2015/01/27
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

アムステルダムの運河クルーズと世界遺産の風車

category - ライフスタイル
2015/ 01/ 27
                 
オランダの観光のまとめです。

アムステルダム駅近くのビクトリアホテル

こちらはアムステルダムの中央駅すぐ近くにある
ビクトリアホテル。
アムステルダム周辺はみどころいっぱいなので
駅からアクセスの良いホテルは嬉しいですね。

アムステルダム中央駅

東京駅のモデルになったと言われている中央駅。
中央入り口の両側に塔があります。


アムステルダムのマダムタッソー蝋人形館

ロンドンにあるマダム・タッソーのオランダ版
「マダム・タッソーろう人形館」です。

アムステルダムのダム広場王宮

ダム広場にある王宮。

はじめは市庁舎として建てられたものの
ナポレオンの弟であるルイ・ボナパルトが王宮として接収。

現在は迎賓館として使われているらしい。


アムステルダムのダム広場の馬

ダム広場王宮前にいたお馬さん。

アムステルダムの風景

間口の狭い建物が所狭しと並んでいます。


アムステルダムの風景

日本ではクリスマス終了とともに飾り付けもなくなりますが
欧米では年を越してからもクリスマスのデコレーションが楽しめます。

アムステルダムの自転車専用道路

ヨーロッパでは自転車専用道路があり
歩道を渡る時に
自転車専用の信号にも気をつけないと
ものすごい勢いで自転車が飛ばしてきます。

自転車専用とはいえ自動車と同じように
方向指定(直進、左折専用等)の
専用レーンがあるところもありました。


アムステルダムマグナプラザ

ダム広場の裏にあるマグナ・プラザという
ショッピングセンター。

もとは郵便局だったものを改装したもので
吹き抜けの回廊に多数の店舗が入っている。

私はこの隣にあるアルバートハインという
大手のスーパーマーケットで夕食を買ってホテルで食べました。


アムステルダムのお店

路地に入ったところにあった香水のお店。
オランダはガラスをきれいにしてあるので
ディスプレイや照明がとてもよく映えていました。


アムステルダムのコーヒーショップ

こちらは路地にあったコーヒーショップ。

私たちはコーヒーショップと言うと
珈琲を飲むところという認識があるが
こちらではドラッグ関連を扱っているショップの事だそうだ。


確かに薄暗い店内や店の付近には
雰囲気の怪しい人がタバコ(?)の回しのみをしていました。


人通りの少なさと、デンジャラスな雰囲気から
サクサクとすぐに移動しました。


時間があればレンブラントの家やゴッホ美術館などへ
行きたかったのですけどね。



アムステルダム運河クルーズ

アムステルダムでは運河クルーズもしてきました。

アムステルダム運河クルーズ

時折雨がぱらついたり風が強かったりしましたが
観光するのには問題ない天気でした。


アムステルダム運河クルーズ

クルーズ中の船からの眺めです。
この日の操縦士は女性でした。

アムステルダム運河クルーズ

1時間半程アムステルダムの町を
船から眺めます。

アムステルダム運河クルーズ


アムステルダム運河クルーズ

とにかく建物の外観が芸術的で
加えてよく磨かれた窓から見える
灯りがとても美しくため息が出てきました。

運河には船で暮らす人たちもいて
部屋の中が暗いので明かりをつけているのですが
カーテンも引かずに生活しており
中が見えていました。

その中では男性が朝ご飯を作っている姿も見られました。


アムステルダムの都会から足をのばし
南ホランド州キンデルダイクの郊外へ行きました。

キンデルダイクの風車

世界遺産にも登録されているという
キンデルダイクの風車を見に行きました。

キンデルダイクの風車

とても寒かったし、近辺のお店もお休みだったせいか
貸切状態で風車を見る事が出来ました。

デン・ハーグというところまで足を延ばせれば
フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が展示されている
マウリッツハイス美術館へ行けたのになー。



■ヨーロッパ旅行記

フランス 小鳥のマルシェ(市場)

ベルギー アントワープ旅日記

フランス ルーブル&オルセー美術館見学

ベルギー ブリュッセル旅日記

オランダ アムステルダム&キンデルダイク旅日記

フランス ヴェルサイユ宮殿見学

ベルギー ブルージュ旅日記

フランス パリ旅日記








関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント