A D M I N
topimage

2017-07

最新記事一覧  

「戻り川心中・涙で捧げる天才犯罪」(1982年)  連城三紀彦 『戻り川心中』 - 2017.07.03 Mon

土曜ワイド劇場5周年記念作品は7月から9月まで、
毎月ひとつずつ、3作放送されました。
その第1弾が「戻り川心中」でした。


放送日は1982年7月3日。




●「戻り川心中・涙で捧げる天才犯罪
”京の女、菖蒲の女、尼寺の女、そして私」  1982年7月3日
原作: 連城三紀彦  『戻り川心中
脚本: 大野靖子
音楽: 木下忠司
監督: 渡辺祐介
制作: 東宝映像
出演: 田村正和、紺野美沙子、大谷直子、宮下順子、
叶和貴子、地井武男、久保菜穂子ほか


戻り川心中・涙で捧げる天才犯罪

昭和30年、一隻の舟に心中しようとした
男女が乗っており地元の人に発見された。
女は死んでしまったが、男はなんとか助かり
医者の手当てを受けて休んいた。


男は苑田岳葉(田村正和)で、
女はバーに勤める依田朱子(宮下順子)だった・・・。




戻り川心中

昭和57年、有馬京子(紺野美沙子)は、
短歌界の大御所・苑田岳葉の全集を出版するにあたり担当になった。
編集長の岡田(地井武男)とともに岳葉の自宅を訪れる。

岳葉は終戦直後に銀行家の令嬢桂木文緒(叶和貴子)、
バーの女依田朱子と2度の心中事件未遂事件を起こし、
破滅型の歌人としてもてはやされてきた。


岳葉に憧れていた京子は全集につける年表を
完璧なものを作りたいと申し出る。
これまで明らかになっていない部分もあるので
岳葉にインタビューすることでこれを補おうとした。


戻り川心中

それからは午前中は岳葉宅でインタビューをして
午後は社に戻ってそれを書き起こす日々が始まる。


岳葉について調べるうちに生じた疑問などを
次々と本人にぶつけていきます。


戻り川心中 田村正和

岳葉もこれまで人の出入りがなかった生活に
若い女性が入り込んでくることで生き生きとしてきて
女中の話しでは久々に明るくなって冗談さえもいうようになっていて
まんざらでもない様子だった。


岳葉は回想しながら自分の過去の出来事を
少しずつ京子に話して聞かせる。


若い頃の1度しかない短い結婚生活のこと
歌に対する方向性の違いから対立した
師の妻琴江(大谷直子)のことなど
憧れの岳葉本人の口から語られる
岳葉の軌跡を喜々として年表に落とし込んでいく。


そして、二つの心中未遂事件へ。


戻り川心中 紺野美沙子

京子は岳葉の話しだけでなく現場へ足を運び
生きた情報を手にしようとする。



朱子との事件で岳葉が運ばれた宿の主人(桑山正一)や
岳葉を診察した医者(草薙幸二郎)からも話を聞き出す。


こうして岳葉の過去に深く入り込んでいく事により
京子の中で生じた岳葉の謎を推理するようになっていく。


京子たちは心中の後に詠まれたとされる歌が実は先に作られていて
それを活かすような形で心中事件が起こされたのではないかと気づく。

いい歌が出来上がったが、それを演出できるようなものが
岳葉のまわりにはなかった。
だから、短歌に沿った心中事件をでっち上げ
その後で歌を発表し、ドラマ性を持たせることで
岳葉のカリスマ性を生み出すことができたのだ。




岳葉は再び光が当たりだしたこの機会を逃すべく
京子を過去の心中事件の場所へ連れ出す。
岳葉は3度目の心中事件の相手に京子を選んだ。
自分に憧憬の念を抱いている若い女性編集者との心中事件。
これまでの岳葉の歌人としての成り上がりを振り返れば
またとない心中の相手だった。



岳葉が心中を実行したとき、岡田がやってきて京子を救出する。
一方の岳葉はあれから27年の歳月が流れ
確実に体は老いており心臓発作を起こし死んでしまう。


最後、単なる仲の良い上司と部下だと思った二人だが
岡田が京子に気があることがわかり
二人はめでたく結ばれることになる。




土曜ワイド劇場の5周年記念作品第1弾として放送された。
原作は前年度の日本推理作家協会賞受賞作「戻り川心中」という短編小説。










2時間サスペンスが勢いを見せていた頃で
清張作品をはじめ原作漁りが熾烈を極めていたが
5周年という区切りにこれまでのサスペンスとは
趣が違った「戻り川心中」をよくぞ選んだと感心させられる。




原作での舞台は大正だが、ドラマでは心中を戦後まもなくで
岳葉はそのまま死なずに昭和57年に時代を移してストーリーを展開している。


原作では語り手が男性だが、ドラマでは若い女性にして
さらに原作にはない第3の心中未遂までを描いている。






戻り川心中・涙で捧げる天才犯罪


田村正和が二つの心中事件を起こし、
破滅型と言われた苑田岳葉をうまく演じました。
浮世離れした雰囲気があり
謎が多い短歌界の重鎮というイメージにはピッタリでしたね。


前半は戦後間もないという時代背景もあり
現在(昭和57年当時)では幻想的でミステリアスな存在で
人間が持つ生々しさ、危険性を感じさせなかったのだが
終盤3度目の心中計画は今まさに起こっていることであり
計画を実行しようとしている岳葉はとても生身の存在であることが感じられ
この辺りの変化がきちんと表現されていました。


最後は老いには抗えず、あっけなく死んでしまうという・・・
もう自分で全てを完璧にコントロールするということが出来ず
初めて計画が失敗し終わりを迎えてしまうという現実。

鼻をすする、鼻声の一本調子の演技は相変わらずで
演技力では兄の田村高広には及ばないが
戻り川心中の岳葉は本当にハマっていて良かったです。


「戻り川心中」は約1年後に、神代辰巳監督で
「もどり川」というタイトルで映画も作られた。
岳葉は萩原健一で樋口可南子、原田美枝子、
藤真利子、蜷川有紀らが出演している。


映画は未見なのだが、どうも岳葉の愛欲に内容がフォーカスされているようで
エロ度が激しそうなのと岳葉がやたらエキセントリックな感じがしてみる気になれない。


見てないからなんとも言えないが
絡みとヌードシーンがバンバン出てくるイメージだ。


両方見た人ではドラマ版の評価が高いのもうなずける。


ドラマでは原作紹介にもある”耽美と詩情”を損なうことなく
映像化できたのではないかと思う。



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (275)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (70)
ライフスタイル (658)
土曜ワイド劇場 (122)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (59)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (184)
格闘技・プロレス (445)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

美女シリーズ9 赤いさそりの美女・江戸川乱歩の「妖虫」 (1979年) Sep 23, 2017
「じゅく年夫婦探偵・新婚旅行は殺人旅行」 (1982年) フルムーン探偵シリーズ第1弾 Sep 22, 2017
「血塗られた薔薇」 (1986年) 探偵神津恭介の殺人推理第5弾 Sep 21, 2017
「35年目の亡霊・学童疎開殺人事件」(1980年)  斎藤栄 『運命の死角』 Sep 20, 2017
「悪魔を見た家族・運命の糸にあやつられる妻」 (1981年)  斎藤栄 『悪魔を見た家族』 Sep 19, 2017
「変装探偵!殺人鬼はバラが好き」 (1981年)  変装探偵シリーズ第1弾 Sep 18, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦 レアンドロハットトリック Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017
ベルギー奇想の系譜展@ザ・ミュージアムはおすすめの展覧会 Sep 16, 2017
「ヒット曲は殺しのテーマ・忘れない女」(1982年)  ハドリー・チェイス『暗闇から来た恐喝者』 Sep 15, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる