2014/09/30
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

35年ぶりの来日公演ボストンとナイトレンジャー

category - ライフスタイル
2014/ 09/ 30
                 
放送日からかなり経っていて今更ですが、BS朝日で放送された「ベスト・ヒットUSA」でボストンのトム・ショルツとナイト・レンジャーのジャック・ブレイズ、ブラッド・ギルス、ケリー・ケイギーのインタビューをやっていたので少し書いてみたいと思います。

私はボストンの10/2の武道館、ナイトレンジャーの10/5の渋谷公会堂のライブへ行く予定です。


そのうちボストンは初ライブとなります。
ナイトレンジャーはオリジナルメンバーがこの3人になってからは初めてなので、前回はかなーり前にみたことになりますね。ジェフ・ワトソンがいなくなってしまったのが残念。


Tom Scholz
髪の毛が短くなったトム・ショルツ。
若い時は髪が長くてスリムで神経質なイメージがあったが、時の流れを感じます。
あっ、スリムなのは昔から変わらずですね。

ボストンと言えば1976年のヒット曲「More Than A Feeling」が有名だが、私が彼らを知ったのはもっと後で1986年のアルバム「Third Stage」からのシングル「Amanda」である。

今聞くとすごく良い曲だと思うが、当時はBillboard Hot100で1位を取った割には地味な曲に思えた。
しかし、

I'm gonna take you by surprise
And make you realize Amanda

のメロディが印象深くよく口ずさんでいたっけ。





アルバム「Third Stage」は「Amanda」だけでなく、「We’re Ready」も収録されているし、全体的に非常にまとまりがあるアルバムでライブへ行く事が決まってから、自宅のライブラリーからLP引っ張り出して来て聞いています。

インタビューでは35年前の武道館ライブでの日本人のオーディエンスの印象を話していました。

そして今回知ったのですが、ヴォーカルのブラッド・デルプが2007年に自殺をしてしまったということで、今のヴォーカルは別の人になってしまったんですね。
声は替えのきかない楽器なので本当に残念です。

ベスト・ヒットでは今年行われたライブの映像(More Than A Feeling)が流れました。




そしてナイトレンジャーはオリジナルメンバー3人のインタビュー。
jackbradkelly.jpg

本当にジェフ・ワトソンがいなくなってしまったのが残念です。
インタビューではこのバンドの特徴としてツイン・ヴォーカル、ツイン・ギターが取り上げられていただけに。

私はよく知らないのですがジェフの後任のジョエル・ホークストラというギタリストも今年の8月に脱退したとかで、ギターはブラッドひとりだけ?ツアーではサポートメンバーが入るのかしら?

インタビューを聞いていて、彼らと一緒に育ってきたファンが自分の子供たちにナイトレンジャーを伝えていってるとのことで、幼い子から20代の若者までも彼らの全盛期の時かと思わせる位グッズを身につけたりギターのマネをしたりするというところに感動しました。


今はネットで海外のアーティストのツアーの映像も見れる、私のような根っからの洋楽ファンにとってはありがたい時代。
本当にあの世代は過去に解散とかしても再結成したりして、未だにしっかりとツアーやっていますからね。
あぁ、まだ活躍しているんだと嬉しくなります。





私はナイトレンジャーのアルバムでは、ヒットした「Midnight Madness」が好きです。
今日もLPだして聞いてました。
この中で数枚シングルカットしてますが大ヒットしたのは、ドラムのケリーがヴォーカルを取った「Sister Christian」ですが、それ以外の「(You Can Still) Rock In America」「When You Close Your Eyes」もとてもいいですね。
Rock In Americaはシングルとしては他の2曲より順位が振るいませんでしたが、あのドライブ感がたまらなく好きです。





さて、今日からボイトレが新曲です。

Chicagoは好きですが「Saturday In The Park」という曲は知りませんでした。
でも聞いてみると聞いたことがある曲で、名前と楽曲が一致してなかっただけだった。
すごく古い曲ですが未だに愛されているってすごい、私は音楽に関してはやっぱり洋楽が好きです。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント