A D M I N
topimage

2017-07

最新記事一覧  

「三毛猫ホームズの推理・女子大密室殺人」 (1979年)  石立&坂口版 シリーズ第1弾 - 2017.07.12 Wed

土曜ワイド劇場で放送されていた赤川次郎の「三毛猫ホームズシリーズ」
既に#4「狂死曲」と#5「運動会」は書いていたけど残りはまだだったので
1話から順に書いていきます。





●「三毛猫ホームズの推理・女子大密室殺人」  1979年12月1日
原作: 赤川次郎  『三毛猫ホームズの推理
脚本: 窪田篤人
音楽: 雨宮靖和
監督: 手銭弘喜
制作: 東映
出演: 石立鉄男、坂口良子、結城しのぶ、多々良純、
柳生博、内藤武敏、仲谷昇、穂積隆信、
千野弘美、久富惟晴、田中明夫ほか


三毛猫ホームズの推理



早乙女学園女子大学の学生栗原由美子が
ラブホテルで刺殺された。
由美子は売春をしていたようだった。

野島課長(内藤武敏)は女性恐怖症の、
片山義太郎(石立鉄男)に捜査を命じた。
刑事部屋を出た片山は、殉職した父の同僚だった
三田村繁(柳生博)にばったり出くわした。


片山は野島から言われた通りに文学部長の
森崎智夫教授(仲谷昇)を訪ねていった。



三毛猫ホームズの推理

部長室で、吉塚雪子(坂口良子)という学生と出会った。
彼女は由美子と寮で同室だった。
森崎にはホームズというメスの三毛猫がいて
学園内を自由に歩き回っていた。



森崎の話しだと由美子は旅費稼ぎに売春をやっていたようだ。
友人の三崎にもアルバイトをすすめていて
学校にはこのアルバイトをやっているものが他にもいるようだった。
学園内には寮があり他にもアルバイトをやっているものが
いるのではないかという。




そこへ、阿部学長(田中明夫)がやってきて、
勝手に刑事を呼んだことで森崎を責めた。
学園内には他にもいざこざがありそうだった。
森崎からは外部に連絡を取っている人物を探しだして欲しいといい
今晩新社屋を作る際に控え室にしているプレハブ小屋から
寮を監視してくれと言われた。



寮の門限は11時で2年前から管理人の小峯良平(多々良純)がいるという。
小峰は以前はクレーン車の運転者だった。


その夜、片山は控室で寮を監視していると
雪子が差し入れを持ってやってきて
しばらく話すと寮へ帰っていった。
片山が雪子の部屋の辺りを見ていると、
寮の外壁を不審な人物がロープにつかまっているのを
発見した片山は慌てて外へ飛び出していった。
それは、大中(穂積隆信)という講師だった。
1時間経って帰ってみると控え室にあった椅子と机が消えていた。



三毛猫ホームズの推理

独身の森崎は生徒の波多野靖子(結城しのぶ)と付き合っていた。
門限はとっくに過ぎていたが、小峯は靖子には甘いようだった。
この日、小峯は酔って寝ていて翌日森崎から注意を受けた。
そして、森崎は靖子に今後はもう会わないと言った。




三毛猫ホームズの推理

片山の部屋に三田村が遊びに来ていた。
机と椅子の紛失の件を話すと三田村も
妹の晴美(千野弘美)も片山の思い違いではないかと笑った。
三田村は度々頭痛に襲われるようで、病院にいくようにすすめた。
そして片山の結婚より三田村の方が早く再婚したほうがいいのではないかというと
三田村は激しい口調でそのことはもう話すなといった。




森崎教授が密室の控え室で、
頭蓋骨折により死んでいた。
片山が雪子の部屋へいくと、靖子がいて
森崎と恋人同士だったことを明かした。



三毛猫ホームズの推理


教授の部屋で片山と雪子が話している時
ホームズが書棚へ行ってある本をとろうとした。
片山がその本を見てみると
これ以上調べ回るなと言う脅迫状が挟まっていた。


今は警備会社を経営している三田村は
学園に警備員も派遣している関係で寮へやってきたが
その場で倒れてしまって病院では
脳腫瘍の疑いがあるといわれた。


三毛猫ホームズの推理

片山が現場に戻ってもう一度捜査をし
雪子の部屋に行くと、何者かが寝ていた雪子の
体の自由を奪い襲おうとしていた。
犯人を追いかけていくが、廊下で物音がし
階段で刑事の林(勝部演之)が倒れていて
犯人をみたと言い残し死んでしまった。
騒ぎに学生や小峯や三田村が駆けつけた。

三田村も林殺しの犯人検挙に協力するといったが
野島は、刑事を辞めて部外者となっていることで
捜査に立ち入らないでくれと厳しい口調で拒否した。

脅迫状に使った便箋は阿部学長の使っているものと同じで
阿部には新校舎の建築で汚職をやっていることがわかった。
それに体操教師の富田(久富惟晴)も絡んでいた。
学長は汚職容疑で逮捕された。


三毛猫ホームズの推理


ある日、片山の元に雪子がやってきて
小峯の戸籍謄本を見せて靖子が小峯の娘であることがわかった。

密室の謎がわかってきた片山は
靖子と一緒にいた雪子のところへ
そのことを話して今夜それを解明すると言った。
クレーン車を見て、小峯がなぜクレーン車を
娘のように思っていたかわかったという。


夜、控え室にいた片山を訪ねて雪子がやってきた。
するとプレハブの控え室がクレーン車で高く吊り上げられた。
操作していたのは小峯だった。


三毛猫ホームズの推理

控室を持ち上げるには机と椅子は邪魔だった。
売春ビジネスで客となっていた大中を利用して
夜這い騒動を起こさせて片山を控え室から外に出させて
その間に、机と椅子を運び出してカラにしていたのだ。


そこへ野島たちが駆けつけて片山たちは無事地上に着いた。
靖子は森崎殺しを自供した。


三毛猫ホームズの推理

売春の手引きをしていたのは靖子で、森崎はそれに気づいた。
全てを話すと森崎を控え室に呼び出しておいて鍵を締めさせた。
そこで小峯がクレーン車で控え室を吊り上げて
墜落死をさせたのだった。
小峯は妻と子を捨てて蒸発していたが
2年前寮の管理人としてやってきて
最初は憎んでいたが今回の計画で
クレーンを操作できる小峯を利用しようと
靖子の方から近づいて協力させていた。




片山は三田村の部屋へ行った。
由美子殺しと、雪子を襲った犯人がわかったことを告げるためだった。


三毛猫ホームズの推理

そこにいたのは狂気の表情をした三田村だった。
「美しい女は生まれながらにして娼婦なのだ」といい
三田村は片山を襲うが頭痛がすると正気に戻った。


三田村はいつしか変な頭痛がするようになり
意識をなくすことがあった。
女子大生殺しのときも意識がなくなったときに
起こしていたものでだんだん自分が怖くなっていった。

林が最後に言った「犯人をみた」は
「犯人は三田村」といいたかったのだった。



そこへ雪子がやってきた。
晴美から辞表を出す前に三田村のところへ行くと
聞いて追いかけてきたのだった。
三田村は警察を辞めないでくれといい、片山も続けることにした。
安心した三田村は二人の結婚式に出れないのが残念だといい
窓から飛び降り自殺をした。


半月後、片山の隣の部屋が空いたので雪子が寮を出て引っ越すことになった。
片山と雪子と晴美が引越しをしていると、ホームズも相手を見つけたようだった。
ふたりはホームズたちを乗せて帰っていった。








三毛猫ホームズシリーズの原作もドラマでも第1作目の推理です。
まだ、坂口良子も髪がストレートで学生らしい。


原作では三田村が現職刑事で
片山の妹の晴美と大人になって再会してから
お互いに異性として意識するようになって
晴美は三田村の子を身ごもってしまうんですよね。
堕胎の費用を片山の金で工面してしまったという
後味の悪い終わり方です。

一方、売春のリーダーもドラマとは違い吉塚雪子で
彼女は最後取調室から逃げて車に撥ねられて死ぬという
これまたすごい終わり方。


ドラマでは、犯人の女子大生を雪子から靖子に変えて
雪子は片山の恋人となりシリーズは続いていく。


1作目で犯人のひとりを変更したことで
その後も片山&晴美(と石津)というよりは
片山&雪子(と晴美)という組み合わせでドラマは進みます。



1.「三毛猫ホームズの推理」

2.「三毛猫ホームズの追跡」

3.「三毛猫ホームズの怪談」

4.「三毛猫ホームズの狂死曲」

5.「三毛猫ホームズの運動会」

6.「三毛猫ホームズの駆落ち」





スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (275)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (70)
ライフスタイル (658)
土曜ワイド劇場 (122)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (59)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (184)
格闘技・プロレス (445)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

美女シリーズ9 赤いさそりの美女・江戸川乱歩の「妖虫」 (1979年) Sep 23, 2017
「じゅく年夫婦探偵・新婚旅行は殺人旅行」 (1982年) フルムーン探偵シリーズ第1弾 Sep 22, 2017
「血塗られた薔薇」 (1986年) 探偵神津恭介の殺人推理第5弾 Sep 21, 2017
「35年目の亡霊・学童疎開殺人事件」(1980年)  斎藤栄 『運命の死角』 Sep 20, 2017
「悪魔を見た家族・運命の糸にあやつられる妻」 (1981年)  斎藤栄 『悪魔を見た家族』 Sep 19, 2017
「変装探偵!殺人鬼はバラが好き」 (1981年)  変装探偵シリーズ第1弾 Sep 18, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦 レアンドロハットトリック Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017
ベルギー奇想の系譜展@ザ・ミュージアムはおすすめの展覧会 Sep 16, 2017
「ヒット曲は殺しのテーマ・忘れない女」(1982年)  ハドリー・チェイス『暗闇から来た恐喝者』 Sep 15, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる