展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

重度の貧血に飲む輸血ビーツ

category - ライフスタイル
2014/ 08/ 21
                 
今月健康診断を受けたんですが、初めてひっかかってしまいました。

血液検査以外の部分は当日にお医者様から「(データが)とてもいいですね」なんて言われて、いつも通り今回も何事もなく終了と思っていたんですが、その2日後の朝電話があって「重度の貧血なんで病院へ早めに来て下さい」と言われてしまった。


健康診断でこれまで「やせ」という部分で特記されたくらいで、いつもは無事終わっていたのに。

電話をもらった翌日に病院へ行くと診断結果には、ヘモグロビンなどこれに関連する数か所の項目に「再」の文字が・・・

自覚症状はなかったか?

めまいがしなかったか?

などいろいろ聞かれたのですが、ほとんど自覚症状がない状態でした。


ただ言われてみると


いつの頃からか階段上がるのがしんどくなったり、歩いていて息切れがすることがあり


「年のせいだとしても、随分老人化したなぁ」と不審に思ってはいたんですよね。


そんな体調の中でも、2年前よりフィットネスクラブ通いを再開して、平均すると2日に1度はジムへ行き結構ハードなスタジオレッスンをこなしていたのです。


最初に医者から電話をもらってから病院に行くまで心配になったので「ヘモグロビンの数値」について調べてみると、女性だと11~13位(?)が正常値で8を下回るとかなりヤバイらしい。

私はというと「4.7」で、とにかく異常な状態らしい。
今までこんな状態で以前と比べて太ったからと小食にして、ガンガン運動してた自分に怖さを覚えました。
だって前よりかなり体重が増えたんだもの。
食事制限とか運動のメニューもより筋トレを意識したものへ移行していったんですよね。


そんなヤバイ状態だったのですぐに点滴を打ってもらいました。
とりあえずヘモグロビンの数値が心配なものの、その他赤血球の数や形に異常はないようで、データから体内の出血による貧血ではなさそう。
単純に鉄分が不足しすぎているということでした。


あとは、なぜ貧血になったか心当たりがあったので、それらを改善することにしました。


まずは痩せようと小食過ぎたのは筋トレで筋肉が育って来ているところだったからか、点滴を打ったからか、代謝が上がったからかお腹がすくようになり食べられる量が少し増えてきました。

さらに以前母が病気をした時に出会った「にんじんジュース」を作る事にしました。

一度高かったジューサーが壊れてから安めのジューサーを買っていて、たまにしか作らなかったので、再び高いけど性能の良い栄養価が落ちないジュースが作れるジューサーを購入して、有機・無農薬のにんじんをどっさり注文。

これに加えて「飲む輸血」とも言われている野菜のビーツも購入。




ボルシチなどに使われていて普通のスーパーではなかなかお目にかからない珍しいお野菜。

本日このニンジン・ビーツのミックスジュースを作りました。
写真をとっておけばよかったんですが、とてもきれいな色でおいしかったです。

この栄養満点のジュースには、りんご、小松菜、しょうが、レモンなどを入れています。
しょうがを入れると本当に体がポカポカしてきますよ。

私が使っているジューサーはベジフルといいます。



お値段は普通のジューサーに比べると高いですが、きちんと栄養が取れないと意味がないのでその辺は惜しみません。

初代のベジフルが壊れて一旦安価なジューサーにしましたが、味が薄くてやはりベジフルはお値段だけのことはあると実感。


なので今回は迷わずベジフルを購入しました。


さて、先日ヤフーニュースに猛暑で蚊も減っているという記事がありましたが、こんな状態の私なのに蚊にくわれまくっています。


もっと若い奴の血を吸ってくれ!と思うのですが、何故か毎年狙われるのです。

洋服の上からやられたのか、お尻も数か所くわれてます(苦笑)。

ただでさえ自分の体から血を出したくない時なのになぁ。


関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント