FC2ブログ
2017/10/21
2017/10/17
2017/10/14
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2017年10月

        

平日朝イチでも混雑!「怖い絵展」@上野の森美術館

category - 美術・展覧会レポート
2017/ 10/ 21
                 
上野の森美術館で行われている「怖い絵展」に行ってきました。
土日では混雑が予想されるため、少しでもそれが抑えられそうな
平日のオープンを目指していくことにした。




怖い絵展


このところずっと雨続きで、この日も雨が降り続いていました。
私が到着したのは9:40頃でしたが、悪天候の中でもすでに列が出来ており
開館してもすぐに入れずに第2便でようやく美術館に入ることが出来ました。





怖い絵展




*******************************************
中野京子のベストセラー「怖い絵」が展覧会に!
*******************************************


ドイツ文学者・中野京子の西洋絵画の裏に秘められた
恐ろしい一面を紹介する「怖い絵」は大ヒットとなり
ベストセラーを記録し、シリーズ化されています。



興味深い切り口でわかりやすく書かれているので
美術に詳しくな人でも親しみやすい内容となっています。
敷居が高いと思われがちな絵画ですが
テーマとなっている裏にある背景を知ることで
グンと身近に感じることが出来ます。


色彩やタッチといった専門的な部分よりも
この絵は一体何を表しているのかというのを
興味をひきやすい”恐怖”にフォーカスして
時代背景やエピソードの知識を読者に与え
ストーリー化することで絵画を読み解きやすくしています。


「怖い絵」が出版されてから10周年ということで
特別監修に著者を迎えて”恐怖”をテーマに
約80点ほどが展示されています。




*******************************************
「怖い絵展」 概要
*******************************************


会期: 2017年10月7日(土)~12月17日(日)

会場: 上野の森美術館
(JR上野駅 公園口より3分)

開館時間: 10時~17時

好評につき土曜日9時~20時、日曜日9時から18時に延長。


料金: 一般 1600円、大学生・高校生 1200円、中・小学生 600円




私はよく上野駅(不忍口?)を出たところすぐにある信号を渡り
正面にあるサクラテラスの階段を上って行ってます。
着くとすぐに上野の森美術館なので。

JRから近くとても行きやすい美術館です。



//////////////////////////////////////////////////




さて、展覧会の方ですが、今回チラシや看板で使用された
「レディ・ジェーン・グレイの処刑」に加えて
英国のヴィクトリアン絵画好きな私好みの作品もあることから、
とても楽しみにしていました。




私が見たいヴィクトリアン系というと、
有名なラファエル前派を中心に
その周辺の作品という紹介のされ方が多く
長年見たくても見れない作品が多々あります。


ですので、ひとつでも見れるというのは
私にとって貴重な機会となっています。
また同じ作品を何回見ても嬉しいものです。





目玉の「レディ・ジェーン・グレイの処刑」は
ロンドンのナショナル・ギャラリーからの貸し出しですが
以前にも書きましたが、ロンドン・ナショナル・ギャラリー展を
どこかでやってほしいなぁと思い続けています。



見たい作品、盛沢山ですし、あんまり日本への貸し出しもされてないイメージがあるので。




ジェイン・グレイの処刑


≪レディ・ジェーン・グレイの処刑≫   ポール・ドラローシュ  1833年


 
エドワード6世の死後、義父の政治的野望によって、
英国最初の女王の座についたジェーン・グレイだが
わずか9日間でその座を追われてしまう。

ジェーンはロンドン塔で幽閉された後に
1554年夫とともに16歳という若さで斬首された。



その処刑の様子を描いた作品だが、実際の風景とは異なり
ジェーンは身の潔白を証明するような白い衣装を着て
指には真新しい結婚指輪がはめられている。


目隠しされたジェーンの手の置きどころを求めるような動きが痛々しい。
台の下には大量の血を吸うためのわらが敷かれていて
処刑人は斧を手にしてその様子をみており
しくじったときのために首を切り落とすためのナイフを腰に巻き
確実に首を切り落とす準備がされている。




年若い女が首を切り落とされて生涯を終えるという残酷さが
随所に表現されていて、これから起こる出来事を嫌でも想像させられてしまうのだ。
左わきには処刑を前にして絶望する侍女たちがいる。



英国の女王ジェーンの悲劇を描いたドラローシュはフランス人で、
フランス、斬首というと王妃マリー・アントワネットが連想されますね。




オデュッセウスに杯を差し出すキルケー

≪オデュッセウスに杯を差し出すキルケー≫  ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 1891年



アイアイエー島の女王キルケーは、男を動物に変えてしまう魔女だった。
やって来たオデュッセウスにキルケーは薬が入った飲み物を差し出す。

彼女の足元には、すでに動物に変えられた男が転がっている。



ヴィクトリアン絵画でもウォーターハウスは好きなので、こちらもお目当ての作品のひとつでした。





また、これも好きな画家のひとりホガースの作品が見れたのもよかったです。


ホガース ジン横丁


≪ジン横丁≫ (ビール街とジン横丁)  ウィリアム・ホガース  1750~51年


ホガースというと連作のイメージが強いが、
これ以外にも「娼婦一代記」が展示されていました。






オデュッセウスとセイレーン


≪オデュッセウスとセイレーン≫   ハーバート・ジェイムズ・ドレイパー 1909年



またまたオデュッセウスの受難を描いたもの。


オデュッセウスの乗った船が海の魔女セイレーンがいる海域に来た。
水中にいるときは下半身が魚だが、
陸に上がってくるとなまめかしい人間の姿に変わる。









飽食のセイレーン


≪飽食のセイレーン≫   ギュスターヴ=アドルフ・モッサ  1905年


こちらのセイレーンは、下半身が魚ではなく鳥として表現されている。
鳥の足は巨大化して、羽はまるで毛皮のコートのようだ。



モッサは他にマンイーターを描いた「彼女」も展示されていました。




ポール・セザンヌ 殺人


≪殺人≫   ポール・セザンヌ  1867年


私がイメージするセザンヌの作品とは異なる
殺人の現場を描いたもの。


ターゲットを押さえつけ、今まさにその息の根を止めようとする
その瞬間をとらえたもので、これまで生きていた人間が
動かない物体と化す様が妙に生々しい。





切り裂きジャックの寝室


≪切り裂きジャックの寝室≫   ウォルター・リチャード・シッカート  1906~07年


切り裂きジャックその人ではないかとうわさされるシッカート。


寝室にジャックの姿はないが、売春婦たちを次々にバラバラにしていった
男の狂気がこの部屋に宿っているような気がして不気味さが伝わってくる。





今回見たかった作品が見れて嬉しかったのだが
あまり日の当たらないヴィクトリアン絵画の中には
まだまだ恐ろしい作品がある。



女性が働くことを良しとしなかったこの時代
様々な事情で働かざるを得なかった女たちの末路を想像させ
悲しい人生の裏に見え隠れする怖さを表現した作品が見てみたいですね。



「怖い絵展」では他に印象に残ったのは、ムンク、ルドン、シムズでした。


特にルドンの「仮面は弔いの鐘を鳴らす」が強烈でした。


仮面は弔いの鐘を鳴らす

≪仮面は弔いの鐘を鳴らす≫ (エドガー・ポーに)  オディロン・ルドン  1882年




日本の美術館にある絵も結構ありましたね。
すでに他の展覧会で展示されていた作品でも
”怖い絵”という切り口で見てみるとまた違った見方が出来たりします。



西洋絵画って結構怖いものが多いですよね。
殺人とか命を脅かされるものだけでなく、例えば麻酔がない時代、
そのまま抜歯や手術をしている場面を描いたものは
ジェーンの処刑同様、絵から当事者の痛みを想像すると
恐ろしいものがあります。










怖い絵展

こちらは撮影スペース。
鏡になっていて、映った自分がこの酒を飲むと
獣に変えられてしまうかも!?



私はグッズ売り場で、この絵が表紙になったノートを購入しました。


図録にもひかれましたが、美術関係だけでもかなりの資料が家にあるので
今回もかさばる図録はパスしました。





北斎とジャポニスム看板

近くの国立西洋美術館では、21日土曜日から「北斎とジャポニスム」が始まります。



                         
                                  
        

「信長ふしぎ連続殺人・喪服の美人妻に謎の凶器! 日本ライン激流下りの死闘」」 (1992年)

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 10/ 17
                 
探偵が起業家一族に次々と起きる殺人事件とその真相に迫る。


●「信長ふしぎ連続殺人・喪服の美人妻に謎の凶器!
日本ライン激流下りの死闘」 1992年10月17日
脚本: 中村勝行
音楽: 篠崎正嗣
監督: 皆元洋之助
制作: 東通企画
出演: 神田正輝、宮崎淑子、ガッツ石松、小田薫、穂積隆信、平泉成、
亜仁丸レスリー、藤田宗久、美角優介、御木裕、水野あやほか



探偵社を経営する北川浩一(神田正輝)は、大学時代の後輩・濃利子(宮崎淑子)から
夫の清州信夫(藤田宗久)の身辺警備を依頼された。


信夫の父で清州興産の会長・清州信兼(穂積隆信)は一代で小さな会社を大企業に成長させた。
強引な企業買収で知られる信兼は熱狂的な織田信長崇拝者で信長関係の美術品収集家でもある。


信長ふしぎ連続殺人・喪服の美人妻に謎の凶器! 日本ライン激流下りの死闘




信夫は信兼の後を継いで清州興産の社長になったがその直後から何度となく命を狙われているという。
信夫には腹違いの姉・佳子(水野あや)がいてその夫の脇田幸彦(平泉成)が専務、
腹違いの弟の信明(美角優介)が常務の職に就いている。


信夫は再婚で前妻との間に一人息子いて一緒に暮らしているという。



北川が「清州家一族」の住む岐阜に出かけた翌日に名古屋の本能寺ビルで経営会議があり
信夫が清洲家所蔵の織田信長が愛用していたという貞宗の槍で刺し殺された。
愛知県警の警部・羽柴秀松(ガッツ石松)が駆け付けて捜査に乗り出す。


信長ふしぎ連続殺人・喪服の美人妻に謎の凶器! 日本ライン激流下りの死闘



信兼は自分が社長も兼務するといい脇田と信明には社長の座を譲らないことを宣言。
その信兼が信夫の葬儀が終わった直後に信長愛用の国友の火縄銃で殺された。


「貞宗の槍」も「国友の火縄銃」も信長好きの信兼が収集した清州コレクションの一部である。
それらは昭和53年に信兼が手に入れたとみられた。



その後、社長秘書の香山玲子(小田薫)から会長室にあった信長愛用の「佩刀一文字」が
無くなっているとの知らせを受けて羽柴が到着。
何者かがこじ開けて盗んだものと考えられ羽柴は第三の殺人の可能性を懸念した。




社長だった信夫が死んだものの信兼は脇田と信明には会社を譲らず
二人のどちらかが社長の座を得るために殺した可能性が大きい。


信長ふしぎ連続殺人・喪服の美人妻に謎の凶器! 日本ライン激流下りの死闘



玲子の協力で脇田のスケジュール帳のコピーが羽柴に渡される。
そこには清州コレクションが盗まれた日に「N」の文字が書かれ
羽柴は「信長」を意味するものと睨んだ。


ところが、脇田にはホステスをしている愛人がおり彼女のイニシャルがNで
密会する日のメモだと判明した。
脇田は信明が後継者になれないことから独立を考えそのことで信兼と
言い争いになっていたことを羽柴に伝えた。



信長ふしぎ連続殺人・喪服の美人妻に謎の凶器! 日本ライン激流下りの死闘




羽柴が信明を張っていると目の前で信明が男に刺し殺されるが犯人を取り逃がしてしまった。
その後の調べで犯人は清州興産に出入りしている業者で信明の麻雀仲間でもあった
黒崎(御木裕)と判明する。


