2014/10/06
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

Night Ranger Live In Japan 2014 渋谷公会堂

category - 音楽・ライブレポート
2014/ 10/ 06
                 
2014年10月5日(日) 17:00開演
Night Ranger 渋谷公会堂

当日は勢力の強い台風の影響から渋谷区も朝から激しい雨。
弱まる事もなくずーっと降りっぱなしの悪天候の中行ってまいりました。

私は晴れ女なのでだいたいお出かけする日は晴れる事が多いのですが、今回は家を出るのもためらうくらいの雨でしたね。
もちろん久しぶりのNightRangerのライブなので雨模様でも行く気は満々でしたけどね。

10月に入ってからも暖かい日が多かったですが、どしゃ降りに加え気温も低め。
寒暖の差が激しかったので少し風邪をひいていたようでしっかりと長袖着用で出かけました。

16:15には公会堂へついたのですが開場までにはまだ15分もあります。
すぐそばのドトールもさすがにあいてなかったし会場外の屋根があるところで雨宿りしようにも既に人がいっぱい。
仕方がないので近くのモスへ行ったのですが席が空いてなかったので空くのを待つ間トイレを済ませていると、開場まであと少しとなったのでそのまま公会堂へ戻り整列しました。


入場するとグッズ売り場が混みあう前だったのでさくっとパンフだけ購入。
ギターがひとり抜けたのは知っていたが、パンフにはKeri Kelliという人が載っていたので5人でプレーということに変わりはないようですね。

このKeri Kelliという人と、キーボードのEric Levyについては1ページを2分割した簡単な紹介ページとなっており、オリジナルの3人についてのみ本人のメッセージとプロフが掲載されている。

普段は会場でパンフくらいしか買わないのだが、この日はなぜか口寂しくなってジュースとポテトチップを購入。
雨がすごかったので着いたらほっとしっちゃったみたい。


20141005_1.jpg
17:10過ぎくらいに始まった。
私は当日知ったのだがこの日のチケットはSOLD OUT!
外は悪天候だが場内の熱気はすごかった!!

ロックバンドだがキャッチーな曲が多い彼ら。
シングル曲としてはヒットしたわけではないけど「The Secret of My Success」でも盛り上がり、なんだかんだ言ってもそこそこ売れたというか知られているシングルも多いので演奏されると心が踊ります。

パンフにはプロフ載っていなかったが、Keri KelliはAlice Cooperの所のギタリストさんだったとか。
またAlice Cooperってのもなつかしい~。
確かに言われてみるとあそこにいた感じがしますっていうかしっくりきますね。


20141005_2.jpg

記憶をたどって書いてますので曲順等覚えているつもりでも間違いがあるかもしれません。
これはメンバーもまだ聞いた事が無いというEricのソロ。


20141005_3.jpg
この流れから「Sentimental Street」へいったんだっけかな?

20141005_4.jpg
懐かしの曲が演奏されると、これがヒットした当時無心に聞いていた自分を思い出します。


20141005_5.jpg
このあと終盤での「Goodbye」 「When You Close Your Eyes」「Don't Tell Me You Love Me」のたたみかけは良かったです。
とくに「Goodbye」は不覚にも忘れていて、演奏が始まってから

「あーあったな、この曲!!」ってかんじでしたから。

そして「When You Close Your Eyes」はやってくれてありがとうです!
この曲大好きなんですが、なかなか演奏されず、もしかしたらやってくれないのではないかと半ばあきらめていたところだったので大感激!!!

最後の「Don't Tell Me You Love Me」はやはりこれで〆るかと予想した曲。

Jackが曲を紹介する時「Don't Tell Me You・・・」耳に手をあてて
場内「Love Me」と続け最後ラッシュをかける。



20141005_6JPG.jpg
そしてアンコールですが2曲目は大ヒット曲「Sister Christian」
また生でこれが聞けるとは・・・
Kelly Keagyの声量も衰えてなかったしいつも感心するが、ドラム叩きながら簡単に歌うKellyさん素敵すぎます。

本当に昔の曲にはその1曲1曲に想い出が詰まっており、今でも聞くたびに当時の事をあれこれ思い出さずにはいられません。

最後Kellyがスティック捨ててドラムセットから降りてきて歌いきったので、あの曲はやらないのか?これで終わりかと不安になりました。
グループ的にバラードで終わるよりイケイケの曲でドカーンと終わるタイプのはずなので、残り1曲あれをやってほしいと思っていると・・・

20141005_7JPG.jpg
やってくれました!

「(You Can Still) Rock In America」

やはりこの曲を聞かなきゃ終われません!!!


20141005_8JPG.jpg

ライブ自体は2時間弱くらいでしたが、本当に場内は熱くて聞きたい曲が全部聞けて大満足のライブでした。
本当に悪天候の中行って良かったと思ったし、次回もまた行きたいです。

今年はアルバムも出したみたいですし、Jackは若い時と変わらずベースを弾きながらくるくる回ってるし、当時とあまり変わっていない様子に嬉しさを感じました。

まあJackは若い時は「俺ここ(ステージのセットの上)からジャンプしたんだぜ、だけど今は・・・」って言っていたけど、今でもあれだけ動きまわりながらベース弾いて歌っているんだからすごいと思いますよ。

あと先日行ったBOSTONに比べ、1983年の初来日から31年という事でその間来日回数も多く、日本に来慣れているのでオーディエンスとの接し方盛り上げ方もとてもよく心得ていました。

彼らと一緒に私も年をとってきたんだなぁと思うと、感慨深いものがあります。

昨日帰る時雨のふりが激しく足元が濡れたりして少し風邪ひいて熱っぽいのでよくわからない記事ですが、チケットが完売になった理由が体感できる公演で風邪を引いても行ったかいがありました。




関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント