FC2ブログ
2019/01/31
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/20
2019/01/20
2019/01/19
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2019年01月

        

神保町 上海庭の牛バラ煮込み丼

category - グルメ
2019/ 01/ 31
                 
去年5月、神保町シアターに「淑女は何を忘れたか」を見に行った時に、
「上海庭」という中華料理のお店でお昼ご飯を食べてきました。




神保町 上海庭



ランチタイムはコーヒーとお茶がサービスでついてくるようです。



神保町 上海庭


ニラレバにもひかれたのですが、牛バラ煮込み丼に挑戦することにしました。

やってきたのがコチラ。



神保町 上海庭 牛バラ煮込み丼



なんだかサラダがザックリしていて、盛り付け方も大雑把。
メインの牛バラも見た目は自分が予想していたのと違う感じでした。


神保町 上海庭 牛バラ煮込み丼


やはり牛バラ煮込み丼は食べてみると、国内で食べる中華料理というよりは、
中国で出された料理といった大味な感じで非常にイマイチ。
単調な味付けかつ牛バラが固すぎてある程度食べて残してしまった。



神保町 上海庭 牛バラ煮込み丼

この中で美味しかったのはスープくらいか。



お店は中国人がやっているようで、お客さんも馴染みの中国人が多かったです。
こういう味はやっぱり中国人向けなのかと思いきや、
時間がたつうちに近くのビジネスマンと思われる日本人のお客さんたちも来店し始めたので、
一概にそうとも言い切れないのかもしれませんが。








            
スポンサーサイト



            
                                  
        

「扇の国、日本」@サントリー美術館

category - 美術・展覧会レポート
2019/ 01/ 27
                 
1月20日まで六本木にあるサントリー美術館で行われていた
「扇の国、日本」展へ行ってきました。




「扇の国、日本」@サントリー美術館



扇は日本で生まれたというもので興味がわき急きょ行ってみたいという気持ちになりました。
中国で生まれたうちわを元に折り畳み式の扇が発明されたということで、
扇専門の展覧会は珍しいと思いました。



「扇の国、日本」@サントリー美術館



私が行ったのは最終日だったので、12月で展示終了になっているものもあり、
見たかったもののうちいくつかは残念ながら見ることは出来ませんでしたが、
扇の歴史や文芸とのかかわりなどを知ることが出来て良い機会となりました。




東京での会期は終了しましたが、3月20日~5月6日まで
山口県立美術館で巡回されます。




                         
                                  
        

「大密室殺人事件」 (1991年)  大密室シリーズ第1弾

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 01/ 26
                 
大密室シリーズ第1弾。



●「大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状
黒猫が知っているトリックの怪!」  1991年1月26日
原作: 大谷羊太郎  大密室殺人事件 (光文社文庫)
脚本: 石倉保志
音楽: 羽田健太郎
監督: 松島稔
制作: 東映
出演: 植木等、錦織一清、財前直見、
中島ゆたか、根上淳、高田敏江ほか




警視庁捜査一課・河津警部(北村総一朗)のもとに
渋谷西署から新米刑事の村岡紀夫(錦織一清)が配属された。
張り切る村岡にベテランの八木沢庄一郎警部補(植木等)は
「頑張り過ぎて息切れしなさんな」とアドバイスする。



大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!



だが、その夜さっそく奇怪な難事件が起こり着任早々頭を悩ますことになる。



それは、東京の不動産会社社長・黒住泰造(根上淳)の屋敷で
執事の池上(相馬剛三)が短剣で首を刺されて死亡した事件だった。
現場は黒住の書斎で戸や窓は全て内側から施錠された密室で
池上は裁縫用の針と糸を握りしめて死んでいた。



黒住はモデル上がりの年の離れた絵理花(中島ゆたか)と結婚している。
新潟出身の黒住の周囲は、池上をはじめ彼の紹介で雇われた
お手伝いの小田切初枝(財前直見)、運転手の見川要次郎(高原駿雄)
という新潟出身者で固められている。


大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!




夕食の後片付けを終えた初枝が絵理花が可愛がっている黒猫のミーちゃんを
探し回っていたところ書斎で男のうめき声を聞きつけて
屋敷に来ていた会社の社員、ハイヤマ(草川佑馬)と宍戸(加藤善博)が
外から窓を破り池上の死体を発見した。



絵理花は河津たちに最近黒住宛に
「秘密をバラされたくなかったら三千万円よこせ」という脅迫状が届いていたことを知らせた。
黒住は脅迫状の存在を警察に知らせたくなかった様子だったが
尋ねられるまま重い口を開いた。


二十五年前、東京に出る前の黒住は新潟である放火事件を目撃した。
出稼ぎに出た夫が留守の間に妻のトクコが生後一か月の息子と一緒に
殺されて家に火を放たれたのだ。


大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!




黒住が見た時はもう手のつけようもなく消防団が消火作業につとめたものの
親子は黒焦げの死体となって発見され犯人は捕まらないまま迷宮入りしていた。



脅迫状の送り主は、黒住がその犯人だといい金を要求してきた。
しかも送り主は自分の父親が黒住だと思い込んでいて
「あやうく殺されかけたお前の息子より」と署名している。


トクコと一緒に黒焦げ死体となった息子が生き返って
黒住を恐喝しているというバカげた話だった。



その後、池上が握っていた針と糸は新潟で洋裁学校へ行っていた初枝のもので
池上はギャンブルに金をつぎ込み借金があり家賃の更新を口実に
初枝から五十万円借りていたことが判明する。
八木沢は初江の部屋に長い巻き尺があることに違和感を持った。



大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!




池上がなぜ黒住の書斎で殺されたのか、なぜ二十五年も前の事件で
今頃黒住に脅迫状が届いたのか謎が残る。
河津は二つの事件を並行して捜査を進めることにした。


捜査を進めるうち、黒住がトクコと付き合っていたことから
放火事件の時に事情聴取を受けていたことがわかる。



村岡は屋敷に出入りしたとき絵理花が不審な電話を受けているのを目撃し
彼女を張っていたが尾行をまかれてしまい相手を割る出すことが出来なかった。



大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!




そんな時、捜査を進めていた八木沢がある重大な情報を掴んだ。
河津は八木沢のパートナーに新人の村岡を抜擢する。
殺された池上の友人にコソ泥に扮した八木沢が接近していた。
村岡の任務はその八木沢を逮捕してほしいというものだった。


八木沢が練ったプラン通り村岡は行動を進めるが
悪人たちのたまり場の飲み屋で逮捕をしようとしたところ
村岡は八木沢に抵抗され逃げられてしまう。


落ち込む村岡に河津は、八木沢があのときアッサリと逮捕されていたら
これまでのことが芝居とわかり八木沢の命が危なかったことを伝えた。
八木沢は命を賭けて捜査とはどういうものかを村岡に教えたのだ。


大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!



村岡はその期待に応えるべく初枝を尾行しているうちに
彼女があの時のバーのマスター・崎岡専二だということを掴んだ。
八木沢の話しでは池上が親しく付き合っていた友人も崎岡であり
黒住たちと同じ新潟出身であることがわかった。



八木沢と村岡は池上殺しとトクコ親子の事件は繋がりがあると確信し
新潟へ調べに行くことにした。
そこで、トクコの親友が崎岡の母・光子(高田敏江)だという情報を得た。
生きていればトクコの息子は崎岡と同い年である。



その頃、黒住のもとにまた脅迫状が舞い込んだ。
警察に二十五年前の事件をつっつかれたくない黒住はそれを燃やすと
絵理花に気晴らしに週末伊豆の別荘へ行こうと提案する。



大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!


実は絵理花も宍戸と関係していて密会写真をネタに何者かから脅迫を受けていた。
脅迫者は五百万円の受け渡し場所として伊豆の別荘を指定していて
その偶然に驚きながらも黒住の提案に賛成する。


伊豆の別荘に池上が殺された人同じメンバーが集まる。
その夜、別荘の外で張り込んでいた八木沢と村岡は別荘に入る人影を目撃。
物音がする部屋の扉を壊して中へ入ると首を短剣で刺された崎岡の死体を発見する。


死体が見つかった床にはプラスティックで出来た扉があり
その下には三千万円と五百万円が入ったボストンバッグが残されていた。


またしても密室で池上の事件と手口が同じことから同一人物による犯行とみられた。
今回は仕掛けが残されていたことから八木沢が密室トリックを解明する。


大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!



ロープの先に短剣を巻きつけ梁を通してプラスティック扉の板と繋げている。
金を隠すためにその扉を下に開ける場合は何も影響がないが
金を取り出そうと上へ開けた場合には吊るした短剣が上から落ちてくるという仕組みである。



崎岡の遺体を確認しに来た光子は崎岡が黒住とトクコの息子であることを告白。
黒住に結婚の意思がないことを承知で出産しその後見合いで結婚していた。
うっかり自分の息子を死なせてしまった光子は放火事件の日
殺されたトクコのそばで泣いていた崎岡と自分の息子を交換した。
最近になり光子はこのことを崎岡に話し復讐心を抱いた崎岡は家を飛び出したという。


光子はトクコを殺し火を放ったのは黒住だと信じているが
黒住は本当に殺してはいないと必死に訴える。
八木沢は黒住が三千万円しか要求してないと話したことから
池上と通じていた崎岡が仲間と絵理花と宍戸の関係を知り恐喝していたと推理。



大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!



犯人は自分を裏切って金を独り占めするのを見越して罠を仕掛けて崎岡を殺す。
一行が引き揚げた後に死体と仕掛けを始末し金を持ち去ろうと計画していた。
ところが八木沢たちが死体を発見してしまったことで計画が狂ってしまった。


八木沢の推理を聞いた村岡は、別荘の後始末のために残る初枝に疑いをかけた。
逮捕することが忍びない村岡は初枝に自首を勧めるが彼女は答えないままその場から立ち去った。


翌朝、初枝は見川を呼び出した。
黒住たちが別荘を引き上げた後、残る予定だったのは自分以外に見川しかいない。



見川は二十五年前職にあぶれており、夫が出稼ぎで留守になっていたトクコの家へ強盗に押し入った。
ところが寝ていたトクコが目を覚ましたため彼女を殺害すると家に火を放って逃げた。
崎岡はトクコを殺したのは黒住だと信じていたが、真犯人見川によって自分も殺されてしまった。
見川は真相を知った初枝を殺そうとするが八木沢らが到着し阻止された。



大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!




新潟時代、見川と池上は土地を売れば仕事をやると言われ二束三文でたたかれ
その後東京で実業家として成功した黒住を恨んでいた。
ある日、池上が飲み屋で知り合った崎岡の出生の秘密を知り
黒住を脅して金を奪おうと計画を立てた。



脅迫状を出して黒住を怯えさせ、本気であることを示すために池上は
書斎に忍び込むと大工をしていた崎岡から巻き尺を借りて
短剣を天井に吊るし自動的に落ちるという仕掛けを施した。



池上が針と糸を持ち去ろうと短剣のある場所に移動したとき
猫を探しに来た初枝の声を聞き猫が動いたために仕掛けた罠が実行され
運悪く池上の首に刺さり死んでしまった。



仕掛けに使用した巻き尺が現場から発見されなかったのは
初枝が偶然それを見つけて恋人である崎岡の犯行と気づき隠したためだった。


こうして仲間をひとり失った見川と崎岡は予定通りに計画を遂行する。
しかし、崎岡の裏切りを予測した見川が金が隠されている部屋に罠をしかけ
独り占めしようと忍び込んできた崎岡は死亡したというのが真相だった。



大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!



八木沢は初枝に崎岡は母親の復讐だけではなく金が目当てで黒住を強請ったことを告げた。
初江は自分が愛した崎岡の正体を知り欲望のためだけに犯行を犯した彼を庇ったことを恥じた。
彼女は自分の罪を償い、きれいな心を取り戻した時には村岡に連絡することを約束した。









大密室殺人事件 (光文社文庫)



ベテラン植木等と新米刑事の錦織一清が難事件に挑むシリーズの第1作目。


若いころの、ニッキが初々しく魅力的に描かれている。

大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状 黒猫が知っているトリックの怪!





同時期には植木等が川崎麻世を助手に探偵役を演じるシリーズがあるのだが、
こっちのシリーズの方が面白い。



久我京介はどこかおとぼけな部分があるものの
今回の八木沢刑事はかつての「無責任時代」のように
久我京介よりもコミカルな演技も多く楽しめる。


それでいて村岡に対しての父性的な部分も表現されていて
メリハリがあるのもいい。


殺人の舞台となる黒住邸や、別荘もちょっと怖いような雰囲気を醸し出している。





※※※ 大密室シリーズ ※※※


1. 「大密室殺人事件・殺された息子からの脅迫状・黒猫が知っているトリックの怪!」

2. 「越後七浦殺人海岸・大密室の奇妙な死体交換の謎?女子高生が壁の中に消えた!」




                         
                                  
        

「法医歯科学の女」 (1997年)  シリーズ第1作

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 01/ 25
                 
法医歯科学の女シリーズ第1弾


九州・屋久島の観光地で人間の頭蓋骨が発見された。
鑑定を依頼された女歯科医は刑事と共に現地へ向かい
犯人探しにまで乗り出す。




●「法医歯科学の女・屋久島~指宿
バラバラ死体が海を渡る!?」  1997年1月25日
脚本: 田中ひろみ
監督: 岡本弘
制作: 大映テレビ
出演: 中村あずさ、鶴見辰吾、鳥越マリ、京本政樹、
未来貴子、あいはら友子、下川辰平、小泉博ほか



歯科医の一ノ瀬美里(中村あずさ)は、東都歯科大学の法医歯科学
教授・村松(小泉博)の助手をつとめている。


鹿児島県屋久島でバラバラ死体と思われる人間の頭蓋骨が発見された。
県警の木戸勇太(鶴見辰吾)は法医学の権威である村松に鑑定を依頼に行くが、
学会続きを理由に美里が現地へ向かうことになった。



法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?





美里は被害者は五十代の男性だと鑑定し、失踪中の観光ホテル社長・室井泰三(黒部進)と断定された。
無理の娘・咲子(菊地あけみ)は、犯人は後妻のかおり(未来貴子)だと言い出した。
ホテルの乗っ取りを企んだかおりがテニス講師・西島慎司(京本政樹)と共謀して殺害したというのだ。



法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?





室井のホテルへ行った美里はそこで大学時代の友人・有加(鳥越マリ)と再会する。
有加は室井の甥でホテルの副支配人・守口幹也(石田登星)の妻におさまっていた。



法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?



美里は室井が指宿で埋められてから屋久島に埋め変えられたのだと指摘する。
生前の室井は、かおりと西島の不倫を疑っておらず、彼に屋久島での仕事も世話をしていた。
このことからも木戸は西島が室井を殺したものと考えていた。


咲子はかおりが妊娠し、室井は遺言状を作成しようとしていたが、
行方を絶った後に流産し結局室井と西島どちらの子供かわからなかったと
美里たちに話した。


法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?



これを受けて木戸たちはかおりに事情を聴きに行くと
室井の義妹で女中頭の富永妙子(あいはら友子)が裏の空き地を漁り
何かを探している素振りだったことを聞き出した。



法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?




県警には元警察権のタロウを夫婦で引き取って育てている
五十嵐良吉(下川辰平)がいる。
美里は木戸、五十嵐と一緒に妙子を張っていると
夜になってスコップを手にした妙子が何かを掘り起こそうと動き出した。


だが、妙子は以前、西島が行方不明になった室井は裏の空き地に埋められているのではないかと
口にしていたことから、もしかしたら死体が埋まっているのではないかと思い調べようとしただけだった。
その後、警察が現場を掘ってみると人骨が見つかり、鑑定の結果室井のものとわかった。


法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?




木戸は西島を車で追うが、途中で見失ってしまった。
その後、身元不明の焼死体が発見され歯の歯石除去から、デンタルクリニックを割り出しカルテから被害者が守口だと明らかになる。
しかし、美里が調べた結果は歯の咀嚼筋からみて守口ではないと判断された。



法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?



それを知った木戸が美里の宿泊先を訪ねると外出した後だった。
不吉な予感を覚えた木戸は、タロウを連れた五十嵐とともに美里の行方を追う。




その頃、有加から呼び出され美里が到着すると、現れたのは死んだはずの守口だった。
焼死体は美里の見立て通り守口ではなく、彼に殺された西島のものである。



法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?





守口は会社の金を投機につかい失敗して損を出していた。
あの日、室井からそれを指摘されホテルから出ていくよう言い渡された守口は、
室井を絞め殺して指宿に埋め、頃合いを見計らって頭蓋骨だけを
屋久島に浅めに埋めなおしすぐに発見されるように仕組んだ。


法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?



これで守口の思惑通り、屋久島へ通っている西島と、
不倫の噂があるかおりに容疑の目が向けられた。



しかし、室井の死体を埋めるところを西島に目撃され、
金を強請られた挙句に有加の体まで要求された。



守口は口実を設けて西島に自分の保険証を渡し歯医者へ行かせる。
そして、容疑者としてマークされた西島を呼び出して殺害し、
身元がわからないように黒焦げに燃やした。



美里は歯石除去のトリックは歯に詳しいものではわからないといい、
呼び出した有加も犯行に加わっていたことを知る。



法医歯科学の女・屋久島~指宿 バラバラ死体が海を渡る!?


守口は全てを知った美里を殺そうとしたところへ、
美里の匂いを追ってきたタロウに導かれた木戸たちが到着する。
老犬タロウはかつての警察犬時代を思い出したのか、
美里の危機を救う大活躍を見せた。



こうして美里は歯科学の分野だけにとどまらず、
犯人逮捕に大きく貢献し東京へと帰って行った。



法医歯科学の女シリーズ


1. 「法医歯科学の女・屋久島~指宿・バラバラ死体が海を渡る!?」

2. 「法医歯科学の女・網走オホーツク海・流水が運んだ白骨死体の謎!」 





                         
                                  
        

「カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる」 (1987年)

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 01/ 24
                 
不可解な連続殺人事件に巻き込まれた主婦が,
自分にかけられた容疑を晴らすために真相解明に奔走する。




●「カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる」
1987年1月24日
脚本: 篠崎好
音楽: 黒住憲五
監督: 村川透
制作: スタッフアズバーズ
出演: 市毛良枝、中山仁、春川ますみ、
藤岡琢也、中原早苗、三条美紀ほか



久保川牧子(市毛良枝)は、毛皮のセールスマンをしている夫・圭介(中山仁)と
離婚を考えるようになっていた。



牧子は近所に住む主婦仲間の早苗(春川ますみ)、大友文江(中原早苗)、
辻美也子(富田晃代)と一緒にカルチャースクールに通っている。
ある日、早苗の提案で四人の間で生命保険を掛け合うことにした。




その後、美也子が樋口一葉ゆかりの地で、ヨガのポーズのまま殺害された。


カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる




捜査を担当した小山田刑事(藤岡琢也)は、樋口一葉とヨガの講座を取っているのが、
牧子たち四人であることからアリバイを調べ始める。
その頃、文江は友人と電話をしていて、早苗は家政婦の木村しず子(三條美紀)が証言した。


カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる





アリバイがないのは牧子だけで、しかも美也子がかけた三千万円の保険金の受取人は
牧子であることから小山田は疑いを抱いた。
牧子は美術商の仕事もしており、一千万円の穴をあけていたことを知った
小山田は牧子を厳しく取り調べる。



カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる


警察から釈放された牧子は、文江から気晴らしにと秘密のパーティーに誘われた。
イブニングドレスに身を包んだ牧子が行ってみると、参加者はアイマスクをつけて変装し、
名乗り合わないといういかがわしいものだった。




パーティーの主催者は香取夫人という女性で、文江が夫人と姿を消した後、
外国人メンバーからの強引な誘いを振り切り牧子はその場から逃げ出してしまう。



カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる



逃げ出す時牧子は参加者の男のひとりの仮面を剥いで素顔を見ていた。
同じホテルで毛皮の展示即売会の仕事で来ていた圭介は、
ドレスを着た牧子が走って帰るところを目撃した。



翌日、文江が美也子とおなじようにヨガのポーズをしたまま殺されているのが発見される。
牧子は小山田に昨夜のパーティーの事を話すが、ホテルではパーティーは行われてなかったと否定され、
牧子の容疑はますます濃くなっていった。


カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる



捜査を進める中で、圭介が借金の保証人となり退職金を前借していることが判明。
小山田は圭介が美也子の保険金を横取りしようとしているのではないかという
疑惑も持ちはじめてきた。
牧子は小山田に圭介との離婚を考えていることを打ち明けており、
夫婦仲がしっくりいってないことを知っていた。


牧子は掛けられた容疑を晴らすために懸命に走り回っていた。
ある日、圭介がやっている毛皮ショーを見に来ていた牧子は、
圭介と話す男があの時のパーティーに出ていた男であることを知った。
男は原田(藤木孝)で、圭介の元の同僚だった。


カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる




そんな中、牧子にしず子から話があるから寺の境内に来いと呼び出しの電話を受けた。
行ってみると牧子は背後から襲われてしまい、その人物の腕にかみつき事なきを得た。
そこへ圭介がやってきて安心した牧子はその場で意識を失ってしまう。


気がついた時にはホテルの部屋で圭介とふたりでいて、
早苗の家の家政婦のしず子がヨガのポーズで殺されていることを知った。
圭介の腕には傷があるが、本人は木の枝で傷つけたものだという。



カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる



圭介は商社が接待用に高級売春組織作っているという噂を聞き、
牧子と正装してパーティー会場へと向かった。
牧子は会場の中でついに原田と一緒にいる香取夫人を捕まえた。




香取夫人の正体は早苗であり、原口と愛人関係になったことから転落していった。
原口との結婚を真剣に考えていた早苗は、原口が売春のために開催したパーティーの
参加者を集めるために美也子と文江を誘っていた。



だが、香取夫人が早苗だと知って金をゆすってきた美也子と文江を殺害したのだ。
早苗は自分に容疑がかからないよう保険を掛け合う事を提案して、
牧子を保険の受取人になるよう仕向けた。
それは幸せそうに見えた牧子への妬みでもあった。



美也子殺しの時早苗のアリバイの偽証をしたしず子だったが、
変装用の銀髪のかつらを早苗が持っていたことから、
香取夫人の正体がわかったために牧子にそれを伝えようとしたために殺された。
早苗はアリバイつくりのために自宅で夫と一緒に牧子からの電話を受け、
原田がしず子を殺害してヨガのポーズをとらせた。



カルチャースクール連続殺人事件・人妻の死体はヨガのポーズで横たわる



早苗の夫はロリコンで夫婦の仲はだいぶ前から冷え切っていた。
原口はそんな早苗の心のスキをついて利用しただけであった。
圭介は原口の家庭は円満で出世の妨げになる離婚をするつもりがないことを暴露する。



小山田らがやってきて早苗たちが逮捕され、牧子は圭介との幸せな結婚生活へと戻って行った。




                         
                                  
        

「花嫁の鮮やかな完全犯罪」 (1993年)  カトリーヌ・アルレー 『黄金の檻』

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 01/ 23
                 
財閥の御曹司である婚約者が事故死した。
彼とそっくりな男を替え玉にして財産乗っ取りを企む花嫁。



●「花嫁の鮮やかな完全犯罪・成功率50%に魅せられて…
900億円財産乗っ取り計画」  1993年1月23日
原作: カトリーヌ・アルレー 「黄金の檻
脚本: 福田善之
監督: 斎藤武市
制作: 東映
出演: 大地真央、草刈正雄、金田龍之介、
並木史朗、水城蘭子ほか



花嫁の鮮やかな完全犯罪



ピアノ弾きの冴子(大地真央)は、ふとしたことから知り合った
財閥の御曹司・礼士(草刈正雄)と結婚した。



しかし、新婚早々に礼士はモーターボートの事故で死亡する。
冴子は事故現場で礼士そっくりの男・山田(草刈=二役)と出逢う。


元の貧しい生活に戻りたくない冴子は山田を礼士の替え玉にして、
莫大な財産を手に入れる計画を立てる。




黄金の檻 (1963年) (創元推理文庫)




アルレーの「黄金の檻」は「化けた花嫁・財産乗っ取り計画」というタイトルで、
1980年にも山本陽子、田村亮で制作されている。




                         
                                  
        

京都殺人案内シリーズ第7作 「麻薬にけがされた修学旅行女子高生」 (1983年)

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 01/ 22
                 
修学旅行中の女子高生が相次いで死体となって発見された。
藤田まことの京都殺人案内シリーズ第7弾!



●「京都殺人案内・麻薬にけがされた修学旅行女子高生」  1983年1月22日
原作: 和久峻三  
脚本: 保利吉紀
音楽: クロード・チアリ
監督: 八木三津雄
制作: 松竹
出演: 藤田まこと、宝田明、鮎川いずみ、
遠藤太津朗、笠野剛、加東けいほか



京都殺人案内・麻薬にけがされた修学旅行女子高生




京都市の郊外で修学旅行中の静岡の女子高生・小山久美(笠間一寿美)が殺された。
京都府警の音川音次郎(藤田まこと)が捜査に乗り出す。
当初、暴走族のバイクによるひき逃げ事故と見られたが、その後族のひとりのバイクが
盗難にあっていたことが判明した。



そんな折、今度は秋田の修学旅行の女子高生・今村京子(上杉あつこ)が
深泥池から水死体となって発見される。
死因は大量の覚せい剤を打たれたことによあるショック死だった。



京都殺人案内・麻薬にけがされた修学旅行女子高生



音川は久美のこめかみあたりに陥没していたのが気になった。
犯人はバイクに乗り久美を金づちのようなもので殴り故意に殺したものだと考えた。



二人の殺害現場は車で5分程度の場所で、死亡推定時刻も5時間程しか離れていない。
修学旅行中の高校生が二人も連続して殺害されたことにひっかかるものを感じたが、
静岡の久美と秋田の京子の繋がりがわからない。


だが、その後の捜査で二人が京都で会っていたことが明らかになった。
音川の捜査で鹿児島の中学の仲良し三人組のうちの二人だと判明。
鹿児島へ出張に行った音川は、残るひとりの篠沢由美(岩田典子)は農薬を飲んで自殺をしていた。
音川は久美と京子の殺害は、由美の自殺が原因となっているのではないかとみた。


京都殺人案内・麻薬にけがされた修学旅行女子高生




京都に戻った音川は、久美と京子が坂本龍馬の墓へ行った後に、
国際会館へ向かったとの情報を得て小杉刑事(高品正広)と話を聞きにいった。
ふたりは会館で行われていたシンポジウムに出席していた
高名な学者・草森伸一郎(宝田明)に会うために来ていたらしい。



京都殺人案内・麻薬にけがされた修学旅行女子高生


音川は行きつけの喫茶店「がん古」のママ・菊子(鮎川いずみ)が七年前の
ホステス時代に草森と恋愛関係にあり店にも顔を見せていたことから顔見知りの間柄だった。
草森は二人は自分の著書にサインを求めに来ただけだと音川に説明するが、
二人の遺留品からは草森の書籍は見つけられなかった。
音川は草森に容疑の目を向け、彼の本を購入し昔バイクを乗り回していたことなどを知った。


京都殺人案内・麻薬にけがされた修学旅行女子高生




草森を容疑者として動き回る音川に、秋山課長(遠藤太津朗)はいい顔をしない。
案の定、上層部からも圧量がかかりはじめる。


そんな中、音川は久美たちが由美の墓参りをしていた事実を掴んだ。
そこからついに由美の遺書を発見し、草森が由美に暴行を働いたことが原因で、
自殺をしたことが明かされていた。



京都殺人案内・麻薬にけがされた修学旅行女子高生



草森は戦時中ジュンコという少女と恋に落ちたが、ある日彼女は犯され草森を避けるようになり
その後の空襲で死亡した。


35年後、鹿児島の地を訪れた草森は、偶然道で由美と出会った。
彼女にジュンコの面影を見た草森は由美を犯してしまい、それが原因で由美は自殺した。


久美たちは由美から頼まれていた通り由美の恥ずかしい秘密を守ってきたが、
それではいけないと思い、あの日草森に会いに行ったのだった。



************ 京都殺人案内シリーズ 記事一覧 ************


1. 「花の棺」

2. 「呪われた婚約」

3. 「嫁ぎ先の謎」

4. 「亡き妻に捧げる犯人」

5. 「母恋桜が散った」

6. 「男女の水死体はどこから来たか」

7. 「麻薬にけがされた修学旅行女子高生」







                         
                                  
        

「新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係」 (1996年)  シリーズ第2弾

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 01/ 20
                 
阿部寛と石橋蓮司のコンビが活躍するシリーズ第2弾。



新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係




●「新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人!
疑惑の美人女医と刑事の危険な関係」 1996年1月20日
脚本: 柏原寛司
音楽: 義野裕明
監督: 皆元洋之助
制作: 東通企画
出演: 阿部寛、原日出子、石橋蓮司、
川島なお美、原田大二郎ほか





新宿東署の元村大作(阿部寛)は強盗(井出らっきょ)を追ううち
廃屋で不審な四人組と遭遇した。
その後、命を狙われた大作はバイクの事故にあい病院に収容されたが、
上司の鬼塚伝次郎(石橋蓮司)は大作の死亡を発表し、
コカインの密売組織の秘密捜査にあたらせようとする。




新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係




密売組織の捜査をしていた麻薬取締官が殺され
前島正樹(原田大二郎)が新宿東署に情報を求めにやってきた。
密売組織の捜査について前島から出過ぎたマネはするなと釘を刺されながらも、
鬼塚はコカイン密売の疑いがある芝浦のクラブに大作をボーイとして潜入させた。



大作はホステスの栗原みゆき(川島なお美)客ともめたところに仲裁に入り、
怪我を負ったことで診療所の女医・刈谷恵子(原日出子)と知り合う。
恵子は鬼塚が思いを寄せている女性だった。



新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係




やがてクラブの店長・岩井満(高峰圭二)が何者かに殺された。
殺害された夜、恵子が岩井と会っていたことがわかり、
診療所からコカインを見つけ出した大作に恵子はビデオを見せた。




そこには岩井が恵子にコカインの横流しをしている映像がおさめられていた。
密売組織の元締めが宮坂商事の社長・宮坂四郎(亀石征一郎)と
岩井の後任店長となった松本光次だと明かし彼らを強請るネタを集めているのだと話す。


新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係



そして、大作が金を欲しがっていると思い込んだ恵子は大作と手を組むことにした。




クラブに来た松本は死んだはずの大作がボーイとして潜りこんでいるのではないかと疑いはじめ
仲間たちに大作を襲わせアパートの部屋も荒らされていた。
大作が廃屋へ行って以来、命を狙われるようになった。




鬼塚を伴って廃屋へ行ってみると、白い粉を見つけコカインの取引現場に遭遇していたことが明らかになる。
大作は恵子が宮坂を強請るためにコカインを買っていることを話し、
鬼塚に恵子が話していた宮坂らに利用された挙句に自殺をした病院を洗うように依頼した。




新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係



その後アパートへ帰るとみゆきがいて、彼女がコカイン中毒だと知りやめるように必死に説得するが、
やり取りの中で大作が刑事であることがバレてしまう。
松本たちは大作の正体を暴くためにみゆきをつかい探らせていたが、
自分のことを心配してくれた大作の思いを受け取ったみゆきは、
大作は刑事ではないと嘘の報告をし、コカインをやめる決心をつけた。




新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係



みゆきは大作に何もかも明かすつもりで明日の朝マンションへ来てほしいという。





恵子は宮坂たちに診療所で麻薬の取引をすることを提案し、
明日、取引が行われることを大作に打ち明けた。
彼女はいつも証拠になるようにビデオに彼らとのやり取りを残していて、
今回も交渉した時の映像を見せる。



新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係




翌朝、みゆきのマンションへ行った大作は彼女の刺殺体を見つけ、
鬼塚に連絡をとると恵子が自殺した病院の院長の一人娘であることを知り、
彼女が父の復讐のために宮坂に近づいているのだと悟った。



鬼塚に恵子が今日宮坂とコカインの取引をする予定だと打ち明け、
大作は急いで恵子のマンションへ向かうが部屋は空っぽだった。
残されていたビデオテープには前島が麻薬取締法違反容疑で逮捕した場面が映っていた。



新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係




前島の手のアザを見た大作は廃屋で見た四人組のひとりが、
前島であったと気がついた。
あの時、大作にはシルエットしか見えなかったが前島は顔を見られたのだと思ったのだろう、
それで口封じのために大作をバイクの事故に見せかけて殺そうとしたのだ。



麻薬取締官の前島は押収した薬を宮坂に売りさばき、
これに気づいた部下や横流しした岩井を殺した。
そして、恵子の正体を知った前島は逮捕すると見せかけ、
宮坂商事に恵子を連れ込み口を封じようとしていた。




新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係



恵子は宮坂から父は自殺でなく彼らに殺されたのだと知らされる。




そこへ駆けつけた大作が恵子の窮地を救い、
鬼塚らに前島たちは逮捕され事件は解決した。



新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係



大作の活躍もあり恵子の目の前で犯人を捕まえた鬼塚だが、
彼の恋は成就することなく終わる。




************ 新宿ラブストーリー事件簿 ************


1.「新宿ラブストーリー事件簿・美人通い妻殺人!不倫エリート助教授の秘密」

2.「新宿ラブストーリー事件簿・”白い粉”連続殺人! 疑惑の美人女医と刑事の危険な関係」








                         
                                  
        

「ご主人を殺してあげます・豪邸サスペンス・ 若妻の過去に何があったか!?」 (1990年)  

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 01/ 20
                 
●「ご主人を殺してあげます・豪邸サスペンス・
若妻の過去に何があったか!?」
1990年1月20日
脚本: 加瀬高之
監督: 瀬川昌治
制作: 円谷プロダクション
出演: 片平なぎさ、船越英一郎、長門裕之、
園佳也子、中尾彬、竹井みどりほか

ご主人を殺してあげます


実業家宇佐見(長門裕之)の妻靖子(片平なぎさ)は、
昔ソープランドに勤めていた。
宇佐見には内証にしていたが、
当時の客で金に困った木島(笹野高史)から口止め料を要求される。



                         
                                  
        

「狙われた婚約者」 (1985年)  笹沢左保 『暴行』

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 01/ 19
                 
婦女暴行の容疑で失脚した人気キャスターが、真相究明に挑むサスペンス。


●「狙われた婚約者・白衣を襲う暴行魔!
”無影灯は知っていた”」  1985年1月19日
原作: 笹沢左保  『暴行 (徳間文庫)』  
脚本: 国弘威雄
音楽: 菅野光亮
監督: 国原俊明
制作: 大映テレビ
出演: 片岡孝夫、相本久美子、江藤潤、
仲谷昇、村井国夫、谷口香ほか


報道番組で人気のニュースキャスター
上条(片岡孝夫)がホステス悦子(高倉美貴)に
暴行されたとして告訴された。

上条は事実無根を主張するが認められず、
テレビ界を追放された。


狙われた婚約者

上条の親類の看護婦マキ(相本久美子)は
悦子から脅迫電話を受ける。

マキは医師の明人(江藤潤)と婚約中で
悦子はなぜかそれを恨んでいるらしい。

上条はこの事件の裏にある、明人の異常な行動を探り出す。






暴行 (徳間文庫)