警察では信明が黒崎に金を渡して信夫と信兼を殺させたものとみたが
北川はもう一人別の人物が絡んでいると推理する。


北川は清州コレクションの前の所有者が倒産した名古屋の五栄建設と割り出していた。
五栄建設の顧問弁護士(入江正徳)の話では、信兼は詐欺まがいのことをして
五栄建設を倒産に追い込み社長夫婦は心中したという。


そして、残された社長夫婦の一人娘が香山玲子とわかり濃利子に伝えようとするが
一足先に玲子と黒崎に連れ去られてしまった。


信長ふしぎ連続殺人・喪服の美人妻に謎の凶器! 日本ライン激流下りの死闘




玲子は両親の復讐のために清州興産に秘書として潜り込み信夫に接近した。
ところが、いつしか信夫のことを真剣に愛するようになり結婚を夢見るようになっていた。


しかしそれは儚い夢物語で信夫は濃利子と結婚、玲子は復讐心が再燃。
そんな時に、社長の座を狙って信明が信夫の命を狙っていることを知り手を組むことにする。
経営会議の時に信夫を殺したのは黒崎ではなく玲子本人だった。


信長ふしぎ連続殺人・喪服の美人妻に謎の凶器! 日本ライン激流下りの死闘



北川らが到着し濃利子を救出するとともに、羽柴が玲子と黒崎を逮捕する。


濃利子は旧姓に戻り美濃の叔父のところで信夫の息子を育てると北川に伝えた。



///////////////////////////////////////////////////////////////


「西部警察」の北条刑事でしか見た覚えがない御木裕が犯人グループの一人として登場。


信長ふしぎ連続殺人・喪服の美人妻に謎の凶器! 日本ライン激流下りの死闘


懐かしい。




                         
                                  
        

サイゼリヤの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場!

category - グルメ
2017/ 10/ 14
                 
先日より、私の好物だったサイゼリヤのスイーツ、メリンガータがメニュから消えていました。
変わって登場したのが「ノッチョーラ」という新しいもの。




ノッチョーラ

サイゼリヤの新メニュー『ノッチョーラ』



ノッチョーラ

メニュー表には「香ばしいヘーゼルナッツとさっくりメレンゲ」と書いてある。
この間から気にはなっていたのですが、本日ようやっと食べました。



ちなみに『メリンガータ』と同時期に出てきた『アマレーナ』はしっかり生き残っていました。




うーん、まさかアマレーナの方がしっかりと定着するとは・・・。
私はメリンガータの方が好きだったので、ちとショックですが
ノッチョーラがメリンガータに似ているので、どちらを残すといったら
やはりアマレーナなんでしょうね。




ノッチョーラ

メリンガータもメレンゲのまろやかさが好きでしたが
ノッチョーラはそれに比べ甘さがある分メリハリが効いている感じがした。




ノッチョーラ

ヘーゼルナッツは底の方にこんな感じであります。
香ばしさは正直あまりしなかったのですが、
程よい甘みはメレンゲ部分とあわさって美味しかったです。




ミラノサラミのピザ

ピザの方にも『ミラノサラミのピザ』という新しいメニューが追加されていました。
ピザは食べていないのがいろいろあるので、気が向いたときに挑戦するかもしれません。



サイゼリヤ

ピザはよくブログで登場する『真イカとアンチョビのピザ』と


サイゼリヤ

『野菜ときのこのピザ』


が旨すぎて、なかなか浮気することができません。

しかしながら、ピザの中で人気NO.1になっている
マルゲリータは気になっているので今度こそ!とは思っています。




サイゼリヤ

肉料理は、家ではハンバーグが好きで作ったものをよく食べますが
外食でハンバーグはあまり食べないので、『若鶏のグリル』か



サイゼリヤ


『柔らかチキンのチーズ焼き』ばっかり頼んでしまいますね。


以前は、500円ランチもよく注文していましたが
個人的には単品の方が好きです。


スパゲティは専門店では食べますが、サイゼリヤでは食べないなぁ。