FC2ブログ
2018/06/25
2018/06/18
2018/06/15
2018/06/09
2018/06/06
2018/06/03
2018/06/01
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2018年06月

        

「墓場から生きかえった男・二人妻、父親殺しの疑惑の果てに」 (1988年)  生き返った男シリーズ第二作

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 06/ 25
                 
父親殺しの濡れ衣を着せられた男が真犯人を追う。


三浦友和の「生き返った男」シリーズの第二作目。



●「墓場から生きかえった男・二人妻、父親殺しの疑惑の果てに」  
1988年6月25日
脚本: 柏原寛司
音楽: 有馬徹とノーチェ・クバーナ
監督: 西村潔
制作: 松竹芸能
出演: 三浦友和、白都真理、田中美佐子、角野卓造、
石橋蓮司、中島葵、中村竹弥、石橋雅史ほか



墓場から生きかえった男





山岳写真家の宮崎彰(三浦友和)は妻のレイコ(白都真理)と二人暮らし。
彰の父・源造(中村竹弥)は宮崎グループの社長で、
アンデスの山を撮影するための費用五百万円の援助を申し込みに行くが
けんもほろろに断られてしまった。



墓場から生きかえった男


それから七日後、源造が自宅で頭を割られて殺され、
金庫から六百万円が盗まれた。




現場には彰が吸っているラッキーストライクの吸い殻が残されており、
そこから彰の指紋と同じO型の血液型が検出され、
自宅のゴミ箱からは凶器のブロンズ像も発見された彰に容疑がかかった。



彰はすぐに警察に捕まるが、車で移送中にスキを見て逃げ出すと秩父山中に身を隠した。
彰の兄・俊光(角野卓造)が警察に心当たりの隠れ場所を助言したこともあり、
彰は山狩りから逃れる途中で崖から落ちて死亡し山に埋葬される。



墓場から生きかえった男




レイコはもともと俊光の婚約者であり、死体を埋葬した帰り道、
レイコは俊光から強引に誘われよりを戻してしまう。





埋葬された彰は棺桶の中で落雷のショックで奇跡的に蘇生し、
通りがかりの陶芸家・山脇洋子(田中美佐子)に助けられる。
だが、彰は記憶を失っていて洋子の家へそのまま転がると、
夫婦同然のような生活を送るようになった。


墓場から生きかえった男




一年が経ち、彰は停電したエレベーターに乗り合わせたことで、
失っていた記憶を取り戻した。
洋子に妻がいたことを告げると彼女のもとを去り、
簡易宿泊所に身を置きながら源造の事件を洗いなおした。



墓場から生きかえった男



源造は好き勝手に生きている彰にはつらく当たっていたが、
宮崎開発の常務におさまっていた俊光は可愛がっていた。



ところが父の死後社長には俊光でなく専務の山本則彦が就任し、
俊光は常務から専務に昇進しただけだった。
このことは父の遺言らしいことを知り驚きを隠せなかった。
さらに俊光はレイコと結婚式をあげていた。



墓場から生きかえった男



俊光の妻となったレイコと再会した彰は、部屋に置いてあった写真集から
”亮子”という女からの手紙が入っていたことを知らされた。
彰には全く心当たりがない話で、何者かがレイコに彰の浮気を疑わせ
気持ちを離れさせようと細工しているのだと考えられた。


墓場から生きかえった男





源造の殺害現場から発見されたタバコの吸い殻など、彰が犯人だと偽装できる人物は限られている。
撮影費用の融資を申し込みをしに宮崎開発へ行った日、彰はラッキーストライクを吸った。


墓場から生きかえった男



部屋には源造の他に秘書の桃井と懇意にしている祈祷師・宮田例月(石橋蓮司)がいて、
彰が帰ったあとに吸い殻を持ち出すことは可能だ。



宮田を疑った彰が自宅へ行ってみると、そこにはかつて源造の愛人だった料理屋・松島の女将(中島葵)がいた。
女将は宮田とデキていたのだ。
彰は二人がグルになっているとわかり、源造殺しとその容疑が彰にかかるよう細工をしたことを白状させた。
亮子という名で手紙を書いたのも俊光に頼まれた女将の仕業だった。
ふたりは俊光から金で雇われた協力者にしか過ぎなかった。




墓場から生きかえった男




すでに俊光はレイコから彰が生き返ったことを聞き、宮田に彰を始末させようとしていた。
彰はその宮田に自分を殺し損ねたと俊光に報告させると、
俊光がいるオフィスに向かった。


彰を見た俊光は一応驚いては見せたものの、聞かれるがままに真実を話した。


事件があった日、俊光は源造の口から初めて彰を社長にするつもりだと聞かされた。
優等生の俊光には経営者は難しく、自分に歯向かってくる彰をかっていたのだ。
まず彰を社長に据える前に一時的に専務の山本を社長に就任させると明かされた。



てっきり自分が次期社長になると確信していた俊光はこの仕打ちに我慢できず、
とっさに近くにあったブロンズ像で父の頭を殴りつけて殺した。
松島の女将に犯行時刻に店にいたとニセのアリバイを証言させ、
彰のタバコを残して容疑者に仕立て上げた。



墓場から生きかえった男



犯行を認めた俊光だが、今の満ち足りた生活を失うつもりはなかった。




彰に襲い掛かるとオフィスの窓から突き落とそうとする。
抵抗する彰と格闘しているうちに、勢い余って俊光の体が窓から投げ出されてしまう。




子供の頃、山で自分の命を救ってくれた俊光の腕を掴んで体を引き上げようとするが、
俊光はもういいんだと生きることを諦め彰の手から自分の手を離して地上へと落ちていった。




墓場から生きかえった男


彰が俊光のオフィスにいると知らせを受けたレイコは警察に通報していた。
警察とともにレイコもオフィスに駆けつけていて、彰はレイコが俊光の子供を身ごもったことを知らされた。



彼女のもとから去った彰は洋子のところへと帰って行った。


墓場から生きかえった男




//////////////////////////////////////////////////



クライマックスであるアクションシーンはどうやらビルの九階で撮影されたようだ。

窓の外にぶら下がっている、アクションとは無縁の角野卓造は
命綱をつけながらも緊張で全身がガチガチになったとか。


一方、部屋の中から角野の腕を握りしめていた三浦友和は、
高所が得意らしい。





************ 関連記事 ************


◆ 「白の処刑・絞首台から生き返った男」

「墓場から生きかえった男」

「地底から生き返った男」








            
スポンサーサイト



            
                                  
        

「古代舞の女・奈良古墳殺人事件」 (1988年)  黒川博行 『八号古墳に消えて』

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 06/ 18
                 
笑福亭鶴瓶が関西の人情刑事を演じる。
ペアを組むのは古谷一行。



●「古代舞の女・奈良古墳殺人事件・
クロ・マメ刑事飛鳥路を走る!」  1988年6月18日
原作: 黒川博行  『八号古墳に消えて
脚本: 安倍徹郎
音楽: 渡辺兵夫
監督: 瀬木宏康
制作: 松竹芸能
出演: 古谷一行、笑福亭鶴瓶、佳那晃子、山本亘、
入川保則、海原小浜、菅貫太郎、堀永子ほか



大阪文科大学史学科の教授・浅川亮介(大河内範泰)が、
富田林の古代住居跡から死体で発見された。
浅川は泥酔していて、現場の泥水を飲んでいたことから
事故死という見解が下された。




他殺の線もあるとみて念のため大坂府警の黒木憲造(古谷一行)と
亀田淳也(笑福亭鶴瓶)は浅川の研究室に行きテレビの講座番組も持っている
余沢清(菅貫太郎)、浅川の姪の夫・今村浩郎助教授(山本亘)から聞き込みを行った。





黒木はそこで高校時代の恩師秦野の娘・史子(佳那晃子)が
浅川の助手をつとめているのを知った。
史子は父が踊っていた久米氏の古代舞を引き継いでおり
黒木はその練習稽古場へも一緒に行った。
十八年前の昔話にしばし花を咲かせて秦野を懐かしんだ。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件



浅川は生涯独身であったが、そのわけを史子から聞いた。
秦野と浅川は昔、ひとりの女を巡り争っていた。
女は秦野と結婚し、破れた浅川は生涯独身を貫いた。
秦野と女の間に生まれたのが史子で
驚いたことに秦野と妻は同じ日に死亡していることが分かった。



黒木たちが研究室を訪れた時、やぐらから遺跡発掘現場を撮影していた
研究員の植田が墜落する現場に遭遇した。
立て続けに同じ大学から二人の死亡者がでたが
植田の死は誤って転落しただけの事故死とみられた。



その後の捜査で、退職間近の浅川は、文化財研究所の所長に内定しているという
噂があり、その椅子は余沢も狙っていたとあって毒舌家で変わり者の
余沢にきな臭いものを感じる。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件

亀田は事故死とみられた植田の体が落ちる前に跳ねたのがきにかかり
近くの事務所から配線をやぐらにつなぎ、植田が鉄の手すりに手を掛けたところで
何者かが配電をいじり電流を流しそのショックで墜落したのではないかと推理した。


現場に行ってみたが黒木はあのときそんな目立つ配線は見かけなかったし
配線を埋めてあった痕跡もみられなかった。


そこへこの土地の所有者の会社のものがやってきた。
ここは宅地の造成中だったが遺跡が発掘され工事が中断して迷惑していた。
だが今回の事件でもうここを掘り起こしてはいけないということになり
工事が再開されることになったとホッとした表情を見せた。



一時は事故死とみられた植田の死だが、彼が撮影していた写真には
配電盤のある事務所からやぐらまでビニールシートが敷き詰められていて
亀田の推理に信ぴょう性が出てきた。

古代舞の女・奈良古墳殺人事件



おそらく感電したショックで植田は落ちたのだろうが
まだ犯人の目星もつかず証拠もこれだけしかない。


そんな中、余沢が行方をくらました。
自宅の焼却炉からは焼け焦げた配線が、壺からはペンチが見つかり
植田殺しは余沢の可能性が大きくなってくる。


 
エキセントリックに見える余沢だが、妻の話では非常にマメな性格で
自宅からは日にちごとにその日の出来事が詳細に書かれた
日記のようなカードが大量に出てきた。


その中には、岡部不動産と窪池遺跡発掘にあたり
不動産業者と考古学教室の隠されたつながりを匂わせるような記載があった。




古代舞の女・奈良古墳殺人事件



黒木らが所属する班の班長宮元英治(入川保則)は余沢クロ説をおすが
几帳面な性格の余沢があんな証拠を残すのは不自然だと黒木と亀田は感じた。



余沢のカードには「秦野夫妻自決」の文字があり、気になった黒木は
史子に事情を聴きに行った。
十二年前、秦野は剣を振りかざし、妻を殺し自分も自殺した。


秦野は恋の勝利者にはなったが、学問的には浅川に負けた。
その後秦野の妻は浅川と関係を持ったのが原因ではないかと史子は話す。
浅川はその贖罪意識から史子が京都の大学を卒業後に彼女を今の大学の助手に迎えた。



黒木は亀田の家へ行き、母のハツノ(海原小浜)と三人鍋を囲みながら
十二年前の秦野夫妻の心中事件について話した。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件




亀田の方は遺跡が出ると工事が止まり、利息だけで一日何十万円かかり
不動産業者は関係者を丸め込もうとするが、浅川と余沢は頑として応じず
彼らに恨まれていたことを話した。
余沢はこの動きに巻き込まれてしまったのか捜査を進めることにした。


そして奈良県警から余沢の死体が発見されたと連絡が入った。
宮元はあとは余沢の逃亡を助けた者をみつけるだけとし
あくまでも余沢犯行説を支持している。
黒木たちは次の会議の前に、なんとか真相に近づく証拠を見つけたいと画策する。



そこへ、黒木が秦野の論文を持っていることを知った史子から連絡が入り
黒木は会いに行った。


黒木は浅川と余沢が学者としては優れた能力を持っていたと評価していた。
秦野はふたりがいつか自分の論文を世に送り出してくれるものと信じていたが
余沢は秦野の論文が子供じみていて盗作の疑いがあると
その根拠を細かく例をあげてカードに書き残していた。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件




それを知った史子はこれまで見せたこともない怒りを見せ
余沢のカードを破り捨てると余沢と浅川の意見を支持した黒木に
別れを告げて去って行った。



解剖の結果余沢の死は凍死によるものと判明した。
彼の両手の爪は潰れていて前歯が二本折れていた。
宮元は余沢は山中に逃げ込んだが、道に迷い疲労と空腹で
そのまま凍死したと会議で発表する。


しかし、空腹だったなら余沢の胃の中には木の実など何かが残っているはずだが
雨水か泥水とみられるものしかなかった。


黒木はこれまでの余沢犯行説を否定するシナリオを発表した。

犯人は死亡者三人に恨みを抱いており、浅川と植田を殺しその容疑を余沢に着せた。
そのために植田殺害で使用した配線とペンチを余沢の家へ残した。
だが、焼却炉からは配線を燃やした痕跡はなく焼いた配線を
中に突っ込んだだけだったことが分かった。


犯人は余沢の身柄を拘束し、おそらく死体発見現場付近の古墳に閉じ込めたため
胃の中が空でプランクトンを含んだ雨水だけが残り、
なんとか外に出ようと土壁をえぐり爪が潰れていた。


もう脱出できないと観念した余沢は自ら前歯を折って
ダイイングメッセージを残した。
それは余沢のテレビの考古学講座でいっていた助教授の今村だった。



余沢のカードには今村が宅地の造成工事を再開させるために
不動産業者から二百万円を受け取っていたことが書かれていた。
このことで浅川が亡くなる前に、今村は浅川、植田、余沢の三人から
徹底的な追及を受けていた。
浅川は今村の解任と学会からの追放を宣言していたことが書かれていた。



黒木たちは今村に余沢の解剖所見の結果を話して
死体発見現場付近の古墳に監禁されていて
それがどこだか教えてほしいと揺さぶりをかけた。


案の定、黒木の予想通り今村は動き出した。


ところが、彼が車で向かった先のレストランには史子が待っていた。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件




今村の意外な協力者の存在に、黒木はショックを受ける。
史子と別れた今村は車である古墳へ入っていきそこで逮捕した。



今村はまるでゲームで負けただけのようにアッサリと自供した。


彼は窪池の発掘責任者でもあり不動産業者や建設会社と深いかかわりを持ち
二百万円の金を受け取ったことを浅川、余沢、植田らに激しく責められ殺意を持った。
史子にその悩みを相談したところ、浅川と余沢を恨んでいた史子は
殺人のシナリオをたてこのプランに今村を誘った。



浅川は史子が泥酔させたあとに、史学科の倉庫に連れ込み用意しておいた
富田林の泥水を飲ませて殺し現場へ運んで事故死に見せかけた。


浅川が死にその後継者に植田がなりそうなこと、また今村が二百万円受け取ったことも
知っていたことから植田は今村が一人で殺した。


そして余沢を古墳が見つかったと史子が誘い出し、今村と二人で余沢を突き落とし
石でふたをして死んだのを確認してから証拠となるメモはポケットから取り出し処分した。


今村の供述を受けて史子を逮捕しようと、踊りが披露される会場へ向かった。
黒木は踊りが終わってから史子を捕らえようと配慮をみせる。
史子の方も黒木の顔を見て全てを悟り、父が大切にしていた久米舞を踊る。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件

踊り終えた史子は、捕まる前に自ら命を絶った。








この放送の前にサントリースペシャル「猫目石ころがった」で
クロマメ刑事としてコンビを組んでいた古谷一行と笑福亭鶴瓶が
土曜ワイド劇場で一年三か月ぶりに再会。


古代舞の女・奈良古墳殺人事件

前回の撮影が終了してから、お互いにもういちどやりたいと思っていたとのことで
このドラマも息はピッタリ。
度を超す仲の良さを見せつけていたという事です。



************ 関連記事 ************

「幻の船連続殺人」


「京おとこ京おんな連続怪死事件」



                         
                                  
        

「赤頭巾ちゃん気をつけて」 (1970年) @神保町シアター 庄司薫のベストセラーの映画化

category - 昭和の日本映画
2018/ 06/ 15
                 
神保町シアターで「赤頭巾ちゃん気をつけて」(1970年/東宝)という映画を見てきました。



神保町シアター


6月9日(土)から7月6日(金)までの27日間
「七〇年代の憂鬱-退廃と情熱の映画史」というテーマで
70年代の作品が17作品上映予定となっています。



赤頭巾ちゃん気をつけて

私が見に行ったのは初日の6月9日、この日の2回目の上映作品でした。
本来は見に行く予定ではなかったのですが、
主演が岡田裕介ということで見てみることに。




赤頭巾ちゃん気をつけて



この人の存在を初めて知ったのが、1970年に東京12チャンネルでやっていた
「江戸川乱歩シリーズ明智小五郎」での小林芳雄役でした。
これが何年か前に東映チャンネルで放送されたんですね。


岡田裕介



”明智小五郎”というと土曜ワイドの天知茂のイメージが強くて、
初めは拒否反応があったんですが、見てみるとまた美女シリーズとは違った面白さがあり
すっかりハマってしまいました。


「江戸川乱歩シリーズ明智小五郎」は「美女シリーズ」が始まる前に放送されていたんですね。




東映チャンネルで江戸川乱歩シリーズを見た時は、
岡田裕介はこの時代に役者をやっていた脇役の人で、
あまり芽が出ずに役者を引退したんだろうなと思っていました。


ところが、元東映社長の岡田茂氏の息子で、わりとすぐにプロデューサーになり、
その後は東映の社長を経て、現在は東映グループの会長になっていることを知って
すごく興味を持ちました。




細身の体に、ものすごい濃い顔と独特の声が印象的。
石坂浩二に顔が似ている。



役者デビュー後、すぐにこの「赤頭巾ちゃん気をつけて」で主演をつとめました。

今回初めて知ったのですが、庄司薫という人のベストセラー
「赤頭巾ちゃん気をつけて」の映画化だそうです。





赤頭巾ちゃん気をつけて (新潮文庫)


岡田裕介演じる主人公・庄司薫は原作者と同姓同名。
日比谷高校の三年生で、彼の語りで物語は進行していきます。


1969年2月9日、大学紛争で東大入試が中止となった薫くんは、
怪我で足の親指を負傷したり、愛犬ドンが死んでしまったり、
かねてから思いを寄せている同級生のガールフレンド由美(森和代)から
電話で「舌噛んで死んじゃいたい」と言われ、しばらくは絶交状態が予想され、
さんざんな一日になりそうだった。


病院では足の爪を剥されてしまい、しばらくの間は足を引きずる生活になりそうだ。
街に出れば知り合いのおばさん(山岡久乃)から、大学へは行かないと決意したのに
大学へ行くことを前提におしゃべりをされる始末。


だが、薫くんは、それを否定することもしなかった。
いつもそうだ。
由美の家に電話をかけるとだいたい彼女の母(文野朋子)の
他愛もないおしゃべりに付き合ってしまう。



足の爪を治療に行った病院で、女医がかがんで患部を見たときに、
ちらりと乳房が見えた。
薫くんは、全裸の彼女と抱き合う妄想に駆られるが、
治療室で彼女を襲うこともなく帰ってきた。



一日に二度は女を強姦したい欲求に襲われるが、
未だに童貞の薫くんは女を抱くチャンスがあってもそれをモノに出来ない。


同世代の男女が裸で抱き合うパーティーに参加しても、
その様子を部屋の隅で眺めるだけだ。
そして、そばにあったピアノを演奏して、同じようにその輪に加われない、
女の子たちと歌を歌うことしかできない。


幼馴染の由美とも、子どもの頃キスをしたり膨らんできた胸を見ただけで、
その後は手を握ることもない恋人とも友人とも言えない関係を続けている。


傷んだ足をかばいながら引きずるように街を歩いていた薫くんは、
幼い少女とぶつかってその場にうずくまってしまう。
少女は近くの喫茶店で母親が友人と話し込んでいて、
その合間に本を買いに来たのだと話す。


薫くんは彼女の手を引いてさっき出てきたばかりの書店へ行くと、
その子のために一番いいと思う「赤ずきんちゃん」の本を選んでやった。


ひとりになった薫くんは、由美とデートする。


薫くんは大学へ行くのを辞めたと言うと、
並んで歩く由美の手をそっととり、と二人は手をつないで歩いていった。






赤頭巾ちゃん気をつけて [DVD]



大学へ行くことを辞めた薫くんの二日間ほどを描いた映画。



主人公・岡田裕介さんの相手役・由美を演じたのは森和代。
ショートカットにほぼノーメイクのような透明感のあるみずみずしい容貌を持っている。

なんと、森本レオの奥さんになった方だとか。
若くして結婚引退したようで、今回初めてその存在を知った女優さんでした。




足を怪我した薫くんの家へ遊びに来る友人・小林には富川澈夫(すみお)。
この人は「太陽にほえろ!」にゲスト出演しているので初めて知った。
無理に思える長髪っぽい横分けが印象に残り気になっていた俳優さんだ。
「俺たちの旅」でも見かけたが、屈折した青年を演じているイメージがある。


今回も優等生の薫くんとは違い、小難しい哲学をお手伝いが薫くんの部屋に持ってきた、
和菓子をパクつきながら延々と述べるシーンが面白かった。


薫くんのベッドに寝っ転がると、和菓子が乗った盆を腹に置き、
最後は涙を流しながら熱い思いを切々と語る。



私が富川さんを最後に見たのは、90年代に放送された
土曜ワイド劇場の牟田刑事官シリーズでの刑事役だったが、
もうすでにお亡くなりになっていたんですね。


薫くんの母親は風見章子、すぐ上の兄に中尾彬。
中尾彬が若くて清潔感があった。





「赤頭巾ちゃん気をつけて」は音楽もとても良かった。
歌っているのは佐良直美で、映画にとてもマッチしている。


音楽と言うと、ピンキーとキラーズの「恋の季節」が演奏されていたり、
薫くんが立ち寄った飲食店のテレビで
いしだあゆみが「ブルー・ライト・ヨコハマ」を熱唱しているシーンが流れていた。


薫くんが電車に乗ったときに、なにかワケがあって涙を流していた乗客を
結城美栄子が演じていた。



今回の神保町シアターのテーマ「退廃」が感じられましたが、
それでいてどこかその中に甘い雰囲気もある。
音楽も耳に残る心地が良い映画でした。




岡田裕介さんも、薫くんのイメージにピッタリです。
彼の無機質な語りだが、それでいて時折見える感情の起伏のようなものがあり
独特のリズムを持っていた。








映画館内の壁に貼られていたブロマイド。


神保町シアター


ちゃんと岡田裕介さんのものもありました。



さて、神保町シアターでは7月7日から料金体系が変更になるようです。


赤頭巾ちゃん気をつけて


これまで一般は1200円でしたが、これが1300円となり、
平日3回目の上映のマチネ割引、水曜日のレディースデーが廃止。
代わりに水曜日はファン感謝デーとなり男性でも1000円で見れるようです。


毎月1日の映画サービスデー1000円と、ポイントカードは継続するとか。


男性にとっては水曜日が感謝デーになったことで
いつでも1000円で見れるようになるのは嬉しいのではないでしょうか。



料金改定といえばシネマヴェーラ渋谷でも7/21から変更があるようです。


これまで1500円の二本立てでしたが、一本立て入れ替え制で一般が1200円となります。








                         
                                  
        

焼肉牛兵衛渋谷店の「牛ヒレ焼肉ランチ」とセガフレード渋谷店が閉店へ

category - グルメ
2018/ 06/ 09
                 
渋谷で映画「ダリダ」を見た後で、久しぶりに近くにある
牛兵衛でランチを食べてきました。


牛兵衛 牛ヒレ焼肉ランチ


今回もここでの私の定番、牛ヒレ焼肉ランチを食べました。




牛兵衛 渋谷店


お肉が100gで999円となっています。
ご飯の大盛が無料で、フリードリンクです。


牛兵衛 牛ヒレ焼肉ランチ

サラダとわかめのスープがついてくる。
飲み物はコーン茶と紅茶、コーヒーを飲みました。



牛兵衛 牛ヒレ焼肉ランチ

お肉の量はこんなかんじ。
野菜はニンジンとカボチャがついている。


牛兵衛 メニュー

おススメランチの中で気になったのは、真ん中のハラミランチ。



牛兵衛 牛ヒレ焼肉ランチ

タレは1種類だけとなっています。


さて、食べ終わって駅までの道のりを歩いていると


セガフレード 渋谷店 閉店のお知らせ

以前、何度か入ったことがあるセガフレードが
周辺の再開発により今月の27日をもって閉店になるという看板を見かけた。


今後は広尾店をご利用下さいとあるが、広尾店もなかなか良い場所にあります。
前に広尾を散歩しているときに入ったことがあるんですが
なかなか落ち着いた雰囲気で良かったです。


しかし、セガフレードも渋谷店が閉店になってしまうとは残念。


しかも、この近辺にあったYUMMY PASTAも閉店になっていました。

去年ここで「シチリアンマフィアのお夜食」というスパゲティを食べて、
また来ようと思っていたんですが、5月に入ろうと行った時にはもう店はなかった。


YUMMY PASTA


480円から美味しいパスタが食べられて、店員さんの対応も良かっただけに、
気に入っていた店が無くなってしまうのは寂しいものです。






                         
                                  
        

「森村誠一の背徳の詩集・愛人、重役秘書、社長令嬢・・・・野望の男の華麗な綱渡り」 (1992年)

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 06/ 06
                 
ハンサムな容姿を武器に野望のために次々に女性を踏み台にする男と、
彼を愛する女性たちの心理を描き出す。


●「森村誠一の背徳の詩集・愛人、重役秘書、社長令嬢
野望の男の華麗な綱渡り」 1992年6月6日
原作: 森村誠一  『背徳の詩集
脚本: 石原武龍
音楽: 大島ミチル
監督: 池広一夫
制作: にっかつ撮影所
出演: 村上弘明、かたせ梨乃、藤田敏八、
吉川十和子、中島ゆたか、平泉成ほか



渡瀬克己(村上弘明)は野心の高い男。
端正な外見から女を利用してのし上がろうと考えていた。
渡瀬の父は母を部下に寝取られて、大学に進学した年に死んでしまった。
だから絶対につまらない人生は送らないと頂点へ上り詰めることしか頭にない。



だが、渡瀬はこれまで経済的な援助を受けてきた経営者の愛人・江上康子(中島ゆたか)から
ドライブ先で妊娠を告げられた。
割り切った関係が出来る女だと思っていた康子は、渡瀬に結婚を迫ってきた。




「森村誠一の背徳の詩集



ちょうどその頃、渡瀬はもう一人の愛人・マツブ商事の専務秘書・北里絵梨子(かたせ梨乃)の口利きで、
専務の平沢(渥美国泰)を通しマツブ商事に入社していた。
一流会社のトップにのし上がろうという野望がある渡瀬にとって、
会社にまで踏み込んでくる康子は邪魔な存在でしかなかった。



ところが、その康子がビルの屋上から転落し、絵梨子の車の上に落ちた。
康子は流産した上に記憶まで失っていたが一命はとりとめ退院した。
恋塚刑事(平泉成)は、康子の妊娠相手を割り出そうとする。



絵梨子は車の中に見たこともないブレスレットが落ちているのを発見するが、
記憶が戻らない康子はそれに心当たりがないという。



「森村誠一の背徳の詩集



そのブレスレットは康子が渡瀬に妊娠を告げた日に、
康子が渡瀬のライターと自分のブローチ、
日付と二人の名前を書いたタイムカプセルを土に埋めようとしたときに、
偶然見つけて拾い上げたものだった。



渡瀬は彼女の記憶が戻れば自分が疑われると思い、
康子を殺そうと彼女のマンションへ忍び込むがすでに殺されていた。


野心家の渡瀬は絵梨子と付き合いながらも、
自分を慕ってくるマツブ商事社長・松川孝輔(藤田敏八)の
娘・冬美(吉川十和子)と肉体関係を持ってしまう。


「森村誠一の背徳の詩集




それを知った絵梨子は、渡瀬と一緒に行く予定だった修善寺にある友人の旅館を一人で訪れた。
友人と散歩の途中で絵梨子は、康子が埋めたタイムカプセルを偶然見つけて持ち帰る。
絵梨子は、康子のお腹の中の子の父親が渡瀬であることに気がついた。


「森村誠一の背徳の詩集




絵梨子はそれを確かめるために渡瀬と会う。
平沢専務の秘書・絵梨子のサポートもあり入社した渡瀬は、
自分の出世のために平沢と対立する松川社長派に寝返ろうとしていた。
絵梨子はタイムカプセルを見せ、渡瀬の出方を伺おうとする。


「森村誠一の背徳の詩集




そこには二人を尾行していた恋塚らがいて、二人の会話から
康子と渡瀬が繋がっていたことを知ってしまう・・・。







そんな時、冬美が妊娠してしまい彼女の強い希望で結婚することになった。
はじめは渡瀬との交際を反対していた松川だが、
既成事実が出来てしまい渋々それを了承すると、渡瀬を取締役にする。


渡瀬は絵梨子に冬美は出世の道具だといい、愛しているのは絵梨子だけだという。



「森村誠一の背徳の詩集



ところが松川の妻が渡瀬と絵梨子の関係をしり、冬美が絵梨子に手切れ金を渡しに来た。


屈辱的な仕打ちをされた絵梨子は、とうとう警察にタイムカプセルを見せると、
車に落ちていたブレスレットともに預けた。
恋塚はそれを持って渡瀬に会いに行き、渡瀬はタイムカプセルの中にあった
ライターが自分のものであり、康子を妊娠させたことを認めたが、殺人は否定した。



「森村誠一の背徳の詩集



渡瀬は恋塚からブレスレットを見せられ、それがタイムカプセルを埋めたときに
康子が見つけたものだと伝えた。


康子の両親は宝石商をしていて、26年前に強盗が入ったときに殺されていた。
あのブレスレットはその時に盗まれたものの一つだった。




恋塚は絵梨子にどこでタイムカプセルを見つけたか案内してほしいと依頼する。
修善寺の仁科峠で土を掘り起こしてみると康子と同じマンションに住む、
行方不明の宝石商・大屋和成(石山雄大)の死体を発見した。



「森村誠一の背徳の詩集



大屋の部屋を捜索するとマツブ商事の”山名”という人物を強請っていた形跡が見られた。
渡瀬は大屋と山名という名に心当たりがないという。
恋塚ははじめは、康子殺しが出世の邪魔になった渡瀬の犯行と見たが、
26年前の宝石商殺しとつながったことで疑問がわいてきた。



予定通り渡瀬と冬美の結婚式が行われた。
これで松川社長の娘婿となった渡瀬は将来が約束されたことになる。


「森村誠一の背徳の詩集




だが、式場にひとり残った松川を康子と大屋殺しの容疑で恋塚が署へ連行する。



松川社長の旧姓は山名だった。
松川は大屋と二人で26年前に江上宝石店を襲い江上夫婦を殺害し、
宝石を盗んで逃げた。



その後、マツブ商事の社長となった松川の消息を知った大屋は、
株の暴落などで金に困っていて松川を強請ってきた。
その時、大屋は江上夫婦の娘が自分と同じマンションに住んでいることを話した。
その娘・康子は松川の自宅に家に家具を入れている江上康子だった。



「森村誠一の背徳の詩集




松川は修善寺で大屋を殺して埋めたが、大屋が江上宝石店から盗んでいた
特徴のあるブレスレットが現場に落ちていた。


ある日、松川の自宅に家具を納品した康子が以前どこかで会ってないかと松川に尋ねた。
もしかしたら大屋が自分のことを話したのではないかと怯えた松川は、
康子を襲い転落させたのち、命を取り留めた康子を絞殺した。



その頃、何も知らない渡瀬は冬美とオーストラリアへ新婚旅行に来ていた。
そこで松川が大屋と康子殺害の犯人であることを日本からの電話で知らされる。


松川社長は失脚し、帰国した渡瀬は平沢から沖縄への左遷を宣言される。
あともう一歩のところで渡瀬は振り出しに戻ってしまった。


「森村誠一の背徳の詩集


そんな渡瀬のところへ絵梨子がやって来て、自分はマツブ商事の松川会長の
妾の子供であると話した。
絵梨子、冬美と関係を持った渡瀬だったが、どちらと結婚しても将来は約束されていたのだ。
 


でも、渡瀬はこんなことで自分の夢を諦める男ではなかった。


絵梨子と別れてひとりになった渡瀬は、まだまだこれからと力強く歩き始める。










                         
                                  
        

映画「ダリダ~あまい囁き~」アラン・ドロンとのデュエットで一世を風靡したフランスの歌姫の美しくも哀しい生涯

category - 映画(洋画)
2018/ 06/ 03
                 
先日、渋谷Bunkamuraにあるル・シネマで
「ダリダ~あまい囁き~」という映画を見てきました。


ダリダ~あまい囁き~

私は知らなかったのだが、ダリダは1973年にアラン・ドロンとのデュエット曲
「あまい囁き」を発表し全世界で大ヒットした歌姫だそうだ。



ダリダ~あまい囁き~


都内では角川シネマ有楽町でもやっているが
私は久しぶりにBunkamuraル・シネマで見ました。

Bunkamuraは今年の7月から11月中旬まで改修工事のため
全館休館するそうです。
ということでまたまたしばらくの間はBunkamuraを訪れる機会はなさそう。

地下にあるザ・ミュージアムでは11月23日~翌年1月27日まで
「ロマンティック・ロシア(仮称)」という展覧会が行われる。
新しくなったBunkamuraに行くのはもしかしたらこれが最初になるのかもしれない。




ダリダ~あまい囁き~


ダリダは1933年にエジプトのカイロでイタリア移民の家系に生まれた。
本名はヨランダ・クリスティーナ・ジリオッティ。


幼い頃は目が悪くて眼鏡をかけていたが、
当時カイロではメガネをかけている子は少なく、
そのことでいじめを受けてずっと自分の顔が醜いとコンプレックスを持っていた。


ヴァイオリン奏者だった父との関係は良好だったものの、
時代的背景から突然逮捕され、その後は母に暴力を振るいはじめ、
そのことも少女時代の彼女に暗い影を落とした。


しかし、メガネを外した彼女は自分が美しいということに気が付きはじめる。
「ミス・エジプト」に選ばれるほどの美貌の持ち主へと変身を遂げた。



その後はエンターテイメントの華やかな世界に憧れて、
1955年にフランスへ渡ると”ダリダ”という芸名で歌手デビューを果たす。
そしてシングル「バンビーノ」のヒットによりゴールドディスクを受賞。


私生活では彼女を見出したルシアン・モリスと恋仲になる。
妻帯者だったルシアンだが、ダリダは彼との結婚を望んだ。
やがてルシアンは前妻と別れ、ダリアの希望通り再婚する。




ダリダ~あまい囁き~


彼と結婚し子供を持ちたかったダリアとは違い
ルシアンは彼女の歌手としてのキャリアを優先しすれ違いが生じる。


ダリダは結婚して1か月ほどで、ポーランド人画家・ジャン・ソビエスキーと不倫関係になる。
このことはすぐに公になり、ルシアンとも離婚。
ジャンとの不倫関係で世間からバッシングを受けたダリダだが、
決死の覚悟で臨んだショーの成功によりファンはダリダを受け入れた。



ルシアンは別の女性と結ばれるが、ダリダとの友人関係は続いた。



着実に歌手としての名声を得ながらも、
愛に生きるダリダの恋愛遍歴は止まらない。


年下の歌手・ルイジ・テンコと恋愛関係になるものの、
自分の才能に限界を感じ悩んだルイジはホテルの部屋で自殺を遂げる。
ダリダはその第一発見者となり、彼女も後追い自殺を図った。


一命をとりとめたダリアは、ルイジのファンだった
12歳年下の学生ルチオと恋に落ちる。
「18歳の彼」という曲は、ルチオとの恋愛から生まれた。


そして、ダリダは彼の子供を身ごもるのだが、
ルチオには何も告げないまま中絶し別れを選択した。





この時の中絶がもとで、ダリダは子供が産めない体になり、
のちに中絶を激しく後悔することとなる。


ダリダは弟のブルーノとともに独立して、
再び歌手としてキャリアを積み上げていく。
だが、かつて夫だったルシアンも自殺。
ダリダは悲しみをこらえて舞台で「灰色の途」を熱唱。
全身全霊のショーに見るものは心をうたれた。


その後は、サンジェルマン伯爵の生まれ変わりだと名乗る、
ハンサムな変人リシャール・シャンフレーと出会いまたまた恋愛関係に。
翌年にはアラン・ドロンとのデュエット「あまい囁き」を発表し、
全世界で大ヒットとなる。


歌がヒットする中で、恋多き歌姫ダリダはアラン・ドロンとの噂が流れるが、
リシャールには愛しているのはあなただけとこれを否定する。
風変わりなリシャールとの恋は情熱的だったが、
ある日リシャールが銃でダリダの家政婦の恋人を撃ってしまう。


保釈金を払ってほしいというリシャールの頼みを聞き入れたダリダだが、
その後、気持ちが離れていきリシャールとの関係も終わると、
彼もまた自ら命を絶ってしまう。


この頃、ディスコミュージックが全盛となりダリダは苦戦をしいられる。
だが、40代に入ったダリダはディスコ長の詩にも挑戦して、
見事にヒットを記録しアメリカでも成功をおさめた。




だが、愛する男たちが次々に自殺したという出来事は、
彼女の内部に深い苦しみをもたらしていた。

パスタばかりを食べては吐くダリダはやせ細っていく。


そして、ついに1987年5月、
「人生に耐えられない。許して。」という遺書を残して、
睡眠薬による自殺を遂げた。

享年54歳。




ダリダ~あまい囁き~

時系列に沿ってではなく、ランダムに彼女の生涯を描き、
そのバックに彼女のヒット曲が流れる。


約二時間程の映画だが、彼女の人生が波乱に富んでいたからか、
一つひとつの出来事が深く描かれておらず、
それゆえに彼女の置かれた境遇や心境などが上澄みをすくっているだけに見えたのが残念。


全体を通してみて彼女の常人とは違う激しい死への恐れと、
完ぺきな美貌をもちながらも常に愛に飢えている部分が希薄で、
あっさりとした印象になってしまった。


だが、ダリダを演じたスヴェヴァ・アルヴィティの美しさと、
部屋着も含めた衣装のセンスの素晴らしさは
視覚的には充分に楽しむことが出来たのは良かった。




ダリダ~あまい囁き~


アラン・ドロンとのデュエットとあったのでてっきり映画にも出てくるのかと思ったら、
映画を見る前にチラシを見て私がアラン・ドロンと思ったのはリシャールだった。

このリシャール役の俳優さんがイケメンだった。
















                         
                                  
        

「少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・・」 (1996年)  今邑彩 『少女Aの殺人』

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 06/ 01
                 
ラジオ番組に寄せられた一通のハガキに秘められた、
哀しい過去と恐るべき殺意。



●「少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・
スキャンダルが名門校を揺らす!」  1996年6月1日
原作: 今邑彩  少女Aの殺人 (中公文庫)
脚本: 石原武龍
監督: 一倉治雄
制作: 東宝
出演: 高島政宏、森口瑤子、内藤剛志、浜崎あゆみ、笹峰愛、
有川博、佐々木勝彦、岡まゆみ、青木卓司ほか



少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・



名門女子高校の東京芙蓉女子学院の教師・脇坂一郎(高島政広)は、
高校時代の同級生で人気DJ新谷可南(森口瑤子)のラジオ番組を聞いていた。
そこで「性的虐待を繰り返し、いつか暴力で自分を犯そうとする養父を
殺してしまうかもしれない」という
”東京F女学院2年の少女A”からの投稿が気になった。



脇坂は2年の担当で、彼の受け持ちには”少女A”に該当する生徒が二名いた。


ひとりは青柳愛(笹峰愛)で、彼女は去年母が病死し、
現在は開業医の養父の青柳(佐々木勝彦)と二人暮らし。


もうひとりは、高杉いずみ(浜﨑あゆみ)で、両親が交通事故で死亡し、
父の親友夫妻に引き取られた。
だが、養母がガンで亡くなり、現在は養父で学院の教頭・高杉久雄(有川博)と二人暮らしである。


そんな中、新谷可南から脇坂に電話がかかり、二人は再会した。
新谷可南は本名益田可南子といい、今は売れっ子となり豪華なマンションを購入していた。
可南の要件は少女Aが東京芙蓉女子学生の二年生で
脇坂に心当たりがないかというものだった。


少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・



はじめこそ渋った脇坂だが、可南の説得もあって
ついに愛といずみがそれに該当すると情報を与えた。



その後、高杉が自宅で刺殺体となって発見された。
第一発見者はいずみだった。
自宅には刑事の諏訪重良(内藤剛志)らがやって来た。
知らせを受けた脇坂も急いでいずみの家へ向かった。



少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・


高杉の死亡推定時刻は午前二時から三時の間で、
犯人は勝手口から侵入したようだった。


いずみの話しでは夕食後に高杉から睡眠薬入りのコーヒーを飲まされたようで、
彼女が眠っている間に高杉は誰かと自宅で会っていたのではないかと推察された。
いずみは脇坂に、高杉が愛の養父・青柳を強請っていて
犯人は青柳ではないかと告げる。

少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・




高杉は去年自宅を購入したばかりで、妻の入院費用と出費が重なり、
サラ金から多額の金を借りていた。
だが、それらはわずかの間に完済されている。


三か月ほど前、新宿でデートクラブが摘発されそこに愛の名前があった。
愛は売春はやっていないというが、青柳が高杉に強請られていたとしたら
おそらくこのことだろう。
脇坂は可南にこのことを伝えた。


少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・


その晩、脇坂が自宅へ帰ると愛が待っていて、
青柳が犯行時刻に自宅にいなかったことと、
すでに人を一人殺していると脇坂に話した。


その言葉通り、青柳が警察に連れていかれた。
脇坂は自宅にやって来た愛によってそのことを知らされた。


だが、愛は前言を翻し青柳は高杉が殺されたころ自宅にいて
犯人じゃないと説明した。
青柳はよそに女を作り、そのショックで愛の母親は心臓まひを起こして
愛の目の前で死んでしまった。
彼女は青柳に仕返しをしたいだけだったのだ。


これを聞いた高杉は警察へ行き青柳にはアリバイがあることを話しに行こうとする。
その時、愛から事件の前の晩に「ゆきえはいるか?」という女の電話を
青柳が受けていたことを知った。


少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・



警察へこのことを報告に行った帰り道、脇坂はコンビニで可南が出ている雑誌を見つけた。
その雑誌には高杉の事件も取り上げられていて、
亡くなった妻が十数年前ラジオのDJとして人気者だった
新谷ゆきえ(岡まゆみ)だとわかった。
脇坂は愛から聞いた「ゆきえさんはいますか?」という謎の電話の事がひっかかった。



翌日、いずみにゆきえの事を尋ねた脇坂は
去年の二月頃にゆきえがデパートで彼女のファンだった女性と偶然再会し、
現在は小説を書いていて今度DJをやることになったので
新谷の名前を使わせてほしいとお願いされ喜んでいたことを知った。


少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・



ゆきえはいずみにその女性が元気になって良かったと言っていて、
いずみはその女性が新谷可南に間違いないと脇坂に宣言する。
ゆきえは毎年日記をつけていたが、その年の日記だけが高杉の死後無くなり、
事件の前の晩に「ゆきえさんはいますか?」という電話があったことを脇坂に話した。
いずみはその声が新谷可南に間違いないという。


少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・



気になった脇坂はラジオ局で出番を終えた可南を捕まえる。
可南はゆきえに新谷の名前を使わせてほしいと行ったことを認めたものの、
いずみと愛の家に電話を掛けたことはないと言い張る。
高杉が殺された日については、仕事を終えFAXを送っていたと
アリバイがあると言った。

少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・



高校時代のあこがれの人可南に容疑の目を向けた脇坂は、
諏訪刑事にこれまでのことを全て話すと、
長野県佐久市にある可南の実家へ向かった。



可南の母(立石涼子)は、可南を連れて再婚したが、
夫の益田義三(青木卓司)は、女と蒸発をしたまま行方不明となっていた。
可南の母はひとりでその家に住んでいたが


そばに住む大家の話しでは、可南は母の死後も家賃を払い続けているという。
このことを不可解に感じた脇坂は、少女Aの正体とあの家の秘密に気が付いた。


少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・



その頃、可南はかねてより交際していた御曹司・辻井から正式にプロポーズを受けていた。
不幸な身の上だった可南は、ついに幸せを手に入れたことを母の仏壇に報告した。
だが、それもつかの間、佐久の実家の大家から借り手が見つかったので、
部屋をすぐに明け渡してほしいという電話を受けた。



可南は学生時代に、母の夜勤を狙って父が性的嫌がらせをしてくることに悩んでいた。
今はまだ逃れているが、いつか暴力で犯される恐怖を、
当時DJをしていた新谷ゆきえに手紙で告白していたのだった。




ゆきえはその深刻さから、番組で紹介しなかったものの、
可南を心配するあまり、仕事で長野に来た時に可南に会いにやって来たことがあった。
可南はゆきえに父は女と蒸発してもう性的虐待を受けていないと言い、
ゆきえは可南が送った手紙を帰して二人は別れた。


少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・


だが、その前に可南は義三を殺害していた。
夜勤から帰った母は、義三の死体を床下に埋めて、女と蒸発したことにした。
だから、可南が東京へ行ったあとも母は実家に住み続けて秘密を守り通したのだ。


可南が自分の番組で読み上げた少女Aのハガキは、
かつて自分が新谷ゆきえに送ったものだった。
可南が養父に性的な嫌がらせを受けていることを知っているのは
母以外にはゆきえしかいない。


可南はゆきえの居所を探るために脇坂から手に入れた、
いずみと愛の自宅にゆきえがいないかという電話をしたのだった。



辻井との結婚前に、養父を殺害した証拠を消さなければならない。
可南は深夜車を飛ばして実家へ向かうと、床下から骨を持ち去ろうとした。
その時、大家に家を借りたいと申し出た脇坂と諏訪らがやって来た。


可南は全ての犯行を認めた。

少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・


ゆきえの死後、高杉は妻の日記から可南の秘密を知り彼女を強請っていた。
事件の晩、可南は高杉に言われた通り五百万円を持参しこれで最後にしてくれと頼む。
だが、高杉はこれが最後ではないことを匂わせる。
可南はもう高杉を殺すしか方法はないと思い勝手口のカギを開けていったん帰ると、
深夜、引き返し勝手口から侵入し高杉を刺殺した。



事件は解決し、少女Aがいずみでなかったこともわかった。
いずみはしばらく親戚の家に身を寄せると言い、
これまで通り東京芙蓉女子学院に通い続けると脇坂に告げる。

少女Aの殺人・女子高校生が父に殺意を抱くとき・・・

脇坂は優等生のいずみが、事件以前のように、
クラスメートと馴染めるように全力でサポートすることを誓った。











小説かにして人気DJというキャリアウーマン役を演じた森口瑤子。
今回は高杉を乗せて埠頭に乗りつけるシーンなど、
度々車を運転するシーンがあった。


ところが、森口本人は実はペーパードライバーであり、
ものすごい方向音痴である。
猛スピードを出して埠頭の淵で急停車するという、
スリリングなロケが敢行されたとか。


最初の車のシーンでも、同級生の脇坂に車中から片手運転で
電話をかけるシーンを見て、私はてっきり運転が上手い人なのだと
感心しながら見ていたのだがこんな裏話があったとは。



また”少女A”と疑われる高杉いずみを演じたのは、
後にあゆ旋風を巻き起こす浜﨑あゆみ。
黒髪おさげでほぼノーメイクだが、とてもかわいらしく
やはりその存在感は際立ったものを感じる。


クラス委員をつとめ、血のつながらない父のために家事もこなすという優等生とあって、
控え目な演技と清潔感がある容姿が初々しくて良かった。