FC2ブログ
2019/11/04
2019/11/03
2019/11/02
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

2019年11月

        

傑作推理劇場 「専属殺人事件」 和久峻三、「消えた男」 土屋隆夫 『加えて、消した』 (1980年)

category - 昭和のテレビドラマ
2019/ 11/ 04
                 
傑作推理劇場の「専属殺人事件」と「消えた男」が放送されました。




●傑作推理劇場 「専属殺人事件」  
放送日: 1980年7月24日
原作: 和久峻三  『専属殺人事件』  日本傑作推理12選 (2) (光文社文庫) 収録
脚本: 本田英郎
音楽: 桑原研郎
監督: 千野皓司
制作: テレビ朝日、東映
出演: 辰巳柳太郎、浅茅陽子、横内正、片桐夕子、
浜村純、菅井きん、風見章子、伊沢一郎ほか



若い女弁護士(浅茅陽子)は舅を殺したサトミ(片桐夕子)の弁護を
老齢の弁護士・菅井良介(辰巳柳太郎)と引き受けることになった。



傑作推理劇場 「専属殺人事件」




京都に住むサトミは夫のマサオが金沢へ単身赴任中で
生まれたばかりの娘と舅のヨシタロウ(浜村純)、
姑(菅井きん)の四人で留守宅を守っていた。


毎月マサオから十万円の仕送りがあるが
ギャンブル好きのヨシタロウが独り占めしていた。
姑もパチンコ通いしていてアテにはならず
サトミが飲み屋で働いて一家の生計を立てていた。


公判が始まると検事(横内正)は身内を殺したとして
単純殺人よりも刑が重い専属殺人で事件を扱おうとする。
家計を支えるために働きに出ているサトミに対して
姑はなぜか敵意をむき出しにして激しく憎んでいた。




傑作推理劇場 「専属殺人事件」




菅井らはサトミが職場にも金の無心をしにくるヨシタロウを
殺さざるを得なかったという事件の背景を明るみにするために
証拠集めに奔走していた。




そんなある日、ヨシタロウと同年代の菅原は殺人の原因は
金ではなく性的なものではないかと疑いはじめる。



サトミの家は二間続きの粗末なもので、部屋を仕切る襖には
覗き穴が開いていた。
菅原は姑からヨシタロウが未だに勢力旺盛なことを聞き出し
ヨシタロウがサトミを犯したと確信する。


サトミは暴行されたという恥を世間に知られるのを恐れて
それを否定し続けた。
サトミと同じ年頃の女弁護士は彼女の胸の内を思うと
暴くことへのためらいが生じるが罪を軽くするためには
心を鬼にしなくてはいけないと覚悟する。


傑作推理劇場 「専属殺人事件」



菅原から子供のためにもと説得されて
サトミはヨシタロウが赤ん坊にナイフを突きつけて脅してきたため
体を提供したことを告白した。


この関係はこれまでも度々あったもので孫を人質にして
肉体関係を迫るヨシタロウの異常性が明らかとなる。



こうして菅原たちはサトミの執行猶予を勝ち取ることが出来た。






日本傑作推理12選 (2) (光文社文庫)



//////////////////////////////////////////////////////////////////




●傑作推理劇場 「消えた男」  
放送日: 1980年7月29日
原作: 土屋隆夫  『加えて、消した』  「日本傑作推理12選」 エラリー・クイーン編」収録
脚本: 服部桂
音楽: 東京BGM
監督: 堀川弘通
制作: テレビ朝日、東映
出演: 緒形拳、秋吉久美子、中条静夫、高林由紀子、
北村総一朗、沢かをり、ほか



傑作推理劇場 「消えた男」


東京の大学に勤めている秋津俊輔(緒形拳)が
出張先の京都から帰宅してみると妻の美佐江(高林由紀子)が
見知らぬ男と心中していた。
美佐江は死んでいるが、まだ男は息があった…。


しばらくして、秋津から通報を受け刑事(中条静夫)と
美佐江の妹・佳代(秋吉久美子)が駆けつけた。


秋津は帰宅した時まだ美佐江の体は温かかったと言い
自殺したとすぐには信じられず30分程してから中野医院に電話をしたと証言。
「結局こうするよりほかに方法はありませんでした…」という
美佐江が残した遺書も発見される。



傑作推理劇場 「消えた男」


刑事は中野医院に連絡があった時間と秋津の証言に時間差があるのを
尋ねると秋津はしどろもどろになりながらも辻褄をあわせようとする。


美佐江は十年目にやっと出来た子供を流産してしまい秋津から責められていたこと
病院から睡眠薬を貰っていたことが決め手となり刑事も自殺とみて手を引いた。
しかし、佳代は美佐江の遺書を見て不信感を持ちはじめる。


その後、佳代は秋津の身の回りの世話をするようになるが
死ぬ前の日に美佐江に電話をしたときに誰かが風呂場を使っている気配を感じ
美佐江の恋人だった的場仁一(北村総一朗)が来ていたと直感。
それとなく秋津に探りを入れ始めてきた。


その頃、美佐江の男関係を洗っていた刑事も的場の存在を知り
行方不明になっていることから美佐江の死と繋がりがあるのではないかと捜査をしていた。


傑作推理劇場 「消えた男」




刑事から的場のことを尋ねられた秋津は帰宅すると佳代に
自分に近づいてきた本当の狙いを問い詰める。



佳代は遺書の「佳代さん」という呼び方に違和感を感じていた。
美佐江は手紙でさえも佳代の事を「佳代ちゃん」と呼んでいる。
遺書には「仁一さん」と書かれていて男の存在を消すために
「佳代さん」と細工したのだと考えた。


その通り、遺書は複数枚あり的場との関係が綴られ
流産した子供の父親も的場であることを告白していた。
そして最後のページに「結局こうするよりほかに方法がありませんでした…」と
締めくくられていたのだ。


秋津はあの夜、息があった的場を殺して死体を庭に埋めていた。


傑作推理劇場 「消えた男」



しかし、佳代はそれを暴くつもりはない。
なぜなら、秋津を愛していたからだ。


佳代が口を噤んでいる限り秋津の犯行は明るみにならないはずだったが
野良犬が埋められていた場所を掘り返し的場の靴を加えていった。
捜査を続ける刑事のそばをその犬が通り過ぎようとする…。






日本傑作推理12選 (1977年) (カッパ・ブックス)




先月放送の2作に比べるとインパクトが弱いものの
短編小説を1時間の枠でドラマ化というのは2時間枠に比べて
回りくどさが省けるのでいいですね。


専属殺人事件はドラマの概要欄を見て嫁が舅を殺した動機が分かってしまい
面白みにやや欠けるところがありましたが辰巳柳太郎のおとぼけ老刑事がいい味を出している。


事件現場となった自宅も今では見なくなった昭和のボロ屋で雰囲気がある。


もうひとつの「消えた男」は原作のタイトルが「加えて、消した」ですが
タイトルって大事ですね。
「消えた男」と変えただけで見る前から期待度があがる。



「加えて、消した」とは”仁一”に線を何本か書き足し”佳代”にすることで
遺書の文章はそのままなのに内容はがらりと変わってしまう。
つまり数本の線を加えて、自殺の真相を消してしまったという意味。



原作ではドラマと違って秋津が帰宅した時は美佐江が一人で死んでいて
男の存在はなくただの自殺として始まっている。
美佐江にかつて仁一という恋人がいたことを知っていた佳代が
遺書の不自然さに疑惑を持ち心中事件であると暴くというもので
こちらの見せ方の方がよかったかなと言う印象を持った。



さて、来月は「百円硬貨」と「雪の蛍」が放送予定となっている。
東映制作以外でもまた見たい作品が多いのでどこかでやってくれないかなぁ。


確か、テレ朝チャンネルの「EXまにあっくす」で
「死ぬより辛い」がリクエストにあがっていたような記憶があるがどうなったんだろ?
是非、放送してほしい。





                         
                                  
        

「フランス絵画の精華-大様式の形成と変容-」@東京富士美術館

category - 美術・展覧会レポート
2019/ 11/ 03
                 
東京八王子にある東京富士美術館で
「ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華-大様式の形成と変容-」
という展覧会を見てきました。


