2015/01/24
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

世界遺産ノートルダム大聖堂(ベルギー)と市庁舎

category - ライフスタイル
2015/ 01/ 24
                 
今後はブログを書く時間が
これまでよりとれなくなりそうなので
時間がある時にちょっとずつ
時系列は無視してになりますが
ヨーロッパ旅行記事を挟みながら
まったり更新となります。


ベルギーはいくつか都市を周ったのですが
北東部にあるアントワープへ行った時の事を書きます。

ベルギー大聖堂

「トゥルネーの大聖堂」としても知られる
世界遺産の一つベルギーの「ノートルダム大聖堂」へ行って来ました。

1352年から約17年に渡って建設されたという
ベルギーで一番大きなゴシック教会です。
塔の高さが123mという高さであり
昔は船がアントワープの港に入ってくる時の目印だったそうです。


日本ではアニメ「フランダースの犬」の
舞台としても知られており有名な場所ですよね。
少年ネロが見たがっていた絵も鑑賞できます。


ベルギー大聖堂正面

ノートルダム大聖堂の正面入り口。
この重厚さがたまらないです。

ベルギー大聖堂

大聖堂内はとても広くて
絵画や彫刻などがとても美しかったです。

ベルギー大聖堂

大聖堂内はフラッシュ撮影が禁止なので
暗めの写真でみづらいですが
有名なルーベンスの「キリストの昇架」と

ベルギー大聖堂_7

同じくルーベンスの「キリストの降架」です。

ベルギー大聖堂

ベルギー大聖堂_6


ベルギー大聖堂

写真が横を向いちゃっていますが
このステンドグラスもきれいでした。

時間があればルーベンスの家にも
行ってみたかったです。



こちらは同じく世界遺産のアントワープ市庁舎です。

ベルギー市庁舎

1561年から1565年にかけて建設された
ルネッサンス建築となります。

業者の車がいたので
一緒に写ってしまったのが
ちょっと残念でした。


ベルギー市庁舎_2

市庁舎前のブラボーの像がある噴水前。
Braboとは「ブラバンド」という名が起源となった
古代ローマ兵士の名前だそうです。



ギルドハウス

市庁舎があるグローテマルクトのギルドハウス。
外観に統一感があるため整然として見えるのがいいです。


この日は雨がパラつく
とても寒い1日でした。


アントワープのお店

路地裏のお店。
ヨーロッパの街は
まだまだクリスマスの装飾がされており
とてもきれいでした。

アントワープのお店

まるで絵ハガキのようで
どこをとっても様になるのが素敵です。

アントワープの写真

アンティークな街並みは
目の保養になり
しばし、時間を忘れてしまいました。



■ヨーロッパ旅行記

フランス 小鳥のマルシェ(市場)

ベルギー アントワープ旅日記

フランス ルーブル&オルセー美術館見学

ベルギー ブリュッセル旅日記

オランダ アムステルダム&キンデルダイク旅日記

フランス ヴェルサイユ宮殿見学

ベルギー ブルージュ旅日記

フランス パリ旅日記



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント