Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2014-07-18 (Fri)

「火あぶりの女・祭りの夜、私を犯したのは?」 (1981年) 草野唯雄  『火刑の女』

●「火あぶりの女・祭りの夜、私を犯したのは?」  1981年7月18日
原作: 草野唯雄  『火刑の女
脚本: 石松愛弘
音楽: 高橋城
監督: 富本壮吉
制作: 大映企画
出演: いしだあゆみ、中山仁、長谷川哲夫、
岩井友見、高橋長英、松橋登ほか



火あぶりの女




青森の病院に勤務する春美(いしだあゆみ)は、
ねぶた祭りの夜、何者かに麻酔をかがされて乱暴された。

数年後春美は出版社に勤める勇(中山仁)と結婚し
東京で幸せな生活を送っていたが
勇の会社から出版された小説を読んで驚いた。


青森の看護婦寮にいたころの暴行事件や
姉を殺された事件にそっくりな話が書いてあったのだ。
しかも、そのヒントが勇から出ているらしい。

春美は、勇がかつて自分を乱暴した男ではないかと考え
新聞記者の佐々木(高橋長英)と真相を突き止めようとする。










(現在元記事の一部のみ公開しています)



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント