FC2ブログ
2019/03/25
2019/03/24
2019/03/23
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2019年03月

        

「河鍋暁斎その手に描けぬものなし」@サントリー美術館

category - 美術・展覧会レポート
2019/ 03/ 25
                 
先日、六本木ミッドタウンにあるサントリー美術館へ
「河鍋暁斎その手に描けぬものなし」という展覧会を見に行ってきました。


「河鍋暁斎その手に描けぬものなし」@サントリー美術館


幕末から明治にかけて活躍した河鍋暁斎。
早く見たいと思っていながらも、会期終了(3月31日まで)間近に
慌てて見に行くことになった。



「河鍋暁斎その手に描けぬものなし」@サントリー美術館


この日は祝日という事もあってか、早い時間帯に行ったのですが
予想以上にお客さんが入っていました。



歌川国芳に入門していた暁斎ですが、彼の修業時代のエピソードは
その独特な風貌とあいまって印象深いものがあります。
「画鬼」という異名も違和感なくしっくりとくる。
実際にはどんな人だったのでしょうか。



そんな暁斎だったので、多様な分野で活躍したようです。
着色と水墨の両方を使いこなしているため、
作品はとてもバラエティ豊かなものとなっており
暁斎の魅力が伝わってきます。



一般的にはおぞましいものと描かれる存在が
遊女に骨抜きにされている絵など着想がユニークでおもしろい。


未完成作品のなかにも目をひくものがあり多様な分野で活躍したという
暁斎のキャリアがそこからも読み取れます。




また、暁斎は長きに渡って絵日記もつけており彼の日常が細かく記されていていました。
イギリスの建築家・ジョサイア・コンドルが弟子入りし
後に書物で暁斎を紹介したことで海外でも深く知られることとなります。
絵日記にはコンドルが描かれているものも展示されていました。



河鍋暁斎 髑髏と蜥蜴

河鍋暁斎  ≪髑髏と蜥蜴≫  1869~70年


背景の木は小さめでぼんやりとしていて、手前の髑髏と蜥蜴だけが異様な大きさかつ
ハッキリとした色彩で描かれているのがおもしろかった。
バックを屋内ではなく戸外にしたことも妙に印象に残るものがありました。




河鍋暁斎 幽霊図

河鍋暁斎  ≪幽霊図≫  1868~70年頃



『幽霊図』は二点並べて展示されていましたが、記憶に残るのはやはりこちらの作品。



河鍋暁斎 花鳥図

河鍋暁斎  ≪花鳥図≫  1881年


豊かで鮮やかな色彩の花鳥図も見事でした。
桃色が中央に置くことでやわらかさが添えられている。



円山応挙を感じさせる作品もありかなり楽しんで帰ってきました。


サントリー美術館はミッドタウンに入っておりアクセスも良く、
周辺の環境もいい気が流れている感じが伝わってくるので
また良い展覧会があればぜひ行きたいと思っています。




                         
                                  
        

松本清張の「黒い空・カラスが見た!女財閥殺し」 (1990年)

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 03/ 24
                 
邪悪な妻を殺した夫とその愛人。
だが、そのころから妻が経営していた結婚式場の上空に不気味なカラスの群れが舞う。


●松本清張サスペンス
「黒い空・カラスが見た!女財閥殺し
呪われた豪華結婚式場」 1990年3月24日
原作: 松本清張  黒い空 (角川文庫)
脚本: 大野靖子
監督: 長尾啓司
制作: 松竹
出演: 藤竜也、万田久子、若林豪、赤座美代子、
橋爪功、柳川慶子、三谷昇、飯島大介ほか


黒い空・カラスが見た!女財閥殺し 呪われた豪華結婚式場




結婚式場「観麗会館」を経営する山内定子(赤座美代子)は
やり手だったが、夫の喜朗(藤竜也)は甲斐性がなく頭があがらない。


その定子が突然姿を消し、自殺されたものとして処理された。
二年後、社長となった喜朗の秘書・規子(萬田久子)の死体が発見される。




黒い空 (角川文庫)




余談ですが、神奈川近代文学館というところで3月16日~5月12日まで
「巨星 松本清張」という特別展をやっているそうです。



巨星 松本清張@神奈川近代文学館


松本清張は作家デビュー前に版下画工だったそうで、
自画像もみられるようです。


その他、原稿なども展示されているようで
スケジュールに余裕があれば行きたいなと思っています。





※※※ 松本清張作品記事一覧 ※※※


■ 「ガラスの城」

■ 「声・ダイヤルは死の囁き」

■ 「顔・死の断崖」

■ 「犯罪広告」

■ 「聞かなかった場所」

■ 「種族同盟・湖上の偽装殺人」

■ 「紐・恐怖の大回転遊覧車」

■ 「帝銀事件・大量殺人!獄中三十二年の死刑囚」

■ 「地の骨・犯罪大学・入試問題を拾った女」

■ 「駆ける男」

■ 「白い闇・十和田湖偽装心中」

■ 「小さな旅館」

■ 「死んだ馬・殺人設計図」

■ 「山峡の章・みちのく偽装心中」

■ 「地方紙を買う女・昇仙峡囮心中」

■ 「書道教授・消えた死体」

■ 「風の息・事故か!謀略か!もく星号三原山墜落の謎」

■ 「事故・国道20号線殺人トリック」

■ 「駅路・謎の伊勢路殺人旅行」

■ 「危険な斜面・白骨になった女」

■ 「殺人行おくのほそ道」

■ 「寒流・銀行を手玉にとった女」

■ 「溺れ谷・蜂は一度刺して死ぬ!」

■ 「連環・偽装心中をあばく女」

■ 「熱い空気・家政婦は見た!夫婦の秘密」

■ 「断線・新妻を棄て、愛人を殺し年上の女と心中した男」

■ 「葦の浮舟・奥飛騨―東尋坊密会の旅」

■ 「証言」

■ 「高台の家・美しい未亡人の妖しいサロン」

■ 「黒い樹海・京都密会の旅殺人事件」

■ 「黒い空」

■ 「数の風景」

■ 「一年半待て」

■ 「霧の旗・獄死した兄は真犯人じゃない! 女の肉体を賭けた復讐の旅立ち」

■ 「鉢植えを買う女」

■ 「状況曲線・巨大談合組織の黒い殺人!男と女が欲望の罠にはまる…」

■ 「黒革の手帖・綴られた男たちの欲望・元銀行OLが夜の銀座に咲かせる悪の華」

■ 「黒い樹海・姉の金沢不倫旅行が連続殺人を呼ぶ!」










                         
                                  
        

サイゼリヤの季節限定メニュー「ナポリジェノベーゼ」

category - グルメ
2019/ 03/ 23
                 
先日、サイゼリヤの季節限定メニュー「ナポリジェノベーゼ」を食べてきました。


現在の限定メニューはふたつあり、本当はもうひとつの「ペストジェノベーゼ」を注文する予定でしたが
こちらは何年か前に平日のワンコインランチで食べたような記憶があるため
食べたことのないナポリの方を頼んでみました。



サイゼリヤ ナポリジェノベーゼ


ジェノベーゼというとバジル入りの緑色のスパゲティを想像してしまいますが、
ナポリジェノベーゼはお肉がたっぷり入った茶色のスパゲティです。




サイゼリヤ ナポリジェノベーゼ


よく見ると、ちゃんとバジルもふりかかっています。

メニューには「玉ねぎ1個分の濃厚な甘さ」と書かれていたのですが
調理している間に溶けていたのかよくわからなかった。


これにたっぷりのオリーブオイルなどを加えて食べましたが
お肉も多めでおいしかったです。


次回はおそらく食べたことがあるであろうペストジェノベーゼにも挑戦してみようかな。




サイゼリヤ いろどり野菜のミラノ風ドリア

他にはひさしぶりに「いろどり野菜のミラノ風ドリア」と


サイゼリヤ エビと野菜のトマトクリームリゾット

はじめての「エビと野菜のトマトクリームソースリゾット」も食べました。


これまでリゾットの方はなんかアッサリしているイメージがあり見送っていたのですが、
食べる前は量が少なく見えたのですが適量でよかった。



トマトクリームソースのリゾットはあまり食べることがなかったのですが、
腹八分目くらいで済ませたいときにはとてもいいメニューだと思った。