「フランス絵画の精華」@東京富士美術館



私が行ったのは10月最後の日曜日。
休日でも団体客が来ない限りそんなに混むことはなく
落ち着いて自分のペースで鑑賞出来ます。




「フランス絵画の精華」@東京富士美術館


「ルネ・ユイグって誰?」って思ったらフランスのルーヴル美術館の
絵画部長を務めていた方のお名前だそうです。



東京富士美術館は1983年に開館しましたがその時に開かれた
「近世フランス絵画展」の実現にあたりルネ・ユイグ氏は
作品の貸し出しなどで尽力されたとのこと。


その後の展覧会でも学術監修などで協力いただいたりと
この美術館とは深い繋がりがあったようです。


「フランス絵画の精華」では17~19世紀までのフランス絵画が展示。
日本初公開作品を含む、古典主義、ロココやロマンまで大ぶりな作品が多数ありとても見やすい。


自館やルーヴル所蔵のものだけではなく、ヴェルサイユ宮殿美術館など
いろいろな美術館から出品され国立西洋美術館からも1点貸し出されています。



東京富士美術館はユイグ氏のアドバイスをもとにフランス絵画を収集してきたということで
所蔵するそれらの作品も出品されています。
私はその中で、フランソワ・ブーシェの「田園の気晴らし」が青味がかった背景が
非常に美しくて印象に残りました。


ラ・トゥールの「煙草を吸う男」も再び見ることが出来て良かった。


また、今回は以下の3作品が撮影可能となっていました。


ポリニャック侯爵夫人 エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン

エリザベト=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン 
≪ポリニャック侯爵夫人、ガブリエル・ヨランド・クロード・マルチーヌ・ド・ポラストロン≫ 1782年





「休息」 ジャン=フランソワ・コルソン

ジャン=フランソワ(ジル)・コルソン ≪休息≫  1759年





「ヴェネツィアの宴」 ジャン=アントワーヌ・ヴァトー

ジャン=アントワーヌ・ヴァトー ≪ヴェネツィアの宴≫  1718-19年


「ヴェネツィアの宴」は本邦初公開作品のひとつ。




「フランス絵画の精華」は東京会場だけでなく、九州、大阪と巡回するようですね。
各会場一部の作品の入れ替えがあります。



特別展を見終わったあとは常設展へ。


東京富士美術館


常設展の方も81点の作品が公開されていてかなりの見応えがある。


ジョヴァンニ・ベッリーニから始まるのですが、クラナッハ(父)、
ブリューゲル親子、ルーベンス、カナレット、ロダン、
そしてルノワール、ピサロといった印象派の作品はもちろんのこと
アンディ・ウォーホールも三作品展示されています。



著名な画家の作品以外にもここの独自のセンスで選ばれた絵が並び
そんなこだわりを感じながら鑑賞するのも面白い。



ピエール=ポール・アモンが描いた「皇帝ナポレオン3世」と「皇后ウジェニー」の肖像画は
個人的な見どころのひとつ。



常設展の中には企画コーナーがふたつ。


ひとつは「マネの銅版画コレクション」でエドゥアール・マネの銅版画が30点、
もうひとつが「時代を拓いた女性フォトグラファー」と題して
ジュリア・マーガレット・キャメロンを含む女性写真家たちの作品が
90点展示されています。


マリリン・モンローやアルバート・アインシュタインといった
有名人がモデルとなっているものもありました。



特別展、常設展とも素晴らしくて富士美術館で5年ぶりにグッズも購入してしまった。


2020年度のカレンダーと


東京富士美術館カレンダー


「ポリニャック侯爵夫人」のメモ帳とジョセフ=デジレ・クールの
「ジェルマンがいないあいだ気を紛らわすリゴレット」のポストカード。



東京富士美術館 フランス絵画の精華 グッズ



左側のデジレ・クールの絵は原画が本当にキレイで見入ってしまったので。

題材は窃盗で捕まった男を待つ女が気を紛らわすため針仕事をしている様子を
描いたものなのだが若い女の清楚な美貌が落ち着いた色彩で表現されていて
右上の鳥かごに入っている鳥の黄色が彩を添えているのが気に入った。



東京富士美術館では1階にカフェもあるのですが
2階には無料で入れるカフェコーナーがあります。


こちらはテーブル席がありお水、お茶だけでなく
砂糖とミルクはありませんが紅茶、コーヒーも無料で提供されています。
無料というとお水とせいぜい日本茶までというところが多いのに
コーヒーまであるのはありがたい。


今回は喫茶スペースの中からだけではなく、外へ出て風景を楽しみました。


東京富士美術館

前日は雨だったのに、当日は晴れていて気持ちがいい。


東京富士美術館

穏やかで暖かい日曜日でした。



東京富士美術館


この風景からもわかる通り東京富士美術館は八王子駅から
バスに乗らなければいけない距離にあります。


京王八王子駅から美術館前まで行くバスがあるのでいつもそれに乗ってますが
そこそこ本数があり座って行けます。
JRの八王子駅にも停車しますが、座るならば始発である京王八王子を狙った方が良い。


ということで、八王子駅までたどり着いてもそこからさらにバスに乗らなければいけないという
美術館ですがここはすごくいい内容の展覧会をやるのでやはり足を運んでしまいます。





                         
                                  
        

「函館のおんな殺人行」 (1991年)  船長シリーズ第4弾

category - 土曜ワイド劇場
2019/ 11/ 02
                 
高橋英樹の船長シリーズ第4弾。


●「函館のおんな殺人行・横浜~神戸21時間
よみがえった青函連絡船」  1991年11月2日
原作: 今井泉
脚本: 柴英三郎
音楽: 坂田晃一
監督: 斎藤武市
制作: 東映
出演: 高橋英樹、音無美紀子、船越栄一郎、
一柳みる、磯部勉、向井亜紀ほか



横浜と神戸を結ぶ豪華客船・ジャパニーズドリーム号は、
かつて杉崎啓三(高橋英樹)が船長をつとめていた青函連絡船を改装したもの。


ある夜、デッキを見回っていた杉崎は何者かに襲われたが
一等航海士の児島克生(船越栄一郎)がかけつけて怪我だけで済んだ。


函館のおんな殺人行・横浜~神戸21時間 よみがえった青函連絡船





神戸に到着した杉崎を加代(一柳みる)が訪ねてきた。
加代は五年前、杉崎が青函連絡船の船長をしているときに愛人関係にあった女だが、
別れた後秋元要一(磯部勉)と結婚したのだという。
秋元には茜(植松佳菜美)という連れ後がいた。



その秋元は加代との結婚後も何人もの女がいて株の暴落から多額の借金をし、
厳しい取り立てを受けてヤクザに追われている身だった。
秋元は異常に嫉妬深い性格で、加代と杉崎の仲を疑っていたという。
杉崎を襲撃した犯人はどうやら秋元に間違いがないようだ。



函館のおんな殺人行・横浜~神戸21時間 よみがえった青函連絡船




加代をみた児島はかつて杉崎の妻・紀伊子(音無美紀子)から
杉崎の愛人問題で悩んでいたことを聞いており彼女こそがその愛人だとわかった。
紀伊子は夫婦の最大の危機を乗り越えたと話していたが、
自宅にいた紀伊子が何者かからの電話を受けて出かけていく様子に不安を感じた。




秋元は三か月前から、茜を使い巧妙に紀伊子に接近しており、
強引な求愛で紀伊子を動揺させていた。
杉崎を裏切れない紀伊子がそれを拒絶すると、
加代が杉崎とホテルに入ったところを見せてまだ関係が続いているように見せた。


函館のおんな殺人行・横浜~神戸21時間 よみがえった青函連絡船




しかし、二人がホテルに入ったのは行方をくらました秋元に代わり
債権者の勝鬨ファインナンス野木平八(西沢利明)が加代を呼び出したからだった。
杉崎は付き添っていっただけだが、野木から秋元の居場所は紀伊子に聞けと言われて疑問が残った。



杉崎は児島のガールフレンドで東日新聞に勤める日向陽子(向井亜紀)に
勝鬨ファインナンスについて調べて欲しいと依頼し、
あくどい商法で被害者をだしているという実態を知った。




一方、不安にかられた紀伊子が加代のマンションを訪れると、
加代は杉崎との仲はとうの昔に終わっており
もうよその港に女を作る気がないと聞かされ安心して帰って行った。




函館のおんな殺人行・横浜~神戸21時間 よみがえった青函連絡船



その後、秋元と別れることを決意した加代が家を出ようとしたところ帰ってきた秋元が殺してしまう。
秋元の証言から杉崎と不倫関係にあった加代を恨んで殺したものとして紀伊子に容疑がかかる。



杉崎は紀伊子の容疑を晴らすために東京へ向かった。
児島とともに勝鬨ファインナンスの動きを張っていると
取り立て屋のひとりがカプセルホテルに入って行った。
二人も続いて中に入るが、その時には取り立て屋は殺され秋元の姿は消えていた。



そして、捜査を担当している伊東刑事(井上昭文)から加代の死亡推定時刻がわかったことで、
秋元が加代を殺しその容疑を紀伊子にきせようとしていたことがわかったと報告を受けた。
そして、紀伊子は秋元の母・富士(三條美紀)から秋元が帰ってきて
一億五千万入るといい生命保険の証書を置いて帰ったことを知らされる。


函館のおんな殺人行・横浜~神戸21時間 よみがえった青函連絡船




休暇が終わり船に乗った杉崎が見回りをしているとき秋元に遭遇。
いきなり決闘だと大声で叫ぶと杉崎に襲いいかかり
もみ合っているうちに秋元は海へ転落し死亡してしまった。



責任を感じた杉崎は進退伺を提出する。


そこへ紀伊子が来て、秋元が五千万円の生命保険金を
事故などで死亡した場合三倍になるという特約を利用し、
自殺したのではないかと教えた。



これで秋元が杉崎を利用して自殺したとわかり、
杉崎はこれまで通り船長をつとめることになった。






※※※ 船長シリーズ ※※※


1. 「津軽海峡おんな殺人行・青函連絡船に仕組まれたトリックの謎…」

2. 「瀬戸内おんな殺人行・広島港~松山港フェリー炎上!船上に仕組まれた密室トリック」

3. 「超豪華フェリー殺人事件・鹿児島-沖縄航路にトリックが…双眼鏡の中の女」

4. 「函館のおんな殺人行・横浜~神戸21時間・よみがえった青函連絡船」





                         
                                  
        

2019リーグ第30節 浦和レッズ戦

category - 鹿島アントラーズ
2019/ 11/ 02
                 
■Jリーグ 第30節 鹿島アントラーズ 1-0 浦和レッズ
2019年11月1日(金) カシマサッカースタジアム 19:03キックオフ/14,439人

【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 永木 亮太、ブエノ、チョン スンヒョン、町田 浩樹
MF 三竿 健斗、レオ シルバ、遠藤 康、白崎 凌兵
FW 土居 聖真、伊藤 翔


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 内田 篤人、小池 裕太、小泉 慶
MF 名古 新太郎、セルジーニョ
FW 上田 綺世


【得  点】 72分 セルジーニョ

【交  代】 65分 遠藤 → セルジーニョ、73分 伊藤 → 上田、90+4分 白崎 → 小泉



浦和との試合は荒れますね。
大槻監督が永木を突き飛ばしてしまい退場処分。
浦和にとっては負けた上に監督のあの行為で後味の悪い試合になったのでは。



昨日はリアルタイムで試合が見れなかったので結果を知った後にダイジェスト気味に流し見してネットの記事を読んでました。
スタッツを見ると数字的には互角の内容だったようで。
相手が過密日程とはいえ点が入るまでは難しい試合だったみたいですね。


それでも健斗、レオ、セルジ、翔と怪我人が一気に戻ってきてようやっと安心して試合が見れるようになってきた。
やっぱりこれだけ主力を欠くと相手が下位であってもキツイ。
あとは犬飼の復帰が待たれるところ。
前回から間隔が空いたというのもラッキーだった。


復帰組のパフォーマンスもどうかなと心配な部分があったが稀有に終わった。
とくに健斗は攻撃に通じるいいパスが出せるようにもなり本当に頼もしい存在。
あれを土居が決めていたらなぁ。
もっと楽に試合を運べていたんでしょうが。



そんな中で、途中出場したセルジが短い時間で結果をだしたけど、点が欲しいっていうときにしっかりと応えてくれる選手ですよね。いつもキツイときにこの人に救われているイメージがある。


あと、左サイドはマチが定着するのかな。
小池が良くなかったのでパスミスもあったけどマチがいけるようならその方がいいかも。
コメント読むと白崎もマチとのコンビで手ごたえを感じ始めているようだし。


もう山本は無理なのかなぁ。
戻ってきてもすぐに戦列を離れてしまうしもどかしい。
点も取ってくれるサイドバックなので復帰を心待ちにしているんだけどなかなか難しそうですね。


さて、次は川崎ですか。
ルヴァンででは悔しい思いをさせられたので是非リーグでそれを晴らして欲しい。