FC2ブログ
2017/09/17
2017/09/16
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2017年09月

        

2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦、29節 サンフレッチェ広島戦、第31節 北海道コンサドーレ札幌戦、第32節 浦和レッズ戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 09/ 18
                 
■Jリーグ第26節 鹿島アントラーズ 4-2 アルビレックス新潟
2017年9月16(土) デンカビッグスワンスタジアム 18:03キックオフ/25,453人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 伊東 幸敏、植田 直通、昌子 源、西 大伍
MF 三竿 健斗、レオ シルバ、レアンドロ、土居 聖真
FW 金崎 夢生、金森 健志


【控え】
GK クォン スンテ
DF ブエノ、山本 脩斗
MF 永木 亮太、小笠原 満男、中村 充孝、安部 裕葵



【得  点】 49分、67分、81分 レアンドロ、89分 金崎 夢生

【交  代】 61分 金森 → 安部、86分 レアンドロ → 山本、89分 土居 → 永木


この間は見始めようとしたところ、アッサリと失点してしまいもうなんだか見るのがつらくなってしまった。
前半だけで2失点で、本当にどっちが首位だかわかんないふがいなさでしたね。


それでも後半ギアがかかったのか、一点返し2点目が入ったくらいでこれはいけるんじゃないかって気がしてきた。
終わってみればレアンドロのハットと金崎のPKで4点取って逆転勝利。
まさに劇的な一戦となりました。


終わってみれば大興奮の忘れられない試合となりましたが、もうこういうヒヤヒヤする展開はナシでいきたいもんです。





レアンドロ、助っ人5年ぶりハット!0―2から逆転勝ち

最下位新潟に苦戦を強いられたが、MFレアンドロが救った。後半4分、右CKからヘディングで押し込むと同22分、同36分に左足で2得点。鹿島では12年10月6日のF東京戦(カシマ)でMFドゥトラが記録して以来のハットトリックで逆転勝利に貢献した。「誰が点を取るかは重要ではなくて、勝つことが重要だ」と胸を張った。


鹿島でのハットトリックって2012年以来だったんですね。
鹿島というとハットトリックとか得点王のイメージがあまりないんですが、こうやって目立つ選手が出てきてくれるのはうれしいもんです。
今後どれだけ得点数を伸ばせるのか期待ですね。



鹿島26戦19勝、クラブ史上最速ペースで首位走る



今季の鹿島は、クラブ史上最速のペースで勝ち星を積み重ねている。26試合で19勝1分け6敗。26試合消化時点で19勝は、現行の年間34試合制となった05年以降では、年間王者となった昨年のクラブ過去最多の16勝を上回る。残り8試合。これまで4チームがマークしたJ1のシーズン最多勝となる23勝も更新しそうな勢いだ。

 この日の新潟戦では0-2から後半に4点を集めて逆転。今季は先制した試合で14勝1分けと負けなしだが、先制点を許した試合でもリーグ最多の5勝。





なんか今年磐田とか川崎、FC東京に負けた試合が頭に残っていて、かなり負けている印象があったのでこれも意外でした。
こうやってデータ出されると、残りの試合も結構勝ち続けることができるんではないかと前向きな気持ちにさせられます。


残っているリーグ戦と天皇杯はなんとしても獲りたいですね。


そろそろ、ペドロも復帰するんでしょうが、ここらで金森のゴールも見たいところ。
意地を見せて欲しいです。


鹿島鈴木「ソガさんリスペクト」丸刈りブームに拍車


鹿島アントラーズの「丸刈りブーム」に、ますます拍車がかかってきた。18日、台風一過の影響で35度近くまで気温の上がった茨城・鹿嶋市内で行われた練習。FW鈴木優磨(21)とMF梅鉢貴秀(25)の2人が丸刈り姿でファン、サポーターを驚かせた。。GK曽ケ端準を筆頭に、MF小笠原満男、DFブエノ、MFレオ・シルバなど丸刈り経験者の多い鹿島だが、DF西が30歳の誕生日を機にイメージチェンジしたことで火がついた。左太もも痛で別メニュー調整中のMF遠藤康が続くと若手にも波及した。



西から始まって丸刈りブームは勢いを見せているようですね。
個人的にはサッパリしているヘアスタイルは似合う人ならいいなと思っているので、次は誰がやるのか楽しみです。
むさくるしくて暑苦しいのよりは清潔感があってイイ感じ。



■第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16
鹿島アントラーズ 4-2 浦和レッズ
2017年9月20(水) 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場 19:00キックオフ/10,051人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 伊東 幸敏、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 小笠原 満男、レオ シルバ、中村 充孝、レアンドロ
FW 金崎 夢生、土居 聖真


【控え】
GK クォン スンテ
DF ブエノ
MF 三竿 健斗、永木 亮太、安部 裕葵
FW 鈴木 優磨、金森 健志



【得  点】 7分、51分 金崎 夢生、74分 中村 充孝、90分 土居 聖真

【交  代】 58分 金崎 → 鈴木、81分 小笠原 → 永木、87分 中村 → 安部



新潟戦で早々に失点してしまい、その反省を活かしてかこの日は
早い段階で先制点を挙げもっと楽に試合を運べるかと思ったのだが。


後半に入りあっという間に同点に追いつかれてしまったが
今の鹿島にはそこから逆転する力がついているんですね。

ルヴァンカップを落としているだけにリーグと合わせて天皇杯はなんとしても獲らなければいけないタイトル。

あつたかと土居が久しぶりに得点をしてくれたのがうれしい。


第27節 ガンバ大阪戦


■Jリーグ第27節 鹿島アントラーズ 2-1 ガンバ大阪
2017年9月23(土) カシマサッカースタジアム 19:03キックオフ/28,565人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 永木 亮太、レオ シルバ、中村 充孝、レアンドロ
FW 金崎 夢生、土居 聖真


【控え】
GK クォン スンテ
DF ブエノ、伊東 幸敏
MF 安部 裕葵、小笠原 満男
FW 鈴木 優磨、金森 健志


【得  点】 45+3分 レアンドロ、90+2分 植田 直通

【交  代】 67分 中村 → 安部、80分 レオ → 伊東、87分 土居 → 鈴木



木曜日頃からちょっと風邪気味で熱っぽさがあり、この日もちょっとぼーっとしながら見てました。
それに加え試合をじっくり見ていられない時間帯だったので、ほぼ音声による観戦のような形になってしまった。
夜になり一仕事終えてから、その後携帯でDAZNで終了前の10分程をもう一度見直した位だった。


三連休位から私の周りでも風邪をひく方が多いので皆さんもお体にはお気を付けください。
体調はちょっと悪いくらいでも、不快感があり、自分のパフォーマンスも最大限に発揮することができず精神的にもよろしくないですから。




浦和戦で試合の入り方がよくなったかと思いきや、この日は新潟戦に戻ったかのような開始早々の失点で始まった。
今季ガンバは調子が悪いようだが、ベテラン遠藤が効いてていやらしい存在でしたね。
今後の日程見ても楽な相手はひとつもないなってかんじ。


ソガのミスからの失点で始まりましたが、あれはあそこであのタイミングで打ってきた選手の方がすごいなぁと思いました。
確かに油断しちゃったのもあるんでしょうが、相手はそのスキを見逃さずにチャレンジする姿勢を褒めたいですね。


だけど、今のアントラーズは神も味方してくれてるって感じで、前半終了間際に金崎のPKが失敗に終わるところを好調のレアンドロが細かいところを通して同点に追いついた。
前半で同点に持ち込めたのは大きかったなと思います。


ただ、後半シュートを打てどもなかなか決まらない展開にはジリジリさせられた。

そして、最後の植田の気迫の決勝点。
なんか岩政がいた頃を思い出しました。
その前からゴール裏の声もひときわ大きくなり、決めた時には本当にシビれました。



優勝へ向けまだまだ気が抜けない戦いが続きますが、今年は早めに優勝を決めてもらいたいものです。
川崎が引き分けたことで2位との勝ち点差が開いてきましたが、もっともっと突き放したいところ。



(2017年9月25日追記)






■Jリーグ第29節 鹿島アントラーズ 2-0 サンフレッチェ広島
2017年10月14(土) カシマサッカースタジアム 15:03キックオフ/18,655人



【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 三竿 健斗、レオ シルバ、中村 充孝、レアンドロ
FW ペドロ ジュニオール、土居 聖真


【控え】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏
MF 永木 亮太、 安部 裕葵、小笠原 満男
FW 鈴木 優磨、 金森 健志



【得  点】 30分 土居 聖真、84分 鈴木 優磨

【交  代】 67分 ペドロ → 鈴木、80分 中村 → 伊東、85分 レアンドロ → 安部



鳥栖戦で負けてしまい、中断明けどうなるかと思いましたが勝ちましたね。
作業をしながらだったので、2点目が入る直前までは音声で試合を聞いていました。


実況の様子だと結構広島に押されていたようで、ハイライト見ると広島の決定機をソガが防いでくれたことも勝てた要因なのかなと思いました。



しかし、優勝を狙うのであればそろそろ安定した戦いぶりで、勝利をしてもらいたいところだ。




(2017年10月16日 追記)




■第31節 北海道コンサドーレ札幌戦


■Jリーグ第31節 鹿島アントラーズ 2-1 北海道コンサドーレ札幌
2017年10月29(日) 札幌ドーム 16:04キックオフ/27,514人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 三竿 健斗、レオ シルバ、レアンドロ、遠藤 康
FW 金崎 夢生、、土居 聖真

【控え】
GK クォン スンテ
DF ブエノ、伊東 幸敏
MF 小笠原 満男、安部 裕葵、中村 充孝
FW 鈴木 優磨


【得  点】 47分 三竿 健斗、70分 金崎 夢生

【交  代】 75分 遠藤 → 伊東、84分 土居 → 安部、90分+2 金崎 → 鈴木



いやぁ、勝てて良かった。

この日は作業しながらのdazn観戦でしたので、細かいところはよくわからなかったのですが、
天皇杯までも逃してしまい、リーグもどうなることかと不安だったので
内容はどうであれ勝って終わったことにホッとしました。


それに健斗のプロ初ゴールも生まれて、決めたときは本当にうれしかった。
そのあとに1点返されたときは、正直引き分けか?と嫌な予感もしましたが
金崎の決勝ゴールでリードしてからは安心して試合を見ることが出来た。


下位のチームですが、ここ最近は好調なようで正直難しい試合になるだろうなと思っていた。
それに2位との差も縮まってきていたのも怖かった。


前半は作業に集中し、後半は鹿島に比重を置いてみてましたが
ながら観戦なので雰囲気はつかめるものの細かい部分がわからない。


そこで今スポーツ新聞の記事などをざっと読んで
試合の様子を探っています。


といってもついさっきまでかなり作業に頭を使ったので、
大まかなところしかわかってませんけどね。
正直頭がついていってないです。



まぁ何はともあれ勝てて本当に良かった。










(2017年10月31日 追記)



2017リーグ 第32節 浦和レッズ戦


■Jリーグ第32節 鹿島アントラーズ 1-0 浦和レッズ
2017年11月5(日) カシマサッカースタジアム 14:03キックオフ/


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 三竿 健斗、レオ シルバ、遠藤 康、レアンドロ
FW 金崎 夢生、土居 聖真

【控え】
GK クォン スンテ
DF ブエノ、伊東 幸敏
MF 永木 亮太、中村 充孝、小笠原 満男
FW 鈴木 優磨


【得  点】 80分 レアンドロ

【交  代】 78分 土居 → 鈴木、81分 遠藤 → 伊東、88分 レアンドロ → 永木





            
スポンサーサイト



            
                                  
        

稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館

category - 音楽・ライブレポート
2017/ 09/ 17
                 
今年もあいつがやってくる・・・

ということで、今年も予定通り稲川淳二の怪談ナイトへ行ってきました。


■ MYSTERY NIGHT TOUR 2017 稲川淳二の怪談ナイト
~怪談古稀 四半世紀連続公演~
2017年9月15日(金) 18:30怪宴 満員御霊
日本青年館ホール


今回は3年ぶりの日本青年館での怪談ナイト。
なんと怪談ナイトは25年連続公演ということで
今年はこれまた興行数が増えているとか。



だが、この日は咳が出ていたということで声が枯れ気味。
カツゼツの悪い淳ちゃん、細かいところがちゃんと聞き取れるよう
怪談を話している間は淳ちゃんの話しに集中しなくてはと思った。




今年のセットはちょっと変わっていて昭和の風景ではなく違和感だったのだが
これは淳ちゃんの工房を再現したということで納得。

こんな建物で普段仕事をしているんですね~。
作業部屋は大きな窓があり自然を眺めながら精力的に
仕事をしている淳ちゃんの姿を想像してしまった。



稲川淳二の怪談ナイト

これ写真だと思っていたけどイラストなんですと!
目の中にはオオカミが描かれています。

よーく見ると、髪の毛ヒゲの一本一本やしわが繊細に描かれていて
その表情と相まって迫力がある。


3年前まで会談ナイトをやっていた旧日本青年館から少し離れた場所に出来た
今回の新日本青年館はオープンしたばかりで、道を間違えてしまい
大回りをしてから到着したので開演前にグッズは買えず・・・。


入場時に渡されたグッズのチラシを見て「こなきもち」にひかれつつも着席した。


旧日本青年館は味がありましたが、新しいのはさすがにキレイ!という印象だった。
旧日本青年館は二代目で、今回は三代目。
初代の歴史などもサックリ話してくれましたよ(^^♪


怪談を真剣にやろうと決心してテレビの世界からは距離を置いた淳ちゃんですが
今年は25年ということもあっていつも以上にメディアの露出が増えたとか。


またもとは工業デザイナーということで、自らが手掛けた作品を
口頭でさらっと説明してた。
本人も言ってたが、工業デザイナーとしても非常に優秀なんですね。
そののちにリアクション芸人としても世に知られ
食えると思ってなかった怪談の仕事も成功させるとは!


怪談は本当に本人が好きなんだなぁというその気持ちがひしひしと伝わってくる。


(注意:ネタバレくさくなっています。読みたくない方は飛ばしてください。)

細かいところ全てが聞き取れたわけではないのと記憶頼りなので
大体こんなところといったかんじです(^.^)/~~~


ご常連さんはすでに聞いたことがある話しばかりかもしれませんが。





*******************************************





●1つ目はある男性の妻看護師さんのお話し。

妻が勤めている病院に、死期も近そうなある老婆がいた。
表情もない老婆に妻はある日ガシッと腕を掴まれた。
それは枯れ果てた老婆の力とは思えないくらいの強さだった。

だが、その老婆も死んでしまう・・・。


仮眠室で妻が寝ていると、霊安室から老婆の霊が近づいてきた。。。

そして、妻はある晩自宅でうなされてしまい異様な状態に陥り病院へ行くのだが
医師はどこも異常がないのだといい病気ではなく科学的なものではない理由によるもののようだった。


鹿島神宮の近く(?)の霊媒師に男は妻を連れていってみてもらうことにした。
霊媒師はかなりの費用がかかるといったが、男は費用は払うといいその場で
お願いすることになった。


妻に悪さしている霊の正体は、先日病院で亡くなった老婆
スガノミチヨだった。
ミチヨが憑りついた妻は「なぜ息子を見殺しにした!?」と
霊媒師を絞め殺そうとしこれからなんとか逃れた霊媒師は
男から費用も受け取らないまま二人を帰した。


その後、妻は普通の状態に戻ったのだが
男は「息子を見殺しにした」というセリフと
霊媒師のおののきかたが解せなくそれを探り出そうとする--。

霊媒師がいた家は焼失し、霊媒師の秘密が明らかになる。



●2つ目は淳ちゃんの高校時代の同級生の話し。


父親を早くなくして母子家庭に育った友人。
母親は離れた場所にある旅館へ勤めていて
友人は少年時代、一人遊びをしていた。

ある日遊んでいる最中に友人は骨折をしてしまった。
怪我をしたまま友人は母がいる旅館へ行こうとするが
その時遭遇したある出来事とは?



●3つ目は淳ちゃんが昔テレビ朝日の「アフタヌーンショー」に出演していた時代の話し。


今回は25周年ということで初期に話した怪談も取り上げているようだ。
アフタヌーンショーで共演した福富太郎が体験した恐ろしい出来事。


キャバレーを経営していて「キャバレー太郎」と呼ばれた福富さんは
美術収集家としても有名だった。
そんな彼がある面を手に入れ、そこから身も凍るような出来事を体験する。


忙しい福富さんは、本宅がありながらも遅いときは都内の豪華マンションに帰る。
そこにはぎっしりと美術品が置かれていて、新しい面も早速そこに飾られた。


ある晩、マンションで寝ていた福富さんは自分の唸り声で目が覚めた。
部屋はなぜだか赤く染まって見え、そこへマネージャーから電話が入り
四号店の火災を知らされる。


再び同じ状況に陥った福富さん、部屋はより赤みが増していて
店の女の子が自殺を遂げた連絡を受ける。


そして、より一層赤みが濃さを帯びた部屋で福富さんが見たものは!


霊媒師のところへ行った福富さん。
そこで奇妙な事件の元となるあるものの正体が暴かれる!


これが舞台の演出もあり一番怖かった!!


●最後は森末慎二さんから聞かされたある女性の話し。


不良グループのおかげで修学旅行がとりやめとなり
その間学生たちは自由行動をしていいことになった。


キョウコたち仲良しグループはある場所に旅行へ行くこととなった。
キョウコは親に内緒で付き合っているボーイフレンドと現地で会うことになっていた。

若い女子のグループは親から離れて友人たちと過ごすことになり
それはもう大はしゃぎだった。

キョウコたちは貸し切り状態のバスに乗って目的地へ向かう途中
峠でドスンという衝撃を受けた。
だが、衝撃音がなかったかのように、それ以前の世界のままだった。


一同が宿泊先に到着すると、キョウコはリーダー格の友人から
ボーイフレンドが事故死したことを告げられた。
キョウコは信じられなくてそれを確かめようとするがなぜか確認できない。


ところがそのボーイフレンドがキョウコのところへやって来てドアを叩く!
ドンドンドン ドンドンドン、キョウコはボーイフレンドがいるドアへ行こうとするが--。



これまた、生と死の狭間での不思議な出来事。
だが、最後のオチが・・・。



*******************************************


怪談は四話で、すぐに心霊写真のコーナーへ。


写真は4つか5つ位だったような。
その中にはレギュラーと言ってもいい写真も3点ほどあった。


川(沼?)から顔を出す、年々進化のある男のやつ。
去年とはまた違ったように見えて、今年は怖くなかったなぁ。


それと桜をバックに、逆さになった不気味な顔。
これより一層クッキリ度がアップしてたように思ったんだが
ご常連さんはどう感じただろうか?



あと、蝋人形のやつも以前やったような。
女の顔に見覚えあるし、蝋人形に・・という設定も同じだった気が。


多分初めて見たのは、階段の顔のやつ。
これ表情と目の光り方が気持ち悪い。


さて、心霊写真も終わりそろそろ淳ちゃんともお別れです。
最初は発作を起こしたらなんて心配してたけど無事に公演は終了。


最後は1階席、2階席お客さんの顔を一人ひとり確かめるように
手を振って舞台を去っていった。


稲川淳二の怪談ナイト


会場を出る時にすれ違った若い女性二人組が
「今日は来てよかった」と言っていた。
こうやってリピーターが増えていくんですね。


「怪談だけ話して終わるのかと思ったけど
結構笑いがあるんだね~。」という声も聞こえてきた。



日本青年館は千駄ヶ谷信濃町の中間地点で
どちらから歩いても約12分かかるらしい。


駅から12分歩くなら新宿から徒歩で行っちまえ!と思い
往復ぶらぶらと飲食店に入りながら行ったので結構歩いたが
不思議と疲れが出ずに逆に栄養補給されたような形で帰宅して
入浴後も作業に没頭して深夜までこなしてしまった。


にもかかわらず、早朝にスッキリお目覚め(^_-)-☆

いいエネルギーと波動を受けて気分爽快ですわ。
といってもその後昼寝してしまいましたが(-_-;)




稲川淳二の怪談ナイト

チラシ見たときから気になっていた「こなきもち」ですが・・・


淳ちゃんが怪談を話す前に言っていた「こなきジジイ」似で
こなきさんと呼ばれている人をモデルにした「こなきもち」を
公演終了後に買おうとしたところ完売で買えませんでした(泣)。


次回は公演が始まる前にしっかりとグッズは手に入れようと思います~。




************ 関連記事一覧 ************

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2014 稲川淳二の怪談ナイト
2014年8月23日 (土)  日本青年館

■ 稲川淳二怪談ナイトグッズ 2014

■ 稲川「すごろく」と真冬のライブツアー チケットボードがわかりづらい

■ 真冬の怪談ナイト@北沢タウンホール
2014年12月26日(金)  北沢タウンホール

■ 公演中に心霊現象を初体験!稲川淳二の怪談ナイト2016
2016年8月20日(土)  調布グリーンホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2017 稲川淳二の怪談ナイト
2017年9月15日(金)  日本青年館ホール

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2018 稲川淳二の怪談ナイト
2018年9月29日(土)  メルパルクホール

■ 稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2018 真冬のライブハウスツアー
2018年12月28日(金)  TIAT SKY HALL

■ MYSTERY NIGHT TOUR 2019 稲川淳二の怪談ナイト
2019年9月28日(土)  メルパルクホール





                         
                                  
        

ベルギー奇想の系譜展@ザ・ミュージアムはおすすめの展覧会

category - 美術・展覧会レポート
2017/ 09/ 16
                 
先日、渋谷Bunkamura のザ・ミュージアムへ
「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」を見に行ってきました。



ベルギー奇想の系譜展


平日の開場30分後位に行ったので空いているかなと思ったのですが
予想よりは人が入っていました。


今回は”奇想”のルーツをたどるということで
北方ルネサンス時代から現代にいたるまで
ベルギーの芸術作品に受け継がれてきた
奇想の系譜を紹介するものとなっています。


”奇想”といえばヒエロニムス・ボスですが
ボスの死後は彼の作風を継承した
”ボス・リバイバル”が生まれます。

ボスの地獄やその独特の世界観を描いた
ピーテル・ブリューゲル(父)も第二のボス的存在だ。


フランドル地方は古くから毛織物が栄えた一方
戦争の舞台となったことも有名で
生き残るための知恵として「皮肉」が身に着けられた。


奇想・・・奇妙な人物たちがうごめく地獄の風景、
骸骨、魔物たち、それらを皮肉的に時には
ユーモラスに表現した作品の数々が展示されていた。




ベルギー奇想の系譜展

≪聖クリストフォロス≫ ヤン・マンデイン 


ボスの世界が現されたヤン・マンデインの作品。
左側の魚をはじめ、ひとつひとつのモチーフがそれを現している。
中央下のクリストフォロスは幼子のイエスを背負って川を渡るのだが
この奇異な風景をみてどうかんじたのだろうか。

シブイ表情をしているのは、背負っているイエスの
異様な重さだけが理由ではなさそうだが。




ベルギー奇想の系譜展

≪娼婦政治家≫ フェリシアン・ロップス(原画)
アルベール・ベルトラン(彫版) 1896年


裸の女が目隠しをされ、黒のストッキングと手袋嵌めて豚を連れて歩いている。
私利私欲に目のくらんだ政治家たちをこの娼婦になぞらえて表現している。





ベルギー奇想の系譜展

≪大家族≫ ルネ・マグリット 1963年

マグリットがよく使う「空」「海」「鳥」が登場する作品。
鳥の形をした青空がやたらとデカく描かれていて印象的だった。
薄暗い背景に明るい青空の鳥がとても映えている。


地獄、怪物、魔物たちグロテスクな作品群の中にあって
私はこの絵からは”希望”が感じられた。




ベルギー奇想の系譜展

≪聖アントニウスの誘惑≫ ピーテル・ブリューゲル(父)(原画)
ピーテル・ファン・デル・ヘイデン(彫版) 1556年

目は射貫かれて液体が流れ出していて、耳からも船に乗った人が出てくるという奇妙な世界。





ベルギー奇想の系譜展

≪舞踏会の死神≫ フェリシアン・ロップス 1865~1875年頃


またしてもロップスの作品。
もともとぼやけているうえに、画像ではさらに拍車がかかっているので
わかりづらいのですが背後には紳士が描かれています。

その紳士を誘うように、女ものの衣装を来た骸骨が恍惚として踊る姿が
なんとも不気味だ。

だけど、その不気味さの中に滑稽さが感じられる。





ベルギー奇想の系譜展

≪生きる残るには脳が足らない≫ トマス・ルルイ 2009年


これは現代アーティストの作品。
タイトルが「生き残るには脳が足らない」というインパクトがあるもので
それはタイトルだけでなく、やたらと巨大化した頭を体は支えきれなくなり
ついには地面に落ちてしまった。

その頭のデカサも尋常ではなく印象に残る作品だった。



作者いわく、朝から晩まで作品の事ばかりを考えていて
ついつい頭でっかちになってしまう。
そんな芸術家の姿を揶揄したものであるということだ。


これは情報化が進んでいる現代に身を置く我々も同じこと。

自分も頭であれこれ考えすぎるのではなく
時には脳を休めて感覚的なものを研ぎ澄ますよう意識しているので
他人事としては考えられないですね。


ボス的世界は好きなのでごくごく軽い気持ちで行った展覧会でしたが
思った以上に楽しめる内容になっていました。


ザ・ミュージアムはアクセスもいいですし、非常に見やすい美術館です。
あまり混雑もないのでストレスを感じることなく自分のペースで鑑賞できるのが魅力。


濃縮度の濃い魅力がギュッと詰まった展覧会で
奇想の世界は気軽に楽しめるものなので初心者の方にもおすすめです。


私も今回、本当に行ってよかったと思える内容だったので
会期終了が迫っていますが興味がある方は是非足を運んでもらいたいものです。