2014/09/23
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

UFC2014事前の番組をWOWOWで見ました

category - 格闘技・プロレス
2014/ 09/ 23
                 
このブログのカテゴリーの中では「格闘技・プロレス」カテが一番記事数が多いのですが、ブログの更新が滞りがちということもありましたが「格闘技」カテ5年ぶりの更新となりました。


日本の格闘技界がごちゃごちゃともめ事があった頃くらいから、私自身のスポーツ観戦の頻度もガクンと落ち、それから長い年月が経ちました。


先週、イープラスのお知らせでUFCの日本大会が9月20に行われるという事を知り、久しぶりに総合格闘技のジャンルは今どのような状況なのだろうかと興味が出てきて対戦カードを含めネットで情報を漁ってみました。


対戦カードを見て面白そうだったら観に行ってもいいかなと思ったんですが、さすがに長い事ご無沙汰だっただけに知ってる選手も少なく見送りました。


またあくまでもネットから受けた印象だけですが、なんか事前の盛り上がりの気配も感じられなく「熱」を感じられなかったということもあります。


そんな中WOWOWで試合前日の夜にUFC日本大会の中継を記念しての特番があるということを知りました。
WOWOWは現在契約していないのですが、こちらは無料で放送されるとの事でしたので録画することに。

私はPRIDEファンだったので「PRIDE」の文字が見えた「PRIDE極選」という1時間半の番組を予約。


UFC2014.jpg


予約した時はPRIDEに懐かしさをかんじながらも今更感もあったので軽い気持ちで録画しました。

内容はPRIDE全盛期の時からフジ撤退後のアメリカ大会くらいまでを、桜庭和志と高阪剛らがスタジオで振り返る形であれこれ語っていました。


前述したとおり特に期待をしながら見たわけではないんですが、やはり本物は違う!


もうかなり昔の試合だし以前に見てるのに、初めて見るように引き込まれて見ていました。



これが今も活動している格闘技イベントなら間違いなく会場に足を運ぶ事でしょう!!

最初に流れた試合なんてもう一昔以上も前のものなのに全く色あせていなくて、理屈抜きに面白い。
また会場の熱気のハンパなさもビシビシ伝わってきて、胸をわしづかみにされるかんじ。


ただ単に強さを競い合うだけでなく、技の芸術性や程良いエンターテイメント具合も絶妙にからんできて、まさに最高峰の格闘技イベントだったなぁと改めて思った。


コアな格闘技ファンだけでなく、ライトなファンも取り込んで作りだす会場の雰囲気は最高でした。


願わくばまたこのような熱を持った格闘技を会場に観に行きたいです。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント