FC2ブログ
2014/09/26
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎」  第1話 『殺しの招待状 蜘蛛男より』

category - 昭和のテレビドラマ
2014/ 09/ 26
                 
前にも書いたが「明智小五郎」というとどうしても土曜ワイド劇場の美女シリーズでの
天知茂のイメージが強く他のものは受け付けなかった。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」



だけど、滝俊介が明智に扮した「江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎」も評価が高いことを知り
試しに見てみたら原作を大きく改変しているものの当時の退廃的な雰囲気が存分に盛り込まれ
その独自の世界観がよく気に入ってしまった。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」


美女シリーズが始まったのが1977年、こちらはその7年前の1970に放送されていた。
原作を改変しているとはいえ、エロでグロテスクで猟奇的な犯罪は変わらず。
菊池俊輔の不安定で憂鬱な気分になる音楽もシリーズにピッタリとマッチしている。




■ 「江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎」
第1話  『殺しの招待状 蜘蛛男より』  1970年4月4日
原作: 江戸川乱歩  『蜘蛛男
脚本: 池上金男
音楽: 菊池俊輔
監督: 工藤栄一
出演: 滝俊介、山田吾一、橘ますみ、岡田裕介、山村聡、伊丹十三、清川新吾、
集三枝子、黒葉ナナ、花田越子、関田千恵子、滝波錦司、山下規夫、喜多村次郎とザ・ライフ、
梅津千恵子、後藤由里子、貝塚みさ子、火石プロ
制作: 東京12チャンネル、東映


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」



ある日、大学講師の明智小五郎(滝俊輔)は平井教授(山村聡)から呼び出され
警視庁捜査一課の波越警部(山田吾一)とかつての平井の教え子で
法医学が専門の畔柳博士(伊丹十三)を紹介される。



このところ若くて美しい女性ばかりを毒牙にかける「蜘蛛男事件」が世間を騒がせていた。
文学部の学生・小林芳雄(岡田裕介)が明智を推薦する投書を送ったため
そのするどい推理力で捜査に協力して欲しいという依頼だった。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」




まもなく、明智は稲垣美術という美術商が短期間で事務所を引き払っていたことを掴んだ。
そこは蜘蛛男が手下・戸田(清川新吾)に新聞広告を出させ秘書に応募してきた女性の中から
若くて美しい獲物を見つけるための場所だった。


畔柳博士と波越を連れて行ってみると、荷物が運び出された事務所から
石膏で塗り固められた里見芳江(集三枝子)の裸体像だけが残されている。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」




畔柳は「蜘蛛男は美女を殺すことによって自分と共に一般大衆の
抑圧された欲望を満たしてやっている」と英雄扱いをするが
明智はそれを大変危険な考え方だと指摘すると



学識と教養がありそれなりの地位に恵まれていながらも
人一倍情欲も強く、時としてそれが爆発しこのような犯罪を犯してしまった
かわいそうな男だと蜘蛛男の人物像を推理。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」



すると、明智たちがいるレストラン正面のビルの電光ニュースに
次のターゲットは波越警部の妹・亜沙子(橘ますみ)だという蜘蛛男の予告文が流れる。


その通り、蜘蛛男は器械体操の練習をしていた亜沙子を襲い連れ去ろうとしたが明智と小林が救出。


明智は畔柳博士の屋敷を訪ねると入浴中の畔柳博士に
「蜘蛛男の正体はあなただ!」と暴いた。


いくら天才的な犯罪者でも毎回大胆な殺人を成功させたのは警視庁からの情報を得ていたからで
電光ニュースの予告もあの場所に明智や波越を招待したのは畔柳博士だったからだ。
だが、畔柳博士は蜘蛛男の犯行時には自分には確かなアリバイがあると主張すると
浴室を飛び出してどこかへ姿をくらましてしまう。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」


畔柳博士は戸田と共に集めた女性たちを裸にすると冷凍車の中に入れて銀座の街を走る。
残りの女性たちは倉庫で氷付けにして戻った時には冷たくなって死んでいるはずだ。
街を行き交う人々はコンテナの中で大量殺人が行われているとも知らず
それを眺めて博士は優越感に浸っていた。


ところが、帰ってみると明智が待ち受けていた。
畔柳博士は最高の芸術が完成した今、捕まることを恐れてはいない。
だが、明智はコンテナの中の女性たちは殺されてないと妙なことを言う。


彼女たちが苦しみ悶える姿を確認していた畔柳博士が扉を開けてみると
中の女性たちは誰一人死んでいない。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」



その上、倉庫の中の女性たちもいつの間にかマネキンに変わっている。



畔柳博士がトラックを倉庫の前につけている最中に、明智がコンテナや倉庫の中の
危険な装置を安全なものに、倉庫の女性たちをマネキンにすり替えたのだ。
コンテナの中の女たちは明智のアドバイスで苦しんだ芝居をしていただけだった。



これはかつての弟子だった畔柳博士に夢を見せてやりたいという平井教授が
明智に頼んで仕組んだお芝居だった。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」



平井に自分の生き恥を見られてしまった畔柳博士は、自分が仕掛けた氷にツッコミ自害する。





江戸川乱歩シリーズ 明智小五郎 DVD-BOX1 デジタルリマスター版



明智は助手付きで探偵事務所を設立しているのかと思いきやこのシリーズでは
大学の講師という設定。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」


その明智をかわいがっている大学教授の平井に山村聡。
といってもこの後はほとんど出てはこないが。


あと、文代がいなくて波越警部の妹・亜沙子が登場し弟子志願をしている。

その亜沙子は大学の体操選手で体育館で練習しているといつの間にか仲間がいなくなり
自分ひとりが取り残されてしまう。


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」


そこへ黒マント姿の蜘蛛男が現れ彼女を執拗に付け回してくるという恐怖。
屋上に出て助けを求めても声が届かなくて誰も反応してくれずという場面は
最終的には助かるだろうとわかっていてもゾクッとする怖さがあります。




明智と言えば文代の他に小林少年が思い出されるが、その小林芳雄は
明智の大学の文学部の学生という設定になっている。


岡田裕介


小林芳雄を演じている岡田裕介という役者、この時初めて知ってその後のドラマ中でも
見た記憶がなかったし大根っぽかったので「端役で出てすぐに消えた俳優なんだろう。」と思ったら
なんと岡田茂の息子だったんでビックリ!


役者からプロデューサーに転向して、東映の社長になっていたんですね。
現在は東映の社長ではなく東映グループの会長として活躍されているようです。


さて、今回の犯人蜘蛛男=畔柳博士は伊丹十三。
なんでも長風呂の設定で彼の入浴中に明智が踏み込むとこんな姿になっててこれまた驚き!


江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」

昭和の映画なんか見てるとたまーにこういうサウナ?みたいの出て来ますよね。
私はこういう昭和の風呂場って怖くていつも目をそらしちゃう。

タイルが細かくて変な配管みたいのがある風呂場、すっごく怖いんですよね。


そんな長風呂蜘蛛男の手下の戸田が清川新吾。

江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 「殺しの招待状 蜘蛛男より」

わりといろんなドラマで目にするけどなかなかスマートでハンサムな顔立ち。


はじめに、稲垣美術の秘書に応募した芳江を屋敷で襲うところや
終盤のこれまで集めた大量の女性たちを氷地獄に送るシーンなどは
蜘蛛男の猟奇的な人間性が現れていて映像的にも音楽も良かった。


1時間枠なのでサクサクと話が進むのもいいです。




************ 江戸川乱歩シリーズ明智小五郎 記事一覧 ************


1. 「殺しの招待状 蜘蛛男より」

2. 「首泥棒 魔術師より」






関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント