2017/04/06
2017/04/06
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2017年04月06日

        

流し見で気軽に見れた 映画「ベガスの恋に勝つルール」

category - 映画(洋画)
2017/ 04/ 06
                 
先日ツタヤで2008年に公開の映画
「ベガスの恋に勝つルール」を借りてきました。

ベガスの恋に勝つルール


今回は、以前見た別の洋画を借りたかったのですが
TSUTAYAになかったため目についたこちらを借りました。


失恋したジョーイ(キャメロン・ディアス)と職を失ったジャック(アシュトン・カッチャー)は
それぞれ同性の友人とベガスへ旅行へ行った。
ホテルでダブルブッキングとなってしまったことで
出会ったこの二人は酔った勢いで結婚してしまう。

翌日には離婚しようとしたふたりだが
ジョーイのコインでジャックがスロットをしたところ
300万ドルが当たってしまった。

ふたりは裁判で結婚の無効と賞金の所有権を主張するが
逆に半年間夫婦として過ごすように言われてしまう。


そんな偽物の夫婦は、それぞれが自分に有利に物事が運ぶようあれこれ画策する。

裁判はジャックが勝ってめでたく離婚するのだが
ふたりの心には変化が出てきて
結局、ふたたび結婚してハッピーエンドで終わるというもの。


見ただけで終わるという、ただそれだけの映画。
特に感想もないのだが、ストーリーが読める
単純な映画なので流し見には最適。

なんせ、集中してみなくても、見逃した場面があっても
結末が予測できるからユルユルで鑑賞することができる。


キャメロン・ディアスの服が自分の好みと一致してて
視覚的には楽しめた。


気負いなく気軽に見れるのがとても良かった。



            
スポンサーサイト
            
                                  
        

「獅子座の女・東京-香港-黒部峡谷、愛人は殺人現場に三度現われる」 (1985年)

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 04/ 06
                 
東京、香港、黒部峡谷で次々と起きる連続殺人。
完璧に仕組まれったトリックに挑む刑事の活躍と
母を殺した犯人への復讐に燃える謎の女の執念を描く。


●「獅子座の女・東京-香港-黒部峡谷、愛人は殺人現場に三度現われる!
星座トリック」  1985年4月6日
原作: 藤雪夫、藤桂子  『獅子座
脚本: 柴英三郎
音楽: 鏑木創
監督: 池広一夫
制作: 東映
出演: 古谷一行、松尾嘉代、中条静夫、
吉沢京子、宮下順子、佐藤慶ほか 



獅子座の女



東京郊外でサラ金の支店長毛塚(入江正徳)が殺された。

警視庁の菊地刑事(古谷一行)らは、サラ金から不自然な融資を受けていた
美佐緒(松尾嘉代)と返済でもめていた顧客を疑った。


やがて菊地は美佐緒を愛するようになるが--。









原作者が同じ苗字なのでてっきり夫婦の共作かと思いきや
父と娘だったんですね。


「春の特別企画」ということで時間枠を拡大して放送され
ドラマは中だるみしながら見たような記憶があるのですが
どうなんでしょう。


かすかに見たような記憶があるだけなのでほとんど覚えていませんね。


”星座のトリック”とタイトルの獅子座がどう関連性をもっているのかが気になります。