A D M I N
topimage

2017-08

最新記事一覧  

「夢見るフランス絵画」と「至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて」 - 2014.12.11 Thu

一昨日は渋谷文化村へ行きました。

着いたのが昼の時間だったため
先にお昼を取る。

牛兵衛渋谷店
渋谷の焼肉店、牛兵衛で焼肉ランチ999円(税抜き)。

私はお肉は少しあればいいのでいつもこれだが
物足りないって人は
同じ金額のハンバーグランチにしている。


よく噛んで食べるとお腹いっぱいになる。
消化のことも考えて食べるので
私はこの量で充分です。


その後は13:00~14:15までBunkamuraの
ザ・ミュージアムで行われている
「夢見るフランス絵画」展を見てきました。

夢見るフランス絵画
フランス絵画ということで
最初は印象派とその周辺の画家たち
からスタートする。

この美術展のタイトルは
「夢見るフランス絵画」である。

チラシは2種制作されていて
モネの「睡蓮のある池」と
ルノワールの「宝石をつけたガブリエル」だが
柔らかな印象派の作品のイメージを
「夢見る」という言葉が
ロマンティックに伝えているなぁと思った。


展示数は71点で、美術館の広さから行っても
ゆっくりみてもどれくらいで回れるかという
時間の計算が出来るのがありがたい。

チラシなどには
「モネ・ルノワール・セザンヌ・シャガール・・・
知られざるコレクション一挙公開!」と書かれているが
この章で印象に残ったのは
ルノワールの「タンホイザーの舞台」第一幕と第三幕と
「ド・ガレア夫人の肖像」の3点だ。

ド・ガレア夫人の肖像
(「ド・ガレア夫人の肖像」ピエール=オーギュスト・ルノワール 1912年)

優雅にカウチに身をゆだねる夫人のドレスの色彩と
カウチやカーペットのファブリックの色彩の
組み合わせの絶妙さが印象に残った。

そしてユトリロは白の時代の厳しさを感じさせる作風から
同じ白を基調としても明るい色彩が加わった
(「雪のモンマルトル界隈」など)作品など
画家の描き方の変化も見てとれ興味深く観る事ができました。

またキスリングの「花」では
絵具を直接チューブから出し、
キャンパスに描く事によって
花の生命力を力強く表現することができ
しばし見入ってしまった。

印象派から始まり
年月を経て暗い色遣いが主体となる章もあり
フランス絵画の陰陽が同居していました。

柔らかで粗いタッチの明るく色彩豊かな作品から
ダークな色調でシャープな描き方をした作品への
移り変わりはその対極さが興味深かったです。



他にもシャガールの「サーカス」や「青色の道化師」、
モディリアーニの「薔薇をつけた若い婦人」など
実際には考えられない曲線の持つユニークさを
堪能出来た美術展でした。




至高のエトワール
そして、14:40からはル・シネマで
「至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~」
という映画を観る。

2013年10月10日にアデュー公演「椿姫」で
パリのオペラ座の「エトワール」を引退した
アニエス・ルテステュを2年間にわたり
追い続けたドキュメンタリー映画である。

踊りだけでなく衣装も手掛ける
豊かな才能と常に人生を楽しみ続ける貪欲さ。

程良く筋肉がついた
しなやかな体は努力の賜物だろう。


パートナーと一緒に暮らしてると思われる
広々とした家ではリラックスした表情も見せる。
どうやらこのパートナーとは今年結婚したみたいですね。
ウエディングドレスも本人のデザインかしら。


エトワールとしてのプロ根性だけでなく
人間アニエスの魅力も充分に魅せてくれる作品でした。


ナショナルギャラリー英国の至宝
ル・シネマでは来年の1/17から
「ナショナル・ギャラリー~英国の至宝~」という
イギリスの国立美術館に3カ月潜入して
美術品の設置や額縁の制作風景と
修復技術など普段見れない美術館の舞台裏を
撮った映画が公開される予定だ。


初夏頃には画家ターナーの映画も上映が予定されている。


ル・シネマ以外でも
今回の映画上映前の予告篇では
オランダの美術館を取り上げた映画や
ル・シネマにあったチラシには
ヴァチカン美術館を取り上げた映画など
美術好きにはたまらない映画が何本か上映される。



Bunkamuraを出て
神山町のカフェで休んだ後は
帰るついでに不在者投票をしてきました。

毎回そうだが
誰に投票するか悩むのよね。
いつも消去法で選んでいるのだが
投票したい人がいないって状況は
困りますな。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

今年最後のお墓参り «  | BLOG TOP |  » 牛肉どまん中&海鮮どまん中、東京弁当、30品目バランス弁当、鮭いくらおこわ弁当

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (315)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (72)
ライフスタイル (641)
土曜ワイド劇場 (100)
昭和のテレビドラマ (20)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
格闘技・プロレス (529)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「涙・あいつは今夜もいない」  (1978年) 、「息子の心が見えない・ガソリンスタンド殺人事件」 (1982年) ウィリアム・アイリッシュ 『チャーリーは今夜もいない』 Aug 22, 2017
第23節 清水エスパルス戦 Aug 21, 2017
美女シリーズ1 氷柱の美女・江戸川乱歩の「吸血鬼」(1977年) Aug 20, 2017
上野の鳥光國の『光國丼』が美味しかった Aug 19, 2017
「異常の太陽」(1986年) 森村誠一 Aug 18, 2017
「名探偵雅楽三度登場・幽霊劇場殺人事件」 (1980年) 中村雅楽シリーズ第3弾 Aug 17, 2017
「京都妖怪地図・河原町に棲む四百歳の不倫女医」(1986年) 三ツ矢歌子版  Aug 16, 2017
「京都妖怪地図・きらら坂に住む400歳の氷女」 (1981年) 宇津宮雅代版  Aug 15, 2017
「透明な季節・僕が愛した帝国軍人の妻」(1982年) 江戸川乱歩賞 梶龍雄の青春ミステリー Aug 14, 2017
「名探偵雅楽登場!車引殺人事件つづいて鷲娘殺人事件」 (1979年)  中村雅楽シリーズ第1弾 Aug 13, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる