2017/07/30
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2017年07月30日

        

「火の坂道」(1983年) 小林久三 『火の坂道』

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 07/ 30
                 
私の好きな近藤正臣主演の「火の坂道」です。

近藤正臣は初年度から頻繁に出演してましたね。
よく主演ながら犯人というのもやっていました。
野望をもつ青年役というイメージがあります。



●「火の坂道・未亡人の肉体は悪魔!
乳母車はいつも5分前に通る」  1983年7月30日
原作: 小林久三  『火の坂道』  火の鈴 (1980年) (角川文庫) 収録
脚本: 猪又憲吾
音楽: 福井崚
監督: 須川栄三
制作: 松竹
出演: 近藤正臣、岡江久美子、中村れい子、仲谷昇、
横山道代、塩谷智章、菅野忠彦、浜田寅彦ほか



火の坂道


二流不動産会社に勤める真下勝一(近藤正臣)は、
弁護士になる夢が破れて以来すさんだ生活を送っていた。

妻の千江子(岡江久美子)は弁護士夫人の座が目的で
結婚しただけにもう愛情は抱いておらず
破局寸前の毎日を過ごしていた。


ある日、千江子は勤務先の山田医師(菅野忠彦)から
誘いを受けた。
一旦は拒否したものの、折をみて誘いに応じるつもりだった。


こんな妻を勝一は気にも留めなかった。


火の坂道

それは、毎朝通勤の途中で会う人妻美也子(中村れい子)の存在があったからだ。

しかし、美也子の夫で著名な弁護士の東田(仲谷昇)が殺された。
美也子に容疑がかかる中、勝一はアリバイ証言で助けてやった。

だが、その後、次第に美也子への疑惑が出てき始める。







不動産会社に勤める真下勝一は元バーに勤めていた妻の千江子がいた。
その前は看護婦をしていて、今はパート看護婦として働いている。
弁護士を目指して司法試験に挑戦したものの落ち続け
もうこの日当たりの悪い陰気なアパートから出られないのではないかと思っていた。


ある日通勤で駅まで行く道のりにある急な坂道を上る時に
いつも決まった時間に、乳母車を押した若い女に合うようになった。
美しい女だがどことなく暗い影を落としている。
乳母車には白い幌がついた古風的な作りで
その間からおしゃぶりを加えた赤ん坊が見えた。
おしゃぶりと上着のすそは赤い糸で結ばれていた。


雨の日以外は見かけるようになったこの女に
真下は興味を持ちどんな女なのか妄想するようになっていた頃
霧雨が降る朝に、女は陰気な初老の男と乳母車でやって来た。
年齢差もあり、会話もない二人の様子に夫婦というには違和感を感じた。

だがすれ違ったあと男は、女に「美也子、幌をもっと深くしなさい。
勉が濡れるじゃないか」としわがれた声で威圧的に話しかけた。


その後、街中で真下は美也子が長身の男と会ているところを目撃した。

次の日、何事もなかったかのように女は乳母車を押して坂道にいた。
いつもは白い幌がこの日は淡青色だった。

真下の美也子への興味は深くなり、不動産のセールスをしているのを
いいことに美也子の家を探し出し不動産の販売に行こうと計画する。
最初は難航したもののついに真下は美也子の住まいを探し出した。
古い二階建ての木造家屋で、東田という家だった。
偶然近所の主婦と話をしているところを通りかかったのだ。
その前の晩、美也子の子どもは熱を出し救急車で運ばれて入院していた
ということも分かった。


その翌日真下は美也子の家へ行きホテルマンションの
会員権のセールスに行った。
だが、毎日のように会っていて真下の顔を知っているはずなのに
まるで初対面みたいな対応で収穫はなく引き上げることになった。



私立松園高校教諭の東田文夫が自宅で死んだのは
真下が美也子の家を突き止めたい週間後のことだった。
東田は前妻を五年前に病気で失っていて
二年前に美也子と再婚した。
先妻との間に出来た一人娘は結婚して博多に住んでいる。
美也子は独身時代は渋谷の電機メーカーに勤めていた。


東田は学校でもうまくいかず、ノイローゼによるガス自殺とみられていた。
美也子が子供を連れて散歩に出た隙に自殺をはかったようで
帰ってきた美也子が警察に通報した。


だが、おかしい。
勉が入院していた次の朝も、美也子はいつもと同じように
乳母車を押して坂道を降りてきた。
子供は他にはいないので、勉が入院しているとなれば
あの乳母車には誰も乗せていなかったということになる。
それに美也子には、街で見かけた若い男がいるようだった。

乳母車の幌はほとんどの日が白だったが
たまに淡青色になることがあった。
洗濯で二枚を交換しながら使っているのではなく
ピンポイントで淡青色を使ってくる。
乳母車は勉を散歩させる目的ではなく
幌の色を使って誰かにサインを送っていたのではないか。


東田文夫は本当にガス自殺をしたのだろうか。


ある雨の朝、通勤途中にいつものように坂を上ると
志賀という刑事が真下を待っていた。

美也子が自分のアリバイ証明に、あの朝坂道で
真下に会ったことを刑事に話していて
その裏を取りにやって来たのだった。

刑事は真下の証言で美也子のアリバイは成立したと言ったが
東田の家の寝室のガスの元栓のところに赤い古糸が
わずかに絡んでいたことに引っ掛かりを感じていた。


東田は事件の朝、校長から電話を受けて
ロレツが回らなく受け答えがおかしい様子が確認されている。
東田は睡眠薬を常用していたらしい。


真下は赤い糸の事がひっかかり
刑事になりすますと美也子が結婚前に勤めていた
電機メーカーの人事に電話した。

そこで美也子が営業の斎田栄一という若い社員と親しく
斎田は売り上げの八百三十万を持ち逃げして行方が分からなくなっていた。
前に街でみかけたサングラスの若い男は斎田栄一だろう。




真下は複雑な家庭環境で育っていて、父は若くして心臓発作でなくなり
その後は母と二人で暮らしていたが、時折源叔父さんが家に出入りしていた。
幼心にも源叔父さんが真下たちの生活の援助をしていたのではないかと思っていた。


その夜夢を見た。

ひとりの男が布団で苦しげにうめき声をあげていて、
枕元にいた女は衣桁をよせて赤い布のようなものをかけた。
女は畳の上を這いまわる赤ん坊をそのままにするとすっと消えた。

男はもがき続けるが動きがだんだん止まってくる。
無心に這いまわっていた赤ん坊の目は、衣桁に近寄ると赤い布をひきずる。
それは次第にずり落ちていき、やがては男の顔にかかる。
男はそれを払いのけようとするがその力がもうない。
しばらくして、女が戻ってきて布を衣桁にかけなおして
赤ん坊を抱くとその場を飛び出していった。


真下は全死人びっしょりと汗をかいてうなされていた。
千江子が不機嫌そうな声でどうかしたのかと聞いた。


真下はその夢で見た映像が、自分の父が死んだ時のものだったと思っていた。
心臓発作で苦しむ父の姿を見たときに、母の胸に不意に殺意が芽生えたのだろう。
男っぽい父の弟に惹かれていたか、すでに関係があったのかもしれない。


真下はふとこれが美也子たちにもあてはまるのではないかと思った。
会社の金を持ち逃げした斎田栄一は美也子の近所に引っ越してきていた。
乳母車の幌は斎田へのサインだったのだろう。


真下が出勤途中しばらくぶりに美也子の姿を見た。
乳母車の幌が淡青色であることに気づいたとき
真下は怒りが出てきて思わず声をかける---
.



//////////////////////////////////////////////////////////////////


原作は短編集の中のひとつなので、
妻の浮気だとかドラマで肉付けされていた部分はなく
真下も毎朝決まった時刻に弥生坂と呼ばれる
勾配のきつい坂道をわざわざ乳母車で子供を散歩させる
暗い影のある若い女に興味をもっただけで
とくに強い恋愛感情があるわけではない。



しかし、ドラマでは夫婦仲が冷えていて
妻が勤め先で不倫をしてしまったりと
夫婦の破たんしている状態をより強く打ち出しています。


真下の方も、美也子と関係をもってしまう。


火の坂道

近藤正臣と中村れい子の濃厚なベッドシーンでは
撮影前に緊張をほぐすために中村れい子はワインをあおったそうで
そのおかげで顔もほんのり桜色になり
酔いの勢いもあってか下着もスパッととって迫力があり
近藤正臣の方がタジタジとなっていたそうだ。



私は昔見た土ワイで再放送があったとき
自分の記憶に残っている映像やストーリーがどれくらい確かなのか
それを確かめるということも再放送を見る楽しみとなっています。


昔は女優だけでなく、男優もかなり体を張った演技を披露していて
中でも近藤正臣はよく脱いでいたイメージがあります。

わかりやすいハンサムではないんだけど、雰囲気美人というか
彼が醸し出す色気がそう見せていたのかなと思ってますが。





前に書いた松本清張の「書道教授」で風吹ジュンとの情事の前か後で
近藤正臣がパンツ姿になりお尻も晒していた記憶があったのだけど
パンツの形状と素材、色は記憶通りでしたが尻は見せてなかった。


土ワイでの尻見せは「火の坂道」かどうか
それを確かめたくて再放送を待ち続けていますが
なかなかやってくれないですね。


果たして、私の記憶はどれくらい正しいのか。

こんなことが気になっています。



            
スポンサーサイト