2017リーグ 第6節 セレッソ大阪戦 中盤総入れ替 アッサリした感想

■Jリーグ第6節 鹿島アントラーズ 0-1 セレッソ大阪
2017年4月8日(土) カシマサッカースタジアム 15:03キックオフ/21,078人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、昌子 源、植田 直通、山本 脩斗
MF 永木 亮太、三竿 健斗、レアンドロ、中村 充孝
FW ペドロ ジュニオール、鈴木 優磨


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 町田 浩樹
MF レオ シルバ、土居 聖真、遠藤 康、小笠原 満男
FW 金森 健志


【交  代】 57分 中村 → 土居、57分 レアンドロ → 遠藤、76分 永木 → レオ


尾を引く敗戦ですが、順位的にはなんとか3位にいるんですね。

この試合後半の途中からある程度まで
自分の仕事関係の作業を始めてしまい
音声だけだった時間帯があるので
全てを見ていたわけではありません。

なので、試合から少し日がたったこともあり
アッサリした感想になります。


ヤフートップの記事なんかで
事前に漏れていた中盤総入れ替えのこと。
なんでも練習だか紅白戦でサブ組の調子がいいとかで
4人セットでの起用となったようだ。

昔よく鹿島のファンブログやらサイトをチェックしていた頃
主力組よりサブ組の方が調子がいいなんて情報はよくあった。

主力組はほとんど毎試合出ているわけだから
サブ組の方が疲労感が軽減されていたり
モチベーションが高くなったりするのは予想できること。

だから、期待半分、不安半分が正直なところでした。
プレーしている姿をあまり見たことない選手なんかは
こういう情報があると活躍幻想みたいのがあって
期待を煽られる感が出てくるんですよね。

それだけに、死ぬ気でやるといった
あつたかがあんなだったりと
戦う気持ちが見えない選手らがいて
自滅して負けてしまったのが悔しかったですね。

ハードワークをしてくれてた金崎もいなくて
ゲームを作れる選手がいなかったのも
敗因のひとつだと思います。

今年は永木も調子が悪いし。
後半に2枚替えをせざるを得なく
交代枠を有効的に使えなかったのもイタかった。


元鹿の山村に決められたのも悔しかった。
前日ハットトリックした興梠にしても
山村にしても移籍先でイキイキとプレーしてて
いろいろと考えさせられてしまった。


あまりネガティブなことも書きたくないので
明日のACL、次のリーグ戦は
気持ちが見える試合を期待します。



スポンサーサイト
         
お気に入り

タグクラウド


管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

スポンサードリンク


Powered by SEO Stats

  • seo

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる