「気になる嫁さん」最終回と伊東水明荘について

この間の放送で「気になる嫁さん」が最終回を迎えた。


石立鉄男・ユニオン映画シリーズの音楽は
『ルパン三世』や映画『犬神家の一族』の
テーマ曲でも知られている
大野雄二さんが担当されている。

石立・ユニオンシリーズのオープニング曲の中でも
一番好きなのが「気になる嫁さん」だ。

毎週、あの躍動感溢れるオープニング曲を
聴くのが楽しみだった。


だから余計に、
寂しすぎる最終回だったよ。。。


確かに最初の設定から無理な感じはあったものの
それらにツッコミを入れながら見るのも楽しかった。


ほのぼのとしたエピソードだけでなく
親・兄弟・使用人それぞれが
感情をむき出しにするのも
だんだんリアルに感じてこれたし。


まとまりのないゴツゴツした清水家だったが
それがこのドラマの魅力でもあった。


地方ロケ(伊東)あたりから
花岡が登場したり
文彦がメグに自分の思いを
告白したりと動きが出て


極めつけは


39話でいきなり
死んだと思っていたメグの父親が生きていて
ピエールという腹違いの弟が登場するという
最終話の為の無茶ぶりがあった。

それと、世田谷の清水家の立ち退き話も。


しかし、驚いたことにこの「39話」って
初回は放送されなかったんですってね。
38話⇒いきなり最終話(40話)と放送されたら
視聴者は展開についていけず訳が分からなかったでしょうね。


最終話
純の墓前で手を合わせるメグ(榊原るみ)の姿から
スタートするわけだが

苦労して手に入れた世田谷の家を
立ち退かなくてはならなくなった呂之助(佐野周二)が
行きつけの料理屋で一杯やっていると
メグが呂之助を迎えに来て
「私にはお父様はひとりしかいません。
今、目の前にいるお父様だけです。」と言って
呂之助を喜ばせる。

清水家では
世田谷の家の売却代から新家の費用を引いても
2,500万円もキャッシュが残ると
そろばんをはじいてる文彦(石立鉄男)と
力丸(山本紀彦)と雨宮(津村秀祐)。
その光景をやるせない気持ちで見つめる呂之助。


その後小夜子(水野久美)と花岡(滝田裕介)の結婚式へと移るが
子持ち男との結婚に反対していた呂之助は
結婚式への参加を拒否する。

呂之助抜きに結婚式が行われるが
そこはやはり父親
式場の外から窓越しに式の風景を見守る呂之助。
呂之助の目には涙が。

呂之助が来ている事に気づいたメグとたま(浦辺粂子)だが
思わず声をかけに行こうとしたメグを
呂之助の気持ちを考えたたまは制止する。


この時呂之助の様子とたまの言葉から
メグは父親の娘に対する気持や
血のつながりというものについて
考えさせられたのであろう。
そして、自分と父親に重ねてみたのかもしれない。


メグの弟ピエールがフランスへ帰国することとなり
空港で見送るメグと叔母の宏子(杉葉子)。
この時は日本に留まると思われたメグだが・・・


結局最後は

メグはフランスの父と弟の元へ
行く決断を下し
メグなしでの暮らしは考えられなかった
文彦は新居へは行かず
2,500万で呂之助と力丸とたまで暮せと言う。


しかし、考える所があった力丸も
伊東へ行く事を決め
文彦、力丸ともに独立をし
新居へは移らない考えを示した。


引っ越し前メグが清水家の人々へ
お別れを告げに来る。

まず文彦に会いに大判社へ行った。
大判社には従業員の安子(津山登志子)だけがいる。
文彦は雨宮の失態の後拭いの為に
大阪へ出張中で不在で
直接お別れを言う事は出来なかった・・・

トレーニング中の力丸には会えて
直接お別れを言う事ができた。


そして嫁いだばかりの小夜子の家へ。
話しこんでいると出かけていた
花岡と二人の子供たちが帰ってきた。


待望の赤ちゃんがお腹の中にいる
輝正&八重子(冨士眞奈美)夫妻の家へ。
出産祝いの品も手渡す事ができた。
(まだ出産前。)


最後に結ばれるかと思っていた
文彦こそ不在だったものの
それ以外には直接あって
お別れが出来たメグだったが。

肝心の呂之助には
会ってお別れを言うのは心苦しく
電話ボックスから電話で
たまと呂之助にさよならを。


メグの旅立ちの日。
空港へ見送りに行こうとした文彦だが
タクシーで空港へ近付いたところ
非情にもフランス行きの飛行機は
飛び立ってしまった。


新居へは呂之助とたまの二人が移る。

そして、新居で一番良い部屋を
必ず帰ってくると信じている(信じたい)
呂之助はメグのためにとっておく。


一方、荷物が運び出されて
がらんどうになった清水家では
日暮れに文彦と力丸の姿が・・・


兄弟おわかれをして
最後文彦が残るのだが

家具が運び出され
人もいなくなって
夕陽だけが差し込む清水家で
ひとりぼっちの文彦の心の中に
かつての清水家の食卓の風景が。


そこには、家長の呂之助をはじめ
結婚して家を出たはずの輝正や小夜子と
文彦、力丸、たま、メグがテーブルを囲んで
食事をしている。


もう、無くなってしまった
清水家の団欒。


最後、文彦は吸ってたたばこを
持っていた空きビンへ入れ
亡くなった純へ「あばよ」と
お別れを告げる。


空きビンをガラス窓に放り投げると
割れたガラス窓の向こうから
小田急線の走る音が聞こえてくる。


文彦も立ち去り
誰もいなくなった清水家には
最後一輪の赤い花が
畳に夕陽を受けて残っているだけだった。


寂しい終わり方の最後に
「ららら らら~ らら~」という
明るい音楽が流れるアンバランスさで終わる。


次回(12/25)の木曜日からは
石立・ユニオンの第1作
「おひかえあそばせ」が放送される。


後の「雑居時代」の元になった
シリーズである。


何年か前に日テレプラスでやった時に
DVDに落としたのだが
全話見てないので、今回のNECOの放送で
見る予定です。


NECOの方が画質が良かったら
DVDに焼きなおそうかな。



さて、前回気に嫁の記事を書いてから
伊東にあったホテル「水明荘」の
情報を求めて当ブログへ
お越しになる方がいらっしゃいます。

実は私も無くなってしまった
水明荘については非常に気になっており
今月初め伊東旅行へ行った際に
水明荘のあった(ある?)場所を
見に行くことも考えたんですが
場所を調べると徒歩では伊東駅から
距離があるようで断念しました。


車でならすぐに行けそうですが
住所くらいしか知らないし
当日は雨が降る激寒な日だったので
どっちみち無理だったな。

何年に出来て何年に閉館したのか。
どういう特色があったホテルだったのか。
なぜ閉館になったのかなどなど
私もいろんな事が気になります。


では、ドラマで写っていた
在りし日の「水明荘」の絵を少しばかり。

伊東水明荘
水明荘を正面から。
どれくらいの客室数があったのかは知りませんが
ある程度の大きさはありそうなホテルだ。
入口の上のフロアが
レストランとか宴会場があるフロアなのかしら?

レインボウタワー水明荘
一応政府登録をしているホテルだったようで。
レインボータワーではなく「レインボウタワー」なのね。


伊東・水明荘送迎バス
水明荘の送迎バス。
伊東駅からは車では遠くはなかったみたい。
お客さんは伊東駅からこのバスでホテルへ向かったのでしょうね。


水明荘室内
ツインベッドの2人部屋の様子。

水明荘室内
後ろに見える家具調のテレビと魔法瓶が
昭和を感じさせます。

特に広さはあるわけではなく
普通のホテルといったかんじに見えますね。

ドラマでは仲居さんもいたようだし
結構人件費がかかっていたのかしら。

伊東水明荘大浴場
大浴場の入り口。
建物の造りは結構古そうに見えます。

水明荘男湯
男湯の全体がわかるいい絵がなくて。
湯船は曲線を描いた洒落た感じ。
後ろは岩風呂っぽい造りになっているようです。

水明荘男湯にある裸婦
男湯には裸婦の像もあったようです。


「気になる嫁さん」では
この水明荘をはじめ
いろいろと ”気になる” 事があったが
最大の気になる事は



清水純役の関口守(佐野守)の現在だ。


呂之助役の佐野周二さんの二男で
関口宏さんの弟さんでもあるのだが
現在どういう活動をしているのか
一切わからずじまい。


あの演技だったし
さすがに俳優業を引退しているというのは
理解できるのだが
今どう過ごされているのかをはじめ
過去の情報についてもほとんどないのが不気味。


私が「気に嫁」以外で関口守(佐野守)を見たのは
土曜ワイド劇場の美女シリーズの
「天使と悪魔の美女」と
太陽にほえろか西部警察か忘れたか
確か刑事ものにちょろっと出てたという記憶がある。

うーん、気になる。。。


関連記事
スポンサーサイト
903:情報ありがとうございます
えぬさんへ


はじめまして、ブログ管理人のサチと申します。

水明荘についての貴重な情報をいただきまして、誠にありがとうございます。
そして、年末年始を挟んでしまったため返事が遅れまして申し訳ございませんでした。

2014年に水明荘をご覧になられたという事で、まだ建物が残っている事に驚きました。
廃業されてから建物が手つかずのまま残っているのですね。

外観にも傷みが出てきているようですが、建物内もかなり傷んできていることでしょうね。

私も伊豆方面は縁あって子供のころから訪れる機会が多かった場所でしたので、とても想い出の多い場所です。


>当時の様子を知りたくてDVDBOXの購入まで考えました。そこでなんとラッキーな ことにCSで再放送の情報が舞い込んできました。


それは良かったです♪
昔のテレビドラマはDVD-BOXなどで発売されていますが、BOXとなると高額なものが多いです。

今は結構CSで昔のドラマをやることも多いので、私はいつもCSで放送されるのを待つタイプです。


私も機会があれば水明荘を見てみたいですね。



902:伊東の水明荘の件
はじめまして。こんにちは。伊東水明荘で検索しましてこちらへたどり着いた次第でございます。実はわたくしこの一年伊東水明荘に思いを馳せた一年だったためコメントさせていただきました。今年のはじめに伊豆熱海方面を旅行しましてついでに伊東へ立ち寄りましたら町外れに伊東水明荘を発見しました。(当方ヴィンテージな品物や建物などが心の琴線に触れるのです)現状はヴィンテージ廃墟といった具合で威風堂々高度成長期の往年はそれはそれはさぞかしご隆盛のホテルであったろうと憶測で感慨に耽りながら何枚か現状のお姿を写真撮影しホテル前にしばらく佇んでおりました。(私のなかではホテル版の晩年のオードリーヘップバーンといった感じです)2014年の今現存している産物を目の前にして往年の様子を知りたかったのですがネットではあまり情報がございませんでした。 そのなかで気になった情報がありました。そうです(気になる嫁さん)のなんとロケ現場だったとのこと。当時の様子を知りたくてDVDBOXの購入まで考えました。そこでなんとラッキーな
ことにCSで再放送の情報が舞い込ん
できました。天が私のために往年の水明荘の様子を提供してくださるかのようにタイムリーでした。再放送がはじまり終盤の放送先月末から今月にかけてやっと往時の水明荘を拝見できました。オーヤングフレッシュ伊東水明荘。思いの外番組内では水明荘シーンが多数あり若き日の水明荘を堪能することができ満足しました。現状は伊東の町の片隅でひっそりと町を見つめている水明荘です。ビフォーアフターではございませんが何事も腐りかけが一番いいと言うのも頷けます。個人的にはどなたか再生していただきたく思います。
一度いってみるべきです。
ホテルを前にして鳥肌がたつくらい言葉に表せないほどのノスタルジーな感覚を覚えます。石立鉄男さんも熱海で眠られたようで伊豆周辺は空高く私のなかではいいイメージしかございません。水明荘の大きな屋上の(水)の看板。水色は劣化し剥げ落ちつつありましたがまだ高度成長期の水色カラーは残っていますよ。まさに古き良き昭和の産物ですね。あのような素晴らしい建造物は時代背景も大いに手伝い胸がワクワクしますね。
乱筆乱文お許しくださ
い。私のこの気持ちをお伝えしたくコメントさせていただきました。どうも有難う御座います。












コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
お気に入り

タグクラウド


管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

スポンサードリンク


Powered by SEO Stats

  • seo

月別アーカイブ

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる