクソンが亡くなったときも「THIS IS IT」を
映画館で2回見たがあの時を思い出しました。


でもやっぱりこの時代に、この熱狂ぶりを生で感じたかったですね。

20161001_6.jpg

この映画の日本限定のチラシは1966年の日本武道館での来日公演で
メンバー4人がステージに向かう後ろ姿だ。

公式チラシは最初の青背景のカラーである。

心がうるうるしてしまったので昨日感じたことの一部も書けていないが
本当に素晴らしいものはすごかったとしか書きようがないものなのかもしれない。



ということでうまく表現できないモヤモヤがありますが映画についてはここまで。


20161001_2.jpg

久しぶりに歌舞伎町へ行ったら、昔ロッテリアだかマックだかがあったところ(?)に
オシャレなカフェが出来ていた。
昨日はこの後ポケットWi-Fiの契約見直しに行く用事があったので
立ち寄らなかったが時間があればここで休憩してたと思う。


20161001_3.jpg

カフェのそばにあったイタリアンレストランの看板。
オーガニックイタリアンですって。
こちらもランチを取る時間が短かったので見送ったが
次回時間に余裕があれば是非入ってみたいと思ったので
どちらも写真を撮ってみた。

おかげさまで昨日もとても充実した一日でした。

今日からの日々も感謝して終われるよう
1日1日を大切にして生きていこうと決意を新たにしました。


                         
                                  
        

またまたマックランチ

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 01
                 
映画が昼頃であまり時間がないので
また時間がない時の安ランチ。




前回と同じだがコーヒーがデカイのは気のせい?

値段は変わらないけど。。。

まだ時間が早いからか結構空いてます。
                         
                                  
        

久しぶりにライブのチケットを手配しました!

category - ライフスタイル
2016/ 10/ 01
                 
昨日はブログを書いてからたいしたこともしてなかったのですが
楽しい気分でいたら、連絡を取ろうとした人から電話がきたり
その他いろいろと面白い動きがありました。


一駅先のファミレスでのお勉強も集中できたし
良い一日だったなぁ。


本当に毎日をいい気分で過ごすって簡単に見えますが
なかなか難しいものだと思います。

だけど、いい気分で過ごしていると
良い連鎖が起きるものなんですよね。


さて、今年はライブに行かなかったのですが
来年からはまた行きたい!って思ってたら
GUNS N’ ROSESが来年来日するそうで
早速本日チケットを買いました!

gar.jpg


これは先行に申し込んだんだけど見事に外れてしまい
今回一般販売で購入。

ガンズは三回目ですが楽しみです!


今日は映画のサービスデーでもあるので
これから映画を見に行ってきます♪