2017/07/15
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2017年07月15日

        

「整形復顔の花嫁」(1984年) 整形復顔シリーズ

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 07/ 15
                 
土曜ワイド劇場で80年代に放送されていた「整形復顔シリーズ」



この前にも「復顔・整形美女の復讐」(1979年)や
「整形復顔の女・私の過去をあばかないで」(1983年)があるのですが
「整形復顔シリーズ」がDVD化されたときのリストからは外れているんですよね。


外れた2本は、大映テレビ制作なので会社が違う関係から、
収録されていないんだと思いますが。




「復顔・整形美女の復讐」は前に少し書きましたが、
草野唯雄原作のドラマ化でうちにも原作があるので秋以降書く予定です。
「整形復顔の女・私の過去をあばかないで」は原案ありの作品となっています。
どちらもドラマは見たことがあるんですが、もう一度見てみたいなと思っています。




●「整形復顔の花嫁・すりかわった女が偽装結婚!」  1984年11月24日
脚本: 池田雄一
音楽: 鏑木基盟
監督: 高橋繁男
制作: 国際放映
出演: 叶和貴子、増田恵子、並木史郎、三ツ木清隆、
金沢碧、鈴木瑞穂、仲谷昇、高田敏江ほか


整形復顔の花嫁



コックの英二(三ツ木清隆)はロスからある情報をもらっていた。
ロサンゼルスで成功した日系二世の実業家花井(鈴木瑞穂)の
数億円の財産を奪おうというものだ。
花井には二十数年前に秘書に生ませた娘のはるみ(叶和貴子)がいる。


花井は随分荒いやり方でここまでのし上がってきた男だ。
昔付き合っていた、みやこ(高田敏江)が妊娠し
降ろすように言っていたが、みやこは生みたいと決心
日本に帰ってくると女の子を出産していた。
それがはるみだった。


みやこは現在は体が不自由で、身動きが出来ず
喋ることも出来ない状態になっていた。
はるみは音楽大学を卒業後銀座のパブでピアノの弾き語りをしている。
花井は天涯孤独で年をとったこともあり
4億円の新居と、専属の看護婦をつけたうえに
はるみを認知して生前分与をしようとしていた。
だが、母娘はそれを固辞していた。


英二は娘のはるみを別の女性とすり替えて
花井の財産を手にしようとしていたのだ。
その女に白羽の矢を立てていたのが
同じレストランで働くウェイトレスの順子(増田恵子)だった。


順子は条件通り、血液型もA型で、身長も162cm、年齢も23歳、
そして何より不幸な身の上の女だった。

整形復顔の花嫁

ある日、店に順子の田舎から妹のやすこがやって来た。
母の体調が思わしくなく、手術費用が100万かかることを話すが
これまでの母の仕打ちから払うつもりがないという。
しかし、順子は銀行でコツコツためてきた預金を引き出し
やすこに渡そうとしたところを、バイクに乗ってきた男に
金をひったくられてしまった。
その際に犯人の衣服についていたボタンが落ちて
やすこがそれを拾い上げていた。


整形復顔の花嫁

順子たちは早速警察に被害届を出しに行った。
陣野(並木史郎)が応対してくれて
署名と拇印をおして届を提出した。
悔しさから順子はスカートをギュッと握りしめ
陣野に指をほどかれた。

レストランの仕事をやめて、覗き部屋で働きだした順子の元を
陣野が訪れた。
心配した陣野は早くまっとうな仕事に戻るようにアドバイスした。
アパート前に帰ってきた順子を、車に乗ってきた英二が
店にやすこから電話があり母親が死亡したことを知らせて
信州まで車で送って行ってやると言った。

車に乗った順子に、はるみすり替えの話しを持ちかける。
一旦は拒否した順子だが、英二から好きだと言い寄られると
考えなおして引き受けることにした。


整形復顔の花嫁

英二は順子には、本物のはるみはヨーロッパに
1年間滞在する予定なので、その隙に親子の対面を果たして
財産を受け取るだけだと説明した。




花井の世話にはならないと言っていた母娘だったが
その後態度を軟化させてしまい、はるみも留学をとりやめた。
花井の帰国までにはるみにすり替わらないといけないために
急いで手術をすることにした。


新宿のクリニックの前に順子がいたところを
陣野に見つかり慌ててその場から逃げ出した。

整形復顔の花嫁

いなくなったことを確かめるとクリニックに入り
布施(小林勝彦)からはるみそっくりの顔に手術をしてもらう。

はるみはピアノが得意だったが、順子はピアノは弾いたことがない。
なりすますために努力しようとしたが、英二はまず声をまねろと言う。
そして、出かけたときにピアノをひいていたはるみを見かけた。
あまりのそっくりさに茫然としていると、英二にせかされてその場を去る。


その後、はるみは英二によって殺され、死体は埋められてしまった。


整形復顔の花嫁

いよいよ、花井が日本にやって来た。
顧問弁護士のディック・イシカワ(鹿内孝)と秘書の吉沢(金沢碧)を同行していた。
やすこは病院から、自宅での療養になり
専属の看護婦江坂(親王塚貴子)もつくことになった。
経過の管理にはパーソナルコンピューターも導入された。



整形復顔の花嫁

はるみにすり替わった順子は、英二をフィアンセだと紹介した。
英二は将来レストランのチェーン店を作るつもりだと言い
自慢の料理を花井達にふるまうことにした。

花井は順子のピアノが聞きたいというが
ピアノが弾けない順子は
ガラスで指を切りしばらくは弾かずに済むことになった。


しかし、秘書の吉沢がかつてみやこが花井に送った手紙を読み
そこに花井と同じ場所に同じアザがはるみにもあることがわかった。
吉沢に言われ、花井がそれを見せると、順子も見せざるを得なくなった。
そこには、花井と同じアザがちゃんとあった。
英二は顔だけではなく、アザも一緒に手術によってつくっていたことを
順子に打ち明けた。


みやこの寝室に花井がいた。
口のきけないみやことなんとかコミュニケーションを取ろうと
そばに置いてあったパソコンを持ち出して会話することにした。
みやこは花井に伝えたいことがあるらしい。
ゆっくりとみやこの言葉を文字にしていく。


整形復顔の花嫁

「ハルミハニ」まで打ち込んだ時に、ヒューズが飛んで電気が落ちた。
復旧した時には、みやこは死体になっていた。
足元に落ちていたピンのようなものを、吉沢はそっと隠した。


英二のもとに布施がやってきて、順子が花井の娘になりすましていることに
気が付いて五千万を強請ってきた。
英二は了承するふりをして、盗難車で布施をはねると
バイクに乗り換えて逃走した。


事故があったことを聞きつけて、陣野が現場にやって来た。
布施はまだわずかに息があって「花井の娘」という言葉を残して息を引き取った。


順子のもとへ陣野が布施の事故死の件で訪れた。
順子は陣野の顔を見て驚くが、知らぬ存ぜぬを貫いた。
犯人がバイクで逃走したということで
自分を襲ったひったくり犯が英二ではないかと疑った。


整形復顔の花嫁

順子はさっそくやすこに電話をかけて
あの時のボタンを友人の花井はるみあてに送ってくれと頼んだ。


やすこは連絡がとれなくなっていた順子を心配していて
ボタンを送るよりも花井はるみに手渡そうと
はるみの家を訪ねていった。
そこにはウエディングドレスを選ぶために車に乗り込む
はるみに顔を変えた順子と、花井がいた。
見送りに来ていた吉沢に、ここに来た目的を話すと
吉沢はやすこを屋敷の中に案内した。
英二の正体がばれることを恐れた吉沢と英二は
地下室でやすこを絞め殺してしまった。


整形復顔の花嫁

その後、造成地の泥の中から死後六か月の若い女の白骨死体が発見された。
法科学研究所に頭蓋骨を持ち込み、担当医(仲谷昇)に
復顔を依頼した。


整形復顔の花嫁

完成された復顔を見て、陣野は驚いた。
それは、花井はるみそっくりで、この間生きている姿を見たばかりだったからだ。


整形復顔の花嫁

陣野が順子を訪ねていくと、式場で準備をしているところで
ウエディングドレスに身を包んでいた。
復顔がはるみそっくりなことを話すと、順子はドレスをギュッと握りしめた。
それを見た陣野はその女が、順子であることを見破った。

すべてがわかってしまったと思った順子は式場から逃げ出した。

その後を警察と英二が追った。
順子は家に帰ると荷物をまとめて出ようとしたが
やってきた警察から身を隠すように逃げる。
地下室へ行くと、やすこの死体を見つけてしまった。
その後、タクシーを拾った順子のあとを英二が車で追った。


英二はロスで下働きをしているときから
花井の存在を知っていた。
しかし、花井は英二がロスにいたことを知らなかった。
調査を担当したディックは報告書にそのことを書いたと言うが
花井が受け取った報告書にはその記載がなかった。
何者かがそれをすり替えたのだ。


逃げた順子は花井に電話をかけて、
自分がはるみになりすましていたことを打ち明けた。
花井もそれを気づいていたが知らないふりをしていた。
花井は順子に戻ってきて欲しがったが、順子はそのまま受話器を置いた。

そして、再び手術をして元の顔に戻すことにした。
順子が医院へ入っていく姿を、近くのホテルの部屋から
英二と吉沢が確認していた。
英二と吉沢はグルになってこの計画を行っていて
じゃまになった順子を殺そうとする。


看護婦に変装した吉沢が、夜順子の病室に入り
ナイフで刺して殺そうとしたところ
明かりがついて、陣野や花井が現れた。

吉沢は父と花井が事業をやっていたが
心が弱く自殺をしてしまった父の恨みを晴らしたかった。
花井はその後、吉沢と肉体関係をもち
遺産も分けるとはなしていたがそうはならなかった。


吉沢が逮捕されると、表で待っていた英二も逮捕された。


整形復顔の花嫁

順子は元の姿に戻って、陣野と会っていた。
ふたりは空を飛ぶ飛行機を見上げている。
陣野は順子の帰りを待っているという。













「整形復顔の花嫁」はDVDに収録されていて、最近放送もされていますね。

出来上がった叶和貴子の生首が怖い。


鏑木基盟

音楽を担当している鏑木創が「整形復顔シリーズ」では
鏑木基盟という名前で紹介されています。



****** 関連記事 *****



◆ 「復顔・整形美女の復讐」

◆ 「整形復顔の花嫁」

◆ 「整形花嫁の復讐」

◆ 「整形復顔未亡人」

◆ 「整形復顔女流デザイナー殺人事件」




            
スポンサーサイト