FC2ブログ
2018/10/28
2018/10/25
2018/10/23
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2018年10月

        

「有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!」 (1995年)

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 10/ 28
                 
少年の不審な死の裏に腎臓移植の取引が…。
それを知った女医が恋人と真相を暴いていく。


●秋の特選サスペンス
「有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!
少年は移植のために殺された!?」 1995年10月28日
脚本: 吉田剛
音楽: 岩間南平
監督: 長尾啓司
制作: レオナ
出演: 沢口靖子、内藤剛志、石橋蓮司、秋本奈緒美、
寺田農、斉藤洋介、岩崎加根子、深浦加奈子ほか





牧野美子(沢口靖子)は新宿中央病院に勤務する外科医。
ある夜、美子は入院中の10歳になる仁が点滴ミスで死亡する事件に遭遇した。




仁の死は明らかに病院側のミスで、院長・三波正義(寺田農)は
ミスによるショック死で遺族に謝罪しようとするが、
副院長の森山(石橋蓮司)は、それを真っ向から否定した。



有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!



病院は大手医療法人敬愛会との合併を控えていたからだった。
翌日、緊急会議が開かれ森山の意見が通りミスは公表しないことが決定された。




その夜、美子が恋人の小児科医・三田村信之(内藤剛志)と地下の駐車場で会っていると
敬愛会の会長でもある代議士の平井成一郎(高城淳一)が入って行くところを見かけた。
平井は病院の理事長の舅であり、理事長と森山が出迎え物々しい雰囲気を感じる。


有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!




信之とホテルにいた美子は病院から呼び出された。
森山は美子らに今から平井会長の腎臓移植の手術を行うことになったのだという。
なんと、ドナーは亡くなったばかりの仁だった。



仁の父は医療機器メーカーの営業・奈良剛(斉藤洋介)で、
奈良の会社は新宿中央病院の医療機器プロパーである。
平井は術後の経過も順調で合併症の心配もない。
理事長は腎臓提供の謝礼に三千万円を奈良に渡した。


有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!


しかし、知らぬうちにマスコミがこのことをかぎつけて
平井に移植をするために仁が殺されたような報道がされるようになった。
森山は担当医と看護婦の宮里加奈子(深浦加奈子)も休ませるので、
美子にも休暇をとるように命令した。



一方、奈良も理事長と森山に呼ばれて、マスコミにリークしたのではないかと
問い詰められていた。
奈良は敬愛会と共同で病院に新設された最先端プロジェクトへの
機器納入も決定していることから、それを棒にふることをするはずがないと否定する。



有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!


美子は休暇を利用して信之の実家へ行くが、信之はすぐに東京へ帰ってしまう。
亡くなった父は開業医で、母の紀子(岩崎加根子)は癌であることを知ってしまった。
早く大きな病院へ診せた方がいいと心配になった美子もすぐに東京へ引き返した。


有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!




ところが、病院の駐車場についてみると信之が見知らぬ女と話し込んでいる。
女は医療系に強いフリーのジャーナリスト・東豊江(秋本奈緒美)で
信之の前の交際相手だった。




利益追求で敬愛会との合併を快く思っていない信之は、
そんな体制をどうにかしたく豊江に仁の件を話したのだった。
ジャーナリストとしてスクープが欲しい豊江は、
仁の医療ミスが計画的だったという証拠を掴もうとして、
付き添い婦に化けて病院に潜入していた。



有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!



加熱する豊江を必死に止めようとする信之だが、
豊江はそれを振り切るとカメラを持って院内を調べまわり、
誰かと争ったうえで地上へ転落し意識不明となってしまう。
彼女を追っていった信之が発見者となった。



美子は非常階段に落ちていた豊江が撮影した取材のビデオテープを
そのまま黙って持ち帰った。



美子から豊江との関係を聞かれた信之は正直に話し、
院長室でも森山たちがいる前で、豊江の入院費を支払うと宣言した。
これでマスコミに豊江を通じて信之がリークしたことが明らかになってしまう。


有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!




その後、豊江の生命維持装置が人為的に切断され
豊江はそのまま死亡してしまった。
彼女が何を調べ誰と言い争ったのか、それを知るために
美子は自宅で豊江のビデオテープを再生した。


テープはいたみがひどいながらも、かろうじて再生することが出来、
豊江が転落の直前に最先端プロジェクトルームへ行き、
何かを調べようとしていることがわかった。
そして最後にテープに映っている人物は、意外なことに奈良であった。



彼は部屋の資料を物色しようとした豊江に向かって
懐中電灯を向けて何をしているかを問いただしているが、
そこでテープは切れていた。



院長室に呼び出された信之は、森山から自主的に病院を辞めるように促され了承した。





森山は最先端プロジェクト室に美子を案内し、
美子が森山に隠れて豊江が手に入れようとした資料があることを確認するところを見た。
これにより、美子が何もかも知っており危険人物だと確信する。




看護婦の加奈子を使い麻酔薬をすり替えて美子に医療ミスを起こさせようとした。
だが、これは美子が気づき、事なきを得る。



有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!




しかし、美子が帰宅すると奈良が侵入し美子を殺害しようとする。
とっさに美子が豊江のビデオテープを見せると、
奈良は病院が平井に移植をするため計画的にミスを犯して
仁を殺そうとしたことを知り、泣きながら美子に協力すると申し出た。



奈良は病院側は移植技術向上のため脳死状態で患者を生かしておいて、
臓器を取り出したりしていると美子に訴える。
営利主義で最先端の技術を武器に病院を拡大させたいという
森山の考えそうなやり口だった。


有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!


明日、奈良は病院側の不正の証拠を手に入れるという。
そして、夜の九時に病院の駐車場で会おうと言ってきた。




美子からこのことを聞いた信之は、車で病院まで送ってやると、
危険だからといい代わりに駐車場まで行くことにした。
だが、車の中には筋肉弛緩剤を投入された奈良が死体となっていた。


信之は駐車場で警備員に姿を見られてしまったため、
美子には今からアリバイを作り病院へは行かなかったことに
した方がいいとアドバイスをして別れた。



警察では信之は本当のことを話すが、奈良が殺された時刻頃には、
理事長も森山も東京にはいないため犯行は不可能であり、
おまけに奈良は理事長を恐喝して得た五百万円のうち
三百万円を信之の口座に振り込んでいると刑事(大石吾朗)から聞かされ、
信之はますます不利な立場に追いやられる。


有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!




美子は院長にこれまでのことを話すが、森山たちにはアリバイがあり、
共犯と思われる看護婦の加奈子は犯行時刻頃には三波と一緒に
病院で仕事をしていたのだという。



森山と加奈子が共謀して奈良を殺したと疑わない美子は
奈良の死体を司法解剖をした監察医(加島潤)を訪ねていった。




そこで、奈良の両眼の混濁が死後1時間と思えない位進んでいた事実を知った。
脳死状態になるとすぐに混濁が始まるため
奈良は脳死になり生命維持装置をつけていたために
死亡時刻が狂っていたのだと美子は推理した。




森山は美子のロッカーから自宅のカギを盗みだすと無人の部屋に侵入した。



その頃美子は病院へ行き証拠を掴む覚悟をしていて、
万が一自分が殺された時のために
仁の死が仕組まれたものであることや、奈良の死亡時間のトリック、
豊江のビデオテープがテレビの下に入っている事を
外出先から自宅に電話をかけ留守番電話に吹き込んだ。


有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!




運が悪いことに部屋にはちょうど侵入した森山がいて、
彼は豊江のビデオテープの存在を知り持ち帰ってしまった。




美子は病院へ行くと、三波院長に事件の真相を話した。



犯人は森山で、看護婦の加奈子は共犯者だ。
平井に臓器移植をするために仁の生前から適合するか
綿密に調べたうえで、手術時のショック死を装い殺した。



臓器提供の謝礼に奈良に多額の金を渡し、機器購入の約束もした。
美子が話していた医療ミスの話を信之から聞いた豊江が
病院に潜入し証拠を探っていた。



豊江は関係各所を取材し、仁の死が仕組まれたものだという証拠を集めだした。
彼女は最先端プロジェクト室にある仁のカルテを見ようとしたところ、
奈良がその現場をおさえ、言い争っているうちに豊江が墜落してしまった。
彼女の生命維持装置はおそらく加奈子が切ったのだろう。



仁のカルテはその後、紙媒体から電子保存へと切り替えられた。


そして、仁が殺されたことを知った奈良が美子に協力しそうになると
森山と加奈子はVIPルームで奈良を脳死状態にして、
森山は出張へ行きアリバイを作った。


三波と一緒に仕事をしていた加奈子が隙をみて
装置から奈良の死体を外すと地下の駐車場に運んだ。


有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!








最初は信じられない表情の三波だが、奈良が死んだ日は使用されていないはずの
VIPルームの電力が消費されていることを知り美子の話を信じ始めた。



二人は仁のカルテが電子保存されているために、
それが見れる最先端プロジェクト室のパソコンを立ち上げたが
仁のカルテはロックがかかっていて三波でさえ閲覧することが出来ない。


有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!




すると暗がりの中で、ビデオテープを手にした森山が現れた。






森山は美子に病院の将来を考え冷静になるように諭す。
三波も気弱に森山に同調する。
森山は仁はショック死、豊江は事故死、奈良については信之に
起訴にならないよう優秀な弁護士をつけると言ってきた。



森山は美子を羽交い絞めにし身動きが取れないようにすると、
三波にも協力させ口を封じようとした。
しかし、はじめから医療ミスを奈良に詫びるべきと意見していた三波には、
人殺しの手伝いは出来ない。



有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!



そこへ、加奈子が平井の容態急変を知らせにやって来た。
森山は渋々美子を解放して、急いで平井の病室へ行った。
術後の経過が良かった平井だが、仁の臓器が反乱を起こしたのか、
平井はそのまま息を引き取った。



有毒病棟・女医が見た手術室の完全犯罪!



結局、人を殺してまで成し遂げようとした森山の行動は
ムダなものに終わった。



美子は病院を辞めて、信之と一緒に三田村医院を再建することにした。




                         
                                  
        

「未亡人殺し」 (1986年) 殺しシリーズ(相田博士)5 

category - 土曜ワイド劇場
2018/ 10/ 25
                 
考古学者の相田古志郎と相棒の須田警部補が活躍する
「殺しシリーズ」の5作目。


すでに原作が底をつき、オリジナル2作目ですが
こちらはロイ・ウインザー原作のドラマ化の時と
雰囲気が似ているものが感じられオリジナルの中では
そのあたりがいいなと思った作品です。


話としてはとくに面白さは感じなかったので簡単に。




●「未亡人殺し・妖しく燃える湘南夫人の完全犯罪」  1986年10月25日
脚本: 新藤兼人
音楽: 津島利章
監督: 斎藤武市
制作: 近代映画協会
出演: 愛川欽也、黒沢年男、結城しのぶ、畑中葉子、
乙羽信子、荒井注、藤堂新二、川上麻衣子ほか



成城に住む資産家の沢田(佐原健二)が別荘のプールで死体となって発見された。
季節は寒く、なぜ裸でプールに入ったのか疑問が持たれた。
当初自殺とみられていたが、死因は心臓まひで微量の媚薬が検出された。
沢田には若い後妻の富枝(結城しのぶ)がいて、媚薬は年齢差がある二人の
夜の行為で使用されていた可能性も考えられた。




事件の知らせを聞き、生前の沢田を知っている署長(荒井注)と
須田警部補(黒沢年男)が現場へ駆けつけた。

未亡人殺し

そこへ釣りに来ていた相田古志郎(愛川欽也)も来て須田と再会を果たす。




富枝は夫が死んでいたにもかかわらず淡々としていて不自然だった。
沢田には先妻との間に長男のヒデオ(藤堂新二)と次男のタミオ(伊丹幸雄)がいて
ヒデオは既に結婚しており、絵描きのタミオはこのとき別荘に泊まっていた。
他には通いの手伝い吉田春美(乙羽信子)がいるだけだった。




須田たちはさっそく富枝に事情を聞くことになった。

相田はひとめ富枝を見たときからある人物に似ていることが気になり
二人だけになったときにそのことをそっと確かめた。
やはり昔渋谷の豆田横丁のスタンドバー「青い鳥」で働いていたトミコだった。
富枝は相田に久しぶりねというが、懐かしがる相田に
10年も前に捨てた過去に触らないでと一線をひいてきた。


沢田は他殺の疑いが濃厚になっていて、年齢差のある資産家の
後妻に収まっていた富枝は疑わしかった。
沢田と富枝は前妻が生きている時から関係があり
亡くなるとすぐに後妻に収まっていた。


沢田の妻の兄(梅津栄)は売れない小説家で今は遊んでいて
沢田から年に2回100万円ずつせびっていたとヒデオの証言から明らかになった。
前妻は富枝とのことを苦にして死んでいて、そのころは三田の高級マンションに囲われていた。
昔の富枝を知っている相田は富枝の肩を持つが・・・。




未亡人殺し

旧交をあたためながらも事件に首を突っ込んでくる相田を署長はうざがって牽制する。
いつもながらの飲み屋での情報交換。
今回は店主(殿山泰司)が妻とやっている「だぼはぜ」という店で
そこの娘のおたきさん(畑中葉子)が須田といい仲だ。


その後、ヒデオが沢田と同じように裸で崖から海へ飛び込んで死んだ。
妻が富枝のところへ乗り込んでくる。


タミオのところへもヤザワ トキコ(川上麻衣子)という女が会いに来て
その後、プールで裸で死んでいた。



未亡人殺し

相田は手伝いの春美に目をつけて、彼女のアパートへ入り
部屋に催眠術や薬草の本などが沢山あるのを確認した。


その後、相田は別荘で春美が作った飲み物を飲むと
ふわふわと浮つくような気持になり富枝に案内されるがままに
彼女の部屋へ行きベッドの上で抱き合ったが・・・。


翌朝、危うく死ぬところだった相田をおたきさんが見つけて一命をとりとめた。


相田と須田たちは、別荘で事件を解明する。

戸籍謄本を見せ、手伝いの吉田春美はもと倉橋春美で富枝という娘がいたが
男と一緒に香港へ逃げてしまい除籍されていた。
その間、富枝は沢田と深い関係になり妊娠してしまったが沢田に捨てられた。
その時受け取った手切れ金と一緒に生まれたばかりの女の子を
ヤザワ シゲト(草薙幸二郎)に里子にだしていた。
タミオを愛していて富枝に敵意むき出しだったトキコは富枝の娘だった。


春美は香港へ一緒に逃げた男が麻薬取引で殺され、媚薬を手に入れて帰国した。
そして青い鳥で働いていた富枝と再会した。
富枝は青い鳥を辞めた後は銀座の高級サロンで働いていて
そこで沢田と再会し関係が復活していた。

ふたりは沢田への復讐を企てた。


沢田たちは、春美が香港から持ち帰った媚薬をごくわずか飲ませ
夢見心地で富枝の部屋へ行く。
体の中がホカホカしていて不思議に寒さを感じなく
冷たい水の中に入っていきたい衝動に駆られ
自ら服を脱いで水の中へ飛び込んで死んでしまう。



未亡人殺し

タミオの恋敵と思っていた富枝が実母と知ったトキコだが
タミオの命を奪ったことが許せなくてそばにあったナイフで刺殺してしまう。

春美は沢田一家の復讐のために媚薬を使い自分で死んでもらい
おまけに財産が手に入れば親子三人で暮らせると思っていたのだ。



/////////////////////////////////////////////////////////////




未亡人殺し 新藤兼人

脚本はロイ・ウインザー原作の映像化の時から引き続き新藤兼人が担当。
3作目の「女優殺し」につづいて妻の乙羽信子が出演している。


乙羽は夫と娘を捨てて他の男と香港へ駆け落ちし
男が殺されると帰国して娘に会いに行くという女の役。


未亡人殺し

回想シーンで帰国後娘が働いていたバーへ顔を出した時のもの。
厚化粧と派手な服がとてもういてます(笑)。



さて、今回相田と富枝が旧知の仲で、心を通わせていた関係だったこともあり
回想する場面でキスシーンや、終盤媚薬を飲まされてベッドインするシーンがあります。


未亡人殺し


特にキスシーンはいたるところで登場し、ちょっとうざくもあった。


これは相田古志郎演じる愛川欽也が、冗談まじりでしょうけど
「どうして俺の役は美女にモテないのかなぁ。
二枚目とは思ってないけどさ。」と不満を漏らしていたらしい。


この時すでにシリーズは人気があった。
あるロケで愛川欽也が斎藤武市監督らに
「濡れ場も考えてよ」と冗談交じりに話したのがきっかけで
今回のラブシーンが実現したというわけだ。


台本を見た愛川は大張り切りで撮影に入ったが
その後は、夜の海に裸で入るというシーンだった。
水の冷たさが身に染みたかすっかりと頭を冷やしたようで
「やっぱりこの方が相田古志郎らしいや。」ということに落ち着いたようです。




************ 殺しシリーズ ************

1. 「息子殺し・エジプト短剣の謎」

2. 「女主人殺し・寝室に鍵を・・・」

3. 「女優殺し・霧の湖畔を死体が歩いた」

4. 「若妻殺し・披露宴から消えた白いドレスの女」

5. 「未亡人殺し・妖しく燃える湘南夫人の完全犯罪」

6. 「花嫁殺し・沖縄新婚旅行連続殺人!」

7. 「婚約者殺し・飛騨高山・露天風呂に誘った美しい女」

8. 「人妻殺し・会津磐梯高原-五色沼、逆さ吊りの死体の謎…湖畔に誘ったペンションの女」

9. 「美人秘書殺し・日光鬼怒川、婚約披露パーティー・アーチェリーの矢が血に染まる…」

10.「美人コンパニオン殺し・三河湾”鳥落し”死の断崖から生きかえった女」

11.「新妻殺し・東尋坊―金沢―芦原温泉、北陸ツアーに怨みの手裏剣が散った…」

12.「美人外科医殺し・南房総リゾート病院の秘密!豪華クルーザーの乗客に真犯人が…」













                         
                                  
        

「京都大法恩寺 快慶・定慶のみほとけ」@東京国立博物館平成館

category - 美術・展覧会レポート
2018/ 10/ 23
                 
東京国立博物館の平成館で行われている
「京都大法恩寺 快慶・定慶のみほとけ」へ行ってきました。


聖観音菩薩立像 国立博物館平成館


本当は快慶・定慶のみほとけを見た後にルーベンス展へ行こうと思ったのですが、
家を出てくるのが遅かったため駅から近い西洋美術館から鑑賞をスタート。


お昼ご飯を食べて午後13:30近くから快慶・定慶のみほとけを見始めました。


お腹が満たされて眠気も出てきた時間帯で、「平成館混んでないといいな」と思いながら
会場へ向かう。
今回、平成館ではふたつの展覧会がやっており平成館の3,4室のみとなっている。
事前情報で展示数が多くないと知っていたので、ありがたいと思った。


平成館というと作品数が多く混んでいるイメージがあり、
疲れている体でどこまで体力がもつかしら?とやや不安があったので助かった。
なんせ去年の「運慶展」は平日でも混雑がすごかったので…



今回は土曜日の午後でも混雑はなく、作品も大きめのものが多くて少ないので
楽々見ることが出来ました。


みどころは快慶の十大弟子立像がそろって寺外初公開されること。


清貧を貫いて日々修行したという”頭陀第一”の大迦葉は顔が怖い!
「清貧」という言葉がもともと苦手な私は、大迦葉が一番恐ろしく感じた。


ホッとしたのは眼は見えませんが、心の目で見通せますーという
”天眼第一”の阿那律の穏やかな表情。
受容してくれるような雰囲気がまたいい。



さて、もう一つの見どころですが肥後定慶の六観音菩薩像ですが、
そのうちの聖観音のみ撮影が可能となっています。


聖観音菩薩立像

≪聖観音菩薩立像≫ 肥後定慶  鎌倉時代 

なんでも定慶って名前は四人ほどいるそうで、肥後定慶となっているそうな。



ということで本当にサクサクサクッと見終えることが出来て良かったです。